表示領域を拡大する
雌伏(する)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
雌伏(個人が)地位や財産を失って惨めな状態になる(落ちぶれる)雌伏(個人が)地位や財産を失って惨めな状態になる(落ちぶれる)  (ワンマン社長の)行き着いた先 ・ 惨め(な境遇)(に陥る) ・ 淪落りんらく(△した女[の淵に沈む]) ・ 精彩を失う ・ (かつての)輝きを失う ・ あまりにもさびしいカリスマの最期 ・ みすぼらしい(格好)(をさらす) ・ 格下げ ・ (かつての)威勢はない ・ 失脚(する) ・ (役者)崩れ ・ 降職 ・ 敗残(の人生) ・ (社会の)敗残者 ・ 哀れ(な△姿[末路をたどる]) ・ 不人気 ・ (過去の栄光も)今は昔 ・ 落ち目(の芸能人) ・ (郷里に)逼塞ひっそく(する) ・ 尾羽おは打ち枯らす ・ 凋落ちょうらく(する) ・ (悲しみに)打ちひしがれる ・ 貧する ・ 貧すれば鈍する ・ 野垂れ死(にする) ・ 都落ち(する) ・ 落ち行く(先は奥州平泉) ・ 破滅型(人間) ・ 評判を落とす ・ (人気が)失墜しっつい(する) ・ (道楽者の)成れの果て ・ うらさびしい(姿) ・ 落ち武者 ・ 栄枯盛衰 ・ わびしい(姿) ・ (背中に)わびしさが漂う ・ 食い詰める ・ 破産(する) ・ 蹌踉ろうそう(たる姿) ・ (背中に)哀愁が漂う ・ 誇りも何もなくす ・ 転落(の道をたどる) ・ 落ちぶれる ・ 落ちぶれ果てる ・ 落ちこぼれる ・ うらぶれる ・ どん底(の生活) ・ 脱落(する) ・ 逆境にある ・ (△地位が[物乞いにま​で])落ちる ・ 落ちた(偶像) ・ (△どん底の生活[社会の底辺]に)沈む ・ (酒が)身の破滅(を招く) ・ 身を滅ぼす ・ ぱっとしない ・ (栄光と)挫折 ・ 枯れすすき ・ 失格(になる) ・ 身をやつす ・ たそがれる ・ たそがれて(生気のない人) ・ 降任 ・ 蹴落とされる ・ (ばくちで)身を持ち崩す ・ 沈淪 ・ 負け犬(の道を歩み始める) ・ 様変わり(する) ・ (無一文に)成り果てる ・ 成り下がる ・ 見放される ・ 落伍(する) ・ 神通力を失う ・ ダメになる ・ リストラ候補 ・ 飽きられる ・ 路頭に迷う ・ (酒に)溺れる ・ (失言が)命取り(になった) ・ (支店勤務に)飛ばされる ・ (親にも)合わせる顔がない(ような酷い生活) ・ 落後 ・ (担当から)外れる ・ (娼婦に)身を落とす ・ 落魄らくはく(の身) ・ 落魄無残(な姿) ・ 路地裏(で暮らす) ・ (平社員に)降格(する) ・ 見る影もない ・ (昔の)面影はない ・ 風采が上がらない ・ やつれる ・ しょぼくれた(貧乏人) ・ 零落れいらく(する) ・ 置いていかれる ・ 転覆 ・ しな下る ・ 没落(する) ・ 没落武士 ・ 自分を見失う ・ (どん底に)沈む ・ 悪魔に魅入られる ・ (悪の道に)迷い込む ・ (悪魔に)魂を売る ・ ダークサイドに落ちる ・ 邪道に落ちる ・ 堕落(する) ・ 悪の道に走る ・ 淪落(する) ・ 転落(する) ・ 身を持ち崩す ・ 誇りをなくす ・ 正道から外れる ・ (△裏稼業[悪事]に)手を染める ・ 正道から落ちる ・ 毒まんじゅうを食う ・ 手を汚す ・ 堕ちる ・ (衣食住にも)困る ・ 無い袖は振れない ・ 無一物 ・ (生活に)困窮(する) ・ 甲斐性なし ・ 財政難 ・ お金がない ・ (借金で)首が回らない ・ (物価高で)青息吐息(だ) ・ 身代限り ・ 虐げられた(人々) ・ 金欠(病) ・ (今月)ピンチ ・ 露命をつなぐ ・ 不如意 ・ 貧しい ・ かつかつの暮らし ・ 内輪 ・ 宵越しの金は持たない ・ 無産 ・ 食いはぐれ ・ 食いはぐれる ・ 食いっぱぐれ ・ 食いっぱぐれる ・ ふところが寂しい ・ お金を借りる ・ 借金漬け ・ (連日、)取り立てに追われる ・ ゲルピン ・ 色男金と力は無かりけり ・ 窮迫する ・ ぎりぎりの生活 ・ 何も持っていない ・ 貧困(層) ・ 丸裸 ・ 干上がる ・ (ワーキング)プア(に属する) ・ プア(ー)な(日雇い派遣) ・ ぴいぴい ・ すってんてん ・ 自転車操業 ・ 貧乏(する) ・ 生活が苦しい ・ 生活が苦しくなる ・ 寒村(で育つ) ・ ギャンブル依存症 ・ 無一文 ・ (生活必需品にも)不自由(する) ・ 生活に追われる ・ 貧乏人 ・ すかんぴん ・ (女の)細腕(で一家を養う) ・ しがない(暮らし) ・ 窮乏(する) ・ エンゲル係数が高い ・ 食い倒す ・ 清貧 ・ (おまんまの)食い上げ ・ 乏しい ・ (京の)着倒れ ・  ・ (経済的に)余裕がない ・ 持たざる者 ・ 生活保護 ・ (生活に)行き詰まる ・ お金に困る ・ ふうふう言ってる ・ どか貧 ・ 負け組 ・ 貧者 ・ 極貧(の暮らし) ・ (もう)限界 ・ (憲法が定める)健康で文化的な最低限度の生活 ・ 裸一貫 ・ 赤貧(の日々) ・ 賃下げ ・ 文無し ・ 手に入らない ・ (△財政[国力]が)疲弊(する) ・ (経済的に)追い詰められる ・ 逼迫 ・ (△収入[財産]が)少ない ・ ジリ貧(に陥る) ・ 一文無し ・ 無銭 ・ (食物が)乏しい(時代) ・ (給料に)不満 ・ 食い潰す ・ 生活にゆとりがない ・ (やりくりに)四苦八苦(する) ・  ・ 格差社会(に痛めつけられる) ・ 金はあっという間に無くなる ・ きゅうきゅう ・ (もう)鼻血もでない ・ 手薄 ・ (利益が)薄い ・ 食い兼ねる ・ 窮迫(する) ・ 食っていけない ・ (やっと)息をつなぐ ・ あごが干上がる ・ 限界状態 ・ やりくりに苦しむ ・ (台所は)火の車 ・ (家計が)火だるま(状態) ・ 飢える(しかない) ・ やっとの生活 ・ 食い倒れ ・ 身分が低い ・ 素(町人) ・ 一介(の兵士) ・ (まだ平で)くすぶっている ・ 弱者 ・ 下働き(の女性) ・ 卑しい(身分) ・ (ほとんど)無意味な ・ 下風 ・ どこの馬の骨か分からない ・ (私)ごとき(者) ・ 雑兵ぞうひょう ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ 人並みに扱われない ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ 初心者 ・ にある(研究者) ・ 微細 ・ 取るに足りない(人間) ・ (社会的立場が)劣る ・ 最底辺(の男) ・ 雑魚 ・ (芸術家の)端くれ ・  ・ 取り柄がない ・ 下層(階級) ・ 最下層(の人間) ・ 下(の者) ・ 虫けら(同然に扱われる) ・ ちっぽけ(な存在) ・ 小者 ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ 下手 ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ 底辺層(の若者) ・ つまらない(人間) ・ たかが(子ども) ・ 巷間(の学生) ・ しがない ・ 下々(の皆さん) ・ うだつが上がらない ・ 下っ端 ・ 品性の劣る ・ 低い(身分) ・ 役に立たない ・ 下級(国民) ・ 数ならぬ ・ 木っ端(武者) ・ (男尊)女卑 ・ (学生)風情 ・ 小侍 ・ 下仕え(の者) ・ うらなり(の子ども) ・ 微賤(の身) ・ 鼻くそみたいな(人間) ・ (傘張り)浪人 ・ 小身 ・ 貧賤 ・ 下賤 ・ 卑賤(の身) ・ 放蕩 ・ (品性が)が落ちる ・ 荒れた(学校) ・ 殺伐(とした雰囲気) ・ 秩序が失われる ・ △酒[女遊び]にふける ・ (身を)持ち崩す ・ (人間としての)誇りを失う ・ 不摂生(な生活) ・ バカ(な飲み方) ・ 荒い(言葉使い) ・ 乱暴を働く ・ (生活が)乱れる ・ 騒ぎを起こす ・ 遊蕩 ・ 荒くれる ・ みすぼらしい(風体) ・ すさんだ(生活) ・ けんかに次ぐけんか(の日々) ・ 攻撃的(態度) ・ (生活態度が)荒れる ・ 反抗的(生き方) ・ 不正を働く ・ 凶暴な ・ 暴れる ・ ひたむきな心を失う ・ 成り果てる ・ ぐれる ・ 遊びほうける ・ 道楽 ・ 欲に満ちた生活を送る ・ 健全さを失う ・ 定職を持たない ・ 見捨てられる ・ 勢いが弱まる ・ 勢いがなくなる ・ 勢いを失う ・ 危急存亡のとき ・ 