表示領域を拡大する
火だるまの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(家計が)火だるま(状態)財産が少なくて生活が苦しい(貧乏びんぼう(家計が)火だるま(状態)財産が少なくて生活が苦しい(貧乏びんぼう  (台所は)火の車 ・  ・ (憲法が定める)健康で文化的な最低限度の生活 ・ 内輪 ・ (生活に)行き詰まる ・ 甲斐性なし ・ (衣食住にも)困る ・ (おまんまの)食い上げ ・ 逼迫 ・ 生活に追われる ・ 無一物 ・  ・ お金がない ・ ぎりぎりの生活 ・ 乏しい ・ (ワーキング)プア(に属する) ・ プア(ー)な(日雇い派遣) ・ 一文無し ・ 貧乏人 ・ 窮迫(する) ・ 干上がる ・ きゅうきゅう ・ 清貧 ・ 無一文 ・ 負け組 ・ ゲルピン ・ 丸裸 ・ (△財政[国力]が)疲弊(する) ・ (社会の)お荷物 ・ (金持ちと)そうでない人 ・ 賃下げ ・ やりくりに苦しむ ・ (△収入[財産]が)少ない ・ 何も持っていない ・ 自転車操業 ・ 虐げられた(人々) ・ 貧乏(する) ・ 極貧(の暮らし) ・ エンゲル係数が高い ・ (生活に)困窮(する) ・ (経済的に)追い詰められる ・ すかんぴん ・ (給料に)不満 ・ ギャンブル依存症 ・ 不如意 ・ (借金で)首が回らない ・ 生活にゆとりがない ・ 金欠(病) ・ 食い潰す ・ (利益が)薄い ・ 限界状態 ・ 休職中 ・ 食っていけない ・ 寒村(で育つ) ・ 生活が苦しい ・ 生活が苦しくなる ・ 生活保護 ・ (食物が)乏しい(時代) ・ 色男金と力は無かりけり ・ (やっと)息をつなぐ ・ ストイック(な生活) ・ 窮迫する ・ 財政難 ・ 食い倒れ ・ 貧しい ・ ふところが寂しい ・ 路頭に迷う ・ 食いはぐれ ・ 食いはぐれる ・ 食いっぱぐれ ・ 食いっぱぐれる ・ 持たざる者 ・ (経済的に)余裕がない ・ (京の)着倒れ ・ 手に入らない ・ ジリ貧(に陥る) ・ どか貧 ・ 食い倒す ・ 食い兼ねる ・ (やりくりに)四苦八苦(する) ・ 無い袖は振れない ・ かつかつの暮らし ・ (女の)細腕(で一家を養う) ・ (今月)ピンチ ・ (物価高で)青息吐息(だ) ・ 宵越しの金は持たない ・ 月末 ・ (もう)鼻血もでない ・ 裸一貫 ・  ・ ぴいぴい ・ 窮乏(する) ・ 無産 ・ 食い詰める ・ 貧困(層) ・ (もう)限界 ・ 無銭 ・ 飢える(しかない) ・ すってんてん ・ あごが干上がる ・ やっとの生活 ・ 文無し ・ 手薄 ・ 格差社会(に痛めつけられる) ・ 赤貧(の日々) ・ 露命をつなぐ ・ 金はあっという間に無くなる ・ お金に困る ・ 身代限り ・ 貧者 ・ ふうふう言ってる ・ お金を借りる ・ 借金漬け ・ (連日、)取り立てに追われる ・ (生活必需品にも)不自由(する) ・ しがない(暮らし) ・ 小百姓 ・ 小作農 ・ 小農 ・ 水飲み百姓 ・ 貧農 ・ 定職についていない ・ フリーター ・ (アルバイトは)時間の切り売り(でしかない) ・ (学生)バイト ・ アルバイト ・ 補助的な作業 ・ 自分の時間を売って賃金を得る ・ 時給 ・ 閑散(とした夜の街) ・ マイナス成長(になる) ・ 世知辛い ・ (景気が)停滞(する) ・ 資金繰りが厳しい ・ しけ ・ 付け景気 ・ 霜枯れ ・ 夏枯れ ・ (国民の)元気がなくなる ・ 需要が少ない ・ 不景気 ・ (産業が)疲弊する ・ (△消費[両国の関係]が)冷え込む ・ (経済の)冷え込み ・ お茶を挽く ・ 開店休業(状態) ・ (景気が)陰る ・ (経済が)後退(する) ・ (消費が)退化(する) ・ (景気の)腰が折れる ・ (景気の)腰折れ ・ 気重 ・ 売れゆきが悪い ・ 以前のような生活が出来なくなる ・ 閑古鳥が鳴く ・ 金詰まり ・ (業界に)冬の時代(が訪れる) ・ 物が売れない ・ 失われた十年 ・ ロストジェネレーション ・ 空景気 ・ 不入り ・ 不況 ・ 冬枯れ ・ 客の入りが悪い ・ 軟調 ・ 不活発 ・ 商売あがったり ・ (経済用語としての)パニック ・ (金融)恐慌 ・ 倒産 ・ 破産 ・ 倒れる ・ ゲームオーバー ・ 貸し倒れ ・ (火事で)丸裸(になる) ・ 貧乏生活 ・ (母の内職で)糊口をしのぐ ・ 口を糊する ・ (辛うじて)生活する ・ 売り食い(する) ・ 綱渡り(状態) ・ (細々と)露命をつなぐ ・ (わずかな食糧で)命をつなぐ ・ (派遣で)食いつなぐ ・ その日暮らし ・ 食いつなぐ ・ 食い延ばす ・ 金策 ・ 苦学 ・ 独学 ・ 蛍雪 ・ (資金的に)行き詰まる ・ 困窮 ・ 貧困 ・ (生活に)窮する ・ (金に)詰まる ・ 貧窮 ・ 破産に瀕する ・ (非常な)苦境にある ・ 瀕死(の状態) ・ 儲けがない ・ 経営難(に陥る) ・ 負債(額) ・ 債務(の山) ・ 出血(サービス) ・ 利益が出ない ・ 捨て値(販売) ・ ペイしない ・ 不採算(部門) ・ 資金難 ・ (事業が)左前(になる) ・ (△会社[経営]が)ぐらつく ・ 損失(が出る) ・ 息切れする ・ 儲からない ・ 赤字(△続き[経営]) ・ 赤字転落(の見通し) ・ 大赤字 ・ 採算ラインを割り込む ・ (経営は)胸突き八丁(に差し掛かる) ・ ぬかるみが続く ・ どこまで続くぬかるみぞ ・  ・ 債権の踏み倒し ・ 大損 ・ (不景気で)青息吐息 ・ あっぷあっぷ(の資金繰り) ・ コスト割れ ・ (不景気で)気息奄々(の中小企業) ・ 採算割れ ・ 欠損 ・ 採算悪化 ・ (経営が)揺らぐ ・ 倒産寸前 ・ こげつきが出る ・ (その値段では)引き合わない ・ (経費を引くと)金が残らない ・ 首が回らない ・ やりくりがつかない ・ (家計に)穴があく ・ 割に合わない(仕事) ・ 損害をこうむる ・ (もう)やっていけない ・ 足が出る ・ (毎月支払いが多くて)ふうふう言ってる ・ (予備費に)食い込む ・ 持ち出し(になる) ・ 帳尻が合わない ・ 支出オーバー ・ (予算を)オーバーする ・ はみ出す ・ (家計は)火の車 ・ そろばんが合わない ・ (収支が)つぐなわない ・ (収支が)マイナス(になる) ・ サンカク(記号) ・ (手元)不如意 ・ 損になる ・ 引き合わない ・ (予算を)越える ・ 借金がかさむ ・ 不足(が出る) ・ 赤字(になる) ・ 採算が取れない ・ 儲けにならない ・ (歳入)欠損 ・ (国家財政の)赤字 ・ (政治・経済的意味での)日本沈没 ・ 財政の行き詰まり ・ 財政窮迫 ・ 貿易赤字 ・ 入超 ・ (膨大な)財政赤字 ・ (経済が極度に)衰える ・ 財政逼迫 ・ (国の経営が)傾く ・ 債務超過 ・ (経済が)疲弊(する) ・ 懐が寒い ・ 所持金が少ない ・ (懐に)秋風が吹く ・ (懐が)さびしくなる ・ △ごみ[残飯]をあさる ・ (食い物を)探す・(ゴミの山を)引っかき回す ・ 現金が底をつく ・ からけつ ・ からっけつ ・ 無銭(飲食) ・ (経営)破綻 ・ すっからかん ・ おけら(になる) ・ 鼻血も出ない ・ (愛車を)買い取ってもらう ・ (金が急に必要になって)売り急ぐ ・ (土地を)切り売りする ・ (二束三文で)叩き売る ・ 手放す ・ (生活の)資を得る ・ (自社を)身売りする ・ (家産を)食い潰す ・ 日雇い ・ 日傭 ・  臨時雇い ・ 肉体労働 ・ 小遣い稼ぎ ・ 日傭取り ・ 登録制のバイト ・ 運が尽きる ・ (ここで捕まったが)運の尽き ・ 因果(な身の上) ・ 何の因果か(こんなことになって) ・ (当たった)試しがない ・ 運がない ・ (雨に)たたられる ・ 不運(に△泣く[見舞われる]) ・ 不運にも ・ うだつが上がらない ・ 不遇(の生涯) ・ 呪わしい運命 ・ 貧乏くじ(を引く) ・ 不幸(が続く) ・ 天は味方せず ・ 持ってない ・ 不都合(が生じる) ・ (まるで)凶日 ・ 薄命 ・ 悲劇(のヒロイン) ・ (武運)つたなく(破れる) ・ (運の)つたなさ(を嘆く) ・ (運命の)女神にそっぽを向かれる ・ (とんだ)厄日(だ) ・ (この世は)不公平 ・ よりによって(何で私が) ・ (悪妻は百年の)不作 ・ 捨てる神(あれば拾う神あり) ・ (上り坂、下り坂、)まさか ・ 見舞われる ・ 泣きっ面に蜂 ・ 残念ながら(その日は行けない) ・ 星の巡りが悪い ・ 巡り合わせ悪く(なかなか行けない) ・ 大変な目に遭う ・ 持っていない ・ (どうりで)夢見が悪かった(はずだ) ・ 悲運(の画家) ・ (この世の)不条理 ・ (あっちは)鬼門 ・ 災厄(が降りかかる) ・ ツキがない ・ ツキに見放される ・ 悪運 ・ 踏んだり蹴ったり ・ 厄(落とし) ・ 運が悪い ・ 運悪く ・  ・ 運に見放される ・ 憂き目 ・ 衰運(に見舞われる) ・ 運気が下がる ・ 間が悪い ・ 波乱万丈(の生涯) ・ (スタートから)ケチ(がつく) ・ 薄幸(の女性) ・ 不幸せ(な人)(人生は)いびつ(で容赦がない) ・ 数奇 ・ 数奇な運命(△をたどる[にもてあそばれる]) ・ 逆運 ・ 非運(のボクサー) ・ ついていない ・ 運命に翻弄される ・ あいにく(と)(その場にいなかった) ・ 運に恵まれない ・ 一生分の幸せを使い果たしてしまった ・ 不幸 ・ 