表示領域を拡大する
顧みるの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
顧みる心配顧みる心配  気分が弾まない ・ 憂色(が濃い) ・ 不安感 ・ 苦労 ・ 気にする ・ 頭痛のたね ・ (現在の事態を)批判(する) ・ はらはら ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ 考え事(があって眠れない) ・ 顧慮 ・ 気にかかる ・ 気にかける ・ (先行きが)気がかり ・ 心がかり ・ 心にかける ・ 慨嘆(する) ・ 焦慮(△する[に駆られる]) ・ 重苦しい空気(に包まれる) ・ 遺憾 ・ (将来を思うと)安心できない ・ 物思い(にふける) ・ 寒心(に堪えない) ・ 沈痛(な面持ち) ・ (△心配[考え]が)堂々巡り(する) ・ (将来のことを)とつおいつ(考える) ・ 目まい(を感じる) ・ (△行く末[病状]を)案じる ・ 先案じ(する) ・ (事態を)憂える ・ 気になる ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ 頼りない(返事) ・ 胸を痛める ・ 警鐘を鳴らす ・ 気苦労 ・ 食事ものどを通らない ・ 暗い顔 ・ (不安が)頭から離れない ・ 深憂 ・ 気持ちが晴れない ・ 心置き(なく行ける) ・ 晴れ晴れしない ・ 浮かない顔 ・ 高配 ・ 憂わしい ・ 憂う ・ 憂い ・ 悩む ・ 思い悩む ・ 不安 ・ パニック寸前 ・ 晴れやかでない ・ 心が塞ぐ ・ 配慮 ・ 愁苦 ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 思案(の種) ・ 心が乱れる ・ 苦悩(の△色を浮かべる[表情]) ・ 屈託 ・ 心配(△する[でたまらない]) ・ 重い時間(が流れる) ・ 憂苦 ・ (△安否不明による[やり場のない])いらだち ・ 胸の奥が痛む ・ (気持ちが)浮き立たない ・ 心が痛む ・ (事で)心を痛める ・ 気が重そう ・ (秘密が漏れる)気遣い(はない) ・ (安否を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ 気遣わしい ・ 気を使う ・ 心遣い ・ 期待できない ・ 気を揉む ・ 心安まらない ・ 心を砕く ・ 押し潰されそう(な不安) ・ 憂患 ・ 思案に暮れる ・ (将来を)悲観(する) ・ 不眠(に悩まされる) ・ 心労 ・ 憂慮(△する[すべき事態]) ・ 思い煩う ・ 気に病む ・ 心が休まらない ・ 気が気でない ・ すっきりしない ・ 頓着 ・ ブルーな気分 ・ どうしたらいいか分からない ・ 痛心 ・ (成り行きを)恐れる ・ 失敗を恐れる ・ 不安な気持ちは頑張っている証拠 ・ 鬼胎(を抱く) ・ 気兼ね ・ 大患 ・ 懸念(する) ・ (先が)思いやられる ・ 不安がる ・ 臆病 ・ 草食系(男子) ・ 引っ込み思案 ・ (挑戦する)気概がない ・ 逃げ腰 ・ ためらいがち ・ 自信喪失 ・ (自分に)自信がない ・ 優柔不断 ・ へたれ ・ (すぐに)気を呑まれる ・ 積極性がない ・ 警戒心が強い ・ 隅の方で小さくなっている ・ 怯者 ・ 軟弱 ・ 恐れをなす ・ 怯懦きょうだ(な性格) ・ 弱味噌 ・ 懦夫 ・ おびえる ・ おびえた(顔) ・ 人見知り(する) ・ 気が引ける ・ (人前で)どぎまぎ(する) ・ びびり ・ チキン(野郎) ・ オカマ(野郎) ・ 敗者 ・ 人の陰に隠れるように(生きる) ・ 気が小さい ・ ガッツがない ・ 弱者 ・ 恥ずかしがり ・ シャイ ・ 卑怯者 ・ (自分の)影におびえる ・ 前向きでない ・ 柔弱(な精神) ・ 物おじ(する) ・ 弱気(になる) ・ 劣性 ・ 女々しい ・ あがり症 ・ けつの穴が小さい ・ びくびく ・ 自信なげ(な様子) ・ 意気地なし ・ 意気地がない ・ 弱虫 ・ 泣き虫 ・ 根性がない ・ 冒険しない ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 枯れ尾花に怯える ・ 意志薄弱 ・ 度胸がない ・ (不必要に)恐れる ・ (何かを)恐れている ・ 石橋を叩いて渡る ・ 薄志弱行 ・ 気が弱い ・ 気弱(そう)(な少年) ・ 小動物(のよう) ・ ひ弱(な男性) ・ 懦弱(な学生) ・ 男らしくない ・ 危機管理能力が高い ・ 消極的 ・ 引け目を感じる ・ 小心(者) ・ ためらいを見せる ・ 用心深い ・ ひやひや(する) ・ (見ていて)ふがいない ・ 内省的 ・ なまくら(武士) ・ 腰抜け(侍) ・ 内向的 ・ 腑抜け ・ 慎重 ・ 勇気がない ・ 肩を寄せ合って(生きる) ・ 臆病(な人) ・ 臆病者 ・ 弱々しい(姿) ・ 肝が小さい ・ 小胆 ・ 失敗が怖い ・ 頼りない ・ 内弁慶 ・ 腹がない ・ 取り越し苦労ばかり ・ (いつも)おとなしい ・ うじうじ(している) ・ おどおど(している) ・ 内気 ・ 怖がり ・ ノミの心臓 ・ 肝が据わっていない ・ 悲観的 ・ ペシミスト ・ ニヒリスト ・ 強迫観念 ・ 悲観論者 ・ 厭世家 ・ (素直に)喜べない ・ うつ(状態) ・ 癇が立っている ・ 屈託(を抱える) ・ (思いが)屈折(する) ・ 屈折した(感情) ・ (△気持ち[不満]が)くすぶる ・ (胸の内が)もやもや(する) ・ 不定愁訴 ・ どんより(とした気分) ・ くさくさ(する) ・ 塞ぎ込む ・ 気塞ぎ ・ (気持ちが)ふさ ・ (精神的に)参る ・ 気分がよくない ・ (期待を)重荷に感じる ・ 気が進まない ・ (気持ちが)よどむ ・ 俗念(を払う) ・ (心中)穏やかでない ・ いい気分ではない ・ △心[気持ち]が弾まない ・ 億劫 ・ 重たい ・ 面白くない(気分) ・ (気持ちが)わだかまる ・ 楽しめない ・ センチメンタル(な気分) ・ 沈鬱 ・ 沈む ・ 飽き足りない(ものを感じる) ・ 暗い(気分) ・ 息苦しい(気分) ・ 息がつまる ・ (不安に)息を詰まらせる ・ 鬱然 ・ 腹ふくるる(思い) ・ 胸のあたりが重たい ・ (嫌なことばかりで)むしゃくしゃ(する) ・ 鬱積(する) ・ 心が沈む ・ (気持ちの)わだかまり ・ (心が)屈する ・ 憂いに沈む ・ 暗澹あんたん(とする) ・ (△不満[憤り]を)かかえる ・ 灰色(の気分) ・ 憂うつ ・ 欲求不満 ・ (気持ちが)沈む ・ 思い沈む ・ いらいら(する) ・ いらだつ ・ いらだち ・ うつ念 ・ うっとうしい(気分) ・ (気が)めいる ・ 眉間にしわを寄せて(座り込む) ・ やりきれない(思い) ・ なんだかなぁ ・ 辛気 ・ 気が滅入る ・ 物憂い ・ うつうつ(と)(する) ・ 重苦しい(気分) ・ ダーク(な気分) ・ うっ屈(△する[した心情]) ・ 