表示領域を拡大する
昼あんどんの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
昼あんどん頭の悪い人昼あんどん頭の悪い人  取り柄がない ・ (この)すっとこどっこい ・ 笑われ者 ・ 烏合の衆 ・ 〔ユニーク〕道化〔/ユニーク〕 ・ 〔ユニーク〕ピエロ〔/ユニーク〕 ・ 痴人 ・ 愚か者 ・ 料簡が間違っている ・ 白痴 ・ 無能 ・ あほ ・ あほう ・ どじ ・ 知的障害(がある) ・ 知能障害 ・ 頭の悪い(人) ・ 天然(ボケ) ・ 頭のねじがゆるい ・ 〔ユニーク〕落ち着きがない〔/ユニーク〕 ・ 頭の弱い(女) ・ 頓痴気 ・ でくのぼう ・ たわけ ・ 傀儡かいらい ・ 猿の知恵しかない ・ 白痴美(の女) ・ 表六玉 ・ パッパラパー ・ 鈍才 ・ 与太郎(風) ・ れ者 ・ 頭の回転が止まっている ・ 単純(な頭) ・ 思考が単純 ・ 話が通じない ・ ぽんつく ・ 頭が足りない ・ 甚六 ・ うつけ者 ・ (この)うつけ(!) ・ 不肖の(息子) ・ 〔ユニーク〕純真〔/ユニーク〕 ・ 知的負荷に耐えられない ・ 出来損ない ・ 分からず屋 ・ べらぼう ・ 凡俗(の人間) ・ IQが低い ・ なけなしの頭(で考える) ・ おつむが弱い ・ プア(ー)(な発想) ・ バカ ・ バカ者 ・ バカにつける薬はない ・ 衆愚 ・ 愚人 ・ 愚者 ・ 愚かな人 ・ 愚物 ・ 愚か(な判断) ・ 出来が悪い ・ 三太郎 ・ 脳みそが腐っている ・ 朴念仁 ・ 駑馬 ・ 与太 ・ とんま ・ 締まらない(話) ・ 初歩的な間違い ・ どじ(な強盗) ・ 噴飯もの ・ (あの人はどこか)抜けている ・ へま ・ 間抜け(な話) ・ 間の抜けた(事件) ・ ボーンヘッド ・ お粗末(な事件) ・ うとい ・ あんぽんたん ・ 要領が悪い ・ 情けない(結末) ・ ぶま ・ どじ(な男) ・ とんちんかん ・ 無定見 ・ 無分別 ・ 不明 ・ 見識がない ・ 不見識 ・ 非常識 ・ 不案内 ・ 無教育 ・ なじみがない ・ もう ・ 浅薄 ・ 未経験 ・ (経済学の)素人 ・ (業界の事情に)暗い ・ 俗物 ・ 社会の常識に欠けている ・ 文盲もんもう ・ 無知 ・ 無関心 ・ 出来の悪い(息子) ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ 知らない ・ (政治)音痴 ・ その道に暗い ・ 詳しくない ・ (財務の)知識に弱い ・ 的確な判断が下せない ・ (ネット)リテラシーがない ・ 無筆 ・  ・ (事情をよく)知らない ・ 愚民 ・ (事情に)通じていない ・ 無教養 ・ めくら蛇に怖じず ・ 勉強不足 ・ 認識不足 ・ 知識がない ・ 教養がない ・ 目に一丁字なし ・ 愚か ・ (心理学については)門外漢 ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ つまらない(人間) ・ いい加減(な理解) ・ 詰めが甘い ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ (よく)知らない ・ 浅学 ・ (認識)不足 ・ 知識が浅い ・ 暗い ・ (よく)分からない ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ (理解が)あやふや ・ 定かでない ・ 生かじり(の知識) ・ 中途半端に理解する ・ (理解が)怪しい ・ (自分でも)自信が持てない ・ 生兵法 ・ まだら(模様)(の知識) ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 表面的(な観察) ・ 付け焼き刃 ・ (上つらを)かいなで(しただけ)(に過ぎない) ・ 認識が足りない ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ 蒙昧 ・ 曖昧(な理解) ・ 当てにならない ・ ぼんやりした ・ 認識が甘い ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ 乳臭い(ことを言う) ・ バカ殿 ・ とっちゃん坊や ・ (世事に)うとい ・ 善良(な市民) ・ 極楽とんぼ ・ 鍛えられていない ・ 情報弱者 ・ だまされやすい ・ (世間の)常識を知らない ・ ノンポリ(学生) ・ ミーハー ・ 総領の甚六 ・ 能天気 ・ 甘ちゃん ・ (人間が)甘い ・ 寛容 ・ 純情 ・ 分別のつかない(子ども) ・ 苦労知らず(のお嬢様) ・ うかつ(でした) ・ つけ込まれやすい ・ 常識がない ・ (詐欺師の言を)疑わない ・ お人よし ・ 人がいい(というかバカというか) ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄(的)(な見方) ・ (いつまでも)ねんね(で困る) ・ 世間に揉まれていない ・ (△精神的[社会的]に)幼い ・ 浮き世離れした ・ 楽天的(性格) ・ (どこか)抜けている ・ 井蛙せいあ ・ 役者子ども ・ (人間の本質に)気付かない ・ 危機感がない ・ 温情(ある人) ・ 世間の厳しさを知らない ・ うぶ(な娘) ・ ナイーブ(な若者) ・ ナイーブすぎる ・ 半端(な人間) ・ (根が)単純 ・ 世間知らず ・ 世間見ず ・ 心得違い ・ うぶ ・ 一本気(な若者) ・ 怖いもの知らず ・ おめでたい(やつ) ・ 井の中のかわず ・ 井底せいてい ・ (あまり)考えない ・ 優柔不断(の態度) ・ (広い)世界を知らない ・ いい子 ・ ヤワ(な男) ・ 打たれ弱い ・ 遅進児 ・ 童蒙 ・ 力量もなければ度量もない ・ 愚帝 ・ 裸の王様 ・ 暗君 ・ 急ごしらえ(の計画) ・ 柔軟性のない ・ 円熟していない ・ 説得力がない ・ 浅薄(な)(見方) ・ 精神年齢が低い ・ 単純(△に考える[な人間]) ・ 下手の考え休むに似たり ・ うぶ(な考え) ・ そんな料簡(では駄目だ) ・ 貧しい(発想) ・ 浅はか(な) ・ (考えが)甘い ・ 一隅の管見 ・ 明日は明日の風が吹く ・ ケセラセラ ・ 薄い ・ 認識不足(の意見) ・ 鼻元思案 ・ 考えが足りない ・ (実際の)役に立たない ・ もの足りない ・ 幼稚(なアイデア) ・ 幼い ・ 甘えがある ・ 猿知恵 ・ 未成熟 ・ 理想論 ・ 薄っぺらい ・ 薄っぺらな考え ・ 浅知恵 ・ 生硬(な) ・ 愚考 ・ 見方が浅い ・ 単細胞 ・ (自分の)不明(を恥じる) ・ 計算し切れていない ・ (考えが)青い ・ 青っぽい(主張) ・ (考え方が)若い ・ ナイーブ(な考え) ・ 知的負荷の軽い ・ (深く)考えない ・ 青臭い(考え) ・ 驕りがある ・ 隙がある ・ 短絡的(な主張) ・ 短絡(思考) ・ (戦争はいやだ、何としても避けねばならぬ、という)センチメンタル(な議論) ・ 浅慮 ・ 小才こさい(が利くだけ) ・ 奥行きがない ・ 目先だけの(浅はかな考え) ・ 思慮が足りない ・ 無思慮 ・ △考え[配慮]が浅い ・ 拙劣(な対処策) ・ 愚か(な考え) ・ (考えることが)子ども ・ 子どもっぽい ・ 不見識(きわまる話) ・ 俗物(学者) ・ 一貫性がない ・ 一貫しない ・ (お)バカ ・ 独善的 ・ 虫のいい(相談) ・ 寝ぼけたことを言う ・ 脇が甘い ・ 全体が見えていない ・ 掘り下げない ・ 掘り下げが足りない ・ 突き詰めない ・ 慎重さが足りない ・ 荒っぽい(議論) ・ 後先を考えない(で始める) ・ 見切り発車 ・ 素人考え ・ 足りない(部分がある) ・ 偏った(見方) ・ 一面的(な△見方[考え方]) ・ (思慮が)浅い ・ 書生(論) ・ 未熟(な考え方) ・ 短慮 ・ 熟していない ・ 甘っちょろい ・ 無難(なやり方) ・ 尻抜け(の法案) ・ 軽い ・ 事態を軽く考える ・ 安易(な考え) ・ 不完全 ・ 未完成 ・ 無考え(の行動) ・ 根は単純 ・ 考えない ・ 見誤る ・ ブッキッシュ ・ 机上の空論 ・ 経験がない ・ 視野狭窄的 ・ 一直線に考える ・ 単線思考 ・ 知性がない ・ 大人になり切れていない ・ 小知 ・ 小知恵 ・ 緻密でない ・ (思考に)深みがない ・ 後知恵 ・ 遅知恵 ・ 低学歴 ・ 高卒 ・ 脳が弱い ・ 低能 ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 魯鈍 ・ 不肖ふしょう(の息子) ・ 仕事ができない ・ 抜け作 ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 思いつかない ・ 半気違い ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 大バカ者 ・ 左巻き ・ お粗末な脳みそ ・ KY ・ 愚妻 ・ 盲目的(な生き方) ・ 頭のゆるい(人) ・ 暗愚 ・ 知恵がない ・ 頭が回らない ・ 心ない ・ 精神薄弱 ・ 浅はか ・ 無能(な上司) ・ たわけ(者) ・ 愚鈍(な男) ・ 凡愚 ・ 考えがない ・ 知恵が回らない ・ 底が浅い ・ 頑愚 ・ 未熟 ・ こけ(にする) ・ ろくでなし ・ 知的でない ・ 識見がない ・ 年甲斐もない ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ 役立たず ・ 考えが及ばない ・ 薄バカ ・ 薄らバカ ・ 能なし ・ 能がない ・ 愚昧 ・ 賢愚 ・ どあほ ・ あほたれ ・ 察しが悪い ・ 非思考型(の人間) ・ 短絡的(な思考) ・ 愚の骨頂 ・ 無考え ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ (くるくる)パー ・ 愚息 ・ 脳が軽い ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ すっとこどっこい ・ うつけ ・ 物覚えが悪い ・ 愚か(な) ・ 愚かしい(行為) ・  ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ バカチン ・ 唐変木 ・ (頭が)空っぽ ・ 精薄 ・ 思い浮かばない ・ 平均以下 ・ 猿(のような頭) ・ 考えつかない ・ 話が長い ・ 頭が悪い ・ 迂愚 ・ 痴愚 ・ 物分かりが悪い ・ 血の巡りが悪い ・ (皮肉の通じない)鈍感(な人) ・ つたない ・ くだらない(人物) ・ 痴呆 ・ 愚劣 ・ 大愚たいぐ ・ 飲み込みが悪い ・ 表面的な見方(しかできない) ・ 無才 ・ 若輩者 ・ 凡才 ・ 不敏ふびん ・ 凡庸(な芸術家) ・ 適性がない ・ 不適任 ・ 短才 ・ 不適格 ・ 半人足 ・ 能力がない ・ 暗愚(な為政者) ・ 非才 ・ 無能力 ・ 浅才 ・ 碌々 ・ 未熟者 ・ 不能 ・ 役に立たない(人間) ・ 半人前 ・ かかし ・ 不出来(な弟子) ・ 無名(の画家) ・ 能力不足 ・ 愚か(者) ・ 才能に乏しい ・ 痩せ腕 ・ 不明(を恥じる) ・ 愚(妻) ・ 不才 ・ うどの大木
昼あんどん意識がぼんやりとする昼あんどん意識がぼんやりとする  ぼさっと ・ 心ここにあらず ・ つくねんと ・ 気が抜ける ・ ぼうっと ・ 酩酊めいてい(した頭) ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ ぼさぼさ ・ ぼそっと ・ うわの空 ・ うつけ(者) ・ 自失 ・ うつろ(な表情) ・ 放心(状態) ・ きょとんと ・ ぽっと ・ 視線の定まらない(目) ・ 気持ちが足りない ・ うつけたように ・ ぼんやり(する) ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ うつろ ・ ぼう然 ・ (話を)聞いてない ・ 注意が散漫 ・ 気持ちが宙を浮く ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ ぽかんと ・ (心は)空っぽ ・ ほうけたように ・ 気抜け ・ (気持ちが)空白になる ・ ぼやぼや ・ (神経が)行き届かない ・ もさっと ・ ぼやっと ・ (手元が)おろそかになる ・ 恍惚 ・ 夢心地 ・ 陶然 ・ 君の笑顔が力になる ・ (生きる上での)慰め ・ 生きて行く力(になる) ・ 癒やし ・ 夢見心地 ・ 収拾がつかない ・ 絶句(する) ・ とんでもない(ことをしでかす) ・ 返す言葉もない ・ 二の句が継げない ・ 言葉が出ない ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(なる) ・ きょとん(とする) ・ 腰が抜ける ・ 腰が抜けそう ・ トンデモ(本) ・ 口を開けて ・ (思い切り)間抜けた(顔) ・ あっけにとられる ・ 呆然(とする) ・ ぽかん(とする) ・ ひっくり返る ・ 思考が(一瞬)止まる ・ 目をむく ・ 声が出ない ・ 仰天(する) ・ 開いた口が塞がらない ・ 口がきけない ・ (口を)あんぐり(させる) ・ あごが外れたかのように(口をあんぐり) ・ 五里霧中 ・ 毒気を抜かれる ・ 言葉にならない ・ 驚くばかり ・ 毒気に当てられる ・ 唖然(とする) ・ (予想外の出来事に)驚く ・ 声を失う ・ 度肝を抜かれる ・ いやになる ・ 目を丸くする ・ 驚愕する ・ 言葉を失う ・ 言うべき言葉もない ・ あまりのことに(返事ができない) ・ ノックアウトされる ・ 愕然(とする) ・ (ファンも)あきれる(愚行) ・ おやおや(、おかしいぞ)、あらら ・ あっけらかんと ・ 途方もない(計画) ・ (大人も)顔負け ・ 恐れ入る ・ 言い返せない ・ よく言うよ ・ しらける ・ (礼儀知らずに)腹が立つ ・ (二人の仲に)当てられる ・ 気抜けする ・ 恐るべき(自信家) ・ ぼう然(と見守る) ・ 耳を疑う ・ 目を点にする ・ 目が点になる ・ 鳩が豆鉄砲を食ったよう(に) ・ お粗末な(言い訳) ・ どろん ・ (どこか)力のない(視線) ・ 目をはっきり開けていられない ・ どろんと ・ 力なくまばたきする ・ 目の焦点が合っていない ・ 焦点の定まらない(視線) ・ 酔眼 ・ 目が死んでる ・ しょぼしょぼ ・ うつろ(な視線) ・ (視線が)さまよう ・ ぼんやり(△した目つき[と見る]) ・ とろん(と)(した目) ・ 生気を欠いた(眼差し) ・ (視線を)さまよわせる ・ 放心(した顔) ・ 表情がない ・ 夢遊病者のよう(に) ・ ぼんやり(した表情) ・ 茫然自失 ・ 呆けたように ・ 締まりがない ・ 魂を抜かれたよう(に) ・ 無表情 ・ ぼう然(とたたずむ) ・ (どこか)力のない(表情) ・ 間抜けづら ・ ぼうっとしている ・ 催眠術 ・ (会議中に)意識が飛ぶ ・ (勉強しながら)船をこぐ ・ まぶたが重い ・ 睡魔に襲われる ・ 催眠 ・  ・ こっくりこっくり ・ こくりこくり ・ 眠たい ・ 眠い ・ 眠たそう ・ 眠そう ・ 眠気(を覚える) ・ うつらうつら ・ 睡眠障害 ・ (まだ)完全には眠りから抜け出していない ・ のぼせる ・ 意識が薄くなる ・ のぼせ(状態) ・ ぼーっと(なる) ・ 気が遠くなる ・ 頭がぼうっとなる ・ 生活態度がおかしい ・ 痴れる ・ 痴呆が出る ・ 変調をきたす ・ とぼける ・ 寝ぼける ・ (頭が)ぼんやり(している) ・ 頭が働かない ・ 焼きが回る ・ 寝起き ・ 認知症 ・ (頭が)ぼける ・ 病みほうける ・ ぼける ・ ほうける ・ こなし ・ 身振り手振り ・ 振り ・ しこなし ・ 態度 ・ アクション ・ 身ごなし ・  ・ (不平を)気振けぶ(にも見せない) ・ 身振り ・ しぐさ ・ 動作 ・ 所作 ・  ・ 物腰 ・ そぶり ・ 居住まい ・ 仕振り ・ ジェスチャー ・ 迷宮 ・ 隠微 ・ かすむ ・ かすんで見える ・ かすれる ・ (間に)紛れる ・ (本質が)ぼける ・ 半透明 ・ 雲をつかむよう ・ 不測 ・ ぼかされる ・ ある(日) ・ 茫々 ・ 不明確 ・ (詳細は)分からない ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ 定かでない ・ 不詳 ・ 不透明 ・ 不正確 ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 判別がつかない ・ にぶい ・ 冥々 ・ (向こう側に)透けて見える ・ 不分明 ・ 八方塞がり ・ 不可測 ・ ほのか(に見える) ・ 埒もない ・ 明らかでない ・ (特徴が)影をひそめる ・ エックス(デー) ・ 不明瞭 ・ 夢のように(おぼろげ) ・ 杳として ・ ほのぼの ・ 隠然 ・ 漠々 ・ 朦朧 ・ 弱々しく(微笑む) ・ ぼんやり ・ 曖昧模糊 ・ (形が)崩れる ・ 未詳 ・ 模糊 ・ おぼろ(月夜) ・ 鮮明でない ・ 確かでない ・ 曖昧(になる) ・ 照明が暗い ・ 区別がつかない ・ 判然としない ・ 未知 ・ ファジー(な) ・ もやもや ・ ほんのり ・ 何らか(の)(対応) ・ ぼやける ・ そこはかとなく ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ 縹渺 ・ 茫乎(として) ・ いい加減(な記憶) ・ 彷彿 ・ 不鮮明 ・ 要領を得ない ・ 曇り ・ 薄々(気付いている) ・ 見境がつかない ・ 不確か(な) ・ 大ざっぱ(な質問) ・ (よく)分からなくなる ・ 不可知の(分野) ・ なんとなく ・ 大局的(な見方) ・ 明確でない ・ (詳細は)つまびらかでない ・ (焦点が)拡散する ・ 漠然(と) ・ 紛れ込む ・ ぼうっと(見える) ・ 不明 ・ 漠(とした)(返事) ・ 濃度が薄まる ・ どことなく(似ている) ・ おぼろげ(ながら) ・ 自明ではない ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ お先真っ暗 ・ 霧の向こうに見える ・ 淡い ・ 淡く ・ 寝聡い ・ うとうと ・ こっくり ・ 眠りが浅い ・ すぐ目が覚める ・ うつうつ ・ 寝苦しい ・ とろりと ・ とろとろ ・ 目ざとい
