表示領域を拡大する

中古の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
中古古い中古古い  枯れた(野菜) ・ 洗練されていない ・ 大げさ ・ 昔からある ・ (古色)蒼然そうぜん(とした寺) ・ 代々伝わる ・ 二番煎じ(の映画) ・ 文明的でない ・ がたがた(のミシン) ・ 古(時計) ・  ・ こけが生える ・ 前時代(の建物) ・ ひね(しょうが) ・ 旧式(の機械) ・ 旧型 ・ オールドファッション(の家具) ・ 干からびた(内容) ・ マンネリ ・ マンネリズム ・ お決まり(のパターン) ・ 古色 ・ 原始的(な手法) ・ 陳套 ・ 昔(の)(テレビ) ・ かび臭い ・ かびの生えた(ような)(古い話) ・ 古臭い ・ 時代 ・ 古い ・ 日が経っている ・ 昔風 ・ 時代錯誤 ・ 中古 ・ 見劣りのする(設備) ・ 年代物 ・ (時間と共に)陳腐(になる) ・ 古びている ・ 大時代 ・ 古流(の生け花) ・ 古式(のマッサージ) ・ 常套じょうとう(手段) ・ 過ぎ去りつつある ・ 古めかしい ・ オールド ・ 時代遅れ ・ よれよれ(の千円札) ・ 壊れそう ・ 年寄る ・ 年が寄る ・ 年寄りになる ・ (粘着テープが)風邪をひく ・ ぼろ(ぞうきん) ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ 闌ける ・ 衰弱 ・ 老いらく ・ 古くなる ・ 老耄ろうもう ・ 老化 ・ 老い ・ 余命いくばくもない ・ (△能率[品質]が)落ちる ・ (重要)文化財 ・ 後ろ向き(の思考) ・ もうろく(おやじ) ・ 老いさらばえる ・ 傷んでいる ・ (金属部分)さび付く ・ さび付き ・ 老いる ・ 古す ・ 腐敗 ・ 視野が狭い ・ バカになる ・ 旧派 ・ いにしえぶり ・ 使用感がある ・ 役立たない ・ (一部が)欠ける ・ 老ける ・ (一部が)すり減る ・ ぼろぼろ(の家) ・ 古道具 ・ 欠損(する) ・ くたびれた(ソファ) ・ 使い古す ・ 使い終える ・ 古びる ・ 老衰 ・ 伝書 ・ 摩耗 ・ 歴史の古い ・ おんぼろ ・ 旧居 ・ 元気がなくなる ・ いかれる ・ 旧説 ・ 格式のある ・ 朽廃 ・ 旧館 ・ (品質が)落ちる ・ 年を重ねる ・ 損壊(する) ・ 古家 ・ 老成 ・ スタイル ・ 早老 ・ 旧家 ・ 年波 ・ 古民家 ・ ぼろい ・ 奥ゆかしい ・ ひねた(大根) ・ 傷がつく ・ 旧物 ・ 耐用年数(を超える) ・ 焼損 ・ 老化(△する[現象]) ・ 老朽化(する) ・ 成れの果て ・ へたる ・ 門松は冥土の旅の一里塚 ・ ガタがくる ・ よれよれ(のTシャツ) ・ ガタ(がくる) ・ 老い先短い(身) ・ 寄る年波(には勝てない) ・ 老いを深める ・ (ゴムが)劣化(する) ・ 古巣 ・ (生命的に)衰える ・ 古風 ・ 古ぼける ・ 破損(する) ・ 歴史がある ・ 伝統ある ・ 古書 ・ 古刀 ・ 旧観 ・ 年を取る ・ 年取る ・ (皮膚の)たるみ ・ (装置が)旧式化(する) ・ やり方 ・ 古典 ・ (△[道具]靴が)傷む ・ 旧宅 ・ 空き家 ・ 年取った ・ ねじ山が潰れる ・ 命が短くなる ・ 損耗 ・ エイジング ・ 素朴(な△人柄[考え]) ・ (ストッキングが)伝線する ・ (ストッキングに)線が走る ・ (そで口が)ほころびる ・ ほころび ・ 汚損(する) ・ 老いぼれる ・ 歴史的(建造物) ・ (経年による)劣化 ・ 経年劣化(する) ・ 経年変化(する) ・ さびる ・ 若くない ・ 老残(の身)(をさらす) ・ 老朽 ・ (社会の)老齢化 ・ (洋服が)くたびれる ・ 老廃 ・ (効果が)薄れる ・ 古手(の洋服) ・ 変質 ・ 年老いる ・ 旧態 ・ 老い込む ・ もぬけの殻 ・ 壊れる ・ 古もの ・ 衰えている ・ 若年寄 ・ 古本 ・ 品質が劣る ・ 名門(校) ・ 旧作 ・ お約束(通り)(の展開) ・ (複数の中の)その他大勢 ・ いくらでもどこにでもある ・ 以前(に) ・ ありがち ・ 標準的(な家庭) ・ マンネリ(化している) ・ マニュアル的 ・ おざなり(の計画) ・ 常套(△の手法[句]) ・ 慣れがある ・ 常套句 ・ 先(日) ・ 一度(見たことがある) ・ (底が)浅い ・ 安っぽい(△世辞[映画]) ・ 新鮮味がない ・ (同様の失敗例は)枚挙にいとまがない ・ 平常の ・ うんざり(する) ・ これまで(の道のり) ・ 