表示領域を拡大する
(近事)片々の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(近事)片々へんぺん多くの種類(多種)(近事)片々へんぺん多くの種類(多種)  競合(脱線) ・ 千差万別(の意見) ・ 何でもあり(の現代) ・ よもやま ・ より取り見取り(の食材) ・ 押し寄せる(難問奇問) ・ 数多く ・ よろず(屋) ・ 千万 ・ 品々 ・ 多元性 ・ 盛りだくさん(の内容) ・ アソートメント(商品) ・ 十人十色 ・ 諸般(の事情) ・ いろいろ(ある) ・ 山海(の珍味) ・ 各般 ・ 数々 ・ 勢ぞろい ・ 色とりどり ・ とりどり(の服装) ・ たくさん(の予定) ・ さまざま ・ (人生)模様 ・ 各様 ・ とりどり ・ 多種 ・ 多様 ・ 多種多様 ・ 種類が多い ・ 雑多 ・ ワイド(ショー) ・ (旬の物で食卓を)にぎわす ・ バリエーション(が豊富) ・ (議論)百出 ・ 揃い踏み ・ 何かと(忙しい) ・ 幾多(の困難) ・ ごちゃごちゃ(している) ・ 一貫性がない ・ なんだかんだ(することがある) ・ 多角的(な視点) ・ (やることが)いくつも(ある) ・ 千々(に) ・ (干菓子の)吹き寄せ ・ 何でもある ・ (雑事が)山ほど(ある) ・ 多彩 ・ (生活雑貨の)見本市 ・ (花屋の)ショーウインドー ・ ミックスナッツ ・ 多重(放送) ・ 諸種 ・ 百味 ・ いろんな ・ 目移りする(ほど) ・ (おいしい料理が)てんこ盛り ・ あれやこれや ・ あれやらこれやら(しなければならない) ・ あれこれ(忙しい) ・ (宗教的)多様性 ・ バラエティ(ー)に富む ・ 玉石混交 ・ (各種)取り混ぜて ・ 多岐(にわたる) ・ 一様でない ・ 凡百 ・ もろもろ(の事情) ・ ピンからキリまで(さまざまの種類がある) ・ ピンキリ ・ 事々物々 ・ 種々しゅじゅ(の方策) ・ くさぐさ(の品) ・ 種々雑多 ・ 数ある(商品の中から) ・ (硬軟)取り混ぜる ・ 次々(と)(完成させる) ・ 続々(と)(押し寄せる) ・ あれもこれも(欲しい) ・ 各種 ・ (二つとして)同じものはない ・ 同じではない ・ (名曲の)オンパレード ・ いく通り ・ 複合的(な要因による) ・ 何やかや(ある) ・ (病気の)問屋 ・ (疑惑の)デパート ・ 取っかえ引っかえ(試みる) ・ (日本の滝)百選 ・ 万華鏡(の世界) ・ アラカルト(チョコ) ・ 万病 ・ 四百四病 ・ 七難 ・ 万難 ・ 多難 ・ 種々相 ・ 諸相 ・ 千態万様 ・ 諸説 ・ 多事多難 ・ 万端 ・ 雑事 ・ 万般 ・ 万事 ・ 百事 ・ 諸事 ・ なんだかんだ(ある) ・ 百般(の事情に通じる) ・ 雑件 ・ 据え膳食わぬは男の恥 ・ 混食 ・ 雑食 ・ 資料整理 ・ 郵便物の発送 ・ 電話の対応 ・ 伝票の処理 ・ 庶務 ・ 雑務 ・ 備品の△管理[発送] ・ 雑用 ・ 雑記 ・ つれづれ(の記) ・ 雑筆 ・ 雑録 ・ こんな話あんな話 ・ 諸芸 ・ 諸道 ・ とりとめもなく(思い浮かぶ) ・ (思いが)交錯する ・ (思考の)断片 ・ (あれこれと)思いを巡らす ・ 千思万考 ・ 万感 ・ 泡のように(浮かんでは消える)(思い) ・ 