表示領域を拡大する

(近事)片々の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
片々いくつにも細かく切れた断片片々いくつにも細かく切れた断片  切れ切れ ・ 千切れ千切れ ・ 壊滅させる ・ 打ち壊す ・ (壁を)突き崩す ・ 壊す ・ 崩れる ・ 擂る ・ 粉々(にする) ・ 切り崩す ・ 叩き壊す ・ (細かく)砕く ・ 容易に元に戻せない ・ 破れる ・ 砕氷 ・ 形をなくす ・ 消滅(させる) ・ (壁を)崩壊させる ・ (粉々に)砕ける ・ 割れる ・ 破砕 ・ 細かくする ・ (敵戦艦を)(海の)藻くず(にする) ・ こなす ・ 碾き割り ・ 打ち割る ・ 打ち砕く ・ 噛み砕く ・ 砕鉱 ・ むごたらしい ・ 八つ裂き ・ ひび割れる ・ 割る ・ 挽く ・ 爆砕 ・ ずたずた ・ (生き物を)切りさいなむ ・ (釣った魚を)さばく ・ 木っ端みじん(にする) ・ 粉みじん ・ 壊れる ・ ばらばら ・ 破壊 ・ 崩す ・ みじん切り ・ 小刻み ・ 粉砕(する) ・ 千切り ・ フードプロセッサー ・ こま切れ(の知識) ・ (金属の)薄片はくへん ・ マイクロ(プラスチック) ・ (ガラスの)割れ ・ 欠けた部分 ・ (かわらの)欠け ・ (手紙の)断片 ・ ひと切れ ・ (わら)しべ ・ 小さなかたまり ・ 木ぎれ ・ (△割れた[せんべいの])かけら ・ (パズルの)ピース ・ 切れ地 ・ (砲弾の)破片はへん ・ (小さな)切れ端 ・ 切れっぱし ・ (板)切れ ・ (まぐろの)フレーク ・ (雪の)ひとひら ・ 木くず ・ (糸)くず ・ 小片 ・ 端くれ ・ 砕片さいへん ・ 端物 ・ 不明部分 ・ (つぼの)片割れ ・ (ジグソーパズルの)ピース ・ (土器の)細片さいへん ・ 紙片 ・ 一片いっぺん(の花びら) ・ セグメント ・ ミッシング(リンク) ・ 失われた部分 ・ 切片せっぺん ・ (全体の)一部 ・ (物の)一部分 ・ ひとかけ(のパン) ・ ひとかけら ・ 紙きれ
片々揺れる片々揺れる  貧乏揺すり ・ 貧乏揺るぎ ・ 揺れ ・ そよぐ ・ ぶかぶか ・ ひらひら ・ ゆすぐ ・ 横揺れ ・ ぶらぶら ・ 足もとが定まらない ・ よろめく ・ よろける ・ だらりと ・ ぐらつく ・ (小舟が)たゆたう ・ だぶつく ・ (カメラの)ぶれ ・ 揺り起こす ・ ゆらりと ・ ひょろつく ・ 宙ぶらりん ・ 揺らぐ ・ 揺るぐ ・ ひょろひょろ ・ ぶらりと ・ 揺れる ・ 飄々 ・ ぐらりと ・ がたつき ・ ぶらつく ・ (メーターの針が)振れる ・ ふらつく ・ ゆさゆさ ・ ぐらぐら ・ 揺すぶる ・ 揺るがす ・ 動揺 ・ 揺り返し ・ ダッチロール(現象) ・ たじろぐ ・ 揺り動かす ・ (こっくりこっくり)船をこぐ ・ 宙吊り(の状態) ・ ゆらゆら ・ 揺る ・ 揺らめく ・ そよがす ・ 翩翻 ・ ゆする ・ ローリング ・ ピッチング ・ 斜めに△なる[する] ・ 不安定(な状態) ・ 倒れそうになる ・ ふらふら ・ 揺さぶる ・ (しっぽを)(プロペラみたいに)振り回す ・ 振り立てる ・ 揺れ動く ・ 振り動かす ・ 振る ・ 打ち振る ・ 振盪 ・ 振動 ・ 振れる ・ (うちわで)あおる ・ (突風の)あおり(を受ける) ・ 振るう ・ ぶんぶん ・ 揺籃 ・ 足元がゆらゆらするような ・ ふらふら(と落ち着かない) ・ 浮き腰(になる) ・ (両手を)もぞもぞ(動かす) ・ ちゃかちゃか(と動き回る) ・ (逃げ場を失って)まごまご(する) ・ 千鳥足 ・ のたりのたり ・ 頭の中のリズムと歩調が合わない ・ よちよち(歩き) ・ (意味なく)動き回る ・ 揺りかご ・ 酔歩 ・ ぶらぶら(と酔いを醒ましながら) ・ 酒に酔ったように(ふらふら) ・ くるめく ・ すぐ騒ぎ立てる ・ 目がくらむ ・ (ロデオマシンから)振り落とされる ・ 揺り椅子 ・ 蹌踉そうろう(とした足取り) ・ (時計の)振り子 ・ 蹣跚 ・ 目がまう ・ (目が)くらくら(する) ・ 伝い歩き ・ 足を取られる ・ はしゃぎまわる ・ あたふた ・ そわそわ(する) ・ (うつむいて)もじもじ(している) ・ うろちょろ ・ たどたどしい(足取り) ・ よたよた(と歩く) ・ じっとしていられない ・ (檻の中の熊のように)うろうろ(する) ・ 右往左往 ・ (二つの間を)行き来(する) ・ のぼせる ・ 立ちくらみ ・ (ブランコから)落ちる ・ 落馬(する) ・ メトロノーム ・ そそくさ(と立ち去る) ・ ロッキングチェア ・ せわしない(性格) ・ 眩暈 ・ (気持ちが)浮つく ・ 上ずる ・ 上ずった(行動) ・ 船酔い ・ (態度に)落ち着きがない ・ (態度が)落ち着かない ・ 目まい(がする) ・ 目が回る ・ 目を回す ・ 夢遊病者(のように)(ふらふらと歩く) ・ 軽躁 ・ 頭がぐらぐらする ・ ひょろひょろ(あるく) ・ 静心しずごころがない ・ ふわふわ(した態度) ・ 木馬 ・ 風景がゆがんで見える ・ 立ったり座ったり(そわそわする) ・ ちょこまか ・ てんやわんや(の大騒ぎ) ・ 放り出される ・ うそうそ(と歩き回る) ・ おぼつかない(歩き方) ・ (バイクから)投げ出される ・ よろよろ(と)(歩く) ・ 前傾(姿勢) ・ がたがた ・ (上体が)揺れる ・ (極めて)不安定 ・ 安定しない ・ 安定が悪い ・ 安定性に欠ける ・ 蹴倒す ・ 土台がきしむ ・ ぶるぶる ・ 踏み倒す ・ ばったり ・ 震動 ・ (船の)動揺 ・ うっちゃる ・ (足元が)ふらつく ・ 一定しない ・ (入れ歯の)具合が悪い ・ 顫動 ・ 震撼 ・ 転びそう ・ ぴくぴく ・ 転ばす ・ 据わりが悪い ・ のめす ・ 小刻み(に震える) ・ 痙攣したよう(に)(震える) ・ 震う ・ バランスを失う ・ どっと ・ 横転 ・ 振動(させる) ・ 寄り倒す ・ ぴくりと ・ わなわな ・ 身震い ・ (宇宙の)鼓動 ・ 切り伏せる ・ (立ち木を)揺さぶる ・ 倒伏 ・ 転ぶ ・ マナーモード ・ ぶっ倒す ・ 脆弱な(均衡) ・ バランスを欠く ・ 突き倒す ・ 据え付けが悪い ・ 累卵の危うき ・ (つまづいて)こける ・ 切り倒す ・ (見ていて)危うい ・ 張り倒す ・ (ブランコを)揺らす ・ 震え ・ 倒れる ・ 震わせる ・ 転石(こけを生じず) ・ ふらふら(する) ・ (歯が)浮く ・ ぱったり ・ 吹けば倒れる ・ なぎ伏せる ・ すてんと ・ もろい(バランス) ・ ぶちのめす ・ 転倒 ・ 轢き倒す ・ (コマの)首振り(運動) ・ のめる ・ ぐらぐらする ・ ぐらつき(を示す) ・ どっしりしない ・ 屏風倒し ・ がくんがくん ・ どうと ・ へっぴり腰(の姿勢) ・ (つまづいて体が前へ)泳ぐ ・ 昏倒 ・ (大地を)揺るがす ・ ずっこける ・ 震える ・ 盤石ではない ・ 揺らぎ ・ (ボクシングで相手を)打ち倒す ・ 心もとない ・ 突っ転ばす ・ つんのめる ・ 引き倒す ・ (見ていて)はらはらする ・ ばたりと ・ 立っていられない ・ (強風が稲を)なぎ倒す ・ (心臓の)脈動 ・ がくがく ・ (カップを)ゆする ・ 倒す ・ ずでんどうと ・ すってんころりと ・ しっかりしない ・ ひっくり返る ・ ひっくり返す ・ ダウン ・ ひくひく ・ スリップ ・ 押し倒す ・ 横倒し ・ 卒倒 ・ バイブレーション ・ 尻餅(をつく) ・ 当てにならない ・ 転げる ・ (足元が)おぼつかない ・ (見ていて)頼りない ・ 移り変わり ・ 動かす ・ 波動 ・ 円運動 ・  ・ (原子の)運動 ・ 慣性(の法則) ・ 力学 ・ 作動 ・ 動く ・ 動き ・ 弾む ・ (星の)移動 ・ (装置の)駆動(部) ・ 流動 ・ 引力に逆らう ・ 浮遊(する) ・ (木の葉が)舞う ・ (水面に)浮かぶ ・ 漂う ・ (宇宙)遊泳 ・ ふわり(と)(舞い上がる) ・ ふうわり(と浮かぶ) ・ (大きな桃が)どんぶらこ ・ 中空にある ・ (月が中天に)かかる ・ 浮かす ・ (宙に)浮く ・ (空気より)軽い ・ (雲が)ぽっかり(と)(浮かぶ) ・ ぷかぷか(と)(浮かぶ) ・ 気圧に逆らう ・ (ヘリが)空中にとどまる ・ (夜空に月が)懸かる ・ ふわふわ(と浮かぶ) ・ ぷかりぷかり(と)
片々擬態語・擬声語片々擬態語・擬声語  ちりちり ・ どんと ・ にょきにょき ・ ほろりと ・ ずでんどうと ・ へろへろ ・ どかっと ・ どっしり ・ ぱたりと ・ ほろほろ ・ どんどん ・ ぴょこぴょこ ・ ばたりと ・ ぴんと ・ ぴんぴん ・ ばらりと ・ にょろりと ・ すかっと ・ パッと ・ ふわふわ ・ どうと ・ ぐしゃっと ・ ぽっくり ・ ぽっかり ・ こつんと ・ にゅっと ・ つるつる ・ ぺったり ・ ぬっと ・ あんぐり ・ もうもう ・ ばたばた ・ 点々 ・ しとしと ・ ずいと ・ さっと ・ ばらばら ・ ざくりと ・ 淋漓 ・ へなへな ・ ぼとぼと ・ にょろにょろ ・ もぞもぞ ・ ぽろぽろ ・ ごろりと ・ べったり ・ どっと ・ がたぴし ・ ぽつぽつ ・ もくもく ・ ぽったり ・ ぞろぞろ ・ ひょろひょろ ・ ぐりぐり ・ ぼろぼろ ・ ぽかぽか ・ 滔々 ・ ぽかんと ・ ぽつりぽつり ・ がっぷり ・ だらだら ・ ちょろりと ・ ごとごと ・ がちゃりと ・ ぱらりと ・ べっとり ・ ぐさりと ・ べとべと ・ かっと ・ ぺたぺた ・ ひたと ・ とんとん ・ たらりと ・ ずるずる ・ ぐらりと ・ ぽんと ・ ずらりと ・ ぽたりと ・ かんかん ・ ぶすりと ・ ぽとぽと ・ ゆらりと ・ ふわりと ・ ぶかぶか ・ ぐにゃり ・ ぱくりと ・ くるりと ・ ぶくぶく ・ 累々 ・ ぼっと ・ すいすい ・ すっと ・ ずばり ・ ぐしゃりと ・ かちゃかちゃ ・ かちっと ・ ぐるりと ・ こんこん ・ がたりと ・ はたはた ・ ずぶりと ・ むくむく ・ 潸々 ・ ぺちゃんこ ・ ぽっぽと ・ ぴったり ・ どっかと ・ ことこと ・ ぐるぐる ・ ぷすりと ・ かたりと ・ すくすく ・ のたりのたり ・ ぐにゃぐにゃ ・ ぴょこんと ・ すてんと ・ ことりと ・ ひらひら ・ くりくり ・ がたんがたん ・ かちんと ・ ぽろりと ・ ぴちぴち ・ ぶらぶら ・ どうどう ・ くしゃくしゃ ・ ちろちろ ・ するする ・ ぺたりと ・ ずしりと ・ ぴたりと ・ ばったり ・ ゆらゆら ・ ぽたぽた ・ ごつんと ・ 飄々 ・ ぐらぐら ・ ちょろちょろ ・ ぽっつり ・ こつこつ ・ ぱちぱち ・ ぽつりと ・ こつりと ・ すってんころりと ・ ぽつんと ・ くるっと ・ にょっきり ・ ごとりと ・ ぱたぱた ・ がたがた ・ はらはら ・ ごとんと ・ ふらふら ・ ころりと ・ ぽっきり ・ こんと ・ 揉みくちゃ ・ ごろごろ ・ ぽかっと ・ 宙ぶらりん ・ ぴょんと ・ だらりと ・ ずっしり ・ 転々 ・ ぽかりと ・ ぴょんぴょん ・ どくどく ・ ぼうぼう ・ ぱらぱら ・ がらりと ・ ぱちんと ・ たらたら ・ ばっさり ・ ぱっぱと ・ ぐしゃぐしゃ ・ くらくら ・ ずるりと ・ がちんと ・ かっか(と) ・ ちらちら ・ しわしわ ・ 層々 ・ くるくる ・ ぱたんと ・ くちゃくちゃ ・ ぺしゃんこ ・ めらめら ・ ぱっくり ・ ばたんと ・ かちりと ・ かちかち ・ がちゃがちゃ ・ ぐじゃぐじゃ ・ ぺこんと ・ ことんと ・ たわわ ・ がたっと ・ ぴしゃりと ・ ばっと ・ がたんと ・ べたりと ・ すうすう ・ ぬうっと ・ どっかり ・ するりと ・ とろとろ ・ つるりと ・ ぱたっと ・ 擬態語 ・ だくだく ・ かたかた ・ ずたずた ・ ぼたぼた ・ ぷかぷか ・ ぶらりと ・ べたべた ・ ぽとりと ・ ぱかぱか ・ ぼろりと ・ しょぼしょぼ ・ ぞろり ・ ばたっと ・ とんつう ・ ぶすぶす ・ 紛々 ・ ころころ ・ すっぽり ・ きりきり ・ 炎々 ・ ゆさゆさ ・ はらりと ・ がちゃんと ・ ぱったり ・ かたんと ・ オノマトペ ・ 擬声語
