表示領域を拡大する

物寂しいの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
物寂しい人けが無く静まり返っている物寂しい人けが無く静まり返っている  門前雀羅を張る ・ わびしい ・ (佇まいに)わびしさが漂う ・ 索莫 ・ 落莫 ・ 殺風景 ・ 寥々 ・ 物哀れ ・ 寂寞 ・ 活気のない(商店街) ・ シャッター通り ・ ひっそり(としている) ・ 寂寥 ・ 蕭条 ・ 寂しい(夜道) ・ 貧寒 ・ 閑散 ・ 蕭然 ・ 喪失感 ・ うらさびしい ・ 蕭々 ・ 荒涼 ・ 蕭殺 ・ (街の)中心部から離れる ・ 中心から外れたところ ・ 村落 ・ 貧寒の地 ・  ・ 辺土 ・ 人口千人(の村) ・ 奥(伊豆) ・ (小さな)集落 ・ (網走)くんだり(まで来た) ・ 都会の喧騒を離れた(生活) ・ 交通が不便 ・ (東京の)郊外 ・ 通勤圏 ・ ひなびた(風情の)(温泉地) ・ (日本の)片隅 ・ ディープスポット ・ 山間(の町) ・ 山間部 ・ 僻村 ・ 郡部 ・ 部落 ・ 山深い(町) ・ (日本の)原風景 ・ (関東の)草深い(土地) ・ 僻遠へきえん(の地) ・ 在所 ・ 最果ての地 ・ 片ほとり ・ 郷里 ・ 豊かな自然 ・ (美しい)自然環境に恵まれた(地域) ・ 近郷 ・ 近在 ・ 国境地帯 ・ 片田舎 ・ 辺境 ・ (埼玉の)在 ・ 村里 ・ (大都市の)近郊 ・  ・ 田園風景が広がる ・ 場末ばすえ(の飲み屋) ・ 農村(地帯) ・ 漁村 ・ リージョナル(な新聞社) ・ 辺地 ・ 僻陬 ・ 山村 ・ 地域(の活性化) ・ 牧歌的(な風景) ・ 風光明媚(な土地) ・ (関東の)眠れる獅子 ・ 辺陬 ・ 文化果つる(地) ・ 北辺 ・ 田園 ・ 地方 ・ ゆっくりと時間が流れるところ ・ 僻地 ・ 人けが少ない ・  ・ 率土 ・  ・ 都会から離れた ・ 発展途上国 ・ 何の楽しみもない(漁村) ・ 田舎 ・ 名古屋から車で二時間 ・  ・ へんぴ(な所) ・ のんびりした(景色) ・ 在郷 ・ 在地 ・ 在方 ・ 奥地 ・ 山奥 ・ ローカル(路線バス) ・ (電車内が)すいてくる ・ 身寄りがない ・ 物が売れない ・ 物価高 ・ 過疎化 ・ 一介 ・ 不入り ・ 資金繰りが厳しい ・  ・ 商売あがったり ・ 失われた十年 ・ ロストジェネレーション ・ (景気の)腰が折れる ・ (景気の)腰折れ ・ 単独 ・ 閑散とする ・ 空景気 ・ 不況 ・ 一軒家 ・ (国民の)元気がなくなる ・ 一人 ・ 開店休業(状態) ・ ただ一人 ・ 客の入りが悪い ・ 売れゆきが悪い ・ 単身 ・ マイナス成長(になる) ・ 不景気 ・ 市況低迷 ・ 一人ぼっち ・ 以前のような生活が出来なくなる ・ 閑散(とした夜の街) ・ (産業が)疲弊する ・ 霜枯れ ・ (業界に)冬の時代(が訪れる) ・ 空席(ができる) ・ 支援する者がない ・ 話し相手がいない ・ 独り ・ 需要が少ない ・ (景気が)陰る ・ しけ ・ 孤立無援 ・ 部屋にこもる ・ (経済が)後退(する) ・ (消費が)退化(する) ・ (経済用語としての)パニック ・ (金融)恐慌 ・ 自分だけ ・ 夏枯れ ・ 誰はばかることなく(号泣する) ・ (人が)まばら(になる) ・ 孤独 ・ 世知辛い ・ 金詰まり ・ 人っ子一人 ・ 閑古鳥が鳴く ・ 単騎 ・ 絶海(の孤島) ・ (△消費[両国の関係]が)冷え込む ・ (経済の)冷え込み ・ お茶を挽く ・ 単独犯 ・ 孤影(悄然)(として去る) ・ 軟調 ・ がらがら(になる) ・ (景気が)停滞(する) ・ 冬枯れ ・ 無人島 ・ 寄る辺ない(身の上) ・ 気重 ・ 人けがない ・ 付け景気 ・ 人けが(少)なくなる ・ (駐車場に)空きができる ・ (駅が)すく ・ (混雑が)緩和される ・ 身一つ ・ (席が)空(あ)く ・ 不活発 ・  ・ 来往 ・ 断腸の思い ・ 哀感 ・ 身も世もない(姿) ・ 音のない(世界) ・ 物音がしない ・ 悲愴 ・ 哀愁 ・ 物静か ・ 心を重くする ・ 清閑 ・ しめやか(な通夜) ・ 深々 ・ 静か ・ 静まる ・ 静まり返る ・ (人々が)行き交う ・ 行き交い ・ 胸が塞がる ・ (場内)粛(として)(声なし) ・ ひそやか ・ (言うべき)言葉もない ・ 往来 ・ 通う ・ ひそまる ・ ひそめる ・ 嘆く ・ 静けさ ・ 悲痛 ・ 言葉が出ない ・ 交通 ・ 悲哀 ・ 憂うべき(事態) ・ 通い ・ 暗然 ・ 切ない ・ (切なさに)息が詰まる ・ うれ ・ 悲しい ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 行き戻り ・ 無音 ・ 上下(する) ・ ひっそり ・ 哀傷 ・ 人通り(が多い) ・ 往還 ・ 通行 ・ 閑静 ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 嵐の前の静けさ ・ 救いのない ・ 救われない(気分) ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 寂々 ・ 哀れ ・ 水を打ったよう(な館内) ・ 人足 ・ 行き帰り ・ ひっそり閑 ・ 往復 ・ 静寂 ・ ミュート ・ 消音(化) ・ どうしたらいいか分からない ・ 腸を断つ ・ 憂う ・ 憂える ・ 行き来 ・ 哀切 ・ 寂しい ・ 心が痛む ・ 寂(として)(声なし) ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ やりきれない(思い) ・ (ご)愁傷(様) ・ 音も無く ・ しじま ・ 嘆き悲しむ ・ 深閑 ・ 閑寂 ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 紅涙を絞る ・ (式が)粛然(と行われる) ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ (儀式が)粛々しゅくしゅく(と)(進む) ・ 寝静まる ・ 静閑 ・ 無声 ・ 哀れ(を催す) ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ (ああ、)なんということだ ・ 幽寂 ・ めいる ・ 寂しがる ・ 心を痛める ・ 時間が止まったような(静寂) ・ 物悲しい ・ 悲傷 ・ 沈痛 ・ 静める ・ うら悲しい ・ ペーソス(を感じる) ・ 寂然 ・ 静けさが部屋を満たす ・ (歩道に)人の流れ(ができる) ・ しんと ・ 暗うつ ・ 悶々(の情) ・ (一人暮らしを)侘びる ・ アラームが鳴らない ・ (ご)静粛(にお願いします) ・ 哀苦 ・ にぎわい ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 山里 ・ 集落 ・ 寒村 ・ 田畑が多い ・ 遠山里 ・ 人里 ・ 片山里 ・ (人家が)ひしめく ・ 人家が集まる ・ 農村 ・ (家が)密集(する) ・ (家の)集まり
