表示領域を拡大する

得意技の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
得意(技)上手/得意得意(技)上手/得意  卓抜(△した手腕[なセンスの持ち主]) ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ スムーズに ・ 流れるように ・ (見る者を)引きつける ・ まんまと(逃走する) ・ いい味を出している(役者) ・ 巧打(を見せる) ・ 技巧(派) ・ (△詩[楽器]を)くする(人) ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ 熟達(している) ・ 底力のある(強いチーム) ・ (やる事に)そつがない ・ そつなく(こなす) ・ 水際立った(手腕) ・ 得意(技) ・ 習熟(した動作) ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ 見事な手さばき ・ 見事(な)(技) ・ 名人芸 ・ 上手 ・ (数字に)強い ・ 剛腕(投手) ・ (能力に)優れる ・ 腕に覚えがある ・ (事を)手回しよく(進める) ・ (君にしては)上出来 ・ (剣術の)達人 ・ 巧妙 ・ (対応が)落ち着いている ・ ドンピシャ(のタイミング)(で打つ) ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ ファイン(プレー) ・ 丁寧(な対応) ・ 小気味よく(料理する) ・ 十八番 ・ (左官職人の)技術が光る(漆喰の家) ・ つぼを押さえている ・ 悪達者 ・ 抜きん出た(能力) ・ 巧味 ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ 神がかり的(演奏) ・ 手慣れている ・ 手慣れたもの ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ 手綺麗 ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ 巧(拙) ・ (手芸は)プロの域 ・ 稀代(のピアニスト) ・ 能力が高い ・ (その構え、)ただ者ではない(な) ・ (お主)やるな ・ 的を射た(助言) ・ (プレイのうまさに)驚かされる ・ (演技が)際立つ ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 超絶技巧 ・ 器用(にこなす) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ (与えられた仕事を)手堅く(こなす) ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 巧みに(△操る[やってのける]) ・ 高度な技術を持つ ・ 堂に入る ・ 至妙 ・ ゴッド(ハンド) ・ 黄金(の右足) ・ (安打)製造機 ・ 技あり(の一打) ・ うわて ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ 流れるような(所作) ・ 手練しゅれん(の早業) ・ 渋い(バッティング) ・ ナイス(ピッチング) ・ 達者(な芸) ・ (動作に)迷いがない ・ 早業 ・ (監督の手腕)恐るべし ・ 無駄がない ・ (剣術の)腕が立つ ・ (漱石)ばり(の)(文章) ・ (技術的に)うまい ・ (道具を)うまく(扱う) ・ 適正な判断(をする) ・ 適正に処理(する) ・ (試合)巧者 ・ 八丁 ・ (語学が)堪能 ・ (中国語が)ぺらぺら ・ 適正な判断 ・ お家芸 ・ 玄人はだし(の腕前) ・ 本職はだし(の腕前) ・ (守備力に)定評がある(選手) ・ 危なげがない ・ 文句なし(の技能) ・ かっこよく(踊る) ・ 発想がすごい ・ (扱いが)身についている ・ 様になっている ・ 年季が入った(技)(を見せる) ・ 心憎い(出来ばえ) ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ (腕の)冴えた(職人) ・ (ピアノを)思うまま(に)(操る) ・ 得手えて ・ きれいに(決める) ・ 堂に入ったもの ・ 素人離れ(した腕前) ・ たやすく(扱う) ・ 確か(な)(腕前) ・ 巧遅 ・ すぐれた腕前 ・ 上級者 ・ 飛鳥の早業 ・ 腕達者 ・ スキルがある ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 精妙(な技術) ・ 他の追随を許さない ・ 落ち度がない ・ 落ち度なく(役目を終える) ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ (努力の)天才 ・ 小味(な演奏) ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ (英語なら)(誰にも)負けない ・ 頭脳的(な試合運び) ・ 頭脳プレー(を見せる) ・ 退屈させない ・ あきさせない ・ (ギターの)キレがいい ・ 優れた技量(を持つ) ・ (槍の)使い手 ・ 絶妙 ・ 立派に ・ 利け者 ・ (その道の)プロ ・ (書道の)名人 ・ 専業(作家) ・ 免許皆伝 ・ (ピアノの)貴公子 ・ 渋味を持つ ・ 仕事師 ・ 書をくする ・ マニア ・ し慣れる ・ 抜群の身体能力 ・ らつ腕 ・ (力が)伸びる ・ (棋士が深い読みの入った)巧手(を放つ) ・ 名手(を打つ) ・ (トレンド)ウォッチャー ・ まろやか(な味わい) ・ (バイオリンの)名手 ・ 腕のいい(コック) ・ 次のレベルに進む ・ レベルアップ(する) ・ 進級する ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人) ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ 味が出る ・ 達意(の文) ・ 対戦相手も絶賛する ・ 目立つ活躍 ・ (車に)こだわる ・ 慣熟 ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ 油断できない ・ 侮れない ・ (全く)自然(な見た目) ・ 老熟 ・ ベテラン(の域に達する) ・ ちょうどいい ・ ドンピシャの(タイミングで) ・ 絶妙の ・ (ナイフ)使い ・ 不自然さがなくなる ・ 自然(な演技) ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ (誰もが)あっと驚く ・ (見る者を)驚かせる ・ 大人の演技 ・ 力演(する) ・ (主人公が舞台の上に)生身の人間として存在(する) ・ 途方もない ・ (文章が)うまい ・ (文章が)上手 ・ 練達 ・ 熟達(する) ・ 超絶技巧(の演奏) ・ 板につく ・ (演技に)幅が出る ・ 軽業(的)(な身のこなし) ・ 老巧 ・ 華麗(な一本背負い) ・ 長足の進歩(を遂げる) ・ 高度な技能を備える ・ 熟す(る) ・ 味のある(芝居) ・ アカデミック(な人) ・ (何ともいえない)味がある ・ 見事 ・ 優秀(な左官工) ・ 絶妙さ ・ 独特の節(回し) ・ 昔取った杵柄 ・ (機械の取り扱いに)習熟(する) ・ 熟成(する) ・ 安定した(芸) ・ 早業(的な送球) ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ うまくなる ・ (野菜)ソムリエ ・ 名調子(を聞かせる) ・ 力がつく ・ 敏腕(プロデューサー) ・ 妙技(を見せる) ・ すらすらと書く ・ (芸が)枯れる ・ すご腕 ・ 物慣れた(様子) ・ 有能 ・ 力強い(筆致) ・ 墨痕鮮やか(に書きあげる) ・ (難しい技を)確実に成功させる ・ 高度な技術 ・ 鮮烈な(一撃) ・ (ネット)ジャンキー ・ 健筆(をふるう) ・ 人間業とは思われない ・ スーパープレイ ・ スーパー(ロングシュート) ・ ミラクル(キャッチ) ・ 奇跡(の大逆転) ・ 器用 ・ (見た目に)無理がない ・ (尻上がりに)よくなる ・ 美文字 ・ 離れ技(を演じる) ・ 