表示領域を拡大する
(言うべき)言葉もないの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
言うべき言葉もない予想外の出来事にあっけにとられる(あっけにとられる)言うべき言葉もない予想外の出来事にあっけにとられる(あっけにとられる)  言葉を失う ・  ・ 開いた口が塞がらない ・ 口がきけない ・ (口を)あんぐり(させる) ・ あごが外れたかのように(口をあんぐり) ・ 愕然(とする) ・ きょとん(とする) ・ あっけにとられる ・ 驚愕する ・ (思い切り)間抜けた(顔) ・ 言い返せない ・ 途方もない(計画) ・ ひっくり返る ・ 度肝を抜かれる ・ 収拾がつかない ・ 恐れ入る ・ 腰が抜ける ・ 腰が抜けそう ・ 仰天(する) ・ ぽかん(とする) ・ 耳を疑う ・ ノックアウトされる ・ 口を開けて ・ 呆然(とする) ・ 恐るべき(自信家) ・ 目をむく ・ しらける ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(なる) ・ あっけらかんと ・ (礼儀知らずに)腹が立つ ・ 思考が(一瞬)止まる ・ 気抜けする ・ お粗末な(言い訳) ・ とんでもない(ことをしでかす) ・ 言葉が出ない ・ ぼう然(と見守る) ・ (大人も)顔負け ・ 絶句(する) ・ あまりのことに(返事ができない) ・ 言葉にならない ・ よく言うよ ・ いやになる ・ 二の句が継げない ・ (予想外の出来事に)驚く ・ ぼんやり(する) ・ 鳩が豆鉄砲を食ったよう(に) ・ 毒気を抜かれる ・ 目を点にする ・ 目が点になる ・ 声が出ない ・ 驚くばかり ・ 五里霧中 ・ トンデモ(本) ・ 目を丸くする ・ おやおや(、おかしいぞ)、あらら ・ (言いぐさが)振るっている ・ 声を失う ・ 唖然(とする) ・ (二人の仲に)当てられる ・ 返す言葉もない ・ あきれて物も言えない ・ (非常識さに)驚く ・ あろうことか(~するとは) ・ 閉口(する) ・ (皮肉で喜んでいるなんて)世話がない(ね) ・ あきれ顔 ・ あきれる ・ あきれ果てる ・ あきれ返る ・ 聞いてあきれる ・ 驚きあきれる ・ (つまらない冗談に)引く ・ (言うべき)言葉もない ・ (ひどく)困惑(する) ・ つくねんと ・ きょとんと ・ ほうけたように ・ (神経が)行き届かない ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ 気持ちが足りない ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ ぼうっと ・ うつけたように ・ 心ここにあらず ・ 視線の定まらない(目) ・ 注意が散漫 ・ (手元が)おろそかになる ・ ぼさっと ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ もさっと ・ うつろ(な表情) ・ 気抜け ・ 気持ちが宙を浮く ・ (気持ちが)空白になる ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ 放心(状態) ・ 自失 ・ ぽかんと ・ (話を)聞いてない ・ うわの空 ・ ぼやっと ・ ぼさぼさ ・ (心は)空っぽ ・ 気が抜ける ・ 昼あんどん ・ ぼやぼや ・ ぼそっと ・ うつろ ・ うつけ(者) ・ ぽっと ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ ぼう然 ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ 息をのむ ・ 息が止まる ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ パニる ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ なんてことだ ・ オーマイゴッド ・ 喫驚(する) ・ どきっ(とする) ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ (世界を)震撼(させた事件) ・ まさか(の展開) ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ びっくり(する) ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ 一驚(を喫する) ・ 耳目を驚かす ・ 驚異(の切れ味) ・ 驚き入る ・ うわわっ(!) ・ 青天の霹靂 ・ 狼狽 ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ 驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ 震駭 ・ (驚いて)失神(する) ・ 珍事 ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ 聳動 ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ 驚愕 ・ 驚倒(する) ・ 息が止まるかと思った ・ 寝耳に水 ・ 呆けたようになる ・ あろうことか(元カノと同席) ・ 動転(する) ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ 泡を食う ・ 立ちすくむ ・ あり得ない ・ うっそー(!) ・ おやおや ・ あれあれ ・ びっくらこいた ・ 思いがけないことが起きる ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ 目の玉が飛び出る ・ 面食らう ・ ぎくり ・ ぎくっ(と)(する) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ サプライズ ・ はっとする ・ (わが)目を疑う ・ (突然の音に)慌てる ・ 腰を抜かす ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ すわ(っ)(、一大事) ・ たまげる ・ ぶったまげる