屋台骨が傾く ・ 制度疲労(を起こす) ・ 下り坂(にある) ・ 衰残 ・ 弱める ・ (影響力が)風化(する) ・ おごれる者は久しからず栄枯盛衰(は世の習い) ・ (△体制[産業])衰え ・ (周囲が)よそよそしい ・ (△力[影響力]が)衰える ・ (かつての)面影はない ・ (様相が)様変わり(する) ・ 神通力の低下 ・ (勢いが)影をひそめる ・ 朽ちる ・ 老大国 ・ 萎靡いび ・ 落ちる ・ (人気が)低落(する) ・ (売上げ)ダウン ・ (優勝)劣敗 ・ 盛りが過ぎる ・ (産業が)衰退(する) ・ 精彩を欠く ・ 見向きもされなくなる ・ (商店街が)寂れる ・ 弱体化(する) ・ 地に落ちる ・ (△勢力[影響力]に)秋風が吹く ・ 沈滞 ・ (新聞業界の)地盤沈下 ・ 家運が傾く ・ 廃れる ・ 下り坂 ・ たそがれ(の銀行業界) ・ 衰勢(に向かう) ・ 劣化(する) ・ 影が薄くなる ・ 弱まる ・ 力を失う ・ さびれ行く ・ 末期(的)(状況) ・ (旧体制の)弔鐘を聞く ・ 頽唐 ・ (農業が)疲弊(する) ・ 終わりに近づいている ・ 弱化 ・ 斜陽化(する) ・ 斜陽(産業) ・ 陰り(が見える) ・ (力が)陰る ・ 弱り目(の業界) ・ 下火(になる) ・ 顧みられない ・ (人気が)色あせる ・ 色あせて見える ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ 衰亡(△する[に向かう]) ・ 衰微(する) ・ 下りになる ・ 衰運の一途をたどる ・ 衰運に見舞われる ・ 沈む ・ 沈みかける ・ 退廃 ・ 落日(を迎える) ・ 落陽(を迎える) ・ 栄華が去る ・ 衰弱 ・ (貴族制が)遠景に退く ・ 遠景に去る ・ (前景から)フェードアウト(する) ・ (力の)後退 ・ 時流に乗れない ・ 消沈 ・ (王朝の)秋 ・ (人気)下降 ・ (勢いを)落とす ・ (伸びが)鈍化する ・ (景気)退潮 ・ 旬を過ぎる ・ 廃る ・ 売れなくなる ・ 盛者必衰 ・ (深い森に)迷い込む ・ △生き方[人の道]を誤る ・ やさぐれる ・ (道を)外す ・ 踏み迷う ・ 道を誤る ・ (正道から)外れる ・ (進むべき)道を間違える ・ (罪を)犯す ・ (自分を)見失う ・ (どこかで人生の)歯車が狂う ・ (人の道に)背く ・ 道に迷う ・ 踏み外す ・ 逸脱する ・ 堕落する ・ 罪を犯す ・ 身を誤る ・ 過ちを犯す ・ (悪の道に)入り込む ・ すっからかん ・ 逸失(する) ・ (財産を)食い潰す ・ (家屋が)流失する ・ 痛手を受ける ・ (競馬で財産を)する ・ 財産を失う ・ (株で)大損(をする) ・ (儲けを)ふいにする ・ (家宝を)手放す ・ すってんてん(になる) ・ (全てが) 無くなる ・ (すべてを)焼かれる ・ (戦災で)焼け出される ・ (家財が)焼失(する) ・ リストラ(される) ・ 失脚する ・ (会社を)しくじる ・ (主任の)地位を棒に振る ・ (任を)解かれる ・ (不正がばれて会社を)ちょんになる ・ パーにする ・ 解雇(される) ・ (予選で)失格(する) ・ 免職(になる) ・ 地位を失う ・ 失職(する) ・ 失業(する) ・ 首になる ・ 首を切られる ・ (二軍で)くすぶる ・ うだつの上がらない(夫) ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ ダサい ・ 売れない(役者) ・ 鳴かず飛ばず ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ しがない(サラリーマン) ・ 取るに足りない(存在) ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ さえない(中年社員) ・ たそがれた(中年男) ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ (長い)下積み(の生活) ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ 敏腕でない ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ どんくさい ・ 人気が出ない ・ 芽が出ない ・ 器用貧乏 ・ 小心者 ・ 小者の域を出ない ・ 不遇(の時代) ・ ケチ(なやくざ) ・ 晩節を汚す ・ 志を失った(政治家) ・ ぶざま(な老い姿) ・ 老醜(をさらす) ・ (競争社会の)敗者 ・ 劣敗者 ・ 落伍者 ・ 高いところから低いところへ移る ・ 下す ・ 低い所へ行く ・ 下る ・ 下り ・ 降ろす ・ 下がる ・ 降りる ・ 下りる ・ 下げる