(近事)片々【へんぺん】多くの種類(多種)(近事)片々【へんぺん】多くの種類(多種)  各種 ・ 万華鏡(の世界) ・ 多岐(にわたる) ・ 幾多(の困難) ・ より取り見取り(の食材) ・ (宗教的)多様性 ・ バリエーション(が豊富) ・ 盛りだくさん(の内容) ・ アソートメント(商品) ・ (やることが)いくつも(ある) ・ 千々(に) ・ 品々 ・ (人生)模様 ・ ごちゃごちゃ(している) ・ あれもこれも(欲しい) ・ 複合的(な要因による) ・ あれやこれや ・ あれやらこれやら(しなければならない) ・ あれこれ(忙しい) ・ バラエティ(ー)に富む ・ 事々物々 ・ (病気の)問屋 ・ (疑惑の)デパート ・ ワイド(ショー) ・ 玉石混交 ・ たくさん(の予定) ・ いろいろ(ある) ・ (各種)取り混ぜて ・ なんだかんだ(することがある) ・ 目移りする(ほど) ・ 千万 ・ 各様 ・ さまざま ・ 多重(放送) ・ 一様でない ・ 各般 ・ (雑事が)山ほど(ある) ・ 何やかや(ある) ・ ミックスナッツ ・ 押し寄せる(難問奇問) ・ よろず(屋) ・ (名曲の)オンパレード ・ 数々 ・ (おいしい料理が)てんこ盛り ・ 多種 ・ 多様 ・ 多種多様 ・ 種類が多い ・ (硬軟)取り混ぜる ・ 数ある(商品の中から) ・ いく通り ・ 多元性 ・ 百味 ・ 色とりどり ・ とりどり(の服装) ・ 何でもある ・ (生活雑貨の)見本市 ・ (花屋の)ショーウインドー ・ よもやま ・ いろんな ・ 諸般(の事情) ・ 数多く ・ (旬の物で食卓を)にぎわす ・ アラカルト(チョコ) ・ 千差万別(の意見) ・ 揃い踏み ・ 勢ぞろい ・ 多彩 ・ 競合(脱線) ・ とりどり ・ もろもろ(の事情) ・ 次々(と)(完成させる) ・ 続々(と)(押し寄せる) ・ 凡百 ・ 一貫性がない ・ (日本の滝)百選 ・ 何でもあり(の現代) ・ 十人十色 ・ 何かと(忙しい) ・ 種々しゅじゅ(の方策) ・ くさぐさ(の品) ・ 種々雑多 ・ 取っかえ引っかえ(試みる) ・ 山海(の珍味) ・ ピンからキリまで(さまざまの種類がある) ・ ピンキリ ・ 多角的(な視点) ・ 諸種 ・ (議論)百出 ・ 雑多 ・ (干菓子の)吹き寄せ ・ (二つとして)同じものはない ・ 同じではない ・ 多事多難 ・ 各層 ・ 多種多勢 ・ 諸物 ・ (サラリーマン)百態 ・ (江戸行商)百姿 ・ 励まし続ける ・ (生き方の)複線化 ・ あの手この手(で) ・ 泡のように(浮かんでは消える)(思い) ・ 親身になって ・ 雑務 ・ 万病 ・ (思考の)断片 ・ 器用(貧乏) ・ あらゆる手段(を講じる) ・ 万般 ・ 数物 ・ 多士済々 ・ 何くれとなく(面倒をみる) ・ 電話の対応 ・ 雑食 ・ なんのかの(と)(理屈を言う) ・ 諸相 ・ 陰に陽に(力になる) ・ 陰になり日なたになり(して) ・ 陰日なた(になって)(助ける) ・ 伝票の処理 ・ 硬軟(を)△織り交ぜる[取り混ぜる] ・ よもやま(話) ・ 世界に一つだけの花 ・ 何重もの(罠) ・ 手段を選ばない ・ 何かと(気を使う) ・ 三者三様 ・ 百人百様 ・ あれこれ(話す) ・ 甲斐性がある ・ 百般(の事情に通じる) ・ 雑録 ・ 諸芸 ・ あんな話こんな話 ・ 人それぞれ ・ 据え膳食わぬは男の恥 ・ (八方)手を尽くす ・ 雑筆 ・ 諸道 ・ 可能な限り(の手段) ・ 思いつく限り(の方法) ・ 物心両面(で)(支援する) ・ 万端 ・ 諸説 ・  ・ (人種の)るつぼ ・ 郵便物の発送 ・ 種々相 ・ 混食 ・ つれづれ(の記) ・ 多難 ・ 備品の△管理[発送] ・ (話に)花が咲く ・ 陰に陽に ・ (思いが)交錯する ・ 庶務 ・ こまごまと(と世話を焼く) ・ 雑事 ・ (思い出)まんだら ・ あらゆる方向から攻める ・ 四方八方から(試みる) ・ 背後からも攻める ・ からめ手からも攻める ・ 万事 ・ こんな話あんな話 ・ いろいろ(やる) ・ (技の)デパート ・ (あれこれと)思いを巡らす ・ 万感 ・ 姉御肌 ・ 二重三重(の防護策) ・ 頼れる(おばさん) ・ アメとムチ(を使い分ける) ・ 万難 ・ 多彩(な顔ぶれ) ・ 諸事 ・ 人の数だけある ・ 常に支える ・ 何かにつけ ・ なんだかんだ(ある) ・ あれこれ試みる ・ 面倒見がいい ・ 千態万様 ・ 諸式 ・ 雑用 ・ (国民)各層(の声) ・ あれこれ(助ける) ・ 千思万考 ・ 四百四病 ・ 二刀流、三刀流(で社会を生き抜く) ・ 各界の著名人 ・ とりとめもなく(思い浮かぶ) ・ 七難 ・ (人間)模様 ・ 雑記 ・ 雑件 ・ 雑多(な話題) ・ 百事 ・ 寄せ集め(のチーム) ・ 手を替え品を替え(て) ・ あれこれ(試す) ・ 資料整理 ・ いつも(味方) ・ 浩瀚こうかん(な蔵書) ・ カテゴリー ・ (人数) ・ いく(千万) ・ (欠点は)多々(ある) ・ 巨万(の富) ・ 尽きることがない ・ 途方もない(数) ・ (数が)むちゃくちゃ多い ・ (数が)多い ・ 多く(の人) ・ (恋)多き(女) ・ (品数が)豊富 ・ (金が)うなる(ほど)(ある) ・ 無量(大数) ・ 必要以上(に多い) ・ 共通点を持つ ・ おびただしい(数) ・ ミリオン ・ 星の数ほど ・ (夫婦)(の)数だけ答えがある ・ 数え切れない(ほど) ・ 数え切れない ・ 多すぎる ・ 多め ・ 大部たいぶ(の辞書) ・ 数え切れない(ほど多い) ・ 十指に余る(功績) ・ (野菜)類 ・ (みかんの)たぐい(の果物) ・ もじゃもじゃ ・ ジャンル ・ 万余 ・ 無数(の星々) ・ 山ほど(の仕事) ・ (問題が)山積 ・  ・ よろず(の人々) ・ 多分(の寄付) ・ うんざりする(ほど) ・ 天文学的(数字) ・ (着ていない服が)あるわあるわ ・ たくさん(ある) ・ 品種 ・ 売るほどある ・ 仰山ぎょうさん ・ (使われなくなった信号機の)墓場 ・ 百千ひゃくせん ・ 百千ももち(鳥) ・ 八千やち(草) ・  ・ 中途半端な数でない ・ (十は七より)大きい ・ 巨億 ・ 億兆 ・ 種別 ・ 盛りだくさん ・ 無尽蔵 ・ (縁談は)降るほど(ある) ・ 膨大ぼうだい(なデータ) ・ 途方もなく多い ・ (そこらじゅうに)転がっている ・ 枚挙にいとまがない ・ (宝石を)ちりばめた(冠) ・ 幾多いくた(の困難) ・ たんまり(と)(ため込む) ・ 夥多 ・ 取りも取ったり(初回に十五点) ・ やたら多い ・ 部類 ・ ふんだん ・ 範疇 ・ 桁外れ(ともいえる数字) ・ 尽きない ・ 尽きせぬ(思い出) ・ (家族) ・ うじゃうじゃ ・ 掃いて捨てるほど ・ (理論物理学の)領域 ・ 数多い ・ 数多く(の) ・ もも ・ 