円熟(した演技) ・ コクのある(演技) ・ 達筆 ・ 怪腕 ・ 手筋がいい ・ 天才的(な) ・ のびのびとした字 ・ 字がうまい ・ 躍動美 ・ 能筆 ・ 忍者的(スーパーキャッチ) ・ (高難度のゴールを)鮮やか(△に決める[な着地]) ・ すさまじい ・ (練習によって)(大きく)化ける ・ (数か月の特訓で)大化けする ・ 道理が分かっている ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ ただ者ではない ・ 玄人受け(する) ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ (運転技術に)習熟(する) ・ サーカスのような(パフォーマンス) ・ 老練 ・ 凄みのある ・ (調子が)上向きになる ・ 芸達者 ・ 練熟 ・  ・ 怪物的(なプレー) ・ 常識で計れない ・ 的確に処理する ・ 一流 ・ (役が)乗り移ったかのような(演技) ・ 流れるような(華麗な動き) ・ (投資の)達人 ・ 美技(を披露する) ・ 練達(の△士[医師]) ・ (軽妙)洒脱(な話術) ・ 目の覚めるような ・ (役柄を)名演(する) ・ 名演技 ・ 大人のたしなみ ・ 進歩向上(を図る) ・ セミプロ ・ 手利き ・ 書聖 ・ 敏腕家 ・ 様になる ・ 端正な字 ・ 機敏な(動き) ・ 商売人 ・ (演技に)脂が乗ってきた ・ 脂の乗り切った(ピアニスト) ・ 能文 ・ ため息の出る(ような)(バッティングセンス) ・ 能力がある ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ 技量が上がる ・ 遣り手 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレー) ・ 得意の喉を披露(する) ・ 上手になる ・ (堺雅人の)当たり役 ・ (才能が)花開く ・ (努力の上に)花が咲く ・ 無理がない ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ 技術のある(会社) ・ エキスパート ・ (包丁さばきが)冴える ・ 筆耕(料) ・ 進境著しい ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ 熟練(した技能) ・ 使い慣れた(万年筆) ・ 名演説 ・ 味わい深い(小説) ・ 深みが出る ・ 玄人 ・ (プレーに)磨きがかかる ・ 研究者 ・ すばらしい ・ ファインプレー ・ ほれぼれする(ような筆さばき) ・ 名筆 ・ (文章が)こなれている ・ すぐれた演技 ・ 神技 ・ 優れた技量を持つ ・ 才筆(をふるう) ・ 雄渾ゆうこんな(筆の線) ・ 職人 ・ 職人技 ・ 目の肥えた(消費者) ・ 超人的(な) ・ (何度も着て)着慣れ(する) ・ 達者な筆使い ・ 頭が切れる ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ 好演(する) ・ 怪演 ・ (その道を極めた)マイスター ・ 筆が立つ ・ 麗筆 ・ 技巧派 ・ 曲芸的(な技) ・ 繊細な筆跡 ・ 据わりがいい ・ アクロバット(的) ・ (料理の)手が上がる ・ 見栄えのする働き ・ (本当の)芸が萎縮している ・ 強烈な(パンチ) ・ (大きく)成長(する) ・ 称賛される行為 ・ 見事(な語り口) ・ (弁舌に)長ける ・ 人間離れ(した)(動き) ・ しなやか(な身のこなし) ・ (作家として)成熟(する) ・ 神業(△的な包丁さばき[と言うしかない]) ・ 年功 ・ クリーン(ヒット) ・ 経験豊か(な)(講師) ・ 背伸びしたところがない ・ 仕事熱心 ・ 手だれ(の剣客) ・ 優れた腕前 ・ しっくり(△する[くる]) ・ 剛腕 ・ ラスト二秒の ・ (いい)記録が出る ・ けた外れの(人間) ・ ぴったり(する) ・ 胸のすく(ようなプレー) ・ すらすら(と)(書く) ・ 切れ者 ・ (さらに)上達(する) ・ (ゴルフの)腕が上がる ・ 腕を上げる ・ 