心理的な影響(が残る) ・ 陰々滅々 ・ 満たされない(気持ち) ・ 不透明な気分 ・ メランコリー(な気分) ・ 煩(に堪えない) ・ 悶々(とする) ・ 後味が悪い ・ くよくよ ・ 憂さ ・ 複雑な(胸の内) ・ うっぷん ・ 浮かない顔(をする) ・ (不満を)ため込む ・ せいせいしない ・ 何かを溜め込んだ(顔) ・ ストレスを感じる ・ 暗うつ ・ (絶望に)とらえられる ・ 荒涼とした(精神世界) ・ 気持ちが塞ぐ ・ ローテンション ・ (気分が)くしゃくしゃ(する) ・ 気分が晴れない ・ (心が)晴れない ・ スカッとしない ・ (気分が)塞ぐ ・ (気が)重い ・ やるせない(思い) ・ 抑うつ(状態) ・ (悩みを)かかえ込む ・ 大儀 ・ (不満が)たまる ・ フラストレーション(がたまる) ・ (気持ちが)どよん(とする) ・ 気うつ(が続く) ・ 煩累 ・ 心がおさまらない ・  ・ 気重きおも(な毎日) ・ (胸の内の)気重さ ・ 陰うつ ・ 憂悶 ・ じっとしていられない ・ 切迫感 ・ 焦心 ・ 待ちきれない ・ 気が揉める ・ 業を煮やす ・ 安心できない ・ 隔靴掻痒(の感) ・ かんが高ぶる ・ 核心に触れない ・ 平静さを失う ・ じりじり(△する[しながら待つ]) ・ やりきれない ・ じらす ・ じれる ・ じれったい ・ じらされる ・ 後れを取った(気分) ・ (会議が)煮詰まる ・ 焦燥(感)(に駆られる) ・ 危機感(を抱く) ・ 取り残された(気分) ・ 待ち遠しい ・ 猪突する ・ 急き込む ・ いらだたしい ・ (気持ちが)落ち着かない ・ むずむず ・ (気が)急く ・ 手に汗を握る ・ (神経が)高ぶる ・ 宙ぶらりんの感じ ・ (もう)うんざり(だ) ・ (気持ちが)はやる ・ はらはら(する) ・ もがく ・ うずうず ・ (△内心[心中])穏やかでない ・ (心)静かでない ・ やきもき(する) ・ 焦り ・ 不満がつのる ・ (不満が)鬱積する ・ (試験の結果が分かるまで)居ても立ってもいられない ・ 逸る ・ いらっとする ・ いらつく ・ ややこしい(問題) ・ (感情的)抑圧 ・ 功を焦る ・ (努力が)空回りする ・ (気持ちが)追い込まれる ・ 追い詰められる ・ △気[神経]がとがる ・ 神経をとがらせる ・ いらだち(を感じる) ・ (気持ちが)荒れる ・ 急がなければいけない(と思う) ・ 焦りの色 ・ サスペンス ・ 短兵急 ・ (神経を)いらだてる ・ 矢も盾もたまらない ・ もどかしい(思い) ・ もどかしさ(を感じる) ・ 気が立つ ・ (普段の)落ち着きを失う ・ 怒り ・ (恋に)胸を焦がす ・ しびれを切らす ・ 我慢できない ・ (気持ちが)乱される ・ (一刻も早くと)心急く ・ 切羽詰った(感覚) ・ 躍起(になる) ・ (△気持ちが[気ばかり])焦る ・ 辛気くさい ・ 歯がゆい ・ 歯がゆがる ・ おぼつかない ・ 弱々しい ・ ままならない ・ 不確か(な)(情報) ・ 不安定(な政権) ・ 先細り(の傾向) ・ 大丈夫かと思う ・ 心配 ・ おぼろげ(な記憶) ・ 薄い ・ 頼み少ない ・ はかない(命) ・ か弱い ・ 頼みがたい ・ 心もとない ・ 心細い ・ 少し(の) ・ 浮き寝 ・ 安眠できない ・ 侘び寝 ・ ざわざわ ・ (何か)引っかかる ・ 恐れ ・ 胸騒ぎ(△がする[を覚える]) ・ (周囲が)ざわつく ・ 