表示領域を拡大する
(村人にとって)見知らぬ人間の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(村人にとって)見知らぬ人間仲間外れ(村人にとって)見知らぬ人間仲間外れ  置いてけぼり(にされる) ・ 局外者 ・ メンバーから外す ・ 孤独(を抱える) ・ 孤独感にさいなまれる ・ (社会から)疎外(される) ・ はぐれ猿 ・ 孤立(している) ・ (社会の)吹き出物 ・ 一匹オオカミ ・ よそ者 ・ やっかい者 ・ 除名 ・ シャットアウト ・ 門外漢 ・ のけ者 ・ アウトサイダー ・ 疎外された者 ・ 余計者 ・ (集団から)はじき出される ・ (人種)差別 ・ いないほうがいい ・ 外様(の連中) ・ つまはじき ・ 部外者 ・ 継子扱い ・ はじき出す ・ 村八分 ・ 締め出す ・ いたら困る ・ 仲間外れ ・ (自分の)居場所がない ・ アイデンティティを失う ・ 異分子 ・ 除籍 ・ 籍を除く ・ 仲間から抜ける ・ 脱する ・ 関係を断つ ・ 引退 ・ 退団 ・ 団体から抜ける ・ 離党 ・ 名簿から名前を取り除く ・ △身分[登録]を抹消する ・ 脱会 ・ 脱党 ・ 退会 ・ 還俗 ・ 俗人にかえる ・ 離脱 ・ 脱退 ・ 足を洗う ・ (社長の)引き(で出世する) ・ (上役の)引き立て(で役職につく) ・ ひいき目に見る ・ (△人[兄弟]を)分け隔て(する) ・ (お)気に入り(のキャバ嬢) ・ 身びいき ・ えり好み(する) ・ ちやほや(する) ・ むやみに可愛がる ・ 判官はんがんびいき ・ 判官ほうがんびいき ・ ひいき ・ 肩を持つ ・ (親の)欲目 ・ えこひいき ・ (人によって)隔て(をする) ・ ひいき強い ・ (判断に)私情を入れる ・ (処遇に)情が絡む ・ (人事に)情実を交える ・ 偏愛 ・  ・ ハラスメント ・ 屈辱を与える ・ (弱者を)いたぶる ・ 居たたまれなくする ・ 卑劣(ないじめ) ・ むごい仕打ち ・ 悪意を持って(からかう) ・ 迫害 ・ 足蹴(にする) ・ (嫁に)つらく当たる ・ (しつこい)嫌がらせ ・ 侮辱 ・ いじめ体質 ・ 攻撃性を秘める ・ 辱める ・ いびり抜く ・ (一種の)刑罰 ・ (理不尽に)攻撃(する) ・ (弱者への)暴言 ・ 悪意に満ちた中傷 ・ 嫌みを言う ・ 言葉の暴力 ・ 当てこすりを言う ・ 心ない言葉を浴びせる ・ 心ない(発言) ・ 嫌らしい ・ 無理偏にげんこつ(の相撲界) ・ (人格を)傷つける ・ 卑怯(なやり方) ・ ひどい仕打ち ・ (△嫁[新入り]を)いびる ・ (嫁)いびり ・ 汚いやり口 ・ (たっぷりと)かわいがってやる(ぜ) ・ 残酷(な仕打ち) ・ 難癖をつける ・ 侮蔑 ・ 加虐的(な行動) ・ (しつこく)からかう ・ じらす ・ 痛めつける ・ (嫁を)いびり出す ・ (精神的に)追い込む ・ ずる賢く立ち回る ・ 因業(なやり方) ・ (△陰湿に[弱い者を])いじめる ・ いじめて快感を得る ・ いじめ ・ 弱い者いじめ ・ 陰湿(ないじめ) ・ 拷問(する) ・ 隠微な形で(いじめる) ・ 隠微な(いじめ) ・ しゅうと根性 ・ しゅうとめ根性(丸出し) ・ つらい目にあわせる ・ 虐げる ・ (難くせをつけて)苦しめる ・ 虐待 ・ (新入りを)なぶる ・ なぶりものにする ・ つつき回す ・ 手ごめ(にする) ・ 人格を傷つける ・ (実質的)制裁 ・ 真綿で首を絞める ・ 悪ふざけ(が過ぎる) ・ 音を上げさせる ・ 排撃 ・ (弱い者を)責める ・ 愚弄(する) ・ とげとげしい(態度) ・ 目の敵にする ・ 憎しみ ・ 嘲弄(する) ・ のけ者にする ・ ねちねち(と)(いじめる) ・ DV ・ 家庭内暴力 ・ 意地悪を言う ・ たちが悪い ・ 慰み者にする ・ 理不尽 ・ 毒手(にかける) ・ (おとなしい新入りを)やり玉に挙げる ・ (弱者の気持ちを)もてあそぶ ・ (追い詰めて)さいなむ ・ (生き物を)切りさいなむ ・ (罪人を)責めさいなむ ・ 下品で卑しい(行為) ・ (弱い者への)いたぶり ・ 落ち着ける場所がない ・ はじき出される ・ (仲間から)疎外される ・ アイデンティティの喪失 ・ (周囲から)承認されない ・ 居心地が悪い ・ 寄る辺ない(身の上) ・ よりどころを失う ・ 自分探しの旅の途中 ・ 立場がない ・ 劣等感を抱く ・ 居場所がない ・ つまはじきにされる ・ 悪魔超人 ・ 帰属する場所がない ・ 四面楚歌 ・ さまよえる(世代) ・ 肩身が狭い ・ 日陰の存在 ・ 区別(△する[して扱う]) ・ 判別 ・ 差別 ・ 別扱い(する) ・ 弁別 ・ △違い[基準]により分ける ・ 違いを見いだす ・ 弁じる ・ 特別扱い ・ (部外者を)うとんじる ・ (反対派を)うとむ ・ (二人の心に)隔たり(ができる) ・ 愛想尽かし ・ 愛想が尽きる ・ 愛想を尽かす ・ 親しみを持てない ・ 擯斥 ・ (あの人とは何となく)気が置ける ・ 排他 ・ 疎隔(が生じる) ・ 心のバリア(による) ・ (感情的)しこり(を残す) ・ 打ち解けない ・ (不満が)わだかまる ・ (世代間の)ギャップ(を感じる) ・ (勉強なんて)そっちのけ ・ (練習を)よそにする ・ (二人の気持ちに)わだかまり(ができる) ・ 隔意 ・ 厳しく接する ・ (弱音を)一喝(する) ・ 白い目で見る ・ 足蹴にする ・ 鼻であしらう ・ (△冷たく[適当に])あしらう ・ (上役に)横目(を使う) ・ 冷たくする ・ 木で鼻をくくる ・ 突き放す ・ 偏見に満ちた(振る舞い) ・ 見限る ・ 冷遇 ・ 軽く流す ・ 冷や飯を食う ・ 冷や飯を食わせる ・ 見殺し ・ 薄遇 ・ 邪険(△に扱う[な態度]) ・ 白眼視 ・ 相手にしない ・ (いい加減に)取り合う ・ つらく当たる ・ 心を鬼にする
キーワードをランダムでピックアップ
外側を覆う膜寮生豊富真っ白入り乱れる天引き凝視融通心肝激戦突撃だまかす鯉のぼり化学繊維鼻をつまむような恨みのある相手ボディタワシもう見るのも嫌
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (村人にとって)見知らぬ人間仲間外れ