表示領域を拡大する
(思いが)後を引くの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(三年前の事故が)後を引く何かが終わっても、その気配や影響があとに残る(三年前の事故が)後を引く何かが終わっても、その気配や影響があとに残る  後々まで(響く) ・ 余韻(を残す) ・ 根に持つ ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ 余情(を味わう) ・ (過去を)引きずる ・ 去らない ・ (光の)残像 ・ 消えない ・ 名残 ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ 揺り戻し ・ (状態が)停滞(する) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ (前時代の)尻尾(△が残る[を引きずる]) ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ (親の)余光をこうむる ・ (影響を)後に残す ・ (悪習が)存続(する) ・ 余熱が残る ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (正月気分が)抜けない ・ 問題が残る ・ 尾を引く ・ (ある出来事の)残響 ・ 遺制 ・ (余震が)続く ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ (不況が)長引く ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (ずっと)後まで続く ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ 波紋 ・ 余波 ・ 余熱 ・ ほてり ・ ほとぼり ・ 潜熱 ・ (鐘の音が)(しばらく)響く ・ (鐘の)響き ・ (余韻)嫋々じょうじょう(として尽きず) ・ 余韻 ・ 残響 ・ 響く ・  ・ 殷々 ・ とどろく ・ とどろかせる ・ とどろき ・ とどろき渡る ・ 響き渡る ・ 音響 ・ 轟然ごうぜん(たる大音響) ・ 響動く ・ 響動す ・ 鳴り渡る ・ 鳴り響く ・ 響動む ・ 高鳴る ・ 響かせる ・ 轟々 ・ 響動き ・ 響き ・ うなる ・ 後口 ・ 後味 ・ 弾み ・ 惰性 ・ 余勢 ・ 惰力 ・ 慣性(の法則) ・ 回転力 ・ モメンタム ・ 慣性 ・ 余威 ・ (疑いが)晴れない ・ 禍根(を残す) ・ 思い切れない ・ 納得できない ・ 心の奥に消えずに残る ・ 後味が悪い ・ 後腐れ(がない) ・ 割り切れなさが残る ・ 疑わしい ・ 悶々(とする) ・ もやもや(する) ・ なお続く ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ (懸念が)去らない ・ 未消化(のまま) ・ じくじたる思い ・ 後味の悪い ・ すっきりしない ・ (不安が)(頭から)離れない ・ (まだ)腑に落ちない ・ 未解決のまま ・ (感情的)しこり(△が残る[を残す]) ・ 釈然としない ・ すっきりしない(胸中) ・ 長引く ・ (過去の恋愛を)引きずる ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ (心の傷が)癒えない ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼よじんがくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ 悪影響(が残る) ・ (不信感が)消えない ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ ほとぼりが冷めない ・ わだかまる ・ (心の)整理がつかない ・ 癒えない(心の傷) ・ 心理的な影響(が残る) ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ (台風の)爪あと(が残る) ・ (戦争の)傷あと(を残す) ・ (思いが)後を引く ・ 火種(が残る) ・ (気持ちが)晴れない ・ 心残り(がある) ・ うっ屈(する) ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ 思いを残す ・ 未練(が残る) ・ 未練を残す ・ 憂うつ ・ うつうつ(とする) ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 