表示領域を拡大する

玄人はだし(の腕前)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
玄人はだし(の腕前)上手/得意玄人はだし(の腕前)上手/得意  熟達(している) ・ 技巧(派) ・ (守備力に)定評がある(選手) ・ (監督の手腕)恐るべし ・ 悪達者 ・ 稀代(のピアニスト) ・ スキルがある ・ 絶妙 ・ 剛腕(投手) ・ ドンピシャ(のタイミング)(で打つ) ・ (プレイのうまさに)驚かされる ・ (技術的に)うまい ・ (道具を)うまく(扱う) ・ 心憎い(出来ばえ) ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 巧みに(△操る[やってのける]) ・ 見事な手さばき ・ 見事(な)(技) ・ 落ち度がない ・ 落ち度なく(役目を終える) ・ 巧妙 ・ 早業 ・ (事を)手回しよく(進める) ・ (演技が)際立つ ・ 丁寧(な対応) ・ 習熟(した動作) ・ たやすく(扱う) ・ 流れるような(所作) ・ (ピアノを)思うまま(に)(操る) ・ きれいに(決める) ・ 堂に入ったもの ・ 手練しゅれん(の早業) ・ 巧(拙) ・ 文句なし(の技能) ・ つぼを押さえている ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ 高度な技術を持つ ・ 達者(な芸) ・ 小気味よく(料理する) ・ (その構え、)ただ者ではない(な) ・ (お主)やるな ・ 巧打(を見せる) ・ 他の追随を許さない ・ (腕の)冴えた(職人) ・ かっこよく(踊る) ・ (語学が)堪能 ・ (中国語が)ぺらぺら ・ (努力の)天才 ・ (君にしては)上出来 ・ 渋い(バッティング) ・ 優れた技量(を持つ) ・ 水際立った(手腕) ・ 至妙 ・ 無駄がない ・ 頭脳的(な試合運び) ・ 頭脳プレー(を見せる) ・ (漱石)ばり(の)(文章) ・ (△詩[楽器]を)くする(人) ・ 危なげがない ・ 適正な判断(をする) ・ 適正に処理(する) ・ 年季が入った(技)(を見せる) ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ うわて ・ (ギターの)キレがいい ・ (やる事に)そつがない ・ そつなく(こなす) ・ 神がかり的(演奏) ・ 確か(な)(腕前) ・ ゴッド(ハンド) ・ 黄金(の右足) ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ (剣術の)腕が立つ ・ 超絶技巧 ・ (安打)製造機 ・ (能力に)優れる ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ 素人離れ(した腕前) ・ 玄人はだし(の腕前) ・ 本職はだし(の腕前) ・ (扱いが)身についている ・ すぐれた腕前 ・ (数字に)強い ・ ファイン(プレー) ・ 得手えて ・ (槍の)使い手 ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 堂に入る ・ 上級者 ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ 卓抜(△した手腕[なセンスの持ち主]) ・ スムーズに ・ 流れるように ・ 底力のある(強いチーム) ・ 立派に ・ (動作に)迷いがない ・ ナイス(ピッチング) ・ (英語なら)(誰にも)負けない ・ 的を射た(助言) ・ 能力が高い ・ 小味(な演奏) ・ 腕達者 ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ 腕に覚えがある ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ 名人芸 ・ 上手 ・ 精妙(な技術) ・ (与えられた仕事を)手堅く(こなす) ・ いい味を出している(役者) ・ (見る者を)引きつける ・ 技あり(の一打) ・ 飛鳥の早業 ・ 十八番 ・ (対応が)落ち着いている ・ (試合)巧者 ・ 得意(技) ・ 手慣れている ・ 