表示領域を拡大する
あほたれの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
あほたれおろか・知恵がないあほたれおろか・知恵がない  あほ ・ あほう ・ どあほ ・  ・ 単細胞 ・ 頭のゆるい(人) ・ すっとこどっこい ・ 頭が悪い ・ うつけ ・ フラッパー(な娘) ・ 底が浅い ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ 短絡的(な思考) ・ ろくでなし ・ 知的でない ・ 察しが悪い ・ 脳が軽い ・ くだらない(人物) ・ 平均以下 ・ 思い浮かばない ・ 魯鈍 ・ 物覚えが悪い ・ 薄バカ ・ 薄らバカ ・ 識見がない ・ 愚妻 ・ (頭が悪いから)懲りない ・ ぼんやり(している) ・ 浅はか ・ 短慮 ・ 要領が悪い ・ 不肖ふしょう(の息子) ・ (いかにも)屈託がない ・ 話が長い ・ 痴呆 ・ 猿(のような頭) ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ 心ない ・ 思いつかない ・ (人間が)甘い ・ 血の巡りが悪い ・ 能天気 ・ 物分かりが悪い ・ 愚の骨頂 ・ 脳が弱い ・ (仲間の)足を引っ張る ・ 安易(なやり方) ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ 知恵が回らない ・ つたない ・ 能なし ・ 能がない ・ 大愚たいぐ ・ 大バカ者 ・ こけ(にする) ・ 賢愚 ・ (皮肉の通じない)鈍感(な人) ・ (頭が)空っぽ ・ 無能(な上司) ・ 飲み込みが悪い ・ 暗愚 ・ 盲目的(な生き方) ・ 抜け作 ・ 精薄 ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 考えが及ばない ・ 非思考型(の人間) ・ 愚息 ・ 愚か(な) ・ 愚かしい(行為) ・  ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 考えつかない ・ KY ・ 頑愚 ・ 迂愚 ・ 凡愚 ・ 精神薄弱 ・ 無考え ・ 年甲斐もない ・ (頭の回転が)にぶい ・ でくのぼう ・ 未熟 ・ 愚者 ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ 痴愚 ・ 役立たず ・ 仕事ができない ・ 知恵がない ・ 低能 ・ 白痴 ・ 極楽トンボ ・ (お)バカ ・ 左巻き ・ 唐変木 ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ (くるくる)パー ・ 半気違い ・ 愚昧 ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 愚劣 ・ れ者 ・ 頭が回らない ・ 愚鈍(な男) ・ たわけ(者) ・ バカチン ・ 表面的な見方(しかできない) ・ お粗末な脳みそ ・ 親ばか ・ 考えがない ・ 鈍才 ・ 三太郎 ・ バカ ・ バカ者 ・  ・ 愚か者 ・ 愚人 ・ 愚かな人 ・ 愚物 ・ 無能 ・ 脳みそが腐っている ・ 料簡が間違っている ・ 頭が足りない ・ ぽんつく ・ 頓痴気 ・ 頭の弱い(女) ・ たわけ ・ うつけ者 ・ (この)うつけ(!) ・ 単純(な頭) ・ 思考が単純 ・ 知的負荷に耐えられない ・ IQが低い ・ 不肖の(息子) ・ 猿の知恵しかない ・ 笑われ者 ・ 白痴美(の女) ・ 痴人 ・ 天然(ボケ) ・ 頭のねじがゆるい ・ 与太郎(風) ・ どじ ・ 知的障害(がある) ・ 知能障害 ・ 愚か(な判断) ・ 頭の悪い(人) ・ 烏合の衆 ・ 昼あんどん ・ 凡俗(の人間) ・ パッパラパー ・ プア(ー)(な発想) ・ 分からず屋 ・ 与太 ・ 話が通じない ・ 駑馬 ・ 衆愚 ・ なけなしの頭(で考える) ・ べらぼう ・ 甚六 ・ 朴念仁 ・ (この)すっとこどっこい ・ おつむが弱い ・ 出来が悪い ・ 表六玉 ・ 取り柄がない ・ 出来損ない ・ 頭の回転が止まっている ・ 認識不足(の意見) ・ 荒っぽい(議論) ・ (考えることが)子ども ・ 子どもっぽい ・ 軽い ・ 事態を軽く考える ・ 一貫性がない ・ 一貫しない ・ 柔軟性のない ・ △考え[配慮]が浅い ・ 小知 ・ 小知恵 ・ 甘っちょろい ・ (考え方が)若い ・ 未熟(な考え方) ・ (考えが)甘い ・ 脇が甘い ・ ナイーブ(な考え) ・ 足りない(部分がある) ・ 驕りがある ・ 後先を考えない(で始める) ・ 見切り発車 ・ (思考に)深みがない ・ 根は単純 ・ 掘り下げない ・ 掘り下げが足りない ・ 突き詰めない ・ 考えない ・ 無思慮 ・ 締まらない(話) ・ 尻抜け(の法案) ・ うぶ(な考え) ・ 知的負荷の軽い ・ 単純(△に考える[な人間]) ・ 独善的 ・ 慎重さが足りない ・ 緻密でない ・ 不完全 ・ 未完成 ・ (自分の)不明(を恥じる) ・ 愚か(な考え) ・ 薄っぺらい ・ 薄っぺらな考え ・ 理想論 ・ 鼻元思案 ・ 急ごしらえ(の計画) ・ (戦争はいやだ、何としても避けねばならぬ、という)センチメンタル(な議論) ・ 一隅の管見 ・ 青臭い(考え) ・ 愚考 ・ 思慮が足りない ・ 隙がある ・ (思慮が)浅い ・ 明日は明日の風が吹く ・ ケセラセラ ・ 素人考え ・ 熟していない ・ 小才こさい(が利くだけ) ・ 見誤る ・ 考えが足りない ・ 猿知恵 ・ (実際の)役に立たない ・ 安易(な考え) ・ 短絡的(な主張) ・ 短絡(思考) ・ 虫のいい(相談) ・ (深く)考えない ・ 生硬(な) ・ 一直線に考える ・ 単線思考 ・ 詰めが甘い ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄的 ・ ブッキッシュ ・ 机上の空論 ・ 経験がない ・ 乳臭い(ことを言う) ・ 円熟していない ・ 幼稚(なアイデア) ・ 幼い ・ 全体が見えていない ・ 無難(なやり方) ・ 不見識(きわまる話) ・ 浅はか(な) ・ 寝ぼけたことを言う ・ 貧しい(発想) ・ 無考え(の行動) ・ 未成熟 ・ 浅慮 ・ 説得力がない ・ 奥行きがない ・ (考えが)青い ・ 青っぽい(主張) ・ 書生(論) ・ 精神年齢が低い ・ 浅知恵 ・ 知性がない ・ 世間知らず ・ 浅薄(な)(見方) ・ 目先だけの(浅はかな考え) ・ そんな料簡(では駄目だ) ・ 下手の考え休むに似たり ・ 計算し切れていない ・ 拙劣(な対処策) ・ 甘えがある ・ もの足りない ・ 大人になり切れていない ・ 偏った(見方) ・ 一面的(な△見方[考え方]) ・ 見方が浅い ・ 俗物(学者) ・ 薄い ・ 慣れていない ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ (△精神的[社会的]に)幼い ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ よちよち歩き(の若造) ・ (自立も)おぼつかない ・ 経験値が低い ・ 一人前のつもり ・ ガキ ・ 苦労を知らない ・ (まだ)青い ・ 若い(身空) ・ 乳臭い ・ 駆け出し ・ 実力はまだまだ ・ かじっただけ(の) ・ 大人気ない ・ (上つらを)かいなで(しただけ)(に過ぎない) ・ 表面をなぞっただけ ・ 見よう見まね(の技術) ・ 不慣れ(な手つき) ・ 温室育ち(のお嬢様) ・ 経験の乏しい ・ (フランス)かぶれ ・ 形だけ ・ 新参(者) ・ (まだ)子ども ・ 子どもくさい ・ もたもた(している) ・ こせがれ ・ 経験不足 ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 成熟していない ・ 青臭い ・ (まだまだ)お子様(だな) ・ 修行が足りない ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ がんぜない ・ うぶ(な) ・ 気負いが目立つ ・ 鍛えられていない ・ 青侍 ・ 小侍 ・ くちばしが黄色い ・ 若書き(の文章) ・ 習作時代 ・ キャリア不足 ・ キャリアが浅い ・ 若気の至り ・ 稚拙 ・ 若造 ・ 貧弱(な腕前) ・ (人間として)未熟 ・ 大人でない ・ 大人になっていない ・ 口脇が白い ・ 発達が遅い ・ 白面 ・ 青二才 ・ 表層をなめた(程度) ・ 幼稚 ・ 無粋(な質問) ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ ふつつか(者)(ですが) ・ (人の)機微に通じない ・ 身もふたもない(言い方) ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 配慮が足りない ・ 工夫がない ・ 行き届かない ・ 気がつかない ・ (周囲への)配慮がない ・ 気が回らない ・ 品がない ・ ぶま ・ 礼儀作法に通じていない ・ 野暮(な質問) ・ 感覚がにぶい ・ 粗野(なふるまい) ・ 失敗 ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ 無神経 ・ 粋でない ・ 繊細でない ・ 気が利かない ・ つや消し(なことを言う) ・ 及ばない ・ 鈍感 ・ (勘が)にぶい ・ がさつ ・ 抑制のない(振る舞い) ・ 不調法(者) ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ さえない(話) ・ スマートでない ・ 気働きがない ・ 柔軟性がない ・ 至らない(点はお許しください) ・ 不行き届き ・ 融通が利かない ・ 趣のない(店内) ・ 感情に任せた(言動) ・ 大事にしない ・ 生真面目 ・ 露骨(な性描写) ・ (他者の対応が)面白くない ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ 石部金吉 ・ しゃれが分からない ・ 独りよがり(の考え) ・ 独善的(行動) ・ 間抜け(な話) ・ 間の抜けた(事件) ・ ボーンヘッド ・ とんま ・ 情けない(結末) ・ へま ・ 初歩的な間違い ・ あんぽんたん ・ どじ(な強盗) ・ とんちんかん ・ (あの人はどこか)抜けている ・ お粗末(な事件) ・ うとい ・ どじ(な男) ・ 噴飯もの ・ 不明 ・ 無定見 ・ 無分別 ・ 見識がない ・ 不見識 ・ 無教育 ・ 出来の悪い(息子) ・ めくら蛇に怖じず ・ もう ・ 非常識 ・ なじみがない ・ 知らない ・ 浅薄 ・ 未経験 ・ 認識不足 ・ 的確な判断が下せない ・ (財務の)知識に弱い ・ 知識がない ・ 愚か ・ つまらない(人間) ・ 無教養 ・ 無知 ・ 詳しくない ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ (事情に)通じていない ・ 勉強不足 ・ その道に暗い ・ 愚民 ・ 無筆 ・ 無関心 ・ 社会の常識に欠けている ・ 俗物 ・ 不案内 ・ (経済学の)素人 ・ 目に一丁字なし ・ (事情をよく)知らない ・ 教養がない ・ 文盲もんもう ・ (心理学については)門外漢 ・ (政治)音痴 ・ (ネット)リテラシーがない ・ (業界の事情に)暗い ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ (よく)分からない ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ 中途半端に理解する ・ 蒙昧 ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ 暗い ・ いい加減(な理解) ・ 生かじり(の知識) ・ 認識が甘い ・ (よく)知らない ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 定かでない ・ 浅学 ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ 生兵法 ・ まだら(模様)(の知識) ・ ぼんやりした ・ 認識が足りない ・ 付け焼き刃 ・ (自分でも)自信が持てない ・ (認識)不足 ・ 曖昧(な理解) ・ 知識が浅い ・ 当てにならない ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ (理解が)怪しい ・ (理解が)あやふや ・ 