表示領域を拡大する
絶海(の孤島)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
絶海(の孤島)陸から遠い海絶海(の孤島)陸から遠い海  遠海 ・ 極洋(捕鯨) ・  ・ 陸から遠い ・ 沖合 ・ 遠洋(漁業) ・ 外洋 ・  ・ 外海そとうみ ・ 塩水に満ちた ・ エメラルドグリーン(の海) ・ 波濤はとう(を越えて行く) ・ 紺碧(の海) ・ 水域 ・ 海域 ・ わたつみ
絶海(の孤島)ただ一人絶海(の孤島)ただ一人  支援する者がない ・ 人っ子一人 ・ 孤独 ・ 部屋にこもる ・ 単騎 ・ 身寄りがない ・ 気楽 ・ 独り ・ 孤影(悄然)(として去る) ・ 単身 ・ 孤立無援 ・ 一人 ・ 話し相手がいない ・ 単独 ・ 自分だけ ・ ただ一人 ・ 無人島 ・ 身一つ ・ 人けがない ・ 誰はばかることなく(号泣する) ・  ・ 一軒家 ・ 一人ぼっち ・ 寄る辺ない(身の上) ・ 一介 ・ 単独犯 ・ (社会から)切り離される ・ 独身 ・ 独身者 ・ 独り身 ・ 身持ちがいい ・ 独り者 ・ 未婚 ・ 配偶者がいない ・ (縁談が)不縁(になる) ・ シングル ・ チョンガー ・ 親がかり ・ 結婚していない ・ 独壇場 ・ 独擅場 ・ 一人天下 ・ 目立つ ・ 独り舞台 ・ しゃべり(がうまい) ・ 独り言 ・ エピソード(トーク) ・ ラップ(ミュージック) ・ 問わず語りに語る) ・ (一人)語り ・ ナレーション ・ 一夕話 ・ 夜話 ・ 一人芝居 ・ 語り物 ・ モノローグ ・ 独語 ・ ひとりごちる ・ (古典落語を)高座にかける ・ (寄席で)高座を務める ・ 他に頼らない ・ 一本立ちする ・ 自立(する) ・ 自分で生計を立てる ・ (立派な)社会人となる ・ 親元を離れる ・ 親離れ ・ 巣離れ(する) ・ 手離れ ・ 一本立ち ・ 孤立 ・ (巣から)飛び立つ ・ 一人前になる ・ (就職して)自活(する) ・ 親離れする ・ 手が離れる ・ (△生まれ育った家から[ひな]の)巣立ち ・ (親元からの)旅立ち ・ 巣立つ ・ 特立 ・ (親の)膝下を離れる ・ 元服(する) ・ 独り立ち(する) ・ 巣離れ ・ 援助を受けない ・ 自力 ・ (今作が)処女作(となる) ・ (本書が)デビュー作(となる) ・ (プロの)登竜門をくぐる ・ 独立(する) ・ 一人前(になる) ・ (子の)独立 ・ 分立 ・ 独歩 ・ ひとり歩き ・ 自炊 ・ 独居 ・ 一人住まい ・ 独り住まい ・ 自活 ・ やもめ暮らし ・ 一人暮らし ・ 一人で ・ 単行 ・ 専行 ・ 躬行 ・ 独行 ・ 独房 ・ 自室 ・ 私室 ・ 個室 ・ 総スカン(を食う) ・ 四面楚歌 ・ 味方がいない ・ 周りは敵や反対者ばかり ・ 孤独な闘い(を強いられる) ・ 孤軍奮闘 ・ (大勢に)流されない ・ 孤高(の人) ・ 飼いならされない ・ 孤独を恐れない ・ こびない ・ 割拠性を持つ ・ 気高い ・ 一人(ぼっち) ・ 孤独(を抱える) ・ 孤塁を守る ・ れない ・ なびかない ・ (人と)馴染まない ・ (一般社会との間に)距離を置く ・ (権力に)恋々としない ・ (名誉ある)孤立(を選ぶ) ・ 股旅者 ・ 長いものに巻かれない ・ 単独行動(を好む) ・ (人と)親しまない ・ 反秩序(の生き方) ・ 異分子 ・ (世間の)しがらみに縛られない ・ 身軽(な体) ・ 単独で行動する ・ 単独行動を好む ・ 反逆精神(の持ち主) ・ 群れない ・ 群れ(ること)を嫌う ・ アウトサイダー ・ 狷介(な性格) ・ はぐれ猿 ・ はぐれガラス ・ はぐれ者 ・ (簡単に)尻尾を振らない ・ 異端(の者) ・ 自力で(人生を切り開く) ・ 我が道を行く ・ 独自の道を歩む ・ アウトロー ・ 放れ駒 ・ 放れ馬 ・ 離れ猿 ・ 無師無統 ・ 脱俗の気が漂う ・ 一匹オオカミ(の生き方) ・ はぐれオオカミ ・ 自分一人を頼みとして生きる ・ 独立独歩(の精神) ・ なれ合わない ・ (社会の)枠に収まらない ・ 蕭殺 ・ 寂寥 ・ 物哀れ ・ 閑散 ・ 蕭然 ・ 殺風景 ・ うらさびしい ・ わびしい ・ (佇まいに)わびしさが漂う ・ ひっそり(としている) ・ 蕭々 ・ 索莫 ・ 門前雀羅を張る ・ 荒涼 ・ 物寂しい ・ 活気がない ・ 貧寒 ・ 寥々 ・ 落莫 ・ 寂寞 ・ 寂しい(夜道) ・ 蕭条 ・ 孤独(を感じる) ・ (一人ぼっちで)寂しい ・ 寂しさ(が湧く) ・ 心寂しい ・ 心細い ・ わびしい(一人住まい) ・ ぽつり(と) ・ 単数 ・ 一つ ・ ぽつん(と) ・ 個体 ・  ・ 唯一 ・ 単一 ・ ぽつねん(と) ・ 単複 ・ そっちのけ ・ 関与しない ・ 交流がない ・ (合否に)関わらず(連絡します) ・ (年齢に)関わりなく(働ける社会) ・ (意思と)関係なく(体が動く) ・ 対岸の火事 ・ (彼にとって)遠い世界(の出来事) ・ かけ離れている ・ あずかり知らない ・ あずかり知るところではない ・ (恋愛は)他人ごと ・ (世間とは)没交渉ぼっこうしょう(の作家) ・ (我々とは)無縁(の代物) ・ (この件には)ノータッチ ・ (松茸は庶民とって)高嶺の花 ・ 無縁 ・ つながりがない ・ 関知しない ・ 縁がない ・ 風馬牛 ・ 無関係 ・ (異性とは)縁がない(生活) ・ 関係(が)ない ・ 分からない ・ (それについては何も)知らない ・ 関係しない ・ 孤児院 ・ 養老院
絶海(の孤島)仲間外れ絶海(の孤島)仲間外れ  他人 ・ 第三者 ・ (人種)差別 ・ メンバーから外す ・ 締め出す ・ (関係者以外)シャットアウト(する) ・ 疎外感 ・ 継子扱い ・ 員数外(の扱い) ・ 異類(の者) ・ (社会の)吹き出物 ・ 異邦人 ・ デラシネ ・ 異分子 ・ (村人にとって)見知らぬ人間 ・ いないほうがいい ・ 村八分 ・ 外様(の連中) ・ 隔離された(立場) ・ (周囲から)認められない ・ (集団から)はじき出される ・ はぐれ(猿) ・ アウトサイダー ・ 門外漢 ・ 局外者 ・ はじき出す ・ いたら困る ・ のけ者(にする) ・ やっかい者 ・ 仲間外れ ・ 置いてけぼり(にされる) ・ (社会から)疎外(される) ・ 孤立(している) ・ 余計者 ・ 排除(する) ・ 除名 ・ (自分の)居場所がない ・ アイデンティティを失う ・ 隔絶 ・ 疎外された者 ・ 孤独(を抱える) ・ 孤独感にさいなまれる ・ 部外者 ・ 一匹オオカミ ・ つまはじき ・ よそ者 ・ (暴走族から)足を洗う ・ 退団 ・ 脱会 ・ 引退 ・ 除籍 ・ 籍を除く ・ 脱退 ・ 仲間から抜ける ・ 名簿から名前を取り除く ・ 離党 ・ 脱党 ・ 脱する ・ 離脱 ・ (尼僧が)還俗げんぞく(する) ・ 俗人にかえる ・ △身分[登録]を抹消する ・ 関係を断つ ・ 退会 ・ 団体から抜ける ・ (人によって)隔て(をする) ・ 判官はんがんびいき ・ 判官ほうがんびいき ・ えり好み(する) ・  ・ ひいき強い ・ (△人[兄弟]を)分け隔て(する) ・ (判断に)私情を入れる ・ (処遇に)情が絡む ・ (人事に)情実を交える ・ ちやほや(する) ・ むやみに可愛がる ・ (長男を)偏愛(する) ・ 肩を持つ ・ 親ばか ・ ひいき ・ (お)気に入り(のキャバ嬢) ・ 