表示領域を拡大する

(良心の)呵責の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(良心の)呵責良心がとがめる(良心の)呵責良心がとがめる  お天道様がまともに拝めない ・ (良心に照らすと)気持ちが晴れない ・  ・ 良心がうずく ・ 良心のうずき ・ 後ろめたさ(を感じる) ・ (やってしまった事を)後悔(する) ・ (拭いきれない)後悔の念 ・ 申しわけない(気持ち) ・ (良心がとがめて)遠慮する ・ 後ろめたい ・ 気がさす ・ やましい(気持ち) ・ やましさを感じる ・ (自分の過ちを)気に病む ・ すねに傷(のある身) ・ 罪の意識にさいなまれる ・ 罪悪感(が離れない) ・ 針のむしろ(に座る気持ち) ・ 合わせる顔がない ・ (何となく)気が済まない ・ 後味が悪い ・ ざんげ(の気持ち) ・ 心の古傷が痛む ・ 寝覚めが悪い ・ (自らの罪深さに)心を痛める ・ 心の痛み ・ 夢見が悪い ・ (ここまできて断るのは)具合が悪い ・ 心が痛む ・ (現実の姿に)うろたえる ・ 後ろ暗い(思いを抱える) ・ 罪悪感 ・ 心が痛い ・ 気がとがめる ・ (良心に)責めさいなまれる ・ 罪の意識を持つ ・ どのつら下げて ・ 責任を感じる ・ (内心は)じくじたる思い ・ (自分を)恥じる ・ 恥の意識 ・ 良心がとがめる ・ (ちくりと)良心が痛む ・ (良心の)呵責 ・ 負い目(を感じる) ・ 心に刺さったとげ(の痛み) ・ けがれた手(を持つ) ・ 手が汚れている ・ (手が)真っ白という訳ではない ・ 絶望(する) ・ 過去に不正を犯したことがある ・ 隠している悪事がある ・ 叩けばほこりが出る(男) ・ コンプレックス(△を持つ[がある]) ・ 裏街道(を歩んできた) ・ (浮世の)裏通り(を行く) ・ 申し訳ない(という)(気持ち) ・ (心に)負担を感じる ・ (今は)後悔している ・ 引け目(を感じる) ・ (他者に)弱みを握られる ・ 気後れ(を感じる) ・ 後ろめたさを感じる ・ 堂々とできない ・ 後ろ暗い(ところがある) ・ 痛い所(をつかれる) ・ 穴があったら入りたい ・ 後ろめたい(感じ) ・ (世を)はかなむ ・ 怪しげ(な人物) ・ (~するには)ためらいがある ・ やましい(ところがある) ・ じくじたる思い ・ 遠慮がち(になる) ・ 借り(がある) ・ 負債 ・ 世間をはばかる(稼業) ・ 身を縮めて(座る) ・ 訳あり(の夫婦) ・ (中卒では)世間体が悪い ・ 警察に追われている ・ 食わせ者 ・ (失敗して)落ち込む ・ 悪びれる ・ 自責の念 ・ すまない(という)(気持ち) ・ 悔い(が残る) ・ 裏世界(に生きる) ・ すねに傷(△を持つ[がある]) ・ 日陰(の身) ・ 負い目(がある) ・ 負い目を△感じる[持つ] ・ (過去の行いを)悔いる ・  ・ 身に覚えがある ・ やましい気持ち ・ (自分が)腹立たしい ・ すねに傷を持つ(身) ・ 不満足 ・ 心の負担 ・ 不名誉(な思い) ・ 良くない ・ 前科がある ・ 情けない(思いをする) ・ (自分の非力が)情けない ・ (自らの抱える)黒歴史 ・ (無知であることが)恥ずかしい ・ 面目ない ・ つらい ・ (自分の無能さが)恨めしい ・ (自分の才能のなさを)恨めしく思う ・ 気まずい(思い) ・ かんばしくない噂がある ・ とかくの噂のある ・ 心苦しい ・ 恩義(を感じている) ・ 要注意人物 ・ まともでなさそう(な人物) ・ 恥ずかしい ・ 自分が情けない ・ 自己嫌悪(に陥る) ・ まともでない(生き方) ・ 負い目 ・ 後悔する ・ 肩身が狭い ・ (みんなの前で)小さくなる ・ 散々(な思いをする) ・ 懲りる ・ (後悔による)心の痛み ・ やりきれない ・ 他より劣っている ・ 罰を受ける ・ すまない ・ (心の内が)ちくちくする ・ (今後のことが)気にかかる ・ 悶々とする ・ 気後れ(する) ・ (心配事が)頭から離れない ・ お灸をすえられる ・ 罪の意識 ・ 心に痛手を受ける ・ 悩みが深い ・ 劣等感(がある) ・ コンプレックス(がある) ・ 二度とすまいと思う