凡庸(な△人物[回答]) ・ とうに ・ しがち ・ 去んぬる ・ あるある(ねた) ・ ご多分に漏れず ・ 相変わらず(のやり方) ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 特別でない ・ 些事さじ ・ いつもながら ・ ある日 ・ 恒常化(している) ・ 常態化(している) ・ 習慣化(している) ・ 類型的 ・ (いつもと)変わらない ・ 普通(の現象) ・ 普通に見かける ・ その昔 ・ (辺りを見回せば)いずこも同じ秋の夕暮れ ・ 既往 ・ 可もなく不可もない(男性) ・ (その程度の作品なら)ざら(にある) ・ 終ぞ ・ 定常(の) ・ いつもの通り ・ 往時(を追想する) ・ つまらない ・ 既に ・ 通常(の反応) ・ 中間的(な所得の世帯) ・ 個性がない ・ 没個性(的) ・ 日常茶飯(である) ・ 日常茶飯事 ・ つとに ・ 空気のような(存在) ・ 呼吸をするような(もの) ・ いにしえ ・ 何度も聞いた ・ 聞き古し(のジョーク) ・ 聞き古した ・ 手あかにまみれた(表現) ・ 陳腐(なストーリー) ・ 古い(時代) ・ 目になじんだ(光景) ・ 古手(の手法) ・ どこにでもある ・ (駅前の風景は)どこも同じ(だ) ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ 過ぎし日 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ 元(は)(野原だった) ・ 退屈(な毎日) ・ (JRの)前身(は国鉄) ・ いつもの ・ (なんの)変哲もない ・ 型通り ・ 去る(三日の朝) ・ ぐる(十五日) ・ ぐる日 ・ 月並み(な表現) ・ 使い古した ・ 使い古し(の言葉) ・  ・ 大したことではない ・ (別に)珍しいことではない ・ いつもの(こと) ・ 意外性がない ・ どうということのない(出来事) ・ (こんな事例は)浜の真砂ほど(ある) ・ 一昔前 ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ 予測を越えない ・ 新味のない(計画案) ・  ・ 一昨々 ・ 古き良き時代 ・ (どこにでも)転がっている(話) ・ 古くから ・ (明治は)遠くなりにけり ・ 近古 ・ 近過去 ・ 昨日(の人) ・ 往古 ・ おなじみ(の)(味) ・ 標準(家庭) ・ 珍しくない ・ 珍しくもなんともない ・ 従前(より) ・ 一昨(年) ・ (プロジェクトを成功させたという)前例(がある) ・ よくある(△やつ[話]) ・ 克服できない ・ 負け癖が抜けない ・ 知恵が足りない ・ (沼から)抜けられない ・ 当時(の流行歌) ・ 一面的(な見方) ・ 差し障り(の)ない(話題) ・ 見え透いた(お世辞) ・ 昔々 ・ (終身雇用も)今は昔 ・ ワンパターン(のストーリー) ・ パターン通り ・ 見慣れた(パターン) ・ お仕着せ(の祝辞) ・ 古めかしい(作品) ・ 古典的(手法) ・ 何でもないこと(だ) ・ 過去 ・ 前と変わらない ・ かた(を振り返る) ・ がち ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ 面白くない(映画) ・ 出来合い(の思想) ・ 既成(的)(な言葉) ・ 平均的(な顔) ・ 経過 ・ 通俗的(な読物) ・ 往年(の名選手) ・ オーソドックス(な展開) ・ 日常的(な光景) ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 形式化した(やり方) ・ ありふれている ・ ありふれる ・ ありふれた(事件) ・ ありきたり(の意見) ・ とっく ・ すでに終わったできごと ・ (これといった)特徴がない ・ とうから ・ 絵はがきのような(富士山) ・ ベタ(な展開) ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ (時が)流れる ・ 早くから ・ 分かりきった(結末) ・ 先刻 ・ 麻痺△する[が生じる] ・ 時分 ・ 一般(社員) ・ 一般的(な考え方) ・ 過ぎた昔 ・ 紋切り型(の発想) ・ ステロタイプ ・ ステレオタイプ ・ 驚くにはあたらない ・ (~など)何のことはない ・ 平凡(な家庭) ・ 公式通り(の解答) ・ 旧時 ・ りし日(の祖父の思い出) ・ 画一的(な教育) ・ 並(の人間) ・ 王道 ・ 俗っぽい(デザイン) ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ ひと昔(前) ・ 一時代前 ・ 尋常(の手段) ・ 何でもない ・ 昔日せきじつ(の面影) ・ 代わり映え(の)しない(毎日) ・ そのかみ ・ (ずっと)前 ・ 進歩がない ・ (ごく)当たり前(の人間) ・ 新旧 ・ 新古 ・ 新陳