雌伏(する)本音や思惑を隠す雌伏(する)本音や思惑を隠す  秘密主義 ・ 平静を装う ・ 密かに思う ・ 悟らせない ・ 漏らさない ・ 韜晦とうかい(する) ・ 口を割らない ・ (決して)口に出さない ・ (幸せだよと)うそをつく ・ (殺意を)抱く ・ ひた隠し(にする) ・ 腹に収める ・ (△思惑を[胸に])秘める ・ (たくらみを)隠す ・ 強がる ・ 言いはぐらかす ・ 言いはぐらかし ・ いんに籠もる ・ (腹に)一物(ありそう)(な) ・ 腹黒い ・ 内緒(にする) ・ 口をつぐむ ・ 笑ってごまかす ・ 本心を隠す ・ (思いを)封印(する) ・ (感情を)押し殺す ・ (△心中深くに感情を[胸一つに])畳み込む ・ 手の内を明かさない ・ 一言も触れない ・ (収まらない感情を)飼い殺す ・ 本音を隠す ・ 無表情 ・ 表ざたにしない ・ おとなしくする ・ (△情報[内容]を)明かさない ・ (少しも)疑いを抱かせない ・ 照れ隠し ・ 胸(の奥)にしまい込む ・ (言動に)裏がある ・ 素知らぬ顔(で) ・ 何食わぬ顔(で) ・ あひるの水かき(のように) ・ (質問を)はぐらかす ・ 内心(穏やかでない) ・ 外に表さない ・ しゃべらない ・ お茶を濁す ・ (ひとり)胸の内にしまう ・ (ひとり)(△胸に[胸の内に])しまい込む ・ 下心を見せない ・ (うまく)繕う ・ (△手の内[腹の内]を)明かさない ・ △情報[計画内容]を明かさない ・ 気持ちを隠す ・ 隠す ・ (出かかった言葉をぐっと)飲み込む ・ (気持ちを)腹に納める ・ 黙り込む ・ (ひたすら)沈黙(する) ・ 秘する ・ (周囲の人間を)ごまかす ・ (冗談に)紛らす ・ (謀反のことなど)おくびにも出さない ・ (△意図[計画]を)秘密にする ・ (不機嫌を)押し隠す ・ 面従腹背 ・ (それらしい)そぶりも見せない ・ 無言 ・ 返事がない ・ 黙る ・ 黙るしかない ・ (ただ)黙然(と)(座っている) ・ 黙らせる ・ 黙祷 ・ 押し黙る ・ サイレント ・ 静かにする ・ 口を開かない ・ (情報を)出し惜しむ ・ ノーコメント ・ 返答に窮する ・ 黙々 ・ 沈黙(△する[を守る]) ・ 緘口 ・ 緘黙 ・ (鋭い)突っ込みを受ける ・ 暗黙 ・ 言わない ・ △口に[声を]出さない ・ うんともすんとも言わない ・ 暗黙の了解 ・ 黙秘 ・ 絶句(する) ・ 口をきかない ・ 黙りこくる ・ 不言 ・ 箝口 ・ もだす ・ マナーモード ・ 黙止 ・ 貝になる ・ (二人の間に)しじま(が続く) ・ 黙する ・ だんまり ・ 言わず語らず ・ 黙して語らず ・ 返事はない ・ 絶句 ・ 無口 ・ 言わぬが花 ・ (相手の)言葉を待つ ・ 言葉をのむ ・ 二の句が継げない ・ 無表情(の男) ・ (お)口にチャック ・ 答えない ・ (口を)つぐむ ・ 石仏 ・ 固唾をのむ ・ ぐうの音も出ない ・ 盲目状態(にする) ・ (人目から)遠ざける ・ (△事実[情報]を)秘密(にする) ・ 目隠し(をする) ・ (真実について)口をぬぐう ・ 虚偽(報告) ・ (情報源を)秘匿する ・ (不正アクセスの)痕跡を消す ・ (国民を)つんぼ桟敷さじき(に置く) ・ (マネー)ロンダリング ・ ひた隠す ・ (おのれの非を)覆う ・ (真実を)覆い隠す ・ 情報隠し ・ (事件を)揉み消す ・ オープンでない ・ (闇に)葬る ・ (闇に)葬り去る ・ (現実からの)逃避 ・ (△真実[臭い物]に)ふたをする ・ (詳細を)伏せる ・ (すべて)腹に収める ・ 内々で処理する ・ (証拠を)隠滅(する) ・ 証拠隠滅 ・ 秘められた(謎) ・ (文書の一部を)塗り潰す ・ (大事な部分を)塗り隠す ・ (事実を)韜晦とうかい(する) ・ (議案を)骨抜き(にする) ・ 偽装工作 ・ (誰にも)知らせない ・ 粉飾(決算) ・ (帳簿)操作 ・ 明らかにしようとしない ・ (情報を)握り潰す ・ 未公表(という対応) ・ (失敗を)糊塗こと(する) ・ 証拠を無くす ・ (欠陥)隠し ・ ごまかす ・ ごまかし ・ (事実を)隠蔽いんぺい(する) ・ 包み隠す ・ (嘘で)塗り固める ・ (事実を)偽る ・ 隠し立て(する) ・ (△事実[犯行]を)隠す ・ (情報の)二重帳簿(化) ・ 胸にしまっておく ・ 発覚を恐れる ・ (足がつかないように)処分する ・ (胸に)封じ込める ・ 黒塗り(の文書) ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・ (民は)よらしむべし知らしむべからず ・ なかったことにする ・ (問題を)うやむや(にする) ・ 封印(する) ・ (何を聞いても)無言の行 ・ 白状しない ・ (本音を)口に出さない ・ 心を開かない ・ 黙秘する ・ 本音を言わない ・ 心を閉ざす ・ 奥歯に物が挟まったよう(な)(言い方) ・ (問われて)黙る ・ (胸の内を)明かさない ・ (言葉を胸中に)押し込める ・ 言葉を飲み込む ・ (腹の内を)語らない ・ 厳秘 ・ 秘め事 ・ 伏せる ・ 内分 ・ (家族には)黙っている ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 知らないふり(をする) ・ (知っていて)知らんふり ・ 開示しない ・ (トップ)シークレット ・ (自分の罪を)覆う ・ (事実を)伏せる ・ 隠密(行動) ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ (大きな)謎に包まれる ・ 不明朗 ・ 秘密にする ・ 隠れる ・ 内聞 ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ 忍ばせる ・ (秘密を)握り込む ・ アンダーカバー ・ 忍ぶ ・ (情報を)囲う ・ 囲い込む ・ 密室性 ・ 隠蔽 ・ 部外秘 ・ (起こった出来事を)胸の内に封印し続ける ・ 表に出てこない ・ 暗に ・ 秘匿(事項) ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ 不透明 ・ 秘めやか ・  ・ 人に知られては困る ・ (~のことを)隠す ・ 口外しない ・ 陰ながら ・ 秘し隠す ・ 機密 ・ それとなく ・ 私事 ・ (固く)口を閉ざす ・ 楽屋落ち ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ まる秘 ・ 仮面をかぶる ・ 覆い隠す ・ 隠し事 ・ 沈黙を守る ・ (胸に)秘める ・ 不都合(な意図) ・ 隠蔽(体質) ・ 陰に ・ 黙秘(する) ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ 秘密(にする) ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ 極秘 ・ 無断 ・ 猫かぶり ・ 包む ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ 煙幕を張る ・ 未発表(の情報) ・ 秘中の秘 ・ 内密(に事を運ぶ) ・ 閉鎖性 ・ 対外秘 ・ 枢密 ・ 一人で抱え込む ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 隠し込む ・ 隠し立て ・ 葬る ・ 掩蔽 ・ 忍びやか ・ 他聞をはばかる(話) ・ (秘密)厳守 ・ (御)内聞(に願います) ・ 守秘(義務により保護される) ・ かん口令(を敷く) ・ (情報について)話さない ・ (取材に)応じない ・ (従業員の)秘密を保持する ・ (秘密を)墓場まで持っていく ・ 秘密を守る ・ 緘黙(する) ・ 口が堅い ・ 守秘義務(を遵守) ・ 沈黙は金 ・ 知らぬが花 ・ 知らぬが仏 ・ 公表を避ける
