表示領域を拡大する
あわやのところの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
物騒なことが今にも起こりそうな気配(不穏)  あわや(のところ) ・ 殺気立った(男たち) ・ ぎりぎり(の△ところに来る[状態]) ・ 騒々しい ・ 雲行きが怪しい ・ 戦雲(が低く垂れこめる) ・ 重大な ・ 多事 ・ 今にも△悪いこと[事件;物騒なこと]が起こりそう(な気配) ・ 不穏(な△空気[情勢]) ・ (一旦)緩急あれば(ただちに駆けつける) ・ 血のにおいがする ・ 生臭い風が吹いてくる ・ 危険な橋を渡る ・ 地雷原を行く(ようなもの) ・ 予断を許さない ・ (対立がいよいよ)極まる ・ 不安を誘う(雰囲気) ・ 平静でない ・ もろい(バランス) ・ まかり間違えば取り返しのつかないことになる ・ 剣呑(な雰囲気) ・ 一歩誤れば(一大事となる) ・ 危機的(状況) ・ 危機に直面している ・ 危機が迫る ・ ぎすぎす(した職場) ・ (前途に)暗影(を投げかける) ・ 風雲急を告げる ・ (怒りの)マグマがたまる ・ とげとげしい(やり取り) ・ (災いに)見舞われそう ・ 油断できない ・ 気が抜けない ・ 物騒(な)(世の中) ・ 嫌な雰囲気 ・ 危険な(状態)危険と隣り合わせ(の生活) ・ (情勢は)楽観を許さない ・ 薄氷を踏む(思い) ・ 容易ならざる(事態) ・ 治安が悪い ・ にらみ合い(が続く) ・ (安定性が)崩れる ・ 一歩誤ると(大変なことになる) ・ 一つ間違えば(命にかかわる) ・ 瀬戸際(に立つ) ・ 際どい(岐路) ・ 待ったなし(の状況) ・ (社会の)不安がつのる ・ 赤信号が点滅(する) ・ 険悪(な空気) ・ 楽観を許さない(情勢) ・ 開戦前夜(の状況) ・ 危険 ・ 有事 ・ (国際情勢に)暗雲(が△漂う[垂れ込める;かかる]) ・ 暗雲に包まれる ・ 重苦しい空気に包まれる ・ うっとうしい空気 ・ 暗色に覆われる ・ (信用不安の)足音 ・ 軍靴の響き(が聞こえる) ・ 物騒がしい ・ 危うい(ところ)(だった) ・ 状況は(極めて)悪い ・ 一触即発(の国際情勢) ・ (先行きが)不安 ・ 悪い予感 ・ 緊張感が漂う ・ (忍び寄る)黒い影 ・ (社会が)騒がしい ・ 騒然とした(社会) ・ (女房の機嫌が)臨界点(にある) ・ 波乱含み(の幕開け) ・ 行き着くところまで行く ・ 不吉(な予感) ・ きな臭い(△国境地帯[問題;情勢]) ・ きな臭さ(が漂う) ・ 穏やかでない ・ (停学に)リーチがかかる ・ (何やら)恐ろしいことが ・ 潜伏(期間) ・ (台風)直前の静けさ ・ 潜在(的リスクを抱える) ・ (危険を)はらむ ・ 嵐の前の静けさ ・ (大戦)前夜 ・ (つかの間の)休息 ・ (恐ろしい出来事が)身をひそめる ・ (大嵐の)前触れ ・ いよいよ困れば ・ 最悪の場合 ・ 最後の最後には ・ 行き着くところまで行ったら ・ 危急の場合 ・ あわやの場合 ・ いよいよとなったら ・ いざとなれば ・ いざとなったら ・ 不機嫌 ・ いらだっている ・ (内心)穏やかでない ・ 神経質 ・ 虫の居所が悪い ・ 機嫌が悪い ・ 難しい ・ 低気圧 ・ 癇が立っている ・ ご機嫌斜め ・ 小難しい ・ (怪しい)雲行き ・ 靴のひもが切れる ・ 凶兆 ・ 悪い前兆 ・ (勢いが)衰える ・ (これでは)先が思いやられる ・ 陰り(が見える) ・ (どうりで)夢見が悪かった(はずだ) ・ 夢騒がし ・ (衰運の)(影が)忍び寄る ・ 暗影(が差す) ・ (前途に不安な)影(が差す) ・ (衰亡の)予兆 ・ 地震雲 ・ (将来を)暗示(する)(事件) ・ (長びく戦争が国民生活に)影を落とす ・ (家運が)傾く ・ (危険が)及ぶ ・ 足元に火がつく ・  ・ 危急 ・ 一瞬たりとも気が抜けない ・ 旦夕に迫る ・ 非常にあぶない状態になる ・ 緊迫 ・ 緊張 ・ 焦眉 ・ 緩急 ・ 一刻を争う ・ 轍鮒の急 ・ 焦眉の急 ・ ぎりぎり(まで追い込まれる) ・ 危殆に瀕する ・ 危険が迫る ・ 危険が身辺に迫っている ・ 急迫 ・ 警戒心を強める ・ 尻に火がつく ・ 今にも事件が起こりそう ・ (巨大権力の)虎の尾を踏む ・ 虎穴に入らずんば虎子を得ず(の状態) ・ 緊急事態 ・ (状況が)切迫(する) ・ 平和的な解決が望めそうもない ・ 瀕する ・ 切羽(せっぱ)詰まる ・ 心を引き締める ・ 重大な危機に直面している ・ 次のチャンスはない ・ ラストチャンス ・ (もう)後に引けない ・ 後に下がれない ・ 後に戻れない ・ 後戻りできない ・ 退路を断つ ・ 退路が断たれる ・ 逃げ場がない ・ (危機が)迫る ・ 追い込まれる ・ 瀕死(の状態) ・ ぎりぎり(のところ)(△に来る[でふんばる]) ・ 際どい(ところ)(で大事を防ぐ) ・ 土俵際 ・ 徳俵に足がかかる ・ (背後は)断崖絶壁 ・ 剣が峰(に立たされる) ・ 崖っぷち(に立たされる) ・ 窮地(に立たされる) ・ どん底(に行き着く) ・ テンパる ・ ルビコン川を渡る ・ 背水の陣 ・ 差し迫る ・ あわや(のところ) ・ (もはや)後がない ・ (人生の)角番かどばん(に立つ) ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ (これ以上)後ろに下がれない ・ 壁に突き当たる ・ 壁際に立たされる ・ 瀬戸際 ・ 進退きわまる ・ 押し込まれる ・ これ以上は負けられない ・ 健康を損なう(場所) ・ 危ない(場所) ・ ガラの悪い(地区) ・ 危険(地域) ・ (放射能)汚染地域 ・ 魔の(海域) ・ (山越えの)難所 ・ (船の)墓場 ・ (△先行き[情勢]は)甘くない ・ 困難が伴う ・ (やり遂げるのは)生半可ではない ・ 困難(が待ち構える) ・ 暗い(運命) ・ 厳しい(情勢) ・ 荒波(に船をこぎ出す) ・ 綱渡り(のような)(経営) ・ 曲芸的な(行動) ・ 危険が迫っている ・ 危急の(事態) ・ 心もとない ・ (危ない状況に)追い込まれる ・ (根幹を)揺さぶられる ・ 危険な立場に立たされる ・ (△現状維持[存続]が)危うい ・ 危うくなる ・ 危険にさらされる ・ (シナリオが)崩れかける ・ △屋台骨[正当性]が揺らぐ ・ 不確実(な未来) ・ (不良債権という)爆弾を抱えている ・ 累卵の危うき ・ (屋台骨が)傾く ・ 脅かされる ・ 危篤(状態) ・ (破綻の)縁にある ・ 盤石ではない ・ 窮地(に陥る) ・ 土台がきしむ ・ (問題が)のしかかる ・ ガラス細工(の合意) ・ ピンチ(に△立たされる[見舞われる]) ・ 脆弱な(均衡) ・ 危ない ・ 風前の灯 ・ 一寸先は闇 ・ (いよいよ)追い詰められる ・ (蜜月関係に)ひびが入る ・ ぐらつき(を示す) ・ (極めて)不安定 ・ (△現状維持[立場]が)危うい ・ (国家)存亡のとき ・ 危地 ・ 危機(に瀕する) ・ 危殆(に瀕する) ・ 斜陽化する ・ (先行きは)思わしくない ・ (ガンの)疑いがある ・ (先行きは)悲観的 ・ (やり方に)違和感(を感じる) ・ 荒波が待ち受ける ・ どうなることやら ・ いばらの道(が待ち構える) ・ (失敗を)恐れる ・ (戦争の)恐れがある ・ 懸念(する) ・ 懸念(される) ・ 期待できない ・ (国際情勢に)暗雲が漂う ・ (先のことを考えると)(そら)恐ろしい ・ 先行き不透明 ・ (先行きが)思いやられる ・ (先行きは)楽観できない ・ 波乱が予想される ・ (消費の冷え込みが)懸念材料 ・ 不安材料 ・ (先行きは)暗い ・ (成功は)危ういといえる ・ 悪い結果になるのではないか ・ 危ぶむ ・ (実現が)危ぶまれる ・ 危ながる ・ 警戒(する) ・ はらはら(する) ・ 心配(する) ・ (風評被害が)心配(される) ・ (前途)多難(な船出) ・ (将来を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ (成立を)疑問視する ・ 気を揉む ・ (先行きに)不安を抱く ・ (前途を)危惧(△する[を感じる]) ・ (戦略に)懐疑的 ・ (先行きが)怪しい ・ (今後が)気がかり ・ 先行きが気にかかる ・ (日本に)将来はない ・ いざという時 ・ いざ必要という時 ・ ここぞという時 ・ 万一の時 ・ まさかの時 ・ 緊急時の場合 ・ (極めて)重要な場面(で) ・ (一朝)有事の際 ・ 一大事という時(に) ・ ここ一番の時 ・ 一髪千鈞 ・ 剣呑 ・ 危なげ ・ リスク ・ 際どい ・ 危うい ・ 薄氷を踏む ・ 虎の尾を踏む ・ 一触即発 ・ 危殆 ・ 有毒 ・ 累卵 ・ 無用心 ・ 危なっかしい ・ 不健全 ・ (危険と)隣り合わせ ・ ひとつ(間違うと~) ・ ちょっと(間違うと~) ・ 有害 ・ 死を招く ・ 物騒 ・ 兆す ・ (金融市場に)ちらつく(介入警戒心) ・ 予感 ・ (足音が)近づく ・ 醸す ・ 足音が聞こえる ・ 醸し出す ・ (動作が)板につかない ・ 危うい(状況) ・ 安心できない ・ 不安がいっぱい ・ (足が)ふらつく ・ (見ていて)はらはら(する) ・ ひやひや(する) ・ ひょろひょろ(歩く) ・ 見ていられない ・ (包丁を持つ手が)心もとない ・ 大丈夫かと思う ・ 問題がある ・ 手慣れない ・ 優柔不断(の態度) ・ (足元が)おぼつかない ・ 無防備(な振る舞い) ・ (どこか)たどたどしい ・ (見るからに)危ない ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危なっかしい(手つき) ・ 危なかしい ・ しっかりしない ・ もたもた(している) ・ 心配 ・ 不安定(な状態) ・ 無邪気(な対応) ・ 頼りない ・ よろよろ(する) ・ 不慣れ(な手つき)
