表示領域を拡大する
(頭が)空っぽの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(心は)空っぽ意識がぼんやりとする(心は)空っぽ意識がぼんやりとする  ぽっと ・ うつろ ・ ぼんやり(する) ・ ぼう然 ・ ぼうっと ・ ぼさっと ・ 自失 ・ 心ここにあらず ・ きょとんと ・ ほうけたように ・ 気持ちが足りない ・ 注意が散漫 ・ (神経が)行き届かない ・ 放心(状態) ・ うわの空 ・ もさっと ・ 昼あんどん ・ ぽかんと ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ ぼやっと ・ 視線の定まらない(目) ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ 気が抜ける ・ うつけたように ・ 気持ちが宙を浮く ・ ぼさぼさ ・ (話を)聞いてない ・ 気抜け ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ (手元が)おろそかになる ・ ぼやぼや ・ つくねんと ・ うつろ(な表情) ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ うつけ(者) ・ (気持ちが)空白になる ・ ぼそっと ・ 酩酊めいてい(した頭) ・ 癒やし ・ 生きて行く力(になる) ・ 夢見心地 ・ 恍惚 ・ 君の笑顔が力になる ・ (生きる上での)慰め ・ 陶然 ・ 夢心地 ・ あっけらかんと ・ (予想外の出来事に)驚く ・ (思い切り)間抜けた(顔) ・ ノックアウトされる ・ ひっくり返る ・ 愕然(とする) ・ 言葉を失う ・ 言うべき言葉もない ・ (二人の仲に)当てられる ・ (礼儀知らずに)腹が立つ ・ 毒気に当てられる ・ 絶句(する) ・ 返す言葉もない ・ 収拾がつかない ・ 途方もない(計画) ・ 恐れ入る ・ 言い返せない ・ 度肝を抜かれる ・ とんでもない(ことをしでかす) ・ きょとん(とする) ・ 五里霧中 ・ あまりのことに(返事ができない) ・ (大人も)顔負け ・ 腰が抜ける ・ 腰が抜けそう ・ 思考が(一瞬)止まる ・ ぽかん(とする) ・ 声を失う ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(なる) ・ 開いた口が塞がらない ・ 口がきけない ・ (口を)あんぐり(させる) ・ あごが外れたかのように(口をあんぐり) ・ 目を丸くする ・ ぼう然(と見守る) ・ 鳩が豆鉄砲を食ったよう(に) ・ トンデモ(本) ・ 口を開けて ・ 気抜けする ・ おやおや(、おかしいぞ)、あらら ・ 耳を疑う ・ 驚愕する ・ 二の句が継げない ・ 仰天(する) ・ 呆然(とする) ・ よく言うよ ・ 言葉にならない ・ 目を点にする ・ 目が点になる ・ 目をむく ・ いやになる ・ 恐るべき(自信家) ・ 毒気を抜かれる ・ 唖然(とする) ・ 言葉が出ない ・ 声が出ない ・ (ファンも)あきれる(愚行) ・ お粗末な(言い訳) ・ 驚くばかり ・ あっけにとられる ・ しらける ・ (どこか)力のない(視線) ・ 力なくまばたきする ・ 目をはっきり開けていられない ・ どろんと ・ 目が死んでる ・ 目の焦点が合っていない ・ 酔眼 ・ ぼんやり(△した目つき[と見る]) ・ しょぼしょぼ ・ 焦点の定まらない(視線) ・ (視線が)さまよう ・ 生気を欠いた(眼差し) ・ どろん ・ うつろ(な視線) ・ とろん(と)(した目) ・ 無表情 ・ ぼんやり(した表情) ・ (視線を)さまよわせる ・ ぼうっとしている ・ 魂を抜かれたよう(に) ・ 夢遊病者のよう(に) ・ (どこか)力のない(表情) ・ 呆けたように ・ 放心(した顔) ・ 締まりがない ・ 茫然自失 ・ 表情がない ・ ぼう然(とたたずむ) ・ 間抜けづら ・ 睡眠障害 ・ 眠たい ・ 眠い ・ 眠たそう ・ 眠そう ・ まぶたが重い ・ うつらうつら ・ 眠気(を覚える) ・ 催眠 ・ (勉強しながら)船をこぐ ・ 睡魔に襲われる ・ こっくりこっくり ・ こくりこくり ・ 催眠術 ・ (まだ)完全には眠りから抜け出していない ・  ・ (会議中に)意識が飛ぶ ・ のぼせる ・ 気が遠くなる ・ 意識が薄くなる ・ のぼせ(状態) ・ ぼーっと(なる) ・ 頭がぼうっとなる ・ (頭が)ぼんやり(している) ・ 焼きが回る ・ ほうける ・ 寝起き ・ 変調をきたす ・ (頭が)ぼける ・ 認知症 ・ 頭が働かない ・ 寝ぼける ・ 病みほうける ・ 生活態度がおかしい ・ 痴れる ・ 痴呆が出る ・ ぼける ・ とぼける ・ そぶり ・ 所作 ・ 態度 ・ 仕振り ・  ・ アクション ・ 動作 ・ (不平を)気振けぶ(にも見せない) ・ こなし ・ 身振り手振り ・  ・ ジェスチャー ・ 物腰 ・ 振り ・ しこなし ・ 身ごなし ・ 居住まい ・ しぐさ ・ 身振り ・ 弱々しく(微笑む) ・ おぼろ(月夜) ・ 未知 ・ 判然としない ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ 鮮明でない ・ 淡い ・ 淡く ・ おぼろげ(ながら) ・ (特徴が)影をひそめる ・ 朦朧 ・ ある(日) ・ 