満たされない ・ (強い)心理的ストレスに晒された状態 ・ 幸せでない ・ 不幸せ ・  ・ 薄幸 ・ 薄給 ・ 五斗米 ・ 微禄 ・ (一瞬の)内(消える) ・ 以上ではない ・ 下回る ・ (過半数に)届かない ・ (指定の)時間内 ・ 期間内 ・ 及ばない ・ (一万円を)超えない(額) ・ (五万円)以下(の食費) ・ 範囲内 ・ (千円)以内(の商品) ・ 氷点下 ・ (五分)かからず(に)(行ける) ・ (三分)足らず(で)(食べ終える) ・ まだ(一歳にも)なっていない ・ (△額面[一ドル])割れ ・ (定員を)割る ・ (損害は十万円に)とどまる ・ 足りない ・  ・ 満たない ・ 零下 ・ (指定時間)より早く(着く) ・ (十秒を)切る(タイム) ・ (一メートル)弱 ・ 未満 ・ 辛うじて(間に合う) ・ 半端(な数では売らない) ・ (数量的に)以下 ・ より下 ・ (百)より小さい ・ 少ない ・ (△どん底の生活[社会の底辺]に)沈む ・ (役者)崩れ ・ たそがれる ・ たそがれて(生気のない人) ・ 惨め(な境遇)(に陥る) ・ 落後 ・ 敗残(の人生) ・ (社会の)敗残者 ・ 飽きられる ・ (酒が)身の破滅(を招く) ・ 身を滅ぼす ・ 精彩を失う ・ (かつての)輝きを失う ・ (郷里に)逼塞ひっそく(する) ・ 淪落りんらく(△した女[の淵に沈む]) ・ 尾羽おは打ち枯らす ・ 評判を落とす ・ 格下げ ・ 降職 ・ 貧する ・ 貧すれば鈍する ・ (ばくちで)身を持ち崩す ・ (道楽者の)成れの果て ・ (娼婦に)身を落とす ・ ぱっとしない ・ 失格(になる) ・ うらぶれる ・ (平社員に)降格(する) ・ 破滅型(人間) ・ (酒に)溺れる ・ 転落(の道をたどる) ・ (栄光と)挫折 ・ (背中に)哀愁が漂う ・ 落魄らくはく(の身) ・ 落魄無残(な姿) ・ 逆境にある ・ 落ちぶれる ・ 落ちぶれ果てる ・ 落ちこぼれる ・ (人気が)失墜しっつい(する) ・ どん底(の生活) ・ 蹴落とされる ・ 零落れいらく(する) ・ 降任 ・ わびしい(姿) ・ (背中に)わびしさが漂う ・ 都落ち(する) ・ 落ち行く(先は奥州平泉) ・ 没落(する) ・ 没落武士 ・ 落ち目(の芸能人) ・ (失言が)命取り(になった) ・ (支店勤務に)飛ばされる ・ 枯れすすき ・ 転覆 ・ (担当から)外れる ・ リストラ候補 ・ 見る影もない ・ (昔の)面影はない ・ 誇りも何もなくす ・ あまりにもさびしいカリスマの最期 ・ 落ち武者 ・ (無一文に)成り果てる ・ 成り下がる ・ やつれる ・ みすぼらしい(格好)(をさらす) ・ 雌伏 ・ 哀れ(な△姿[末路をたどる]) ・ 落伍(する) ・ しな下る ・ うらさびしい(姿) ・ 凋落ちょうらく(する) ・ 置いていかれる ・ (△地位が[物乞いにま​で])落ちる ・ 落ちた(偶像) ・ 破産(する) ・ 沈淪 ・ 脱落(する) ・ (親にも)合わせる顔がない(ような酷い生活) ・ 失脚(する) ・ 風采が上がらない ・ 栄枯盛衰 ・ (過去の栄光も)今は昔 ・ 陰り(が見える) ・ (力が)陰る ・ 見向きもされなくなる ・ おごれる者は久しからず栄枯盛衰(は世の習い) ・ 弱体化(する) ・ 劣化(する) ・ 落日(を迎える) ・ 落陽(を迎える) ・ (勢いが)影をひそめる ・ (王朝の)秋 ・ 家運が傾く ・ 地に落ちる ・ 衰残 ・ 頽唐 ・ 下り坂 ・ 衰微(する) ・ 力を失う ・ 勢いが弱まる ・ 勢いがなくなる ・ 勢いを失う ・ 斜陽化(する) ・ 斜陽(産業) ・ 終わりに近づいている ・ (景気)退潮 ・ (新聞業界の)地盤沈下 ・ (人気が)低落(する) ・ 旬を過ぎる ・ 朽ちる ・ 消沈 ・ 売れなくなる ・ 屋台骨が傾く ・ 弱化 ・ (産業が)衰退(する) ・ (優勝)劣敗 ・ (周囲が)よそよそしい ・ (△勢力[影響力]に)秋風が吹く ・ 落ちる ・ たそがれ(の銀行業界) ・ 末期(的)(状況) ・ 精彩を欠く ・ 沈滞 ・ 退廃 ・ 沈む ・ 沈みかける ・ 弱める ・ 衰運の一途をたどる ・ 衰運に見舞われる ・ 盛りが過ぎる ・ 制度疲労(を起こす) ・ 衰勢(に向かう) ・ (かつての)面影はない ・ (様相が)様変わり(する) ・ 時流に乗れない ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ (勢いを)落とす ・ 廃る ・ 弱まる ・ 弱り目(の業界) ・ 老大国 ・ 盛者必衰 ・ (商店街が)寂れる ・ (伸びが)鈍化する ・ (農業が)疲弊(する) ・ 栄華が去る ・ (人気)下降 ・ 危急存亡のとき ・ 萎靡いび ・ 下りになる ・ (△体制[産業])衰え ・ 廃れる ・ さびれ行く ・ 下り坂(にある) ・ (人気が)色あせる ・ 色あせて見える ・ 衰亡(△する[に向かう]) ・ (売上げ)ダウン ・ 神通力の低下 ・ 顧みられない ・ 衰弱 ・ 影が薄くなる ・ 下火(になる) ・ 見捨てられる ・ (影響力が)風化(する) ・ (貴族制が)遠景に退く ・ 遠景に去る ・ (前景から)フェードアウト(する) ・ (力の)後退 ・ (旧体制の)弔鐘を聞く ・ (△力[影響力]が)衰える ・ (支払いが)滞る ・ (約束の金が期日までに)納入されない ・ (授業料を)滞納(する) ・ (家賃の払いを)溜める ・ (支払いを)延滞する ・ 約束不履行 ・ (給料が)遅配(する) ・ 貧富 ・ 格差 ・ だらしない ・ 劣弱 ・ か弱い ・ 弱体 ・ 埒もない ・ もろい ・ 弱い ・ 力が劣っている ・ 薄弱 ・ 弱小(チーム) ・ 弱み ・ 益体もない ・ 脆弱 ・ 苦労 ・ 耐えられない ・ 悶々 ・ 真綿で首を絞められる(ような思い) ・ 辛い ・ 火宅(の人) ・ 憂さ ・ (苦難に)見舞われる ・ (不運に)泣く ・ 敵わない ・ 四苦八苦 ・ 忍びない ・ 痛い ・ 呻吟(する) ・ 低迷する ・ 悩む ・ 迷惑 ・ 心が休まらない ・ 悩ましい ・ 苦しむ ・ (もう)押し潰されそう ・ (痛みに)うめく ・ うめき(声)をもらす ・ 塗炭(の苦しみ) ・ 苦しめられる ・ ストレスを感じる ・ 骨身に堪える ・ 重荷 ・ やりきれない ・ やるせない ・ 心理的影響(を受ける) ・ (人手不足に)悲鳴を上げる ・ (重税に)あえぐ ・ 煙たい ・ 血みどろ ・ 辛酸をなめる ・ 術無い ・ 憂い ・ (老朽化に)さいなまれる ・ (心理的に)追い詰められる ・ 気苦労 ・ たまらない ・ (精神的に)参る ・ (格差社会に)痛めつけられる ・ ありがた迷惑 ・ 困難(に直面する) ・ 狂おしい ・ 苦痛 ・ 胸苦しい ・ 重圧を受ける ・ 天を仰ぐ ・ 息苦しい ・ 喉が詰まる(のを感じる) ・ (偏頭痛に)たたられる ・ 疲れ切る ・ 苦い ・ 物狂おしい ・ 惨憺 ・ 苦悩する ・ 苦しい ・ 痛し痒し ・ 血の出るような ・ 切ない ・ (貧困に)苦しむ ・ 窮余 ・ 無産者 ・ 労農 ・ 雇い人 ・ 雇員 ・ 働いて賃金を得る ・ 傭人 ・ プロレタリア ・ 勤労者 ・ 労務者 ・ 勤め人 ・ 使用人 ・ 労働者
火だるまたま火だるまたま  火の玉 ・ 火玉 ・ ファイアーボール ・ めらめら ・ かんかん ・ (たき火が)ぼうぼう(と)(燃える) ・ かっか(と) ・  ・ 遠火 ・ ぼっと ・ 火炎 ・ 炎々 ・ かっと ・ (残り火が)ちょろちょろ(と)(燃える) ・ 火気 ・  ・ ちろちろ ・ 火の気 ・ ばっと ・ ぽっぽ(と) ・ とろとろ
火だるま火災かさい火だるま火災かさい  猛火(に包まれる) ・  ・ 火事 ・ (大火で)焼け出される ・ 雷火 ・ 近火 ・ 祝融 ・ 火難 ・ 出火 ・ (巨大な炎が)夜空を真っ赤に染める ・ 地を焼き天を焦がす ・ 火災 ・ 炎上 ・ 回禄 ・ 火がつく ・ (すべてを)焼かれる ・ 失火 ・ 急火 ・ 半焼 ・ (建物が)燃える ・ 自火 ・ (家財が)焼失(する) ・ (飛び散る)火の粉をかぶって燃える ・ 巻き添え(になる) ・ (風下に)飛び火(する) ・ (隣家に)燃え移る ・ 燃え広がる ・ もらい火 ・ (火事が)拡大(する) ・ 延焼 ・ 類焼 ・ 烏有に帰す ・ 全焼 ・ 燃え落ちる ・ 丸焼け ・ 煙になる ・ 焼きつくす ・ 焦土と化す ・ 燃え尽きる ・ 焼尽 ・ 不審火 ・ 怪火 ・ 大火 ・ 劫火 ・ 小規模 ・ ぼや ・ 兵火 ・ (空襲で)焼け出される ・ 戦火 ・ 火宅(の人) ・ 火災現場 ・ 火事場 ・ (都市が)焦土と化す ・ (田畑が)流される ・ (文化財が)焼失(する) ・ 灰燼かいじんに帰す ・ (家屋が)流失(する) ・ 烏有うゆうに帰す ・ ぽっぽ(と) ・ 火炎 ・ ちろちろ ・ かんかん ・ とろとろ ・ ぼっと ・ (たき火が)ぼうぼう(と)(燃える) ・ 炎々 ・ ばっと ・ かっと ・ 遠火 ・ めらめら ・  ・ かっか(と) ・  ・ (残り火が)ちょろちょろ(と)(燃える) ・ 火の気 ・ 火気 ・ 厄難 ・ ご難 ・ 災禍 ・ 災難 ・ (神の)たたり ・ 嵐(に見舞われる) ・  ・ (好事)魔(多し) ・ 月にむら雲、花に風 ・ 災厄 ・ 障害 ・ 難儀 ・ 凶事 ・ 不測の(事態) ・ 困難 ・ 奇禍(に遭う) ・ 支障(が生じる) ・ 禍害 ・  ・ 急難 ・ 小難 ・ アクシデント(に見舞われる) ・ 苦難(に遭遇する) ・ 不幸な出来事 ・ 艱難 ・ 心外 ・ 後難 ・ 災い ・ 困った変化 ・ 事故 ・ (コロナ)禍 ・ トラブル ・ 危難 ・ 不慮(の事故) ・ 禍事まがごと ・ 火をつける ・ 着火 ・ 火付け ・ 引火 ・ たきつける ・ 付け火 ・ 火付き ・ 点火 ・ 発火 ・ 放火