昼あんどんさっぱりしていて物事にこだわらない性格昼あんどんさっぱりしていて物事にこだわらない性格  気っぷがいい ・ 洒脱 ・ さばさば(した)(性格) ・ 執着しない ・ 男らしい ・ おおらか(な性格) ・ 〔ユニーク〕(見ていて)胸がすく〔/ユニーク〕 ・ こだわりがない ・ 洒落 ・ さばけた(人) ・ 淡々と(述べる) ・ おとなしい ・ あっさり(した性格) ・ 気さく(な人) ・ さくい ・ 瑣事さじに)こだわらない ・ 淡泊 ・ 毒がない ・ 底意地がない ・ 軽く(受け流す) ・ 往生際よく(白状する) ・ さっぱり ・ 〔ユニーク〕飾らない〔/ユニーク〕 ・ 不燃性 ・ さらりと(△した性格[水に流す]) ・ ドライ ・ 枯淡の(境地) ・ 草食系 ・ 気安く(引き受ける) ・ 竹を割ったよう(な)(性格) ・ 平淡(な付き合い) ・ 磊落らいらく(な△性格[態度]) ・ 豪放磊落 ・ さらさらした(気性) ・ 狭量でない ・ 包容力がある ・ (人間が)大きい ・ 海のように(寛大な心) ・ 大陸的(なものの考え方) ・ むやみに責めない ・ 襟度 ・  ・ 機微に通じた ・ 優しい ・ 豪放磊落ごうほうらいらく ・ 寛大 ・ 仏(様)(のような)(人) ・ 広量(なる人間) ・ 細かいことは気にしない ・ 大人たいじん(の風格)(を備える) ・ 余裕がある ・ 小事にこだわらない ・ 理解を示す ・ 大度たいど(のある人物) ・ (明朗)闊達かったつ(な人物) ・ 度量のある(人) ・ ふところが深い ・ 大様おおよう(な性格) ・ ちまちましない ・ 疑わしきは罰せず ・ 分けへだてなく(接する) ・ 独りよがりでない ・ 温情(判決) ・ 煽り耐性 ・ スルースキル ・ 悠揚迫らぬ(態度) ・ 受け入れる ・ 太っ腹 ・ 腹が太い ・ 偏狭でない ・ 海容 ・ 高邁(な精神) ・ 寛容(な態度) ・ 天空海闊 ・ おっとり(した性格) ・ 雅量がりょう(に富む) ・ 度量が大きい ・ 大度量(の人物) ・ 鷹揚(な性格) ・ 寛闊 ・ 大量(の人物) ・ 肝っ玉(母さん) ・ 落ち着きを失わない ・ 落ち着き払う ・ 我慢の限界が遠め ・ 心が広い ・ スケールの大きい(男) ・ 器が大きい ・ 大した(人物だ) ・ (人間的に)幅がある ・ 寛仁 ・ 大目に見る ・ 男気 ・ 目先の利益にとらわれない ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ (小さいことに)こだわらない ・ (何ごとにも)こだわりがない ・ 貞淑 ・ 童貞 ・ 節操 ・  ・ 純潔 ・ 守る ・ きちんとした(女性) ・ 貞節 ・ 貞潔 ・ 身持ちが固い ・ 貞操 ・ 初物 ・ 欲を先延ばしにできる ・ 潔癖 ・ 清廉 ・ (無欲)恬淡てんたん ・ 欲がない ・ 欲がなさすぎる ・ 無欲 ・ 廉潔 ・ 潔白 ・ 廉直 ・ 人生は暇つぶし ・ ストイック ・ 禁欲主義 ・ しらけ世代 ・ さとり世代 ・ さめた感じの人 ・ 肩ひじ張らない(人柄) ・ てらいがない ・ 気を使わない ・ (自分を)飾らない ・ 飾り気のない(性格) ・ 肝っ玉母さん ・ 肝っ玉が据わっている ・ がらっぱち(な性格) ・ フランク(な人柄) ・ 気遣いしない ・ 隠し立てしない ・ 遠慮がない ・ 開放的(な性格) ・ 手放し(で)(喜ぶ) ・ (なんでも)ありのままを見せる ・ 偉ぶらない ・ 打算がない ・ 隔てなく(接する) ・ 隔てのない ・ 下町(△気質[出身]の) ・ (心中を)繕わない ・ はすっぱ ・ 人づきのいい ・ 愛すべき(人柄) ・ 開けっ広げ(な性格) ・ 能天気(な人) ・ あけすけ(な)(性格) ・ フラッパー(な女) ・ (自分を)さらけ出す ・ こだわりのない ・ 正直(な人柄) ・ (何の)腹もない ・ 屈託がない ・ (△本音[感情を])丸出し ・ 取り澄ましたところがない ・ 裏表がない ・ 表裏がない ・ 裏のない ・ 大ざっぱ(な性格) ・ 恥も外聞もない ・ 胸襟を開く ・ オープン(な性格) ・ 開かれた(精神) ・ 気取らない ・ 気取りがない ・ ざっくばらん(な人柄) ・ あっけらかん(とした) ・ 開けっ放し(の性格) ・ 親しみが持てる ・ 軽薄 ・ おきゃん(な娘) ・ 影がない ・ 味わいがない ・ オープンマインド ・ とらわれない ・ (人を)受け入れる ・ (大胆で)物おじしない ・ 砕けた(態度) ・ 本音のまま(行動する) ・ 心を許す ・ 影の部分がない ・ 堅苦しくない ・ 親しみやすい(性格) ・ 大まかな(性格) ・ 無邪気(に笑う) ・ 邪気なく(笑う) ・ 不燃 ・ 燃えにくい ・ 燃えない ・ 不完全燃焼 ・ ドライ(な生き方) ・ こだわらない ・ 超然 ・ 無関心 ・ 行雲流水 ・ 然らぬ ・ 飄然 ・ 虚心 ・ さらりと ・ 融通むげ ・ 空々 ・ 飄々ひょうひょう(とした態度) ・ 然有らぬ ・ あっさり ・ 雲煙過眼 ・ 何気ない ・ 淡々 ・ 飄逸 ・ 淡白 ・ 冷ややか ・ さっぱり(した性格) ・ 虚心坦懐 ・ ノンシャラン(な性格) ・ さりげない ・ 弊履のごとく(捨てる) ・ 突き詰めない ・ 率直 ・ 洒々落々 ・ 馬耳東風 ・ 無頓着 ・ 何心ない ・ 疎々しい ・ 快男児 ・ 快男子 ・ しつこくない ・ 馬の耳に念仏 ・ たち ・ 特質 ・ エトス ・ エートス ・ 特色 ・ 性質 ・ 性格 ・ (地域の)カラー ・ 性状 ・ 性向 ・ 性合い ・ パーソナリティー ・ 物性 ・ 特性 ・ 体質 ・ 持ち味 ・ 個性 ・ 