これきりで、残された余裕やチャンスはない(後がない)  あわや(のところ) ・ 瀬戸際 ・ 崖っぷち(に立たされる) ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ (これ以上)後ろに下がれない ・ 壁に突き当たる ・ 壁際に立たされる ・ ぎりぎり(のところ)(△に来る[でふんばる]) ・ 際どい(ところ)(で大事を防ぐ) ・ (危機が)迫る ・ どん底(に行き着く) ・ 差し迫る ・ 追い込まれる ・ (人生の)角番かどばん(に立つ) ・ 瀕死(の状態) ・ 次のチャンスはない ・ ラストチャンス ・ 窮地(に立たされる) ・ 逃げ場がない ・ 背水の陣 ・ テンパる ・ これ以上は負けられない ・ (背後は)断崖絶壁 ・ 押し込まれる ・ (もう)後に引けない ・ 後に下がれない ・ 後に戻れない ・ 後戻りできない ・ (停学に)リーチがかかる ・ (もはや)後がない ・ 退路を断つ ・ 退路が断たれる ・ ルビコン川を渡る ・ 進退きわまる ・ 土俵際 ・ 徳俵に足がかかる ・ 剣が峰(に立たされる) ・ 抜き差しならない(事態) ・ 困る ・ (死と)隣り合わせ ・ どうしようもない ・ 非常時 ・ (衝突)寸前 ・ 身動きが取れない ・ 決定的なダメージを受ける ・ (破滅の)寸前まで行く ・ (死に)直面(する) ・ 重大な危機に直面している ・ どうすることもできない ・ 死ぬしかない ・ 出口がない ・ 出口なし(の状態) ・ 一巻の終わり ・ 苦境 ・ (すでに)手遅れ ・ 刀折れ矢尽きる ・ 極限状況 ・ (状況が)詰んでいる ・ 危機 ・ (ジ)エンド ・ 絶体絶命 ・ どうにもならない ・ ピンチ ・ 南無三(!) ・ あわや(、と思う間もなく) ・ (相手側には)チャンス ・ 限界状況 ・ (もう)だめ(だ) ・ (もはや)おしまい ・ (足を滑らせれば)死ぬ ・ 手も足も出ない ・ (最後の)最後 ・ 生き残る道が残されていない ・ 息の根を止められる ・ 命乞い ・ 生命が脅かされる ・ 不可避 ・ 万事休す ・ 窮する ・ (△命[経営]が)危ない ・ とどめを刺される ・ 切羽詰まる ・ 打つ手なし ・ 打つ手がない ・ 再起不能に追い込まれる ・ 死の淵(に立たされる) ・ 万策尽きる ・ (それで)終わり ・ 逃げ道を塞がれる ・ (打開は)不可能 ・ 土壇場 ・ 逃げられない ・ 生存確率0% ・ 運が尽きる ・ 命運が尽きる ・ 命脈が尽きる ・ やばい ・ 無限の砂漠 ・ 殺される ・ 苦境に陥る ・ (△死[危険]と)紙一重 ・ ゲームオーバー ・ 危険 ・ 開戦前夜(の状況) ・ (情勢は)楽観を許さない ・ 悪い予感 ・ (一旦)緩急あれば(ただちに駆けつける) ・ 血のにおいがする ・ 生臭い風が吹いてくる ・ 風雲急を告げる ・ 赤信号が点滅(する) ・ 楽観を許さない(情勢) ・ 一歩誤ると(大変なことになる) ・ 一つ間違えば(命にかかわる) ・ 瀬戸際(に立つ) ・ 有事 ・ あわや(のところ) ・ 物騒(な)(世の中) ・ 一歩誤れば(一大事となる) ・ 薄氷を踏む(思い) ・ 