表示領域を拡大する

丁寧でないの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
丁寧でない細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)丁寧でない細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)  若書き(の作品) ・ ざっくばらん(な対応) ・ 大きな部分だけ扱う ・ (話が)短絡的 ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ (時間に)ルーズ ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ 細かいことは気にしない ・ 慎重でない ・ 無関心 ・ おろそか(になる) ・ ラフ(なスケッチ) ・ 乱雑(な書き方) ・ おざなり(な仕事ぶり) ・ 大ざっぱ ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ 大まか(に述べる) ・ 大づかみ ・ 隙がある ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ ざっくり(とした話し合い) ・ (金に)締まりがない ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 大筋では問題ない ・ ごつい(印象) ・ (やることが)粗雑 ・ ま、いっか ・ 平均的(な市民) ・ おおよそ ・ およそ ・ あらまし(片付いた) ・ 雑(な仕事ぶり) ・ 粗い ・ 大体(でいいよ) ・ (結果が)大味 ・ 大局的(な見方) ・ 繊細さに欠ける ・ 神経が行き届かない ・ 緻密でない ・ アバウト(な議論) ・ ずさん(な仕事) ・ (書類に)ひと渡り(目を通す) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ 適当 ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ でたらめ(な方法) ・ ブルドーザー(のような)(仕事ぶり) ・ (細部に)とらわれない ・ 荒っぽい ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ きちんとしていない ・ 粗削り(な原稿) ・ (細部など)意に介しない ・ 融通むげ ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ (あえて)細部を省略する ・ 小事にこだわらない ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ 未熟(な文章) ・ 欠点の多い ・ 不備(がある) ・ (金銭に)無頓着 ・ 大ぼっかい ・ 勢いだけ(の漫画) ・ 面倒くさがり屋 ・ こだわらない ・ (監視が)ゆるい ・ いい加減(な作り) ・ 無造作 ・ 平板 ・ 大ざっぱ(な芝居) ・ 若書き(の文章) ・ 総評 ・ 不十分(な対応) ・ がらっぱち ・ 手荒い(対応) ・ 手抜かり ・ 丁寧さが足りない ・ 簡略 ・ がらがら ・ 速読 ・ 丁重さを欠く ・ ドローイング ・ 粗放 ・ 非常識(な扱い) ・ きめの粗い(文章) ・ 一本調子 ・ 素描 ・ 素読 ・ 乱筆 ・ 大事な点 ・ 無駄が多い ・ 大体のところ ・ 芝居がくさい ・ 画稿 ・ 不調法 ・ 棒読み ・ あらが目立つ ・ 大まかに書く ・ 適当(に扱う) ・ 余計なものがない ・ 試作品 ・ プロトタイプ ・ (少々)破綻が見える ・ 仮縫い ・ 不始末 ・ 乱暴(に置く) ・ 陰影に乏しい ・ いい加減(に扱う) ・ 