表示領域を拡大する

区別がつかないの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
区別がつかないはっきりしない区別がつかないはっきりしない  判然としない ・ (間に)紛れる ・ 漠(とした)(返事) ・ (詳細は)分からない ・ 曖昧(になる) ・ エックス(デー) ・ 大局的(な見方) ・ 霧の向こうに見える ・ 不可知の(分野) ・ 照明が暗い ・ 確かでない ・ 何らか(の)(対応) ・ 彷彿 ・ 不可測 ・ (形が)崩れる ・ 隠微 ・ 自明ではない ・ 杳として ・ にぶい ・ なんとなく ・ 茫乎(として) ・ 朦朧 ・ 不明 ・ 迷宮 ・ かすれる ・ 弱々しく(微笑む) ・ いい加減(な記憶) ・ 曇り ・ おぼろ(月夜) ・ (特徴が)影をひそめる ・ 夢のように(おぼろげ) ・ 不分明 ・ ほんのり ・ ファジー(な) ・ 薄々(気付いている) ・ 明らかでない ・ 八方塞がり ・ 縹渺 ・ 半透明 ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ 未詳 ・ 淡い ・ 淡く ・ ぼんやり ・ そこはかとなく ・ (本質が)ぼける ・ (詳細は)つまびらかでない ・ 埒もない ・ 鮮明でない ・ 冥々 ・ もやもや ・ 明確でない ・ 茫々 ・ (向こう側に)透けて見える ・ 見境がつかない ・ 不明確 ・ 不正確 ・ ほのぼの ・ ぼかされる ・ 不確か(な) ・ おぼろげ(ながら) ・ (よく)分からなくなる ・ ほのか(に見える) ・ 不明瞭 ・ 定かでない ・ 要領を得ない ・ 隠然 ・ 難解 ・ 未知 ・ 濃度が薄まる ・ 大ざっぱ(な質問) ・ ぼやける ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ かすむ ・ かすんで見える ・ お先真っ暗 ・ 判別がつかない ・ どことなく(似ている) ・ ある(日) ・ 不測 ・ 漠然(と) ・ 模糊 ・ 曖昧模糊 ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 紛れ込む ・ (焦点が)拡散する ・ 不透明 ・ ぼうっと(見える) ・ 不詳 ・ 雲をつかむよう ・ 漠々 ・ 不鮮明 ・ (今後の動向が)読める ・ 要領を得ない(説明) ・ (意見の)よりどころ(となる資料) ・ 当てにならない ・ 味が薄い ・ うやむや ・ 離乳食 ・ 言いよどむ ・ (△見方[立場]よって)いろいろに解釈できる ・ 腰が定まらない ・ (記憶が)はっきりしない ・ 茫々(たる記憶) ・ 往事茫々 ・ ぼやかす ・ シャーベットカラー ・ 表面的(な観察) ・ (肝心な点を)ぼかす ・ (記憶が)定かでない ・ 微妙(な言い回し) ・ おぼろ月 ・ おぼろにかすむ月 ・ 幽暗(の中) ・ 気が抜ける ・ 回りくどい ・ ぼさぼさ ・ 不得要領 ・ 奇怪な行動 ・ うつろ ・ 焦点が定まらない ・ (△金が必要だと[引退を])匂わせる ・ 知識が浅い ・ 控えめに提案する ・ (みずみずしい)水彩画 ・ (問題を解く)手がかり ・ 薄味 ・ 飄々ひょうひょう(とした態度) ・ ソフト(な色彩) ・ 優柔不断(な態度) ・ ぼんやり(した記憶) ・ ぼうっと ・ うろ覚え ・ (心は)空っぽ ・ おぼろげな光 ・ ぼんやりした ・ (光が)足りない ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ うわの空 ・ 不確実 ・ おとなしい(色) ・ 味がぼやける ・ 意味ありげ(に)(目をそらす) ・ (製作側の意図が)見え隠れ(する) ・ 危ない ・ 薄目 ・ かすかな光 ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ 神秘的(な笑い) ・ (理解が)怪しい ・ ぼやけている ・ 薄口(醤油) ・ あぶり出す ・ なんとなく(感じる) ・ (願い事の成就を)意味する(星モチーフのアクセサリ) ・ 濃度が落ちる ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ (頭が)朦朧(とする) ・ (日没後の)余光 ・ 曖昧(な記憶) ・ (記憶が)曖昧になる ・ ほのか(に漂う)わずかに ・  ・ (言を左右にして)言い逃れる ・ 言い逃れ ・ うつろ(な表情) ・ 夜光(雲) ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ 生兵法 ・ 曖昧(な表現) ・ もどかしい ・ 詰めが甘い ・ ぼんやりと覚えている ・ もさっと ・ 正面からの回答を避ける ・ つくねんと ・ かすかす ・ にぶい光 ・ 大味(になる) ・ 頼りない ・ 意識がしっかりしない ・ 意味不明(の文章) ・ 淡々 ・ ずさん(な議論) ・ (徐々に)忘れ去られる ・ これ以上は言わない ・ 曖昧 ・ (無地の)ぼかし(の着物) ・ ヒント(を与える) ・ 目を凝らす(と見える) ・ ミステリアス ・  ・ 得体が知れない ・ 次回までに答えます ・ 根拠がない ・ インスピレーション(を与える) ・ ぼう然 ・ (なんとなく)感じさせる ・ たそがれ時 ・ (辺りが)たそがれる ・ 言いはぐらかす ・ 言いはぐらかし ・ (気持ちが)空白になる ・ 明言しない ・ 明言を避ける ・ 遠回し(に言う) ・ こっそり(伝える) ・ 淡い記憶 ・ 雪明かり ・ それとなく△示す[分からせる] ・ 暗に(示す) ・ (言外に)示す ・ (光が)十分でない ・ きょとんと ・ 黙示(録) ・ 芯がない ・ (可能性を)示唆(する) ・ 言葉を濁す ・ 口を濁す ・ あやふや ・ 陰伏的(な) ・ 曖昧な△態度[行動] ・ ぼやぼや ・ (目くばせで)サイン(を送る) ・ シグナル(を送る) ・ 謎の(行動) ・ 謎めいた(笑み) ・ 日だまり ・ 心ここにあらず ・ 曖昧(な理解) ・ 中途半端(な説明) ・ (無言の)メッセージ ・ おぼつかない(記憶) ・ いい加減(な理解) ・ 認識が足りない ・ 漠とした(思い) ・ 門灯 ・ 薄墨色(の闇) ・ ぼさっと ・ (自分でも)自信が持てない ・ 宵闇 ・ 柔らかな光 ・ 柔らかい光 ・ (どうにかしたいという意図が)にじむ ・ (現代を)象徴(する)(出来事) ・ (民意を表す)象徴的(な意見) ・ 収差 ・ ほうけたように ・ ぼんやり(する) ・ (後味が)さらっとしている ・ (理解が)あやふや ・ 出がらし(のコーヒー) ・ 明白でない ・ 腹芸(のできる政治家) ・ 本質がつかめない ・ 約束できない ・ 暗い ・ あやふや(な)(表現) ・ どっちつかず ・ (言っていることが)抽象的(な説明) ・ 具体的でない ・ 視線の定まらない(目) ・ 薄塩(味) ・ 確答を避ける ・ (あぶり出しのように)浮かび上がる ・ (素材の)持ち味を生かす ・ あえか(な) ・ 注意が散漫 ・  ・ 以心伝心(で) ・ あっさりした味 ・ (震災の)記憶が希薄化(する) ・ 紛らわしい(表現) ・ (動きが)一定でない ・ (深海を)想起させる(店内) ・ (意識が)薄れる ・ (よく)知らない ・ 言を左右(に)する ・ 薄暗がり ・ 月明かり ・ 月明 ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 寓する ・ 奥歯に物が挟まったよう(な)(言い方) ・ (よく考えると)意味不明 ・ 腹の底が知れない ・ あやふや(な記憶) ・ 言わず語らず(のうちに)(分かる) ・ のらりくらり(と)(質問をかわす) ・ ぬらりくらり ・ (人の心理に)投影する ・ 歯切れが悪い ・ いい加減(な態度) ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ 不明瞭(に物を言う) ・ ぼんやりと ・ 薄弱 ・ ぽっと ・ ほのかな闇 ・ ほの暗い(室内) ・ ほのかに暗い ・ 婉曲な言い回し ・ 持って回った(言い方) ・ イエスでもノーでもない ・ (赤みを)帯びる ・ 消え消え ・ (よく)分からない ・ かろうじて様子が知覚できる ・ (真意が)よく分からない ・ (頭の中が)混乱 ・ ほの明るい ・ ほの明かり ・ (選挙は)水物 ・ (将来を)暗示(する)(事件) ・ 含みのある(表現) ・ 含みを残した(言い回し) ・ (濃度が)薄い ・ (ごく)薄く ・ のぼせ(状態) ・ ほのめかす(だけ) ・ 口ごもる ・ 記憶が風化する ・ 言いにくそう(に言う) ・ 不可解(な行動) ・ うつけ(者) ・ 付け焼き刃 ・ 寝ぼけた(状態) ・ 微光(を放つ)ぼんやりした明かり ・ (先に立って)案内(する) ・ 曖昧(に言う) ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ (歴史的事実が)風化(していく) ・  あうんの呼吸(で) ・ 薄暗い ・ 嫌みがない ・ 生返事(に終始) ・ (上つらを)かいなで(しただけ)(に過ぎない) ・ 怪しい ・ はっきり言わない ・ ほのめかす ・ ほのめかし ・ 蒼然 ・ スモーキーカラー ・ すっきりしない(物言い) ・ 真意が分かりにくい ・ さっぱり(した後味) ・ 歴史の中に埋もれる ・ (結末を読者の)想像に託す(終わり方) ・ 何かを隠している ・ 不確か ・ 軟調(な写真) ・ そこはかとなく(感じられる) ・ 軟調 ・ 毒にも薬にもならない(内容) ・ (成功は)おぼつかない ・ まだら模様(の記憶) ・ どうとも取れる(表現) ・ かすか(に)(青い) ・ 水っぽい(酒) ・ 水くさい(酒) ・ しゃんとしない ・ ライト(ブルー) ・ まだら(模様)(の知識) ・ ぼーっと(なる) ・ 春色(のスウェット) ・ (特徴が)ぼやける ・ 浅い ・ 議論に具体性がない ・ うさんくさい ・ 褪せる ・ 意識が薄くなる ・ (将来を)予言(する) ・ 薄闇 ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ のぼせる ・ 夢かうつつか(幻か) ・ 自失 ・ ぼやっと ・ シンボリック(な)(描写) ・ 不確定 ・ 謎(だらけ) ・ パステル(調)(の色合い) ・ 意味の深い(言葉) ・ (苦しい内実が)言わず語らず(に)(伝わる) ・ 詳しく知らない ・ ほんのり(△色づく[桜色]) ・ 淡泊な味 ・ (はっきり)言わない ・ ところどころ△覚えている[思い出せる] ・ (言動には心の内面が)表現される ・ うつけたように ・ 確かでない記憶 ・ (多くを)語らずに(出来上がった物に内容を)語らせるり ・ (意識が)かすむ ・ うっすり ・ (周りを)けむに巻く ・ (記憶が)怪しい ・ 花明かり ・ 玉虫色(の答弁) ・ 星明かり ・ かわたれ時 ・ (認識)不足 ・ 中途半端(な記憶) ・ 