濃度が薄まる ・ 茫々 ・ 隠微 ・ もやもや ・ 不明瞭 ・ 漠(とした)(返事) ・ ファジー(な) ・ 定かでない ・ 八方塞がり ・ 曇り ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 不測 ・ 不分明 ・ (向こう側に)透けて見える ・ かすむ ・ かすんで見える ・ かすれる ・ (詳細は)つまびらかでない ・ 隠然 ・ 明確でない ・ 曖昧模糊 ・ 不正確 ・ エックス(デー) ・ ほのぼの ・ 茫乎(として) ・ ほんのり ・ 漠々 ・ 不可測 ・ 縹渺 ・ 大局的(な見方) ・ 彷彿 ・ 冥々 ・ 漠然(と) ・ 雲をつかむよう ・ にぶい ・ 不鮮明 ・ (詳細は)分からない ・ 曖昧(になる) ・ ぼかされる ・ 不可知の(分野) ・ いい加減(な記憶) ・ 要領を得ない ・ そこはかとなく ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ 迷宮 ・ 確かでない ・ 不詳 ・ 照明が暗い ・ 明らかでない ・ ぼんやり ・ 模糊 ・ 何らか(の)(対応) ・ 薄々(気付いている) ・ 未詳 ・ ぼやける ・ ほのか(に見える) ・ 霧の向こうに見える ・ 見境がつかない ・ 判別がつかない ・ (間に)紛れる ・ 半透明 ・ 杳として ・ (焦点が)拡散する ・ 埒もない ・ ぼうっと(見える) ・ 紛れ込む ・ (形が)崩れる ・ どことなく(似ている) ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ 自明ではない ・ 大ざっぱ(な質問) ・ お先真っ暗 ・ (本質が)ぼける ・ 不透明 ・ 夢のように(おぼろげ) ・ 不明確 ・ 区別がつかない ・ 不明 ・ なんとなく ・ (よく)分からなくなる ・ 不確か(な) ・ 眠りが浅い ・ うとうと ・ 目ざとい ・ こっくり ・ とろりと ・ うつうつ ・ すぐ目が覚める ・ とろとろ ・ 寝聡い ・ 寝苦しい
(頭が)空っぽおろか・知恵がない(頭が)空っぽおろか・知恵がない  考えつかない ・ うつけ ・ (くるくる)パー ・ 頭が悪い ・ 賢愚 ・ 年甲斐もない ・ (お)バカ ・ 思いつかない ・ 血の巡りが悪い ・ 心ない ・ 非思考型(の人間) ・ 唐変木 ・ こけ(にする) ・ 愚息 ・ 話が長い ・ 単細胞 ・ 識見がない ・ 痴呆 ・ ぼんやり(している) ・ 魯鈍 ・ 仕事ができない ・ 脳が弱い ・ 大バカ者 ・ 低能 ・ 思い浮かばない ・ 安易(なやり方) ・ くだらない(人物) ・ 知恵が回らない ・ 左巻き ・ 親ばか ・ 知的でない ・ 察しが悪い ・ KY ・ フラッパー(な娘) ・ お粗末な脳みそ ・ 知恵がない ・ 愚昧 ・ 薄バカ ・ 薄らバカ ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ 白痴 ・ 頭が回らない ・ 抜け作 ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ 凡愚 ・ 頭のゆるい(人) ・ 愚か(な) ・ 愚かしい(行為) ・  ・ 短慮 ・ 愚者 ・ でくのぼう ・ ろくでなし ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ 物分かりが悪い ・ 半気違い ・ 能なし ・ 能がない ・ 愚の骨頂 ・ れ者 ・ 短絡的(な思考) ・ (仲間の)足を引っ張る ・ 極楽トンボ ・ (皮肉の通じない)鈍感(な人) ・ (頭が悪いから)懲りない ・ 表面的な見方(しかできない) ・ 迂愚 ・ 猿(のような頭) ・ 考えがない ・ 飲み込みが悪い ・ 大愚たいぐ ・ 底が浅い ・ 脳が軽い ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 愚鈍(な男) ・ あほ ・ あほう ・ どあほ ・ あほたれ ・ つたない ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ バカチン ・ 能天気 ・ 役立たず ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 未熟 ・ 暗愚 ・ すっとこどっこい ・ 考えが及ばない ・ 盲目的(な生き方) ・ 平均以下 ・ 精神薄弱 ・ 頑愚 ・ 浅はか ・ 物覚えが悪い ・ (頭の回転が)にぶい ・ 痴愚 ・ たわけ(者) ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ 不肖ふしょう(の息子) ・ 要領が悪い ・ (いかにも)屈託がない ・ 愚妻 ・ 無考え ・ 精薄 ・ (人間が)甘い ・ 愚劣 ・ 無能(な上司) ・ 笑われ者 ・ 昼あんどん ・ 痴人 ・ 与太郎(風) ・ 三太郎 ・ 与太 ・ 朴念仁 ・ 愚か(な判断) ・  ・ (この)すっとこどっこい ・ パッパラパー ・ うつけ者 ・ (この)うつけ(!) ・ 出来損ない ・ たわけ ・ 脳みそが腐っている ・ べらぼう ・ IQが低い ・ 無能 ・ なけなしの頭(で考える) ・ 知的負荷に耐えられない ・ 料簡が間違っている ・ 頭の回転が止まっている ・ バカ ・ バカ者 ・ 単純(な頭) ・ 思考が単純 ・ 頓痴気 ・ 愚か者 ・ プア(ー)(な発想) ・ 衆愚 ・ 鈍才 ・ 表六玉 ・ 頭の悪い(人) ・ 知的障害(がある) ・ 知能障害 ・ 猿の知恵しかない ・ 愚人 ・ 愚かな人 ・ 愚物 ・ ぽんつく ・ 烏合の衆 ・ 天然(ボケ) ・ 頭のねじがゆるい ・ 取り柄がない ・ どじ ・ 頭の弱い(女) ・ 話が通じない ・ おつむが弱い ・ 甚六 ・ 分からず屋 ・ 出来が悪い ・ 頭が足りない ・ 凡俗(の人間) ・ 駑馬 ・ 不肖の(息子) ・ 白痴美(の女) ・ 不見識(きわまる話) ・ もの足りない ・ 鼻元思案 ・ (思慮が)浅い ・ △考え[配慮]が浅い ・ 詰めが甘い ・ (深く)考えない ・ 愚考 ・ 乳臭い(ことを言う) ・ 世間知らず ・ 慎重さが足りない ・ 大人になり切れていない ・ 猿知恵 ・ 脇が甘い ・ 明日は明日の風が吹く ・ ケセラセラ ・ (思考に)深みがない ・ 驕りがある ・ 安易(な考え) ・ 不完全 ・ 未完成 ・ 青臭い(考え) ・ 無難(なやり方) ・ 柔軟性のない ・ (考え方が)若い ・ 貧しい(発想) ・ 精神年齢が低い ・ 拙劣(な対処策) ・ 奥行きがない ・ 熟していない ・ (戦争はいやだ、何としても避けねばならぬ、という)センチメンタル(な議論) ・ 書生(論) ・ 一直線に考える ・ 単線思考 ・ 短絡的(な主張) ・ 短絡(思考) ・ 考えが足りない ・ 小才こさい(が利くだけ) ・ 尻抜け(の法案) ・ 素人考え ・ うぶ(な考え) ・ 甘っちょろい ・ 見方が浅い ・ 一貫性がない ・ 一貫しない ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄的 ・ 愚か(な考え) ・ 未熟(な考え方) ・ ブッキッシュ ・ 机上の空論 ・ 経験がない ・ 独善的 ・ 薄い ・ 計算し切れていない ・ (自分の)不明(を恥じる) ・ 全体が見えていない ・ 偏った(見方) ・ 一面的(な△見方[考え方]) ・ 円熟していない ・ 根は単純 ・ 小知 ・ 小知恵 ・ 見誤る ・ 掘り下げない ・ 掘り下げが足りない ・ 突き詰めない ・ 荒っぽい(議論) ・ 下手の考え休むに似たり ・ 浅薄(な)(見方) ・ 幼稚(なアイデア) ・ 幼い ・ 知性がない ・ 単純(△に考える[な人間]) ・ 説得力がない ・ 生硬(な) ・ 後先を考えない(で始める) ・ 見切り発車 ・ 締まらない(話) ・ 未成熟 ・ 無考え(の行動) ・ 急ごしらえ(の計画) ・ 足りない(部分がある) ・ (考えることが)子ども ・ 子どもっぽい ・ 隙がある ・ 浅知恵 ・ (実際の)役に立たない ・ 考えない ・ 目先だけの(浅はかな考え) ・ 浅はか(な) ・ 薄っぺらい ・ 薄っぺらな考え ・ 知的負荷の軽い ・ 思慮が足りない ・ 緻密でない ・ 俗物(学者) ・ 寝ぼけたことを言う ・ (考えが)甘い ・ 認識不足(の意見) ・ 軽い ・ 事態を軽く考える ・ 浅慮 ・ 無思慮 ・ 理想論 ・ そんな料簡(では駄目だ) ・ ナイーブ(な考え) ・ 虫のいい(相談) ・ 一隅の管見 ・ 甘えがある ・ (考えが)青い ・ 青っぽい(主張) ・ うぶ(な) ・ (まだまだ)お子様(だな) ・ 不慣れ(な手つき) ・ 白面 ・ 若い(身空) ・ 乳臭い ・ (まだ)青い ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ (まだ)子ども ・ 子どもくさい ・ 貧弱(な腕前) ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ 修行が足りない ・ 経験の乏しい ・ キャリア不足 ・ キャリアが浅い ・ 稚拙 ・ 青二才 ・ 大人でない ・ 大人になっていない ・ 駆け出し ・ (フランス)かぶれ ・ 大人気ない ・ (△精神的[社会的]に)幼い ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ 新参(者) ・ 口脇が白い ・ がんぜない ・ (人間として)未熟 ・ 気負いが目立つ ・ 青侍 ・ 小侍 ・ 経験不足 ・ こせがれ ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ かじっただけ(の) ・ もたもた(している) ・ 形だけ ・ 幼稚 ・ ガキ ・ 実力はまだまだ ・ 表層をなめた(程度) ・ 見よう見まね(の技術) ・ 青臭い ・ 経験値が低い ・ 成熟していない ・ よちよち歩き(の若造) ・ (自立も)おぼつかない ・ 温室育ち(のお嬢様) ・ 若造 ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ 表面をなぞっただけ ・ 慣れていない ・ くちばしが黄色い ・ 発達が遅い ・ 苦労を知らない ・ 若気の至り ・ 若書き(の文章) ・ 習作時代 ・ (上つらを)かいなで(しただけ)(に過ぎない) ・ 鍛えられていない ・ 一人前のつもり ・ 石部金吉 ・ (人の)機微に通じない ・ 無神経 ・ 身もふたもない(言い方) ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ つや消し(なことを言う) ・ 行き届かない ・ しゃれが分からない ・ ぶま ・ 礼儀作法に通じていない ・ 感情に任せた(言動) ・ 無粋(な質問) ・ 独りよがり(の考え) ・ 独善的(行動) ・ 至らない(点はお許しください) ・ 融通が利かない ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ 失敗 ・ がさつ ・ 抑制のない(振る舞い) ・ さえない(話) ・ 繊細でない ・ 柔軟性がない ・ 露骨(な性描写) ・ 大事にしない ・ 品がない ・ (周囲への)配慮がない ・ (他者の対応が)面白くない ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ 粋でない ・ 趣のない(店内) ・ 工夫がない ・ スマートでない ・ ふつつか(者)(ですが) ・ 気が回らない ・ 野暮(な質問) ・ 粗野(なふるまい) ・ 気働きがない ・ 生真面目 ・ 気がつかない ・ 不行き届き ・ 鈍感 ・ (勘が)にぶい ・ 及ばない ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ 不調法(者) ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ 感覚がにぶい ・ 気が利かない ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 配慮が足りない ・ (あの人はどこか)抜けている ・ 情けない(結末) ・ どじ(な強盗) ・ とんま ・ 初歩的な間違い ・ 間抜け(な話) ・ 間の抜けた(事件) ・ ボーンヘッド ・ どじ(な男) ・ 噴飯もの ・ うとい ・ あんぽんたん ・ お粗末(な事件) ・ へま ・ とんちんかん ・ 不見識 ・ 無分別 ・ 見識がない ・ 不明 ・ 無定見 ・ 勉強不足 ・ 無教養 ・ (政治)音痴 ・ 認識不足 ・ 文盲もんもう ・ めくら蛇に怖じず ・ 社会の常識に欠けている ・ (経済学の)素人 ・ 未経験 ・ 詳しくない ・ 不案内 ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ (財務の)知識に弱い ・ (業界の事情に)暗い ・ 非常識 ・ 俗物 ・ (ネット)リテラシーがない ・ 目に一丁字なし ・ なじみがない ・ 無筆 ・ 愚民 ・ (事情をよく)知らない ・ 知識がない ・ 教養がない ・ (心理学については)門外漢 ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ 知らない ・ 的確な判断が下せない ・ 出来の悪い(息子) ・ 愚か ・ 無関心 ・ 無知 ・ もう ・ その道に暗い ・ 浅薄 ・ つまらない(人間) ・ 無教育 ・ (事情に)通じていない ・ いい加減(な理解) ・ (認識)不足 ・ 表面的(な観察) ・ (理解が)あやふや ・ 付け焼き刃 ・ 暗い ・ (理解が)怪しい ・ 中途半端に理解する ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ 当てにならない ・ 生兵法 ・ ぼんやりした ・ 認識が足りない ・ 曖昧(な理解) ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ 知識が浅い ・ (自分でも)自信が持てない ・ まだら(模様)(の知識) ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 浅学 ・ (よく)分からない ・ 蒙昧 ・ 認識が甘い ・ (よく)知らない ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ 定かでない ・ 生かじり(の知識) ・ 怖いもの知らず ・ 世間の厳しさを知らない ・ 視野狭窄(的)(な見方) ・ 苦労知らず(のお嬢様) ・ 世間見ず ・ いい子 ・ (世間の)常識を知らない ・ 役者子ども ・ 世間に揉まれていない ・ 井の中のかわず ・ 井底せいてい ・ だまされやすい ・ (いつまでも)ねんね(で困る) ・ 分別のつかない(子ども) ・ 井蛙せいあ ・ 常識がない ・ 極楽とんぼ ・ 寛容 ・ バカ殿 ・ (広い)世界を知らない ・ 甘ちゃん ・ 一本気(な若者) ・ つけ込まれやすい ・ 浮き世離れした ・ うかつ(でした) ・ おめでたい(やつ) ・ 優柔不断(の態度) ・ 半端(な人間) ・ お人よし ・ 人がいい(というかバカというか) ・ 楽天的(性格) ・ 情報弱者 ・ 純情 ・ (あまり)考えない ・ (人間の本質に)気付かない ・ 危機感がない ・ 総領の甚六 ・ うぶ(な娘) ・ ナイーブ(な若者) ・ ナイーブすぎる ・ (世事に)うとい ・ 温情(ある人) ・ ノンポリ(学生) ・ 心得違い ・ (どこか)抜けている ・ (詐欺師の言を)疑わない ・ ヤワ(な男) ・ 打たれ弱い ・ とっちゃん坊や ・ うぶ ・ ミーハー ・ (根が)単純 ・ 善良(な市民) ・ 物が分からない ・ 道理に暗い ・  ・ 分別がない ・ (物の)道理が分からない ・ 童蒙 ・ 遅進児 ・ 愚論 ・ 役に立たない ・ 訳の分からない(意見) ・ 珍説 ・ 試論 ・ 愚説 ・ 迷論 ・ 俗論 ・ 奇問 ・ 珍問 ・ 愚問 ・ 毒牙(にかける) ・ 牙をむく ・ 悪行 ・ 