手慣らす ・ 腕が立つ ・ 手慣れる ・ 声涙ともに下る(名演説) ・ 業師 ・ 能力が上がる ・ プロフェッショナル ・ 技能(工) ・ 完成度の高い(演奏) ・ 完成されている ・ (書道に)達する ・ 安定感がある ・ 手だれ(の使い手) ・ 手腕家 ・ 老成(した文章) ・ 熱演(する) ・ 有段者 ・ 失敗(すること)がなくなる ・ (成績が)ぐんとアップ ・ 安定している ・ 名取り ・ (精進の)成果が出る ・ (技術が)向上(する) ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ 目の覚める(ような)(ホームラン) ・ 百発百中 ・ 確立された ・ 能書(家) ・ オタク ・ 鍛えた(腕前) ・ 並外れた ・ (道具が)(手に)なじむ ・ 力量のある(作家) ・ (能力的に)進歩(する) ・ 頑固一徹(の職人) ・ 熟練(工) ・ (芸が)円熟(する) ・ 本物(の職人) ・ 美しい△文字[筆跡] ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ (学力が)伸長(する) ・ 楽(に勝てる) ・ あっけなく ・ 手もなく(ひねられる) ・ ちょろい ・ まんまと(金を巻き上げる) ・ 易しい ・ どうという事はない ・ 児戯に等しい ・ 自慢の技を披露する ・ 嚢中の物を探る ・ 余裕(がある) ・ 平たい ・ 楽々(と)(やってのける) ・ 楽勝 ・ 人前で演じる ・ みすみす ・ 鮮やか(なプレー) ・ 見事な(勝ちっぷり) ・ 見事に ・ 抵抗なく ・ (お)手軽(に読める短編小説) ・ 手軽い ・ 手軽く(やってのける) ・ (△するのが[極めて/拍子抜けするほど])簡単 ・ (いとも)簡単に(やってしまう) ・ 事もなげに(やってのける) ・ たわいない ・ いいところを見せる ・ 得意 ・ お手のもの ・ 器用に(こなす) ・ (いとも)たやすい ・ すぐわかる ・ 芸(を披露する) ・ 簡易 ・ 役不足 ・ 苦もなく(やってのける) ・ 軽易 ・ すぐできる ・ 問題なく(できる) ・ 問題ではない ・ (模範)演技 ・ お茶の子(さいさい) ・ すらすら ・ 見せ物 ・ イージー ・ すんなり(と)(終わらせる) ・ かっこいい姿を見せる ・ 易々 ・ やすやす(と)(やってのける) ・ 世話がない ・ 朝飯前 ・ パフォーマンス ・ 妙技 ・ お安い(御用) ・ 手っ取り早い ・ あっさり(やってのける) ・ (こんなことは)序の口(だ) ・ スムーズ(に)(進める) ・ 人々を楽しませる ・ 片手間(に)(やってのける) ・ 容易 ・ (歌舞伎の)荒事あらごと ・ 物ともせずに ・ 赤子の手をひねるよう ・ 安直 ・ むざむざ ・ 一寸 ・ 易い ・ (歌舞伎役者が)見えを切る ・ けれん ・ ゆとりを持って(できた) ・ (本領を)発揮する ・ 上手に(やる) ・ 何でもない ・ 何のことはない ・ 心配はない ・ 無造作(に)(相手を負かす) ・ 造作(も)ない ・ 造作なく(解決する) ・ 安易(なやり方) ・ (~するのは)訳(が)ない ・ 訳なく(合格する) ・ 技(を見せる) ・ うまく(やってのける) ・ 難なく ・ (人の物を)気安く(使うな) ・ 底力を見せつける ・ ハードルが低い ・ たなごころを返す ・  ・ (周囲を)脱帽させる ・ あっと言わせる ・ 美技 ・ 屁のかっぱ ・ 平易 ・ 生易しい ・ (仕事のあとのビールは)たまらない ・ 豪儀 ・ 並を超えている ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ (前作を)しのぐ(傑作) ・ 抜群 ・ 優秀 ・ 長じる ・ すごい ・ 冠絶 ・ 高める ・ 傑出(する) ・ ずば抜ける ・ 振るった ・ 引き立つ ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 比倫を絶する ・ すこぶる(つき) ・ 勝る ・ 抜け出る ・ 褒める ・ 尤なる ・ 圧倒的 ・ (高く)評価する ・ (演歌は)日本の心 ・ 抜きん出る ・ 重立つ ・ 上乗 ・ 美しい(音楽) ・ 超越 ・ 胸を打たれる ・ 華麗(なダンス) ・ 超絶 ・ 卓出 ・ (他より)目覚ましい ・ 傑(物) ・ いみじくも ・ 際立つ ・ 映えた(写真) ・ 驚嘆(に値する) ・ (ライバルの)上を行く ・ 水際立つ ・ 突出(している) ・ 精彩 ・ 越す ・ 優れた ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 卓絶 ・ 卓抜 ・ 高い ・ 傑作 ・ 凄絶(な)(魅力) ・ 頭角を現す ・ あっぱれ ・ 不滅(の作品) ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ (同業他社より)卓越(した技術) ・ 敬意を表する ・ ずば抜けている ・ 軽妙 ・ 結構 ・ しのぐ ・ 異彩(を放つ) ・ 勝つ ・ 劣らない ・ 輝かせる ・ (△能力[結果]が)上回る ・ 光彩 ・ 迫真(の演技) ・ 規格外(の選手) ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ 秀逸 ・ 最高 ・ 輝く ・ 親勝り ・ (師より)優れる ・ 特異(な才能) ・ 目立つ ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ 優位に立つ ・ 不朽(の名作) ・ 畢生(の大作) ・ 一流(のサービス) ・ (ひときわ)光芒を放つ ・ 天晴 ・ 圧巻 ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 見栄え ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ 上出来 ・ 秀でる ・ 至高 ・ スケールが大きい ・ 一頭地を抜く ・ (先生を)追い越す(ほどの腕前) ・ (成績でライバルを)追い抜く ・ (彼とは)格が違う ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 赫々 ・ 良い ・ 称賛に値する ・ (才能が)光る ・ 穎脱 ・ 天来(の妙技) ・ 目を奪われる ・ 優等 ・ (凡人には)及びもつかない(発想) ・ 鮮やか ・ 驚くべき ・ 代わり映え ・ (一枚)うわて ・ 心憎い(演技) ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ (目を)見張る ・ 度肝を抜かれる ・ 出来栄え ・ 華々しい ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ 立派(に見える) ・ 飛び抜ける ・ 高まる ・ 長ける ・ ぼう然(とする) ・ 右に出る(者はいない) ・ 上には上がある(ものだ) ・ 優れている ・ 抜群(の成績) ・ 輝かしい ・ 豪華版 ・ 大いなる(業績) ・ 特出 ・ 素敵 ・ 群を抜く ・ (売上高で他社を)凌駕(する) ・ 最高傑作 ・ 偉大 ・ 目を丸くする ・ 映える ・ 称賛する ・ 優越 ・ 感心(する) ・ 一番
得意技最後に出すとっておきの手段(切り札)得意技最後に出すとっておきの手段(切り札)  秘伝(のたれ) ・ 最終兵器 ・ (ここぞというときの)飛び道具 ・ (めったに抜けない)伝家の宝刀(を抜く) ・ 温存(している) ・ 切り札 ・ (経済制裁という)カード(がある) ・ (最後に)取って置く ・ 忍法(隠れ身の術) ・ 奇手(を放つ) ・ (起死回生の)妙薬 ・ (形勢逆転の)秘法 ・ 秘剣(つばめ返し) ・ (状態を打開する)魔法の杖 ・ 取って置き(の手段) ・ 王手(飛車取り) ・ (状態を打開する)ウルトラC(の手) ・ (温存された)主力 ・ 非常手段(△をとる[に訴える]) ・ 最後の手段 ・ 秘技 ・ 秘術(を尽くす) ・ 虎の子(の資金) ・ 手品(を使う) ・ 最終手段(を使う) ・ 秘蔵(の逸品) ・ 措置を講じる ・ 決め技 ・ 隠し球 ・ 奥の手(を出す) ・ パンドラの箱(が開けられる) ・ エース ・ 