嫌な予感 ・ 憂国 ・ 同憂 ・ 内憂外患 ・ 後患 ・ (将来の事態を)恐れる ・ 取り越し苦労 ・ 無用の先案じ ・ 杞憂(に過ぎない) ・ 空騒ぎに終わる ・ 恐怖症 ・ (コロナ)フォビア ・ 案ずるより産むがやすし ・ 大山鳴動してネズミ一匹 ・ 疑心暗鬼(を生じる) ・ 水鳥の羽音に驚く ・ 案ずるには及ばない ・ 予断を許さない(状況) ・ どうなっていくか(皆目)分からない ・ 五里霧中(の状況) ・ 展望が開けない ・ (先行きが)読めない ・ 先が見えない ・ 見通しが立たない ・ 目途が立たない ・ (先行きが)不分明 ・ 現実性に乏しい(計画) ・ (先行きは)模糊として判らず ・ (今後の動きに)目が離せない ・ 不確か ・ (△効果[影響]を)計りかねる ・ お先真っ暗 ・ 見当がつかない ・ (成功するかしないか)定かでない ・ 何があるか分からない(世の中) ・ (事態は)流動的 ・ 先が読めない ・ (△将来[先行き]が)はっきりしない ・ 先行きが見えない ・ 紆余曲折(ありそう) ・ (勝敗の行方は)混沌(としている) ・ 混迷(の大統領選) ・ ミステリーツアー ・ 海の物とも山の物とも△つかない[知れない/判断しかねる] ・ ゴールは(まだ)見えない ・ 確かでない ・ (今後が)予測できない ・ (先行きは)予測不能 ・ 不確定 ・ (底値が)見えない ・ (いろいろ)変化する ・ 見通しがつかない ・ 見通せない ・ (成り行きが)不明 ・ 確実でない ・ (先行きが)不透明 ・ (将来的に)不確実 ・ 決定前 ・ 判然としない ・ (消費者の不安を)助長する ・ (見込み客の)焦りを誘う ・ 危機感をあおる ・ (嫉妬心を)かき立てる ・ 罪作り(な行い) ・ (先行きは)暗い ・ 面倒(が予想される) ・ 荒波が待ち受ける ・ 薄氷を踏む思い ・ 未来は暗い ・ (先行きは)思わしくない ・ 難しい事態(が見込まれる) ・ (将来の事態を)おそれる ・ びくびく(する) ・ いばらの道(が待ち構える) ・ 精神衛生上よくない ・ (彼の前途は)混沌(としている) ・ (先のことを考えると)(そら)恐ろしい ・ (国際情勢に)暗雲が漂う ・ 暗雲が広がる ・ 希望が持てない ・ 一波乱も二波乱も(ありそう) ・ どうなることやら ・ 危機感を募らせる ・ (先行きは)楽観できない ・ (先行きは)悲観的 ・ (見ていて)ひやひや(する) ・ 難航(の雲行き) ・ (事態が)行き詰まる ・ 困難(が予想される) ・ (前途を)危惧(△する[を感じる]) ・ 絶望(ムード) ・ 悪い結果になるのではないか ・ (先行きが)怪しい ・ 危ぶむ ・ (実現が)危ぶまれる ・ 危ながる ・ 悲観的(な見方) ・ 一寸先は闇 ・ 末恐ろしい ・ 屠所としょの羊(のような) ・ 波乱含み(の展開) ・ (消費の冷え込みが)懸念材料 ・ 不安材料 ・ 将来が定まらない ・ (将来は)期待できない ・ 先行き不透明 ・ (いろいろ)問題が多い ・ (この国に)未来はない ・ 気が抜けない ・ (前途)多難(な船出) ・ (不安の)影におびえる ・ 将来が見通せない ・ 暗闇(の人生) ・ 先が思いやられる ・ (ガンの)疑いがある ・ (成り行きを)心配(する) ・ (風評被害が)心配(される) ・ 成功の望みはない ・ 戦々恐々 ・ (怒られるのではないかと)気が気でない ・ (日本に)将来はない ・ (戦略に)懐疑的 ・ 上り坂、下り坂、まさか ・ 懸念(される) ・ (やり方に)違和感(を感じる) ・ (成立を)疑問視する ・ (実現までに)紆余曲折(ある) ・ (解散するのではないかと)浮き足立つ ・ 暗澹(たる思い) ・ (情勢は)楽観を許さない ・ 警戒(する) ・ 寒心に堪えない ・ 波乱が予想される ・ (失敗を)恐れる ・ (戦争の)恐れがある ・ 孤独死 ・ 予断を許さない ・ (将来を)気遣う ・ ペシミズム ・ 明日はわが身 ・ 昨日は人の身、今日は我が身 ・ 災いは誰の身にも降りかかる ・ 対岸の火事(に不安を覚える) ・ (先行きに)不安(を抱く) ・ 未来がない ・ (成功は)危ういといえる ・ (今後が)気がかり ・ 先行きが気にかかる ・ 将来がおぼつかない ・ 無常(な人の世) ・ (先行きは)不透明 ・ 世をはかなむ ・ 予期せぬ事態 ・ 一歩誤ると(大変なことになる) ・ (この先)一つ間違えば(命にかかわる) ・ (上り坂、下り坂、)まさか ・ うたかた(の人生) ・ 当てにならない(未来) ・ 危機感 ・ 飢餓感 ・ このままでは危ない ・ (心の)渇き ・ 眉間にしわを寄せる ・ 苦悩の色(を浮かべる) ・ 苦渋(に満ちた表情) ・ 心配(そうな顔色) ・ 気遣い ・ 所帯やつれ(した女) ・ 気を配る ・ 精神的に疲れる ・ うんざり(する) ・ 気配り ・ あれこれ気を使う ・ 精神的な疲労 ・ 気骨が折れる ・ 気疲れ(する) ・ 目が離せない ・ 用心 ・ 厳戒 ・ 注意(を払う) ・ 御念(の入った話) ・ 心をそちらに向ける ・ 気がつく ・ 戒厳 ・ 介意 ・ 構う ・ 目が届く ・ 念(を押す) ・ 心がける ・ 大事を取る ・ 留意 ・ 気を緩めない ・ (国境の空を)睨む(対空兵器) ・ 念を入れる ・ 気をつける ・ 心を留める ・ 気が回る ・ 戒める ・ 着意 ・ 気を回す ・ 用意(を怠らない) ・ (災害への)備えを持続する ・ (目が)行き届く ・ 心を用いる ・ 戒心 ・ 意に介する ・ 警戒 ・ 目が冴える ・ 不眠 ・ 寝そびれる ・ 眠れない ・ 興奮
(半生を)顧みる前にあったことを思い出す(思い出す)(半生を)顧みる前にあったことを思い出す(思い出す)  思い浮かべる ・ (記憶が)呼び覚まされる ・ 回顧 ・ フラッシュバック(する) ・ 過去に立ち返る ・ (記憶を)まさぐる ・ (往時を)追憶(する) ・ 脳裏に浮かぶ ・ 一顧 ・ 記念(写真) ・ (△昔のこと[亡き母]を)思う ・ 思い出される ・ 走馬灯のように ・ こうべを巡らす ・ (過去の出来事を)思い返す ・ (匂いによって)(記憶が)呼び起こされる ・ 記憶が蘇る ・ (記憶を)喚起(する) ・ (時間を)巻き戻す ・ 記憶をたどる ・ 思い返される ・ 眼底に再現される ・ 昨日のことのように(思い出す) ・ (故人を)追想(する) ・ 思い出す ・ 思い出 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレイ) ・ 記憶を探る ・ (学生時代を)回想(する) ・ (故人の)(面影を)しの ・ (今年の音楽シーンを)総決算(する) ・ 思い起こす ・ 後顧 ・ (面影がまぶたに)浮かぶ ・ (ふるさとの情景が)思い浮かぶ ・ (記憶の)糸をたぐる ・ 遡及 ・ (古い記憶を)呼び起こす ・ (学生時代に)思いをはせる ・ (過去に)遡る ・ (幼いころを)想起(する) ・ (忘れていたことを)思いつく ・ 追懐 ・ 思い当たる ・ (師の言葉を)反芻はんすう(する) ・ (当時を)振り返る ・ 自照 ・ (過去を)内省(する) ・ 反省(会) ・ 三省 ・ 振り返ってよく考える ・ (自分の行いを)振り返る ・ 省察(する) ・ 自省 ・ (自らを)省みる ・ 内観(する) ・ モニュメント ・ いしぶみ ・ 記念碑 ・  ・ 後世に伝える ・ 石碑 ・ (スイスというとアルプスを)連想する ・ (初恋の人というと)意識にのぼる(のは彼女だ) ・ (ふとした疑念が)頭をもたげる ・ 気が向く ・ (学生時代を)思い起こす ・ 心が動く ・ 思い浮かぶ ・ 現れる ・ 姿を現す ・ (不安が)忍び込む ・ 想起(される) ・ (殺意が)芽生える ・ ふと思う ・ (詩の一節が)胸に浮かぶ ・ (誤りに)気付く ・ (災害現場を)目の当たり(にする) ・ 昨日のことのように ・ くっきり(と)(浮かび上がる) ・ 忘れられない ・ 鮮やか(に思い出す) ・ まざまざと(思い出す) ・ ありあり(と)(△覚えている[目に浮かぶ]) ・ はっきり(と)(覚えている) ・ 衝撃的(な出来事) ・ 鮮明に(思い出される) ・ 強烈な(体験) ・ 生き生き(と)(△蘇る[描き出す]) ・ 鮮烈(△な印象[に覚えている]) ・ 手に取るように(思い出す) ・ 明瞭(に)(記憶する) ・ (決定的な)(一瞬を)切り取った(写真) ・ いまさらながら ・ しみじみ(思う) ・ 実感(する) ・ つくづく(感じる) ・ 改めて(思い知る) ・ いまさらのように(思い出す) ・ やはり(あれは正しかった) ・ 返す返す(残念なことだ) ・ 早くから ・ 近古 ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ 一昨 ・ 先(日) ・ 昔々 ・ 今は昔 ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ 往時 ・ 古くから ・ 当時 ・ ひと昔(前) ・ 一時代前 ・ 在りし日 ・ 往年 ・ その昔 ・ 従前(より) ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ とうに ・ すでに終わったできごと ・ 去る ・ 旧時 ・ 去んぬる ・ つとに ・ 既往 ・ 過去 ・ 一昨々 ・ 過ぐる ・ ある日 ・ 時分 ・ いにしえ ・ 往古 ・ 古き良き時代 ・ そのかみ ・ とうから ・ 一度(見たことがある) ・ 昔日せきじつ(の面影) ・ 以前(に) ・ 既に ・ (ずっと)前 ・ 終ぞ ・  ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 来し方 ・ 先刻 ・ 日が経っている ・ 元(は)(野原だった) ・ (時が)流れる ・  ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 経過 ・ とっく ・ 銘記(する) ・ 記銘(力) ・ 頭に入れる ・ (情報を)頭に叩き込む ・ 物覚え(がいい) ・ (心に)銘じる ・ (戒めを)服膺ふくよう(する) ・ 胸に刻む ・ 心に刻む ・ 心にとどめる ・ 記憶にとどめる ・ 肝に銘じる ・ 忘れない ・ 心覚え(△する[がある]) ・ (頭から)離れない ・ 記憶(する) ・ (忠告を)(胸に)畳み込む ・ 見知り置く ・ (心に)しる ・ 思い出せる ・ 覚え ・ (心に)刻印(された戦争体験) ・ (単語を)覚える ・ 覚えている ・ 刻みつける ・ 牢記