状況は(極めて)悪い ・ 際どい(岐路) ・ きな臭い(△国境地帯[問題;情勢]) ・ きな臭さ(が漂う) ・ 一触即発(の国際情勢) ・ (国際情勢に)暗雲(が△漂う[垂れ込める;かかる]) ・ 暗雲に包まれる ・ 重苦しい空気に包まれる ・ うっとうしい空気 ・ 暗色に覆われる ・ 険悪(な空気) ・ 穏やかでない ・ 不穏(な△空気[情勢]) ・ もろい(バランス) ・ (前途に)暗影(を投げかける) ・ ぎすぎす(した職場) ・ まかり間違えば取り返しのつかないことになる ・ 油断できない ・ 気が抜けない ・ 危機的(状況) ・ 危機に直面している ・ 危機が迫る ・ (対立がいよいよ)極まる ・ とげとげしい(やり取り) ・ 危険な橋を渡る ・ 地雷原を行く(ようなもの) ・ (信用不安の)足音 ・ 軍靴の響き(が聞こえる) ・ 容易ならざる(事態) ・ 緊張感が漂う ・ 殺気立った(男たち) ・ 雲行きが怪しい ・ 危険な(状態)危険と隣り合わせ(の生活) ・ 多事 ・ にらみ合い(が続く) ・ (忍び寄る)黒い影 ・ 危うい(ところ)(だった) ・ 嫌な雰囲気 ・ (災いに)見舞われそう ・ 騒々しい ・ 予断を許さない ・ (何やら)恐ろしいことが ・ 治安が悪い ・ 不安を誘う(雰囲気) ・ 剣呑(な雰囲気) ・ 不吉(な予感) ・ (社会の)不安がつのる ・ (安定性が)崩れる ・ 戦雲(が低く垂れこめる) ・ 今にも△悪いこと[事件;物騒なこと]が起こりそう(な気配) ・ 待ったなし(の状況) ・ (怒りの)マグマがたまる ・ 行き着くところまで行く ・ 物騒がしい ・ (女房の機嫌が)臨界点(にある) ・ (先行きが)不安 ・ (社会が)騒がしい ・ 騒然とした(社会) ・ 波乱含み(の幕開け) ・ ぎりぎり(の△ところに来る[状態]) ・ 重大な ・ 平静でない ・ (責任を)負担できない ・ 手詰まり ・ 立ち往生 ・ (言葉に)詰まる ・ 外堀を埋められる ・ 行き詰まる ・ 行き当たる ・ (難路に)行き悩む ・ (返答に)窮する ・ 追い詰められる ・ 暴れ狂う ・ オーバークロック ・ 窮鼠猫を噛む ・ 必死(になる) ・ 窮すれば通ず ・ 手負いの虎(は侮れない) ・ 火事場のバカ力 ・ 最後の抵抗
(未分類)  地獄を見る ・ 大ばくちを打つ ・ 境目 ・ 急場 ・ どん詰まり ・ 天王山 ・ 掛かった正念場 ・ ギリギリのところ ・ 一歩間違うと ・ 死活 ・ 崖っぷちに立つ ・ 決戦 ・ 間ぎわ ・ 直前 ・ ハイライト ・ 分かれ目 ・ 生きるか死ぬか ・ ここを先途と ・ 正念場 ・ 瀬戸際土壇場 ・ 風前のともしび ・ のるかそるか ・ あわやの状況 ・ 屠所の羊 ・ 行き詰まり ・ 難局 ・ スランプ ・ 挟み撃ち ・ 天下分け目 ・ 存亡の危機 ・ 山場を迎える ・ 大一番 ・ 分岐点 ・ 大勝負 ・  ・ 因縁の対決 ・ 激突 ・ 勝負どころ ・ 限界 ・ 一歩手前 ・ 前門のトラ後門の狼 ・ 非常事態 ・ 苦戦を強いられる ・ 大ピンチ
キーワードをランダムでピックアップ
地峡圧力病気顔面薄馬鹿万邦繰り延べる章節使い分ける産金言われるまま草履つぶさに当て布恥の恥組織が硬直化する時間に追われる奥まで入り込む染み通る二人の心に隔たりができる