(良心の)呵責過ちを叱ってとがめる(叱責)(良心の)呵責過ちを叱ってとがめる(叱責)  (間違いを)指摘する ・ とがめ ・ とがめる ・ 雷を落とす ・ (雷親父が)爆弾を落とす ・ けんつく(を食わせる) ・ (言葉で)とっちめる ・ (過剰な)クレーム ・ 問い詰める ・ 糾弾(する) ・ (責任者を)つるし上げる ・ (責任を)追及(する) ・ ガツンとやる ・ (行いを)反省△させる[をうながす] ・ お灸をすえる ・ 小言を言う ・ 説教(する) ・ 責め合う ・ 批判(する) ・ 欠点をつつく ・ 戒める ・ (素行の悪い生を徒)しぼり上げる ・ 叱責(する) ・ 追い詰める ・ (こっぴどく)叱りつける ・ (不注意を)難詰(する) ・ くぎを刺す ・ (不実な態度を)非難(する) ・ 勘気 ・ 面責(する) ・ 頂門の一針(とする) ・ 譴責 ・ 大目玉を食らわす ・ どなる ・ どなりつける ・ どやす ・ どやしつける ・ ぐさり(とくる) ・ (説明のあいまいな点を)突っ込む ・ 決めつける ・ 容赦なく ・ せがむ ・ 寸鉄人を殺す ・ (審判に)食ってかかる ・ 決断を迫る ・ 批判する ・ 意見(する) ・ 一喝(する) ・ 喝(!) ・ (きつく)注意(する) ・ 勘当 ・ 鉄ついを下す ・ (失敗を)責める ・ たしなめる ・ さいなむ ・ 責め立てる ・ つるし上げる ・ 怒る ・ 怒りつける ・ いい事(、二度としてはダメよ) ・ 説諭(する) ・ 詰責 ・ 詰め寄る ・ (生徒を)叱る ・ 心を鬼にして(叱る) ・ 舌鋒鋭く(攻撃する) ・ 締め上げる ・ 問責 ・ 油をしぼる ・ (こってりと)しぼる ・ 文句を言う ・ 大喝 ・ 責めつける ・ 叱咤 ・ (コーチが選手たちに)どなり散らす ・ 熱血(教師) ・ 言い聞かせる ・ 叱り飛ばす ・ 筆誅 ・ 責めさいなむ ・ (怒って)黙らせる ・ 畳み込んで(言う) ・ 油を絞られる ・ (さんざん)絞られる ・ 勧告 ・ 説得(する) ・ とやかく言う ・ 警世 ・ 訓示 ・ 興奮して言う ・ 息巻く ・ 忠言 ・ 自制を促す ・ くどくど(と)(言う) ・ 切言 ・ 言い募る ・ 垂訓 ・ 苦言(を呈する) ・ 笑顔が抜け落ちる ・ (無作法を)たしなめる ・ ギャーギャー言う ・ いさめる ・ バリバリ言う ・ ねじを巻く ・ 教戒 ・ 小言を言われる ・ まくし立てる ・ (そんなことをしたら)ぶっ飛ばされる ・ 訓辞(を述べる) ・ 注意(△を与える[する/を喚起する]) ・ 注意喚起(する) ・ (先生から)雷を落とされる ・ (雷親父の)爆弾が落ちる ・ (世間から)叩かれる ・ 諌死(する) ・ 諭旨 ・ 痛棒を喫する ・ 説諭 ・ 説教を食らう ・ 諫言 ・ (言いたいだけ)文句を言う ・ ホイッスル(を鳴らす) ・ どやされる ・ どやしつけられる ・ 諌言(する) ・ 痛い目を見る ・ ポンポン言う ・ 叱正 ・ (今後の)戒め(とする) ・ 戒告 ・ 遠慮なく(言う) ・ (不満を)言い立てる ・ 文句を言われる ・ とっちめられる ・ 文句を並べる ・ 良薬口に苦し ・ 勘気かんきに触れる ・ 勘気を被る ・ 頂門の一針 ・ 怒られる ・ 怒鳴られる ・ 遺訓 ・ 告諭 ・ (社長に)直言(する) ・ 叱責(される) ・ 教訓 ・ とがめ(を受ける) ・ うるさく言う ・ (お)灸をすえられる ・ 訓戒 ・ 諌止(する) ・ 思いとどまらせる ・ やめさせようとする ・ とめ立て(するな) ・ ガミガミ言われる ・ (口数多く)責め立てる ・ (間違いを)める ・ 自戒 ・ お目玉(を△食う[頂戴する]) ・ (役所に)ねじ込む ・ けんつく(を食らう) ・ 戒飭 ・ (泣く子を)なだめる ・ (不心得を)諭す ・ 忠告 ・ 怒声を浴びる ・ (こってりと)叱られる ・ お叱りを受ける ・ 諫死 ・ しつこく言う ・ 一喝される ・ 一喝を食らう ・ 言いにくいことを言う(ようだが) ・ 大目玉(△を食う[食らう]) ・ 用心させる ・ 強意見こわいけん(する) ・ (思いの丈を)言う ・ 訓諭 ・ 罰を受ける ・ (こてんぱんに)やられる ・ 警告(する) ・ (生徒に)声かけ(する) ・ 諭告 ・ 直諫 ・ 徹底的(に)(言う) ・ (隠れた悪を)暴く ・ 厳罰 ・ (欺瞞の)核心をつく ・ (手ひどく)やっつける ・ (社会)悪を撃つ ・ 吠えづらをかかせる ・ 折檻 ・ 殴る蹴る(の暴行) ・ めった打ちにする ・ 見せしめ ・ 懲戒 ・ 鋭くつく ・ (鋭く)問い詰める ・ ひどい目に遭わせる ・ ダウンさせる ・ 戒め(のため食事をさせない) ・ 追及する ・ 目に物見せる ・ 畳む ・ 畳んじまえ ・ (批判が)炸裂する ・ (問題の核心を)えぐる ・ 打ちのめす ・ (課題の)急所をえぐる ・ 袋叩き(にする) ・ (厳しい追及が)炸裂(する) ・ ばっさり(と断罪) ・ とっちめる ・ (担当者を)直撃する ・ 直撃インタビュー ・ 痛めつける ・ 懲罰 ・ (議会が政府に)肉薄(する) ・ 懲らしめる ・ 懲らしめ(を与える) ・ 懲らす ・ 口撃(する) ・ ぎゅう(という目にあわせる) ・ (問題点に)切り込む ・ 暴力 ・ 半殺しの目にあわせる ・ 論難(する) ・ (政権を)追い込む ・ (たるんだ社員を)締める ・ 思い知れ ・ 思い知ったか ・ 思い知らせてやる ・ 面皮を剥ぐ ・ 罰する ・ 痛い目に合わせる ・ 膺懲 ・ 目に物を見せる ・ 目に物見せてやる ・ 制裁を加える ・ (相手の非を)分からせる ・ ぎゃふんと言わせる ・ (厳しく)批判(する) ・ 筆誅を加える ・ (△自分の強さ[相手の間違い]を)思い知らせる ・ ダメージを与える ・ (後輩を)締め上げる ・ (世相を)斬る ・ (△世の不正[政治]を)撃つ ・ 参らせる ・ 焼きを入れる ・ 天誅 ・ 論陣を張る ・ (黒すぎる政界を)一刀両断(する) ・ 罰(△を与える[として坊主]) ・ 舌鋒鋭く(迫る) ・ (核心に)肉迫(する) ・ (真実に)(激しく)迫る ・ (政党を)断罪(する) ・ (社会悪を)告発する ・ ひと泡吹かせる ・ 気分を悪くする ・ 不機嫌(に△なる[言う]) ・ 機嫌が悪い ・ どう猛な怒り(を湛えた顔) ・ 阿修羅のごとく(怒る) ・ (人々を)啓蒙(する) ・ ぷんぷん(する) ・ (発育を)促す ・ (子どもの情操を)開発(する) ・ (野球を)コーチ(する) ・ いきりたつ ・ むかつく ・ 怒らす ・ (声を)怒らせる ・ (人格を)陶冶とうや(する) ・ (怒りで)(目が)血走る ・ 激おこ ・ 怒りが火の玉となって(△爆発する[体を駆け抜ける]) ・ 誘掖 ・ 険阻 ・ 善導(する) ・ 険しい(目つき) ・ 道しるべ ・ 道標 ・ (地図を)導(に歩く) ・ 教導(する) ・ 教える ・ 手引き(する) ・ 神経を逆なでされる ・ 怒りをぶちまける ・ むくれる ・ 地団駄を踏む ・ 猛反発 ・ (使い方を)レクチャー(する) ・ 怒り心頭(に発する) ・ (生徒に)薫陶くんとう(を与える) ・ (人の)才能を伸ばす ・ カッカ(する) ・ カッとする ・ たけ(心) ・ (ライオンが)たけり立つ ・ 猛り狂う ・ 怒り狂う ・ 慨然 ・ レッスン ・ (叱られて)ぷん(と)(する) ・ 指導(する) ・ 瞋恚 ・ 向かっ腹(を立てる) ・ 憤然(とする) ・ (憤然として)席を立つ ・ 憤慨(する) ・ (怒りの)ほむら(が△燃える[燃え盛る]) ・ 冷静さを欠く ・ 感情をあらわにする ・ つかみかからんばかり(の形相) ・ 機嫌を損ねる ・ 涵養 ・ (生徒を)導く ・ 青筋を立てる ・ 青筋立てて怒る ・ 怒りで血管がふくれ上がる ・ ムカッとする ・ (能力)開発 ・ 絶対に許さない(と息巻く) ・ 鍛える ・ 悲憤 ・ 慷慨(する) ・ 悲憤慷慨ひふんこうがい ・ たまりかねる ・ 指針(を与える) ・ 啓発(する) ・ (良い方向に)教え導く ・ (△欠点[問題点]を)指摘(する) ・ 狂ったように(キレる) ・ 感情的(になる) ・ 反抗的 ・ ふざけるな ・ 気にさわ ・ 不満(を爆発させる) ・ 業を煮やす ・ 示教 ・ 憤激(する) ・ (女房が)つのを出す ・ つのを生やす ・ 噛みつく ・ 顔をゆがめる ・ 教え(を説く) ・ 烈火のごとく(怒る) ・ 嘆く ・ 嘆き ・ キレる ・ 反感(を持つ) ・ 布教(する) ・ ちゃぶ台返し ・ ちゃぶ台をひっくり返す ・ 激する ・ (教えを)垂れる ・ (規制に)激しく反応(する国) ・ (部下に)当たり散らす ・ ヒステリック(に怒る) ・ 教え込む ・ 怒りが沸騰する ・ (弟子に)稽古(をつける) ・ けんか腰 ・ 殺意 ・ (ひどく)興奮(する) ・ 承知しない(ぞ) ・ (子供を)しつける ・ 憤怒ふんぬ(の形相) ・ 教化(する) ・ (受話器を)叩きつける ・ 補導(する) ・ 気違い染みる ・ お冠 ・ 冠助かんすけ(になる) ・ (向上心を)培う ・ 激しい感情(が沸き上がる) ・ ぷりぷり(する) ・ (△才能[良さ]を)引き出す ・ (△目[声]が)と(ん)がる ・ (押し売りが)居直る ・ ムキになる ・ 慨嘆(する) ・ ルサンチマン ・ 悔しがる ・ 悔しい思い ・ 悔しさ ・ 諭す ・ 教え諭す ・ 不寛容(の態度) ・ かちんとくる ・ 進歩向上(を図る) ・ (思わず)食ってかかる ・ 心火しんか(を燃やす) ・ 歯ぎしり(する) ・ 歯噛み(する) ・ 立腹(する) ・ ご立腹 ・ 腹が立つ ・ 腹立つ ・ (ひどく)腹を立てる ・ 小腹が立つ ・ 腹立ち(を感じる) ・ かんしゃく ・ かんしゃく玉(△が破裂する[を破裂させる]) ・ 激情(に駆られる) ・ (するよう)誘いかける(遠くから)見守る ・ 相手の顔にお茶をぶちまける ・ ぶりぶり ・ (芸を)仕込む ・ 腹の虫が承知しない ・ 腹の虫が治まらない ・ (怒りに)身を震わせる ・ (怒りで)ぐらぐら(する) ・ 哮り立つ ・ 手を取る ・ 教示(する) ・ 才能の開花を誘う ・ 顔をまっ赤にする ・ 激高(する) ・ (凄まじい)反発(を示す) ・ (激しく)反発する ・ 反発の声(が上がる) ・ 暴れる ・ 入れ知恵(をする) ・ (悪癖を)める ・ 勃然 ・ 調教 ・ 爆発寸前 ・ 導火線に火がついた状態 ・ 怒りが爆発する ・ 怒りを爆発させる ・ 大噴火(する) ・ 血が逆流する(思い) ・ かんにん袋の緒が切れる ・ かんにん袋の緒を切らす ・ (後継者の)育成 ・ (今日は)気分が悪い ・ うっぷん ・ 腹に据えかねる ・ (胸中の)修羅(がうずく) ・ 怒りを発動する ・ 激怒(する) ・ 激しい怒り(に燃える) ・ 切歯扼腕せっしやくわん(する) ・ (日本文化を)案内(する) ・ 手ほどき ・ (裏切り行為に)痛憤つうふん(する) ・ 導き(を与える) ・ (弱者に)怒りの矛先を向ける ・ 冠を曲げる ・ △能力[眠った力]を引き出す ・ (才能が)花開く ・ (潜在能力の)開花を助ける ・ わなわな(と身を震わせる) ・ 頭に血が上る ・ (ドアを)ばたん(と閉める) ・ 教育(する) ・ 震える(ほどの怒り) ・ 敵意(を感じる) ・ 怫然 ・ 頭から湯気を立てる ・ 席を蹴る ・ 垂範 ・ 逆鱗(に触れる) ・ 許せない ・ 虫の居所が悪い ・ 歯がゆがる ・ 説き聞かせる ・ (人の道を)説く ・ (悪いくせを)矯正(する) ・ オリエンテーション ・ (社会に)反逆(する) ・ いかれる(若者たち) ・ (憤慨して)鼻息が荒い ・ けしからん ・ すごむ ・ すごみ(を利かせる) ・ (憤怒に)わななく ・ (頭に血が昇って)キレる ・ 怨嗟(の声) ・ おこ ・ いか ・ 怒り出す ・ 怒り(を感じる) ・ 怒りが込み上げる ・ 怒りが湧き上がる ・ 怒りに堪えない ・ 示し(をつける) ・ つむじを曲げる ・ (才能を)はぐくむ ・ くそ(な世の中) ・ 頭に血を上らせる ・ むっと ・ 逆上(する) ・ (技術の)提供 ・ しつけ ・ いきどお ・ 憤り ・ 怒りがふくれ上がる ・ かんかん(になる) ・ かちん(とくる) ・ はらわたが煮えくり返る ・ かんにさわる ・ かんを立てる ・ 下唇を噛む ・ 短気を起こす ・ まなじりを決する ・ まなじりを裂く ・ 殺意を抱く ・ 殺気立つ ・ 殺してやる ・ 取り殺してやる ・ 絞め殺してやる ・ はりつけにしてくれる(わ!) ・ 呪う ・ 人格が豹変する ・ いらつく ・ いらだち ・ いらいら(する) ・ いらっとする ・ ガイダンス ・ ほほを膨らませる ・ 憤懣ふんまん(やるかたない)(思い) ・ 唱導(する) ・ (軍隊を)練成(する) ・ (つまらないことに)かりかり(する)