昼あんどんあっても役に立たない(無用むよう昼あんどんあっても役に立たない(無用むよう  鳴かず飛ばず ・ 徒事 ・ 不用 ・ いらない ・ (あっても)役に立たない ・ 適していない ・ 形なし ・ 始まらない ・ のれんに腕押し ・ 役立たない ・ 詮無い ・ そつ ・  ・ 無駄 ・ 余計 ・ 徒爾 ・ (その実力では)通用しない ・ 〔ユニーク〕(単なる)飾り〔/ユニーク〕 ・ 玉無し ・ だめ ・ ペケ ・ 無用(の長物) ・ 用無し ・ 空文(化した条約) ・ 死に金 ・ 掛け捨て ・ 捨て金 ・ 雑学 ・ 死に学問 ・ 虚学 ・ 俗学 ・ トリビア ・ 無駄事 ・ いかれる ・ 老化 ・ 老廃 ・ 古す ・ 老朽 ・ ひねた(大根) ・ 朽廃 ・ 古ぼける ・ 古くなる ・ 古びる ・ 腐敗 ・ (品質が)落ちる ・ 使い古す ・ 使い終える ・ 贅語 ・ 冗語 ・ 徒言 ・ 贅言 ・ 徒口 ・ (~が)不安材料 ・ (費用が)重荷になる ・ 問題 ・ (ゴルフは風が)大敵 ・ (病弱という)ハンディキャップ(を負う) ・ ハンデ(を抱える) ・ つらい ・ 不利な条件 ・ (を抱える) ・ 悪条件を抱える ・ 悪条件にたたられる ・ 足を引っ張る ・ (仕事をする上での)妨げ ・ 向かい風(を受ける) ・ 束縛(を受ける) ・ 条件が悪すぎる ・ 物事の△成功[成立]を阻む ・ (反対勢力から)抵抗(を受ける) ・ 苦難(を克服) ・ 障害(となる) ・ (古いしきたりが)かせになる ・ 不利な立場に立たされる ・ 壁にぶつかる ・ (消費者にとっての)不利益(をもたらす) ・ 障り ・ (円高は輸出企業の)マイナス要因 ・ (米中関係悪化の)悪影響を受ける ・ いばらの道 ・ 苦しい(時期) ・ 条件が悪い ・ 悪い条件 ・ 厳しい状況に見舞われる ・ (手遅れで)役に立たない ・ 十日の菊 ・ 後の祭り ・ 六日の菖蒲 ・ 企画倒れ(に終わる) ・ おしゃか(になる) ・ 無になる ・ (計画が)ダメになる ・ (努力が)ふいになる ・ おじゃん(になる) ・ (壮大な計画は)不発に終わる ・ (計画が)腰砕け(に終わる) ・ (予選で)失格 ・ 水の泡 ・ (計画が)パー(になる) ・ 実らない ・ ふい(にする) ・ 失敗に終わる ・ (途中で)ポシャる ・ 白紙に戻る ・ 台無し(になる) ・ 不便 ・ 不自由 ・ 便利でない ・ 不利益 ・ 不為 ・ 不経済 ・ 不利(になる) ・ 不得策 ・ ためにならない ・ 迂遠 ・ 回りくどい ・ 二階から目薬 ・ 無駄(な努力) ・ (~した)意味がない ・ 効果がない ・ 月夜に提灯 ・ (結果が)思わしくない ・ 無効 ・ カエルのツラに水 ・ バカらしい(結果) ・ 徒労(に終わる) ・ 期待外れ(に終わる) ・ 釈迦に説法 ・ 豆腐に鎹 ・ 効き目がない ・ 伊達に(英語を習っているわけではない) ・ (思わしい)結果が出ない ・ はかない(抵抗) ・ 甲斐がない ・ (薬など)気休め(でしかない) ・ (結局)役に立たない ・ むなしく(命を散らす) ・ 焼け石に水 ・ (努力が)空回り(する) ・ むやみ(に)(欲しがる) ・ 猫に小判 ・ いたずら(に)(時が過ぎる) ・ 無意味 ・ 闇夜の礫 ・ 馬の耳に念仏 ・ 馬耳東風 ・ 聞く耳を持たない ・ 無益 ・ ぬかにくぎ ・ (愚痴を言っても)しかたがない ・ むなしい ・ (親の小言など)どこ吹く風 ・ 知らん顔 ・ 平気(の平左) ・ 効かない ・ みだりに(入るべからず) ・ (時間が)空費される ・ 成果が出ない ・ 使いっぱしり ・ 駄馬 ・ でくのぼう ・ 並び大名 ・ (頭上にのった飾り物の)シャッポのような(名誉会長) ・ (お)飾り(の会長) ・ (単なる)かかし ・ イエスマン ・ 名前だけ(の副社長) ・ (人間の)くず ・ 役立たず ・ 望まれない ・ どうでもいい ・ 足りている ・ 相当しない ・ 役に立たない ・ (…するには)当たらない ・ (お金は)かからない ・ 重要でない ・ 不必要 ・ 不要 ・ 必要(が)ない ・ 不要不急(の外出) ・ 引き取り手がない ・ (これは)受け取れない ・ (あなたに世話してもらう)理由はない ・ 邪魔 ・ 及ばない ・ 遠慮(しておく) ・ ノーサンキュー ・ 使わない ・ 御無用 ・ 旧式(の機械) ・ (土地が)遊んでいる ・ 余剰(物資) ・ 余計(な)(アドバイス) ・ 有り余る(体力) ・ 遊休(人員) ・ 不必要(な派遣社員) ・ 余り(物) ・ 使い切れない ・ 不急(の人員) ・ 不要不急(の金) ・ 過剰(生産物) ・ 水ぶくれ(した経済) ・ 蓄えに回す ・ 余力(がある) ・ 不毛(な議論) ・ 無意味(な討論) ・ (研究するほどの)意味はない ・ (読む)意味がない ・ 意味をなさない ・ 鼻くそ ・ 意味不明(なことを言う) ・ 無価値 ・ △(報復[課金]しても)何も残らない ・ (単なる)気休め ・ 論ずるに値しない ・ 《誤用》語るに落ちる ・ (努力しても)甲斐がない ・ くず ・ かす ・ ろくでもない(番組) ・ ぼろくそ ・ 紙くず(同然)(の株券) ・ ジャンク(ボンド) ・ 話にならない ・ (使い道がない)死蔵(特許) ・ 利用不能 ・ (読むに)堪えない ・ 無内容(の本) ・ 何が言いたいのかわからない ・ たかが知れている ・ (こんな物に大金を払うなんて)(とんだ)お笑いぐさ(だ) ・ 使い出がない ・ 由無い(長話) ・ 空疎(な議論) ・ 駄品 ・ 死んで花実が咲くものか ・ ちりあくた ・ 形だけ(の友達) ・ いまさら(の告白) ・ 箸にも棒にもかからない(企画書) ・ 屁のような(人生) ・ 無駄(な△行為[出費]) ・ 時間の無駄 ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ ナンセンス ・ (見るに)値しない ・ (批判するだけでは)(何の)プラスにもならない ・ 弊履へいり ・ レームダック(の首相) ・ 建設的でない ・ 非建設的 ・ 値打ちがない ・ 三文の値打ちもない ・ くそ(みたいな日々) ・ バカらしい ・ 空疎(な議論) ・ むなしい(△努力[かけ声]) ・ (お前に指導者の)資格はない ・ 使い道がない ・ ケチ(な商品) ・ つまらない(考え) ・ 一顧の価値もない ・ (浅瀬の)あだ波 ・ へったくれ ・ 無意義(な存在) ・ ぼろかす ・ 的外れ ・ (夫婦喧嘩は)犬も食わない ・ 猫もまたいで通る ・ ばかばかしい ・ 実のない(話) ・ 取るに足りない ・ 論ずるに足りない(存在) ・ 言うに足りない(人物) ・  ・ 下手の考え休むに似たり ・ 存在理由がない ・ とりとめのない ・ 青い鳥を探す ・ 物の数ではない ・ 非生産的(な時間) ・ たわいない ・ たあいない ・ 形式だけ(の定例会議) ・ 三流(作品) ・ 三文(小説) ・ バカ ・ 価値がない ・ (参加する)価値はない ・ 価値のない(土地) ・ 商品価値がない ・ (それは)瓦石がせき(に等しい) ・ 無料 ・ 数に入らない ・ 二束三文(の品) ・ 愚劣(な文章) ・ (関心の)らち外(にある) ・ 価値を感じない ・ (怒っても)始まらない ・ 悪い ・ 不適当 ・ ついていけない ・ (女には)不向き(の仕事) ・ 不適任 ・ (今ここで辞めるのは)うそ(だ) ・ 受け入れられない ・ 不適格 ・ 不適 ・ 不合格 ・ 適さない ・ (条件に)当てはまらない ・ 不都合 ・ 帯に短しタスキに長し ・ 適切でない ・ 不穏当 ・ 失当 ・ 欠格