無限大(の数) ・ (毛虫が)うようよ(と)(いる) ・ 立て続け(に) ・ 多数 ・ 大多数 ・ 絶対多数 ・ 最多 ・ 無尽(にある) ・ (言いたいことは)100(ほどある) ・ 部門 ・ 莫大(な数) ・ (数量的に)限りない ・ 数々(の賞状) ・ 幾千万 ・ 幾万 ・ 百千万 ・ 過密(状態) ・ 億万 ・ どっさり(取れる) ・ いくつも(ある) ・ 数限りない ・ ごろごろ ・ 融通が利く ・ 非常に多い ・ 少なからず ・ 数多すうた ・ (先例が)あまた(ある) ・ 数知れず ・ (害虫が)はびこる ・ いっぱい ・ 千万せんまん ・ 千万ちよろず ・ 浜の真砂まさご(ほど)(ある) ・ 少なくない ・ わんさ(と) ・ 雲霞うんかのごとき(大軍) ・ 種類 ・ (そんな例は)ざら(にある) ・ (チューリップが)花盛り ・ (日本映画が)豊作(の年) ・ 二様 ・ 両様 ・ 二種類 ・ 二通り
(近事)片々【へんぺん】思いつくままに書いたとりとめのない文章(近事)片々【へんぺん】思いつくままに書いたとりとめのない文章  雑考 ・ 絵手紙 ・ コラム ・ (書き流しの)雑文 ・ 散文 ・ 漫文 ・ 雑記 ・ つれづれの記 ・ 筆すさび ・ 筆のすさび ・ エッセイ ・ 随想録 ・ 書き散らす ・ 随筆 ・ 閑文字 ・ 小品 ・ 書き散らし(の文章) ・ 雑感 ・ 徒然文 ・ 漫筆 ・ 写生文 ・ 俳文 ・ 走り書き ・ 紀行文 ・ 偶感 ・ つれづれ(の記) ・ 印象記 ・ 感想文 ・ 雑筆 ・ 随想 ・ 雑録 ・ (とりとめもなく)想念(が浮かぶ) ・ 随感 ・ こんな話あんな話 ・  ・ その日の風の吹き回し次第で ・ エゴをむき出しにする ・ エゴイスト ・ エゴ丸出し ・ 心任せ ・ (世間に)気兼ねしない ・ 気任せ ・ 自己中 ・ 自己中心的(な人) ・ 自分中心(に生きる) ・ 横暴 ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 見境なく(ナンパする) ・ 独立不羈どくりつふき ・ 不覊ふき(奔放) ・ 好きにする ・ 好きなように ・ 文面 ・ 独裁(国家) ・ 独裁的(な経営) ・ (相手の都合など)お構いなし(に) ・ 恩を仇で返す ・ 身勝手(な生き物) ・ (ばれないのを)いいことに(悪事を働く) ・ 誰はばかることなく ・ 他人のことなどどうでもいい ・ 辺り構わず(しゃべる) ・ 利己的 ・ あるがまま(に生きる) ・ 自分らしく(生きる) ・ 欲望むき出し ・ (子どもが)伸び伸び(と)(育つ) ・ 思うまま(に) ・ 文章 ・ 思うさま(行動する) ・ 俺が良ければいい ・ 専横(な△振る舞い[領主]) ・ 勝手気まま(にふるまう) ・ 勝てば官軍(とばかりに)(やりたい放題) ・ 我意を通す ・ 勝手次第 ・ 目いっぱい(遊ぶ) ・ 自由(に)(振る舞う) ・ 暴君 ・ 肩で風を切る ・ 専断(的)(に業務を行う) ・ (大臣の)食言 ・ マイペース(を保つ) ・ 剛腕(政治家) ・ 跳ね上がる ・ 破滅型(人間) ・ 尻暗い観音 ・ (説明終了後)適宜てきぎ(解散とする) ・ そこのけそこのけ(お馬が通る) ・ 