火だるまよく燃える火だるまよく燃える  燃え立つ ・ 地獄 ・ 火持ちがいい ・ よく燃える ・ 可燃性 ・ 熾る ・ 烈々 ・ 燃え上がる ・ 炎上 ・ 燃え広がる ・ 熾す ・ 燃え盛る ・ 猛烈な火勢 ・ 燎原の火 ・ 強火 ・ 火柱 ・ 火の手 ・ 烈火 ・ 業火 ・ 猛火 ・ 煙になる ・ 燃え尽きる ・ 焦土と化す ・ 全焼 ・ 焼尽 ・ 丸焼け ・ 燃え落ちる ・ 烏有に帰す ・ 焼きつくす ・ (並外れて)エネルギッシュ ・ 憑かれた(人) ・ 鬼軍曹 ・ 烈士 ・ タフ ・ (電話)魔 ・ 烈婦 ・ 闘争心の塊 ・ 猛烈(社員) ・ 情熱家 ・ 肉食系 ・ 烈女 ・ 燃えやすい(人) ・ (チームの)守護神 ・ 熱血漢 ・ (闘争心の)権化 ・ 執念の人 ・ (身も心も)鬼と化す ・ 光熱 ・ 薪炭 ・ 焚き物 ・ 燃えやすい ・ 燃料 ・ 熱を力に変える ・ 可燃物 ・ (風が)(火の勢いを)強める ・ 勢いづかせる ・ (さらに)燃え上がらせる ・ (風が火を)あおる ・ 熱烈 ・ あくせく ・ (△一つのことに心を[練習に])打ち込む ・ 大変な打ち込みぶり ・ (浸食も忘れるという)打ち込みよう ・ (激しく)入れ込む ・ 全身全霊を傾ける ・ 全身全霊を傾けて(試合に挑む) ・ 熱病にかかったように ・ ひたぶる(な努力) ・ 一極集中的 ・ 無邪気 ・ (政治活動に)終始(する) ・ 夢中(になる) ・ (一つの物事に)こだわり続ける ・ いちず(に) ・ (ロックに)しびれる ・ (勉学に)いそしむ ・ (女に)入れあげる ・ 専念(する) ・ 心酔(する) ・ 大車輪(で仕上げる) ・ (勉強の)鬼 ・ うつつを抜かす ・ (日夜)努力(する) ・ 背水の陣(を敷く) ・ 前向き(に)(努力する) ・ 諦めない ・ 本腰 ・ ムキになる ・ ムキになって ・ 黙々(と)(筆を走らせる) ・ 耽る ・  ・ (愛情を)そそぐ ・ (押し入れで)ごそごそ(と探し物をする) ・ 病みつき(になる) ・ ひた押し(に攻め立てる) ・ 血まなこ(になる) ・ (欲の)かたまり ・ (それ以外)眼中にない ・ 熱に浮かされる ・ (どこか)狂気を漂わせて ・ 狂気の人 ・ (一方に)偏る ・ (実現に)心を砕く ・ 精魂(を)込める ・ 精魂(を)込めて(作り上げる) ・ 精魂を傾ける ・ 迷いなく ・ 丹精(を込める) ・ 没頭(する) ・ (耳を)凝らす ・ (盆栽に)凝る ・ (凝りに)凝る ・ (精力を)集中(する) ・ (神経を)集中させる ・ 頑な(△な態度[にこだわる]) ・ ナチュラルハイ(になる) ・ ひとえに ・ こつこつ ・ 恥も外聞もなく(懇願する) ・ むさぼる(ようにして本を読む) ・ 見える視界が限定されてる ・ 思い詰める ・ 力が入る ・ 切々 ・ (家業に)徹する ・ 取り組む ・ 浮かされる ・ (名演奏に)酔う ・ 孜々 ・ 沈湎 ・ よく(勉強する) ・ 信じて疑わない ・ 無心に(遊ぶ子供) ・ (自伝の執筆に)余念がない ・ 食い入る(ように)(見つめる) ・ そればかりして日を送る ・ (研究を)自らの使命と思う ・ 凝り固まる ・ (宗教に)固まる ・ (今は)それどころではない ・ 生きがい(を感じる) ・ (野球)気違い(毎日酒に)浸る ・ 精神一到(何事か成らざらん) ・ 情熱のおもむくままに・(何かに)突き動かされるように ・ 他を忘れる ・ 熱中(する) ・  ・ 熱を上げる ・ (意欲が)旺盛 ・ 鋭意(研究に努める) ・ 一徹(な性格) ・ 寝食を忘れる ・ すべてを忘れて ・ (家業に)身を入れる ・ (畑仕事に)精を出す ・ 貪欲(に取り組む) ・ 一目散 ・ 熱い(△思い[男]) ・ (全てを)なげうって(一つのことに専念する) ・ 没入(する) ・ 励む ・ (文学)かぶれ(の女) ・ (クラシックに)かぶれる ・ 睡眠時間を削って(頑張る) ・ 容易に崩せない ・ (額に)汗する ・ 汗を流す ・ (式典の準備に)大わらわ ・ (研究を)事とする ・ 献身的(に)(働く) ・ 視野が狭い ・ (一種の)視野狭窄(に陥る) ・ 熱狂(する) ・ けなげ(に)(頑張る) ・ 