(良心の)呵責してしまった事について後から悔やむ(後悔)(良心の)呵責してしまった事について後から悔やむ(後悔)  悔やむ ・ 悔い(を残す) ・ 悔いが残る ・ 何としたことをしてしまったのか ・ 思い残す ・ 思いを残す ・ 悔やまれる ・ やりきれない(思い) ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ 残念がる ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ 嫌な思い ・ うなされながら過ごす ・ 後ろめたい ・ 自責の念 ・ 悔悛 ・ 後悔(△する[に震える]) ・ 後悔の念 ・ 改悛 ・ 痛恨(の思い) ・ (あれは)痛恨事(であった) ・ 後味が悪い ・ ざんげ(する) ・ 悔い改める ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ うっかり(してしまう) ・ ほぞを噛む ・ 逃がした魚は大きく見える ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ 惜しむ ・ 悔恨(△の念にかられる[の涙を流す]) ・ 落ち込む ・ 十字架を負う ・ 遺憾(である) ・ 申し訳ない(気持ち) ・ 不完全燃焼 ・ じくじたる思い ・ (前非を)悔いる ・ 悔いを感じる ・ (深い)反省 ・ 手遅れ ・ (自分が)嫌になる ・ (前非を)悔悟(する) ・ 苦い思い(が残る) ・ 慙愧ざんき(△する[に堪えない]) ・ 古傷が痛む ・ 惜しい ・ 力及ばず(敗退) ・ ごまめの歯ぎしり ・ 言い損なう ・ 言い損ねる ・ 納得できない ・ 言い残す ・ 後の祭り ・ 残念(だ) ・ 負け惜しみ ・ 健闘(した) ・ あと一歩(届かない) ・ 言いそびれる ・ 言いはぐれる ・ (頑張りが)実らない ・ あと少しで ・ くやしい ・ 言い忘れる ・ いまひとつ(満足いかない) ・ 負け犬の遠吠え ・ もう少しで悔やまれる ・ あとひと息(のところ) ・ ああ言えばこう言う ・ (大事な点を)言い落とす ・ 足りない ・ 六日の菖蒲 ・ 言い返せない(まま終わる) ・ やり残す ・ 意地を張る ・ 十日の菊 ・ 調理器具 ・ (手遅れで)役に立たない ・ 色男金と力は無かりけり ・ 強情(を張る) ・ 言い漏らす ・ (今一歩)及ばない ・ あとちょっとで ・  ・ (友の死を)悔やむ ・ 志半ば(で)(倒れる) ・ 念仏を唱える ・ (自分が)腹立たしい ・ (気分が)晴れない ・ 慰霊(祭を催す) ・ 後悔する ・ (今後のことが)気にかかる ・ 悩みが深い ・ 弔う ・ 弔い ・ 弔する ・ 痛恨 ・ 心外 ・ 御霊安かれ(と祈る) ・ 切歯扼腕せっしやくわん ・ (やり尽くせなかったのが)心残り ・ (大切な人を失った)寂しさ ・ (不機嫌に)黙り込む ・ (友人を失って)寂しく思う ・ (早すぎる死が)悔やまれる ・ 死児の齢を数える ・ 下唇を噛む ・ 未練たっぷり ・ 割り切れない(思い) ・ (思い出すと)気分が悪い ・ 畜生(、覚えてろ) ・ 自己嫌悪(する) ・ (人の死を)惜しむ ・ (死が)惜しまれる ・ 惜しい(人を亡くした) ・ 気まずい(思い) ・ 安らかにお眠りください ・ 無念 ・ 小出し ・ 歯ぎしり(する) ・ 歯噛み(する) ・ (後遺症が)後を引く ・ 寂寥感 ・ 心が痛い ・ (後悔による)心の痛み ・ 返す返す(残念なことだ) ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ 散々(な思いをする) ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ 惜しそうに ・ (内心)舌打ち(をする) ・ 隔靴掻痒かっかそうよう ・ 悲しみ惜しむ ・ 心が痛む ・ じくじたる(思い) ・ 深悼 ・ 不愉快げ ・ 不愉快そう ・ (哀悼の)弔鐘(を響かせる) ・ 冥福を祈る ・ (目をとじて)祈る ・ (死者への)祈り ・ あたら(好機を逃した) ・ 未練がましい ・ (犠牲者の)霊安かれ(と祈る) ・ (お)悔やみ(申し上げる) ・ (死を)いた ・ 哀惜(の念)(に堪えない) ・ しぶしぶ(寄付に応じる) ・ (人の死を)悲しむ ・ (別れを)悲しく思う ・ 自己嫌悪(に陥る) ・ (自分が)ふがいない ・ 情けない思い ・ 残り惜しい ・ あと一歩(というところで)(だめになる) ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ 腹立たしそう ・ 腹立たしげ ・ 惜しがる ・ 恨む ・ 残り多い ・ けちけち(する) ・ 遺憾 ・ 恨むらくは ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ 渋る ・ (自分の非力が)情けない ・ 合掌(する) ・ 痛惜 ・ 半旗を掲げる ・ (世を)はかなむ ・ 名残り惜しい ・ 惜しむらくは ・ 物惜しみ ・ 悔しい ・ 悔しく思う ・ 悔しくてならない ・ 悔しがる ・ 悔しそう ・ 悔しげ ・ 口惜しい ・ 慶弔 ・ 追悼(△する[の辞]) ・ 弔意を表する ・ (お)悔やみを言う ・ ご愁傷さまです ・ (本当に)残念です ・ 哀悼(の意)(を表する) ・ (無知であることが)恥ずかしい ・ 惜別(の念に堪えない) ・ いまいましげ ・ いまいましそう ・ 絶望(する) ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ ほろ苦い(思い) ・ もったいない ・ 弔意 ・ 自分が情けない ・ つらい ・ (心配事が)頭から離れない ・ くそ(、覚えてろ) ・ くそったれ(!) ・ 罪の意識 ・ すまない ・ 未練 ・ 苦虫を噛みつぶしたような(顔) ・ (心の内が)ちくちくする ・ 惜しげ(もなく) ・ (人の死を)哀れむ ・ やりきれない ・ 地団駄を踏む ・ 根に持つ ・ (死者の)怨念 ・ 残念 ・ 悔し紛れ ・ 愛惜(の気持ち) ・ 黙祷(する) ・ 歯がゆい ・ さっぱりしない ・ (位牌の前で)瞑目(する) ・ 不満足 ・ 忘れられない ・ (失敗して)落ち込む ・ 恨事 ・ 未練たらたら ・ 出し惜しみ(する) ・ 痛惜(に堪えない) ・ (遺族への)弔慰(金) ・ めそっとする ・ 恨み ・ 恨めしい ・ (自分の無能さが)恨めしい ・ (自分の才能のなさを)恨めしく思う ・ (畜生と)唇を噛む ・ 愛惜(の念に堪えない) ・ (失って)残念に思う ・ (訃を聞いて)落ち込む ・ 悲しみがつのる ・ 苦い(結果) ・ 悶々とする ・ あわや(ホームランかという当たり) ・ 回向(する) ・ 慟哭(の思い) ・ すっきりしない ・ 至らない(点がある) ・ 至らなさが目につく ・ いただけない(ね) ・ もの足りない ・ もの足りなさ(を感じる) ・ 好きではない ・ (ポジティブに)評価できない ・ さえない(成績) ・ 不評 ・ (反対の声が)沸き上がる ・ 駄作 ・ 快く思わない ・ 苦々しい(思い) ・ 隔たりを感じる ・ 意に満たない ・ 意に沿わない(商品) ・ うっ屈(した心情) ・ 満ち足りない ・ (このまま)ではいけない ・ (そのポストでは)役不足(だ) ・ あと少し ・ 不快感 ・ (まだ)不十分 ・ 不服(の申し立て) ・ 満足できない ・ いい気分ではない ・ 怏々おうおう(として楽しまず) ・ (△考え[詰め]が)甘い ・ 中途半端 ・ 満たされない(△思い[気持ち]) ・ 渇き ・ (周囲に埋もれて)引き立たない ・ なんだかなぁ(という気持ち) ・ 情けない ・ (政府への)恨み節 ・ (夫への)恨みつらみ ・ 怨嗟(の声) ・ つまらない ・ (内容が)走り過ぎている ・ (心の中で)しらける ・ 十分でない ・ ひどい ・ 気分が悪い ・ 褒められたものではない ・ 退屈 ・ 不全感 ・ 賛成しない ・ 賛成できない ・ 不都合がある ・ 合格点とはいかない ・ 合格レベルではない ・ 不足(を言う) ・ 不満しきり ・ 面白くない ・ 見果てぬ(夢) ・ 満足しない ・ (どうも)ぱっとしない ・ 満足(できる結果)が得られない ・ 顔をしかめる ・ 生ぬるい(印象) ・ (それではあまりに)芸がない ・ うつうつ(とする) ・ 気に食わない ・ ストレス(がたまる) ・ いい感じを持たない ・ 澎湃ほうはい(たる非難) ・ いらだち ・ 満ち足りていない ・ もどかしい(思い) ・ うっぷん ・ (周囲の)ひんしゅくを買う ・ いまひとつ(だな) ・ (毎日に)張り合いがない ・ もう一歩 ・ あとひと息 ・ 言いたいことがある ・ (このままでは)まずい ・ いい気がしない ・ 不満(△を感じる[が噴き出す/が残る]) ・ (到底)受け入れがたい ・ 見劣りする ・ 不平(を鳴らす) ・ やばい ・ (その戦略は)筋が悪い ・ しっくりこない ・ ピンとこない ・ (△心にたまった[現代社会の])おり ・ 愚痴 ・ パンチに欠ける ・ (体の)キレがよくない ・ 飽き足りない(△でいる[結果]) ・ 飽き足りなさ(を感じる) ・ (迫力の点で)食い足りない(文章) ・ 納得いかない ・ 否定的(態度) ・ 凡作 ・ 嬉しくない ・ (練り上げが)足りない ・ 十全でない ・ 拒否感 ・ 甘いと感じる ・ くそ(な世の中) ・ 不快 ・ いいとは言えない ・ 感心しない ・ 良くない ・ どうということのない(作品) ・ 大したことのない(人物) ・ はがゆい(思い) ・ いまいち(である) ・ 不愉快 ・ 思わしくない(結果) ・ (磨きが)足りない ・ 不本意(な) ・ 不完全 ・ 甲斐がない ・ 不適当 ・ 欲求不満(に陥る) ・ パワーが弱い ・ 好ましくない ・ (もう少し)何とかならんのか ・ 問題がある ・ 満足でない ・ 微温的 ・ 気に入らない ・ (あまり)良くない ・ よく思わない ・ 褒められない ・ 腹ふくるる(思い) ・ 過誤(を犯す) ・ (せっかくの)(チャンス)棒に振る ・ (人の)とが(を許す) ・ 落ち度(を認める) ・ (間違った行動が)身の破滅(を招く) ・ 見当違い(をやらかす) ・ 誤り ・ 軽挙妄動 ・ (つい聞き)そびれる ・ 読み誤る ・ 読み違える ・ 不用意(な発言) ・ (障害に)つまずく ・ 蹉跌さてつ(をきたす) ・ 失点 ・ (文句がとんだ)やぶへび(になる) ・ やり損なう ・ やり損ない ・ 達成されない ・ 期待外れ(の結果) ・ 罪過 ・ しくじる ・ (失敗のままで終わるから)失敗 ・ 失態(を演じる) ・ 失策 ・ しでかす ・ 不首尾 ・ (結果が)思わしくない ・ 見込み違い ・ 沈む ・ 沈没 ・ ドボン ・ (人妻に手を出して)破滅(する) ・ とちる ・ (マージャンで)ちょんぼ(する) ・ 予定外(の展開) ・ 出来が悪い ・ 悲惨な結末となる ・ (慣れないことに手を出して)けが(をする) ・ ぼろ(が出る) ・ どじ ・ まかり間違う ・ そつ ・ みそを付ける ・ しつ ・ 良くない結果(を招く) ・ (事が)成らない ・ ミステイク ・ エラー ・ 策士策に溺れる ・ 失敗(△する[に終わる]) ・ (手ごわいぞ、)抜かる(な) ・ 抜かり(があった) ・ 運が尽きる ・ (事件は)誤報(だった) ・ 取りこぼし(がある) ・ だめ(だった) ・ (願いが)叶えられない ・ (思いが)叶わない ・ 空振りに終わる ・ 実を結ばない ・ (関係が)こじれる ・ 誤る ・ まずい(結果)(になる) ・ 勇み足(があった) ・ (政策が)不発に終わる ・ (△ギャグ[映画]が)滑る ・ (事業に)つまずく ・ ミス ・ 判断ミス ・ ケアレスミス ・ ヒューマンエラー ・ 遺漏 ・ 苦い経験 ・ 損なう ・ 不成功(に終わる) ・ 痛恨(の極み) ・ (△[一大]一生の)痛恨事 ・ (努力が)実らない ・ 命取り(になる) ・ 死活的失敗 ・ (憧れの人に告白も)撃沈 ・ 楽譜が飛ぶ ・ 過ち(を犯す) ・ (判断を)あやま ・ へま(をやらかす) ・ 解雇 ・ 手違い ・ 大過たいか(なく過ごす) ・ 間違う ・ 間違える ・ 間違い(を犯す) ・ ぽか(をしでかす) ・ 成果が得られない ・ (結果が)良くない ・ 粗相 ・ 首が飛ぶ ・ し損なう ・ し損じる ・ し損じ ・ 損じる ・ 千慮せんりょ一失いっしつ ・ (取り組みが)うまくいかない