必殺技 ・ ここ一番の時(の)(隠し球) ・ 秘芸 ・ (逆転の)秘策 ・ 密計 ・ 秘計 ・ (インフレ解消の)特効薬 ・ 封じ手(を使う) ・ 秘密兵器 ・ 活路 ・ 抜け道 ・ 窮余の一策 ・ 必死(になる) ・ 手も足も出ない ・ 息の根を止められる ・ 追い込まれる ・ 運が尽きる ・ 命運が尽きる ・ 命脈が尽きる ・ (ここで見つかったのが)運の尽き ・ 打つ手なし(もう) ・ 打つ手がない ・ 極限(状態) ・ 極限状況 ・ とどめを刺される ・ 王手がかかる ・ 王手をかけられる ・ (足を滑らせれば)死ぬ ・ 窮する ・ 限界状況 ・ 非常時 ・ 苦境 ・ どうすることもできない ・ (それで)終わり ・ あえない最期を遂げる ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ 切羽詰まる ・ 身動きが取れない ・ (死に)直面(する) ・ 重大な危機に直面している ・ (△死[危機]に)瀕する ・ (死と)隣り合わせ ・ (相手側には)チャンス ・ 不可避 ・ 困る ・ 死ぬしかない ・ 南無三(!) ・ あわや(、と思う間もなく) ・ 危うい状態 ・ (破滅の)寸前まで行く ・ どうしようもない ・  ・ 命乞い ・ 苦境に陥る ・ 窮地(に追い込まれる) ・ 屠所としょの羊(のよう) ・ 再起不能に追い込まれる ・ (武運)つたなく(討ち死) ・ 際どい(状況) ・ 万事休す ・ ゲームオーバー ・ 苦肉の策 ・ (ジ)エンド ・ (貴様の)悪運もそこまで(だ) ・ 無限の砂漠 ・ 出口がない ・ 出口なし(の状態) ・ (人生が)詰み(となる) ・ (もう)だめ(だ) ・ (もはや)おしまい(だ) ・ (我々はもう)一巻の終わり(だ) ・ 生存確率0% ・ 逃げ道を塞がれる ・ 万策尽きる ・ (間違った行動が)身の破滅(を招く) ・ リーチがかかる ・ 手負い(の状態) ・ (最後の)最後 ・ (状況が)詰んでいる ・ 待ったなし(の状態) ・ 進退きわまる ・ 進むも地獄、退くも地獄 ・ (衝突)寸前 ・ 地獄で会おうぜ ・ (打開は)不可能 ・ 生命が脅かされる ・ 窮策 ・ (△死[危険]と)紙一重 ・ 生き残る道が残されていない ・ やばい ・ ぎりぎり(の状態) ・ ぎりぎりのところ(に来る) ・ 座して死を待つ(のみ) ・ 危機 ・ 危機的状況 ・ 決定的なダメージを受ける ・ (△命[経営]が)危ない ・ (逃げ場に)窮する ・ 解決策が思い浮かばない ・ 刀折れ矢尽きる ・ 地獄を見る ・ 絶体絶命 ・ 土壇場(にくる) ・ 抜き差しならない(事態) ・ 逃げられない ・ 死の淵(に立つ) ・ (これ以上)どうにもならない ・ (大)ピンチ(に立たされる) ・ 政略(結婚) ・ 対外秘 ・ 詭計(を巡らす) ・ (社外) ・ (~のことを)隠す ・ 画する ・ やり口(が汚い) ・ (悪だくみに)引っかける ・ 罠にかける ・ 為様 ・ 途方 ・ 隠れる ・ コンセプト(を提示する) ・ (同僚を)讒訴ざんそ(する) ・ 隠す ・ (腹に)一物(ある) ・ (計画を)練り上げる ・ 解決方法 ・ (犯人に)仕立てる ・ 企て ・ 暗躍(する) ・ (日程表を)編む ・ 為ん術 ・ 詮術 ・ 忍びやか ・ 黙秘(する) ・ 汚い手(を使う) ・ 内分 ・ (新)機軸(を打ち出す) ・ 生き方 ・ 厚化粧 ・ 知らないふり(をする) ・ (知っていて)知らんふり ・ 部外秘 ・ (殺人者の)魔手(が△伸びる[迫る]) ・ 隠密(行動) ・ 手練手管(を弄する) ・ (大事業を)目論む ・ 上分別 ・ 秘策 ・ 発案(する) ・ 予定(を立てる) ・ 枢密 ・ 起案(する) ・ からくり(を見破る) ・ 忍ばせる ・ (味方を)裏切る ・ 奇計 ・ 奇策 ・ 密室性 ・ 仕組む ・ (闇から闇へと)葬る ・ (上陸)作戦 ・ 秘中の秘 ・  ・ 罠(にはめる) ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ (画像の一部を)マスク(する) ・ (個人情報を)マスキング(する) ・ 