諸式 ・ 数物 ・ 諸物 ・ 二重三重(の防護策) ・ 手を替え品を替え(て) ・ 二刀流、三刀流(で社会を生き抜く) ・ いろいろ(やる) ・ あの手この手(で) ・ (技の)デパート ・ 陰に陽に(力になる) ・ 陰になり日なたになり(して) ・ 陰日なた(になって)(助ける) ・ 硬軟(を)△織り交ぜる[取り混ぜる] ・ なんのかの(と)(理屈を言う) ・ 何重もの(罠) ・ あれこれ試みる ・ 手段を選ばない ・ あらゆる手段(を講じる) ・ 可能な限り(の手段) ・ 思いつく限り(の方法) ・ あらゆる方向から攻める ・ 四方八方から(試みる) ・ 背後からも攻める ・ からめ手からも攻める ・ 器用(貧乏) ・ あれこれ(試す) ・ アメとムチ(を使い分ける) ・ (八方)手を尽くす ・ よもやま(話) ・ (思い出)まんだら ・ あんな話こんな話 ・ あれこれ(話す) ・ 雑多(な話題) ・ (話に)花が咲く ・ 常に支える ・ あれこれ(助ける) ・ 何くれとなく(面倒をみる) ・ 何かにつけ ・ 親身になって ・ 物心両面(で)(支援する) ・ 陰に陽に ・ 励まし続ける ・ いつも(味方) ・ 甲斐性がある ・ 面倒見がいい ・ 何かと(気を使う) ・ こまごまと(と世話を焼く) ・ 姉御肌 ・ 頼れる(おばさん) ・ 三者三様 ・ 百人百様 ・ 人の数だけある ・ 多士済々 ・  ・ (人種の)るつぼ ・ 世界に一つだけの花 ・ 寄せ集め(のチーム) ・ 多彩(な顔ぶれ) ・ 人それぞれ ・ (国民)各層(の声) ・ 各界の著名人 ・ (生き方の)複線化 ・ (サラリーマン)百態 ・ (江戸行商)百姿 ・ 各層 ・ 多種多勢 ・ (人間)模様 ・ 数限りない ・ (宝石を)ちりばめた(冠) ・ 十指に余る(功績) ・ 枚挙にいとまがない ・ ミリオン ・ 山ほど(の仕事) ・ (問題が)山積 ・ わんさ(と) ・ もも ・ 無量(大数) ・ 巨億 ・ 無尽蔵 ・ 途方もなく多い ・ 幾多いくた(の困難) ・ 数々(の賞状) ・ (着ていない服が)あるわあるわ ・ 巨万(の富) ・ どっさり(取れる) ・ 立て続け(に) ・ 仰山ぎょうさん ・ おびただしい(数) ・ (そこらじゅうに)転がっている ・ (十は七より)大きい ・ 浜の真砂まさご(ほど)(ある) ・ (家族) ・ 千万せんまん ・ 千万ちよろず ・ 尽きることがない ・ 雲霞うんかのごとき(大軍) ・ 多分(の寄付) ・ いっぱい ・ 最多 ・ 数多すうた ・ (先例が)あまた(ある) ・ 浩瀚こうかん(な蔵書) ・ 多すぎる ・ 途方もない(数) ・ 膨大ぼうだい(なデータ) ・ 百千ひゃくせん ・ 百千ももち(鳥) ・ 八千やち(草) ・  ・ よろず(の人々) ・ (言いたいことは)100(ほどある) ・ いく(千万) ・ 天文学的(数字) ・ 数え切れない(ほど多い) ・ (品数が)豊富 ・ 盛りだくさん ・ 無数(の星々) ・ 多数 ・ 大多数 ・ 絶対多数 ・ やたら多い ・ (数が)むちゃくちゃ多い ・ 億兆 ・ 無尽(にある) ・ たくさん(ある) ・ たんまり(と)(ため込む) ・ 掃いて捨てるほど ・ 尽きない ・ 尽きせぬ(思い出) ・ (欠点は)多々(ある) ・ 