(後方を)顧みる振り向いて後ろを見る(後方を)顧みる振り向いて後ろを見る  見向く ・ 回顧 ・ 振り向く ・ 一顧 ・ 後顧 ・ こうべを巡らす ・ 見返る ・ (物音に)振り返る ・ (肢体を)くねらす ・ ダイヤルをいじる ・ ひねくり回す ・ 振り向ける ・ ひねり回す ・ (ねじを)回す ・ ねじる ・ 逆ねじ ・ ねじ向ける ・ ひねくる ・ 見返す ・ ひねる ・ ターン ・ 振り返る ・ 視線を預ける ・ 視線を送る ・ 焦点が定まる ・ (鋭い)視線を飛ばす ・ 視線を投げる ・ 目撃 ・ レンズが捉える ・ (被写体に)レンズを向ける ・ 実見 ・ 見受ける ・ 存在を受け入れる ・ 直視 ・ 見る ・ 見える ・ (人影を)認める ・ 見取る ・ 眺める ・ (木の実を)もじる ・ (蓋を)こじって(開ける) ・ (相手の腕を)ねじ上げる ・ (事態が)こじれる ・ (胃)捻転 ・ よじれる ・ ねじ曲げる ・ ねじれる ・ ねじくれる ・ (無理矢理)回転させる ・ よじる ・ ねじける
(後方を)顧みる(未分類)(後方を)顧みる(未分類)  佇思 ・ 顧みる ・ 立ち止まって考える ・ 佇念 ・ 佇想 ・ 反省する ・ 思い見る ・ 惟る ・ 顧み ・ 目配りが利く ・ 目を向ける ・ 目をくれる ・ 目配り ・ 目が行く ・ 目を配る ・ 注目 ・ 反想 ・ 昔を振り返る ・ 回顧する ・ ~の点に留意する ・ 脚下照顧 ・ 心の中をのぞき込む ・ 自らの心の声に耳を傾ける顧みる ・ 深く沈潜する ・ 胸に手を当てて考える ・ 自己省察 ・ 打ちのめされる ・ 分かる ・ 思い知らされる ・ 刻み込む ・ 噛みしめる ・ 肺腑にしみる ・ 常在戦場の精神 ・ 考える ・ 怠らない ・ 考え直す ・ 母の教えを噛みしめる ・ 自分を振り返る ・ 思い知る ・ 改める ・ 理解する ・ 現実を受け入れる ・ 教えを噛みしめる ・ さとる ・ 自己分析する ・ 自問自答する ・ 胸に畳む ・ 自己分析 ・ 自らを考える ・ 洗いざらい ・ 残らず ・ 校閲する ・ 顧みる振り返る ・ 調べ尽くす ・ 点検する ・ 自戒する ・ ほろにがく思い出される ・ 残念な ・ 自己点検する ・ 自省する ・ 顧みる反省する ・ 正面から受けとめる ・ 目を閉ざさない ・ 向きあう ・ 顧みる内省する ・ 目をそむけない ・ 目をそらさない ・ まともに見る ・ 後方を見る ・ 懐かしむ ・ 総ざらいする ・ 昔を思い出す ・ 点検する顧みる ・ 自己診断する ・ 省みる反省 ・ 振る舞いを思い返す ・ 念頭に置く ・ 抱きしめる ・ 体験する ・ 骨身に染みる ・ 納得する ・ ギャフンと言う ・ 誓う ・ 痛感する ・ 浸る ・ 身にしみている ・ 身にしみて知る ・ 玩味する ・ 敗北を抱きしめる ・ 自らの心の声に耳を傾ける ・ 過ちを認める ・ 総括 ・ 総まくり総決算 ・ 総浚い ・ 全てに ・ 小手調べ ・ 後づける ・ 後を辿る ・ 三省する ・ 成長の糧 ・ 胸に手を当てて ・ うしろめたい気持ち ・ 見据える ・ 眼中にない見つめる ・ 直視する ・ 自分探しをする ・ 正視する ・ 対米配慮 ・ 心がけ ・ 思いやり ・ 思い遣る ・ 厚意 ・ 気をつかう ・ 心懸ける ・ 親身 ・ 心入れ ・ 心掛け ・ 気がね ・ せめてもの恩返し ・ 愛憐 ・ 親切 ・ 意に介さない ・ 深切 ・ 心掛ける ・ 芳志 ・ 気に掛ける ・ こころづかい ・ 気づかい ・ 心配り ・ 心づかい ・ せめてもの思いやり ・ 温情 ・ 対外配慮 ・ 心に掛ける ・ 心懸け ・ 慈悲心 ・ きづかい ・ 気遣 ・ 思いやる ・ 情け心 ・ 情け ・ 危懼 ・ 気掛かり ・ バブル懸念 ・ 破たん懸念 ・ インフレ懸念 ・ 減速懸念 ・ 気をもむ ・ 先行き懸念 ・ 心騒ぐ ・ 心もとながる ・ 危ぐ ・ おそれる ・ 心騒ぎ ・ 気に ・ 一抹の不安 ・ 景気懸念 ・ フラッシュバック ・ 思いを巡らせる ・ 思い回す ・ 記憶をよみがえらせる ・ メモリ ・ 思い巡らす ・ 懐慕 ・ メモリー ・ 懐かしがる ・ 懐旧 ・ 思いめぐらす ・ 思いを巡らす ・ 追臆 ・ フラッシバック ・ 思いをめぐらせる ・ 思い巡らせる ・ ほうふつとさせる ・ 彷彿させる ・ 追思 ・ 思いめぐらせる ・ 懐郷 ・ 思いをめぐらす ・ ふりかえる ・ 思い遣り ・ 意向をくみ取る ・ 人道配慮 ・ 思量 ・ 推察 ・ 気を遣う ・ 思考 ・ 酌み分け ・ 心を配る ・ テイク・ノート ・ くみ上げる ・ 斟酌 ・ 汲む ・ こころする ・ 汲み取る ・ しんしゃく ・ 人道的配慮 ・ くむ ・ 考察 ・ 神経を遣う ・ 外交的配慮 ・ 理解 ・ くみ取る ・ 汲み分け ・ くみわける ・ 教育配慮 ・ 意を用いる ・ くみ分け ・ 考慮 ・ 人道的扱い ・ 汲み上げる ・ 汲みあげる ・ 思惟 ・ 酌み分ける ・ 考量 ・ 考えごと ・ 懐かしく思う ・ 思い出話 ・ 首を回らす ・ 慕う ・ 想慕 ・ 想う ・ かい旧 ・ 懐古 ・ 思案投げ首 ・ 喜怒哀楽 ・ 気に掛かる ・ 眉を曇らす ・ 居ても立っても居られない ・ 危虞 ・ 外患 ・ 声を曇らせる ・ 頭を痛める ・ 覚束ない ・ 案ずる ・ まゆを寄せる ・ 眉を寄せる ・ 頭痛の種 ・ 煩悩 ・ 外憂 ・ 苦慮 ・ まゆをひそめる ・ 危険視 ・ 声を曇らす ・ 人ごとではない ・ 思い過ごし ・ 手に付かない ・ こころくばり ・ 胸が騒ぐ ・ 煩い ・ 胸が痛む ・ 気遣わしげ ・ 思い過ごす ・ 心くばり ・ 内憂 ・ 気がもめる ・ 内患 ・ 煩慮 ・ 顔を曇らす ・ たどたどしい ・ 思案に余る ・ 眉を顰める ・ 悩み ・ 心配事 ・ ほうふつさせる ・ 望む ・ 目にする ・ 気が気じゃない
日本語WordNetによる、顧みるの類義語

意義素類語・同義語
品質の証拠を与える考える省みる映す
振り返る(一定期間、一連の出来事)追憶追懐振返る思い返す憶う振り返るふり返る回顧振りかえる顧る回視想う回想
人の背中の方を見る顧る振返る振り向く見かえす見返る振りかえる見返す振り返る振向く見かえるふり返る
キーワードをランダムでピックアップ
山顛しおれる隣へ移る対蹠的三部作国力定職雁皮紙テストゴーストップちっとおめでた筆まめ耳につく純粋な気持ち油断大敵俗悪な皮相な話を脚色する
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 顧みる心配
  2. (半生を)顧みる前にあったことを思い出す(思い出す)
  3. (後方を)顧みる振り向いて後ろを見る
  4. (後方を)顧みる(未分類)