雑(に扱う) ・ 走り書き(のメモ) ・ 読み下し ・ 至らない ・ ごつごつ(している) ・ 仕上げ前 ・ 嫌う ・ 寸描 ・ 小書き ・ 読み下す ・ 大根(役者) ・ 等閑(に付す) ・ 手書き(の製図) ・ やっつけ仕事 ・ なぐり書き ・ メモ ・ デッサン ・ なげやり ・ なげやる ・ ラフ(スケッチ) ・ 内容を大ざっぱにまとめる ・ がたぴし(と)(雨戸を開ける) ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 硬質(の文体) ・ くずした文字 ・ (これまでの流れを)図式化(する) ・ 無理矢理(開ける) ・ あらまし ・ 略図 ・ 概要 ・ 点描 ・ 簡潔 ・ 走り書き ・ 見取り図 ・ 単調 ・ 単なる ・ 散らし書き ・ 転読 ・ ざっと ・ つづまやか ・ 走り読み ・ 見取図 ・ ゆるがせ(にはできない) ・ 下書き ・ 邪険(に扱う) ・ スケッチ ・ なおざり(にする) ・ 学芸会 ・ 粗削り(の作品) ・ 大まか ・ 乱暴に書く ・ 軽んじる ・  ・ 力任せ(に)(引っ張る) ・ 単に ・ 粗描 ・ 粗雑 ・ 戯書 ・ いたずら描き ・ 未消化(の部分が見える) ・ 洗練されていない ・ 簡素 ・ 簡単 ・ 手軽 ・ 筆に任せて書く ・ 飽きのこない ・ (磨きが)足りない ・ 落書き(する) ・ (街角の)グラフィティ ・ ぜい肉が多い ・ 欠点が目立つ ・ がさつ ・ 縮図 ・ 一日一生 ・ 未完成 ・ 単一 ・ 推敲不足 ・ 単純 ・ (下手な字で)書き散らす ・ 粗末にする ・ ただに ・ ざっと読む ・ 書きなぐる ・ (作品の仕上がりが)(まだ)硬い ・ アバウト(に扱う) ・ 読み流す ・ 不行き届き ・  ・ 骨組み(ができる) ・ 簡約 ・ 概貌 ・ 下縫い ・ 手短 ・ 粗笨 ・ 書き捨てる ・ 要図 ・ つぼみ(の状態) ・ 粗末 ・ シンプル ・ 書き流す ・ ぞんざい(に扱う) ・ いけぞんざい(な仕事ぶり) ・ 繁簡 ・ 大要 ・ 粉本 ・ 荒っぽい(作り) ・ 演技力ゼロ(の俳優) ・ おろそか(な扱い) ・ あだやおろそか(には扱えない) ・ 手荒(に扱う) ・ 荒く(扱う) ・ 冷たくする ・ 素描き ・ (天気)概況 ・ くさい芝居 ・ 強引 ・ 一読 ・ 概括(的な報告) ・ 粗略(に扱う) ・ 概評 ・ 疎漏 ・ 粗雑(な作り) ・ ごてごてした ・ 断簡零墨 ・ アウトライン ・ (事件の)あらまし(を話す) ・ 粗々 ・ (現在の)傾向として ・ (組織の)骨組み ・ 主要な部分だけに目を向ける ・ 要約(する) ・ 大局(を見渡す) ・ 大局的(に見て) ・ (情勢を)概観(する) ・ 輪郭 ・ あらかた ・ (法案の)骨子こっし(を説明する) ・ (わが社の沿革を)点描(する) ・ (新役員の横顔を)素描(する) ・ 大部分(の場合) ・ おしなべて ・ 十中八九 ・ (全体の)見取り図 ・ 全体的に ・ 全体として ・ (計画の)大筋(を説明する) ・ 総体(に) ・ ふわっとしている ・ ほぼ ・ 全体的な印象 ・ 要点 ・ そろそろ(帰る時間だ) ・ (計画の)大綱たいこう(を示す) ・ 大枠(で合意する) ・ (計画の)枠組み ・ ざっくり(と)(言えば) ・ 細かい点は問題にしない ・ およそ(考えられない) ・ (内容を)大づかみ(に説明する) ・ (仕送りは七万円台が)平均的なところ ・ 平均して(二時間かかる) ・ (休日は)専ら(部屋で過ごす) ・ 一概に ・ (計画の)基本線(が固まる) ・ なべて ・ 全般の傾向として ・ 一般(に)(女性のほうが寿命が長い) ・ 一般的に(見て) ・ 一般的(な日本人) ・ 大略 ・ 大方(は理解できた) ・ 大まか(に計算する) ・ 荒っぽく(まとめる) ・ おおむね(良好) ・ 九分通り ・ (手数料は無料なのが)普通 ・ 基本的(に)(賛成) ・ 総じて(不満なし) ・ 大ざっぱ(な家計簿) ・ (全体の)骨格 ・ (これくらいの値段が)通り相場(である) ・ 概して(秋には雨が多い) ・ 厳密でない ・ 要略 ・ 提要 ・ 包括的(に)(捉える) ・ 大体(のところ) ・ 大体において ・ あらすじ ・ 九分九厘 ・ アバウト(な見積もり) ・ 概略 ・ おぼろげ(に分かる) ・ ほとんど ・ (今夏は)一体(に)(暑かった) ・ (一年を)通じて(暖かい) ・ 大意 ・ (ドラマの)ダイジェスト(版) ・ 原則(合意) ・ 共通している(印象) ・ 大抵 ・ 摘要 ・ ひと通り(説明する) ・ 大事な点をかいつまむ ・ 大概 ・ 通りいっぺん(の説明で済ます) ・ なまじっか ・ 社交辞令 ・ 拙劣(な文章) ・ イージーゴーイング(な考え方) ・ 精粗 ・ 本気でない ・ 安易(な発言) ・ 至らない(ところがある) ・ 気軽(な気持ちで)(勧める) ・ なまじ ・ 疎密 ・ 形式的 ・ なまなか(な決心では難しい) ・ その場限り ・ 生ぬるい ・ 手ぬるい ・ いい加減(な取り組み) ・ 生煮え ・ (仕事を)ぞんざい(にする) ・ ずさん(な△やり方[仕事]) ・ 義理一遍 ・ 事務的 ・ (あいさつも)そこそこ(に)(出かける) ・ 口先だけ ・ 中途半端 ・ めくら判(を押す) ・ おざなり
丁寧でない ・ 丁寧でない出来が悪い・いい加減に行う丁寧でない ・ 丁寧でない出来が悪い・いい加減に行う  易きにつく ・ 易きについた(やり方) ・ ちゃち(な仕上がり) ・ (△全力[調査]を)尽くさない ・ 急造(の計画) ・ 間に合わせ(のメイク術) ・ 片手間(でやる) ・ 口ばかり(の政治家) ・ 当てにならない ・ 誠意が見えない(答弁) ・ アバウト(な計画) ・ イージー(なやり方) ・ 放漫(経営) ・ お茶を濁す ・ 手抜き(工事) ・ 手を抜く ・ 仕事を流す ・ 形だけ(整える) ・ (底の)浅い ・ 適当(にやる) ・ 漫然と(進める) ・ 甘っちょろい(ストーリー仕立て) ・ 手軽(に済ます) ・ 緻密さに欠ける ・ 詰めが甘い ・ 横着(なやり方) ・ 拙劣(な文章) ・ 真面目でない ・ 見せかけだけ(の優しさ) ・ 不熱心 ・ 怠慢(な) ・ (服装に)無頓着 ・ (いかにも)たやすい ・ インスタント(的)(なやり方) ・ 形式だけ ・ 怠る ・ 手っ取り早く(済ませる) ・ そそくさ(と)(やってしまう) ・ 徹底しない ・ 俗受けする(芝居) ・ (準備が)おろそか ・ バカ(なやり方) ・ 安い(感性) ・ 度しがたい ・ おおらか(な対応) ・ 努力が足りない ・ 小手先(の施策) ・ 出来が悪い ・ 半端(な仕事) ・ 楽ちん(なやり方) ・ (お)粗末(な料理) ・ ブロークン(イングリッシュ) ・ いんちき(英語) ・ 薄っぺら(な感動ドラマ) ・ 中途半端な ・ 無難(なやり方) ・ 安直(な発想) ・ 無造作(な筆づかい) ・ 不完全 ・ 手加減(する) ・ ひどい(出来具合) ・ 乱脈(な運営) ・ 芸のない(案) ・ 頼りにならない ・ 出来がよくない ・ ずさん(なやり方) ・ ぱっとしない ・ 粗雑(な文章) ・ 大ざっぱ ・ なってない ・ いい加減(な△食事[やり方/に行う]) ・ 安手(の三文小説) ・ 不誠実 ・ 不十分 ・ 駄文 ・ そんな(やり方では) ・ ルーズ(な仕事ぶり) ・ 通俗的(な読み物) ・ 雑(な仕上がり) ・ 基本を忘れている ・ 荒っぽい ・ 生煮え ・ 身が入らない ・ 不出来 ・ 書き散らす ・ (報告書の)体をなさない ・ 感動ポルノ ・ 下手 ・ ずべら(な人) ・ ずんべらぼう(な仕事ぶり) ・ 安易(なやり方) ・ 