無限大(の数) ・ (使われなくなった信号機の)墓場 ・ 非常に多い ・ 少なからず ・ (数量的に)限りない ・ 売るほどある ・ (毛虫が)うようよ(と)(いる) ・ (チューリップが)花盛り ・ 幾千万 ・ 幾万 ・ 百千万 ・ 数知れず ・ (夫婦)(の)数だけ答えがある ・ 少なくない ・ 過密(状態) ・ うじゃうじゃ ・ 莫大(な数) ・ もじゃもじゃ ・ ごろごろ ・ 融通が利く ・ 数多い ・ 数多く(の) ・ いくつも(ある) ・ 多め ・ (そんな例は)ざら(にある) ・ 億万 ・ (縁談は)降るほど(ある) ・ ふんだん ・ 数え切れない(ほど) ・ 大部たいぶ(の辞書) ・ 中途半端な数でない ・ (害虫が)はびこる ・ (数が)多い ・ 多く(の人) ・ (恋)多き(女) ・ 数え切れない ・ 取りも取ったり(初回に十五点) ・ 桁外れ(ともいえる数字) ・ 夥多 ・ 星の数ほど ・ (人数) ・ うんざりする(ほど) ・ 必要以上(に多い) ・ 万余 ・ (日本映画が)豊作(の年) ・ (金が)うなる(ほど)(ある) ・ 部類 ・ (理論物理学の)領域 ・ 種別 ・ 種類 ・ 範疇 ・ カテゴリー ・ 共通点を持つ ・  ・ ジャンル ・ 品種 ・ (野菜)類 ・ (みかんの)たぐい(の果物) ・ 部門 ・ 二通り ・ 二様 ・ 二種類 ・ 両様
(近事)片々へんぺん思いつくままに書いたとりとめのない文章(近事)片々へんぺん思いつくままに書いたとりとめのない文章  雑感 ・ 小品 ・ 走り書き ・ コラム ・ 雑考 ・ 書き散らす ・ 筆すさび ・ 筆のすさび ・ 徒然文 ・ エッセイ ・ 随想録 ・ (書き流しの)雑文 ・ 写生文 ・ 漫筆 ・ 書き散らし(の文章) ・ 雑記 ・ 閑文字 ・ 随筆 ・ 俳文 ・ 漫文 ・ 散文 ・ 絵手紙 ・ つれづれの記 ・ 紀行文 ・ 感想文 ・ 印象記 ・ つれづれ(の記) ・ 雑録 ・ 雑筆 ・ こんな話あんな話 ・ 随想 ・ (とりとめもなく)想念(が浮かぶ) ・ 随感 ・ 偶感 ・ 法界 ・ 自分で決める ・ 型にはまらない ・ 跳ね上がる ・ 専断(的)(に業務を行う) ・ 独立不羈どくりつふき ・ 不覊ふき(奔放) ・ 放れ駒 ・ 放れ馬 ・ (権力を)ほしいまま(にする) ・ 感情を解放(する) ・ 存分(に)(体を動かす) ・ 見境なく(ナンパする) ・ (自分の)快楽のためだけに(腰を振る) ・ 勝手 ・ 思いつくまま ・ 暴君 ・ 誰はばかることなく ・ (不如意を)如意(にする) ・ 自由(に)(振る舞う) ・ 独裁(国家) ・ 独裁的(な経営) ・ そこのけそこのけ(お馬が通る) ・ 子ども(か) ・ 強気一辺倒 ・ 思うまま(に) ・ 利己的 ・ 漫然 ・ 目いっぱい(遊ぶ) ・ (世間の)常識にとらわれない ・ (何ものにも)とらわれない ・ 暴君(的) ・ 気随(が過ぎる) ・ 気随気まま(に)(生きる) ・ 気まま(な一人旅) ・ (△感情[欲望]の)赴くまま(に)(好きなことをする) ・ 放恣 ・ やりたい放題 ・ 気任せ ・ あるがまま(に生きる) ・ 自分らしく(生きる) ・ 辺り構わず(しゃべる) ・ (思った)まま(を書く) ・ 思うように(生きる) ・ 無軌道 ・ 手前勝手 ・ 自分勝手 ・ (人間の)エゴ(でしかない) ・ 檻から解き放たれた獣 ・ 奔放(に振る舞う) ・ 自由奔放(に生きる) ・ 勝手な行動をする ・ 放縦 ・ 勝てば官軍(とばかりに)(やりたい放題) ・ わがまま(△を通す[に生きる]) ・ (ばれないのを)いいことに(悪事を働く) ・ 気の向くまま(に) ・ (子どもが)伸び伸び(と)(育つ) ・ 我意を通す ・ 型破り ・ 放逸ほういつ(の振る舞い) ・ 太平楽(を並べる) ・ (世間を)押し渡る(タイプ) ・ 思うがまま ・ 自儘 ・ ちゃらぽこ ・ 独断的(な態度) ・ (ぜいたく)三昧 ・ 遠慮しない ・ 遠慮なく ・ 自己中 ・ 自己中心的(な人) ・ 自分中心(に生きる) ・ ブレーキが効かない ・ (軍部が)独走(する) ・ (世間に)気兼ねしない ・ マイペース(を保つ) ・ 独断専行(のやり方) ・ 俺が良ければいい ・ 強引(に進める) ・ 盗んだバイクで走り出す ・ (し)放題 ・ したい放題 ・ (自分の)感情に忠実 ・ とっぴ(な発想) ・ 突拍子もない(考え) ・ (自分の)思う通りに ・ じゃじゃ馬(娘) ・ 我先に(逃げる) ・ 放埒 ・ 無責任 ・ 思い切り(表現する) ・ 剛腕(政治家) ・ 横暴 ・ 鉄則を平気で破る ・ 恩を仇で返す ・ (金の力で世の中を)闊歩かっぽ(する) ・ 勝手次第 ・ 誰の指図も受けない ・ (説明終了後)適宜てきぎ(解散とする) ・ 専ら ・ 心任せ ・ 思いのまま(に)(振る舞う) ・ 破滅型(人間) ・ 欲望むき出し ・ 心の声に従う ・ 気まぐれ ・ 好き放題(~する) ・ 肩で風を切る ・ ワンマン(△的[経営]) ・ 暴走(する)(経営者) ・ 俺がルールだ ・ 得手勝手 ・ 身勝手(な生き物) ・ 自分ファースト(な人) ・ 鬼の居ぬ間に洗濯 ・ 自由勝手(な行動) ・ 無法 ・ (相手の都合など)お構いなし(に) ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 思い通り(にする) ・ 常軌を逸する ・ 恣意的決定 ・ 尻暗い観音 ・ 意のまま ・ 思うさま(行動する) ・ 好きにする ・ 好きなように ・ 野放図(に)(振る舞う) ・ お手盛り ・ 甘やかされて育った(という感じ) ・ 我田引水(の議論) ・ (大臣の)食言 ・ 手放し(で)(喜ぶ) ・ 専横(な△振る舞い[領主]) ・ 他人のことなどどうでもいい ・ エゴをむき出しにする ・ エゴイスト ・ エゴ丸出し ・ 専制的 ・ 好き勝手(に) ・ 勝ち逃げ ・ 食い逃げ ・ 勝手気まま(にふるまう) ・ 放漫 ・ その日の風の吹き回し次第で ・ 傍若無人(に振る舞う)直情径行ちょくじょうけいこう(型)(の人間) ・ 俺が俺が(の人) ・ 文章 ・ 文面 ・  ・ 詞藻
キーワードをランダムでピックアップ
パージ変わり目学籍絞り変革論調非社交的植え替える神秘的な世界シュールな造形抑圧された攻撃性温かみがない雰囲気を明るくする必死に努力芋の子を洗うような混み具合全身に怒りが渦巻くなにがしかの金もろもろの事情があるちりぢりになるかけがえのない居場所
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 2