物寂しい何となくさびしい感じがする物寂しい何となくさびしい感じがする  哀感 ・ 寂寥せきりょう(感) ・ すがれた(音色) ・ 心寂しい ・ うらさびしい ・ 冬ざれ(の野) ・ 小寂しい ・ (△背中[佇まい]に)わびしさが漂う ・ ブルース調(の曲) ・ 哀調を帯びた(音楽) ・ うらぶれる ・ うらぶれた(姿) ・ (母のいない家は)火の消えたよう(だ) ・ むせぶような(汽笛) ・ 悲しげ ・ 孤独感を募らせる(風景) ・ 寂しげ ・ ぱっとしない ・ もの寂しい ・ どことなく寂しい ・ 場末ばすえ(の映画館) ・ 暗い ・ 寒々とした(風景) ・ (何かに)すがりたい(ような)(気持ち) ・ 見捨てられた(気分) ・ (思い出すと)甘酸っぱい ・ (ユーモアの中に)ペーソス(の漂う作品) ・ (産業が)衰退(する) ・ 愁い(をたたえる) ・ さびれ行く ・ 寂しい ・ しみじみ(した) ・ たそがれる ・ 旅愁 ・ センチメンタルジャーニー ・ 影が薄くなる ・ 哀れさ ・ 萎靡いび ・ けだるい ・ 感傷的(な気分) ・ センチメンタル(な夜) ・ 感傷旅行 ・ 憂い(を帯びる) ・ 満たされない(思い) ・ 見捨てられる ・ 落日(を迎える) ・ 落陽(を迎える) ・ 弱り目(の業界) ・ (旧体制の)弔鐘を聞く ・ 廃る ・ 沈んだ ・ (商店街が)さびれる ・ エレジー ・ 衰亡(△する[に向かう]) ・ 悲しくて滑稽(な恋の物語) ・  ・ 危急存亡のとき ・ (かつての)輝きを失う ・ 光を失う ・ 心に傷を持つ ・ うら悲しい ・ うら悲しさ ・ 空虚(な胸の内) ・ 精彩を欠く ・ 孤独感 ・ 支持が下がる ・ 寂しげ(な風景) ・ リリシズム ・ 叙情(的)(な絵) ・ どこか寂しい ・  ・ (日本経済が)沈む ・ 沈みかける ・ しんみり ・ 盛りを過ぎる ・ (王朝の)秋 ・ むせぶ ・ むせび泣く ・ 顧みられない ・ うら寂しさ ・ 末期(的)(状況) ・ 哀愁を含んだ(メロディー) ・ (人気が)低落(する) ・ 下りになる ・ (業績が)悪化(する) ・ 余情(にひたる) ・ 陰影のある ・ 物悲しい ・ 物悲しさ ・ 寂寥感 ・ プチうつ ・ たそがれた(気分) ・ 弱体化(する) ・ 衰弱(する) ・ 退廃 ・ 悔しさ ・ わびしげ(な雰囲気が漂う) ・ 不況 ・ 胸に染みる ・ 衰残 ・ 家運が傾く ・ 下り坂(にある) ・ (かつての)面影はない ・ (様相が)様変わり(する) ・ 盛者必衰じょうしゃひっすい ・ (人気が)色あせる ・ 色あせて見える ・ 見向きもされなくなる ・ 落伍(する) ・ 栄華が去る ・ うれい(を帯びる) ・ 落ち目(になる) ・ (貴族制が)遠景に退く ・ 遠景に去る ・ (前景から)フェードアウト(する) ・ (△存在感[力]が)後退(する) ・ しっとり(した)(曲) ・ 衰勢(に向かう) ・ 落ちぶれる ・ あきらめ(が漂う) ・ 諦観 ・ 運命を受容する ・ 老大国 ・ (力が)弱まる ・ 弱める ・ 弱くなる ・ (やさしくて)ほろ苦い(思い出) ・ ほろ苦さ ・ 経営難(に陥る) ・ 物思わしげ(な風情) ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ (屋台骨が)傾く ・ 叙情的(な文章) ・ (ちょっぴり)切ない ・ 切なさ ・ 衰運の一途をたどる ・ 衰運に見舞われる ・ 力を失う ・ 弱化(する) ・ (△体制[産業])衰え ・ 時流に乗れない ・ (△力[影響力/勢い]が)衰える ・  わびしさ(が漂う) ・ (優勝)劣敗 ・ (影響力が)風化(する) ・ 栄枯盛衰(は世の習い) ・ 凋落ちょうらく(する) ・ 神通力の低下 ・ 求心力を失う ・ (新聞業界の)地盤沈下 ・ 頽唐たいとう(する) ・ (勢いが)影をひそめる ・ ペーソス ・ 春愁 ・ 哀しい ・ (日本の)没落 ・ (周囲が)よそよそしい ・ 哀愁(△が漂う[を帯びた]) ・ (なにか)暗い雰囲気を持つ ・ (人気が)下降(する) ・ 哀しみ ・ 不安定(になる) ・ 不安定化(する) ・ (基盤が)揺らぐ ・ (△勢力[影響力]に)秋風が吹く ・ (売上げが)ダウン(する) ・ (農業が)疲弊(する) ・ 陰影(のある空間) ・ 泣きそう(な気分) ・ (何だか)泣きたい(気分) ・ (かつての)にぎわいを失う ・ 影のある(美人) ・ 精彩を失う ・ (都会の)孤愁こしゅう ・ 劣化(する) ・ 悲愁 ・ たそがれ(の銀行業界) ・ (意欲)消沈(する) ・ 暗い(表情) ・ (人気に)陰り(が見える) ・ (△力[勢い]が)陰る ・ 廃れる ・ (勢力が)退潮(する) ・ 終わりに近づいている ・ 地に落ちる ・ 憂愁(の秋) ・ (産業が)斜陽化(する) ・ 斜陽(産業) ・ 売れなくなる ・ (表情に)陰り(のある) ・ 悲しみ ・ 下り坂 ・ 衰えが見える ・ 旬を過ぎる ・ メランコリー(な気分) ・ メランコリック(な気分) ・ 朽ちる ・ ウェット(な) ・ 悲哀(を感じる) ・ ブルース(の曲) ・ おごれる者は久しからず ・ 制度疲労(を起こす) ・ 寂しげ(な) ・ 秋(になると物悲しい) ・ 下火(になる)
物寂しい(未分類)物寂しい(未分類)  うれしい ・ やるせない ・ 痛快 ・ 物寂しい ・ 楽しい ・ うら寂しい ・ 喜ばしい ・ 愉快 ・ 心寂しい ・ 侘しい ・ 索漠 ・ ロンサム ・ 寂漠 ・ 淋しい ・ 寂莫 ・ 索然
日本語WordNetによる、物寂しいの類義語

意義素類語・同義語
一人であることからの落胆により特徴づけられる侘びしい孤独心淋しい淋しいわびしい佗しい寂しい薄寂しいうら淋しい物淋しい煢然たる薄淋しい心寂しい侘しいうら寂しい
品格が厳粛である、あるいは憂鬱でさえある陰性慵げ気無性物憂げ憂い辛気臭い心悲しい陰々たる陰気臭い陰気根暗もの憂げ物淋しい辛気くさい陰欝物悲しい陰陰たるうら悲しい物憂い暗い気無精もの寂しい暗鬱気欝懶げ陰気くさい陰鬱湿っぽいもの淋しい気鬱憂鬱
生き物がいない寂しい蕭々たる侘びしげうら寂しげ侘びしい寥々たるうら寂しいわびしい寂しげ物淋しい蕭索淋しいうら淋しい心淋しい薄寂しい心寂しい蕭索たる心寂しげ寂寞たる寂寥たる佗しい心淋げ侘しい寥寥たるうら淋げ薄淋しい寂寂たる
キーワードをランダムでピックアップ
母胎神妙前便飛び回る黄ばむ茶棚分かりにくい手ごめ客あしらい所有主コングロマリット精神に変調をきたす灸をすえる奥の奥やまんば水準より上言うことが信用できないどう計算してもマイナスにしかならない当たり障りなく応じる未経験の仕事に手を染める
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3