身びいき ・ えこひいき ・ ひいき目(に見る) ・ (社長の)引き(で出世する) ・ (上役の)引き立て(で役職につく) ・ (親の)欲目 ・ じらす ・ 加虐的(な行動) ・ (たっぷりと)かわいがってやる(ぜ) ・ 屈辱を与える ・ 手ごめ(にする) ・ (相手を)自分の所有物と見なす ・ (一種の)刑罰 ・ (弱い者を)責める ・ なぐさみもの(にする) ・ 残酷(な仕打ち) ・ 嘲弄(する) ・ 汚いやり口 ・ 悪ふざけ(が過ぎる) ・ 虐待 ・ ひどい仕打ち ・ つらい目にあわせる ・ 憎しみ ・ (難くせをつけて)苦しめる ・ 居たたまれなくする ・ (しつこく)からかう ・ (人格を)傷つける ・ とげとげしい(態度) ・ (△嫁[新入り]を)いびる ・ (嫁)いびり ・ 侮蔑 ・ 嫌らしい ・ 足蹴(にする) ・ (新入りを)なぶる ・ なぶりものにする ・ 虐げる ・ 人格を無視する ・ (弱者への)暴言 ・ 悪意に満ちた中傷 ・ 嫌みを言う ・ 言葉の暴力 ・ 当てこすりを言う ・ 心ない言葉を浴びせる ・ 心ない(発言) ・ いじめ体質 ・ 攻撃性を秘める ・ のけ者にする ・ (おとなしい新入りを)やり玉に挙げる ・ むごい仕打ち ・ 愚弄(する) ・ おもちゃにする ・ つつき回す ・ (嫁を)いびり出す ・ DV ・ 家庭内暴力 ・ (しつこい)嫌がらせ ・ しゅうと根性 ・ しゅうとめ根性(丸出し) ・ (精神的に)追い込む ・ 悪意を持って(からかう) ・ (嫁に)つらく当たる ・ いびり抜く ・ 人格を傷つける ・ (私的)制裁 ・ 卑怯(なやり方) ・ 下品で卑しい(行為) ・ (△陰湿に[弱い者を])いじめる ・ いじめて快感を得る ・ いじめ ・ 弱い者いじめ ・ 陰湿(ないじめ) ・ (人を)物のように扱う ・ 迫害 ・ 奴隷のように扱う ・ 毒手(にかける) ・ (弱者を)いたぶる ・ 音を上げさせる ・ (理不尽に)攻撃(する) ・ 辱める ・ (弱い者への)いたぶり ・ たちが悪い ・ 真綿で首を絞める ・ 難癖をつける ・ 排撃 ・ 因業(なやり方) ・ 隠微な形で(いじめる) ・ 隠微な(いじめ) ・ 拷問(する) ・ ねちねち(と)(いじめる) ・ 侮辱 ・ 卑劣(ないじめ) ・ 理不尽 ・ 意地悪を言う ・ (相手の)尊厳を顧みない ・ (M男を)ペットにする ・ (弱い者を)もてあそぶ ・ ずる賢く立ち回る ・ ハラスメント ・ 無理偏にげんこつ(の相撲界) ・ (追い詰めて)さいなむ ・ (生き物を)切りさいなむ ・ (罪人を)責めさいなむ ・ 痛めつける ・ 総スカン(を食う) ・ 味方がいない ・ 孤立無援 ・ 四面楚歌 ・ 周りは敵や反対者ばかり ・ アイデンティティの喪失 ・ 落ち着ける場所がない ・ よりどころを失う ・ 帰属する場所がない ・ 日陰の存在 ・ はじき出される ・ アウェー感 ・ 寄る辺ない(身の上) ・ 居場所がない ・ 立場がない ・ つまはじきにされる ・ 自分探しの旅の途中 ・ (周囲から)承認されない ・ さまよえる(世代) ・ 悪魔超人 ・ (仲間から)疎外される ・ 劣等感を抱く ・ 肩身が狭い ・ 関係者以外(立ち入り禁止) ・ 外部の人間 ・ 区別(△する[して扱う]) ・ 差別 ・ 弁別 ・ 別扱い(する) ・ 違いを見いだす ・ 弁じる ・ 特別扱い ・ 判別 ・ △違い[基準]により分ける ・ 居心地が悪い ・ (感情的)しこり(を残す) ・ 疎隔(が生じる) ・ 心のバリア(による) ・ 親しみを感じない ・ 親しみを持てない ・ 擯斥 ・ (不満が)わだかまる ・ (二人の心に)隔たり(ができる) ・ 排他 ・ 