雌伏(する)ある物事を成り立たせるための基礎を固める雌伏(する)ある物事を成り立たせるための基礎を固める  雌伏雄飛 ・ (組織の)結束を図る ・ 足固めする ・ (しっかり)準備(する) ・ (足元を)強固にする ・ 現実と向き合う ・ 土台を作る ・ 足元を固める ・ (足元を)固める ・ しっかりした地盤を築く ・ 地固めする ・ 基礎作りを進める ・ 基礎固め(をする) ・ 基礎を固める ・ (飛躍の)下準備(をする) ・ 大地を固める ・ (よって立つ)基礎部分を構築する ・ 環境整備 ・ (お)膳立て(を)(する) ・ レールを敷く ・ (新しいデバイスを)セットアップ(する) ・ 雰囲気づくり ・ 環境づくり ・ (水面下で)工作(する) ・ 下地を作る ・ 凝集 ・ こわばる ・ 地固め ・ こごる ・ 凝る ・ 凝り固まる ・ 固まる ・ 固体になる ・ 踏み締める ・ 踏み固める ・ 結晶 ・ (肩が)張る ・ つき固める ・ 煮こごり ・ 固くなる ・ 固める ・ 硬化 ・ 練り固める ・ 凝縮 ・ ごわつく ・ 硬直 ・ 用意(する) ・ 献立(は整えたから後は頼んだ) ・ (出発の)手はず(△を整える[が整うr]) ・ (前もって)手順を整える ・ 心がけ ・ 伏線(を張る) ・ (会合を)アレンジ(する) ・ 事前準備 ・ 調う ・ 常備 ・ 先回り(する) ・ 備える ・ 受け入れ態勢 ・ (地域再生の)道をつける ・ 早めに(手立てを講じる) ・ 支度(する) ・ 予備(のタイヤ) ・ スペア(キー) ・ 心構え ・ (資金を)調える ・ (交渉の)地ならし ・ 手配り(する) ・ 気構え ・ (旅費を)工面(する) ・ 手配 ・ 先手を打つ ・ 掛け値をする ・ (必需品を)取りそろえる ・ 構え ・ 治にいて乱を忘れず ・ (後任の)手当て(をしておく) ・ 下準備 ・ 備え ・ 手を回す ・ 道具立て ・ 下ごしらえ ・ 備荒 ・ 段取りを整える ・ (行事の日程を)打ち合わせる ・ (日程を)調整(する) ・ 下話(をする) ・ 口裏を合わせる ・ (実現しやすいように)根回し(する) ・ (事務所としての)体裁を整える ・ 心組み ・ (一席を)設ける ・ 設け(の席) ・ (企業誘致の)受け皿(を設ける) ・ 布石(を打つ) ・ 手回し ・ (冬の)営み(を急ぐ) ・ (交渉の)レール(を敷く) ・ (臨時列車を)仕立てる ・ 心がける ・ (すぐに取りかかれるように)準備(する) ・ 早手回し(に)(会場を押さえる)
雌伏(する)世間から注目されない(人)雌伏(する)世間から注目されない(人)  (都会の底で)漂う ・ 世に出る前(の芸能人) ・ ドサ回り専門(の芸人) ・ 大部屋女優 ・ 十把ひとからげ(のタレント) ・ わんさガール(の一人) ・ 大部屋でくすぶる ・ (後景に)押しやられる ・ 鳴かず飛ばず ・ ぱっとしない ・ (人気が)低迷(する) ・ 人気が出ない ・ 人気がない ・ 脚光を浴びない ・ 放置される ・ 大根役者 ・ 苦節(の時代) ・ (社会の進歩から)取り残される ・ (売れずに)くすぶる(若手タレント) ・ 置き去りにされる ・ 活躍の場がない ・ 見過ごしにされる ・ (一向に)芽が出ない ・ 縁の下の力持ち ・ 縁の下の役回り ・ 裏方 ・ 世に受け入れられない ・ 自分を持て余す ・ 下積み(の俳優) ・ BC級(アイドル) ・ 光の当たらない(人生) ・ へたれ ・ 有名になり損ねた(ミュージシャン) ・ (世間から)注目されない ・ 注目を受けることなく ・ 日が当たらない ・ 日の当たらない(道を歩く) ・ マイナー(な存在) ・ メジャーになれない ・ うつうつとする ・ そっぽを向かれる ・ 潜在する ・ 売れない(俳優) ・ 売り出し前(の映画俳優) ・ その他大勢(の役どころ) ・ 路地裏の人生 ・ (ヒット作に)恵まれない ・ もれた(人材) ・ 埋もれたまま ・ 労多くして功少なし ・ 華やかさと無縁 ・ 無名(の俳優) ・ (社会的に)評価されない ・ さえない ・ 顧みられない ・ 無聊ぶりょうをかこつ ・ 無聊ぶりょうがる ・ (俳優業を)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 人目を引かない(役回り) ・ 日の目を見ない ・ うだつが上がらない ・ お金がない(絵描き) ・ 関心が集まらない ・ 人知れず(生きる) ・ 知られずに ・ 所在なく(過ごす) ・ 忘れられる ・ 埋もれ木(となる) ・ 目立たない ・ 冷や飯を食わされる ・ 光が当たらない ・ 三文(文士) ・ 誰の目にもとまらない ・ 暗い日々を送る ・ 知名度が低い ・ 陰の主役 ・ 見向きもされない ・ ブレークできない ・ 晴れがましいこととは無縁(の人生) ・ 運がない ・ 栄利聞達えいりぶんたつを求めない ・ 埋もれ木 ・ 砂の中のダイヤモンド ・ 隠れた実力者 ・ 高潔の士 ・ (市井の)隠士 ・ ノーマークの人物 ・ 埋もれた才能 ・ 篤学の人 ・ 不遇(△をかこつ[の人]) ・ 無名の実力者 ・ 見識者 ・ 民間の研究者 ・ 学徒 ・ 知る人ぞ知る(人物) ・ 未発見 ・ 端役(ばかり) ・ (人知れない)貴重な存在 ・ 名利と無縁(の生涯) ・ 世に認められない ・ 在野(の人材) ・ 無名(の宝) ・ 野にある逸材 ・ 高士 ・ 無冠(の帝王) ・ (巷間の)書生 ・ 地の塩(として生きる) ・ 世に埋もれたまま ・ 世の片隅(の)(才能) ・ 隠れた人材 ・ (世に)埋もれた(人材) ・ 注目されない ・ (隠れた)有為の人 ・ 巷の偉人 ・ 無位無官(の賢者) ・ 名もない(名匠) ・ (野に)遺賢いけん(あり) ・ 逆境にある(有徳の人) ・ 知る人ぞ知る ・ (あまり)知られていない ・ 知る人も少ない ・ 興味を持たれない ・ マイナー ・ 記憶に残らない ・ 名無し ・ (貴様など)物の数ではない ・ 裏面史 ・ (世に)埋もれた ・ 世に入れられない ・ 売れない ・ もれる ・ (商品化されずに)眠っている(アイデア) ・  ・ お蔵入り ・ 消し止める ・ 隠れる ・ (周囲に)埋没(する) ・ 揉み消す ・ 御蔵にする ・ 隠す ・ 好事門を出ず ・ 没書 ・ 知られない ・ 知られていない ・ (問題が)遠ざけられる ・ 一顧だにされない ・ 一瞥もされない ・ (誰の)目にもとまらない ・ 相手にされない ・ 無価値と見なされる ・ 忘れ去られる ・ 取り合ってもらえない ・ 黙殺される ・ 関心を持ってもらえない ・ (そこに至る過程は)度外視される ・ 突き放される ・ (正当に)評価されない ・ (問題が)置き去りにされる ・ 無視される ・ 無関心 ・ (集団の中から)はじき出される ・ (過疎地は)切り捨てられる ・ 見捨てられる ・ (まったく)考慮されない ・ (モテないオスは)淘汰される ・ ブームが去る ・ (政治から国民の)関心が離れる ・ 存在感がなくなる ・ つながりが弱くなる ・ かすむ ・ (効果が)割り引かれる ・ 影響力がなくなる ・ (国際社会から)そっぽを向かれる ・ (ギャンブルから)目がそれる ・ 注目されなくなる ・ 影が薄くなる ・ (歴史的事実が)風化する ・ 飽きられる ・ (防災意識が)希薄化(する) ・ (字が)かすれる ・ たそがれた(中年男) ・ 小者の域を出ない ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ ケチ(なやくざ) ・ 小心者 ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ しがない(サラリーマン) ・ 下っ端 ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ 芽が出ない ・ さえない(中年社員) ・ どんくさい ・ 敏腕でない ・ 器用貧乏 ・ 取り柄がない ・ 逆境にある ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ 一介(の兵士) ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 不遇(の時代) ・ (長い)下積み(の生活) ・ うだつの上がらない(夫) ・ 売れない(役者) ・ ダサい ・ (二軍で)くすぶる ・ 取るに足りない(存在) ・ (学生)風情 ・ 貧しい