天知る地知る我知る子知る ・ 不都合な事 ・ 堕ちる ・ 悪事 ・ 犯罪性(が疑われる) ・ (△ルール[マナー])違反 ・ 不正操作(による金銭の引き出し) ・ 非行(に走る) ・ 心が健全でない ・ 遺憾 ・ 蛮行(を働く) ・ 凶行 ・ (規範から)逸脱した ・ 不正(行為) ・ 狼藉 ・ あるまじき(振る舞い) ・ 目に余る(ふるまい) ・ (許しがたい)所業 ・ 悪逆 ・ 愚行 ・ 悪の道(に△転落する[迷い込む]) ・ 誤った(行い) ・ 罪業 ・ 不当な(手段) ・ 罪(を犯す) ・ 大罪(を犯す) ・ 背徳(行為) ・ 十悪(を犯す) ・ 問題のある事 ・ 悪逆非道 ・ 嫌がらせ ・ 謀略 ・ (悪魔に)(魂を)売り渡す ・ しでかした事 ・ いたずら ・ 悪戯あくぎ ・ 反社会的、非人情 ・ 人の道から外れた(悪い行為) ・ 罪過 ・ (叩けば)ほこり(が出る) ・ 許されない(行為) ・ 不行跡(を働く) ・  ・ いじめ ・ (むごい)仕打ち ・ 不心得(な言動) ・ 軽挙 ・ 悪の道に転落する ・ 悪徳(行為) ・ 悪質(な行為) ・ 不適切な行為 ・ あってはならない事 ・ けしからん ・ 乱行(に及ぶ) ・ よくない行い ・ (前)非(を悔いる) ・ 非(を認める) ・ (△人の道[足]を)踏み外す ・ (あまりに)非常識 ・ 隠微な形(で)(いじめる) ・ アングラ(ビジネス) ・ 考え違い(をしていたようだ) ・ 不祥事(を起こす) ・ スキャンダル(を起こす) ・ 醜い(事件) ・ 悪さ(をする) ・ 罪深い行い ・ 愚挙 ・ 罪科 ・ 小悪 ・ 暴挙 ・ よからぬ事 ・ 行儀が悪い ・ 乱暴 ・ 犯行 ・ 罪(を重ねる) ・ 奸計 ・ 悪(の限りを尽くす) ・ (道理に反する)過ち(を正す) ・ (あいつの)仕業(に違いない) ・ 暴虐 ・ けしからん行い ・ 不始末(をしでかす) ・ あらぬ振る舞い ・ 不適切(な行為) ・ すねに傷(を持つ) ・ 醜行 ・ 妄動 ・ 破廉恥(行為) ・ 恥ずかしい(行為) ・ ばち当たり(をしでかす) ・ 悪業 ・ 好ましくない行い ・ 極悪(な犯罪) ・ 生き方を間違える ・ 不明朗(な会計) ・ 反道徳的(な行動) ・ 道徳に背く ・ 不道徳 ・ やましいところ(がある) ・ 暴行 ・ 嫌がらせ(をする) ・ 暴力(を振るう) ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 私意 ・ 短見 ・ 浅見 ・ 私見 ・ 卑見 ・ 管見 ・ 愚見 ・ 思考が追いつかない ・ 理路整然と考えられない ・ (仕事のことで)頭がいっぱい ・ 意識が及ばない ・ (意識が及ばず)放置してしまっている ・ 思いが及ばない ・ うつけ(者) ・ 愚か(者) ・ とんちき ・ ぐず ・ (何も)考えない ・ 鈍物 ・ ペースが遅い ・ どんくさい(男) ・ (大男)総身に知恵が回りかね ・ 頭が鈍い ・ 頭の働きが鈍い ・ おたんこなす ・ 愚鈍 ・ 機敏さがない ・ 昼あんどん(のような人) ・ 頭の働きが足りない ・ 魯鈍ろどん ・ (動きが)にぶい ・ とろい ・ 頭の回転が遅い ・ おっとり(している) ・ ぼーっとしている ・ ぼけなす ・ (日ごろから)ぼんやり(している) ・ のろま ・ 薄のろ ・ (反応が)俊敏でない ・ 機転が利かない ・ ぼんくら ・ うどの大木 ・ 力量もなければ度量もない ・ 愚帝 ・ 裸の王様 ・ 暗君 ・ (よく)へま(をする) ・ 間抜け ・ 間の抜けた(人物) ・ 間が抜けている ・ すかたん ・ 与太郎 ・ 抜けてる ・ うかつ ・ 遅知恵 ・ 後知恵 ・ 上ずる ・ 狂気(△を感じさせる[の沙汰]) ・ 狂気じみている ・ マッド(サイエンティスト) ・ 逆上 ・ 普通でない ・ 不健全 ・ 過激(な行動) ・ のぼせる ・ (気が)狂う ・ 頭が狂う ・ バカになる ・ 目に鬼火を燃やす ・ 精神が崩壊する ・ (精神の)歯車が狂う ・ 猟奇的(犯罪) ・ 狂乱 ・ (思わぬ行動に)腰が引ける ・ 風狂 ・ 精神異常 ・ (△頭[精神]が)いかれる ・ (精神に)変調をきたす ・ 頭が変(になる) ・ (悪霊に)(取り)憑かれたような(家政婦) ・ 唾棄すべき(振る舞い) ・ 精神を損なう ・ (△頭[精神]が)おかしくなる ・ (精神の)ちょうつがいが外れる ・ 狂っている ・ 奇矯(な振る舞い) ・ (精神が)正常でなくなる ・ 正気を失う ・ 中二病 ・ 卑劣(な犯行) ・ 怪(女優) ・ 奇行(が目立つ) ・ 取りのぼせる ・ すさまじい(形相) ・ 乱心(する) ・ 気違い(じみたことをする) ・ 気違い沙汰 ・ 気が変になる ・ △気[人間性]がおかしくなる ・ プッツン(△する[女優]) ・ 悩乱 ・ 不審 ・ (愛欲に)溺れる ・ (頭の)ねじが飛ぶ ・ はちゃめちゃ(な人生) ・ 狂れる ・ 病む ・ 性格破綻(者) ・ 精神がおかしい ・ 変な言動 ・ 狂気をまとう ・ (人格が)破壊される ・ 非常識な言動 ・ 異常性格 ・ 凄絶(な振る舞い) ・ 目が血走っている ・ 気が触れる ・ 気が触れた(人間) ・ まともでない ・ まともでなくなる ・ 乱心 ・ 奇異(な行動) ・ サイコパス ・ 死刑囚 ・ 陰惨(な事件) ・ 人格障害 ・ 狂気(にとり憑かれた)(殺人者) ・ 狂気をはらんだ表情 ・ 偏執的(なファン) ・ 