手慣れたもの ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ まんまと(逃走する) ・ お家芸 ・ 八丁 ・ 退屈させない ・ あきさせない ・ (手芸は)プロの域 ・ (剣術の)達人 ・ 抜きん出た(能力) ・ 巧味 ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ 様になっている ・ 器用(にこなす) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ 巧遅 ・ (左官職人の)技術が光る(漆喰の家) ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 手綺麗 ・ 適正な判断 ・ 発想がすごい ・ 称賛される行為 ・ しなやか(な身のこなし) ・ 熟練(工) ・ 芸達者 ・ 剛腕 ・ (演技に)脂が乗ってきた ・ 脂の乗り切った(ピアニスト) ・ (その道を極めた)マイスター ・ 老巧 ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレー) ・ 熟練(した技能) ・ 見事(な語り口) ・ 対戦相手も絶賛する ・ 道理が分かっている ・ 超人的(な) ・ (尻上がりに)よくなる ・ 慣熟 ・ 練熟 ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人) ・ 様になる ・ 失敗(すること)がなくなる ・ 確立された ・ ちょうどいい ・ (力が)伸びる ・ 華麗(な一本背負い) ・ 一流 ・ 頑固一徹(の職人) ・ 老練 ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ (棋士が深い読みの入った)巧手(を放つ) ・ 名手(を打つ) ・ (才能が)花開く ・ (努力の上に)花が咲く ・ 有能 ・ 墨痕鮮やか(に書きあげる) ・ 超絶技巧(の演奏) ・ 忍者的(スーパーキャッチ) ・ 得意の喉を披露(する) ・ 背伸びしたところがない ・ ほれぼれする(ような筆さばき) ・ 優れた腕前 ・ 次のレベルに進む ・ レベルアップ(する) ・ 進級する ・ ファインプレー ・ 名調子(を聞かせる) ・ (主人公が舞台の上に)生身の人間として存在(する) ・ すらすらと書く ・ 凄みのある ・ すご腕 ・ 円熟(した演技) ・ コクのある(演技) ・ (ネット)ジャンキー ・ 玄人 ・ 練達(の△士[医師]) ・ (バイオリンの)名手 ・ 進歩向上(を図る) ・ 腕利き ・ 腕っこき ・  ・ (包丁さばきが)冴える ・ 機敏な(動き) ・ 力演(する) ・ 的確に処理する ・ アクロバット(的) ・ 熱演(する) ・ 本物(の職人) ・ 人間業とは思われない ・ 離れ技(を演じる) ・ 怪演 ・ 玄人受け(する) ・ 渋味を持つ ・ 名取り ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ けた外れの(人間) ・ (難しい技を)確実に成功させる ・ 使い慣れた(万年筆) ・ 声涙ともに下る(名演説) ・ ぴったり(する) ・ (本当の)芸が萎縮している ・ 絶妙さ ・ 技能(工) ・ 強烈な(パンチ) ・ 進境著しい ・ 研究者 ・ 鍛えた(腕前) ・ 熟達(する) ・ (成績が)ぐんとアップ ・ (誰もが)あっと驚く ・ (見る者を)驚かせる ・ 力量のある(作家) ・ ドンピシャの(タイミングで) ・ 絶妙の ・ (野菜)ソムリエ ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ 達筆 ・ 途方もない ・ (機械の取り扱いに)習熟(する) ・ (トレンド)ウォッチャー ・ 見事 ・ 敏腕家 ・ 書聖 ・ 躍動美 ・ 免許皆伝 ・ (作家として)成熟(する) ・ 端正な字 ・ 技巧派 ・ 目の覚めるような ・ 目の肥えた(消費者) ・ 能文 ・ (さらに)上達(する) ・ (投資の)達人 ・ 筆耕(料) ・ 熟す(る) ・ (高難度のゴールを)鮮やか(△に決める[な着地]) ・ 繊細な筆跡 ・ 技量が上がる ・ (調子が)上向きになる ・ まろやか(な味わい) ・ セミプロ ・ 手慣れる ・ 安定感がある ・ 麗筆 ・ エキスパート ・ (精進の)成果が出る ・ 手慣らす ・ 手腕家 ・ 能書(家) ・ 目の覚める(ような)(ホームラン) ・ 怪物的(なプレー) ・ 軽業(的)(な身のこなし) ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ 頭が切れる ・ 書をくする ・ 高度な技術 ・ 熟成(する) ・ 老熟 ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ 手利き ・ (料理の)手が上がる ・ 達意(の文) ・ すらすら(と)(書く) ・ 切れ者 ・ 優れた技量を持つ ・ 仕事師 ・ (役柄を)名演(する) ・ 名演技 ・ (書道に)達する ・ 美文字 ・ すぐれた演技 ・ (技術が)向上(する) ・ 年功 ・ 美技(を披露する) ・ (芸が)円熟(する) ・ 高度な技能を備える ・ (役が)乗り移ったかのような(演技) ・ 怪腕 ・ 業師 ・ ため息の出る(ような)(バッティングセンス) ・ 利け者 ・ 昔取った杵柄 ・ アカデミック(な人) ・ 力強い(筆致) ・ オタク ・ し慣れる ・ 手だれ(の剣客) ・ (練習によって)(大きく)化ける ・ (数か月の特訓で)大化けする ・ 並外れた ・ 腕のいい(コック) ・ 商売人 ・ 能筆 ・ 有段者 ・ (芸が)枯れる ・ 健筆(をふるう) ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ 能力がある ・ マニア ・ (いい)記録が出る ・ 抜群の身体能力 ・ 器用 ・ (ナイフ)使い ・ 長足の進歩(を遂げる) ・ 老成(した文章) ・ 板につく ・ 安定している ・ 才筆(をふるう) ・ らつ腕 ・ 腕が立つ ・ (書道の)名人 ・ 仕事熱心 ・ 不自然さがなくなる ・ 自然(な演技) ・ (文章が)うまい ・ (文章が)上手 ・ (文章が)こなれている ・ 力がつく ・ 味が出る ・ 職人 ・ 職人技 ・ 無理がない ・ (車に)こだわる ・ 達者な筆使い ・ (大きく)成長(する) ・ 手だれ(の使い手) ・ (プレーに)磨きがかかる ・ (学力が)伸長(する) ・ (演技に)幅が出る ・ 早業(的な送球) ・ (その道の)プロ ・ 胸のすく(ようなプレー) ・ ラスト二秒の ・ 据わりがいい ・ 遣り手 ・ 味のある(芝居) ・ サーカスのような(パフォーマンス) ・ 流れるような(華麗な動き) ・ 練達 ・ 物慣れた(様子) ・ クリーン(ヒット) ・ (道具が)(手に)なじむ ・ (軽妙)洒脱(な話術) ・ 百発百中 ・ のびのびとした字 ・ 曲芸的(な技) ・ (ピアノの)貴公子 ・ 味わい深い(小説) ・ 深みが出る ・ 雄渾ゆうこんな(筆の線) ・ 経験豊か(な)(講師) ・ (堺雅人の)当たり役 ・ 鮮烈な(一撃) ・ 油断できない ・ 侮れない ・ (能力的に)進歩(する) ・ 安定した(芸) ・ 名演説 ・ 神技 ・ 常識で計れない ・ 妙技(を見せる) ・ 神業(△的な包丁さばき[と言うしかない]) ・ 専業(作家) ・ (ゴルフの)腕が上がる ・ 腕を上げる ・ スーパープレイ ・ スーパー(ロングシュート) ・ ミラクル(キャッチ) ・ 奇跡(の大逆転) ・ しっくり(△する[くる]) ・ 筆が立つ ・ 優秀(な左官工) ・ 大人の演技 ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ 手筋がいい ・ 名筆 ・ 上手になる ・ 人間離れ(した)(動き) ・ 好演(する) ・ 技術のある(会社) ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ (見た目に)無理がない ・ 字がうまい ・ 美しい△文字[筆跡] ・ 独特の節(回し) ・ うまくなる ・ 天才的(な) ・ すばらしい ・ (運転技術に)習熟(する) ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ (何度も着て)着慣れ(する) ・ (弁舌に)長ける ・ (何ともいえない)味がある ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ 完成度の高い(演奏) ・ 完成されている ・ 敏腕(プロデューサー) ・ すさまじい ・ ただ者ではない ・ 見栄えのする働き ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ ベテラン(の域に達する) ・ 能力が上がる ・ (全く)自然(な見た目) ・ 目立つ活躍 ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ プロフェッショナル ・ 大人のたしなみ ・ (こんなことは)序の口(だ) ・ (その芸は彼の)専売特許(だ) ・ 楽勝 ・ 簡易 ・ (歌舞伎の)荒事あらごと ・ (キャベツの千切りなど)お手のもの ・ 独走的分野 ・ 屁のかっぱ ・ たなごころを返す ・ (いとも)たやすい ・ 鮮やか(なプレー) ・ 見事な(勝ちっぷり) ・ 見事に ・ 難なく ・ かっこいい姿を見せる ・ (△するのが[極めて/拍子抜けするほど])簡単 ・ (いとも)簡単に(やってしまう) ・ 持ち歌 ・ 妙技 ・ あっけなく ・ 軽易 ・ (周囲を)脱帽させる ・ すぐできる ・ 見せ物 ・ 代表芸 ・ 上手に(やる) ・ 児戯に等しい ・ イージー ・ 役不足 ・ (~するのは)訳(が)ない ・ 訳なく(合格する) ・ 一寸 ・ 何でもない ・ 何のことはない ・ 世話がない ・ 得意分野 ・ (日本の)お家芸(である製造業) ・ 苦もなく(やってのける) ・ 余裕(がある) ・ 朝飯前 ・ けれん ・ 心配はない ・ パフォーマンス ・ スムーズ(に)(進める) ・ おはこ ・ 得意中の得意 ・ (高い技術力を)誇りとする(企業) ・ うまく(やってのける) ・ (強肩が)売り物(の外野手) ・ (毒舌が)売り(のタレント) ・ 伝統芸 ・ 芸(を披露する) ・ 易々 ・ やすやす(と)(やってのける) ・ 問題なく(できる) ・ 問題ではない ・ 安易(なやり方) ・ 安直 ・ 易しい ・ お手のもの ・ 無造作(に)(相手を負かす) ・ 造作(も)ない ・ 造作なく(解決する) ・ 平易 ・ みすみす ・ お茶の子(さいさい) ・ お安い(御用) ・ 容易 ・ 人々を楽しませる ・ 赤子の手をひねるよう ・ (歌舞伎役者が)見えを切る ・ 美技 ・ すぐわかる ・ まんまと(金を巻き上げる) ・ 人前で演じる ・ 得意技術 ・ 特技 ・ 片手間(に)(やってのける) ・ 易い ・ すらすら ・ (人の物を)気安く(使うな) ・ ハードルが低い ・ (武田鉄矢はものまねの)レパートリー(に入っている) ・ 底力を見せつける ・ 手っ取り早い ・ 得意 ・ あっさり(やってのける) ・ たわいない ・ 物ともせずに ・ 芸(は身を助ける) ・  ・ 嚢中の物を探る ・ (大食いが)取り柄(のタレント) ・ 自慢の技を披露する ・ (彼の)売り物(である声帯模写) ・ むざむざ ・ あっと言わせる ・ 楽(に勝てる) ・ ちょろい ・ (お)得意(の芸) ・ 抵抗なく ・ ゆとりを持って(できた) ・ 楽々(と)(やってのける) ・ 生易しい ・ (他人に)まねの出来ない芸 ・ お株(を奪う) ・ 平たい ・ 得意技 ・ いいところを見せる ・ すんなり(と)(終わらせる) ・ (本領を)発揮する ・ 事もなげに(やってのける) ・ (模範)演技 ・ (お)手軽(に読める短編小説) ・ 手軽い ・ 手軽く(やってのける) ・ どうという事はない ・ 手もなく(ひねられる) ・ 器用に(こなす) ・ 技(を見せる) ・ 穎脱 ・ 群を抜く ・ すこぶる(つき) ・ 天晴 ・ 上出来 ・ ずば抜ける ・ 迫真(の演技) ・ 感心(する) ・ (他より)目覚ましい ・ 華麗(なダンス) ・ スケールが大きい ・ 飛び抜ける ・ 特異(な才能) ・ 輝く ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 冠絶 ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ すごい ・ 一頭地を抜く ・ 比倫を絶する ・ 輝かせる ・ (ひときわ)光芒を放つ ・ 異彩(を放つ) ・ 心憎い(演技) ・ 圧倒的 ・ 一番 ・ (才能が)光る ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ えも言われぬ ・ 抜け出る ・ 最高傑作 ・ 圧巻 ・ (前作を)しのぐ(傑作) ・ 抜群(の成績) ・ 称賛に値する ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ 豪儀 ・ 不朽(の名作) ・ 華々しい ・ しのぐ ・ ずば抜けている ・ 優位に立つ ・ 出来栄え ・ 水際立つ ・ 凄絶(な)(魅力) ・ (彼とは)格が違う ・ 偉大 ・ 立派(に見える) ・ 素敵 ・ 目を丸くする ・ 抜きん出る ・ 傑(物) ・ いみじくも ・ 天来(の妙技) ・ (目を)見張る ・ 特出 ・ 驚嘆(に値する) ・ 至高 ・ 一流(のサービス) ・ 長じる ・ 目立つ ・ 親勝り ・ 際立つ ・ 豪華版 ・ 褒める ・ 尤なる ・ 赫々 ・ 秀逸 ・ (同業他社より)卓越(した技術) ・ 右に出る(者はいない) ・ 超越 ・ 軽妙 ・ 卓絶 ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ (先生を)追い越す(ほどの腕前) ・ (成績でライバルを)追い抜く ・ 代わり映え ・ 独特の雰囲気を持つ ・ (凡人には)及びもつかない(発想) ・ 映えた(写真) ・ 映える ・ 目を奪われる ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ 卓抜 ・ 大いなる(業績) ・ 劣らない ・ 鮮やか ・ 良い ・ (演歌は)日本の心 ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ (師より)優れる ・ (高く)評価する ・ 輝かしい ・ 敬意を表する ・ 並を超えている ・ 重立つ ・ 不滅(の作品) ・ 振るった ・ 越す ・ 優れた ・ ぼう然(とする) ・ 上乗 ・ (△能力[結果]が)上回る ・ 胸を打たれる ・ 度肝を抜かれる ・ 優れている ・ あっぱれ ・ (売上高で他社を)凌駕(する) ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ 優等 ・ (仕事のあとのビールは)たまらない ・ 高める ・ 勝つ ・ 頭角を現す ・ 畢生(の大作) ・ 見栄え ・ 傑出(する) ・ 驚くべき ・ 称賛する ・ 高まる ・ 最高 ・ 突出(している) ・ 長ける ・ 美しい(音楽) ・ 結構 ・ (一枚)うわて ・ 高い ・ 上には上がある(ものだ) ・ 光彩 ・ 精彩 ・ (ライバルの)上を行く ・ 卓出 ・ 規格外(の選手) ・ 傑作 ・ 勝る ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 優秀 ・ 超絶 ・ 抜群 ・ 優越 ・ 引き立つ ・ 秀でる
玄人はだし(の腕前)力を見せつけられて恐れる(圧倒される)玄人はだし(の腕前)力を見せつけられて恐れる(圧倒される)  顔負け ・ 脱帽(する) ・ (気持ちの上で)負ける ・ 参る ・ お手上げ ・ 圧倒(される) ・ (プロも)真っ青 ・ (専門家も)はだしで逃げ出す ・ 玄人はだし(の腕前) ・ 敵わない ・ お株を奪う ・ 面食らう ・ 顔色なし ・ (敵の技量に)青くなる ・ たじたじ ・ (相手の勢いに)気を呑まれる ・ 畏服 ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ (怒鳴られて)ちりちり(する) ・ (気持ちが)萎える ・ 三すくみ(の関係) ・ (ひどく)緊張(する) ・ 身をすくませる ・ 金縛り(になる) ・ (体が)硬直する ・ 石のように(動かない) ・ (恐怖で)立ちすくむ ・ 二の足を踏む ・ 気圧される ・ 神妙(にする) ・ (本来の)自分でなくなる ・ たじたじ(となる) ・ (怒鳴られて)縮む ・ (△あそこ[肝]が)縮み上がる ・ (緊張で)(体が)動かない ・ (身を)縮める ・ 身の縮む(思い) ・ (心身が)こわばる ・ おとなしくなる ・ 肩をつぼめる ・ すくみ上がる ・ (人まで)硬くなる ・ 体が硬くなる ・ (体を)硬くする ・ (師の前で)畏縮(いしゅく)(する) ・ ひるむ ・ 引け目を感じる ・ (人前で)あがる ・ しゃちほこ張る ・ 気持ちが折れる ・ 硬い表情 ・ 表情が硬い ・ かしこまる ・ 畏怖(する) ・ 恐れる ・ いじける ・ 恐縮 ・ 弱気になる ・ 気を呑まれる ・ 威圧される ・ (社長のまで)縮こまる ・ (気力が)しぼむ ・ 毒気を抜かれる ・ (身を)すくめる ・ (現場が)口をつぐむ ・ びびる ・ 恐れをなす ・ 気が小さくなる ・ (足が)すくむ ・ (寒さが身に)みる ・ 自信をなくす ・ おじけづく ・ 物おじ(する) ・ (本番を前に)がちがち(になる) ・ (心身が)かちかち(になる) ・ (大勢の前にして)こちこち(になる) ・ (面接試験で)こちんこちん(になる) ・ (△精神的に[人前で])萎縮(する) ・ 力が出ない ・ 射すくめる ・ 居すくむ ・ 居すくまる ・ 居ずくまる ・ おびえる ・ (王の威光の前に)ひれ伏す ・ 体を固くする ・ 身を固くする ・ (上司の前で)小さくなる ・ つっこまれる ・ (法外な値段を)吹っかけられる ・ 買い叩かれる ・ 怪物的(な男) ・ 恐怖を感じる ・ 力強い ・ 位負け(する) ・ (すごい)威圧感を感じる ・ (大国に)飲み込まれる ・ (心中を)読まれる ・ 取って食われるわけではない(が) ・ みすぼらしい(気持ち) ・ 鳥肌が立つ ・ (気持ちが)萎縮(する) ・ (△気迫に[気持ちの上で])押される ・ 青くなる ・ 恐れ多い ・ 強いなんてものではない ・ (ひどく)弱い ・ (相手の勢いに)ひるむ ・ (到底)敵わない ・ 小さくなる ・ (役者魂が)勃起(する) ・ 気後れ(する) ・ 絶句 ・ 尻込み(する) ・ 後退を余儀なくされる ・ 軽く見られる ・ 自信がない ・ (力強さに)圧倒される ・ 足元を見られる ・ 躊躇(する) ・ (いざとなると)決心がにぶる ・ 強大 ・ (△雰囲気に[威圧に/戦闘を前に])臆する ・ 気が引ける ・ (気持ち的に)引く ・ たじたじとなる ・ コンプレックス(がある) ・ (注射は)(大の)苦手 ・ 急所を突かれる ・ 死角がない ・ うろたえる ・ (大勢の前では)場打て(がする) ・ おぞけをふるう ・ 迫ってくる ・ (精神力に)圧倒される ・ 立場が弱い ・ 交渉力が弱い ・ (雰囲気に)飲まれる ・ 新鋭 ・ (相手が)強すぎる ・ 手ごわい ・ 豪快な(ホームラン) ・ 弱みを握られる ・ 放心状態 ・ 精悍(な顔つき) ・ 腰が引ける ・ 恐怖を覚える ・ (精神的に)たくましい ・ (時代の波に)翻弄される ・ 射すくめられる ・ 強い ・ 圧迫感を感じる ・ 言うべき言葉が見つからない ・ (敵を前に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ (弱みに)つけ込まれる ・ すごい(…) ・ (凄まじいほどに)揺さぶられる ・ 身の引き締まる思い ・ ど迫力(のアクション映画) ・ 地にひれ伏す(思い) ・ こころ臆する ・ 気弱になる ・ 弱気(になる) ・ 気圧けおされる ・ 首をすくめる ・ (心理的に)白旗を上げる ・ 不安を感じる ・ (速球に)きりきり舞い(する) ・ 心細くなる ・ 煽られる ・ 怖がる ・ (高位高官の前で)恐れ入る ・ 及び腰 ・ 畏怖を感じる ・ 畏怖の念 ・ 太刀打ちできない ・ 強豪 ・ 貫録負け(する) ・ 気合い負け(する) ・ 苦手意識 ・ 臆病風に吹かれる ・ (強者の)陰に回る ・ 迫力がある ・ 謙虚な気持ちになる ・ 無敵(艦隊) ・ おずおず(と)(進み出る) ・ (相手に)呑まれる ・ (一歩が)踏み出せない ・ (疾風)怒濤(の攻撃) ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 恐るべき(新人) ・ そんじょそこらの奴らとはわけが違う ・ 浮き足立つ ・ 不安(になる) ・ 気後れ(△する[を感じる]) ・ 格が違い過ぎる ・ なめられる ・ (完全)屈服 ・ びくつく ・ びくびく(する) ・ (権力の前に)ひれ伏す ・ 驚かされる ・ おじける ・ ブルっとする ・ ブルっちまう ・ 逃げ腰(になる) ・ 逃げ出したい(気分) ・ おびえ(を感じる) ・ 威圧を感じる ・ ひよる ・ 凄みを感じる ・ 鮮烈(な印象を受ける) ・ 抵抗できない ・ (雰囲気に)呑まれる ・ 最強 ・ おずおず ・ 跼蹐 ・ 抵抗不能(な相手) ・ (△身[足]が)すくむ ・ 威圧感を感じる ・ (弱点を)見すかされる ・ 言葉を失う ・ おののきを感じる ・ (危険を)恐れる ・ 屈強 ・ 恐惶 ・ (怖くて)縮み上がる ・ 圧倒的(な力) ・ 悪びれる(様子もなく) ・ (あまりの悲劇に)言葉もない ・ 脅威を感じる ・ (弱点に)乗じられる ・ 怖じけづく ・ 強力 ・ 強み ・ 精鋭 ・ 萎縮(する) ・ 縮み上がる ・ (身を)慎む ・ 一騎当千 ・ 甘く見られる ・ ゾウに挑むアリ(のよう) ・ (相手の勢いに)押される ・ (心が)ひるむ ・ たじろぐ ・ 骨太(のサウンド) ・ 水鳥の羽音にも驚く ・ 弱点を突かれる ・ 臆病(者) ・ ショックを受ける ・ 向かうところ敵なし ・ 度肝を抜かれる ・ 畏れを感じる ・ サッカーのサの字にもならない ・ (まるで)野球にならない ・ (相手の)勢いに押される ・ くじける ・ 気合い負けする ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 蒼白(する) ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ ぶるぶる(震える) ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ こわごわ ・ 顔面蒼白(になる) ・ トラウマ(になる) ・ おっかない ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 戦々恐々 ・ どきどき ・ (一瞬)青ざめる ・ (顔から)表情が消える ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ (怖がって)震え上がる ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 恐るべき ・ ショッキング(な事件) ・ 心が凍る ・ びくり(とする) ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ 震えが止まらない ・ ひやひや ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 後ずさり(する) ・ 物恐ろしい ・ (成り行きを)見つめる ・ 鬼気迫る(演技) ・ おののく ・ おののき ・ 怖い ・ 慄然(とする) ・ 及び腰(になる) ・ 総毛立つ ・ 逃げ惑う ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 危機感を抱く ・ ぞっとする ・ 腰を抜かす ・ 怖じける ・ 息をのむ ・ 薄氷を踏む思い ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ 怖じけ ・ (命が)おびかされる ・ 冷や汗が出る ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ 肝を冷やす ・ おどおど(する) ・ 身の毛がよだつ ・ 臆する ・ がたがた(震える) ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ 怪奇(現象) ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ 恐がらせる ・ 勇気がいる ・ びくつき ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ 寒気立つ ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 恐るべき(破壊力) ・ 寒気(がする) ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 憮然 ・ おぞましい(事件) ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ どきん ・ (怖いから)知らないふり ・ 立ちすくむ ・ 体が固まる ・ どぎまぎ ・ (体が)凍りつく ・ 寒心(に堪えない) ・ 悚然 ・ (恐怖に)震える ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 怖じ怖じ ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 小心翼々 ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 心胆を寒からしめる ・ (小便を)ちびる ・ 恐れおののく ・ おろおろ(する) ・ 恐々 ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 身震い(する) ・ (顔から)血の気が引く ・ ブラック(ユーモア) ・ 肌にあわを生じる ・  ・ 怖じる ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ ひざががくがくする
玄人はだし(の腕前)(未分類)玄人はだし(の腕前)(未分類)  オーソリティ ・ 大家 ・ 玄人はだし ・ ためになる ・ 有益 ・ 役立つ ・ 重要 ・ 重んじる ・ 重視 ・ 重用 ・ 大切 ・ 大事 ・ 重大 ・ 貴重 ・ 虎の子 ・ 肝腎 ・ 秘蔵 ・ 必要 ・ 取っておき ・ 肝要 ・ 尊重 ・ 尊ぶ ・ 足を向けて寝られない ・ 粗末にできない ・ なくてならない ・ セミプロとして ・ 達人玄人はだし ・ 分野で凌ぐ ・ 上位につく ・ 押し気味に ・ 優勢 ・ 真似事 ・ 素人くさい ・ 趣味程度 ・ 玄人はだし素人芸 ・ まがい ・ 稚拙な芸 ・ 素人離れした ・ 素人芸とは思われない ・ アマチュア離れした ・ 麒麟児 ・ 舌を巻く ・ まねの出来ない ・ 巧まざる ・ 素人の域を脱する ・ 専門家をうならせる ・ 本職も逃げ出す ・ しろうと離れした ・ 圧する ・ ペースで進む ・ 勝る専門家以上 ・ 圧倒する ・ 未熟な芸 ・ 底が浅い ・ アマチュア ・ 日曜大工 ・ だんな芸 ・ 素人とは思えない ・ 栴檀は双葉より芳し ・ 天才少女 ・ 模範的 ・ 脱帽する ・ 目から鼻へ抜ける ・ 能力が優れる ・ 食われる ・ 神童 ・ プロ裸足 ・ 玄人裸足 ・ プロはだし ・ 玄人跣 ・ プロ跣 ・ しろうと離れ ・ 素人ばなれ ・ 好い ・ 出色 ・ 一日の長 ・ ひとかど ・ 秀でた ・ トビがタカを生む ・ うでっきき ・ 天下一品 ・ 秀れている ・ だんとつ ・ うでっこき ・ 気高い ・ 屈指 ・ 特選 ・ 腕っ利き ・ 抜きんでる ・ 無双 ・ 並びない ・ 並ぶ物がない ・ 良好 ・  ・ ワンダフル ・ 出藍の誉れ ・ 並外れる ・ 超凡 ・ 随一 ・ ふっちぎり ・ 優位 ・ 頭のいい ・ 上位 ・ エクセレント ・ 特別 ・ 佳良 ・ たける ・ 只者じゃない ・ 光彩を放つ ・ 頭がよい ・ そうそう ・ スーペリオリティ ・ 高級 ・ 頭がいい ・ 高位の ・ 腕っきき ・ 精彩を放つ ・ 只者ではない ・ 日本一 ・ 頭の良い ・ 有数 ・ ひと角 ・ 成績優秀 ・ たぐいない ・ 絶倫 ・ 優等生 ・ 腕きき ・ 非凡 ・ 鳶が鷹を生む ・ より抜き ・ 上手を行く
キーワードをランダムでピックアップ
自分戦地平価年端ベンチャーサブ大勝利空中ブランコ形式ばらない自分の所有物と見なすなぶりものおやおや、おかしいぞ、あらら隙だらけの態度死をつかさどる天使セールを大々的になんとも受け取れない記者を現地に向ける外部環境を追い風敵に立ち向かう組織内の跳ねっ返り分子
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3