(良心の)呵責(未分類)(良心の)呵責(未分類)  詰る ・ 呵責 ・ 咎める ・ 呵嘖 ・ 責め折檻 ・ とぐる ・ 拷ず ・ 拷す ・ 陵ず ・ 責る ・ 責め苛む ・ 勘ず ・ 疎外 ・ 鼻つまみ ・ 村八分 ・ 締め出す ・ 仲間外れ ・ 除け者にする ・ つまはじき ・ 苦しめる ・ 悩ます ・ 虐げる ・ いじめる ・ 苛む ・ 嫌がらせ ・ 意地悪 ・ いびる ・ 当たる ・ 拷問 ・ なぶる ・ 呵責さいなむ ・ 自殺願望 ・ 悩みごと ・ 煩う ・ 精神的痛み ・ 煩もん ・ 煩慮 ・ 苦しみ ・ 苦悩 ・ 苦もん ・  ・ 煩い ・ 煩悩 ・ 苦しみ悩む ・ 辛さ ・ 痛み ・ 思い悩む ・ 苦慮 ・ 煩悶 ・ メンタル・ペイン ・ 悩み事 ・ 痛苦 ・ 苦にする ・ 懊悩 ・ 辛苦 ・ はんもん ・ 悩み ・ 苦転 ・ 悩む ・ 苦しむ ・ 痛い
(良心の)呵責(未分類)(良心の)呵責(未分類)  良心の呵責 ・ 心の鬼が身を責める ・ 心に鬼を作る ・ 良心に咎める ・ 気がとがめる気になる ・ 休まらない気がとがめる ・ 自分を咎める ・ 気が向くまま ・ 胸が痛い ・ 罪悪感を感じる ・ 寝覚めのわるい ・ 自分を責める ・ 悔恨の思い ・ 罪障感 ・ うしろめたさ ・ 暗うつな良心 ・ 自分がいやになる ・ 嫌な気分になる ・ くやしい ・ 苦しむ ・ 罪悪感にかられる ・ 心をうちひしぐ ・ 良心にさいなまれる ・ 残念至極 ・ 負債を負う ・ くるしい ・ 悔恨の念 ・ 罪責感 ・ スネにきず ・ 胸がチクチクする ・ 咎ある身 ・ 気が咎める良心が咎める ・ 良心の呵責とがめる ・ 仏罰 ・ 悪因悪果 ・ 自業自得 ・ 報い ・ 身から出たさび ・ たたりがある ・ 天罰 ・ 手がまっ白というわけではないやましい ・ 気が引ける ・ 心苦しさ ・ 気もそぞろ ・ 済まないと思う ・ にがい気分 ・ 気にやむ ・ スネに傷を持つ ・ 堕罪意識 ・ 原罪の意識 ・ 気に病む ・ 良心の責めを受ける ・ 無力感 ・ 自分に腹が立つ ・ 嫌悪 ・ 心がうずく ・ 悔悟を噛み締める ・ 気になる ・ 反省する ・ トゲが残る ・ 反省の念 ・ 罪障意識 ・ 悪い ・ 慚愧に堪えない ・ 罪悪感をもつ ・ 神威 ・ バチが当たる ・ 跳ね返り ・ 因果応報 ・ 神罰 ・ 恥じる ・ 心当たりがある ・ うしろめたい思い ・ やましく思う ・ 苦悩する ・ 五月蠅い ・ 心痛 ・ 煩慮 ・ 困りごと ・ 悩みごと ・ ウルさい ・ 悩み ・ 煩悶 ・ 胸の痛み ・ はんさ ・ ウルサい ・ 五月蝿い ・ 煩い ・ 虚無的苦悩 ・ 悩み事 ・ 煩瑣 ・ 苦悩 ・ 心配ごと ・ うるさい ・ 苦慮 ・ 苦もん ・ 心配事 ・ 頭痛の種 ・ 懊悩 ・ 煩悩 ・ 心配 ・ 憂悩 ・ 心の塵 ・ 心の汚れ ・ 妄念 ・ 余念 ・ ぼん悩 ・ 心の穢れ ・ ぼんのう ・ 心のけがれ ・ 煩のう ・ 思い悩む ・ 苦にする ・  ・ 煩もん ・ 痛苦 ・ 苦痛 ・ 苦しみ ・ はんもん ・ 苦転 ・ 腐心 ・ 苦心 ・ 辛労 ・ 思い迷う ・ 悩む ・ 苦難 ・ 思いわずらう ・ なやむ ・ 注力 ・ 困苦 ・ 心を砕く
キーワードをランダムでピックアップ
てんでん敵軍雅語上書かたん展示場堪能する勝手な方向小康状態を保つ状況が一変する腹水ガクン血液が集まる嫌な雰囲気印籠を掲げる芝居がかった振る舞いおびただしい数みすぼらしい風体恋愛ではない情事
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 5