飽くなき(挑戦) ・ 飽くことのない(知識欲) ・ 身が入る ・ 耽溺(する) ・ 鬼気迫る(表情) ・ 虚々実々 ・ 虚実(を尽くす) ・ (海外進出に)力を入れる ・ せっせと(働く) ・ (学問)ひと筋(に)(生きる) ・ 惑溺 ・ 熱を入れる ・ (それ以外)見向きもしない ・ (他を)顧みない ・ ひたすら(務める) ・ (研究に)埋没(する) ・ (読書)三昧 ・ はまる ・ 専一 ・ 心血を注ぐ ・ 寝もやらず(絵筆をふるう) ・ まっしぐら(に) ・ (家に)飛んで(帰る) ・ すっ飛んで(帰る) ・ 根を詰めて(取り組む) ・ ほれる ・ 心を奪われる ・ (目標達成のためには)労を惜しまない ・ (そのことだけに)関わる ・ (野球)ひと筋(の高校生活) ・ 懸命(に) ・ 一本気(な性格) ・ (全力を)傾注(する) ・ 熱心(に) ・ 商売熱心 ・ 仕事熱心 ・ 勉強熱心 ・ (研究)熱心 ・ 一辺倒 ・ 寝る間も惜しんで(取り組む) ・ 目の色を変えて ・ (仕事に)我を忘れる ・ 我を失う(ほどはまる) ・ 忘我 ・ (問いと私の)一対一の真剣勝負(の様相) ・ (思いが)凝り固まる ・ (真実)一路 ・ しゃにむに(突き進む) ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 真剣(に) ・ (学ぶ態度は)真剣そのもの ・ 雑念なく ・ リキが入る ・ (△目標に向かって[奔放に])突き進む ・ まっすぐ(に) ・ (夢に向かって)一直線(に)(突き進む) ・ 直線的 ・ 邁進(する) ・ 骨を埋める(覚悟) ・ (仕事)オンリー(の人) ・ 無我 ・ 無我夢中 ・ (特定の思想に)とらわれる ・ (女に)のぼせ上がる ・ 捨て身で立ち向かう ・ (思索に)沈潜(する) ・ のめり込む ・ 無二無三 ・ (遊び)ほうける ・ 理性を失って(暴れる) ・ 変わらない ・ がむしゃら(に)(進める) ・ 思い込んだら百年目 ・ 意欲的に取り組む ・ (こけの)一念(、岩をも通す) ・ (部活に)燃える ・ (叶わない恋に)燃え上がる ・ 徹底(する) ・ (切手)マニア ・ 病膏肓に ・ 盲目的(にのめり込む) ・ 脇目も振らず(に) ・ (会社の再建に)腐心(する) ・ 明け暮れる ・ 熱っぽい(誘い) ・ 躍起(になる) ・ (どっぷり)つかる ・ 真摯 ・ 猪突猛進(する) ・ (資金集めに)狂奔(する) ・ 必死(になる) ・ 愚直(に)(頑張る) ・ (成果に)こだわる ・ (物作りに)こだわり(が強い) ・ 専心(する) ・ 一意専心(に) ・ 他のことが留守になる ・ あの入れ込み方は半端じゃない ・ 命がけ(でやる) ・ (被災地の復興に)命を懸ける ・ 身命を賭する ・ (食い)道楽 ・ (目先のことに)汲々きゅうきゅう(と)(する) ・ 一心不乱(に) ・ (△愛に[息もできないほど])溺れる ・ (ゴルフに)血道を上げる ・ 倦むことなく(働く) ・ (テレビに)かじりつく ・ (情熱を)傾ける ・ フリーク ・ 激しい思い ・ (強い)思い入れ(を抱く) ・ 気を入れる ・ 営々(と)(働く) ・ (読書に)淫する ・ 心が奪われる ・ (そのこと)だけ(を) ・ (そのこと)しかない ・ ストイック(に取り組む) ・ 真面目(に) ・ (練習の)虫 ・ 肩ひじを張る ・ 取りつかれたように ・ かれたように(~する) ・ 取り紛れる ・ 寸暇を惜しんで ・ (ゴルフに)のぼせる ・ (難問と)格闘(する) ・ 前後を考えない ・ (賭け事に)憂き身をやつす ・ やたら(に)(頑張る) ・ (ギャンブル)狂い ・ かかずらう ・ (議論が)熱する ・ ひたむき(△に[な姿勢]) ・ 非妥協的 ・ 憑き物がついたように(没頭) ・ たゆみなく(続ける) ・ (仕事を)面白がる ・ しゃかりき(になる) ・ 情熱的に(打ち込む) ・ (一つのことに)熱くなる ・ 一生懸命(になる) ・ (サッカー)命 ・ かまける ・ しきりに ・ (ホテルに)缶詰め(になって執筆する) ・ 一本槍 ・ 一心(に)(励む) ・ (物事に)一心になる ・ 二心のない ・ 本気(で)(取り組む) ・ 全力(で)(取り組む) ・ 専ら(~する) ・ 傾倒 ・ 腕まくり(する) ・ 劫火 ・ 大火 ・ 焼ける ・ 酸素と化合して熱と光を放つ ・ (肉が)じりじり(と焼ける) ・ 燃え付く ・ 燃える ・ 焚く ・ (松葉を)いぶす ・ 燃やす ・ 急激な酸化 ・ 焼く ・ (暖炉の火が)赤々(と燃える) ・ 暖を取る ・ 燃焼 ・ ぱちぱち ・ 香ばしい ・ 燃す ・ くべる ・ 炎に包まれる