雌伏(する)(未分類)雌伏(する)(未分類)  雌伏 ・ 臥薪嘗胆 ・ 蛟竜 ・ 果報は寝て待て ・ 満を持す ・ 待てば海路の日和あり ・ 熟柿主義 ・ 待てば甘露の日和あり ・ 持満 ・ 一歩譲って ・ 引く ・ 譲る ・ 泣き寝入り ・ 涙を呑む ・ 引き下がる ・ 身を引く ・ 引っ込む ・ 妥協 ・ 黙認 ・ 折れる ・ 歩み寄る ・ 譲歩 ・ 見逃す ・ 目を瞑る ・ こらえる ・ 踏みこたえる ・ 耐える ・ 殺す ・ 我慢 ・ 出番前 ・ 心の準備 ・ 身構え ・ 覚悟 ・ 気概 ・ 勝って兜の緒を締めよ ・ 面での備え ・ 待ち伏せ ・ モラトリアム ・ 蛹の時期 ・ 意識 ・ 緊張感 ・ 待ち構える ・ 警戒心 ・ 待機 ・ 伏兵として ・ 迎撃の構え ・ 時を待つ ・ 上空待機 ・ いる ・ 待ち設ける ・ ながら待ち ・ 詰める ・ 待つ ・ 船待ち ・ 構える ・ 長時間待ち ・ 待ちかまえる ・ 客待ち ・ ウエイティング ・ きばを研ぐ ・ 網を張る ・ 夜間待機 ・ 雨宿り ・ 信号待ち ・ 控える ・ 待ち合う ・ 順番待ち ・ 踏切待ち ・ ウエーティング ・ 連絡待ち ・ 判断待ち ・ 待ち受ける ・ 潮待ち ・ 要員待機
雌伏(する)(未分類)雌伏(する)(未分類)  我慢する ・ 石にかじりついても ・ 堅忍不抜 ・ 我慢 ・ 牙をとぐ ・ 試練 ・ 将来に備える ・ 手ぐすね引く ・ 頑張る ・ ストイシズム ・ ざんごうにもぐる ・ 涙をのむ ・ 雌伏する ・ 臥薪嘗胆 ・ 風雪に耐える ・ 堪えぬく ・ 負けない ・ 臥薪嘗胆の時 ・ ツメをとぐ ・ 隙をうかがう ・ 鋭く見張る ・ 狙う ・ 虎視眈々と狙う ・ 雑巾がけに励む ・ 野にある ・ 入門のころ ・ 修業中 ・ つぶされない忍ぶ ・ 勉強に打ち込む ・ 時期を待つ ・ キバをとぐ ・ 風を待つ ・ 時機を待つ ・ 満を持す ・ 脱皮に備える ・ 助走期間 ・ モラトリアム ・ 機会を窺う ・ 猶予 ・ 将来を期す ・ 志望 ・ 高望み ・ 雄図 ・ 希望 ・ 青雲の志 ・ セーブする ・ 手ぐすねを引く ・ 待ち構える ・ 待ちもうける ・ 機会をうかがう ・ 他日を期す ・ 待機する ・ 肩慣らし ・ 備えて ・ 見計らう ・ 冬の時代 ・ チャンスを待つ ・ 忍耐 ・ 泣き言を言わない ・ 爪をとぐ ・ 逆境 ・ 悔しさを噛みしめて ・ つらい ・ 風雪に耐えて ・ 苦難 ・ 食いつなぐ ・ 首をすくめて待つ ・ へこたれない ・ 慎重に ・ 食うや食わず ・ 耐乏 ・ 粘る ・ 虎視眈々とねらう ・ 正体を隠して ・ 待ち受ける ・ 目を離さない ・ 冷徹な目で待つ ・ 初学時代 ・ 部屋住み ・ 書生時代 ・ 苦労する ・ 隠忍自重 ・ 重圧に負けない ・ チャンスをねらう ・ 虎視眈々と ・ 力をやしなう ・ 耐え続ける ・ 大望を抱く ・ 待機 ・ 蝶の前の蛹 ・ 羽化を待つ ・ 野望 ・ 雄途に就く ・ 大きな望み ・ 大望 ・ 野心 ・ 大志 ・ 待つ ・ 網を張って ・ 控える ・ 待ち伏せする ・ 機会を待つ ・ 時が熟するのを待つ ・ 出番を待つ ・ 万端を整える ・ 時を待つ
キーワードをランダムでピックアップ
我等女坂盲人弁天物狂おしい配所ばたんと繰り広げる必読笑話リュックサック冬の風つじつまが合う告白される結論がないまま中途半端に終わる一か所に集中副委員長などに納まっている場合ではない現実世界から遊離している社長の手足使用人を叱り飛ばす
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 雌伏(個人が)地位や財産を失って惨めな状態になる(落ちぶれる)
  2. 雌伏(する)本音や思惑を隠す
  3. 雌伏(する)ある物事を成り立たせるための基礎を固める
  4. 雌伏(する)世間から注目されない(人)
  5. 雌伏(する)(未分類)
  6. 雌伏(する)(未分類)