昼あんどん(のような人)知能が劣っていて、理解や判断、反応が遅い(頭の回転が遅い)昼あんどん(のような人)知能が劣っていて、理解や判断、反応が遅い(頭の回転が遅い)  頭の回転が遅い ・ 愚鈍 ・ とんちき ・ (何も)考えない ・ おたんこなす ・ おっとり(している) ・ 機敏さがない ・ 気働きがない ・ 鈍物 ・ 愚か(者) ・ 唐変木 ・ ぼんくら ・ 頭が鈍い ・ 頭の働きが鈍い ・ のろま ・ 行き届かない ・ ぐず ・ ぼんやり(している) ・ 機転が利かない ・ どんくさい(男) ・ (動きが)にぶい ・ (日ごろから)ぼんやり(している) ・ (反応が)俊敏でない ・ (大男)総身に知恵が回りかね ・ 薄のろ ・ ぼーっとしている ・ 気が利かない ・ 鈍感 ・ ぼけなす ・ うどの大木 ・ 魯鈍ろどん ・ 抜け作 ・ でくのぼう ・ 頭の働きが足りない ・ 血の巡りが悪い ・ 察しが悪い ・ とろい ・ ペースが遅い ・ うつけ(者) ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ さえない(話) ・ 礼儀作法に通じていない ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 配慮が足りない ・ (他者の対応が)面白くない ・ 繊細でない ・ 不行き届き ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ しゃれが分からない ・ 失敗 ・ 野暮(な質問) ・ ぶま ・ 及ばない ・ 露骨(な性描写) ・ 不調法(者) ・ 粋でない ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ がさつ ・ 抑制のない(振る舞い) ・ 感情に任せた(言動) ・ 柔軟性がない ・ 独りよがり(の考え) ・ 独善的(行動) ・ 頭が回らない ・ 感覚がにぶい ・ 気がつかない ・ 粗野(なふるまい) ・ (人の)機微に通じない ・ 石部金吉 ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 趣のない(店内) ・ ふつつか(者)(ですが) ・ 身もふたもない(言い方) ・ 工夫がない ・ 大事にしない ・ 融通が利かない ・ 至らない(点はお許しください) ・ (勘が)にぶい ・ 品がない ・ (周囲への)配慮がない ・ つや消し(なことを言う) ・ 無粋(な質問) ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ スマートでない ・ 無神経 ・ 気が回らない ・ 生真面目 ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ (朝食を)のんびり(味わう) ・ そろり(と) ・ 静か(に)(忍び寄る) ・ 手際が悪い ・ かったるそう(に)(動く) ・ けだるそう(に)(動く) ・ 蝸牛かぎゅうの歩み ・ ぐずぐず(する) ・ 億劫そう(に) ・ (パソコンの)(動作が)重い ・ もっさり ・ ぎくしゃく ・ 鈍根 ・ 大儀そう(に)(身を起こす) ・ 巧遅 ・ 遅速 ・ のろのろ(運転) ・ まだるっこい ・ 波に乗れない ・ もたつく ・ だるい ・  ・ (動きが)鈍重 ・ スロースターター ・ もったいぶる ・ そろそろ ・ (地を)這うような(進行ぶり) ・ 口ごもる ・ のろ臭い ・ 緩やか(な動き) ・ 牛歩(戦術) ・ 時間をかける ・ (動きが)不活発 ・ (仕事が)のろい ・ 悠々(と)(立ち去る) ・ とろとろ(と)(歩く) ・ 一進一退(の動き) ・ 低速 ・ 動作が重い ・ ゆったり(としたしゃべり) ・ スロー ・ スローモーション ・ スローモー(な仕事ぶり) ・ 鈍つく ・ もたもた(している) ・ 遅々(として)(進まない) ・ 遅鈍 ・ 間緩い ・ ちんたら(走る) ・ おもむろ(に)(腰を上げる) ・ 鈍足 ・ のっそり ・  ・ (動きが)遅い ・ まどろっこしい ・ (今日は)元気がない ・ ゆっくり(と)(動く) ・ とどまる ・ 手ぬるい ・ のそのそ ・ ぽつりぽつり(と)(話し出す) ・ のたのた(と)(動き回る) ・ エンジンのかかりが遅い ・ 微速(前進) ・ 微速度(撮影) ・ テンションが低い ・ 薄バカ ・ 薄らバカ ・ 平均以下 ・ 盲目的(な生き方) ・ つたない ・ 物分かりが悪い ・ 白痴 ・ 大愚たいぐ ・ 短慮 ・ 迂愚 ・ 考えが及ばない ・ くだらない(人物) ・ 浅はか ・ 凡愚 ・ 知恵が回らない ・ 大バカ者 ・ 役立たず ・ 非思考型(の人間) ・ 暗愚 ・ ろくでなし ・ 痴愚 ・ 頭が悪い ・ 脳が軽い ・ 底が浅い ・ バカチン ・ 知的でない ・ (皮肉の通じない)鈍感(な人) ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 無能(な上司) ・ 不肖ふしょう(の息子) ・ 愚鈍(な男) ・ 脳が弱い ・ 左巻き ・ 精薄 ・ 愚の骨頂 ・ 魯鈍 ・ 愚劣 ・ KY ・ 半気違い ・ 能天気 ・ 頭のゆるい(人) ・ 愚昧 ・ 無考え ・ 物覚えが悪い ・ 愚息 ・ 思いつかない ・ 