火だるま(になる)批判が集中する火だるま(になる)批判が集中する  (ブログが)炎上(する) ・ 火宅(の人) ・  ・ 祭り ・ サイトが閉鎖に追い込まれる ・ 誹謗中傷の嵐 ・ 批判の嵐(に見舞われる) ・ 批判が集まる ・ (災難が)降りかかる ・ (世間から)叩かれる ・ △攻撃[批判]の対象になる ・ (責任者を)つるし上げる ・ つるし上げ(にする) ・ △非難[指弾]を浴びる ・ (批判の)矢面に立たされる ・ 批判の矢が向けられる ・ 批判が集中する ・ (怨嗟の)的になる ・ 批判にさらされる ・ リンチ ・ 寄ってたかって(いじめる) ・ 数を頼んで(いじめる) ・ 集中砲火 ・ (罵声が)浴びせられる ・ (国民の)サンドバッグ ・ (ブログの)炎上 ・ (いやがらせの)爆発的連鎖 ・ 批判の嵐にさらされる ・ (攻撃的投稿に)乗っ取られる ・ (インターネット上の)リンチ ・ ネットリンチ ・ 攻撃的書き込みが殺到(する) ・ 悪意の書き込みが集中(する) ・ フルボッコ(にする) ・ (サイトの)パンク ・ 総スカン(を食う) ・ 周りは敵や反対者ばかり ・ 孤立無援 ・ 世間の風当たりが強い ・ 味方がいない ・ 四面楚歌 ・ (周囲から)非難を受ける ・ (人家が)ひしめく ・ 雲集 ・ 凝縮(される) ・ 類聚 ・ 集束 ・ そろえる ・ (中心に)引き寄せる ・ (着物の襟元を)掻き合わせる ・ 寄せ集める ・ 集積(する) ・ 積み上がる ・ 積み重なる ・ 山になる ・ そろい ・ 収集 ・ (等圧線が)混み合っている ・ (海岸にごみが)打ち上げられる ・ (食料を)調達する ・ (△情報[料理]が)持ち寄られる ・ 寄り集まる ・ (先頭集団が)団子状(になる) ・ (雪を)掻く ・ (熊手で落ち葉を)掻き寄せる ・ 掻き込む ・ 掻い込む ・ (ありったけ)掻き集める ・ 出そろう ・ 目白押し ・ 集結 ・ 結集 ・ 束にする ・ (△仕事[ほこり]が)たまる ・ (一点に)向かう ・ 取り集める ・ 取り合わせる ・ (一か所に)集合 ・ 片寄せる ・ 片寄せ(する) ・ そろう ・ たかる ・ (何軒かの店が)固まる ・ 寄る ・ (風が落ち葉を)吹き寄せる ・ (根元に土を)寄せる ・ (不満を)吸い上げる ・ (意見を吸い上げる)受け皿(になる) ・ (一か所に)集中(する) ・ 取りそろえる ・ 不特定多数 ・ (一か所に)集める ・ 集まる ・ 集まり ・ (△周辺から人口が[外国資本が])流入(する) ・ (落葉が片隅に)吹き寄せられる ・ 採集 ・ 密集(する) ・ 吸い寄せられる ・ (周りに男が)寄ってくる ・ 非を鳴らす ・ 難癖 ・ とがめる ・ 聞きとがめる ・ (物事に対する)ネガティブな発言 ・ (相手の非を)難じる ・ 攻撃(する) ・ (法的手段に)訴える ・ 面詰 ・ 痛棒を食らわす ・ 難(を△付ける[打つ]) ・ 小言 ・ 弾劾 ・ やり玉に挙げる ・ 問い詰める ・ 物言い(△がつく[をつける]) ・ 非を打つ ・ 見とがめる ・ 面当て(に皮肉を言う) ・ 駁撃 ・ つまはじき(にする) ・ 苦情 ・ 弁難 ・ 否定的指摘 ・ けちをつける ・ 責任を問う ・ (厳しく)追及(する) ・ 異議を申し立てる ・ やかましく言い立てる ・ 嫌み ・ 糾弾 ・ (証拠のない)言いがかり(をつける) ・ 指弾 ・ なじる ・ 非難 ・ 真相を明らかにする ・ 揚げ足を取る ・ 論難 ・ とっちめる ・ 文句(を言う) ・ 難詰 ・ (弾雨を)そそぎ込まれる ・ 数多く(寄せられる) ・ (質問が)集中(する) ・ 雨のように降り注ぐ ・ 激しく(降り注ぐ) ・ 蜂の巣 ・ 連続(的な)(攻撃) ・ (批判の)集中砲火(を浴びせる) ・ 絶え間なく(続く) ・ (群衆から)嵐のような(拍手)(が沸き起こる) ・ (誹謗中傷の)嵐 ・ いつまでも(続く) ・ (弾丸が)雨あられ(と飛んでくる) ・ (縁談が)降るほど(ある) ・ 弾雨(となって降り注ぐ) ・ やむことなく(続く) ・ (非難の声に)さらされる ・ (弾丸)雨飛 ・ (弾丸の)シャワー(を浴びる) ・ (非難を)被る ・ 村八分にされる ・ (人まで)恥をさらす ・ 罵声を浴びる ・ 恨みを買う ・ (世間の)ひんしゅくを買う ・ (批判の)(矢面に)立たされる ・ 非難される ・ (ぬれぎぬを)着せられる ・ 反感を買う ・ 批判を買う ・ 厳しい視線にさらされる ・ (怠慢の)そしりを免れない ・ 心ない言葉を投げつけられる ・ 後ろ指をさされる ・ (批判を)受ける ・ 圧力にさらされる ・ (世間から)よく言われない ・ 冷たい目で見られる ・ 白眼視される ・ 白い眼で見られる ・ 悪意の目で見られる ・ つまはじき(にされる) ・ (世間の)指弾(を受ける) ・ 物笑いの種(にされる) ・ 非難を受ける