常軌を逸する ・ (人格が)ねじ曲がる ・ 発狂 ・ 瘋癲 ・ 異常なほどの(執着) ・ 良くない言動 ・ (精神に)異常をきたす ・ 気が違う ・ 人が変わる ・ アブノーマル ・ 得体が知れない ・ 精神のバランスを失う ・ 狂わす ・ 陰湿(ないじめ) ・ 血迷う ・ 異様な(言動) ・ 危ない(印象) ・ 惑乱 ・ 頭がおかしい ・ (頭の)いかれた(人) ・ ひらめかない ・ (結末が)予想できない ・ 頭に浮かんでこない ・ (アイデアが)浮かばない ・ (そんなことまで)思いが及ばない ・ 半人前 ・ 凡庸(な芸術家) ・ 不才 ・ かかし ・ 才能に乏しい ・ 無名(の画家) ・ 痩せ腕 ・ 暗愚(な為政者) ・ 未熟者 ・ 不出来(な弟子) ・ 適性がない ・ 不適任 ・ 能力がない ・ 不明(を恥じる) ・ 半人足 ・ 愚(妻) ・ 不適格 ・ 不敏ふびん ・ 無才 ・ 非才 ・ 碌々 ・ 役に立たない(人間) ・ 無能力 ・ 能力不足 ・ 短才 ・ 不能 ・ 若輩者 ・ 凡才 ・ 浅才
空っぽ中に何もない空っぽ中に何もない  (セミの)抜け殻 ・ 空白 ・ ほら ・ 空間(がある) ・ 真空 ・ 中空(の茎) ・ 無い ・ 空洞 ・ からっけつ ・ がらがら ・ がらんどう ・ (内部が)空 ・ 中身がない ・ 中に何もない ・ (中が)うつろ(な巨木) ・ 空き缶 ・ 胎内(くぐり) ・  ・ がらんと ・ うろ ・ ゼロ(を意味する) ・ うろ穴 ・ 穴ぐら ・ がら空き ・ から ・ くう ・ うろ ・ もぬけの殻 ・ すっからかん ・ 空疎 ・ 空虚 ・ 仏作って魂入れず ・  ・ 金坑 ・ 風穴かざあな ・ 風穴ふうけつ ・ 廃坑 ・ 岩穴 ・ 岩屋 ・ 岩室 ・ 洞門 ・ (黒い穴が不気味に)口を開く ・ トンネル ・ 炭坑 ・ ほら穴 ・ 洞穴 ・ ほら ・ 虎穴 ・ (ありの)巣 ・ (うさぎの)巣穴 ・ 鍾乳洞 ・ 石窟 ・ 洞窟 ・ 岩窟 ・ 樹洞 ・ 台風眼 ・ 台風の目 ・ 安全地帯 ・ 空洞部分 ・ 虚無 ・ むなしい ・ デカダン ・ ニヒル ・ デカダンス ・ 出払う ・ 無住(の寺) ・ 無人 ・ 外出中 ・ 気配がない ・ 気配がしない ・ 人っ子一人いない ・ がらん(としている) ・ (姿が)見えない ・ 家を空ける ・ 留守 ・ 居留守 ・ 不在 ・ (誰も)いない ・ その場にいない ・ 人影がない ・ 家を外にする ・ 無人島 ・ 張り子 ・ 張りぼて ・ だるま ・ 犬張り子 ・ 指人形 ・ 表面だけ(の友達) ・ (見かけは立派だが)内容が伴わない ・ (実質的)意味をなさない ・  ・ あだ花 ・ (単なる)茶番 ・ 形式だけ ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ 目くらまし ・ (夫婦円満を)装う ・ 空文(化した条約) ・ 仮面(夫婦) ・ 格好だけ ・ (ただの)(お)飾り(でしかない) ・ 飾り物(の会長) ・ 名誉会長 ・ 名誉職 ・ 名目だけ(の重役) ・ 名目的(取締役) ・ 大げさ(な見出し) ・ 思わせぶり ・ 有名無実(な法律) ・ 盲腸(的存在) ・ 空疎(な議論) ・ しゃんしゃん(総会) ・ 見せ金 ・ めくら判(を押す) ・ 無内容(の講義) ・ 絵に描いた餅 ・ 絵空事 ・ ポーズだけ ・ 不毛(な議論) ・ 心がこもっていない ・ 形式的(なあいさつ) ・ 裸の王様 ・ うわべ(だけ) ・ (実際の)役に立たない ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 実体がない ・ ペーパー(カンパニー) ・ 幽霊(会社) ・ 骨抜きにされた(法案) ・ 形だけ(を整えた) ・ 上げ底(の菓子箱) ・ 派手なだけ ・ メッキ(がはげる) ・ うどの大木 ・ 表面上(は) ・ 置物(の会長) ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間) ・ ジェスチャー ・ 表面的(な付き合い) ・ 建前上(は恋愛禁止) ・ (心のない)薄っぺら(な言葉) ・ 見せかけ(だけ) ・ 見かけだけ ・ 見かけ倒し ・ お茶を濁しただけ ・ (単なる)かかし ・ 体裁だけ ・ (訴えに)心がない ・ (△単なる[見え見えの])パフォーマンス ・ パフォーマンス(に過ぎない) ・ (単なる)ポーズ ・ 外見だけの存在 ・ 名ばかり店長 ・ 名ばかり(の社長) ・ 名だけ(の) ・ 名前だけ(の副社長) ・ やった振り ・ イメージ ・ 張り子(の虎) ・ フィクション ・ (講演の内容が)むなしい ・ 見え透いた(お世辞) ・ 実権のない(店長) ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ 見栄えがいいだけ ・ 談合(入札) ・ 手続きさえ踏んでおけば(認証される) ・ 中身が伴わない ・ 実がない ・ 空ゼリフ ・ わら人形 ・ 実質が不足している ・ 実質がない ・ (歴史年表は)項目を並べただけ(の製品カタログのようなもの) ・ (制度の)空洞化 ・ おとり商品 ・ (規則が)形骸化(する) ・ 空虚(な言葉) ・ 無主(の土地) ・ 空き家 ・ 無人(の家) ・ (家人が)出払う ・ 空き巣 ・ 居抜きの店舗 ・ (家を)留守(にする) ・ 人の住まない家 ・ 留守宅 ・ 