表示領域を拡大する

悲哀を感じるの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
悲哀(を感じる)何となく悲しい(物悲しい)悲哀(を感じる)何となく悲しい(物悲しい)  哀感 ・ どこか寂しい ・ どこか惹かれる ・ 胸を騒がせる ・ 陰影のある ・ (やさしくて)ほろ苦い(思い出) ・ ほろ苦さ ・ 心に傷を持つ ・ 影のある(美人) ・ プチうつ ・ 情感(を込めて歌う) ・ 悲しみ ・ 悲しくて滑稽(な恋の物語) ・ 叙情的(な文章) ・ (ちょっぴり)切ない ・ 切なさ ・ 寂しげ ・ 物思わしげ(な風情) ・ (表情に)陰り(のある) ・ あきらめ(が漂う) ・ 諦観 ・ 運命を受容する ・ 物悲しい ・ 物悲しさ ・ 憂愁(の秋) ・ しんみり ・ 旅愁 ・ センチメンタルジャーニー ・ 寂しげ(な) ・ 暗い(表情) ・ 陰影(のある空間) ・ メランコリー(な気分) ・ メランコリック(な気分) ・ (なにか)暗い雰囲気を持つ ・ 感傷的(な気分) ・ センチメンタル(な夜) ・ 感傷旅行 ・ 胸に染みる ・ 泣きそう(な気分) ・ (何だか)泣きたい(気分) ・ 哀しみ ・ ウェット(な) ・ 哀愁(△が漂う[を帯びた]) ・ 孤独感 ・ リリシズム ・ 叙情(的)(な絵) ・ しみじみ(した) ・ しっとり(した)(曲) ・ ブルース(の曲) ・ 寂寥感 ・ うれい(を帯びる) ・ 寂しげ(な風景) ・ 哀愁を含んだ(メロディー) ・ 春愁 ・ 悲しげ ・ 寂しい ・ たそがれた(気分) ・ (どこか)懐かしい ・ けだるい ・ 憂い(を帯びる) ・ わびしげ(な雰囲気が漂う) ・ ペーソス ・ 秋(になると物悲しい) ・ むせぶ ・ むせび泣く ・ (都会の)孤愁こしゅう ・ 沈んだ ・ (ユーモアの中に)ペーソス(の漂う作品) ・ 悔しさ ・ 哀しい ・ 哀れさ ・ 余情(にひたる) ・ 空虚(な胸の内) ・  ・ うら悲しい ・ うら悲しさ ・ 悲愁 ・ エレジー ・  わびしさ(が漂う) ・ うら寂しさ ・ 愁い(をたたえる) ・ 満たされない(思い) ・ (思い出すと)甘酸っぱい ・  ・ 投げ出すような(歌い方) ・ 挽歌 ・ 枯れすすき ・ 浮かない(様子) ・ 憂いを含む ・ 悲しげな曲 ・ けだるい(雰囲気) ・ 哀歌 ・ 離愁(を味わう) ・ 孤独を含んだ ・ 憂愁 ・ 悲しみを歌う ・ レイジー(な節回し) ・ 哀愁をたたえた(音色) ・ 悩みを秘めた(様子) ・ 孤愁 ・ 悲歌 ・ メランコリック(な曲) ・ バラード ・ 生き生きしていない ・ 愁い(を帯びる) ・ ブルージー(な音調) ・ 憂いを帯びた(曲) ・ 風情のある ・ 悲しみを抑えた(歌い方) ・ 涙とため息(の日々) ・ やるせない(メロディ) ・ 物憂い(視線) ・ むせび泣くような(ギターソロ) ・ 物思い(にふける) ・ ミステリアス(な人) ・ 倦怠感(が漂う) ・ 愁心を抱える ・ 悲しげ(な音調) ・ 陰り(を帯びる) ・ 哀調(を帯びた旋律) ・ すがれた(音色) ・ 笑顔のない ・ 明るくない ・ うつむいた(背中) ・ 秋愁 ・ 沈んだ(表情) ・ 陰りを秘める ・ 陰影がある ・ ブルース(調)(の曲) ・ 思い(にふける) ・ 陰うつ ・ 影がある ・ 影を引きずる ・ 不幸の影を背負った ・ 切ない(メロディ) ・ 暗い ・ うらぶれた(男) ・ 哀調を帯びる ・ 愁思 ・ 曇った顔 ・ ものうい(曲調) ・ 感傷的 ・ メランコリック(な人) ・ 物思わしげ ・ 人生がにじみ出た(歌) ・ 感傷的(な歌詞) ・ マイナー(な曲調) ・ (△背中[佇まい]に)わびしさが漂う ・ 寒々とした(風景) ・ 孤独感を募らせる(風景) ・ 場末ばすえ(の映画館) ・ もの寂しい ・ 小寂しい ・ どことなく寂しい ・ 心寂しい ・ (何かに)すがりたい(ような)(気持ち) ・ 寂寥せきりょう(感) ・ 物寂しい ・ 冬ざれ(の野) ・ (母のいない家は)火の消えたよう(だ) ・ うらさびしい ・ 哀調を帯びた(音楽) ・ 見捨てられた(気分) ・ ぱっとしない ・ むせぶような(汽笛) ・ ブルース調(の曲) ・ うらぶれる ・ うらぶれた(姿) ・ 嘆く ・ 憂う ・ 憂える ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ 嘆き悲しむ ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ 悲哀 ・ (一人暮らしを)侘びる ・ (言うべき)言葉もない ・ 悲傷 ・ めいる ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 救いのない ・ 寂しがる ・ 暗うつ ・ 腸を断つ ・ 胸が塞がる ・ (ご)愁傷(様) ・ どうしたらいいか分からない ・ 断腸の思い ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 悲しい ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・ 切ない ・ (切なさに)息が詰まる ・ 悲愴 ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 悲しみ(に暮れる) ・ やりきれない(思い) ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ 憂うべき(事態) ・ 悶々(の情) ・ 哀愁 ・ 哀苦 ・ 言葉が出ない ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ 哀れ(を催す) ・ 救われない(気分) ・ (ああ、)なんということだ ・ うれ ・ 紅涙を絞る ・ 身も世もない(姿) ・ 沈痛 ・ 哀切 ・ 哀れ ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 哀傷 ・ 心を重くする ・ 悲痛 ・ ペーソス(を感じる) ・ 暗然
(自らの立場に)悲哀を感じる人並み以下(自らの立場に)悲哀を感じる人並み以下  社畜 ・ 吹けば飛ぶような(存在) ・ 普通以下(の生活) ・ 野良犬のような(△自分[惨めさ]) ・ 人並み以下 ・ ミジンコのような(存在) ・ 哀れ(な人) ・ 惨め(な姿) ・ 悲しい(境遇) ・ わびしい(食事) ・ 奴隷のよう(に働く) ・ みすぼらしい ・ 悲惨(な生活) ・ しがない(サラリーマン) ・ みすぼらしい(姿) ・ 鼻くそみたいな(もの) ・ 泡沫(候補) ・ ぱっとしない ・ 取るに足りない ・ ケチ(なやくざ) ・ 取り柄がない ・ 低い地位 ・ 吹けば飛ぶような(連中) ・ ダサい ・ 脇役 ・ 凡人 ・ 下人 ・ (学生)風情 ・ 昼あんどん(のような)(男) ・ 貧しい(人々) ・ 鼻くそみたいな(人間) ・  ・ 最下層(の人間) ・ 小侍 ・ (社会的)弱者 ・ (社会的立場が)劣る ・ 下級(国民) ・ 群小 ・ 鼠輩 ・ 低い(身分) ・ 下積み(時代) ・ へなちょこ ・ ふんどし担ぎ ・ 鳴かず飛ばず(の二十年) ・ (学生の)分際(で生意気だ) ・ どんくさい ・ 度量の狭い ・ 貧賤 ・ 卑しい(身分) ・ 最底辺(の男) ・ 底の方 ・ 駆け出し ・ (質素な暮らしを)ほそぼそ(と)(続ける) ・ 数ならぬ ・ 小者 ・ 小物 ・ 下仕え(の者) ・ (長い)下積み(の生活) ・ 嘆かわしい(姿) ・ 三流(の選手) ・ 微官 ・ 吹けば飛ぶような(男) ・ 唾棄だき(すべき行為) ・ 情けない ・ 下っ端 ・ 下風 ・ 雑兵 ・ 貧乏人 ・ イエスマン ・ 雑魚 ・ 小心者 ・ (とかく)メダカ(は群れたがる) ・ 器が小さい ・ (二軍で)くすぶる ・ 下座(に座る) ・ ぺいぺい(のサラリーマン) ・ 下(の者) ・ しがない ・ 百姓(の子) ・ 小禄(の身) ・ 微禄(の身) ・ 人気が出ない ・ 前座(をつとめる) ・ スケールの小さい ・ 陣笠(代議士) ・ (芸術家の)端くれ ・ 劣位(にある) ・ (犬にも)劣る ・ 並び大名 ・ (グループの)パシリ ・ 敏腕でない ・ (私)ごとき(者) ・ 馬の骨 ・ (貴様など)物の数ではない ・ うだつが上がらない ・ (いつまでも)下手したて(でいる) ・ 微細(の身) ・ 取るに足りない(存在) ・ 逆境にある ・ 木っ端(武者) ・ どこの馬の骨か分からない ・ 甲斐性なし ・ 品性の劣る ・ 営業が苦手 ・ 営業下手 ・ (ほとんど)無意味な ・ 悲哀を背負った(サラリーマン) ・ 下位 ・ 貧しい ・ 一介(の兵士) ・ にある(研究者) ・ 蚊虻ぶんぼう ・ 従属的(立場) ・ 芽が出ない ・ 下働き(の女性) ・ ノンキャリア(官僚) ・ (~の)次 ・ (相手に)頭が上がらない ・ 軽蔑(に値する) ・ 初心者 ・ 売れない(役者) ・ 小身 ・ 末端(社員) ・ 組織の末端 ・ 卑賤(の身) ・ 小人 ・ 雑用係 ・ 下賤げせん(の者) ・ 微賤びせん(の身) ・ 匹婦 ・ 役に立たない ・ 素(町人) ・ うらなり(の子ども) ・ (後輩の)風下に立つ ・ 人の後について行くだけ(の人生) ・ 期待外れ ・ 物の数でない ・ 物の数に入らない ・ 人数に(は)入らない ・ しもじも(の皆さん) ・ 下々げげ ・ (傘張り)浪人 ・ 半人前 ・ つまらない(人間) ・ 不遇(の時代) ・ 微臣 ・ くず ・ 虫けら(同然の存在) ・ 救いようがない(男) ・ 収入のない(芸術家) ・ お金がない(アーティスト) ・ 末職 ・ 身分が低い ・ たかが(子ども) ・ あさましい ・ (持つ者と)持たざる者 ・ しず ・ 卑小(な存在) ・ 器用貧乏 ・ 人並みに扱われない ・ 軽輩(の身) ・ ちっぽけ(な存在) ・ ミジンコ(のような)(存在) ・ つまらない人 ・ へっぽこ(役人) ・ 野人 ・ 序列の低い ・ みそっかす ・ 見下げ果てた(やつ) ・ 男らしくない ・ (男の)風上に(も)置けない ・ 女の腐ったような(やつ) ・ 平(社員) ・ (まだ平で)くすぶっている ・ たそがれた(中年男) ・ 末位 ・ さんピン(侍) ・ さんピン奴 ・ さえない(中年社員) ・ 下級武士 ・ 足軽 ・ 開店休業(状態) ・ 小者の域を出ない ・ 取るに足りない(人間) ・ 弱小(チーム) ・ 格下(のチーム) ・ 大部屋女優 ・ わんさガール ・ 失意 ・ 雑兵ぞうひょう ・ 匹夫 ・ うだつの上がらない(夫) ・ (男尊)女卑 ・ 次席 ・ 見ていてつらい ・ 哀れっぽい ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ (道楽者の)成れの果て ・ 痛々しい ・ (聞いていて)切ない ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ 涙ぐましい(努力) ・ 見ていられない(様相) ・ 悲恋(物語) ・ 不憫(に思う) ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ 悲痛(な叫び) ・ いや(な気分) ・ 身につまされる(苦労話) ・ 泣かせる(セリフ) ・ 見るに忍びない ・ 聞くに忍びない(話) ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 憫笑(を買う) ・ 励ましたくなる ・ やりきれない(気持ちになる) ・ 胸が苦しくなる ・ (どうにも)情けない(結末) ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 憐憫(を感じる) ・ けなげ(な子ども) ・ 胸が締め付けられる ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ 心を動かされる ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ 救いのない ・ かける言葉が見つからない ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ 酸鼻(な事件) ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ いたいけ(な遺児) ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 哀憐の情を感じる ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ 哀れを催す ・ かわいそう(に思える) ・ 痛ましい(△姿[と思う])
悲哀を感じる(未分類)悲哀を感じる(未分類)  胸をしめつけられる ・ 悲劇的な ・ 暗澹とする ・ 正視できない ・ 可哀想な ・ 無残な ・ ~哀話 ・ 悲惨な ・ もらい泣きする ・ 目を覆わずにはいられない ・ 悲哀を感じる ・ 居たたまれない ・ 悲嘆に暮れる ・ 哀れをとどめぬ姿 ・ くねくねさせる ・ センチメンタルな ・ 弱い ・ メランコリーな ・ 男っぽくない ・ 女のような ・ 悩ましい ・ 塞ぐ ・ 感傷的な ・ センチな ・ 晴れない ・ 青臭い ・ もの憂い ・ 草食系 ・ 腹ふくるる ・ 切ない哀しい ・ うら寂しい ・ 揺れる ・ 尾を引く ・ なんだかなぁ ・ 懐かしいような悲しいような ・ 反発を感じる ・ 割り切れない ・ 悲しげな ・ 泣き笑い ・ 忸怩たる ・ さびしげな ・ 悲しくて滑稽な ・ しょっぱい ・ 後味の悪い ・ 泣きたくなるような ・ 憂うつ ・ やるせない思い ・ かなしげな ・ ブルーな気持ち ・ どことなく悲しい ・ せつない気持ち ・ ちょっぴりせつない ・ 泣きそうな ・ かなしげな調べ ・ うらぶれた ・ 甘い ・ 塞ぐスッキリしない ・ うじうじした ・ 憂いを含んだ ・ 惨めな ・ 悲話 ・ 弔鐘を聞く ・ 悲痛な訴え ・ 気の毒な ・ 哀れな ・ そくそくと感じる ・ ショッキングな事件 ・ 虐げられた ・ お気の毒 ・ 変わり果てた ・ 身をくねらせる ・ 優しい ・ 弱々しい ・ 女性的な ・ 女々しい ・ なよなよした ・ ~というムード ・ アンニュイな ・ メランコリックな ・ もの思う ・ スッキリしない ・ 納得しない ・ 諦めきれない ・ 持って行き場のない ・ 詮ない ・ 後を引く ・ 小鼻を膨らませる ・ すっきりしない ・ 火が消えたよう ・ 詮方ない ・ 複雑な ・ 未練を感じる ・ 揺れ動く ・ 頬を膨らませる ・ センチな気分 ・ ものの哀れを感じる ・ 哀愁を誘う ・ 情緒的気分 ・ わびしい思い ・ もの恋しい ・ 鬱屈した思い ・ なんとなく哀しい ・ 感傷的気分 ・ センチメント ・ ダークな ・ ものさびしい ・ 泣きそうになる ・ 人恋しい
キーワードをランダムでピックアップ
三途の川笑い上戸ちんちん沖天喝采脅迫のんき権威者飽きるほど彫り物師どうにもならない現状上手の手から水が漏るやり残す切り取ったありがたいタイミングで世田谷のボロ市いつまでもやめない眉を寄せながら食べる成績がぱっとしない例文を示す
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3