表示領域を拡大する
逃げ場がないの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
物狂ものぐる  逃げ場がない ・ 必死(の努力) ・ 生存(を賭けた戦い) ・ 生き残り(をかけた戦い) ・ 延命を図る ・ 死んだ気になって(取り組む) ・ 思い詰める ・ 不惜身命 ・ 狂気の様相 ・ (仕事の)鬼になる ・ 心を鬼にする ・ 死に物狂い ・ 死ぬ思い(で) ・ 止むに止まれぬ思い ・ 捨て身 ・ (自らの)命運(をかけて) ・ 命懸け ・ 死に身 ・ しのぎを削る ・ 苦戦 ・ 死闘 ・ 血戦 ・ 激戦 ・ 苦闘 ・ 激闘 ・ 悪戦苦闘 ・ もがく ・ 問題解決に焦る ・ 悪戦苦闘(する) ・ 苦闘(する) ・ (解決に)苦しむ ・ (再建に)腐心する ・ 泥沼にはまる ・ (必死に)努力(する) ・ (考え)あぐねる ・ 出口が見えない ・ (攻め)あぐむ ・ (打開策を)暗中模索(する) ・ (打開に)苦慮(する) ・ 荒野を走る ・ 試行錯誤 ・ (大)苦戦 ・ 苦心惨憺(する) ・ 四苦八苦(する) ・ ごねる ・ (出口を求めて)あがく ・ 苦労(が絶えない) ・ (金策に)狂奔する ・ △どん底[泥沼;地獄]からはい上がろうと ・ ぬかるみを行く ・ 往生際が悪い ・ (論文を書くため山のような資料と)格闘する ・ (難問題と)死闘を△演じる[繰り広げる] ・ (言葉の海で)溺れる ・ 樹海で迷う ・ 難行苦行 ・ 死命 ・ 生殺 ・ 生死 ・ 生滅 ・ 活殺 ・ 生きるか死ぬか ・ 死活 ・ 死生 ・ うつつを抜かす ・ 熱い ・ 大車輪 ・ 傾注 ・ 心血を注ぐ ・ (毎日酒に)浸る ・ 熱心(に) ・ 専念(する) ・ 躍起 ・ 明け暮れる ・ 沈湎 ・ 鋭意 ・ 専一 ・ 本腰 ・ せっせと ・ (遊び)ほうける ・ 一辺倒 ・ 熱狂(する) ・ 耽る ・ まっしぐら ・ 取り紛れる ・  ・ 一つのことに心を打ち込む ・ しきりに ・ ひたむき ・ 一意専心 ・ 本気 ・ 切々 ・ 心を奪われる ・ 熱を上げる ・ 脇目も振らず(に) ・ (野球)気違い ・ 一心不乱 ・ のぼせる ・ 凝り固まる ・ (宗教に)固まる ・ 耽溺 ・ (部活に)燃える ・ (ホテルに)缶詰め(になって執筆する) ・ のぼせ上がる ・ むさぼる(ようにして本を読む) ・ 気を入れる ・ がむしゃら ・ 一生懸命(になる) ・ (読書に)淫する ・ 一筋に ・ かまける ・ ひたぶる(な努力) ・ 心が奪われる ・ 熱中(する) ・ 大わらわ ・ 熱に浮かされる ・ 営々 ・ (愛に)溺れる ・ 身が入る ・ 一心(に励む) ・ 沈潜 ・ (名演奏に)酔う ・ 一途 ・ 我を忘れる ・ 忘我 ・ 真面目 ・ 背水の陣(を敷く) ・ 浮かされる ・ こつこつ ・ 没頭 ・ 取り組む ・ 生きがい(を感じる) ・ そればかりして日を送る ・ 烈々 ・ (欲の)かたまり ・ 病膏肓に入る ・ (ギャンブル)狂い ・ (情熱を)傾ける ・ いそいそ ・ ほれる ・ (耳を)凝らす ・ 丹精(を込める) ・ 真摯 ・ (額に)汗する ・ 身を入れる ・ 一心 ・ 病み付き ・ ムキになる ・ 虚々実々 ・ 虚実(を尽くす) ・ (研究を)自らの使命と思う ・ (強い)思い入れを抱く ・ 真剣 ・ 意欲的に取り組む ・ 無二無三 ・ (議論が)熱する ・ 集中 ・ (どっぷり)つかる ・ ひとえに ・ 孜々 ・ (読書)三昧 ・ (ゴルフに)血道を上げる ・ 打ち込む ・ 励む ・ あくせく ・ (研究を)事とする ・ ひたすら ・ 熱を入れる ・ 汲々(と) ・  ・ 見える視界が限定されてる ・ 他のことが留守になる ・ 心酔 ・ 懸命 ・ 専心 ・ 憂き身をやつす ・ 傾倒 ・ 没入 ・ 容易に崩せない ・ 余念が無い ・ (愛情を)そそぐ ・ 熱烈 ・ かかずらう ・ 無我 ・ 無我夢中 ・ 惑溺 ・ (そのことだけに)関わる ・ (盆栽に)凝る ・ 夢中(になる) ・ 思いのまま(行動する) ・ 申し分なく(発揮) ・ 渾身(の力)(で) ・ (練習の成果を)余すところなく(発揮する) ・ 力任せ ・ 全力(で) ・ (全力を)尽くす ・ 極力 ・ 力を出し切る ・ ありったけ(の声を張り上げる) ・ 思い切り ・ 積極的(に)(意見を述べる) ・ しゃにむに(働く) ・ 惜しみなく ・ (国力を)総動員して(戦う) ・ ある限り ・ 死に物狂い(で) ・ 満身(の力)(を込めて) ・ 十分に力を出す ・ (能力を)全開(△にする[させる]) ・ 力の限り ・ (力の)限りを尽くす ・ 思う様 ・ (エネルギーを)爆発させる ・ 精一杯 ・ 完全に ・ (力を)振りしぼる ・ 死力(を尽くす) ・ 力一杯 ・ (力の限り)激しく生きる ・ 遺憾なく(発揮する) ・ 後悔しないほどに ・ 全精力(を注ぎ込む) ・ あらん限り(の力)(を出す) ・ 満身の ・ せいぜい ・ 全身全霊を傾ける ・ 間に合わせる ・ 思う存分(に)(活躍する) ・ ここを先途と(責め立てる) ・ 思いの丈(を語る) ・ あらん限り(の力で~) ・ 可能な限り ・ 一生懸命 ・ 血と汗(△の結晶[で築いた地位]) ・ 克己 ・ 粘り抜く ・ 骨折る ・ 押し通す ・ 他を犠牲にする ・ 奮闘(する) ・ 粘る ・ (欲望を)超克(する) ・ 精進 ・ 腰骨(が強い) ・ 尽瘁 ・ 汗水(たらして) ・ 汗水たらす ・ 汗を流す ・ 汗をかく ・ 大汗をかく ・ 一汗も二汗もかく ・ 汗だくになる ・ 汗と努力の(結晶) ・ 汗と涙の(結晶) ・ 命を懸ける ・ 労(をいとわない) ・ 粉骨砕身 ・ 勉励 ・ 他のすべてを投げ出す ・ 精出す ・ 精を出す ・ 水火も辞せず ・ 精根(を傾ける) ・ 勉強(家) ・ 貫徹 ・ (努力は)裏切らない ・ 力を入れる ・ 尽力 ・ 力を尽くす ・ 努める ・ あがく ・ 奮戦する ・ (真実のために)闘う(活動家) ・ 骨を折る ・ 犬馬の労 ・ 労する ・ 一貫 ・ 馬力をかける ・ 根(を詰める) ・ 詰める ・ 力こぶを入れる ・ せっかく(の努力) ・ 精勤 ・ 老骨に鞭打つ ・ 奮励 ・ (終わりまで)筋を通す ・ 徹底 ・ 耐え忍んで続ける ・ 骨身を惜しまない ・ 賭する ・ 徹する ・ 小骨を折る ・ 自彊 ・ 弱音を吐かない ・ 絶対に(するつもり) ・ 性根 ・ 断じて(やり通す) ・ 歯を食いしばる ・ 何としても ・ 何がなんでも ・ 石にかじりついても ・ どんなことがあっても ・ 万難を排して ・ どんな苦労があっても ・ どんな困難があっても ・ 是が非でも ・ 身を砕く ・ 中途半端でない ・ 身を粉にする ・ ふんばる ・ いそしむ ・ 刻苦 ・ 頑張る ・ 根気(よく続ける) ・ 骨を惜しまない ・ 打ち克つ ・ 倒れて後已む ・ 肩肘張って ・ (困難に決して)負けない ・ 苦労する ・ (不安を)払いのける ・ 尽くす ・ (実現に)努力(する) ・ 骨折り ・ 気根 ・ 臥薪嘗胆 ・ 精励 ・ 足で稼ぐ ・ 骨身を惜しまず ・ 乗り越える ・ 石の上にも三年 ・ 手を尽くす ・ (誘惑に)克つ ・ 一夜漬け ・ 不眠不休 ・ 宵っ張り ・ 徹夜 ・ 夜を明かす ・ 夜も休まない ・ 夜の目も寝ず ・ 寝食を忘れる ・ 夜明かし ・ 夜通し起きている ・ 寝ずの番
これきりで、残された余裕やチャンスはない(後がない)  逃げ場がない ・ どん底(に行き着く) ・ (危機が)迫る ・ 窮地(に立たされる) ・ (背後は)断崖絶壁 ・ 追い込まれる ・ 崖っぷち(に立たされる) ・ 瀬戸際 ・ 土俵際 ・ 徳俵に足がかかる ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ (これ以上)後ろに下がれない ・ 壁に突き当たる ・ 壁際に立たされる ・ テンパる ・ 剣が峰(に立たされる) ・ 差し迫る ・ 退路を断つ ・ 退路が断たれる ・ ルビコン川を渡る ・ ぎりぎり(のところ)(△に来る[でふんばる]) ・ 際どい(ところ)(で大事を防ぐ) ・ これ以上は負けられない ・ 背水の陣 ・ 次のチャンスはない ・ ラストチャンス ・ (もはや)後がない ・ 押し込まれる ・ 進退きわまる ・ (人生の)角番かどばん(に立つ) ・ (もう)後に引けない ・ 後に下がれない ・ 後に戻れない ・ 後戻りできない ・ あわや(のところ) ・ 瀕死(の状態) ・ (停学に)リーチがかかる ・ 命乞い ・ 生命が脅かされる ・ 無限の砂漠 ・ 殺される ・ やばい ・ 苦境 ・ ピンチ ・ 息の根を止められる ・ 極限状況 ・ 非常時 ・ (破滅の)寸前まで行く ・ 出口がない ・ 不可避 ・ (衝突)寸前 ・ どうすることもできない ・ 限界状況 ・ 危機 ・ 死の淵(に立たされる) ・ (死に)直面(する) ・ 重大な危機に直面している ・ 万事休す ・ 絶体絶命 ・ 生存確率0% ・ (△命[経営]が)危ない ・ 窮する ・ 切羽詰まる ・ 決定的なダメージを受ける ・ とどめを刺される ・ (△死[危険]と)紙一重 ・ 土壇場 ・ 万策尽きる ・ 生き残る道が残されていない ・ (死と)隣り合わせ ・ (もう)だめ(だ) ・ (もはや)おしまい ・ 南無三(!) ・ あわや(、と思う間もなく) ・ 逃げられない ・ 逃げ道を塞がれる ・ 再起不能に追い込まれる ・ どうにもならない ・ (相手側には)チャンス ・ 一歩誤ると(大変なことになる) ・ 