怠けている ・ 真剣さがない ・ 安っぽい ・ やっつけ(仕事) ・ (仕事を一気に)やっつける ・ いいところがない ・ 隙がある ・ 屁のような(演説) ・ 事足れりとする ・ なおざり(な練習態度) ・ おざなり(の計画) ・ 上等でない ・ 安物(のドラマ) ・ (お)粗末(な出来) ・ 俗悪(番組) ・ (深い)考えのない ・ 生半可(な△態度[ことではダメ]) ・ ベタ(な△展開のドラマ[感動物語]) ・ 不徹底 ・ 気合が入らない ・ たるんでいる ・  ・ 推敲不足 ・ (文章に)勢いがない ・ 無造作(な終わり方) ・ 戯文 ・ 難文 ・ (二回読んでも)分かりづらい ・ 冗文 ・ 軽い(文章) ・ ライト(ノベル) ・ 悪文 ・ 三文小説 ・ 拙文 ・ (△文章[話の])(構成が)甘い ・ 書き散らし(の文章) ・ 美辞麗句を並べただけ ・ 脱文 ・ 散漫(な話) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 意図が伝わってこない ・ 衍文 ・ 欠文 ・ 締まらない(話) ・ 緩みのある ・ ぴりっとしない ・ 迷文 ・ 面白くない ・ 情緒(に流れる) ・ 表面的(な言葉) ・ 下手な文章 ・ 説得力不足 ・ 怠慢(な仕事ぶり) ・ 熱意のない(社員) ・ 気のゆるみ(がある) ・ お粗末(な△対応[捜査]) ・ 中身がない ・ 形だけ(の謝罪) ・ 貧寒(たる福祉政策) ・ (仕事を)流す ・ 未熟 ・ 知らず知らず(のうちに) ・ つぼみ(の状態) ・ 半人前 ・ (詰めが)甘い ・ 怠惰(に流れる) ・ いい加減(なやり方) ・ (学業を)おろそかにする ・ ゆるい(生活) ・ 安易(な態度)おざなり(な処置をする) ・ 腑抜けている ・ ゆるい(処置) ・ 感心しない ・ (よく)眠れる ・ 半端(な仕事ぶり) ・ 労をいと ・ 努力をいと ・ おバカ(な対応策) ・ 安直(な解決策) ・ 寝ぼけた(対応) ・ (政策の)貧困 ・ 反復動作 ・ 半熟 ・ (まるで)人ごと(のよう) ・ ありきたり(の応答) ・ 不熟 ・ (まだ)未成熟 ・ だらだら(と) ・ 見劣りのする ・ 易きに流れる ・ 締まりがない ・ 大味(なゲーム内容) ・ おざなり(な)(仕事ぶり) ・ いい加減(な対応) ・ 良くない ・ あっさり(した攻め) ・ (取り組みが)不十分 ・ ちんたら(練習する) ・ 慣れる ・ 慣れがある ・ 不真面目(な態度) ・ 形式的(な対応) ・ お寒い(限り)(の政策) ・ 目立たない(プレー) ・ 甘ったるい(考え) ・ (やり方に)問題がある ・ 頼りない ・ (追求の仕方が)甘い ・ やんちゃ(な男の子) ・ (この程度では)焼け石に水 ・ 幼い ・ (事態を)楽観(する) ・ 官僚的(な対応の遅さ) ・ 青い(みかん) ・ 気合が入っていない ・ 薄い(反応) ・ 一人前でない ・ (態度が)真剣でない ・ (支援が)手薄 ・ 気の抜けた(試合運び) ・ (攻守において)ぱっとしない ・ きりっとしない ・ 成熟していない ・ 雑(な仕事) ・ (どこか)なげやり(な試合ぶり) ・ (単なる義務として)仕方なく行う ・ 熟していない ・ 漫然(と)(△仕事をする[運転する]) ・ 漫然とした(態度) ・ ぬるま湯(的)(な経営) ・ 間延びした(話し方) ・ 寒々しい(政治) ・ 底が浅い ・ 麻痺△する[が生じる] ・ 欠陥だらけ ・ 臨場感のない(リハーサル) ・ やる気がない ・ やる気が見えない ・ 低調(な試合運び) ・ 浅薄(な生き方) ・ 楽な方へ逃げる ・ 安易(な逃げ道に走る) ・ チープ(な方向へ流される) ・ 意識しない ・ なあなあ(で話をつける) ・ そんな(対応では) ・ 発育不全 ・ ひどい(もんだ) ・ 無気力(な態度) ・ 緊張感がない ・ 薄っぺら ・ おざなり(な取り組み) ・ (調査を)尽くさない ・ 消化試合 ・ 間抜け(な対応) ・ 間の抜けた ・ (お)役所仕事 ・ お粗末(な政策) ・ 責任感がない