隠し事 ・ 変化球(を投げる) ・ 仕方 ・ 権謀(を巡らす) ・ 密謀 ・ 言わず語らず ・ 壁を乗り越える手段 ・ 術計 ・ 閉鎖性 ・ はかりごと ・ (を巡らす) ・ 隠し通す ・ (大きな)謎に包まれる ・ 表面に出ない ・ 秘め事 ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 煙幕を張る ・ 策略(をめぐらす) ・ 内密(に事を運ぶ) ・ (戦術としての)(真っ赤な)うそ ・ その手(は食わない) ・ (うまい)(がある) ・ (押しの)一手(で勝つ) ・ (罠を)仕掛ける ・ 甘い罠 ・  ・ (結婚を出世の)道具(に使う) ・ (事件を)仕組む ・ (政争の)具(にする) ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 落とし穴 ・ 術中(にはめる) ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ 手際(よく解決) ・ 内緒 ・ 謀略(をめぐらす) ・ (不満分子の)蠢動(がある) ・ 掩蔽 ・ 秘する ・ 公になるのを防ぐ ・ 不透明 ・ 極秘 ・ 思惑(がある) ・ 陰謀(を巡らす) ・ (それを知る)よし(もない) ・ 未発表(の情報) ・ (敵の)隙をつく ・ 立案(する) ・ (家族には)黙っている ・ (計画を)発意(する) ・ トリック(を見破る) ・ 方向 ・ 得策 ・ 隠し立て ・ (最善の)(を見出す) ・ 術策(をめぐらす) ・ (謀反の)密計(を凝らす) ・ 妙計 ・ 手立て ・ やり様 ・ やり方 ・ 前もって考える ・ 仕様 ・ (こんな)具合(にやろう) ・ (水面下での)工作 ・ (人目を)欺く ・ アンダーカバー ・ 秘密(にする) ・ 計略(にかける) ・ 策略(を用いる) ・ (陰で)細工(する) ・ (獲物を)仕掛け(にかける) ・ (問題解決の)奥の手 ・ 目論み ・ 奸策(を弄する) ・ 表に出ない ・ (思い切った)挙(に出る) ・ (△事実[実名]を)伏せる ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・ 私事 ・ 秘めやか ・ (販売戦略を)打ち立てる ・ ふらち(な考え) ・ (舞台裏で)画策(する) ・ 不都合(な意図) ・ だまし(のテクニック) ・ (起こった出来事を)胸の内に封印し続ける ・ 一人で抱え込む ・ うっちゃりを食らわす ・ 陰に ・ 方途 ・ ひた隠し(にする) ・ 言葉に裏がある ・ 良計 ・ 振り方 ・ 手続き ・ 不明朗 ・ (案を)まとめる ・ (プランを)まとめ上げる ・ (自然科学的)アプローチ ・ 無断(で使う) ・ だまし討ち(にする) ・ 内聞 ・ 悪知恵(を働かす) ・ 猫かぶり ・ (事実を)覆い隠す ・ 墓場まで持っていく ・ 奸計かんけい(を巡らす) ・ 陥穽かんせい(にはめる) ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ 手口 ・ 手段 ・ 包み隠す ・ 計する ・ 謀計(を巡らす) ・ 楽屋落ち ・ 機密 ・ (人を)だし(に使う) ・ 開示しない ・ 準備する ・ 正攻法でない ・ (胸に)秘める ・ 段取り(をつける) ・ それとなく ・  ・ 私事しじ(を暴く) ・ 計略(にかける) ・ 秘匿(事項) ・ (利用してやろうという)魂胆 ・ 筆法 ・ 厳秘 ・ 高等戦術 ・ 致し方 ・ (乗り) ・ 策動 ・ 包む ・ 沈黙を守る ・ (真相は)闇の中 ・ (敵を)たばかる ・ 設計(する) ・ 闇討ち(同然)(のやり口) ・ (固く)口を閉ざす ・ 口外しない ・ 口を割らない ・ 表に出てこない ・ 画策(する) ・ 術中(にはめる) ・ (獲物を)仕掛け(にかける) ・ (よからぬ)たくらみ ・ (こんな)風(にやれ) ・ 人に知られては困る ・ 詮方 ・ 方法 ・ 上策 ・ 妙策 ・ 悪質な計画 ・ (情報を)隠す ・ 駆け引き ・ (計画案を)作成する ・ 案(を練る) ・ 暗に ・ 事前準備 ・ 