表示領域を拡大する
罪の意識の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
罪の意識良心がとがめる罪の意識良心がとがめる  恥の意識 ・ すねに傷(のある身) ・ (良心がとがめて)遠慮する ・ 良心がうずく ・ 良心のうずき ・ 気がさす ・ 罪悪感が離れない ・ (現実の姿に)うろたえる ・ (良心に照らすと)気持ちが晴れない ・ 後ろ暗い ・ 心の古傷が痛む ・ 罪悪感 ・ (内心は)じくじたる思い ・ どの面下げて ・ (やってしまった事を)後悔(する) ・ (拭いきれない)後悔の念 ・ 申しわけない(気持ち) ・ 後ろめたい ・ 後味が悪い ・ 合わせる顔がない ・ 負い目(を感じる) ・ 良心がとがめる ・ 良心の呵責 ・ 気がとがめる ・ 後ろめたさ(を感じる) ・ 心に刺さったとげ(の痛み) ・ やましい(気持ち) ・ やましさを感じる ・ (自分の過ちを)気に病む ・ 心が痛い ・ 責任を感じる ・ 罪の意識を持つ ・ (両親に)責めさいなまれる ・ (自分を)恥じる ・ (何となく)気が済まない ・ 寝覚めが悪い ・ まともでない(生き方) ・ 良くない ・ 過去に不正を犯したことがある ・ けがれた手(を持つ) ・ 手が汚れている ・ (手が)真っ白という訳ではない ・ うしろめたい ・ やましい(ところがある) ・ 世間をはばかる(稼業) ・ 警察に追われている ・ 裏街道(を歩んできた) ・ (浮世の)裏通り(を行く) ・ 身に覚えがある ・ 食わせ者 ・ 訳あり(の夫婦) ・ (他者に)弱みを握られる ・ 叩けばほこりが出る(男) ・ かんばしくない噂がある ・ とかくの噂のある ・ 要注意人物 ・ まともでなさそう(な人物) ・ (自らの抱える)黒歴史 ・ 裏世界(に生きる) ・ すねに傷を持つ(身) ・ 前科がある ・ 隠している悪事がある ・ 気後れ(する) ・ 劣等感 ・ 引け目 ・ 他より劣っている ・ コンプレックス ・ 懲りる ・ 心に痛手を受ける ・ 罰を受ける ・ 二度とすまいと思う ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ うっかり(してしまう) ・ 痛恨 ・ 残念がる ・ (前非を)悔いる ・ ほぞを噛む ・ じくじたる思い ・ 何としたことをしてしまったのか ・ 悔恨 ・ 慙愧 ・ 悔やむ ・ 悔い改める ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ 懺悔 ・ 悔悟 ・ 思い残す ・ 悔い(を残す) ・ 惜しむ ・ 後悔(△する[に震える]) ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ 悶々とする ・ (今後のことが)気にかかる ・ 悩みが深い ・ つらい ・ (心の内が)ちくちくする ・ 心が痛む ・ (心配事が)頭から離れない ・ やりきれない ・ すまない
(過去の行為に対する)罪の意識(が消えない)物事の済んだあとに嫌な感じが残る(後味が悪い)(過去の行為に対する)罪の意識(が消えない)物事の済んだあとに嫌な感じが残る(後味が悪い)  割り切れない(思い) ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ すっきりしない ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ じくじたる(思い) ・ 苦い(結果) ・ ほろ苦い(思い) ・ 自己嫌悪(する) ・ (気持ちが)ふっ切れない ・ さっぱりしない ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ 気まずい(思い) ・ (後遺症が)後を引く ・ (思い出すと)気分が悪い ・ 後味が悪い ・ (気分が)晴れない ・ 悔悟 ・ ほぞを噛む ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ 何としたことをしてしまったのか ・ 思い残す ・ 痛恨 ・ じくじたる思い ・ 後悔(△する[に震える]) ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ うっかり(してしまう) ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ 悔い改める ・ 惜しむ ・ 悔やむ ・ (前非を)悔いる ・ 悔い(を残す) ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ 懺悔 ・ 慙愧 ・ 悔恨 ・ 残念がる ・ (自分が)腹立たしい ・ 絶望(する) ・ (失敗して)落ち込む ・ 不満足 ・ (世を)儚む ・ 自己嫌悪(に陥る) ・ (無知であることが)恥ずかしい ・ 自分が情けない ・ つらい ・ 散々(な思いをする) ・ 後悔する ・ (悪習が)存続(する) ・ (余震が)続く ・ (不況が)長引く ・ 名残 ・ (影響が)残る ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (状態が)停滞(する) ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ 尾を引く ・ 余韻(を残す) ・ 根に持つ