愛想尽かし ・ 愛想が尽きる ・ 愛想を尽かす ・ ぎこちない(空気) ・ (反対派を)うとむ ・ (部外者を)うとんじる ・ (世代間の)ギャップ(を感じる) ・ 打ち解けない ・ (勉強なんて)そっちのけ ・ (練習を)よそにする ・ 隔意(を持つ) ・ (あの人とは何となく)気が置ける ・ 堅苦しい(あいさつ) ・ 敷居が高い ・ 垣根が高い ・ (二人の気持ちに)わだかまり(ができる) ・ 石のような(沈黙) ・ ぎくしゃく(したやり取り) ・ 冷たくする ・ (上役に)横目(を使う) ・ 心を鬼にする ・ 軽く流す ・ 無碍(にはできない) ・ 見限る ・ 木で鼻をくくる ・ 厳しく接する ・ 相手にしない ・ 偏見に満ちた(振る舞い) ・ 突き放す ・ つらく当たる ・ (いい加減に)取り合う ・ (人を)ないがしろ(にする) ・ (△冷たく[適当に])あしらう ・ 見殺し ・ 冷や飯を食う ・ 冷や飯を食わせる ・ 冷遇 ・ 薄遇 ・ 白眼視 ・ 鼻であしらう ・ 白い目で見る ・ 邪険(△に扱う[な態度]) ・ 足蹴にする ・ (弱音を)一喝(する) ・ (親を)粗末(にする)
絶海(の孤島)遠い場所絶海(の孤島)遠い場所  万里ばんり(の波涛はとう ・ (京都)以遠(の地) ・ 遠隔(の地) ・ 最果て(の地) ・ 果て(の果て) ・ 離れた位置にある ・ 僻遠へきえん(の地) ・ 遠い道のり ・ 長い距離 ・ 極北(の地) ・ 地の果 ・ 遠方 ・ 遠い場所 ・ 遠国 ・ 他郷 ・ 他地たち ・ 異境(の地) ・ 異国 ・ 旅先 ・ 他国 ・ 旅の空 ・ (異郷の)空 ・ 異土 ・ 異郷 ・ 見知らぬ土地 ・ 天涯 ・ 遠隔操作 ・ リモコン ・ 脳の外から行動を支配する ・  肉体を乗っ取られる ・ ゾンビ(化) ・ 遠隔制御 ・ 操り人形 ・ リモートコントロール ・ 新世界 ・ 別天地 ・ (都会の)オアシス ・ 前世界 ・ 楽園 ・ パラダイス ・ 塵外 ・ 桃源(郷) ・ (都会の喧騒から)隔絶した場所 ・ 浮き世離れした(環境) ・ 仙界 ・ 別世界 ・ 非日常 ・ 仙境 ・ 別の世界 ・ 外へ逃げる(球)て ・ 距離がある ・ 長距離 ・ (富士山を)はるか(に望む) ・ はるかかなた(を眺める) ・ かけ離れる ・ 遠距離 ・ 遠い ・ はるばる ・ 離れている ・ 遼遠 ・ 遠く(に見える) ・ 長い(旅) ・ 距離が十分にある ・ 遠近 ・ 程遠い ・ 隔たりがある
絶海(の孤島)隔たりがある絶海(の孤島)隔たりがある  距離がある ・ 水と油(の関係) ・ みぞ(が埋まらない) ・ 天国と地獄 ・ 飛び離れた(位置) ・ (感覚の)ずれ ・ 隔たり(がある) ・ かけ離れている ・ (他と)かけ離れてある ・ (民意と)かけ離れる ・ (現実から)遊離(した理論) ・ (考え方に)ギャップ(がある) ・ (デジタル)デバイド ・ 乖離かいり(している) ・ (両者間に)懸隔けんかく(がある) ・ 隔絶(している) ・ (双方の主張が)背離する ・ 分裂 ・ 遠い ・ 格差 ・ (陸の)孤島 ・ (意見の)開き ・ (すぐには)連絡が取れない状態になる ・ 遠ざかる ・ 隙かせる ・ 隙く ・ (計画に)齟齬そご(が生じる) ・ 遠ざける ・ 隔たる ・ 遊離 ・ 隔離(病棟) ・ (大きく)離れる ・ (間を五メートル)置く ・ 引き離す ・ 隔絶 ・ 飛び離れる ・ かけ離れる ・ 関係が解かれる ・ 離礁 ・ 間隔があく ・ (報道陣を)シャットアウト(する) ・ 遠のく ・ 乖離(する) ・ 隔たり(ができる) ・ 去る ・ (両者の感情が)背離する ・ 振り離す ・ 浮き上がる ・ (飛行機が)点となって(消える) ・ かけ隔たる ・ 隔てる ・ 距離ができる ・ 断絶(する) ・ 別々になる ・ (机と机の)(間を)離す ・ ばらばら(に△なる[する]) ・ 振り切る ・ 距離が△開く[できる] ・ 突き放す ・ かけ隔てる ・ 遠景に去る ・ 取り残される ・ 無縁になる ・ 遠心 ・ (証言が)食い違う ・ 外れる ・ 相反(する) ・ ミスマッチ(の状態) ・ 行き違い ・ (道理に)外れる ・ マッチしない ・ (ルールに)不適合 ・ 見当違い ・ 見当外れ ・ 符号しない ・ 的外れ ・ つじつまが合わない ・ ぴったりいかない ・ 矛盾 ・ 平行線(をたどる) ・ (その場に)不適切(な発言) ・ なじまない ・ 適合しない ・ 畑違い ・ (案に)相違(する) ・ 一致しない ・ 不一致 ・ 扞格 ・ (電話番号が)違う ・ 背反 ・ (予想に)反する ・ 背馳 ・ そぐわない ・ 場違い ・ お門違い ・ 衝突(する) ・ 食い違う ・ 整合しない ・ 違和感(がある) ・ ずれる ・ 背離 ・ (当初の予定から)外れる ・ 合わない ・ 筋違い ・ (人の道に)もとる ・ 氷炭相いれず ・ 齟齬そご(△をきたす[が生じる])
絶海(の孤島)(未分類)絶海(の孤島)(未分類)  あなた ・ 向こう ・ かすんで見える ・ 彼方 ・ 離れた ・ 隔絶した ・ はるかな ・ 悠遠な ・ 遠くの海 ・ 絶海 ・ あっちあちら ・ はるけき ・ はるかなる ・ 長駆 ・ 気が遠くなるほど ・ 沖あい ・ 沖合い ・ 公海 ・ 近海 ・ 大海 ・ 青海原 ・ なだ ・  ・  ・ 西彼杵 ・ 
(絶海の)孤島周囲が水で囲まれた小さな陸地(しま(絶海の)孤島周囲が水で囲まれた小さな陸地(しま  女護が島 ・ 浮き島 ・ 離れ島 ・ 諸島 ・ 閉鎖空間 ・ 無人島 ・ 列島 ・ 本島 ・  ・ 周囲から孤立した狭い土地 ・ 絶島 ・ 島嶼 ・ 水面から突き出た ・ 群島 ・ 離島 ・ わずかな土地 ・ 尺土 ・ 尺地 ・ 寸土 ・ 地続き ・ (長く)突き出す ・ 半島 ・ (一か所のみ)突出(する) ・  ・ 突出部 ・ デルタ ・ 干潟 ・  ・ 三角州 ・ 砂州 ・ 中州 ・ 盛り上がった土砂が水面に現れる ・  ・ (カリブ海の)リーフ ・ 見え隠れする ・ 暗礁 ・ サンゴ礁 ・ 環礁 ・ 隠れ岩 ・ 漁礁 ・ 乱杭歯のような瀬 ・ (隠れた)岩礁 ・ (航路上の)危険地帯 ・ 礁脈 ・ (海の)難所 ・ 海国 ・ 島国 ・ 土地の状態 ・ 地理 ・ 土地のありさま ・ 地勢 ・ 地文 ・ 地形 ・ 地の利 ・ 地相 ・ 土地 ・  ・  ・ 大地 ・  ・ 陸地 ・ 新大陸 ・ 内陸 ・ 大陸 ・ 隣地 ・ 水に覆われていない
絶海(の孤島)(未分類)絶海(の孤島)(未分類)  途絶 ・ 単独峰 ・ 例外的な ・ 取り残された ・ なく孤立 ・ アトム化 ・ 独立峰 ・ 断絶した ・ 飛び地 ・ セグメント化 ・ 孤絶した ・ 隔絶した ・ 絶海の孤島 ・ 特殊な ・ 離れた ・ 切り離される ・ 隔離された ・ はなれ島 ・ 硫黄島 ・ 沖ノ鳥島 ・ 遠島 ・ 離れ小島 ・ はなれ小島 ・ 流罪 ・ 流刑 ・ 島流し ・ 出る ・ 小笠原諸島
キーワードをランダムでピックアップ
背筋照り込む茶腹帝京諭告柔和な笑顔さもありなん一説では図式化逸機する記憶に残らない当てにしがたい異国の地で果てる嫌らしい笑い方硬直的な考え方不時の来客同業他社より卓越規則を拡大解釈二学期もひと月過ぎたころマラソンの折り返し
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 8