火だるま(になる)(未分類)火だるま(になる)(未分類)  プレッシャー ・ 思いをためる ・ 心理的に追い込まれる ・ 悲壮な ・ 頑なになる ・ ストレスを受ける ・ 肩肘張って ・ 覚悟を決める ・ ひとりでため込む ・ 重圧を感じる ・ やむにやまれず ・ 煮詰まる ・ 必死の思いで ・ 身動きできない ・ 圧力を受ける ・ 戦時下 ・ 重大な局面 ・ 絶滅寸前 ・ 脅威を受ける ・ 揺れている ・ 死活問題 ・ 大揺れする ・ 破綻の縁にある ・ 重体 ・ 不気味な地鳴り ・ 危急 ・ 不確実性 ・ 危地 ・ 憂慮すべき状況 ・ 一触即発 ・ 壁にぶつかる ・ 窮境 ・ 抜き差しならない ・ 出口なし ・ 苦境 ・ 難局 ・ 角番 ・ 追い込まれる ・ もがく ・ 混乱 ・ 火だるま ・ 先行き不透明 ・ レームダック状態 ・ 紛糾 ・ 空転 ・ 危機 ・ 王手がかかる ・ 後がない ・ 窮地に立つ ・ 崖っぷちに立たされる ・ 大ピンチ ・ だるま大師 ・ 片目だるま ・ 暴走 ・ 救いようがない ・ 手が付けられない ・ 万事休す ・ 手遅れ ・ どうしようもない ・ 脈はない ・ 手の施しようがない ・ 生き惑う ・ いらいらする ・ 憔悴する ・ 一途に思う ・ にっちもさっちもいかない ・ 切羽詰まる ・ 孤立感が増す ・ 思い余る ・ 悲壮感を漂わす ・ 惑いの心 ・ ~を前に呻る ・ ギリギリの状態 ・ 苦労性 ・ とつおいつする ・ しょい込む ・ 思い詰める思い悩む ・ 堂々めぐりする ・ ドツボにはまる ・ 出口が見つからない ・ 命脈が尽きる ・ 追い込まれた末 ・ 重圧がかかる ・ 逡巡する ・ 思い煩う ・ 閉塞感に悩む ・ せっぱ詰まる ・ 死を考える ・ プレッシャーがかかる ・ 気持ちをもてあます ・ 焦燥感がつのる ・ ああ思いこう思いして ・ 胸を痛める ・ 心身をすり減らす ・ やって行けない ・ ただならない様子 ・ 視野狭窄的 ・ 崖っぷち ・ 火の中 ・ 炎上中 ・ 窮地 ・ 借り ・ 借り入れ金 ・ 必死の形相で ・ 押しつぶされそう ・ 屠所の羊のように ・ 切迫感がつのる ・ 恐慌状態に陥る ・ 頭がおかしくなりそう ・ ひたぶるな思い ・ 切羽詰まって ・ 褪せる ・ 身動きとれない ・ 悲壮感が漂う ・ 自分を追い詰める ・ 苦渋 ・ 存亡にかかわる ・ 国家的危機 ・ 大難 ・ 危胎 ・ 危局 ・ 死に体 ・ ダッチロールを始める ・ 存続にかかわる危機 ・ 非常事態 ・ 瀬戸際 ・ 国難 ・ ヨレヨレ ・ 非常時 ・ 難局下 ・ 激動する ・ 逆境 ・ 苦戦 ・ のっぴきならない ・ 行き詰まり ・ 苦しい立場 ・ 動きが取れない ・ 道筋が見えない ・ 迷走状態 ・ 不安定 ・ 混迷 ・ 五里霧中 ・ 嵐の真っ只中 ・ もつれ ・ 泥沼 ・ 無秩序 ・ 進退きわまる ・ 行く手を阻まれる ・ 絶体絶命 ・ 屠所の羊 ・ 雪だるま ・ 起き上がり小法師だるま ・ なすすべがない ・ なすところを失う ・ 何もできない ・ 手のつけようがない ・ コントロール不能 ・ 見放す ・ 処置なし ・ さじを投げる ・ いかんともしがたい ・ いき迷う ・ やり場のない ・ 行き詰まりを感じる ・ ああでもないこうでもないと ・ 小さい胸を痛める ・ 考え込む ・ 立ち行かない ・ 思いあぐねる ・ くよくよする ・ ストレスが高まる ・ アイデアが浮かばない ・ 内向する ・ 普通でない心理状態 ・ 気持ちが煮詰まる ・ お手上げ ・ 逃れられない ・ いらだつ ・ せつない気持ち ・ 全てを失う ・ 心配性 ・ 気に病む ・ 思い込む ・ 思い迷う ・ 限界に達する ・ こてんぱん火だるま ・ 炎の中 ・ 融資 ・ 借金 ・ デスダンス ・ 火だるまになる ・ 火ダルマ ・ 火達磨 ・ 火ダルマになる ・ 火達磨になる
キーワードをランダムでピックアップ
当代養生熊公八公たんまりここ兄たり難く弟たり難し片寄せる完結上製非売品薄刃成長期血色がよくない楽観できる鬼の顔で迫る生命の神秘集熱リトマス紙を青に変える勝ち残り戦神経を落ち着ける
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (家計が)火だるま(状態)財産が少なくて生活が苦しい(貧乏びんぼう
  2. 火だるまたま
  3. 火だるま火災かさい
  4. 火だるまよく燃える
  5. 火だるま(になる)批判が集中する
  6. 火だるま(になる)(未分類)