中古古代と近世の間(中世)中古古代と近世の間(中世)  中古 ・ 鎌倉時代 ・ 室町時代 ・ 中世 ・ 南北朝時代 ・ 近古 ・ 往時(を追想する) ・ 古き良き時代 ・ 元(は)(野原だった) ・ かなり長い年月 ・ 世の中 ・  ・ 既に ・ ある日 ・ その昔 ・ 一昔前 ・ 過ぎし日 ・ 過ぎ去る ・ 過ぎ去った(△日々[時]) ・ つとに ・ 過去 ・ 終ぞ ・ (過ぎ去った)昔 ・ 大昔 ・ 去んぬる ・ 一昨々 ・ とっく ・ 日が経っている ・ 時世 ・ 昔日せきじつ(の面影) ・ 当時(の流行歌) ・ かた(を振り返る) ・ 一時(はだめかと思った) ・ ひと時(は大変景気がよかった) ・ 一時期(はやった歌) ・ ひと頃(栄えた町) ・ これまで(の道のり) ・ 既往 ・ (時が)流れる ・ 早くから ・ とうから ・ (JRの)前身(は国鉄) ・ すでに終わったできごと ・ そのかみ ・ 近過去 ・ 昨日(の人) ・ 往古 ・ 旧時 ・ 過ぎた昔 ・ 去る(三日の朝) ・ ぐる(十五日) ・ ぐる日 ・ あの時(は死ぬかと思った) ・ (この道は)いつか(来た道) ・ いつだったか ・ いつぞや ・ かつて ・ 従前(より) ・ 以前(に) ・ 往年(の名選手) ・ とうに ・ 古い(時代) ・ (ずっと)前 ・ 経過 ・  ・  ・ りし日(の祖父の思い出) ・ 神話時代 ・ 神代の昔 ・ 時代 ・ 一度(見たことがある) ・ 先刻 ・  ・ (プロジェクトを成功させたという)前例(がある) ・ 年代 ・ (明治は)遠くなりにけり ・ 古くから ・ いにしえ ・ 最古(の人類) ・ 最古級(の建造物) ・ ひと昔(前) ・ 一時代前 ・ 一昨(年) ・ 昔々 ・ (終身雇用も)今は昔 ・ 時分 ・ 先(日) ・  ・ 世紀 ・ 近代 ・ 近世 ・ 原始 ・ 古代 ・ 知る人も少ない ・ 幕末 ・ 平安時代 ・ 上古 ・ 先史 ・ 現代 ・ 安土桃山時代 ・ 戦国時代 ・ 競争社会 ・ ずっと以前 ・ 江戸時代 ・ 遠い過去 ・ 文字が発明される前の時代 ・ 奈良時代 ・ とっくに終わった ・ 太古 ・ 自分の生きている時代 ・ 大正(時代) ・ 万古 ・ 大和時代 ・ 上代 ・ 千古 ・ 明治(時代) ・ 上世 ・ 昭和(時代)
中古使ってはあるが、まだ使える物(中古品)中古使ってはあるが、まだ使える物(中古品)  セコハン ・ お下がり ・ 使い古し(の腕時計) ・ 使い古した(服) ・ 使い古された(品) ・ 旧式(の機械) ・ (誰かの)不用品 ・ (兄の)お古 ・ 一度他人の所有となった ・ 中古品 ・ 中古 ・ 使い込まれた(道具) ・ おこぼれ ・ 古着 ・ 年季が入った(万年筆) ・ おさがり ・ 古物こぶつ ・ 譲られた(品) ・ 新古品 ・ 使用済み ・ もらった物 ・ 古本 ・ 中古本 ・ 古書 ・ 古道具 ・ 合理的 ・ (何度も)使い回す ・ 再利用 ・ 無駄がない ・ リサイクル(ショップ) ・ リユース ・ つなぐ ・ 出来(がいい) ・ 継続(させる) ・ 中継 ・ (受け継いで)続ける ・ (損失を次年度に)繰り越す ・ (次年度に予算の)繰り越し(する) ・ 継ぐ ・ (証拠)物件 ・ 旧物 ・ 踏襲 ・ 後継 ・ 品物 ・  ・ 引き継ぐ ・ レベル ・ 物資 ・ 継承 ・ 入れ代わる ・ 物品 ・ 静物 ・ 質的 ・ 古もの ・ 次ぐ ・ 承前 ・ バトンを受ける ・ (以前の状態を)受け継ぐ ・  ・  ・ よし悪し ・ メドレー ・ 相承 ・ 品柄 ・ 中継ぎ ・ (中継機を)噛ます ・ 古手(の洋服) ・ (たすき)リレー ・ 相次ぐ ・ 承継 ・ クオリティ(ー) ・ しな(が落ちる) ・ 秘伝(のたれ) ・ 品質 ・ 引き続く
キーワードをランダムでピックアップ
乞食卑しいはたと吹くいらいら一生懸命さたばかる使い古してきめんプレイガール使い切る蹴まりぐだぐだ勢力の塗り分けが進む社長の思いつき体をなさない製品説明書ずっといいインターネット上のリンチ〔連〕目を吊り上げて挑む〔/連〕
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3