丁寧でない薄っぺらい作品丁寧でない薄っぺらい作品  甘っちょろい ・ お手軽(な作品) ・ 中身が薄い ・ つまらない ・ 通俗的 ・ しょぼい(作品) ・ お涙ちょうだい(の物語) ・ 薄っぺら(い)(作品) ・ 薄っぺら(な感動話) ・ 大味(な文章)な ・ 退屈(な作品) ・ すかすか(の内容) ・ ちゃち(な作品) ・ お粗末(な仕事) ・ 今出来(のものは深みがない) ・ 大衆向け(映画) ・ 小ぎれい(な作品) ・ 端正でない(文章)愚劣(な) ・ 愚にもつかない ・ 深く掘り下げない ・ (△語彙力[想像力]が)貧しい ・ 二流 ・ 中身がない ・ (低俗で)幼稚(な作品) ・ 型通り(のストーリー展開) ・ 安い(芝居) ・ 亜流 ・ マニュアルに沿った(△やり方[仕事]) ・ 見かけだけ(の仕事ぶり) ・ ライトノベル ・ 甘ったるい(小説) ・ 貧乏くさい ・ 上っ面をなぞる(だけ)(の自己啓発本) ・ 安っぽい ・ のっぺり(した)(人間関係) ・ 底が浅い ・ コクがない ・ すすけた(空) ・ (一向に)面白くない ・ 潤いがない ・ 潤いのない(文章) ・ 乾いた ・ 表面的(な議論) ・ 無個性(な△デザイン[建築物]) ・ 妙味がない(商い) ・ 当たり障りのない ・ 気の抜けた ・ 説得力がない ・ 凡作 ・ シンプル(な構造) ・ きょくがない ・ 蒸留水(△のような話[ように深みがない]) ・ (だらだらと長いだけの)水っぽい(スープのような)(文章) ・ 濃度がない ・ 出来の悪い(映画) ・ 変哲もない ・ あっさり(した印象) ・ 無風流(な) ・ 下等 ・ 武骨(なデザイン) ・ 味わいがない ・ 凡庸(な人物) ・ 間の抜けた(デザイン) ・ 考えが足りない ・ ドライ(な文面) ・ ぱっとしない ・ 安全パイ ・ 情感のない ・ 可もなく不可もない ・ メッキ(の信条) ・ ゆとりがない ・ (この絵には)詩がない ・ 詩情が感じられない ・ たいして良くもないが悪くもない ・ キレが悪い ・ 人情味のない ・ 風情がない ・ メリハリのない(語り口) ・ 影がない ・ 陰影に乏しい(文章) ・ 奥行きがない ・ 抑揚に乏しい ・ 遊び心がない ・ 殺伐とした(世の中) ・ 無聊な(日々) ・ 情の通わない(△世界[関係]) ・ さばさばした ・ 人間臭さがない ・ (味に)深みがない ・ 豊かでない ・ 豊かさがない ・ 平(社員) ・ 名もなき ・ 無名 ・ 小粒(な新人) ・ 味気ない ・ 上等でも下等でもない ・ 凡愚 ・ 沈香も焚かず屁もひらず ・ 大ざっぱ(な文章) ・ 索漠(とした風景) ・ 貧相な(絵) ・ 平々凡々 ・ 面白くない ・ 面白みがない ・ 潤いをなくした ・ 平凡(な) ・ 道具としての(車) ・ 退屈(な△日常[建築物]) ・ 早口(でまくし立てる) ・ (乾いていて)冷たい(印象) ・ 寂しい(人生) ・ 悲しい(人生) ・ (野心的)失敗作 ・ 愛想がない ・ 青臭い(議論) ・ 理想論 ・ 事務的 ・ リスクがない(投資) ・ 情緒がない ・ 情の薄い ・ きめが荒い ・ 薄っぺらな(知識) ・ こだわりを感じられない ・ 愚作 ・ ただ(の)(おっさん) ・ 下作 ・ 凡(人) ・ 並み ・ 緊密でない ・ (特別)良くも悪くもない ・ 独創性に乏しい ・ 取り柄がない ・ 月並み(なセリフ) ・ 人間並み(な暮らし) ・ 人並み(の生活) ・ (どこか)しらじらしい(印象) ・ しらじらした(気持ちになる) ・ しらしらした ・ 拙作 ・ 取るに足りない ・ 無機的(な空間) ・ 無機質(な)(オフィス) ・ メカニカル(なデザイン)機械的(なマシン) ・ いちプレイヤー ・ 大味 ・ 人間味がない ・ 生命感がない ・ 実用一点張り(の作り) ・ 機能本位(のデザイン) ・ 現実的 ・ 駄作 ・ 毒にも薬にもならない(映画) ・ 毒のない(作品) ・ 人畜無害 ・ 遊びがない ・ 十人並み(の娘) ・ あっけらかん(とした神社) ・ 無味無臭 ・ 魅力がない ・ 規格品 ・ かたい(△話[印象]) ・ わびしい(山里の風景) ・ 味がない ・ 薄っぺら ・ 無粋(な建築物) ・ 粋でない ・ 芸がない ・ しがない(演技) ・ いい人 ・ シニカル(な表現) ・ ちゃらちゃらした(若者) ・ 飾りがない ・ 砂を噛むような(生活) ・ ゴムを噛むのような(歯ごたえ) ・ 滑り止め(の大学) ・ そっけない(態度) ・ ドライ(な△現実[世の中/関係]) ・ (東京)砂漠 ・ (都会の)人間砂漠 ・ 無縁社会 ・ 干からびた(△言葉[思想]) ・ 芸も工夫もない(写真) ・ ありふれた ・ 安直(な方法) ・ 安易(な発想) ・ 一般(市民) ・ そつなく(こなす) ・ そつのない(絵) ・ 味を感じない ・ 殺風景(な△冬の浜辺[話題]) ・ 尋常(一様) ・ 不満 ・ 満たされない ・ 趣がない ・ 趣のない ・ 含蓄がない ・ 性急な(歌) ・ (仕上がりが)粗い ・ 味もそっけもない ・ 張り合いがない ・ (△独り者の[飾り物が何もない])寒々しい(部屋) ・ 寒々とした ・ 冷え冷えした(印象) ・ 間延びした(△話し方[顔]) ・ (人生に)彩りがない ・ 簡素(な作り) ・ 無味乾燥 ・ つるんとした(仕上がり) ・ (取り立てて)どうということもない ・ 抒情的でない ・ 余韻が残らない ・ 余韻に乏しい(作品) ・ エリート的な(△文章[生き方]) ・ 普通(の成績) ・ 単調な ・ 無難(な選択) ・ 散文的 ・ 無機質 ・ オーソドックス(なやり方) ・ 頼りない(日々) ・ 類型(にした作品) ・  たいしたこと(が)ない ・ 情趣のない ・ パサパサした食感 ・ (これといった)特徴がない ・ 情の移らない(シンプルなデザイン)
丁寧でない(未分類)丁寧でない(未分類)  口汚い ・ 罵詈雑言 ・ 礼儀にはずれた ・ 口が悪い汚い ・ びろうな ・ 下品な ・ 口汚く ・ 聞くに堪えない ・ 見下したような ・ 砕けた ・ 柄の良くない ・ 無頓着な ・ ぶっきらぼうな ・ 無定見 ・ 調子がいいだけ ・ ルーズちゃらんぽらん ・ 遊び半分 ・ つっけんどんな ・ 切り口上 ・ 温かみのない ・ 思いやりがない ・ 乱暴な ・ 手を抜いた ・ ちゃら ・ 心がない ・ 着実でない ・ 粗めに ・ いい加減な ・ 大ざっぱな ・ 手順を踏まない ・ 崩し字による ・ 落書きのような ・ ぞんざいな ・ ミミズが這ったような ・ よく読めない ・ 筆下手 ・ グシャグシャ ・ スカトロジー ・ 心ない ・ 差別的な ・ 野卑な ・ 下ネタ ・ 品がない ・ 横柄な ・ はすっぱな ・ 飾り気のない ・ チャラチャラする ・ 適当にやっつける ・ 無責任 ・ おちゃらかす ・ いやいやながら ・ 礼を欠いた ・ 無礼な ・ 行き届かない ・ 乱雑な ・ チャランポランな ・ 雑な ・ いやいや ・ 丹念でない ・ 心のこもらない ・ 書きなぐり ・ 踊った文字 ・ カナクギ流 ・ 判読の難しい ・ 乱筆乱文による ・ 汚い ・ 乱れた
キーワードをランダムでピックアップ
業病雑煮名誉きっぱりと言うたらい底固め勘が鋭い請負人基礎医学必然的平凡な尽くさない筒状仕事の依頼しおらしくなげやり熱心にきく婉曲な言い回し後先を取り違える敵陣を攻略する
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 5