廃屋 ・ (家人)不在(の家) ・ (他の入れ物に)移す ・ 留守にする ・ (食堂が)すく ・ 空く ・ 空ける ・ (グラスを)空にする ・ 空間を作る ・ (中身を)出す ・ 空かす ・ すかす ・ (席が)あく ・ (場所を)譲る ・ 欠損 ・ 永久欠番 ・ 真空(地帯) ・ ブランク(ができる) ・ 不足(が生じる) ・ ミッシングリンク ・ 鎖の輪が欠ける ・ (話題が)出尽くす ・ ネタ切れ ・ 玉切れ ・ (候補者が)出そろう ・ 隙間 ・ 土坑 ・  ・ 穿孔 ・ 横穴 ・ 大穴 ・ 縦穴 ・ ホール ・ 雪洞 ・ 決壊部分 ・ えぐれた(地面) ・ 孔穴 ・ 痕跡もない ・ 跡形がない ・ 跡形もない ・ 空無 ・ 皆無 ・ (何も)無い ・ 無し ・ (技術力の)無さ(が弱み) ・ (自信)無げ ・ すべてない ・ ヌルnull ・ 空漠(たる荒野) ・ (そこに)何もない ・ 空々漠々くうくうばくばく(たる日々) ・ 影も形もない ・ (反省の色は)薬にしたくもない ・ 全くない ・ (何も)残らない ・ ゼロ ・ (三年間の)ブランク(がある) ・ 絶無 ・ ナッシング ・ 存在しない
(心は)空っぽ心をすっかり引きつけられる(心は)空っぽ心をすっかり引きつけられる  (美しさに)ぼう然(とする) ・ うわの空 ・  ・ 放心状態 ・ ぼんやり(する) ・ 惑溺(する) ・ (若さが)まぶしい ・ まばゆい(ばかり)(の肢体) ・ (美しさに)魂を吸い取られる(ような感じ) ・ (まぶしい)誘惑 ・ (誘惑に)惑う ・ 惑いの心が生まれる ・ (夜景に)感動(する) ・ 夢心地(で眺める) ・ のめり込む ・ (絵本の世界に)引き寄せられる ・ くらっとする ・ くらっとなる ・ (グラマーな女性に)くらくら(っとなる) ・ (市場マネーが金への投資に)(急)傾斜(する) ・ 目を奪われる ・ 魅力がある ・ 魅力的 ・ ハートを盗まれる魅入られる ・ △心[魂]を奪われる ・ (趣味に)うつつを抜かす ・ (美しさに)圧倒される ・ ど迫力(の舞台に感動) ・ 魅了される ・ 心が傾く ・ 気持ちが傾く ・ (巧みな展開に)からめ捕られる(読者) ・ からめ捕られる ・ すばらしい ・ はまる ・ 好きになる ・ (心を)とらえられる ・ ノックアウト(される) ・ 心を打たれる ・ (エンターテインメントの世界に)引き寄せられる ・ 燦然と輝く(功績) ・ (世界観に)引き込まれる ・ (心を)引きつけられる ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 心(が)引かれる ・ 惹きつけられる ・ ときめく ・ ときめきを感じる ・ 興味(を△抱く[持つ]) ・ (気になる商品を)手に取る ・ 興味津々 ・ 凝視(する) ・ (この試合は)見もの(だ) ・ (性に)目覚める ・  ・ 注意を向ける ・ きつける ・ 引き寄せられる ・ 心をつかむ ・ 目を見張る(ような) ・ 好奇心(を持つ) ・ 好奇心がうずく ・ 気になる ・ △心[気持ち]を動かされる ・ 面白い ・ 強い気持ちが押し寄せる ・ (~に)気持ちが向かう ・ 興味深い ・ 心を引かれる ・ 注意が向く ・ (目が)くぎ付け(になる) ・ (珍しい楽器に)目を輝かす ・ 目をキラキラさせる ・ (温かい人柄に)惹かれる ・ (見る者を)引きつける ・ 興味がある ・ 興味を引かれる ・ 身を乗り出す ・ 体を乗り出す ・ (ちょっと)関心(を△持つ[引く]) ・ (強い)関心を示す ・ 目を奪う ・ 求知心 ・ (面接官が)前のめり(になる) ・ 魅力を感じる ・ 好奇(の目を向ける) ・ (もうけ話に)ひざを進める ・ 一顧(だにしない) ・ 意識が向く ・ 耳目(を集める) ・ 興味が湧く ・ 興味が湧いてくる ・ (新しいおもちゃに子供の)目が輝く ・ (部長の椅子に)色気(を見せる) ・ 退屈させない ・ (心を)そそられる ・ (聞き手が)腰を浮かせる ・ (観客の)腰を浮かす(音楽) ・ (思わず)腰が浮く ・ (△歌声に[脳が])しびれる ・ 悦楽(にひたる) ・ 妙なる(音色) ・ 時の経つのを忘れる ・ うっとり(△する[させる]) ・ 眼福(にひたる) ・ 夢うつつ(の状態) ・ 桃源郷に遊ぶ(心地) ・ 宙を踏むような(心地) ・ 典雅(な響き) ・ 忘我(の境) ・ 多幸感(に△浸る[抱かれる]) ・ (名演技に)陶酔(△する[感に浸る]) ・ (妙技に)酔う ・ 甘やか(な声) ・ (甘美な調べに)酔いしれる ・ 地に足がつかない ・ 呆けたよう(△な顔[に見つめる]) ・ 放心(状態) ・ 我を忘れる ・ 甘い(ささやき) ・ 心地いい ・ ほれぼれ(△する[と見とれる]) ・ 夢見心地 ・ とろんとした目つき ・ 恍惚(として聴き入る) ・ 甘美(な音楽) ・ 魅了(される) ・ 惹かれる ・ 気持ちが宙を浮く ・ 聞きほれる ・ 夢のような(ひととき) ・ とろん(と)(した目) ・ 酔っ払い気分 ・ 快美(な旋律) ・ 快美感(にひたる) ・ ロマンチック(な曲) ・ 陶然(とする) ・ (歌声に)(心が)とろける ・ とろけるような顔 ・ (音楽が心を)とろかす ・ とろとろ(になる) ・ (ファンの)心を痺れさせる(ロックな名言) ・ (魅入られたように)ぼんやり(する) ・ (うっとりするほど)美しい ・ 