(過去の行為に対する)罪の意識(が消えない)(未分類)(過去の行為に対する)罪の意識(が消えない)(未分類)  借りがある ・ うしろめたい感じ ・ 恩義を感じている ・ 弱み ・ 後悔している ・ うしろめたさ ・ 自責の念 ・ 堕罪意識 ・ 心苦しい ・ 心の痛み ・ 慚愧 ・ 罪の意識 ・ 傷心 ・ 恐怖の記憶 ・ 影響を残す ・ 傷だらけ ・ 心に傷痕を残す ・ 原罪意識 ・ 魂に刻み込まれる傷 ・ 癒やしがたい ・ 絶望の淵 ・ 悲痛 ・ 胸が張り裂けるような ・ 十字架 ・ かきむしるような思い ・ 痛み ・ 苦悩 ・ 苦しみ ・ 断腸の思い ・ 呻吟 ・ 迷夢 ・ 焼けるような苦しみ ・ 憂悶 ・ 嘆き ・ 心の叫び ・ 気にやむ ・ 寝覚めのわるい ・ 原罪の意識 ・ 罪障感 ・ 悔しい ・ 惨とした ・ 残念 ・ 反省の気持ち ・ 喜べない ・ 納得できない ・ 忸怩たらざるを得ない ・ 心残りじくじたる思い ・ 歯がゆい ・ もの足りない ・ カタルシスが感じられない ・ 満たされない ・ ゆううつな気分 ・ 不完全燃焼 ・ やり場のない思い ・ 恨めしい ・ もって行き場のない悔しさ ・ よしとしない快しとしない ・ 後味のよくない ・ 引け目を感じる ・ ざんげ ・ 痛恨の念 ・ 忸怩とした思い ・ 残念至極 ・ 不満 ・ 責める ・ 罪悪感にかられる ・ 苦い思い ・ 反省する ・ トゲが残る ・ 良心にさいなまれる ・ 罪障意識 ・ くるしい ・ 負債を負う ・ 悔恨の念 ・ 罪責感 ・ 悪い ・ 自分を律する心 ・ 道徳観念 ・ 公徳心 ・ 徳性 ・ 品性 ・ 人間性 ・ 美徳 ・ 良心 ・ 倫理観 ・ 恥ずかしくない ・ 品格 ・ モラル ・ 居心地のよくない気持ち ・ 気持ちが落ち着かない ・ 気になる ・ 申し訳ない気持ち ・ 釈然としない ・ 自分を責める気持ち ・ スネに傷をもつ ・ 負い目をもつ ・ 痛恨事 ・ ~するのはためらいがある ・ うしろめたい気持ち ・ 恥の念 ・ 遠慮 ・ プレッシャー ・ 有名税 ・ 煩わしい ・ うっとうしい ・ 手がまっ白というわけではないやましい ・ 心苦しさ ・ やましく思う ・ すまない気持ち ・ スネに傷を持つ ・ 暗うつな良心 ・ 弱点 ・ 悔いが残る ・ 古傷が痛む ・ 負債 ・ 痛恨の思い ・ 深い反省 ・ やりきれない思い ・ 痛む ・ 心の傷 ・ 深い傷 ・ 心のひずみ ・ わだかまり ・ 悪影響を及ぼす ・ トラウマ ・ 苦痛 ・ 業苦 ・ 悩み ・ 火の車 ・ 煩悶 ・ 苦衷 ・ いばらの道 ・ 血を吐く思い ・ 憂苦 ・  ・ つらさ ・ 身を切られる思い ・ 試練 ・ 焦熱の苦しみ ・ 受難 ・ 呻き ・ 地獄のような ・ 自分を責める ・ 悔恨の思い ・ 申し訳ない ・ にがい気分 ・ たまらない ・ 恥じ入る ・ ざんげの気持ち ・ 痛恨きわまりない ・ 痛切な反省 ・ ストレス ・ 満足できない ・ 残念な思い ・ 複雑な ・ くさる ・ 不全感がある ・ 鬱々とする ・ 情けない ・ ふっきれない ・ ふがいない ・ 不本意な ・ 心外な ・ いらだち ・ いい気分でない ・ 悔やまれる ・ 陰々とする ・ 腹を立てる ・ やり切れなさ ・ 慙愧の念 ・ 自分が恥ずかしい ・ 心がうずく ・ くやしい ・ 悔悟を噛み締める ・ 心をうちひしぐ ・ 思いを残す ・ 苦しむ ・ スネにきず ・ 反省の念 ・ 慚愧に堪えない ・ 規範意識 ・ 親切心 ・ 道義心 ・ 人の道 ・ 性善 ・ 正しい生き方 ・ 道徳 ・ 徳目 ・ 道徳心 ・  ・ 後味がよくない ・ 当惑の気分が抜けない寝覚めが悪い ・ あと味が悪い ・ 済まない気持ち ・ 心に引っかかる ・ 安らかでない ・ 気分がよくない ・ 感じる ・ 借り ・ 肩身が狭い ・ 自信がない ・ コンプレックスを持つ ・ 過去の行いを悔いる ・ 痛い所をつかれる ・ 負担を感じる ・ コンプレックスの念 ・ しんどい ・ 重い ・ 重荷 ・ 負担 ・ 心当たりがある ・ すねに傷 ・ 気が引ける ・ さいなむ ・ うしろめたい思い ・ 苦悩する ・ 犯罪意識 ・ 良心の咎め ・ 疚さ ・ やましさ ・ 良心のとがめ ・ 疚しさ ・ とがめる ・ 咎め ・ とがめ ・ 後ろ暗さ ・ 疾しさ ・ 罪意識 ・ 咎める ・ 罪悪意識 ・ サバイバーズ・ギルト ・ 生存者罪悪感 ・ サバイバーズギルト ・ 生存者の罪悪感 ・ マイナス感情 ・ 感情
キーワードをランダムでピックアップ
桜花チンパンジー天敵切り火仕入れ潤筆料配合自他共に許す欲望折り詰め勧告便所機転が利く肖像写真小悪ああたらこうたら宣言する追い使う木の切れ端情じょうの濃い
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 罪の意識良心がとがめる
  2. (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない)物事の済んだあとに嫌な感じが残る(後味が悪い)
  3. (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない)(未分類)