一つ間違えば(命にかかわる) ・ 物騒(な)(世の中) ・ まかり間違えば取り返しのつかないことになる ・ (一旦)緩急あれば(ただちに駆けつける) ・ 楽観を許さない(情勢) ・ (何やら)恐ろしいことが ・ 際どい(岐路) ・ 平静でない ・ 有事 ・ 波乱含み(の幕開け) ・ 多事 ・ 赤信号が点滅(する) ・ 不穏(な△空気[情勢]) ・ 一歩誤れば(一大事となる) ・ 危険と隣り合わせ(の生活) ・ 危険な橋を渡る ・ 地雷原を行く(ようなもの) ・ 多事多難 ・ 油断できない ・ 気が抜けない ・ きな臭い(△国境地帯[問題;情勢]) ・ きな臭さ(が漂う) ・ 不吉(な様相) ・ (社会の)不安がつのる ・ 雲行きが怪しい ・ 治安が悪い ・ (先行きが)不安 ・ ぎりぎり(のところに来る) ・ 穏やかでない ・ (安定性が)崩れる ・ 瀬戸際(に立つ) ・ (災いに)見舞われそう ・ 状況は(極めて)悪い ・ (情勢は)楽観を許さない ・ 開戦前夜(の状況) ・ (信用不安の)足音 ・ 軍靴の響き(が聞こえる) ・ 物騒がしい ・ 一触即発(の国際情勢) ・ 薄氷を踏む(思い) ・ 険悪 ・ 騒々しい ・ (国際情勢に)暗雲(が△漂う[垂れ込める;かかる]) ・ 暗雲に包まれる ・ 重苦しい空気に包まれる ・ うっとうしい空気 ・ 暗色に覆われる ・ 危険 ・ (社会が)騒がしい ・ 騒然とした(社会) ・ 危機が迫る ・ 今にも△悪いこと[事件;物騒なこと]が起こりそう(な気配) ・ 予断を許さない ・ (忍び寄る)黒い影 ・ (前途に)暗影(を投げかける) ・ 緊張感が漂う ・ 待ったなし(の状況) ・ 剣呑(な雰囲気) ・ 風雲急を告げる ・ 戦雲(が低く垂れこめる) ・ もろい(バランス) ・ 危うい(ところ)(だった) ・ 血のにおいがする ・ 生臭い風が吹いてくる ・ 容易ならざる(事態) ・ 行き当たる ・ (言葉に)詰まる ・ 立ち往生 ・ (責任を)負担できない ・ 追い詰められる ・ (返答に)窮する ・ (難路に)行き悩む ・ 手詰まり ・ 行き詰まる ・ 手負いの虎(は侮れない) ・ 必死(になる) ・ 最後の抵抗 ・ 火事場のバカ力 ・ 暴れ狂う ・ 窮鼠猫を噛む ・ 窮すれば通ず
(未分類)  後が無い ・ 袋の鼠 ・ 逃げ道を断たれる ・ 逃げ場がない ・ 退路を断たれる ・ 事態が切迫する ・ のっぴきならない状態 ・ 王手をかけられる ・ 行き場を失う ・ 危機に陥る ・ 下がれない ・ 抜き差しならない状況 ・ 危うくなる ・ 鳴りを潜める ・ 際どい状況 ・ 熱いトタン屋根の猫 ・ 屠所の羊のように ・ 袋小路に迷い込む ・ 閉塞状況 ・ どうしようもない ・ チェックメイト ・ ~の正当性が揺らぐ ・ ピンチに見舞われる ・ 相手チームに押し込まれる ・ 手負いの状態 ・ くぎ付けになる ・ ギリギリの状態 ・ 危機に瀕する ・ 壁際 ・ 行く手をふさがれる ・ 斜陽化する ・ 四角ばった ・ 重苦しい ・ 堅苦しい ・ 上品ぶった ・ 気詰まりな ・ 緊張を強いられる ・ 息がつまる ・ うっとうしい ・ 目を白黒させる ・ 戸惑う ・ 苦戦する ・ ~によってピンチを招く ・ 立ち往生する ・ 被る ・ 窮地に陥る ・ うろたえる ・ 生き惑う ・ 困り抜く ・ 途方に暮れる ・ 反論が難しい ・ 面食らう ・ 返事に困る ・ 絶句する ・ ドツボにはまる ・ 参る ・ 返す言葉がない ・ 頭を抱える ・ 出口なしの状況 ・ ~という羽目に陥る ・ 苦境に立たされる ・ 迷う ・ せっぱ詰まる ・ 論破される ・ たじたじとなる ・ しどろもどろとなる ・ ギリギリのところ ・ 窮鼠 ・ いばらの道 ・ 火の手がせまる ・ 追い立てられる ・ 土壇場にいたる ・ 褪せる ・ 逃げ道がない ・ 前門のトラ後門の狼 ・ 窮まる ・ 危急 ・ 風前のともしび ・  ・ カド番崖っぷち ・ せかされる ・ 突き動かされる ・ 駆られて ・ 窮地に立つ ・ 駆り立てられる ・ 追いやられる ・ こみ上げる ・ 動きが取れない ・ 逃げ場を失う ・ しゃかりきになってやむにやまれぬ ・ 一刻も早く ・ 強いられる ・ 屠所の羊 ・ 地獄を見る ・ 隔絶感 ・ 地に足がつかない ・ 異邦人の感じ ・ 漂流感 ・ 絶望的状況 ・ お先まっ暗 ・ 隔絶された ・ 息苦しい ・ 浮遊感 ・ 人間砂漠を生きる ・ はじき出された感じ ・ 頼りない ・ 見捨てられたような ・ 息が詰まる ・ 窒息状況 ・ 疎外感 ・ 圧迫感 ・ 余裕がない ・ 緊張 ・ 心労 ・ 助けを求める ・ プレッシャー ・ アピール ・ 脅威 ・ 負荷 ・ 異常 ・ 負担 ・ 空気で人を動かす ・ 煮詰まる ・ 追い込まれた感じ ・ ひずみ ・ 威圧感 ・ 神経をすりへらす ・ 憂きこと ・ 緊張感 ・ 心因性 ・ 精神的疲れ ・ 同化への強要 ・ 隠せない ・ 明るみに出される ・ 強制収容所のような ・ 塗り込められた感じ ・ 閉じ込められた感じ ・ 牢獄のような ・ 真っ暗闇 ・ 孤立化する ・ 窮屈な ・ 閉ざされる ・ 圧制の下で ・ 不可能になる ・ 身動きできない ・ 出口なし ・ タコつぼ型社会 ・ 大博打を打つ ・ 大ピンチ ・ どん詰まり ・ 非常事態 ・ 難所 ・ 行き詰まり ・ スランプ ・ 天王山 ・ 危機的状況 ・ 切羽詰る ・ 挟撃される ・ ジレンマ ・ どちらを選んでも茨の道 ・ どっちつかず ・ トリレンマ ・ 悪魔の選択 ・ 針の穴を通るような ・ 腹背の敵 ・ 厳しい選択 ・ 宙ぶらりんの状態 ・ どちらにも進めない ・ 苦渋の選択 ・ 一歩手前 ・ 間近に迫る ・ 存亡の秋 ・ 危機的な ・ 風前の灯 ・ 滅亡寸前 ・ 足音が聞こえる ・ 泥沼化する ・ 好転の兆しは見えない ・ 壁にぶつかる ・ 袋小路に入る ・ 千日手となる ・ エアポケットに落ち込む ・ 立ちはだかる ・ 絶望的 ・ 囲まれる ・ 塞がれる ・ 打開できない ・ にっちもさっちもいかない ・ 展望が開けない ・ 逆境にある ・ 行く手を阻まれる ・ 危機に直面する ・ ピンチに立たされる ・ 気苦労 ・ 精神状態 ・ 刺激 ・ 同調圧力 ・ 重荷 ・ 圧力 ・  ・ 追い詰められた感じ ・ 抑圧 ・ 袋小路に入り込む ・ 危機に遭遇 ・ 宙に浮く ・ 路頭に迷う ・ 分野で)行き場がない ・ がんじがらめに縛られる ・ 息が詰まるような ・ 抑圧される ・ 虐げられる ・ ジレンマに陥る ・ ~するよう迫られる ・ 根幹を揺さぶられる ・ 弱体化する ・ 危険にさらされる ・ 屋台骨が傾く ・ 前門のトラ後門の狼鳴りを潜める ・ 危険な立場に立たされる ・ ゆとりがない ・ 取り澄ました ・ 閉塞感 ・ 窮屈 ・ 返答に詰まる ・ ぎりぎりの状態 ・ 当惑する ・ 苦しい状況に押し込まれる ・ 逃げ場に窮する ・ 二の句が告げない ・ じり貧状態 ・ 困惑する ・ 一言もない ・ 待ったなしの状態 ・ 答えに窮する ・ 迷惑を感じる ・ 言葉につかえる ・ 劣勢になる ・ 困る ・ 言葉が出ない ・ ぼう然とする ・ まごつく ・ 反論できない ・ グウの音も出ない ・ 苦しい立場に立たされる ・ どうしたらいいか分からない ・ 追い討ちをかけられる ・ ぐうの音も出ない ・ 旗色が悪い ・ ~から抜け出せない ・ ぐっと詰まる ・ 見舞われる ・ 袋小路 ・ 危地 ・ 虎口 ・ 足元に火がつく ・ 切迫する ・ じっとしていられない尻に火がつく ・ がけっぷちに立たされる ・ 袋のネズミ ・ 背水の陣を敷く進退きわまる ・ 決戦 ・ ふち ・ 天下分け目 ・ 徳俵 ・ 衝迫 ・ 抑えがたい ・ 迫られる ・ 焦眉の急 ・ 動かされる ・ プッシュされる ・ 衝動 ・ 追われる ・ 強迫観念 ・ 煽られる ・ 切羽つまる ・ どうしようもなくなる ・ 最後 ・ 瀬戸際土壇場 ・ 正念場 ・ 孤独な感じ ・ 寂しい ・ 酸欠 ・ 孤独 ・ 孤独感 ・ 喪失感 ・ 無縁社会 ・ 根なし草的意識 ・ 取り残された感じ ・ 重圧 ・ 無言の圧力 ・ 抑制 ・ ストレス ・ 逃げられない感じ ・ 同一化が求められる ・ 悲鳴を上げる ・ 認めることを余儀なくされる ・ 明らかになる ・ 突き付けられる ・ 明らかにされる ・ 遮断される ・ 存亡の危機 ・ 挟み撃ち ・ 苦戦を強いられる ・ 難局 ・ 出口なしの状態 ・ あわやの状況 ・ 崖っぷちに立つ ・ 掛かった正念場 ・ のるかそるか ・ ピンチに陥る ・ 四面楚歌 ・ 二方面から攻められる ・ 抜き差しならない ・ 股裂き状態 ・ 挟殺される ・ 問題 ・ 挟み撃ちにされる ・ 板挟み ・ 痛ましいジレンマ ・ 挟み撃ちに遭う ・ 苦悩の選択 ・ 死の縁 ・ 死を待つばかり ・ 消え入りそうな ・ 危ない絶体絶命 ・ 地獄の淵にある ・ 消滅寸前 ・ 消えそうな ・ どツボ ・ 迷路に迷い込む ・ 抜け出せない ・ 後ろにも下がれない ・ アリじごくに陥る ・ 見通しが立たない ・ 閉塞 ・ 解放されない ・ 勝算が見えない ・ 窮境にある ・ ピンチを招く ・ 苦境にある ・ 危機に見舞われる ・ 流亡する ・ 行きどまり ・ 困窮する ・ 疎外される ・ 被差別 ・ 被抑圧 ・ 閉塞感ばかり ・ 差別される ・ 圧迫される ・ 抑え込まれる ・ 巨大過ぎる
キーワードをランダムでピックアップ
老若居直り強盗不如意待合売り切れる人身売買未開発聞き耳を立てる重職賜る発言権出納簿人間工学所狭しと握り込む不運にも粘りが足りないさもありなんみんなで怨霊の仕業と知れる