放逸ほういつ(の振る舞い) ・ 野放図(に)(振る舞う) ・ 好き勝手(に) ・ 我先に(逃げる) ・ ブレーキが効かない ・ 放恣 ・ 心の声に従う ・ 盗んだバイクで走り出す ・ 好き放題(~する) ・ 甘やかされて育った(という感じ) ・ 自分勝手 ・ (人間の)エゴ(でしかない) ・ (軍部が)独走(する) ・ 思いのまま(に)(振る舞う) ・ 放漫 ・ 思い通り(にする) ・ 気の向くまま(に) ・ (△感情[欲望]の)赴くまま(に)(好きなことをする) ・ 勝手な行動をする ・ ワンマン(△的[経営]) ・ 暴走(する)(経営者) ・ 俺がルールだ ・ 気まぐれ ・ (金の力で世の中を)闊歩かっぽ(する) ・ 法界 ・ 自分ファースト(な人) ・ (世間を)押し渡る(タイプ) ・ 思うがまま ・ わがまま(△を通す[に生きる]) ・ 意のまま ・ お手盛り ・ (思った)まま(を書く) ・ 存分(に)(体を動かす) ・ 型にはまらない ・ 自分で決める ・ 恣意的決定 ・ (世間の)常識にとらわれない ・ (何ものにも)とらわれない ・ 思いつくまま ・ 自由勝手(な行動) ・ 強気一辺倒 ・ 鉄則を平気で破る ・ 型破り ・ 勝手 ・ 傍若無人(に振る舞う)直情径行ちょくじょうけいこう(型)(の人間) ・ 檻から解き放たれた獣 ・ 手前勝手 ・ 漫然 ・ 専ら ・ 子ども(か) ・ 放縦 ・ 遠慮しない ・ 遠慮なく ・ 独断的(な態度) ・ (ぜいたく)三昧 ・ 放れ駒 ・ 放れ馬 ・ (自分の)思う通りに ・ 専制的 ・ (自分の)快楽のためだけに(腰を振る) ・ 放埒 ・ 無軌道 ・ 自儘 ・ 強引(に進める) ・ じゃじゃ馬(娘) ・ (不如意を)如意(にする) ・ 得手勝手 ・ 俺が俺が(の人) ・ 太平楽(を並べる) ・ 勝ち逃げ ・ 食い逃げ ・ 暴君(的) ・ 鬼の居ぬ間に洗濯 ・ 気随(が過ぎる) ・ 気随気まま(に)(生きる) ・ 気まま(な一人旅) ・ とっぴ(な発想) ・ 突拍子もない(考え) ・ 常軌を逸する ・ 無責任 ・ 思うように(生きる) ・ 無法 ・ 奔放(に振る舞う) ・ 自由奔放(に生きる) ・ やりたい放題 ・ (権力を)ほしいまま(にする) ・ 手放し(で)(喜ぶ) ・ 思い切り(表現する) ・ 詞藻 ・ 誰の指図も受けない ・ (自分の)感情に忠実 ・ 我田引水(の議論) ・  ・ 感情を解放(する) ・ 独断専行(のやり方) ・ (し)放題 ・ したい放題 ・ ちゃらぽこ
(近事)片々(未分類)(近事)片々(未分類)  断ち落とし ・ セグメント切れ端 ・ くず紐 ・ 片々 ・ 細分化 ・ 細切れ ・ パーツ ・ はし切れ ・ くず紐のような ・  ・ 切りくず ・ 部分 ・  ・ 木っぱ ・ 切り落とし ・ 小分けした ・ 肉片
キーワードをランダムでピックアップ
ダーツ番外踏み潰す早番心を砕く反共朝から晩まで連合国家殺人的忙しさ哀れに思う変なもの激しく反発する他地移し変える支配的な見方神への裏切り舐めるように暖炉のそばいろいろと思い合わせる
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 6