水もしたたる(いい男) ・ 快感(に身を任せる) ・ たまらない(魅力) ・ いい気分 ・ 最高(の作品) ・ 脳がしびれる ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(△する[なる]) ・ (ゲームに)熱くなる ・ (教室に通い出す)(という)熱の入れ方 ・ 夢中(になる) ・ 一人の世界に入る ・ ゲーム脳(の子ども) ・ 情熱家 ・ (美術を)愛好(する) ・ ディレッタンティズム ・ 癖になる ・ (役者)バカ ・ 役者子ども ・ 歯止めが効かない ・ (ギャンブルへの)嗜癖 ・ 判断力の喪失 ・ (~から)離れられない ・ 高じる ・ (趣味が)高じて(仕事になる) ・ (もはや)病気(と言うしかない) ・ 精神疾患 ・ 精神の病 ・ (心の)(病は)重篤 ・ (格闘ゲームに)青春を捧げる ・ (彼氏に)べったり ・ (恋に)身をやつす ・ (精神)疾患 ・ 入れあげる ・ 熱を上げる ・ 感情的しがらみ ・ 病みつき(になる) ・ メロメロ(になる) ・ (筋肉)フェチ ・ マイブーム ・ (ひどく彼女に)(ご)執心 ・ (薬物)依存 ・ (アルコール)依存症 ・ 否認の病気 ・ (アイドル)オタク ・ (パチンコに)狂う ・ (ギャンブルに)身を焦がす ・ 捕まる ・ 捕らえられる ・ 科学少年 ・ (ギャンブル)狂い ・ (趣味の世界に)どっぷり(つかる) ・ (過度に)こだわる ・ こだわり過ぎる ・ (悪習の)骨絡み(になる) ・ (彼女に)いかれる ・ (麻薬の)とりこになる ・ 病的ギャンブリング ・ (ワイン)ばかり(飲む) ・ 大金を突っ込む ・ (遊びに)溺れる ・ (脳内麻薬が)脳の暴走(を引き起こす) ・ (まるで)あり地獄 ・ (△深み[ニコチンの罠/テレビゲーム]に)はまる ・ はまり込む ・ (ホストに)入れ込む ・ (酒色に)淫する ・ (恋の)とりこ(になる) ・ 依存を余儀なくさせる ・ (△やめたくても[自分の意志で])やめられない ・ だれか私を止めて ・ コントロール障害 ・ (山登りの)魅力に取りつかれる ・ (利益を上げることに)拘泥こうでい(する) ・ ガチ勢 ・ (どこか)狂っている ・ 健全でない ・ 不健全 ・ 正常でない ・ 異常(な愛情を注ぐ) ・ まともでない ・ (ギャンブル)気違い ・ (邦)キチ ・ 脱出不能 ・ (色欲に)身を持ち崩す ・ ずぶずぶ(にはまる) ・ 深入り(する) ・ 中毒(になる) ・ 耽る ・ (歌声に)しびれる ・ のぼせる ・ (過度の)陶酔(状態) ・ (魅力に)ノックアウト(される) ・ くらくらする ・ (趣味に)血道を上げる ・ (金の)亡者 ・ (すっかり)参る ・ 心を奪われる ・ 夢中になる ・ ほれる ・ 恋する ・ 胸に残る ・ (人を)うならせる ・ 血湧き肉躍る(冒険小説) ・ 心に響く ・ 先鋭的な(表現) ・ 鋭角的な(メロディ) ・ 鋭い ・ 研ぎ澄まされた(デザイン) ・ 美しい ・ 圧巻(はラストの対決シーン) ・ 精彩を放つ ・ 心に留まった(風景) ・ 冴える ・ 印象深い ・ 劇的(な結末) ・ 鮮烈(なデビュー) ・ 目立つ ・ グラフィックな(紙面) ・ 新鮮(な感覚の絵) ・ センスが光る(ギフト) ・ 感銘を覚える ・ 目覚ましい(活躍) ・ プリミティブ(な作風) ・ 鮮やか(な) ・ 印象的(な場面) ・ 胸に染みる ・ 手応えのある(作品) ・ モダンな ・ 味わい深い ・ 臨場感あふれる(画面) ・ 感動的 ・ グレイト(!) ・ しみじみ(と感じる) ・ 印象に残る ・ 凄みのある(絵) ・ 冴えわたる ・ 目を見張るような ・ (笑顔で女の)心を盗む ・ (男性陣のハートを)とりこにする ・ 斬新な
(頭が)空っぽ(未分類)(頭が)空っぽ(未分類)  ぽっかりと穴が明いたよう ・ 虚しい ・ 空っぽ ・ 切ない ・  ・ 空しい ・ 離人症 ・ 淋しい ・ 寂しい ・ 心寂しい ・ 心細い ・ 侘しい ・ さみしい ・ 儚い ・ 空の ・ すかんぴん空っぽ ・ 空虚な ・ うわのそら空っぽ ・ ノーターリン ・ にせもの ・ 安っぽい ・ 薄っぺらな ・ うつろな ・ 水ぶくれした ・ お手軽な ・ 存在感がない ・ 空疎な ・ 無内容な ・ 空室 ・ 犯人が逃走した後もぬけの殻 ・ ひとけがない ・ 人の気配がない ・ 中空になった ・ 無一文 ・ すってんてん ・  ・ 穴になっている ・ 退屈な ・ なよなよした ・ 水増し ・ おバカな ・ 空々しい ・ 貧弱な ・ お座なりな ・ 内容のない ・ ガランとする ・ からっぽ ・ 藻抜けの殻 ・ 裳抜けの殻 ・ ない ・  ・ 洞くつ ・ くぼみ ・ ケーブ ・ 中天 ・ 空中
(頭が)空っぽ(未分類)(頭が)空っぽ(未分類)  脳足りん ・ 能無し ・ ローブラウ ・ 頭が空っぽ ・ ローブロー ・ 脳味噌が足りない ・ 空気頭
キーワードをランダムでピックアップ
旅住まい提訴悠久水切れ見上げる一つ身重大事えぐる上気する土で覆う深い闇分からないことを解き明かすだしがあふれ出す奔放な色彩国会の動きも慌ただしさを増す一行を先導するスカートを腰までまくり上げる友人との信義を売る何でもいいからでかいことがしたい緊張しながら刃物を扱う
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 6