発散しきれない ・ 屈折した(感情) ・ 返す返す残念 ・ 諦めきれない ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ 燃焼しきれない ・ 癖がない ・ (胃が)もたれない ・ 胃もたれしない ・ 後味(がいい) ・ さっぱり(した)(味) ・ (後口が)すっきり(する) ・ 口当たりがいい ・ (味に)嫌味がない ・ 淡泊(な味) ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ (後遺症が)後を引く ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ さっぱりしない ・ (思い出すと)気分が悪い ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ (気分が)晴れない ・ 気まずい(思い) ・ 苦い(結果) ・ 自己嫌悪(する) ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ じくじたる(思い) ・ 割り切れない(思い) ・ ほろ苦い(思い) ・ (△伝統[精神]が)生きている ・ (天皇の)系譜(に連なる) ・ (~に)連なる ・ 存続する ・ (師の)精神を継承する(弟子) ・ (ものづくりの)(精神が)脈打つ ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ (師匠)譲り(の芸) ・ (先人に)追随(する) ・ (△文化[思想]を)受け継ぐ ・ (代々)受け継がれてる ・ 続ける ・ (技能を)伝承する ・ (△伝統[精神]が未来に)引き継がれる ・ (古くから)脈々と(伝わる風習) ・ 脈々(と)(生きている) ・ (先例を)踏襲(する) ・ (時代を超えて)(暮らしの中に)息づいている ・ 維持する ・ (美風が)維持される ・ (現代に)息づく(古典) ・ (先人の)夢をつなぐ ・ (象徴派の)流れをくむ ・ (師の)衣鉢を継ぐ ・ 生き残る ・ 命脈を保つ ・ 命をつなぐ ・ (武道の奥義を)師承(する) ・ (伝統として)生きる ・ (いにしえの技を)後世に伝えるべく(努める) ・ (先人の教えはなお)有効である ・ 生き続ける ・ 伝統を継ぐ ・ 生き延びる ・ (伝統を)守っていく ・ 勝利の美酒に酔う ・ 余剰を味わう ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ 興奮冷めやらぬ ・ 過ぎる ・ 残余 ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ 余す ・  ・ 剰余 ・ 立錐の余地 ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 氾濫はんらん(している) ・ 飽和(状態) ・ だぶつく ・ 残る ・ 余地 ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ 余裕(がある) ・ 乱立(する) ・ 不必要なほど(の広さ) ・ 以上 ・ 浜の真砂まさごは尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ ・ 多い ・ 湯水のように(使う) ・ 余白 ・ (供給)過多 ・ ありすぎる ・ 余計 ・ 残り ・ 多すぎる ・ 余り ・ 過剰(な供給) ・ 有り余る ・ 余剰 ・ はみ出す ・ はみ出る ・ (暇を)持て余す ・ 必要以上(にある) ・ (粗製)濫造らんぞう ・ 余力がある ・ 掃いて捨てるほど ・ (にせものの)横行 ・ ゆとりがある ・  ・ 余分 ・ 有余 ・ 遊休(施設) ・ 余りある ・ 余る ・  ・ 後代 ・ (それ)以降 ・ 以来 ・ 晩発性(の症状) ・ 病後 ・ 結果 ・ 将来 ・ その時より後 ・ 次代 ・ 後世の(人々) ・ 後嗣(の代) ・ 爾後 ・ 爾来 ・ アフター(△サービス[ファイブ]) ・ これまで ・ 後年 ・ (ある時より)遅い ・ 事後(に) ・ (△終戦[事件])直後 ・ その ・ そののち ・  ・ あとになって ・ のちになって ・ (生まれて)このかた ・ 後日談 ・ 次期 ・ 後期 ・ 今まで ・ (それ)以後 ・ 朝来 ・ しばらくして ・ 追って ・ 続いて ・ 夜来(の雨) ・ (十年の歳月を)経て ・ 後日 ・ (三時間)後 ・ あげく ・ 先日来 ・ 後(になって) ・ 時代が下る ・ (それから)先 ・ 以往 ・ 