表面的(な観察) ・ (どこか)抜けている ・ 優柔不断(の態度) ・ 常識がない ・ (広い)世界を知らない ・ 井の中のかわず ・ 井底せいてい ・ 楽天的(性格) ・ 世間の厳しさを知らない ・ 役者子ども ・ バカ殿 ・ 世間に揉まれていない ・ (詐欺師の言を)疑わない ・ 怖いもの知らず ・ うぶ(な娘) ・ ナイーブ(な若者) ・ ナイーブすぎる ・ 半端(な人間) ・ 危機感がない ・ 苦労知らず(のお嬢様) ・ うかつ(でした) ・ いい子 ・ 世間見ず ・ 総領の甚六 ・ 極楽とんぼ ・ ミーハー ・ だまされやすい ・ 一本気(な若者) ・ 情報弱者 ・ おめでたい(やつ) ・ 浮き世離れした ・ (世事に)うとい ・ 善良(な市民) ・ 心得違い ・ 分別のつかない(子ども) ・ お人よし ・ 人がいい(というかバカというか) ・ 視野狭窄(的)(な見方) ・ 純情 ・ うぶ ・ 温情(ある人) ・ 甘ちゃん ・ (いつまでも)ねんね(で困る) ・ 寛容 ・ つけ込まれやすい ・ (あまり)考えない ・ 井蛙せいあ ・ ノンポリ(学生) ・ (人間の本質に)気付かない ・ ヤワ(な男) ・ 打たれ弱い ・ とっちゃん坊や ・ (根が)単純 ・ (世間の)常識を知らない ・ 物が分からない ・ 分別がない ・ (物の)道理が分からない ・  ・ 道理に暗い ・ 遅進児 ・ 童蒙 ・ 役に立たない ・ 珍説 ・ 訳の分からない(意見) ・ 迷論 ・ 愚論 ・ 俗論 ・ 愚説 ・ 試論 ・ 珍問 ・ 奇問 ・ 愚問 ・ 乱行(に及ぶ) ・ 背徳(行為) ・ 蛮行(を働く) ・  ・ あってはならない事 ・ 考え違い(をしていたようだ) ・ 不正操作(による金銭の引き出し) ・ 不明朗(な会計) ・ けしからん ・ 不正(行為) ・ 不適切(な行為) ・ 罪科 ・ 悪逆非道 ・ 好ましくない行い ・ 堕ちる ・ 許されない(行為) ・ 乱暴 ・ 不都合な事 ・ ばち当たり(をしでかす) ・ いたずら ・ 悪戯あくぎ ・ 十悪(を犯す) ・ アングラ(ビジネス) ・ けしからん行い ・ すねに傷(を持つ) ・ (悪魔に)(魂を)売り渡す ・ 反道徳的(な行動) ・ 道徳に背く ・ 不道徳 ・ 悪逆 ・ 謀略 ・ よからぬ事 ・ (規範から)逸脱した ・ やましいところ(がある) ・ 悪さ(をする) ・ 悪事 ・ 不当な(手段) ・ 毒牙(にかける) ・ 牙をむく ・ 悪の道(に△転落する[迷い込む]) ・ しでかした事 ・ 隠微な形(で)(いじめる) ・ 行儀が悪い ・ 反社会的、非人情 ・ 不行跡(を働く) ・ 暴挙 ・ 罪業 ・ 暴虐 ・ (むごい)仕打ち ・ 不適切な行為 ・ 問題のある事 ・ 生き方を間違える ・ 人の道から外れた(悪い行為) ・ 暴行 ・ 嫌がらせ(をする) ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 天知る地知る我知る子知る ・ 破廉恥(行為) ・ 恥ずかしい(行為) ・ (叩けば)ほこり(が出る) ・ 不始末(をしでかす) ・ 罪深い行い ・ 軽挙 ・ 愚行 ・ (前)非(を悔いる) ・ 非(を認める) ・ 妄動 ・ 遺憾 ・ あるまじき(振る舞い) ・ 極悪(な犯罪) ・ (あいつの)仕業(に違いない) ・ 悪(の限りを尽くす) ・ いじめ ・ 凶行 ・ 罪過 ・ (道理に反する)過ち(を正す) ・ (あまりに)非常識 ・ 罪(を重ねる) ・ (△人の道[足]を)踏み外す ・ (許しがたい)所業 ・ 犯罪性(が疑われる) ・ よくない行い ・ 悪質(な行為) ・ 嫌がらせ ・ 小悪 ・ 悪行 ・ 悪の道に転落する ・ 奸計 ・ 誤った(行い) ・ 不祥事(を起こす) ・ スキャンダル(を起こす) ・ 醜い(事件) ・ 愚挙 ・ 犯行 ・ 非行(に走る) ・ 悪徳(行為) ・ 悪業 ・ (△ルール[マナー])違反 ・ 狼藉 ・ あらぬ振る舞い ・ 心が健全でない ・ 不心得(な言動) ・ 罪(を犯す) ・ 大罪(を犯す) ・ 醜行 ・ 暴力(を振るう) ・ 目に余る(ふるまい) ・ 私見 ・ 愚見 ・ 管見 ・ 短見 ・ 私意 ・ 浅見 ・ 卑見 ・ 思いが及ばない ・ 思考が追いつかない ・ 