弱々しく(光る) ・ 気が遠くなる ・ 障子ごしの明かり ・ 弱い光 ・ 寝ぼけた色(の服) ・ (意識が)曖昧 ・ (神経が)行き届かない ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ (不思議な)符号が見られる ・ 認識が甘い ・ 根無し ・ どっちつかず(の返答) ・ 頭がぼうっとなる ・ ぽかんと ・ 酩酊めいてい(した頭) ・ 生かじり(の知識) ・ (そっと)表わす ・ はけで刷いたよう(な夜霧) ・ 薄めの味 ・ 小暗こぐら ・ 小暗おぐら ・ 中途半端に理解する ・ 昼あんどん ・ (所有物に自身の価値を)仮託(する) ・ (岩場の)陰の部分 ・ 概念化(する) ・ 消える ・ (記憶が)後景に退く ・ (意識が)濁る ・ 常夜灯 ・ (よく)覚えていない ・ 淡泊 ・ 穏やか(な印象) ・ (良好な関係を)物語る(逸話) ・ 蒙昧 ・ 想像させる ・ はかない ・ くすむ ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ それかあらぬか ・ 煮え切らない(返事) ・ (焦点を)ぼかす ・ 淡い光 ・ (意識が)混濁(している) ・ (雨で窓の外が)灰色に沈む ・ 淡色 ・ 気持ちが宙を浮く ・ もごもご(と)(話す) ・ むにゃむにゃ(と言葉を濁す) ・ あれこれ解釈できる ・ 薄口(の味付け) ・ 空覚え ・ 薄明るい ・ 薄明かり ・ 薄ら明かり ・ 薄明 ・ (言外の意味を)喚起(させる) ・ 希薄 ・ 微妙な(思い) ・ おぼろげ(な記憶) ・ おぼろ(な記憶) ・ トワイライト(ゾーン) ・ ぼそっと ・ ごまかす ・ 淡彩 ・ 形にならない(不安) ・ (どうにも)心もとない ・ 気持ちが足りない ・ あやふや(な気持ち) ・ 気抜け ・ 浅学 ・ 放心(状態) ・ 禅問答(のようなやり取り) ・ 火影 ・ (話を)聞いてない ・ 中途半端(な態度) ・ (周りが)ぼんやりと見える ・ 生煮え(の返事) ・ しどろもどろ(の釈明) ・ (~という)含意で ・ 暗がり ・ (意識が)遠のく ・ 蛍雪(の功) ・ かすれ ・ とらえどころがない ・ 暗黙のうちに(伝える) ・ (頭が)ぼける(意識が)ぼんやり(する) ・ (意識が)ぼやける ・ (メッセージが)明確でない ・ いかがわしい ・ (手元が)おろそかになる ・ あっさり ・ (黄色っ)ぽい ・ ピンぼけ ・ いい人っぽすぎて逆に怖い ・ サジェスト(する) ・ (悔しさを)にじませる ・ 個性がない ・ (字が)かすれる ・ もやがかかる ・ (みんな)同じ ・ ぼんやり(してくる) ・ どす黒い(川) ・ 底だまり(する) ・ 濁流 ・ 姿が曖昧 ・ (△輪郭が[砂ぼこりの中に])かすむ ・ 杓子定規(な対応) ・ 無個性 ・ 向こうが見えない ・ 無性格 ・ 沈殿 ・ 絵に描いたような(家庭) ・ 鋳型いがたにはめた(ような)(子どもたち) ・ 濁り ・ あぶり出し ・ よく見えない ・ 透明でない ・ 霞がかかる ・ ぼかし ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ どんより ・ 透けて見える ・ 透かし見える ・ (目立った)特徴がない ・ 見えにくい ・ 見え始める ・ シルエット(として浮かび上がる) ・ 影のようなものが見える ・ (うっすら)(と)見える ・ (小じわが)浮き出る ・ (ピントが)ぼける ・ (星が)うる ・ 汚れている ・ ぼんやり(見える) ・ のっぺり(した)(印象) ・ ディテールが残っていない ・ かすか(に見える) ・ おぼろげ(に見える) ・ ぼかす ・ 白濁 ・ 同質(社会) ・ つるん(とした)(顔) ・ のっぺらぼう ・ 顔のない(学生たち) ・ (紙の文字が)にじむ ・ (画像が)ぼやける ・ (映像が)ぼうっと(浮かび上がる) ・ 浮き上がってくる ・ 浮き出る ・ (文様が)浮き出す ・ おぼろにかすむ(月) ・ (視界が)曇る ・ 目が曇る ・ (息がガラスを白く)曇らせる ・ 没個性(的) ・ 視力が弱い ・ 濁る ・ (感情のない)ロボット(のような)(子供たち) ・ (背景から)浮かび上がる ・ 透き通らない ・ よどみ ・ かすんでいく ・ 特色がない ・ 混じりものがある ・ 幻影のような(風景) ・ (従来通りの)画一的(なデザイン) ・ (雨に)煙る(山々) ・ コントラストが低い ・ 視認性が低い ・ 視界不良 ・ にじみ出る ・ ぼけ ・ 黄濁 ・ (霧の中に姿が)ほのめく ・ ほの見える ・ シンプル(な型の服) ・ (しみが)浮き出す ・ (霧の)(とばりが)かかる ・ 薄明かり(の世界) ・ 度の合わない(眼鏡) ・ 白くかすむ ・ ハレーション(を起こす) ・ (画像が)白く濁る ・ 類型的 ・ 濁す ・ よどむ ・ かすみ網 ・ 汚濁 ・ そろい(のユニフォーム) ・ 集団主義(的) ・ ベールをかぶせる ・ 群れて走る(人々) ・ 混濁 ・ 霧の中に(朦朧と人影が浮かぶ) ・ 形ばかり ・ なきにしもあらず ・ さざ波(のような拍手) ・ 少々 ・ ちょっぴり ・ 露(ほども疑わない) ・ なけなし ・ 万分の一 ・ 寸分 ・ 少ない ・ 控えめ ・ ちっと ・ 鮮少 ・ いささか ・ 有るか無し ・ 僅々 ・ 微々 ・ ちと ・ ないわけではない ・ (ごく)わずか(な)(食料) ・ 多くはない ・ 少しある ・  ・ ぽっちり ・ たかが知れている ・ 小幅 ・ 少数 ・ 二三 ・ 一部分 ・ (全体の)一部 ・ 部分的(に手直しする) ・ 雀の涙 ・ 零細 ・ 少しはある ・ 数少ない ・ 一紙半銭 ・ 寥々 ・ たった ・ 些細 ・ 不自由する ・ ほんの少し ・ 一点 ・ 一毫 ・ ちょいと ・ 蚊の涙 ・ いくらか ・ あってないような(△もの[金利]) ・ ほとんど存在しない ・ 数えるほど(しかない) ・ いくぶん ・ 軽少 ・ 極少 ・ 紙一重 ・ わずかしかない ・ 一つまみ ・ みじん ・ 微量 ・ 多少 ・ あまりない ・ 小さい ・ 九牛の一毛 ・ 最少 ・ 一分一厘 ・ 小刻み ・ 希少 ・ 数個 ・ 複数個 ・ 小出し ・ 爪の垢 ・ 寸毫 ・ 多くない ・ 僅少 ・ 心ばかり ・ 細い ・ 微少 ・ いくつか(ある) ・ 少量 ・ 秋毫 ・ 少し ・ 一掬 ・ (彼より二つ)下 ・ 毫末 ・ 一二 ・ 使い出がない ・ ささやか ・ 些少 ・ 厘毛 ・ 僅か ・ ちょっと ・ 一片
(真偽の)区別がつかない真相がはっきりしない(真偽の)区別がつかない真相がはっきりしない  不透明な(部分) ・ (豊かさの定義が)問われている ・ (虚実)皮膜の間 ・ (根拠が)あやふや ・ 玉虫色(の決着) ・ 非論理的 ・ グレーゾーン ・ (捜査が)腰砕け(に終わる) ・ (生命の)神秘 ・ (結論がないまま)中途半端に終わる ・ (責任論が)宙に浮く ・ うやむや(になる) ・ つかみどころがない ・ (真実かどうか)疑わしい ・ はっきりしない ・ ファジー(な) ・ 非科学的 ・ 見とがめる ・ 押し問答 ・ 目を疑う ・ 探るような目で見る ・ 目をこすって見る ・ 疑いの目で見る ・ 疑いの目を向ける ・ うろんな目で見る ・ 腑に落ちない(△風情[顔]) ・ 矛盾(を感じる) ・ 