(言うべき)言葉もない悲しい(言うべき)言葉もない悲しい  救われない(気分) ・ (ご)愁傷(様) ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 暗い(気分) ・ 救いのない ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 哀傷 ・ 嘆き悲しむ ・ 憂える ・ ペーソス(を感じる) ・ どうしたらいいか分からない ・ 悲痛 ・ めいる ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 沈痛 ・ 哀切 ・ 腸を断つ ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ 紅涙を絞る ・ やりきれない(思い) ・ 悲哀 ・ 哀れ ・ 悶々(の情) ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ 悲しみ(に暮れる) ・ うれ ・ 断腸の思い ・ 哀れ(を催す) ・ 寂しがる ・ 哀感 ・ 憂う ・ (一人暮らしを)侘びる ・ 憂うべき(事態) ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 胸が塞がる ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ 身も世もない(姿) ・ 言葉が出ない ・ 暗うつ ・ 哀愁 ・ 嘆く ・ 悲しむ ・ 立っていることもままならない ・ (顔を押さえて)その場に座り込む ・ うら悲しい ・ 心を重くする ・ 暗然 ・ 物悲しい ・ 悲傷 ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 悲愴 ・ 悲しい ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 居たたまれない(△事件[気持ちになる]) ・ 正視できない ・ 悪夢のような(光景) ・ 悪夢的(な現実) ・ 惨憺 ・ (見るも)あさましい ・ 哀れ(な姿) ・ この世のものとは思えない ・ うろたえる ・ 混乱と叫喚 ・ 深刻(な被害) ・ 流血(現場) ・ 猟奇的(な殺し方) ・ (気持ちが)乱れる ・ 悲惨(な事故) ・ おぞましい(光景) ・ 常軌を逸した(やり方) ・ 悪逆非道(のやり方) ・ 嫌悪(感)(を催す) ・ 鬼哭啾啾きこくしゅうしゅう(たる激戦地の跡) ・ 身のすくむ(ような)(光景) ・ 血も涙もない(やり方) ・ 見ていられない ・ どうしようもない ・ 痛ましい(光景) ・ 大混乱 ・ 心配でたまらない ・ 凄絶 ・ 無惨 ・ (続く事件に)暗澹(たる思い) ・ やりきれない(△ニュース[気持ちになる]) ・ 惨め ・ 虐げられた(姿) ・ ハード(な内容) ・  ・ 惨烈 ・ 戦慄(すべき光景) ・ 修羅場(となる) ・ 阿鼻叫喚 ・ 冷血 ・  ・ (ひどく)当惑する ・ 目を覆う(惨状) ・ 哀れをとどめぬ(姿) ・ 目を覆う(ような現場) ・ 目を覆わずにはいられない ・ 目を背ける ・ 阿鼻地獄 ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 同情を禁じ得ない ・ 寒々とした(姿) ・ 悲痛(な訴え) ・ 顔を背ける(ような)(光景) ・ 見るに忍びない ・ 生き地獄 ・ 地獄(絵図) ・ 気の毒(な境遇) ・ 陰惨(な事件) ・ 身震い(する)(ような光景) ・ 救いのなさを感じる ・ 血の海 ・ 胸が悪くなる(ような)(行為) ・ 呪わしい(運命) ・ 悲劇(の物語) ・ 悲劇的(な最後) ・ むごい ・ むごたらしい ・ ショッキングな(事件) ・ 変わり果てた(肉親) ・ (話を聞くのが)つらい ・ 持って行き場のない(気持ち) ・ 苦痛 ・ 惨事 ・ ケダモノのやること(だ) ・ ふた目とみられない(惨状) ・ 悽愴 ・ 救いのない(映画) ・ グロテスク(な暴力シーン) ・ ひりひりするような(現実) ・ 恐ろしい(光景) ・ 耳を覆いたくなる(ような)(ニュース) ・ 惨状(を呈する) ・ まがまがしい(事件) ・ 騒ぎ ・ 血生臭い(惨事) ・ 酸鼻(△な事件[を極める]) ・ 魂を凍らせる(サイコホラー) ・ 唾棄すべき(行為) ・ 凄惨せいさん(な事故現場) ・ 切ない ・ (道楽者の)成れの果て ・ 不憫(に思う) ・ けなげ(な子ども) ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ 悲恋(物語) ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 哀れを催す ・ 憐憫(を感じる) ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ (聞いていて)切ない ・ 胸が締め付けられる ・ (どうにも)情けない(結末) ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ かわいそう(に思える) ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 胸が苦しくなる ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ いや(な気分) ・ 身につまされる(苦労話) ・ やりきれない(気持ちになる) ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ かける言葉が見つからない ・ 哀れっぽい ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ 憫笑(を買う) ・ 惨め(な姿) ・ 哀憐の情を感じる ・ 聞くに忍びない(話) ・ 泣かせる(セリフ) ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 励ましたくなる ・ 涙ぐましい(努力) ・ 痛々しい ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ 悲痛(な叫び) ・ 心を動かされる ・ 酸鼻(な事件) ・ 見ていてつらい ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ 見ていられない(様相) ・ いたいけ(な遺児) ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ くよくよ ・ うつ念 ・ 灰色(の気分) ・ 満たされない(気持ち) ・ 憂悶 ・ (気持ちが)どよん(とする) ・ 心理的な影響(が残る) ・ 憂さ ・ 癇が立っている ・ 思い沈む ・ うつ(状態) ・ やるせない(思い) ・ (心中)穏やかでない ・ ローテンション ・ 不定愁訴 ・ 心がおさまらない ・ 憂うつ ・ すっきりしない ・ 抑うつ(状態) ・ (素直に)喜べない ・ 面白くない(気分) ・ 眉間にしわを寄せて(座り込む) ・ (期待を)重荷に感じる ・ 気重きおも(な毎日) ・ (胸の内の)気重さ ・ 荒涼とした(精神世界) ・ 塞ぎ込む ・ 気塞ぎ ・ (気持ちが)ふさ ・ うっ屈(△する[した心情]) ・ 重たい ・ (胸の内が)もやもや(する) ・ 欲求不満 ・ 気が滅入る ・ 億劫 ・ ダーク(な気分) ・ センチメンタル(な気分) ・ 重苦しい(気分) ・ 気分が晴れない ・ 気持ちが晴れない ・ (心が)晴れない ・ 晴れ晴れしない ・ スカッとしない ・ くさくさ(する) ・ (嫌なことばかりで)むしゃくしゃ(する) ・ (気持ちが)沈む ・ 鬱然 ・ (心が)屈する ・ 悶々(とする) ・ △心[気持ち]が弾まない ・ せいせいしない ・ うっぷん ・ ストレスを感じる ・ 憂いに沈む ・ 不透明な気分 ・ (気持ちの)わだかまり ・ 屈託(を抱える) ・  ・ (悩みを)かかえ込む ・ 息苦しい(気分) ・ 息がつまる ・ (不安に)息を詰まらせる ・ 楽しめない ・ 後味が悪い ・ 複雑な(胸の内) ・ メランコリー(な気分) ・ 気持ちが塞ぐ ・ 物憂い ・ 気が進まない ・ 煩累 ・ (精神的に)参る ・ (絶望に)とらえられる ・ 沈む ・ 胸のあたりが重たい ・ (気分が)塞ぐ ・ 腹ふくるる(思い) ・ いらいら(する) ・ いらだつ ・ いらだち ・ 気うつ(が続く) ・ (△不満[憤り]を)かかえる ・ (気持ちが)わだかまる ・ 俗念(を払う) ・ 鬱積(する) ・ (気が)重い ・ 心が沈む ・ うつうつ(と)(する) ・ (不満を)ため込む ・ どんより(とした気分) ・ 陰々滅々 ・ フラストレーション(がたまる) ・ (気分が)くしゃくしゃ(する) ・ (△気持ち[不満]が)くすぶる ・ 辛気 ・ 浮かない顔(をする) ・ 煩(に堪えない) ・ (気持ちが)よどむ ・ 気分がよくない ・ 沈鬱 ・ 大儀 ・ (思いが)屈折(する) ・ 屈折した(感情) ・ 暗澹あんたん(とする) ・ 飽き足りない(ものを感じる) ・ 何かを溜め込んだ(顔) ・ なんだかなぁ ・ うっとうしい(気分) ・ 陰うつ ・ 気になる ・ 気にかかる ・ (気が)めいる ・ (不満が)たまる ・ いい気分ではない ・ わびしい ・ (佇まいに)わびしさが漂う ・ 落莫 ・ 寂しい ・ 閑散 ・ 寂寥 ・ 殺風景 ・ 寂寞 ・ 蕭然 ・ 物寂しい ・ 門前雀羅を張る ・ 荒涼 ・ 貧寒 ・ うらさびしい ・ 物哀れ ・ 蕭々 ・ 蕭殺 ・ ひっそり(としている) ・ 蕭条 ・ 寥々 ・ 索莫 ・ 活気がない ・ 深悼 ・ 忘れられない ・ (早すぎる死が)悔やまれる ・ (友人を失って)寂しく思う ・ 追悼(△する[の辞]) ・ (友の死を)悔やむ ・ 死児の齢を数える ・ 弔意 ・ 慟哭(の思い) ・ めそっとする ・ (お)悔やみ(申し上げる) ・ 痛惜(に堪えない) ・ (位牌の前で)瞑目(する) ・ (遺族への)弔慰(金) ・ (死を)いた ・ (失って)残念に思う ・ (訃を聞いて)落ち込む ・ 冥福を祈る ・ (目をとじて)祈る ・ (死者への)祈り ・ 回向(する) ・ 合掌(する) ・ 安らかにお眠りください ・ 弔意を表する ・ (お)悔やみを言う ・ ご愁傷さまです ・ (本当に)残念です ・ 悲しみがつのる ・ 悲しみ惜しむ ・ 慰霊(祭を催す) ・ 愛惜(の念に堪えない) ・ 哀惜(の念)(に堪えない) ・ 慶弔 ・ 哀悼(の意)(を表する) ・ (人の死を)悲しむ ・ (別れを)悲しく思う ・ (大切な人を失った)寂しさ ・ (犠牲者の)霊安かれ(と祈る) ・ (人の死を)哀れむ ・ 御霊安かれ(と祈る) ・ 寂寥感 ・ (人の死を)惜しむ ・ (死が)惜しまれる ・ 惜しい(人を亡くした) ・ 黙祷(する) ・ 半旗を掲げる ・ 弔う ・ 弔い ・ 弔する ・ 涙が出る ・ 泣き沈む ・ 吼える ・ 慟哭 ・ 泣き出す ・ 泣く ・ 咽び泣き ・ 涙する ・ すすり上げる ・ 泣き ・ しゃくり上げる ・ 泣き崩れる ・ 泣き伏す ・ 涙をぬぐう ・ ありがた涙(を流す) ・ 声涙倶に下る ・ 泣き入る ・ むせ返る ・ (誰はばかることなく)号泣 ・ 人前で泣くことを我慢しない ・ 一しきりなく泣く ・ 泣きの涙 ・ 泣き濡れる ・ 感情が高ぶる ・ 涙に咽ぶ ・ えぐえぐ(と泣く) ・ 咳き上げる ・ 嗚咽 ・ 袖を絞る ・ 涕泣 ・ 泣きじゃくる ・ すすり泣く ・ すすり泣き ・ 歔欷 ・ (涙は女を)セクシーにする ・ しゃくり泣き ・ むせぶ ・ 泣かせる ・ 哭する ・ 長嘆 ・ 悲嘆(に暮れる) ・ 嘆じる ・ 悲しみを気持ちを強く表す ・ 慨嘆 ・  ・ やりきれない ・ (世を)慨する ・ 感嘆 ・ 嘆息(する) ・ 痛嘆 ・ 嗟嘆 ・ 切ない(メロディ) ・ メランコリック(な曲) ・ 感傷的(な歌詞) ・ 悲しみを歌う ・ ブルース(調)(の曲) ・ 