表示領域を拡大する
まだらの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
まだらまだら模様まだらまだら模様  複数の色が交じりあう ・ 斑点 ・ あし毛(の馬) ・ 連銭れんぜんあし毛(の馬) ・ はげちょろ ・ 斑紋 ・ そばかす ・ 色あせる ・ 半白 ・  ・ 濃淡(がある) ・ 霜降り ・ モザイク状(のタイル) ・ かすり ・ はげちょろけ ・ まだら模様 ・ 染み ・ ごま塩 ・ 鹿子斑 ・ 死斑 ・ 蛇紋 ・ 鶉斑 ・ 白斑 ・ 紫斑 ・ 矢絣 ・ 過疎(地) ・ 透いている ・ 空間に余裕がある ・ ぱらぱら ・ まばら ・ あまりない ・ ゆっくり ・ ちょぼちょぼ ・ 密度が粗い ・ 離れ離れ ・ ちらりほらり ・ ぽつぽつ ・ (棚が)寂しい ・ ちらほら ・ 歯の抜けたよう ・ ばら ・ すかすか ・ 一つにまとまらない ・ 分散している ・ ゆるい ・ だぶだぶ ・ がらがら(の電車) ・ 隙間が△ある[できる] ・ 点々 ・ ちりぢり ・ ばらばら ・ (目が)粗い ・ ゆったり ・ ぶかぶか ・ 過疎 ・  ・ 三々五々 ・ たっぷり ・ とびとび ・ ぱらっと ・  ・ 柄行 ・ 綾なす(雲) ・ 文目 ・ △図形[色]の組合せ ・  ・ 文様 ・  ・ あや ・  ・ 紋柄 ・ 図柄 ・ 紋様 ・ 模様 ・ 煩雑 ・ ちぐはぐ ・ まちまち(の服装) ・ 不ぞろい ・ 複雑 ・ (諸説)紛々 ・ 繁雑 ・ 支離滅裂 ・ 揃っていない ・ 区々くく ・ 不規則 ・ まだら(模様)(の記憶) ・ (製品の出来ばえが)ばらつく ・ (数値に)ばらつきが見られる ・ 統一的でない ・ まとまりがない ・ 不統一 ・ 飛び石(連休) ・ 断続的 ・ 途切れ途切れ ・ 破線 ・ 点線 ・ 間遠 ・ (小さな地震が)しきり(に)(起こる) ・ 間欠的 ・ 絶え絶え ・ 波状 ・ 途切れたり続いたり ・ とぎれたり続いたりする
まだら(模様)(の知識)中途半端で十分な知識がないまだら(模様)(の知識)中途半端で十分な知識がない  浅学 ・ 知識が浅い ・ 付け焼き刃 ・ 詰めが甘い ・ (理解が)怪しい ・ かいなで ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ いい加減(な理解) ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ (認識)不足 ・ (よく)知らない ・ 定かでない ・ 暗い ・ 認識が甘い ・ 認識が足りない ・ 中途半端に理解する ・ 生かじり(の知識) ・ 当てにならない ・ 曖昧(な理解) ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ (自分でも)自信が持てない ・ ぼんやりした ・ 生兵法 ・ (理解が)あやふや ・ (よく)分からない ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 蒙昧 ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ かじる ・ 半解 ・ 若造 ・ 修行が足りない ・ (経験が)浅い ・ 青二才 ・ 貧弱(な腕前) ・ 乳臭い ・ 未成熟 ・ ひよっこ ・ ひよこ ・ 書生 ・ 気負いが目立つ ・ 年甲斐もない ・ (まだ)青い ・ くちばしが黄色い ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ 慣れていない ・ 発達が遅い ・ もたもた(している) ・ ねんね ・ がんぜない ・ 稚拙 ・ 一人前のつもり ・ うぶ(な) ・ 実力はまだまだ ・ 若輩(者) ・ 成熟していない ・ キャリア不足 ・ 幼稚 ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ 大人気ない ・ 経験不足 ・ 形だけ ・ 青年 ・ こせがれ ・ 青臭い ・ 口脇が白い ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ かいなで(しただけ) ・ 新参(者) ・ かじっただけ(の) ・ 未熟者 ・ (中二)小僧 ・ 小僧っ子 ・ (こ)わっぱ ・ はなたれ(小僧) ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 白面 ・ 一本気(な男) ・ 初心者 ・ チンピラ ・ (精神的に)幼い ・ (人間として)未熟 ・ ガキ ・ 若書き(の文章) ・ 円熟していない ・ (まだ)子ども ・ 若気の至り ・ チキン ・ 若い(身空) ・ 半人前 ・ 不慣れ(な手つき) ・ 青侍 ・ 小侍 ・ ごまかしが言えない ・ 鍛えられていない ・ 思慮が足りない ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ 経験の乏しい ・ 駆け出し ・ つたない ・ 大人でない ・ 目に一丁字なし ・ その道に暗い ・ (経済学の)素人 ・ 未経験 ・ 無教育 ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ 詳しくない ・ 不案内 ・ (心理学については)門外漢 ・ 無知 ・ 教養がない ・ 無関心 ・ 非常識 ・ なじみがない ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ (政治)音痴 ・ 知識がない ・ 的確な判断が下せない ・ 社会の常識に欠けている ・ 衆愚 ・ 表六玉 ・ 出来が悪い ・ たわけ ・ 凡俗(の人間) ・ 天然(ボケ) ・ 頭のねじがゆるい ・ あほ ・ あほう ・ 空け者 ・ 間抜け ・ 白痴美(の女) ・ 頓痴気 ・ 分からず屋 ・ 三太郎 ・ 唐変木 ・ ぼんくら ・ 朴念仁 ・ 昼あんどん ・ 無能 ・ 頭が弱い ・ IQが低い ・ 鈍才 ・ 猿の知恵しかない ・ 抜け作 ・ すっとこどっこい ・ 料簡が間違っている ・ 痴れ者 ・ 取り柄がない ・ 盆暗 ・ 知的障害(がある) ・ 与太 ・ パッパラパー ・ 傀儡 ・ 痴人 ・ 白痴 ・ 頭の悪い人 ・ ぽんつく ・ 与太郎 ・ プア(ー)(な発想) ・ 底抜け ・ べらぼう ・ 駑馬 ・ 不肖の(息子) ・ 愚か者 ・ 愚人 ・ 愚者 ・ 愚かな人 ・ 愚物 ・ 烏合の衆 ・ バカにつける薬はない ・ 頭の回転が止まっている ・ 甚六 ・ 出来損ない ・ 鈍物 ・ バカ ・ 笑われ者 ・ でくのぼう ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ 親ばか ・ 脳が弱い ・ 愚か ・ 識見がない ・ (くるくる)パー ・ 物分かりが悪い ・ 思い浮かばない ・ 迂愚 ・ 頭が悪い ・ 痴呆 ・ くだらない(人物) ・ 精神薄弱 ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 能天気 ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 不敏 ・ たわけ(者) ・ 心ない ・ 飲み込みが悪い ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ 頑愚 ・ (頭が)空っぽ ・ 思いつかない ・ 話が長い ・ 物覚えが悪い ・ 考えつかない ・ 痴愚 ・ (人間が)甘い ・ 知恵が回らない ・ 仕事ができない ・ 愚劣 ・ 無考え ・ 精薄 ・ どあほ ・ あほたれ ・ 頭が回らない ・ 愚昧 ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ あんぽんたん ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 魯鈍 ・ こけ(にする) ・ 知恵がない ・ (お)バカ ・ とんま ・ 短慮 ・ 暗愚 ・ 頭の働きが鈍い ・ 考えが及ばない ・ 低能 ・ 愚鈍(な男) ・ 察しが悪い ・ 