疑問(△に思う[が生じる]) ・ 疑問を抱く ・ 疑問を覚える ・ 疑問が湧く ・ (どこか)おかしい(と思う) ・ 狂ってる(としか言いようがない) ・ 猜疑さいぎ(の目で見る) ・ 猜疑心(△を持つ[が強い]) ・ 鵜呑みにはできない ・ 納得が得られない ・ 結論が出ない ・ (判断が)微妙 ・ 嫌疑(をかける) ・ 信じない ・ 信じられない ・ 信じかねる ・ つじつまが合わない ・ 疑団 ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 納得できない ・ (いまいち)納得がいかない ・ 納得しない ・ 不正の臭いがする ・ 理解が得られない ・ 浮かない顔 ・ 疑問に思う ・ にわとりが先か卵が先か ・ 非論理的(な行動) ・ 合点がいかない ・ 訳が分からない ・ (どうも)変(だ) ・ 疑義(がある) ・ 信用しない ・ 信用できない ・ 疑念(を△持つ[抱く]) ・ 変だと思う ・ うそっぽい ・ (そんなの)うそに決まっている ・ 不思議に思う ・ 不思議(に思う) ・ 不思議がる ・ 不思議そう(な目をする) ・ 真に受けられない ・ 抵抗を覚える ・ 抵抗感 ・ (そいつは)考え物だ ・ 間違っている ・ 疑ってかかる ・ けりがつかない ・ わだかまり(が残る) ・ (容疑者として)マークする ・ 目をつける ・ 懐疑(的) ・ 疑点(を残す) ・ 戸惑いを感じる ・ ああでもないこうでもない(と続く) ・ 疑惑(を感じる) ・ 首をひねる ・ 怪しむ ・ (あのアリバイは)怪しい(と思う) ・ いぶかる ・ いぶかしむ ・ いぶかしい ・ いぶかしく思う ・ いぶかしげ(な表情) ・ いぶかり(つつ) ・ 不信感(を持つ) ・ いぶかしがる ・ (収賄の)容疑 ・ (話し合いが)煮詰まる ・ 不信をあらわにする ・ 賛成しかねる ・ 自己矛盾に陥る ・ 収まりがつかない ・ 理解に苦しむ ・ 不可解に思う ・ 不毛(な議論) ・ (論理的に)すっきりしない ・ うたぐる ・ 堂々巡り(の議論) ・ 釈然としない ・ (釈然としない)ざらざら(した気分)(になる) ・ ざらざらした(気分) ・ ざらっとした ・ ざらりとした(感触) ・ 理解できない ・ 割り切れない(気持ち) ・ 不可解 ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ (真意を)測りかねる ・ 額面どおりには受け取れない ・ (誰もが)疑心暗鬼(になる) ・ (疑念が)晴れない ・ (国会審議が)空転(する) ・ 同じところを回る ・ なんだかなぁ ・ 真意を測りかねる ・ 持ち家か賃貸か ・ くさい(情報) ・ (会議が)漂流(する) ・ (~との間に)距離を感じる ・ 小田原評定 ・ 警戒(の念) ・ (なれなれしさを)警戒する ・ いぶかる気持ち ・ (△事実と違うのではないかと[真意を])疑う ・ 疑い(を△挟む[差し挟む]) ・ 疑いを持つ ・ 疑いをかける ・ 平行線をたどる ・ なぜだろう ・ 頭をひねる ・ (説明に)首をひねる ・ (小)首をかしげる ・ よく分からない ・ (条件が)折り合わない ・ 適当でない ・ 危ぶむ(ような目) ・ 半信半疑(だ) ・ (返事が)重い ・ 危ながる ・ 問い(を投げかける) ・ 妙な気分(になる) ・  ・ 延々(と)(続く) ・ (疑惑が)頭をもたげる ・ 疑わしい ・ 妙(な動き) ・ 眉に唾をつける ・ 疑問視(する) ・ 利害が合わない ・ 狐に摘まれたよう ・ わだかまるものがある ・ 疑問なしとしない ・ (意見が)まとまらない ・ くねり道が続く ・ (気持ちの上で)引っかかるところがある ・ (どうにも)引っかかる ・ (△どうも[何か])引っかかる ・ (気持ちに)引っかかるところがある ・ 引っかかり(を感じる) ・ 虚実ない交ぜ(の持ちかけ話) ・ すっきりしない(話) ・ 中途半端(な気持ち) ・ 不審(△がる[に思う]) ・ 不審げ ・ 疑心(を抱く) ・ 認められない ・ 納得いかない(という風に眉をひそめる) ・ 怪しい(話) ・ 解せない ・ 勘ぐる ・ (ゲスの)勘ぐり ・ (今ひとつ)ピンとこない ・ もやもや(した気分) ・ 信を置かない ・ インチキくさい ・ 会議は踊る(、されど進まず) ・ (議論が)進まない ・ (△常識的[理論的]に見て)おかしい ・ 水掛け論 ・ 果てしない(議論) ・ 信憑性に問題がある ・ (あの素振りはどうも)臭い ・ 不可解な思い ・ 落ち着かない(感覚) ・ 不信感を抱く ・ (今ひとつ)(という)思いをぬぐえない ・ 腑に落ちない ・ 心理的な影響(が残る) ・ 承知できない ・ おぼつかない ・ (説明に強い)違和感を持つ ・ 面妖(な話) ・ おかしな話(で合点がいかない) ・ 邪推(する) ・ 異な事(をおっしゃる) ・ 神学論争 ・ (説明に)納得しない ・ 謎(△が深まる[の行動]) ・ そういうもんかなあ ・ (議論が)迷走(する) ・ (限りなく)黒に近い ・ 灰色(高官) ・ 不合理(な制度) ・ 疑問符がつく ・ 二転三転(する) ・ 怪訝けげん(に思う) ・ 怪訝な顔(をする) ・ (疑問が)芽生える ・ (会議が)だらだら(と長引く)
(真偽の)区別がつかない情報が錯綜する(真偽の)区別がつかない情報が錯綜する  混乱(が生じる) ・ 複雑(な筋)(のドラマ) ・ (見方が)入り乱れる ・ (文脈が)ねじれる ・ ややこしい(話) ・ 込み入る ・ (もう)何がなんだか ・ 情報の渦(に飲まれる) ・ (情報が)錯綜さくそう(する) ・ (情報が)入り乱れる ・ (さまざまな臆測が)乱れ飛ぶ ・ (虚実)入り交じる ・ (諸説)紛々ふんぷん ・ (うわさが)飛び交う ・ (真偽不明の情報に)もてあそばれる ・ (情報が)交錯(する) ・ 二転三転 ・ いろいろな考え(がある) ・ (話が)込み入る ・ 収拾がつかない定まらない ・ 混線(状態) ・ (複雑に)絡む ・ すっきりしない ・ 世評 ・ 一説(によると) ・ うわさ ・ 流説 ・ 伝聞 ・ 世間の雑音 ・ 俗信 ・ 外聞(が悪い) ・ 風聞 ・ 憶断 ・ 未確認情報 ・ 確度の低い(情報) ・ 小耳に挟む ・ いい加減(な△情報[話]) ・ 流言 ・ 曖昧な情報 ・ 怪情報 ・ 憶説 ・ 空言 ・ 風説 ・ 異聞 ・ 巷談こうだん ・ 巷説こうせつ ・ 諸説(ある) ・ 報道先行(の発表) ・ (乱れ飛ぶ)憶測 ・ 憶測の域を出ない ・ 予想外(の噂) ・ 下馬評 ・ 風の便り ・ 思いがけない(噂) ・ (情報の出所は)不明 ・ あらぬ噂 ・ (隣家の主婦から)耳にした話 ・ 火のないところに煙を起こす ・ あることないこと(言いふらされる) ・ 諸説紛々しょせつふんぷん ・ まぼろし(の大陸) ・ 都市伝説 ・ 陰謀論 ・ 根も葉もない(うわさ) ・ ひそひそ話 ・ でっちあげ ・ いわれのない(噂) ・ 根拠のない情報 ・ 人口 ・ 口コミ ・ 新聞だね(になる) ・ 虚実(とりまぜて語る) ・ 真相がはっきりしない ・ 事実無根 ・ 信じるか信じないかはあなた次第 ・ 虚聞 ・ (~という)説(がある) ・ 飛語 ・ (友人界隈の)茶飲み話 ・ うわさ話 ・ 一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う ・ (情報を)漏れ聞く ・ 漏れ伝わる ・ デマ ・ あり得ない ・ 流言飛語 ・ 虚説 ・ 人づてに聞いた話 ・ 理不尽(な噂) ・ 定まらない ・ 情報が交錯(する) ・ 出所が曖昧 ・ 風評 ・ マスコミ辞令 ・ 新聞辞令 ・ ゴシップ ・ 浮説 ・ 尾ひれがついた話 ・ まとまりがない ・ (分別されるべきものが)一緒になる ・ (互いに)作用し合う ・ 一緒くた(になる) ・ (別の要素が)交じる ・ (分類したカードが)ごっちゃ(になる) ・ ごっちゃにする ・ (AとBを)一緒にする ・ 混融(する) ・ (才能と努力とが)相まって(成功した) ・ 統一性が乱れる ・ (公私を)混同(する) ・ 混然(と融合する) ・ 混然一体 ・ (部屋の中が)めちゃくちゃ ・ (カバンの中が)めちゃめちゃ ・ 雑居(ビル) ・ 玉石混交 ・ (ネットはデマと真実が)無表情に並んでいる ・ 個性豊か(なクラス) ・ こき混ぜる ・ マリアージュ ・ まざる ・ (いいものと悪いものが)まぜこぜ(になる) ・ (問題が)絡み合う ・ (ジャンルを超えた)ごった煮(的)(な音楽アルバム) ・ (要素が)まじり合う ・ 混在(する) ・ 越境し合う ・ チャンポン(にする) ・ 包含(する) ・ しっちゃかめっちゃか(な騒ぎ) ・ (光と影が)輪舞する(空間) ・ 多様性に富む ・ 共存 ・ モザイク状(△の石畳[に並べる]) ・ まだら模様(の景気状況) ・ ミソもクソも一緒 ・ (名作も駄作も)くそ味噌(に扱う) ・ ミックス ・ (問題を)ひとくくり(にする) ・ 入り交じる ・ (人種の)るつぼ ・ (人種の)サラダボウル ・ 混ざる ・ (悲喜)こもごも ・ ぐじゃぐじゃ(になる) ・ 混合(する) ・ 雑音越し(に聞こえる) ・ ない交ぜ ・ 上を下へ(の大騒ぎ) ・ まだら模様(になる) ・ ごちゃごちゃ(になる) ・ ごちゃ混ぜ ・ まざり合う ・ (異物が)混入(する) ・ 雑多(なおもちゃ箱) ・ (どこかに)紛れ込む ・ 混沌(とする)
区別がつかない(未分類)区別がつかない(未分類)  小雨模様 ・ 思わしくない ・ 渾然一体 ・ 一体となる ・ バランスが取れる ・ 境がない ・ 統一がとれる ・ 融合する ・ 騒ぎがあるばかり ・ 混迷 ・ 星雲状態 ・ 言葉の樹海 ・ 痙攣現象 ・ 乱麻 ・ 統御不能 ・ 乱れ ・ 言葉の海 ・ 無統制 ・ ごちゃまぜになる ・ 混交する ・ ややこしくなる ・ 雑然とする ・ まだら模様を描く ・ 複雑 ・ もつれる ・ 区別がつかない一つにする ・ 同じにする ・ まぜこぜにする ・ あいにくぐずつく ・ ぐずつき模様 ・ 溶け込む ・ 一体化する ・ 一つになる ・ 調和する ・ 渾然となる ・ 溶け合う ・ まとまりのない ・ 無秩序 ・ 多様性 ・ 渦中 ・ むちゃくちゃ ・ ばらばら ・ 収拾がつかない ・ カオス ・ コントロールが利かない ・ メルトダウン ・ ぐちゃぐちゃ ・ でたらめ ・ シャッフルされる ・ まじる ・ まぎれれ込む ・ 入りまじる ・ 入り組む ・ 綯い交ぜになる ・ 混み合う ・ 一律に ・ ケジメがない ・ 十把ひとからげ
キーワードをランダムでピックアップ
豪傑ぴんとアナウンス物忌み長ける和音元気いっぱい自発的にお決まりのパターン悪癖を矯める投与吸わせる手に入れたいと思うこの非常事態において怒りをぶつける敵の周辺を探る日本経済を衰弱させる輝きを失っていない人気と実力がバランスしている大国意識を強める
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 4