奇計(を用いる) ・ (秘密を)握り込む ・ (また)(その)伝(でいく) ・ マーケティング ・ 悪だくみ(に引っかける) ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ 取り組み方 ・ 講じる ・ 隠し込む ・ オフレコ ・ (まんまと)陥穽かんせい(に引っかける) ・ 行き方 ・ (不都合な真実を)隠蔽(する) ・ 隠蔽(体質) ・ 陰ながら ・ ためにする(噂を流す) ・ デマを流す ・ 情報操作 ・ 宣伝工作 ・ 人心を惑わす ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ (為す)すべ(がない) ・ (施すに)(無し) ・ (人を)陥れる ・ 企画(会議) ・ 英図 ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ 企図 ・ (計画案の)策定 ・ (陰で)糸を引く ・ 権謀術数けんぼうじゅっすう(をめぐらす) ・ 権謀術策 ・ 企てる ・ あっと驚く方法 ・ 方略 ・ (自分の罪を)覆う ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ 計画(△する[を立てる/を組み立てる]) ・ (他人を出世の)踏み台(にする) ・ (トップ)シークレット ・ 悪計(をめぐらす) ・ 他聞をはばかる(話) ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ (まんまと)陥穽かんせい(に引っかける) ・ 秘密にする ・ だまし合い ・ 良策 ・ (敵の)裏をかく ・ (兵) ・ まる秘 ・ 一計(を案じる) ・ (事件の)黒幕 ・ (事件を)操る(闇の勢力) ・ (予算案を)編成(する) ・ 秘し隠す ・ 策する ・ 方便 ・ 忍ぶ
得意技特技得意技特技  (お)得意(の芸) ・ 代表芸 ・ 他の追随を許さない(領域) ・ (彼の)売り物(である声帯模写) ・ (大食いが)取り柄(のタレント) ・ おはこ ・ 十八番 ・ 得意中の得意 ・ (キャベツの千切りなど)お手のもの ・ お手のもの ・ 名人芸 ・ 芸(は身を助ける) ・ (高い技術力を)誇りとする(企業) ・ 持ち歌 ・ 上手 ・ (強肩が)売り物(の外野手) ・ (毒舌が)売り(のタレント) ・ (日本の)お家芸(である製造業) ・ 伝統芸 ・ お株(を奪う) ・ (その芸は彼の)専売特許(だ) ・ 特技 ・ 得意分野 ・ (他人に)まねの出来ない芸 ・ 独走的分野 ・ 得意技術 ・ (武田鉄矢はものまねの)レパートリー(に入っている) ・ 強い分野 ・ 世界に冠たる日本の技術 ・ (他の)追随を許さない(領域) ・ 特徴 ・ 独特のやり方 ・ 専門分野 ・ 特色 ・ (精密加工技術は日本の)お家芸 ・  ・ 技術 ・  ・ テクニック ・ キャリア(を磨く) ・ (ユーモアの)センス(がある) ・ 能力 ・ 技芸 ・ 研鑽(を積む) ・  ・ 腕一本(で生きる) ・ 技巧 ・ スキル ・ 技能 ・ 技量
得意技(未分類)得意技(未分類)  真骨頂 ・ 手の中にある ・ よくする ・ 本領 ・ 得意芸 ・ 特質 ・ 長所 ・ はまり役 ・ 流儀 ・ メニュー ・ スタイル ・ 独壇場 ・ セールスポイント ・ 特殊技能 ・ 水を得た魚のように ・ 強み ・ 見方考え方 ・ 態度 ・ 処し方 ・ 得物 ・ おかぶ ・ 御手の物 ・ おてのもの ・ お手の物 ・ お得意 ・  ・ アビリティー ・ 技法 ・ アビリティ ・  ・ 伎倆 ・ 才腕 ・ 取りえ ・ 芸事 ・ 御株 ・ 芸能文化 ・ エンターテインメント ・ レパートリ ・ 守備範囲 ・ 芸能
キーワードをランダムでピックアップ
たわむ包含押し戻す視覚時間稼ぎ歴史的意味ぽっとなる全体と異なる共同体化合い間に商品を保護する無理がたたる決定的な切り取った天穴横からひょいと新勢力が台頭する足のすくむ莫大な数やるべきことを先延ばし峠越え
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 4