哀愁をたたえた(音色) ・ レイジー(な節回し) ・ 人生がにじみ出た(歌) ・ 哀調を帯びる ・ エレジー ・ 哀歌 ・ すがれた(音色) ・ マイナー(な曲調) ・ バラード ・ 悲歌 ・ 哀調(を帯びた旋律) ・ 挽歌 ・ 哀話 ・ 悲話 ・ 悲喜(こもごも) ・ 泣き笑い(人生) ・ (サラリーマン)残酷物語 ・ (人生勝負の)負けを知る ・ (吉野朝)哀史 ・ 悲しくて滑稽な(恋の物語) ・ ペーソス ・ 悲哀(を感じる) ・ 悲しみ ・ どこか寂しい ・ どこか惹かれる ・ 胸を騒がせる ・ うら悲しさ ・ プチうつ ・ 悲愁 ・ 物悲しさ ・ 哀しい ・ 悲しげ ・ (都会の)孤愁 ・ けだるい ・ 旅愁 ・ センチメンタルジャーニー ・ 陰影のある ・ あきらめ(が漂う) ・ 諦観 ・ 運命を受容する ・ 満たされない(思い) ・ 哀しみ ・ 憂愁 ・ 哀愁を含んだ(メロディー) ・ 秋(になると物悲しい) ・ (やさしくて)ほろ苦い(思い出) ・ ほろ苦さ ・ 悲しくて滑稽(な) ・ 哀れさ ・ 寂しげ(な風景) ・ 感傷的(な気分) ・ センチメンタル(な夜) ・ 感傷旅行 ・ (思い出すと)甘酸っぱい ・ (なにか)暗い雰囲気を持つ ・ 寂しげ(な) ・ うら寂しさ ・ 春愁 ・ しんみり ・ わびしげ(な雰囲気が漂う) ・ しみじみ(した) ・ メランコリック(な気分) ・ 何とはなしに ・ 沈んだ ・ 空虚(な胸の内) ・ 陰影(のある空間) ・ 陰り(のある) ・ 愁い(を帯びる) ・ 叙情的(な文章) ・ (ちょっぴり)切ない ・ 切なさ ・ 泣きそう(な気分) ・ (何だか)泣きたい(気分) ・ たそがれた(気分) ・ 悔しさ ・ 愁い(をたたえる) ・ むせび泣く ・ 哀愁(△が漂う[を帯びた]) ・ 懐かしい ・ 憂い(を帯びる) ・ ウェット(な) ・ 暗い ・ 孤独感 ・ 胸に染みる ・ 慨世 ・ つらい(別れ) ・ 離れがたい ・ 未練が残る ・ 切ない(思い) ・ 残り惜しい ・ 離愁 ・ 名残惜しい ・ 去りがたい ・ 泣きの涙(で手放す) ・ 立ち去りがたい ・ 別れがたい ・ 悲しい(別離) ・ 身を切られるような(思い)(で離別する) ・ 後朝きぬぎぬ(の別れ) ・ 後ろ髪を引かれる ・ 泣く泣く(諦める) ・ 泣き別れ(になる) ・ 人の痛み(が分かる) ・ 心の痛み ・ 傷心(の身) ・ 悲しみで打ちひしがれた心 ・ 窮余 ・ (不運に)泣く ・ (格差社会に)痛めつけられる ・ たまらない ・ 迷惑 ・ 悩む ・ 辛い ・ 血の出るような ・ 不如意 ・ 気苦労 ・ 敵わない ・ 苦悩する ・ やるせない ・ 苦しめられる ・ (心理的に)追い詰められる ・ 忍びない ・ 困難(に直面する) ・ 天を仰ぐ ・ 心が休まらない ・ 辛酸をなめる ・ 胸苦しい ・ 火宅(の人) ・ 苦労 ・ 疲れ切る ・ 術無い ・ 苦い ・ 痛い ・ (貧困に)苦しむ ・ 四苦八苦 ・ 骨身に堪える ・ 心理的影響(を受ける) ・ 苦しむ ・ 真綿で首を絞められる(ような思い) ・ 耐えられない ・ 塗炭(の苦しみ) ・ 悩ましい ・ ありがた迷惑 ・ (もう)押し潰されそう ・ 重圧を受ける ・ (人手不足に)悲鳴を上げる ・ 悶々 ・ 血みどろ ・ (苦難に)見舞われる ・ 苦しい ・ 憂い ・ 物狂おしい ・ 煙たい ・ (痛みに)うめく ・ うめき(声)をもらす ・ 痛し痒し ・ 狂おしい ・ (偏頭痛に)たたられる ・ 息苦しい ・ 喉が詰まる(のを感じる) ・ (重税に)あえぐ ・ 低迷する ・ (老朽化に)さいなまれる ・ 重荷 ・ 呻吟(する) ・ 喜び ・ 喜びと悲しみ ・ 休戚 ・ 哀歓 ・ 悲喜 ・ 一喜一憂
(言うべき)言葉もない余りにひどくて驚く(あきれる)(言うべき)言葉もない余りにひどくて驚く(あきれる)  (ひどく)困惑(する) ・ 聞いてあきれる ・ (皮肉で喜んでいるなんて)世話がない(ね) ・ あろうことか(~するとは) ・ 驚きあきれる ・ 閉口(する) ・ あきれる ・ あきれ果てる ・ あきれ返る ・ あきれて物も言えない ・ (非常識さに)驚く ・ (つまらない冗談に)引く ・ あきれ顔 ・ 恐るべき(自信家) ・ (大人も)顔負け ・ 絶句(する) ・ トンデモ(本) ・ 呆然(とする) ・ ぽかん(とする) ・ 腰が抜ける ・ 腰が抜けそう ・ 毒気を抜かれる ・ (思い切り)間抜けた(顔) ・ 言葉にならない ・ 思考が(一瞬)止まる ・ ノックアウトされる ・ 言葉が出ない ・ 仰天(する) ・ 言い返せない ・ 収拾がつかない ・ お粗末な(言い訳) ・ 二の句が継げない ・ (二人の仲に)当てられる ・ 返す言葉もない ・ 目を丸くする ・ 耳を疑う ・ おやおや(、おかしいぞ)、あらら ・ 途方もない(計画) ・ 声が出ない ・ あっけにとられる ・ あっけらかんと ・ 口を開けて ・ 開いた口が塞がらない ・ 口がきけない ・ (口を)あんぐり(させる) ・ あごが外れたかのように(口をあんぐり) ・ (礼儀知らずに)腹が立つ ・ 気抜けする ・ 五里霧中 ・ 言葉を失う ・ 言うべき言葉もない ・ 恐れ入る ・ しらける ・ (予想外の出来事に)驚く ・ 度肝を抜かれる ・ きょとん(とする) ・ よく言うよ ・ いやになる ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(なる) ・ 唖然(とする) ・ ひっくり返る ・ 驚愕する ・ あまりのことに(返事ができない) ・ 驚くばかり ・ 愕然(とする) ・ 声を失う ・ 目をむく ・ とんでもない(ことをしでかす) ・ 鳩が豆鉄砲を食ったよう(に) ・ ぼんやり(する) ・ ぼう然(と見守る) ・ 目を点にする ・ 目が点になる ・ 驚愕 ・ (驚いて)失神(する) ・ 狼狽 ・ 寝耳に水 ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ 目の玉が飛び出る ・ 一驚(を喫する) ・ あり得ない ・ まさか(の展開) ・ (突然の音に)慌てる ・ あろうことか(元カノと同席) ・ 驚異(の切れ味) ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ すわ(っ)(、一大事) ・ 耳目を驚かす ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ 呆けたようになる ・ 立ちすくむ ・ おやおや ・ あれあれ ・ うわわっ(!) ・ 驚倒(する) ・ びっくらこいた ・ 泡を食う ・ 驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ はっとする ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ どきっ(とする) ・ 腰を抜かす ・ 聳動 ・ ぎくり ・ ぎくっ(と)(する) ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ (世界を)震撼(させた事件) ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ 面食らう ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ 青天の霹靂 ・ 驚き入る ・ うっそー(!) ・ 息が止まるかと思った ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ なんてことだ ・ たまげる ・ ぶったまげる ・ 珍事 ・ びっくり(する) ・ サプライズ ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ 思いがけないことが起きる ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ 喫驚(する) ・ 息をのむ ・ 息が止まる ・ パニる ・ オーマイゴッド ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ (わが)目を疑う ・ 震駭 ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ 動転(する)
(言うべき)言葉もない(未分類)(言うべき)言葉もない(未分類)  寒心に堪えない ・ 残念至極 ・ 付ける薬はない ・ 言うべき言葉もない情けない ・ 慨嘆する ・ 残念 ・ 世も末 ・ 嘆かわしい ・ 苦々しい ・ 末世 ・ ここに極まれり ・ 残念な
(その過酷な運命には)言葉もないかわいそう(その過酷な運命には)言葉もないかわいそう  泣かせる(セリフ) ・ 身につまされる(苦労話) ・ 励ましたくなる ・ いや(な気分) ・ 涙ぐましい(努力) ・ 不憫(に思う) ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 哀れを催す ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ (かわいそうだと思うことが)見下している ・ 憫笑(を買う) ・ 悲痛(な叫び) ・ 胸が締め付けられる ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ 酸鼻(な事件) ・ かわいそう(に思える) ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ 救いのない ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ けなげ(な子ども) ・ (道楽者の)成れの果て ・ 見ていられない(様相) ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 哀憐の情を感じる ・ 憐憫(を感じる) ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ (どうにも)情けない(結末) ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ 見るに忍びない ・ 聞くに忍びない(話) ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 心を動かされる ・ 惨め(な姿) ・ かける言葉が見つからない ・ 見ていてつらい ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ 哀れっぽい ・ いたいけ(な遺児) ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ 痛々しい ・ 胸が苦しくなる ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ 悲恋(物語) ・ やりきれない(気持ちになる) ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ (聞いていて)切ない ・ 哀れをとどめぬ(姿) ・ この世のものとは思えない ・ (気持ちが)乱れる ・ 唾棄すべき(行為) ・ 虐げられた(姿) ・ 阿鼻地獄 ・ 惨憺 ・ 惨状(を呈する) ・ ふた目とみられない(惨状) ・ 冷血 ・ 救いのなさを感じる ・ 流血(現場) ・ 混乱と叫喚 ・ 悲劇(の物語) ・ 悲劇的(な最後) ・ 血生臭い(惨事) ・ 正視できない ・ どうしようもない ・ 深刻(な被害) ・ 酸鼻(△な事件[を極める]) ・ 救いのない(映画) ・ 無惨 ・ ショッキングな(事件) ・ 顔を背ける(ような)(光景) ・ 見ていられない ・ 血の海 ・ 血も涙もない(やり方) ・ やりきれない(△ニュース[気持ちになる]) ・ むごい ・ むごたらしい ・ 悲惨(な事故) ・ 持って行き場のない(気持ち) ・ 修羅場(となる) ・ ハード(な内容) ・ 変わり果てた(肉親) ・ ひりひりするような(現実) ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ 居たたまれない(△事件[気持ちになる]) ・ (ひどく)当惑する ・ 恐ろしい(光景) ・ 呪わしい(運命) ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 惨事 ・ 哀れ(な姿) ・ 悪逆非道(のやり方) ・ 悽愴 ・ (見るも)あさましい ・ 目を覆う(ような現場) ・ 目を覆わずにはいられない ・ 目を背ける ・ おぞましい(光景) ・ 生き地獄 ・ 地獄(絵図) ・ 凄絶 ・ 大混乱 ・ 惨烈 ・ まがまがしい(事件) ・ 惨め ・  ・ 身のすくむ(ような)(光景) ・ 切ない ・ 騒ぎ ・  ・ 魂を凍らせる(サイコホラー) ・ 嫌悪(感)(を催す) ・ (続く事件に)暗澹(たる思い) ・ 苦痛 ・ 戦慄(すべき光景) ・ 凄惨せいさん(な事故現場) ・ 猟奇的(な殺し方) ・ 陰惨(な事件) ・ ケダモノのやること(だ) ・ 痛ましい(光景) ・ (話を聞くのが)つらい ・ 心配でたまらない ・ うろたえる ・ 身震い(する)(ような光景) ・ 悲しい ・ 寒々とした(姿) ・ グロテスク(な暴力シーン) ・ 気の毒(な境遇) ・ 鬼哭啾啾きこくしゅうしゅう(たる激戦地の跡) ・ 耳を覆いたくなる(ような)(ニュース) ・ 阿鼻叫喚 ・ 目を覆う(惨状) ・ 胸が悪くなる(ような)(行為) ・ 悪夢のような(光景) ・ 悪夢的(な現実) ・ 悲痛(な訴え) ・ 常軌を逸した(やり方) ・ 不景気 ・ 卑屈 ・ 卑しい ・ 哀れ ・ 見る影もない ・ 成れの果て ・ 見劣りがする ・ 貧弱 ・ 貧相(な身なり) ・ みすぼらしい(姿) ・ 所帯やつれ ・ 見栄えのしない ・ わびしい ・ (何とも)情けない ・ 哀れむべき ・ 嘆かわしい ・ 威厳がない ・ しおたれる ・ 情けない ・ しみったれた(やつ) ・ 吹けば飛ぶような(体) ・ 暗い(感じのする) ・ 哀話 ・ 悲話 ・ (サラリーマン)残酷物語 ・ 悲喜(こもごも) ・ (人生勝負の)負けを知る ・ (吉野朝)哀史 ・ 悲しくて滑稽な(恋の物語) ・ 泣き笑い(人生) ・ 奴隷のよう(に働く) ・ 社畜 ・ みすぼらしい ・ 悲しい(境遇) ・ 野良犬のような(△自分[惨めさ]) ・ (自らの立場に)悲哀を感じる ・ ミジンコのような(存在) ・ 哀れ(な人) ・ 鼻くそみたいな(もの) ・ 人並み以下 ・ 普通以下(の生活) ・ わびしい(食事) ・ 悲惨(な生活) ・ しがない(サラリーマン) ・ 吹けば飛ぶような(存在) ・ 同情を買う ・ 同情を引く ・ お涙ちょうだい(のドラマ) ・ 同情(を誘う) ・ (相手の)△同情心[良心]に訴える ・ 感動的(な光景) ・ 心を重くする ・ 断腸の思い ・ 暗い(気分) ・ 悲愴 ・ 憂うべき(事態) ・ 悶々(の情) ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ ペーソス(を感じる) ・ 嘆く ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 物悲しい ・ (一人暮らしを)侘びる ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 沈痛 ・ 暗然 ・ 悲哀 ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ (言うべき)言葉もない ・ やりきれない(思い) ・ 哀愁 ・ (ご)愁傷(様) ・ 腸を断つ ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 言葉が出ない ・ 哀感 ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ どうしたらいいか分からない ・ 憂える ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 嘆き悲しむ ・ 哀傷 ・ 紅涙を絞る ・ 憂う ・ 哀切 ・ 身も世もない(姿) ・ うら悲しい ・ 胸が塞がる ・ 悲痛 ・ 悲傷 ・ 救われない(気分) ・ 寂しがる ・ うれ ・ 哀れ(を催す) ・ 暗うつ ・ めいる ・ 慈悲(を△かける[施す/の心]) ・ 仁愛 ・  ・ 共感 ・ 判官びいき ・ 憐憫(の情)(を抱く) ・ 相哀れむ ・ 傷む心 ・ いとおしむ ・ △心[気持ち]を動かされる ・ 温情 ・ 哀れむ ・ 哀れに思う(気持ち) ・ 哀れみ ・ 憐れみ ・ (彼の胸中を)思いやる ・ 惻隠(の情) ・ 同情(△する[を禁じ得ない]) ・ その人の身になる ・ 敬老(精神) ・ 心を汲む ・ かわいそうに思う ・ おかわいそうに ・ 不憫がる ・ (相手に)配慮(する) ・ 優しさ ・ お大事に ・ お気をつけて ・ (相手の胸中を)察する ・ 感情移入 ・ 一体感 ・ 気の毒だと思う ・ (智に働けば角が立つ)情に棹させば流される ・ つい仏心を出してしまう ・ 哀憐(の情) ・ (よく)分かるよ ・ 心配(する) ・ 養老(年金) ・ 思いやり ・ (情に)ほだされる ・ 大慈大悲 ・ (苦労話を聞いて)身につまされる ・ 仁慈 ・ おつらいでしょうね ・ 温かい(目で見る) ・ 温かさ ・ (敗者に)情け(をかける) ・ (武士の)情け ・ (弱者を)いたわる ・ いたわり(の気持ち) ・ もらい泣き ・ (頑張る姿に)心を打たれる ・ 仁恕 ・ 人情 ・ (戦災孤児を)慈しむ ・ 慈しみ ・ 印象のいろいろ ・ お多福 ・ 不器量 ・ パグ(みたいな顔) ・ 他人を不幸にする顔 ・ フランケンシュタイン ・ すべた ・ モンスター(と形容できる) ・ 顔がゆがんでいる ・ 醜悪(な容貌) ・ 負け組 ・ 深海魚 ・ 仲間外れ(にする) ・ 狆くしゃ ・ 顔面凶器 ・ 妖怪 ・ お岩さん ・ 老醜(をさらす) ・ (周囲の)引き立て役 ・ 不細工 ・ みにくい ・  ・ (見た目が)恐ろしい ・ いびつ ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ 醜婦 ・ 下脹れ ・ 顔面偏差値35 ・ グロテスク(な姿) ・ お亀 ・ ブス ・ 冷遇(される)