賢愚 ・ 愚か(な) ・ 愚かしい(行為) ・  ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ (人間が)甘い ・ 単細胞 ・ たわけ(者) ・ (お)バカ ・ 精神薄弱 ・ 識見がない ・ 思い浮かばない ・ 低能 ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ 能なし ・ 能がない ・ 痴呆 ・ 短絡的(な思考) ・ 仕事ができない ・ お粗末な脳みそ ・ (くるくる)パー ・ 要領が悪い ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ 飲み込みが悪い ・ すっとこどっこい ・ 愚妻 ・ 年甲斐もない ・ 考えつかない ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 考えがない ・ 愚者 ・ こけ(にする) ・ あほ ・ あほう ・ どあほ ・ あほたれ ・ 知恵がない ・ 話が長い ・ 猿(のような頭) ・ うつけ ・ れ者 ・ 表面的な見方(しかできない) ・ 心ない ・ 未熟 ・ 頑愚 ・ (頭が)空っぽ
昼あんどん(のような)(男)よい境遇になれない(うだつが上がらない)昼あんどん(のような)(男)よい境遇になれない(うだつが上がらない)  収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ (二軍で)くすぶる ・ どんくさい ・ 潜伏期間 ・ しがない(サラリーマン) ・ (学生)風情 ・ 芽が出ない ・ 取るに足りない(存在) ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ (長い)下積み(の生活) ・ 器用貧乏 ・ 人気が出ない ・ 開店休業(状態) ・ さえない(中年社員) ・ 売れない(役者) ・ 貧しい ・ 陋巷ろうこうに朽ちる ・ 下っ端 ・ 小者の域を出ない ・ 逆境にある ・ 小心者 ・ 一介(の兵士) ・ ぱっとしない ・ 取り柄がない ・ 鳴かず飛ばず(の二十年) ・ ダサい ・ 〔ユニーク〕甲斐性なし〔/ユニーク〕 ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ 〔ユニーク〕影が薄い〔/ユニーク〕 ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ うだつの上がらない(夫) ・ ケチ(なやくざ) ・ 不遇(の時代) ・ たそがれた(中年男) ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ 敏腕でない ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ (いつまでも)下手したて(でいる) ・ どこの馬の骨か分からない ・ (犬にも)劣る ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ たかが(子ども) ・  ・ 最下層(の人間) ・ 木っ端(武者) ・ 貧乏人 ・ 陣笠(代議士) ・ 並び大名 ・ 下働き(の女性) ・ 底の方 ・ (持つ者と)持たざる者 ・ へっぽこ(役人) ・ ふんどし担ぎ ・ さんピン(侍) ・ さんピン奴 ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ 身分が低い ・ 軽輩(の身) ・ (傘張り)浪人 ・ 低い(身分) ・ うらなり(の子ども) ・ 微官 ・ にある(研究者) ・ イエスマン ・ 役に立たない ・ 脇役 ・ 下積み(時代) ・ 下位 ・ 下座(に座る) ・ 小侍 ・ (私)ごとき(者) ・ 弱小(チーム) ・ 低い地位 ・ 下賤げせん(の者) ・ 微賤びせん(の身) ・ 数ならぬ ・ 取るに足りない(人間) ・ (社会的)弱者 ・ ノンキャリア(官僚) ・ 従属的(立場) ・ 小身 ・ 最底辺(の男) ・ (ほとんど)無意味な ・ (~の)次 ・ 凡人 ・ 下人 ・ 卑賤(の身) ・ 小禄(の身) ・ 微禄(の身) ・ 格下(のチーム) ・ 初心者 ・ しず ・ (男尊)女卑 ・ 虫けら(同然の存在) ・ 下級(国民) ・ 前座(をつとめる) ・ (社会的立場が)劣る ・ (学生の)分際(で生意気だ) ・ 貧しい(人々) ・ つまらない(人間) ・ 末職 ・ 百姓(の子) ・ 雑兵ぞうひょう ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 劣位(にある) ・ 人並みに扱われない ・ しもじも(の皆さん) ・ 下々げげ ・ (相手に)頭が上がらない ・ 微臣 ・ 下風 ・ (芸術家の)端くれ ・ 序列の低い ・ 末端(社員) ・ 組織の末端 ・ 貧賤 ・ 品性の劣る ・ 大部屋女優 ・ わんさガール ・ 雑魚 ・ 平(社員) ・ 素(町人) ・ 次席 ・ うだつが上がらない ・ 雑用係 ・ 下(の者) ・ ちっぽけ(な存在) ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ (グループの)パシリ ・ 微細(の身) ・ 駆け出し ・ 末位 ・ (後輩の)風下に立つ ・ しがない ・ 下仕え(の者) ・ 卑しい(身分) ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ 枯れすすき ・ (酒が)身の破滅(を招く) ・ 身を滅ぼす ・ 都落ち(する) ・ 落ち行く(先は奥州平泉) ・ 落ちぶれる ・ 落ちぶれ果てる ・ 落ちこぼれる ・ (平社員に)降格(する) ・ 落魄らくはく(の身) ・ 落魄無残(な姿) ・ わびしい(姿) ・ (背中に)わびしさが漂う ・ みすぼらしい(格好)(をさらす) ・ 脱落(する) ・ 飽きられる ・ 凋落ちょうらく(する) ・ 零落れいらく(する) ・ 落後 ・ 破滅型(人間) ・ 路頭に迷う ・ 栄枯盛衰 ・ リストラ候補 ・ あまりにもさびしいカリスマの最期 ・ 