意識が及ばない ・ (意識が及ばず)放置してしまっている ・ 理路整然と考えられない ・ (仕事のことで)頭がいっぱい ・ ぼーっとしている ・ とんちき ・ (大男)総身に知恵が回りかね ・ とろい ・ ぼんくら ・ 頭の働きが足りない ・ 頭が鈍い ・ 頭の働きが鈍い ・ どんくさい(男) ・ 魯鈍ろどん ・ (何も)考えない ・ 昼あんどん(のような人) ・ 愚鈍 ・ うどの大木 ・ ペースが遅い ・ (日ごろから)ぼんやり(している) ・ (動きが)にぶい ・ おっとり(している) ・ 機転が利かない ・ ぐず ・ 愚か(者) ・ 鈍物 ・ 薄のろ ・ 頭の回転が遅い ・ うつけ(者) ・ のろま ・ おたんこなす ・ (反応が)俊敏でない ・ ぼけなす ・ 機敏さがない ・ 愚帝 ・ 裸の王様 ・ 暗君 ・ 力量もなければ度量もない ・ 与太郎 ・ (よく)へま(をする) ・ うかつ ・ 間抜け ・ 間の抜けた(人物) ・ 間が抜けている ・ すかたん ・ 抜けてる ・ 後知恵 ・ 遅知恵 ・ 精神を損なう ・ サイコパス ・ 死刑囚 ・ (精神に)変調をきたす ・ (人格が)破壊される ・ (頭の)ねじが飛ぶ ・ 不健全 ・ 凄絶(な振る舞い) ・ 奇矯(な振る舞い) ・ すさまじい(形相) ・ 風狂 ・ 狂気をまとう ・ 異常なほどの(執着) ・ 精神異常 ・ 狂わす ・ 普通でない ・ 頭がおかしい ・ 精神が崩壊する ・ 偏執的(なファン) ・ 良くない言動 ・ 精神がおかしい ・ 人が変わる ・ 奇行(が目立つ) ・ 異様な(言動) ・ 発狂 ・ 非常識な言動 ・ 逆上 ・ 危ない(印象) ・ 不審 ・ 病む ・ 怪(女優) ・ 気が変になる ・ △気[人間性]がおかしくなる ・ 狂っている ・ バカになる ・ 取りのぼせる ・ アブノーマル ・ 性格破綻(者) ・ プッツン(△する[女優]) ・ (気が)狂う ・ 頭が狂う ・ 乱心 ・ 正気を失う ・ はちゃめちゃ(な人生) ・ のぼせる ・ 乱心(する) ・ 血迷う ・ 得体が知れない ・ (人格が)ねじ曲がる ・ 狂気(△を感じさせる[の沙汰]) ・ 狂気じみている ・ マッド(サイエンティスト) ・ 狂れる ・ 目が血走っている ・ 人格障害 ・ (精神の)歯車が狂う ・ 惑乱 ・ 陰惨(な事件) ・ 猟奇的(犯罪) ・ 異常性格 ・ (精神に)異常をきたす ・ (△頭[精神]が)いかれる ・ 中二病 ・ (△頭[精神]が)おかしくなる ・ 気が違う ・ 悩乱 ・ (精神が)正常でなくなる ・ (愛欲に)溺れる ・ まともでない ・ まともでなくなる ・ 唾棄すべき(振る舞い) ・ 瘋癲 ・ (悪霊に)(取り)憑かれたような(家政婦) ・ 狂乱 ・ 狂気(にとり憑かれた)(殺人者) ・ 狂気をはらんだ表情 ・ (頭の)いかれた(人) ・ 常軌を逸する ・ (思わぬ行動に)腰が引ける ・ 卑劣(な犯行) ・ 精神のバランスを失う ・ (精神の)ちょうつがいが外れる ・ 奇異(な行動) ・ 過激(な行動) ・ 変な言動 ・ 目に鬼火を燃やす ・ 上ずる ・ 気違い(じみたことをする) ・ 気違い沙汰 ・ 陰湿(ないじめ) ・ 頭が変(になる) ・ 気が触れる ・ 気が触れた(人間) ・ 頭に浮かんでこない ・ ひらめかない ・ (結末が)予想できない ・ (そんなことまで)思いが及ばない ・ (アイデアが)浮かばない ・ 凡庸(な芸術家) ・ 暗愚(な為政者) ・ 能力不足 ・ 愚(妻) ・ 凡才 ・ 能力がない ・ 碌々 ・ 役に立たない(人間) ・ 短才 ・ 不能 ・ 不才 ・ 無才 ・ 痩せ腕 ・ 無能力 ・ 若輩者 ・ 浅才 ・ かかし ・ 不敏ふびん ・ 半人前 ・ 未熟者 ・ 才能に乏しい ・ 非才 ・ 不明(を恥じる) ・ 適性がない ・ 不適任 ・ 不出来(な弟子) ・ 不適格 ・ 無名(の画家) ・ 半人足
キーワードをランダムでピックアップ
師弟ぐでんぐでん仮初末期一日中派出依命SF小説特盛りご芳志威圧感地に足のついた球面鏡適材を適所に置く給水設備愚鈍な男慌てず騒がずやりがいがある法律を適用市場性が薄い商品
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 1