(あまりの悲劇に)言葉もない気持ちの張りを失う(あまりの悲劇に)言葉もない気持ちの張りを失う  肩を落とす ・ 弱音を吐く ・ 腐る ・ (精神的に)参る ・ 幻滅 ・ 傷心(の帰国) ・ 力落とし ・ (気が)めいる ・ 拍子抜け ・ (意気込みが)砕ける ・ 気が抜ける ・ 気の抜けたビールのような ・ (失敗に)屈する ・ 虚脱 ・ 阻喪 ・ 打ちのめされる ・ (精神的)ショック(を受ける) ・ 落胆 ・ 何をする元気もなくなる ・ 張り合い抜け ・ 気落ち ・ 力抜け ・ 気抜け ・ 暗然(として声もない) ・ 気を落とす ・ 気力が衰える ・ がっかり ・ (気持ちが)くじける ・ 打ちひしがれる ・ 腰が砕ける ・ (世を)はかなむ ・ (事前の)期待を裏切る(結果) ・ 絶望 ・ ぬか喜び(に終わる) ・ 空喜び ・ 期待に反する ・ (都会生活に)幻滅(する) ・ あっけなく(~する) ・ あっけない ・ あえない ・ 失意 ・ 期待外れ ・ 愕然(とする) ・ 名前負け ・ 希望が抱けない ・ (体の力が抜けて)膝をつく ・ 見込み違い ・ 計算違い ・ 誤算 ・ (ふくらんだ)(期待が)しぼむ ・ すかを食う ・ 失望 ・ 期待すべき未来はない ・ うどの大木 ・ 当て外れ ・ 地に落ちた気分 ・ 待ちぼうけ ・ 空騒ぎに終わる ・ 現実を受け入れることができない ・ だらしない(敗北) ・ たわいない(負け方) ・ ころころ(と)(負ける) ・ (ファンの)支持を失う ・ せつな的幸福感 ・ 当てが外れる ・ バブルに踊る ・ 目の前が暗くなる ・ (選手の)気勢が上がらない ・ 疲弊(感) ・ 陰気(な気分) ・ (気分が)塞ぐ ・ 生気がなくなる ・ どんより(と沈む) ・ (気分が)ブルー(になる) ・ すごすご ・ けだるい(音楽) ・ しょぼくれる ・ げんなり ・ (往年の)輝きがない ・ 失望(する) ・ 悄然しょうぜん(とする) ・ 背中を丸める ・ うつむく ・ うつむいた(背中)うつむいて(歩く) ・ (失恋して)うなだれる ・ しみじみ ・ 戦意喪失 ・ 意気が揚がらない ・ 青息吐息 ・ (花が)しおれる ・ 辛気くさい(表情) ・ 元気が△ない[なくなる] ・ 元気をなくす ・ やる気を失う ・ 虚脱(状態) ・ 虚脱感(が漂う) ・ みすぼらしい(気持ち) ・ しょっぱい ・ (気持ちが)しぼむ ・ (しぼんだように)小さくなる ・ 惨め(な気分) ・ 無気力になる ・ 消沈(する) ・ (気分が)陰うつ ・ 力無げ ・ 力なく ・ (精神的に)打ちのめされる ・ 悄悄 ・ げっそり(する) ・ 輝きがない ・ (すっかり)参る ・ 愁然 ・ 陰々滅々(とした気分) ・ くじける ・ しょぼしょぼ ・ いじける ・ いじけた気持ち ・ しゃんとしない ・ 気落ち(する) ・ 失意(のどん底) ・ 悵然 ・ 気息奄々(たる状態) ・ 沈んだ(気分) ・ ショックを受ける ・ やっと息をしている(状態) ・ 沈んだ気持ち ・ 不景気(な顔)(をする) ・ 気力がない ・ 気力が失せる ・ 気力に欠ける ・ 気力を失う ・ (△気持ち[精神]が)落ち込む ・ (気持ちが)晴れない ・ (悲しみに)打ち沈む ・ ぺしゃんこ ・ とぼとぼ(と)(帰る) ・ しょんぼり(する) ・ しょぼん(とする) ・ ぺしゃん(となる) ・ (気持ちが)へこむ ・ (心身ともに)どん底 ・ がっくり(する) ・ がっかり(する) ・ 力を落とす ・ 反省(する) ・ 意気消沈(する) ・ 憮然 ・ ぎゃふん(と)(△なる[参る]) ・ しおしお ・ やる気がない ・ おとなしくなる ・ 萎縮(する) ・ 勢いがない ・ 寂しい ・ 寂しく思う ・ しおたれる ・ 気が滅入る ・ わびしい(思い) ・ しょげかえる ・ (もう)立ち直れない ・ しんみり ・ 挫折感 ・ 心が晴れない ・ 活気がない ・ 暗うつ ・ 未練を残す ・ 縮む ・ 縮こまる ・ 重い(気分) ・ しょげこむ ・ (意気)阻喪(する) ・ (叱られて)しゅん(と)(△なる[しり]) ・ くしゅん(と)(なる) ・ (気分が)暗くなる ・ 暗い(△気分[表情]) ・ (△心[意気込み/生きる気力]が)萎える ・ 声が湿る ・ しょげる ・ 開放的でない ・ (気分が)沈む ・ 落胆(する) ・ へこたれる ・ すごすご(と)(引き下がる) ・ ダーク(な気持ち) ・ (将来を)悲観(する) ・ めそっとする ・ しゅんとする ・ 青菜に塩 ・ テンションが低い ・ ローテンション ・ しおれる ・ (負け続けて)腐る ・ (失敗して)めげる ・ 重苦しい(気分) ・ 積極性がない ・ 自信がない ・ 自信をなくす ・ 沈滞ムード ・ 内向(する) ・ しなびる ・ ガクン(と)(参る) ・ 渋い
言葉もないきわだった魅力に強いショックを受ける言葉もないきわだった魅力に強いショックを受ける  くらくらする ・ 立派な ・ 崇高な ・ 神々しい(光) ・ 壮観(な) ・ 目まいがする(ような) ・ まぶしい(美しさ) ・ (△美しさ[雄大さ]に)圧倒される ・ (強い)感銘を覚える ・ (胸を)打たれる ・ 雄渾ゆうこん(な筆致) ・ 壮大な ・ 息をのむ ・ うわーっ(というような)(△夕陽[歓声を上げる]) ・ (我を忘れて)見とれる ・ 胸がとどろく ・ (いかんともしがたい)胸のとどろき ・ ぼんやりする ・ (心を)揺さぶられる ・ (心を)奪われる ・ (美しさに)魂を奪われる ・ (キュートなルックスに)ノックアウトされる ・ (精神的に)打ちのめされる ・ 感動する ・ (荘厳さに)心が震える ・ (ハートを)わしづかみにされる ・ (目に)焼き付ける ・ (心に)焼き付く ・ いつまでも消えない ・ 実感 ・ 言葉を失う ・ 絶句 ・ すごい(…) ・ 放心状態 ・ 言うべき言葉が見つからない ・ (あまりの悲劇に)言葉もない ・ (胸が)じんと(する) ・ (胸に)じんと来る ・ 胸にくる ・ 心の琴線きんせんに触れる ・ もらい泣き(する) ・ うわーっというような(感動) ・ ぐっと来る ・ 胸に響く ・ 心を染みる ・ (感動で)(△胸[気持ち]が)熱くなる ・ (胸を)熱くさせる ・ 心を奪われる ・ 感動(する) ・ 感動的(な映画) ・ 心を打つ ・ 心を打たれる ・ 感心(する) ・ (この絵には)アピール(するものがある) ・ ほれ込む ・ 心が躍る ・ 言葉をのむ ・ 詠嘆 ・ 感慨(にふける) ・ (気持ちが)込み上げる ・ はっと(する) ・ 胸を打つ ・ 胸を打たれる ・ 胸に迫る ・ 胸が震える ・ (心が)震える ・ 忘れられない ・ 享受 ・ 身震い(する)(ほど感動) ・ 感に堪えない ・ 嘆息 ・ (思わず)涙がこぼれそうになる ・ (忘れられないほど心に深く)感じる ・ (心を)揺さぶる ・ (△心が[胸を/魂を])揺さぶられる ・ △心[ハート]をわしづかみにされる ・ (△心[気持ち]を)揺り動かされる ・ 雷に打たれたような(衝撃) ・ (熱演に)心を動かされる ・ 心が動く ・ 気持ちが動く ・ 気持ちを動かされる ・ (△歌声に[脳が/熱い訴えに])しびれる ・ しびれるほど(感動する) ・ 感嘆 ・ 胸がいっぱい(になる) ・ 情感豊か(なラブソング) ・ 強い印象を受ける ・ (心が)燃える ・ (胸を)衝かれる ・ 感極まる ・ (素敵な歌声に)心を射抜かれる ・ 陶酔 ・ 泣かせる(話) ・ 感銘(△する[を受ける]) ・ 目がくらむ(ような)(大作) ・ 感激 ・ (心に)ぐっと来る ・ (思わず)涙する ・ 感じ入る ・ 思う ・ 感受(する) ・ (ぞっと)する ・ 感じる ・ (感動を)呼び起こす ・ 感じ ・ 感応 ・ 目まい(がする)(ようなショック) ・ はっとなる ・ はっとする ・ (凄惨な事件に)衝撃(を受ける) ・ (頭を)ガツンとやられる(作品に出会う) ・ 言葉が出ない ・ 絶句する ・ (力量の差を)痛感(する) ・ 胸に突き刺さる ・ (忠告が)(身に)応える ・ (恩師の言葉が)胸に刺さる ・ (友の急死に)胸をえぐられる ・ (心臓の)鼓動が一瞬とまる ・ インパクト(を与える) ・ 金縛りにあったような(衝撃) ・ (迫力に)圧倒される ・ 雷に打たれる ・ (失恋して)ショック(を受ける) ・ (偉人の言葉に)ほおを打たれる ・  ・ 棒立ち(になる) ・ 立ちすくむ ・ (精神的)打撃(を受ける)
(あまりの悲劇に)言葉もない衝撃や感動のあまりに発言できなくなる(あまりの悲劇に)言葉もない衝撃や感動のあまりに発言できなくなる  すごい(…) ・ 放心状態 ・ 言うべき言葉が見つからない ・ 絶句 ・ 言葉を失う ・ 畏服 ・ 面食らう ・ 顔色なし ・ (敵の技量に)青くなる ・ (相手の勢いに)気を呑まれる ・ 圧倒(される) ・ (気持ちの上で)負ける ・ (精神的に)打ちのめされる ・ まぶしい(美しさ) ・ (荘厳さに)心が震える ・ (我を忘れて)見とれる ・ 壮観(な) ・ 立派な ・ 神々しい(光) ・ (キュートなルックスに)ノックアウトされる ・ くらくらする ・ (心を)奪われる ・ 壮大な ・ (美しさに)魂を奪われる ・ (ハートを)わしづかみにされる ・ (強い)感銘を覚える ・ 雄渾ゆうこん(な筆致) ・ うわーっ(というような)(△夕陽[歓声を上げる]) ・ 言葉もない ・ (△美しさ[雄大さ]に)圧倒される ・ 目まいがする(ような) ・ 感動する ・ ぼんやりする ・ 崇高な ・ (胸を)打たれる ・ 胸がとどろく ・ (いかんともしがたい)胸のとどろき ・ (心を)揺さぶられる ・ 息をのむ
(あまりの悲劇に)言葉もない(未分類)(あまりの悲劇に)言葉もない(未分類)  返事に困る ・ 二の句が告げない ・ たじたじとなる ・ 可哀想な ・ 胸をしめつけられる ・ 惨めな ・ お気の毒 ・ 無残な ・ ~哀話 ・ 弔鐘を聞く ・ つつしみ畏まる ・ 厳粛な ・ 身の引き締まる ・ 心が改まる ・ 一言もない ・ 黙るしかない ・ 返事に窮する ・ ひれ伏す ・ ぼう然とする ・ 胸の内に踏み込んでくる ・ 抵抗できない ・ 悩殺される ・ 魅了される ・ 胸を詰まらせる ・ 締めつけられる ・ 胸にこたえる ・ 胸がつかえる ・ クソな ・ 救いがない ・ 澱のように沈む ・ 荒涼とする ・ 我慢ならない ・ 冷え込む ・ 嫌な ・ 殺伐とした ・ 暗然とする ・ 重いテーマ ・ 悲惨魔道 ・ 返す言葉がない ・ あいさつのしようがない ・ 返事に詰まる ・ 言葉に詰まる ・ 哀れな ・ 悲惨な ・ そくそくと感じる ・ 気の毒な ・ 悲劇的な ・ 黙然と ・ 透明な気持ち ・ 殊勝な気持ち ・ 凝然と ・ 気持ちが張り詰める ・ 粛然 ・ 次の言葉が出ない ・ クラッとする ・ 平伏する ・ 脱帽する ・ メロメロになる ・ やられる ・ いかれる ・ くらくらっとなる ・ 万感胸に迫る ・ 胸を突かれる ・ 息が詰まる ・ 悲しみがこみ上げる ・ 気の毒に思う胸が詰まる ・ 苦しくなる ・ ふさがる ・ 寒々しい ・ 蹂躙されやり切れない ・ 黒々とした ・ 索漠とする ・ やり場のない
キーワードをランダムでピックアップ
逃げ口お節介マスメディア近状諮問道聴塗説出炭苦労するからし菜たまり直面する声を失う任される時代の寵児となる上昇する一人で悩む六六つ液体をスポンジで吸い取る行動のおもし何となく頼りない人
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 言うべき言葉もない予想外の出来事にあっけにとられる(あっけにとられる)
  2. (言うべき)言葉もない悲しい
  3. (言うべき)言葉もない余りにひどくて驚く(あきれる)
  4. (言うべき)言葉もない(未分類)
  5. (その過酷な運命には)言葉もないかわいそう
  6. (あまりの悲劇に)言葉もない気持ちの張りを失う
  7. 言葉もないきわだった魅力に強いショックを受ける
  8. (あまりの悲劇に)言葉もない衝撃や感動のあまりに発言できなくなる
  9. (あまりの悲劇に)言葉もない(未分類)