表示領域を拡大する

物惜しみの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
物惜しみ(する)けちけちしている物惜しみ(する)けちけちしている  やぶさか ・ 節約(こそ全て) ・ 締まり屋 ・ 庶民派 ・ けちん坊 ・ (△出費[金]を)惜しむ ・ 財布のひもが固い ・ 身を縮めた(暮らし) ・ 心が貧しい ・ (端数まで)割り勘 ・ 吝ん坊 ・ (出し方が)ケチくさい ・ 倹約家 ・ しっかり者 ・ しっかりしている ・ (精神の)貧しい ・ 貧乏くさい ・ 出し渋る ・ 惜しみ惜しみ(使う) ・ 吝嗇 ・ しみったれ ・ 出し惜しみ(する) ・ しわい ・ 女々しい ・ 金払いが悪い ・ けつの穴が小さい ・ がめつい ・ けちけち(している) ・ 握り屋 ・ 惜しそう(に出す) ・ 小出し(にする) ・ 人間が小さい ・ (金払いが)渋い ・ 意気地なし ・ 他の人におごらせる ・ もったいぶる ・ (金持ちほど)ケチ ・ 惜しがる ・ こすい ・ 未練がましい(支払いを)ケチる ・ お金に細かい ・ 安くさせる ・ ぜいたくの禁止 ・ 身を切られる(ような)(思い) ・ ちまちま(した考え) ・ 経済的 ・ 小心 ・ 資金が余る ・ 泣く泣く(諦める) ・ 未練たらしい ・ 未練たらしく ・ 未練のこもった(顔) ・ 緊縮(財政) ・ (彼女を)思い切れない ・ 思い切りが悪い ・ 潔くない ・ 潔さがない ・ 躊躇(する) ・ 見苦しい ・ 卑屈 ・ こすっからい ・ 悪あがき(する) ・ 未練がましい ・ 未練がましく ・ (大臣の椅子に)しがみつく ・ (勝負に負けて)ふてくされる ・ 清貧 ・ 姑息(なやり方) ・ おおらかでない ・ 無念(の思い) ・ コンパクト化 ・ ずるい(やり方) ・ 往生際が悪い ・ (死者の)怨念 ・ しつこい ・ しみったれる ・ 諦めない ・ 諦めきれない ・ 諦めが悪い ・ 諦めがつかない ・ むやみに使わない ・ (予算を)削り込む ・ やりくり(する) ・ るをはかりてずるをせい ・ るをはかりてずるを ・ (規模の)縮小 ・ 無駄を減らす ・ (残念な思いが)後を引く ・ 泣きの涙で(手放す) ・ (金に)汚い ・ 緊縮 ・ つづめる ・ 経費をコントロールする ・ つづまやか ・ (態度が)素直でない ・ しみったれた(やつ) ・ 減産(に踏み切る) ・ (日用品を)始末(して使う) ・ 忘れられない ・ 忘れかねる ・ いじましい ・ (態度が)見苦しい ・ 地に足のついた(暮らし) ・  ・ 哀れむべき ・ 節約(する) ・ 引き下げ ・ (不動産株を)底値で拾う ・ (万策尽きても)じたばた(する) ・ (体面に)こだわって(訂正しない) ・ (なんとか)(△予算[時間]を)ひねり出す ・ やせ犬の遠吠え ・ 節制 ・ 仙人(みたいな暮らし) ・ 無駄をなくす ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ 小体 ・ 貧弱な(精神) ・ 嫌らしい ・ (生活を)切り詰める ・ 泣く泣く(別れる) ・ (出を)しぼる ・ (△費用[時間]を)浮かす ・ (自炊すればその分が)費用が浮く ・ 小ずるい ・ 浪費をしない ・ 粘る ・ (できる限り)出費を少なくする ・ ぜい肉を削ぎ落とす ・ ぜいたくは敵だ ・ 欲しがりません勝つまでは ・ (経費を)削る ・ ごまめの歯ぎしり ・ (△予算[事業規模]を)圧縮(する) ・ 意地汚い ・ (いつまでも)うじうじ(する) ・ いじいじ(と思い悩む) ・ (いつまで経っても)ぐずぐず(と)(駄々をこねる) ・ 負けを認めない ・ (できるだけ)無駄を省く ・ 責任逃れ(の言動) ・ 禁欲 ・ みみっちい(やり方) ・ (自分を)抑制できない ・ 得(になる) ・ (小人閑居して)不善をなす ・ 気持ちが割り切れない ・ 醜い ・ 減らす ・ 地味 ・ (出費を)セーブ(する) ・ しぶしぶ(~する) ・ 料簡が狭い ・ 控えめ(な生活) ・ 未練たっぷり ・ こせこせ(している) ・ 思いを残す ・ 強がり(を言う) ・ 負け惜しみ(を言う) ・ (経営を)合理化(する) ・ (生活を)詰める ・ 利己的 ・ つつましやか ・ せせこましい(料簡) ・ (任期が切れてもトップの座に)居座る ・ 間違った(料簡) ・ 気持ちの持って行き場がない ・ 無駄のないように使う ・ 生産調整 ・ 女々しい(態度) ・ 女々しく ・ 男らしくない ・ あさましい ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ ひんしゅくを買う ・ (経費を)削減(する) ・ 価値あるもの(だけ)を選ぶ ・ (コストの)低減(を図る) ・ 買い控える ・ 無駄な抵抗 ・ 買いたたく ・ (足元を見て)買いたたく ・ (金策に)東奔西走(する) ・ (何とかして)(△時間[利益]を)生み出す ・ 恨めしそう(な顔) ・ 消えない(思い) ・ (意味なく)あがく ・ (社会保障費の)抑制 ・ つつましい ・ 恨めしい(気持ち) ・ 限定(する) ・ (過去に)執着する ・ 値切る ・ (お金の使い方が)合理的 ・ (二束三文に)叩く ・ 浪費は罪悪だ ・ (予算の)引き締め ・ 買い渋る ・ (いかにも)見苦しい ・ ケチ ・ 断腸の思い(で断念する) ・ つましい(暮らし) ・ さもしい ・ 卑しい ・ 心の置き所がない ・ お金を有効に使う ・ 始末屋 ・ (妻子ある男性への)(思いを)断ち切れない ・ 未練を残す ・ (賃金を)カット(する) ・ プライドがない ・ 節する ・ (ぶすぶすと思いが)くすぶる ・ 貯蓄(する) ・ 安く買う ・ 浅はか(な考え) ・ 倹約(する) ・ 爪に火をともす(ような生活) ・ 泣くに泣けない(結果) ・ 勤倹 ・ 質素(な暮らし) ・ 質素に生きる ・ (△地位[金銭]に)恋着(する) ・ (地位に)恋々(とする) ・ (心が)貧しい ・ 心貧しい ・ ケチ(な根性) ・ ケチくさい ・ 我執むき出し(の態度) ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ こじんまり(とした)(暮らし) ・ 余裕をなくす ・ 小者(の考え) ・ せこい(考え) ・ 節倹 ・ 財布の口を締める ・ 財布のひもを締める ・ 贅沢をしない ・ いじましく ・ 欲しがり過ぎる ・ 欲しがり過ぎ ・ (貧すれば)鈍する ・ 執拗(に欲しがる) ・ がちがち(の守銭奴) ・ 鬼のような(高利貸) ・ 悪辣 ・ 我利我利 ・ たかり根性 ・ 品性に欠ける ・ 欲張り(な) ・ 慎みがない ・ みみっちい ・ (やることが)せこい ・ あれもこれも ・ 汚い ・ 銭ゲバ ・ (欲望)剥き出し ・ 下種っぽい ・ 銅臭(にまみれた)(輩) ・ 毒皿(主義) ・ 毒を食らわば皿まで ・ 強欲(な) ・ ハゲタカ(ファンド) ・ ハゲタカのような(敵対的買収) ・ (金のことしか)頭にない ・ 現金(なやつ) ・ 薄よごれた(精神) ・ 薄汚い(根性) ・ 胴欲 ・ がめつく ・ 世知辛い ・ 欲張る ・ 傍若無人 ・ ずるい ・ 業突張り ・ 脂ぎった ・ 爪が長い ・ あこぎ ・ (△利益[暴利]を)むさぼる ・ 肉食系 ・ (欲望が)ギラギラ(した性格) ・ 目をギラギラさせる ・ 食い下がる ・ ダボハゼ(のような)(政治家) ・ 悪知恵の働く ・ 欲ぼけた ・ 御身大事 ・ 因業(な金貸し) ・ 厚顔 ・ 陋劣(な手段) ・ がっつく ・ がっついた ・ 我欲むき出し ・ すけべ心(を出す) ・ すけべ根性(を持つ) ・ ちゃっかり ・ 所構わず(欲を出す) ・ 物欲しげ(な様子) ・ 我利我利亡者 ・ セクハラ ・ 生臭い(話) ・ 大欲 ・ 欲の皮が突っ張る ・ 欲の皮が張る ・ 欲の皮を突っ張らせる ・ 狡辛い ・ ずうずうしい ・ ずうずうしく(~まで狙う) ・ 欲深 ・ あざとい(やり方) ・ しょっぱい ・ 恥知らず ・ げす張った(男) ・ 欲をかく ・ (△金[権力]の)亡者 ・ 守銭奴 ・ 転んでもただは起きない ・ 恥ずべき(感情) ・ 多欲 ・ どっちも(欲しい) ・ 見苦しく(悪あがきする) ・ 我欲が強い ・ (傷ついた獲物に群がる)ハイエナ(のような) ・ ピラニア(のような) ・ たかる ・ たかりの構造 ・ 貪婪 ・ 貪欲(な) ・ ウォール街の人間たち ・ お金しか愛せない ・ 利己的(な) ・ エゴイスティック(な) ・ 品がない ・ 利欲丸出し ・ 意地汚く(求める) ・ ガツガツ(△した[食いたがる]) ・ 欲深い ・ 取りこぼさない ・ 全部に手に入れる ・ 卑しげ(な目) ・ つきまとう ・ がっちり ・ (ひどく)欲が深い ・ がっつり(もうける) ・ ごうつくばり
物惜しみ物事を惜しんで大切にする(惜しむ)物惜しみ物事を惜しんで大切にする(惜しむ)  渋る ・ 出し惜しみ(する) ・ 惜しがる ・ 未練たらたら ・ 惜別(の念に堪えない) ・ 愛惜(の気持ち) ・ 未練がましい ・ 惜しげ(もなく) ・ しぶしぶ(寄付に応じる) ・ 惜しそうに ・ 惜しむ ・ 未練たっぷり ・ 痛惜 ・ 小出し ・ けちけち(する) ・ 滅びの美(学) ・ 滅びに美を見る ・ (荒廃の)詩情 ・ (過ぎゆく青春を)いとおしむ ・ 失いたくない ・ (失って)悔やむ ・ (別れを)悲しむ ・ 愛着がある ・ (失われたものへの)追想 ・ 惜別(の情) ・ もったいない ・ (遠ざかるほど)思いが募る ・ 大切に思う ・ (捨てるに)忍びない ・ (捨てるのは)惜しい ・ 未練がある ・ 愛惜(の情) ・ 惜陰 ・ (△別れ[名残]を)惜しむ ・ 惜歳(の情が身に染みる) ・ もったいない(と思う気持ち) ・ 捨てがたい(味わいがある) ・ 失いたくない(という強い気持ち) ・ やるせない(思い) ・ (故人を)しの ・ 名残惜しい ・ (失われたものを)追想(する) ・ (前非を)悔悟(する) ・ (良心の)呵責 ・ うっかり(してしまう) ・ 不完全燃焼 ・ 苦い思い(が残る) ・ 古めかしい(建物) ・ (高く)評価(する) ・ (成長よりも安定に)軸足を移す ・ 復古主義(思想) ・ 悔い(を残す) ・ 悔いが残る ・ 嫌な思い ・ (明治は)遠くなりにけり ・ 後悔(△する[に震える]) ・ 後悔の念 ・ 痛恨(の思い) ・ (あれは)痛恨事(であった) ・ 懐かしい ・ (失われたものを)懐かしむ ・ (過去を)懐かしがる ・ 懐かしく思う ・ じくじたる思い ・ (△親のありがたみ[故郷]を)しみじみ(と思う) ・ (過ぎ去った時代を)追慕(する) ・ (希少性に)価値を認める ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ (深い)反省 ・ (かつての青春を)振り返る ・ 偏重 ・ 申し訳ない(気持ち) ・ 古傷が痛む ・ 思い出の詰まった(もの) ・ 記憶が蘇る ・ (かつての物事が)(しみじみと)思い出される ・  ・ (当時を)偲ぶ ・ 懐古的 ・ 後ろめたい ・ 昔はよかった ・ 優先順位が高い ・ 感慨(にふける) ・ (舶来品)崇拝 ・ 復古調(のファッション) ・ ゆかしい ・ 十字架を負う ・ 悔い改める ・ 悔恨(△の念にかられる[の涙を流す]) ・ 肯定(する) ・ 無視し得ない ・ (往時を)回想(する) ・ (金よりも信用が)大事 ・ 遺憾(である) ・ 純喫茶 ・ 自責の念 ・ 後味が悪い ・ 郷愁(を感じる) ・ ほぞを噛む ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ (△本人の意志[相手の立場]を)尊重(する) ・ 残念がる ・ 珍重(する) ・ ざんげ(する) ・ 昔を思い起こさせる ・ (この事件を)重大視(する) ・ 悔やまれる ・ 何としたことをしてしまったのか ・ 重きをなす ・ 悔悛 ・ いとおしむ ・ 慙愧ざんき(△する[に堪えない]) ・ ノスタルジック(な街並み) ・ 懐古趣味 ・ ノスタルジー ・ 古風(な民家) ・ 高評価 ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ (前非を)悔いる ・ 悔いを感じる ・ (ひどく)ありがたがる ・ 信奉(する) ・ レトロ(ゲーム) ・ レトロ調(のインテリア) ・ 昭和レトロ(な世界観) ・ うなされながら過ごす ・ 改悛 ・ (人命を)尊ぶ ・ (価値あるものとして)大切に扱う ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ 逃がした魚は大きく見える ・ 貴ぶ ・ 感慨深い(ものがある) ・ 九十年代(のアニメ) ・ 思い残す ・ 思いを残す ・ 保守的(な会社) ・ 大切(△にする[なものと考える]) ・ 懐古(の情)(に浸る) ・ 昔懐かしい(ナポリタン) ・ 懐旧(の△念[情])(に駆られる) ・ 悔やむ ・ (御)下賜(品) ・ 一目置く ・ やりきれない(思い)
物惜しみ(未分類)物惜しみ(未分類)  ドけち ・ 打算的 ・ ツメに火をともすような ・ 貧乏がしみついて ・ 欲な ・ 細かい ・ なくけち ・ 計算高い ・ 世知がらい ・ 勘定高い ・ 身を縮めて ・ 金を出さない ・ 物惜しむ ・ しまり屋 ・ 倹約的 ・ 節約的 ・ けちくさい ・ けちんぼう ・ しわんぼ ・ しわんぼう ・ しぶちん ・ 未練 ・ 惜し気 ・ 思い残し ・ 財布のひもが長い ・ けち ・ 財布の紐が固い ・ 気前が悪い ・ 財布が堅い ・ 金離れが悪い ・ しわん坊 ・ 出し惜しむ ・ どケチ ・ けちる ・ ペニーピンチング ・ 財布の紐が堅い ・ けち臭い ・ 気前の悪い ・ 財布が固い ・ どけち ・ もの惜しみ ・ 物おしみ ・ 物惜み ・ 渋ちん ・ 吝嗇家 ・ 吝しょく ・ 性格 ・ けちんぼ ・ 
キーワードをランダムでピックアップ
律儀者うとうと後手宿す進発読み下す裏切り生活態度マトリョーシカ指導書ぬらりとしたひねり取る無理してまでダイヤルをいじる押し売りを撃退動物的な勘が働く戦国時代さながらの陣取り合戦神仏のおかげわずかばかりの餞別
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3