諸行無常(の響きあり) ・ 置いていかれる ・ たそがれる ・ たそがれて(生気のない人) ・ どん底(の生活) ・ (栄光と)挫折 ・ (役者)崩れ ・ (人気が)失墜しっつい(する) ・ 尾羽おは打ち枯らす ・ 誇りも何もなくす ・ 見る影もない ・ (昔の)面影はない ・ うらぶれる ・ 降任 ・ (ばくちで)身を持ち崩す ・ 蹴落とされる ・ 貧する ・ 貧すれば鈍する ・ 転覆 ・ (△地位が[物乞いにま​で])落ちる ・ 落ちた(偶像) ・ しな下る ・ 地に落ちる ・ 風采が上がらない ・ 落ち目(の芸能人) ・ 落伍(する) ・ (背中に)哀愁が漂う ・ 転落(の道をたどる) ・ (郷里に)逼塞ひっそく(する) ・ (無一文に)成り果てる ・ 成り下がる ・ 没落(する) ・ 没落武士 ・ 失脚(する) ・ (道楽者の)成れの果て ・ (失言が)命取り(になった) ・ 沈淪 ・ 哀れ(な△姿[末路をたどる]) ・ (酒に)溺れる ・ 惨め(な境遇)(に陥る) ・ (支店勤務に)飛ばされる ・ 淪落りんらく(△した女[の淵に沈む]) ・ 食い詰める ・ 精彩を失う ・ (かつての)輝きを失う ・ 破産(する) ・ 落ち武者 ・ うらさびしい(姿) ・ 降職 ・ (担当から)外れる ・ 評判を落とす ・ (親にも)合わせる顔がない(ような酷い生活) ・ (すっかり)衰える ・ 敗残(の人生) ・ (社会の)敗残者 ・ (過去の栄光も)今は昔 ・ (娼婦に)身を落とす ・ 雌伏 ・ (△どん底の生活[社会の底辺]に)沈む ・ 失格(になる) ・ やつれる ・ 光の当たらない(人生) ・ 華やかさと無縁 ・ 脚光を浴びない ・ 路地裏の人生 ・ (俳優業を)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 自分を持て余す ・ 暗い日々を送る ・ (人気が)低迷(する) ・ 放置される ・ 人目を引かない(役回り) ・ ドサ回り専門(の芸人) ・ (社会的に)評価されない ・ 光が当たらない ・ そっぽを向かれる ・ 売り出し前(の映画俳優) ・ 埋もれ木(となる) ・ 下積み(の俳優) ・ 潜在する ・ (売れずに)くすぶる(若手タレント) ・ ブレークできない ・ 関心が集まらない ・ マイナー(な存在) ・ メジャーになれない ・ 知名度が低い ・ 冷や飯を食わされる ・ 無聊ぶりょうをかこつ ・ 無聊ぶりょうがる ・ 忘れられる ・ 目立たない ・ BC級(アイドル) ・ お金がない(絵描き) ・ 人知れず(生きる) ・ 知られずに ・ (社会の進歩から)取り残される ・ 顧みられない ・ 世に出る前(の)(芸能人) ・ へたれ ・ (後景に)押しやられる ・ 雌伏(する) ・ その他大勢(の役どころ) ・ 大根役者 ・ (一向に)芽が出ない ・ もれた(人材) ・ 埋もれたまま ・ 労多くして功少なし ・ 日の目を見ない ・ 所在なく(過ごす) ・ 陰の主役 ・ 苦節(の時代) ・ 置き去りにされる ・ 縁の下の力持ち ・ 縁の下の役回り ・ 裏方 ・ 無名(の俳優) ・ 世に受け入れられない ・ 有名になり損ねた(ミュージシャン) ・ (世間から)注目されない ・ 注目を受けることなく ・ さえない ・ 人気がない ・ うつうつとする ・ 誰の目にもとまらない ・ 活躍の場がない ・ 鳴かず飛ばず ・ 見過ごしにされる ・ 見向きもされない ・ (ヒット作に)恵まれない ・ 日が当たらない ・ 日の当たらない(道を歩く) ・ 三文(文士) ・ 売れない(俳優) ・ 鼻くそみたいな(もの) ・ 普通以下(の生活) ・ 奴隷のよう(に働く) ・ 吹けば飛ぶような(存在) ・ みすぼらしい(姿) ・ 野良犬のような(△自分[惨めさ]) ・ 悲しい(境遇) ・ ミジンコのような(存在) ・ みすぼらしい ・ 惨め(な姿) ・ (自らの立場に)悲哀を感じる ・ 社畜 ・ 人並み以下 ・ 悲惨(な生活) ・ 哀れ(な人) ・ わびしい(食事)
昼あんどんお人よし昼あんどんお人よし  苦労知らず ・ (人畜)無害 ・ (状況に)流される ・ アダルトチルドレン ・ 人がいい ・ 世慣れない ・ 間抜け ・ 素直 ・ 朴直 ・ 頼りない ・ 奇特(な人物) ・ (すぐ)人を信じる ・ (人を)信じやすい ・ 純粋(すぎる) ・ (いい)カモ(にされる) ・ 気が弱い ・ バカ正直 ・ もてあそばれやすい ・ (人間が)ヤワ ・ のんき(者) ・  ・ つけ込まれやすい ・ 無毒 ・ (妻を寝取られる)コキュ ・ 無垢 ・ (お)めでたい(人) ・ 世間知らず ・ (人の)言いなり ・ 温厚(性格) ・ だまされやすい ・ (見ていて)危うい ・ 善良(なる魂の持ち主) ・ (見ていて)はがゆい ・ どじ ・ 真面目 ・ (素朴にして)単純 ・ ぬるい ・ 子どもっぽい ・ じゃがいものような(男) ・ 未熟 ・ 幼稚 ・ うぶ ・ 幼い ・ うかつ ・ (人間が)甘い ・ 毒にも薬にもならない ・ にぶい ・ なめられやすい ・ 純情 ・ 善人 ・ バカ ・ ゆるい ・ お人よし ・ 総領の甚六 ・ 気がいい ・ (相手に)合わせるだけ ・ 無能 ・ おっとり(している) ・ 純朴 ・ 侮られやすい ・ (金を貸したのに裏切られるなんて)いい面の皮(だよ) ・ 好人物 ・ くみしやすい ・ (すぐ)真に受ける ・ (社会的に)スレていない ・ いい人 ・ 素朴 ・ 線が細い ・ 人が良すぎる ・ 愚直 ・ 扱いやすい ・ 天真爛漫 ・ 〔ユニーク〕温厚(な人物)〔/ユニーク〕 ・ 無邪気 ・ あほ ・ 能天気 ・ 主体性がない ・ 優柔不断
もしかしてログインすると表示されますもしかしてログインすると表示されます
キーワードをランダムでピックアップ
気が抜ける旅の空武名テーマ遠回りする正業後にも先にもよっしゃしつこい甘さよぼよぼになる自分が主役になる着せられる誰にも知らせない悪天を突いて進むずさんなやり方練習に打ち込む電源プラグをコンセントに接続腐敗を一掃左官職人の技術が光る許容量の少ない
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 8