表示領域を拡大する
心を用いるの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
心を用いるある物事に心を留めて気をつける(注意ちゅういはらう)心を用いるある物事に心を留めて気をつける(注意ちゅういはらう)  (国境の空を)睨む(対空兵器) ・ 念を入れる ・ 気がつく ・ 心配 ・ 構う ・ 気を回す ・ 目が離せない ・ 戒心 ・ 気配り ・ 戒厳 ・ 着意 ・ 意に介する ・ 留意 ・ 心をそちらに向ける ・ (災害への)備えを持続する ・ 心を留める ・ 御念(の入った話) ・ 介意 ・ 気を配る ・ 気をつける ・ 気が回る ・ 警戒 ・ 用意(を怠らない) ・ 念(を押す) ・ 大事を取る ・ 戒める ・ 配慮 ・ 目が届く ・ 用心 ・ 厳戒 ・ 気を緩めない ・ 心遣い ・ 注意(を払う) ・ 心がける ・ (目が)行き届く ・ 衛視 ・  ・ ガードマン ・ 山守り ・ 門番 ・ 牢番 ・ 看守 ・ 番人 ・ 獄卒 ・ 島守り ・ 隠亡 ・ 下足番 ・ 門衛 ・ 見張り ・ 守衛 ・ 山番 ・ 心配性 ・ 注意 ・ 軽はずみな行動をしない ・ 用心深い ・ 過信しない ・ 重々しい ・ 優等生的(な姿勢) ・ 細心の注意を払う ・ (決して)羽目を外さない ・ 冒険しない ・ 注意する ・ ちゃっかり ・ (安心できるまで)確かめる ・ 抜け目ない ・ 転ばぬ先の杖 ・ 小心 ・ 疑い深い ・ 注意深い ・ 警戒心が強い ・ 躊躇(する) ・ 納得のいくまで検討する ・ 抜け目がない ・ 休み休み(こなす) ・ 先回りして考える ・ 重厚 ・ 自重(する) ・ 翼々 ・ 慎重(な性格) ・ 慎重の上にも慎重 ・ 身構える ・ 保守的 ・ 気が小さい ・ 念には念を入れる ・ 臆病(者) ・ 小心翼々(と生きる) ・ 手堅い ・ 保険(を掛ける) ・ 慎み深い ・ 腫れ物に触るよう ・ 周りを気にする(タイプ) ・ 石橋を叩いて渡る ・ 石橋を叩いても渡らない ・ (本番を前に)握りこぶしを固める ・ 用意をする ・ 肩ひじを張る ・ 構え ・ 腕まくり(する) ・ 大上段に構える ・ (攻撃に)備える ・ 身構え ・ (襲いかかろうと)身をかがめる ・ 対決姿勢 ・ 構える ・ 腕組み(をする) ・ (決戦の到来を)待ち構える ・ 刀の柄に手をかける ・ 戦闘態勢(△をとる[に入る]) ・ 戦闘モード(に入る) ・ ファイティングポーズ ・ 姿勢を整える ・ 指をポキポキ鳴らす ・ 陪乗 ・ 警乗 ・ 哨戒 ・ (被疑者を)監視下に置く ・ 巡視 ・ 見回る ・ パトロール ・ 目を光らす ・ 巡見 ・ 監視 ・ 立ち番 ・ 先回り ・ ピケ ・ ピケット ・ 番犬 ・ 警邏 ・ 守護霊 ・ 守護神 ・ (敵の様子を)うかがう ・ 看視 ・ (刑事が)張る ・ 夜回り ・ 留守居 ・ 張り番 ・ 巡邏 ・ 留守番 ・ 自警 ・ 火の番 ・ 見守る ・ 張り込む ・ 巡回 ・ 店番 ・ 見張る ・ (寝ずの)番 ・ (心を)そそられる ・ 目を奪う ・ 耳目(を集める) ・ △心[気持ち]を動かされる ・ 注意を向ける ・ きつける ・ 引き寄せられる ・ (部長の椅子に)色気(を見せる) ・ (目が)くぎ付け(になる) ・ (聞き手が)腰を浮かせる ・ (観客の)腰を浮かす(音楽) ・ (思わず)腰が浮く ・ (面接官が)前のめり(になる) ・ 心をつかむ ・ (もうけ話に)ひざを進める ・ まつ毛がガラスを撫でる*/nolink* ・ 目を奪われる ・ 好奇心(を持つ) ・ ガラスに顔を押し当てる ・ 求知心 ・ 興味(を△抱く[持つ]) ・ 好奇(の目を向ける) ・ 心を引かれる ・ 強い気持ちが押し寄せる ・ 身を乗り出す ・ 体を乗り出す ・ (ちょっと)関心(を△持つ[引く]) ・ (強い)関心を示す ・ 目を見張る(ような) ・ 一顧(だにしない) ・ (温かい人柄に)惹かれる ・ 心配(△する[でたまらない]) ・ 慨嘆(する) ・ 期待できない ・ 憂わしい ・ (先が)思いやられる ・ 気兼ね ・ 屈託 ・ 深憂 ・ 食事ものどを通らない ・ 暗い顔 ・ 不安 ・ パニック寸前 ・ 心が塞ぐ ・ 不安感 ・ 頓着 ・ 物思い(にふける) ・ 苦労 ・ 悩む ・ 思い悩む ・ 思い煩う ・ (気持ちが)浮き立たない ・ 不安な気持ちは頑張っている証拠 ・ 晴れやかでない ・ 押し潰されそう(な不安) ・ 晴れ晴れしない ・ 憂患 ・ 憂色(が濃い) ・ 憂慮(△する[すべき事態]) ・ 浮かない顔 ・ 気が気でない ・ 胸を痛める ・ 重苦しい空気(に包まれる) ・ (将来を思うと)安心できない ・ どうしたらいいか分からない ・ (将来を)悲観(する) ・ 考え事(があって眠れない) ・ 気持ちが晴れない ・ 寒心(に堪えない) ・ (現在の事態を)批判(する) ・ 重い時間(が流れる) ・ 気分が弾まない ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ 心置き(なく行ける) ・ 顧みる ・ 気にかかる ・ 気にかける ・ (先行きが)気がかり ・ 心がかり ・ 心にかける ・ 胸の奥が痛む ・ 遺憾 ・ 鬼胎(を抱く) ・ 気に病む ・ (秘密が漏れる)気遣い(はない) ・ (安否を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ 気遣わしい ・ 気を使う ・ 頼りない(返事) ・ (成り行きを)恐れる ・ 失敗を恐れる ・ (△行く末[病状]を)案じる ・ 先案じ(する) ・ 不眠(に悩まされる) ・ 心が乱れる ・ (△心配[考え]が)堂々巡り(する) ・ (将来のことを)とつおいつ(考える) ・ 苦悩(の△色を浮かべる[表情]) ・ 警鐘を鳴らす ・ 心が痛む ・ (事で)心を痛める ・ 気苦労 ・ 高配 ・ 大患 ・ 焦慮(△する[に駆られる]) ・ 思案(の種) ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ すっきりしない ・ 沈痛(な面持ち) ・ 憂う ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 頭痛のたね ・ ブルーな気分 ・ 目まい(を感じる) ・ 心が休まらない ・ 心安まらない ・ 気が重そう ・ 気を揉む ・ 顧慮 ・ (事態を)憂える ・ 気にする ・ 思案に暮れる ・ 懸念(する) ・ 心労 ・ 痛心 ・ 憂苦 ・ はらはら ・ (△安否不明による[やり場のない])いらだち ・ 憂い ・ 愁苦 ・ 心を砕く ・ 気になる ・ (理念を)頭に入れる ・ (情勢を)睨みながら ・ (今後の展開を)視野に入れながら ・ (使命を)胸に刻む ・ 念頭に置く ・ (常に)心にかける ・ 気に留める ・ (リスクを)(常に)視野に入れる ・ 忘れないようにする ・ 考えに入れる ・ (様々な意見を)考慮(して) ・ (動向に)注意を払う ・ (様々な事情を)勘案(して) ・ (周囲の動きを)計算に入れる ・ 危ない ・ 差し迫る ・ 危険 ・ 危うい ・ 薄氷を踏む ・ 危険が迫る ・ 有害 ・ 剣呑 ・ 危急 ・ 有毒 ・ 警戒(する) ・ 危なっかしい ・ 物騒 ・ 累卵 ・ 一触即発 ・ 危なげ ・  ・ リスク ・ 一髪千鈞 ・ 風前の灯 ・ 死を招く ・ 恐ろしい ・ 不健全 ・ 際どい ・ (危険と)隣り合わせ ・ ひとつ(間違うと~) ・ ちょっと(間違うと~) ・ 虎の尾を踏む ・ 無用心 ・ 危殆 ・ 所帯やつれ(した女) ・ 気骨が折れる ・ 精神的に疲れる ・ 精神的な疲労 ・ うんざり(する) ・ あれこれ気を使う ・ 気疲れ(する) ・ 気遣い
心を用いる(未分類)心を用いる(未分類)  心を用いる ・ 心を配る ・ 心を遣う ・ 心用意 ・ 意を用いる ・ 世話 ・ 気を遣う ・ 扱い尽く ・ 思い扱う ・ 気を扱う ・ 心を致す ・ 心して ・ 心を尽くす ・ 心馳せ ・ 心用い ・ 厚意 ・ 厚情 ・ 心配り ・ 気遣い気配り ・ 夫婦の情愛 ・ 情に厚い ・ 気くばり ・ こまやかな ・ 心の豊かさ ・ サービス ・ 思いやり ・ 心くばりを示す ・ やさしい気持ち ・ そつがない ・ 利他的な ・ 気働き ・ こまやかさ ・ コーチの親心 ・ 女心 ・ 親身 ・ お志 ・ 行き届いた ・ 親切 ・ 気が利く ・ 神経 ・ 血の通った ・ ハートフルな ・ 手厚い ・ 親切な ・ おもんぱかり ・ 神経を使った ・ こまめな ・ 温かみのある ・ 嫌な思いをさせない ・ エチケット ・ 機転 ・ 心尽くし ・ 他者への配慮 ・ おもんばかり ・ 温かい気持ち ・ 芳情 ・ 気持ち ・ 懇情 ・ 思いやりのある ・ 労をいとわない ・ 心のこもった ・ きめ細かな ・ 目配りのきいた ・ 気持ちの分かる ・ 心を込めた
キーワードをランダムでピックアップ
聞き手垂れる金遣い身の丈少なからず晩婚据える隔離通論折り返し光源八百長法に触れる敗北この上ない階段をのぼる暗号名超自然的存在殺伐とした世の中遊び心がない
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 心を用いるある物事に心を留めて気をつける(注意ちゅういはらう)
  2. 心を用いる(未分類)