猿(のような頭) ・ 不肖 ・ 大愚 ・ 無教養 ・ 凡愚 ・ 愚かな ・ 半気違い ・  ・ 要領が悪い ・ 賢愚 ・ 役立たず ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ 左巻き ・ れ者 ・ 愚かしい ・ 短絡的(な思考) ・ 無能(な上司) ・ ろくでなし ・ 血の巡りが悪い ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ 薄バカ ・ 鮮明でない ・ ぼうっと ・ 明らかでない ・  ・ 雲をつかむよう ・ おぼろ(月夜) ・ ぼやける ・ 薄々 ・ 晦渋 ・ かすむ ・ ほのか ・ (よく)分からなくなる ・ 区別がつかない ・ 何らか(の)(対応) ・ 朦朧 ・ 杳として ・ 見境がつかない ・ 曖昧(になる) ・ 不可測 ・ ぼんやり ・ 自明ではない ・ 濃度が薄まる ・ ほのぼの ・ (本質が)ぼける ・ 不測 ・ もやもや ・ 不明 ・ そこはかとなく ・ ある(日) ・ 不透明 ・ 判別がつかない ・ 不明確 ・ 難解 ・ 確かでない ・ なんとなく ・ 迷宮 ・ (詳細は)分からない ・ 判然としない ・ 照明が暗い ・ おぼろげ ・ 淡い ・ かすれる ・ 不分明 ・ 不正確 ・ つまびらかでない ・ 要領を得ない ・ 茫乎(として) ・ 明確でない ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 不鮮明 ・ 不明瞭 ・ 模糊 ・ 曇り ・ 埒もない ・ 未知 ・ 彷彿 ・ 隠然 ・ 未詳 ・ 漠然(と) ・ (焦点が)拡散する ・ 隠微 ・ つかみどころがない ・ ぼかされる ・ 不確か(な) ・ 八方塞がり ・ 紛れ込む ・ 冥々 ・ (間に)紛れる ・ エックス ・ 縹渺 ・ ほんのり ・ (形が)崩れる ・ お先真っ暗 ・ いい加減(な記憶) ・ 曖昧模糊 ・ 不詳 ・ (特徴が)影をひそめる ・ にぶい ・ 半透明 ・ 不可知の(分野) ・ 霧の向こうに見える ・ ファジー(な) ・ 漠々 ・ 茫々 ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備)
まだら(模様)(の記憶)揃っていないまだら(模様)(の記憶)揃っていない  まとまりがない ・ 揃っていない ・ ばらばら ・ 支離滅裂 ・ 煩雑 ・ ちぐはぐ ・ 不統一 ・ 不規則 ・ (製品の出来ばえが)ばらつく ・ (数値に)ばらつきが見られる ・ 繁雑 ・ 区々くく ・  ・ 不ぞろい ・ まちまち(の服装) ・ 複雑 ・ 統一的でない ・ (諸説)紛々 ・ 斑点 ・ そばかす ・ ごま塩 ・ はげちょろ ・ 斑紋 ・ 濃淡(がある) ・ モザイク状(のタイル) ・ 染み ・ 複数の色が交じりあう ・ はげちょろけ ・ かすり ・ 色あせる ・ あし毛(の馬) ・ 連銭れんぜんあし毛(の馬) ・ 半白 ・ まだら模様 ・ まだら ・ 霜降り ・ 別れ別れ ・ ばらばら(になる) ・ 離れ離れ ・ 越境し合う ・ (問題を)ひとくくり(にする) ・ ミソもクソも一緒 ・ (悲喜)こもごも ・ 上を下へ(の大騒ぎ) ・ まざり合う ・ (ジャンルを超えた)ごった煮(的)(な音楽アルバム) ・ 雑音越し(に聞こえる) ・ ごちゃごちゃ(になる) ・ 混在(する) ・ モザイク状(△の石畳[に並べる]) ・ まだら模様(の景気状況) ・ (AとBを)一緒にする ・ チャンポン(にする) ・ 共存 ・ (いいものと悪いものが)まぜこぜ(になる) ・ (問題が)絡み合う ・ (部屋の中が)めちゃくちゃ ・ (カバンの中が)めちゃめちゃ ・ (要素が)まじり合う ・ (どこかに)紛れ込む ・ 多様性に富む ・ (光と影が)輪舞する(空間) ・ 混融(する) ・ ない交ぜ ・ 交じる ・ マリアージュ ・ 雑多(なおもちゃ箱) ・ 一緒くた(になる) ・ こき混ぜる ・ 雑居(ビル) ・ (人種の)るつぼ ・ (人種の)サラダボウル ・ 混沌(とする) ・ ミックス ・ (互いに)作用し合う ・ 混ざる ・ (才能と努力とが)相まって(成功した) ・ 統一性が乱れる ・ 包含(する) ・ まだら模様(になる) ・ ごちゃ混ぜ ・ 入り交じる ・ (公私を)混同(する) ・ 混然(と融合する) ・ 混然一体 ・ 玉石混交 ・ (分別されるべきものが)一緒になる ・ (分類したカードが)ごっちゃ(になる) ・ ごっちゃにする ・ ぐじゃぐじゃ(になる) ・ 混合(する) ・ まざる ・ (異物が)混入(する) ・ 懐乱 ・ 乱脈 ・ 紛乱 ・ (落花)狼藉 ・ ひっかき回す ・ 不整頓 ・ まんじ巴 ・ 整理されない ・ ごちゃごちゃ ・ しどろ ・  ・ 群がる ・ 錯乱 ・ 三つどもえ ・ 不整 ・ ごった(煮)(的) ・ ごしゃごしゃ ・ もみ合う ・ 蕪雑 ・ かき乱す ・ 雑然(とした部屋) ・ 紛然 ・ (全体が)乱れる ・ ごたごた ・ 乱雑 ・ 混迷 ・ 百鬼夜行 ・ わい雑(な裏町) ・ 交錯 ・ 乱れている ・ 上を下への ・ 混線 ・ 乱す ・ 混ぜ返す ・ 鼎の沸くが如し ・ 鼎の沸くよう ・ 入り乱れる ・ ごっちゃ ・ 繚乱 ・ 所狭し(と) ・ ごてごて(と飾りつける) ・ 紛々 ・ 押し合いへし合い ・ 紊乱 ・ 芋を洗うよう ・ まんじ巴(に闘う) ・ 乱れる ・ 決まりがなくなる ・ (言葉の)海 ・ (言葉の)樹海 ・ 雑多 ・ 四分五裂(の状態) ・ 飛び違う ・ かく乱 ・ こう乱 ・ 蜂の巣をつついたよう ・ かき回す ・ 無秩序(に入り乱れる) ・ 何が何やらわからない ・ 混乱 ・ 押すな押すな ・ 飛び級 ・ 工程を省く ・ (真ん中を)すっ飛ばす ・ (ページを)すっ飛ばして(読む) ・ 間を飛ばす ・ 中間部分を抜く ・ 飛び越える ・ 一気(に)(出世する) ・ (十人)抜き(で社長になる) ・ 一足飛び(の昇進) ・ 飛び越えて(進む) ・ いきなり(結論に持っていく) ・ すぐさま(結論に持っていく) ・ (論理が)飛躍(する) ・ 乱暴な結論 ・ 無理がある ・ 短絡(に過ぎる) ・ (語学上達の)早道 ・ 順序を踏まない
まだら(模様)(の記憶)(未分類)まだら(模様)(の記憶)(未分類)  ヒョウ柄 ・ スポット ・ かさぶたのように ・ ボツボツ ・ 黒点 ・ ぶち ・  ・ 一様でない ・ 相違 ・ 統一がない ・ 格差 ・ ピンからキリまで ・ 偏り ・ 凹凸 ・ 当たり外れ ・ 放心 ・ 朦朧はっきりしない ・ ぼーっと ・ 明瞭でない ・ 自然環境下で目立たない ・ 雲斑模様 ・ 装い ・ あばた ・ しみ ・ 点々と ・ ごまふ ・ ポツポツ ・ 汚れ ・ ブツブツ ・ ゴマをちらしたように ・  ・ ばらつき ・ 多様 ・ むら ・ 不均質 ・ さまざま ・ いろいろ ・ 不均一 ・ 温度差 ・ でこぼこ ・ カスミがかかったよう ・ 働かない ・ 混濁する ・ 鈍麻する ・ カモフラージュ ・ 保護色 ・ 迷彩 ・ ところどころ ・ ランダムに現れる ・ 鹿の子 ・ かのこ ・ 斑模様 ・ 紫はん ・ 真鱈 ・ マダラ ・ 死はん ・ かのこ斑 ・ 鹿の子まだら ・ かのこまだら ・ 鹿の子斑 ・ 鹿子まだら ・ 屍斑 ・ 白はん ・ タラ ・ ホンダラ ・ 髭鱈 ・ 本鱈 ・ ヒゲダラ ・ 大口魚 ・  ・ はん点 ・ ひょう柄 ・ 豹柄 ・ ヒョウ柄模様 ・ はん紋 ・ 紅斑 ・ 斑文
日本語WordNetによる、まだらの類義語

意義素類語・同義語
何かの小さな対照的な部分スポット斑点模様点点斑文点々斑紋斑点
キーワードをランダムでピックアップ
逮夜峡湾早熟貫主語形神の使い悪徳緒論武芸弓道攻め落とす怖がらす巨砲ヒストリー改良型自分が産んだ子教えに従う穴を当てる斬新なデザイン思い出すと気分が悪い
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. まだらまだら模様
  2. まだら(模様)(の知識)中途半端で十分な知識がない
  3. まだら(模様)(の記憶)揃っていない
  4. まだら(模様)(の記憶)(未分類)