残っている ・ なくならない ・  ・ 消え残る ・ 取り残す ・ 燃え残る ・ 浮く ・ 焼け残る ・ 残す ・ 余蘊 ・ 残存 ・ 売れ残る ・ 残部 ・ 残留 ・ 書き残す ・ 途中でやめる ・ し残す ・ 剰員 ・ (お)こぼれ ・ 差し置いて ・ 忘れ去られる ・ (貨車を)切り離して(進む) ・ (山中に子供を)置き去る ・ (死体を)遺棄(する) ・ 見捨てる ・ (道ばたに)放置(する) ・ 目を背ける ・ (生徒を)見放す ・ (脱落者を)顧みない ・ 残して去る ・ (一人)残す ・ (無責任に)逃げる ・ 置き去り(にする) ・ 水をあける ・ ほったらかし(にする) ・ (後に)残す ・ 去る ・ 先に行く ・ 置いていく ・ 無視(する) ・ 見殺し(にする) ・ 置いてけぼり(にする) ・ うば捨て(山) ・ (自分だけ)先に行く ・ 余党 ・ 残党 ・ 余類 ・  ・  ・ 木灰 ・ 吸い殻 ・ 死の灰 ・ 灰燼 ・ 燃え残り ・ 燃えた後の残りかす ・ 焚き落とし ・ 焚き殻 ・ 藁灰 ・ 燃え殻 ・ 燃え差し ・ 余燼 ・ がら ・ 灰神楽 ・ 
(このクラッカーは食べ出すと)後を引く味がいい(このクラッカーは食べ出すと)後を引く味がいい  (何ともいえない)滋味じみ ・ 極うま(△レシピ[キムチ]) ・ (△なかなか[意外と])いける(味) ・ やめられない、とまらない(かっぱえびせん) ・ 贅沢なおいしさ ・ 美味 ・ 美味なる(料理) ・ 悦楽(にひたる) ・ 喜び ・ 魔力的な味 ・ 口(の)法楽 ・ (山海の)珍味 ・ 芳醇ほうじゅん(なワイン) ・ 極上の味 ・ 甘露 ・ 甘露甘露 ・ 餌付けされる ・ (酒のおつまみに)ぴったりの味付け ・ 脂がのった(ブリ) ・ (飯が)うまい ・ まったりした(味) ・ 味がいい ・ 絶品 ・ (秋の)味覚 ・ 舌でとろける ・ 舌触りがいい ・ (肉汁が)じゅわっと広がる ・ (じゅわっと)だしがあふれ出す ・ のどを鳴らす(飲む) ・ (珍味)佳肴かこう ・ ジューシー(なフルーツ) ・ ほどよい(甘み) ・ 口に合う ・ 快楽 ・ 至福の味わい ・ 口当たりがいい ・ おいしい ・ 最後の晩餐に食べたい ・ (あっさり味で)食が進む ・ 味わいのある(焼き菓子) ・ 食欲が増す ・ 捨てがたい味 ・ ごちそう ・ ほどよい(味加減) ・ (素朴で)風味のいい(食パン) ・ (ふくよかな味わいが)舌を楽しませる ・ 賞味(期間) ・ 風味絶佳 ・ 口福(を△感じる[得る]) ・ (郷土料理を)堪能(する) ・ (海の幸を)満喫(する) ・ おつな味 ・ 食べ終わりたくない(うまさ) ・ (地元で)一番の味 ・ 味に定評がある(洋食屋) ・ 味付けが上手 ・ 顎が落ちそう ・ 醍醐味 ・ ほっぺ(た)が落ちる ・ ほほが落ちそう ・ 番茶も出花 ・ 入れたて(のコーヒー) ・ 挽きたて(の味) ・ 出来たて(の料理) ・ ぜいたくな味 ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ まろやか(な味) ・ 円熟(した味わい) ・ コクがある ・ 料亭の味 ・ 箸が進む ・ 箸が止まらない ・ 次から次へと手が伸びる ・ 飲みやすい(青汁) ・ 格別な味 ・ 甘美 ・ 舌鼓を打つ ・ すばらしい ・ 中毒になる ・ 中毒性が高い ・ (美酒)美肴 ・ 甘味 ・ 温かい(料理) ・ 小味(のきいた) ・ 旬の味 ・ いい味(が出ている) ・ ほどよく調理された(最高の素材) ・ 佳肴かこう ・ 晩餐 ・ 美酒美肴びしゅかこう ・ (大)好物 ・ 上酒 ・ 新酒 ・ 美酒 ・ 銘酒 ・ うま酒 ・ 小味のきいた ・ 深い味わい ・ (コーヒーの)コク ・ コク(がある) ・ 深い味 ・ 複雑 ・ 濃厚 ・ 味に深みがある ・ (味に)嫌味がない ・ 淡泊(な味) ・ さっぱり(した)(味) ・ (胃が)もたれない ・ 胃もたれしない ・ 癖がない ・ 後味(がいい) ・ (後口が)すっきり(する) ・ 脂がのる ・ 旨そう(な魚) ・ こってり(した味) ・ とろりと甘い(甘えび) ・ 旬(の魚) ・ 秋さば(は嫁に食わすな) ・ 大トロ ・ おいしそう(な肉) ・ 出盛り(の本マグロ) ・ (まるまると)太る ・ まるまると太った(秋鮭) ・ 舌なめずり(する) ・ (見るからに)おいしそう ・ よだれが出る ・ 味覚をそそる ・ 馥郁ふくいく(たる香り) ・ 早く食べたくてしかたがない ・ (ごちそうを前に)のどが鳴る ・ 五味 ・ 甘み ・ 味気 ・ 味付け ・ 風味 ・ フレーバー ・ テイスト ・ 香味 ・ うまさ ・ 味加減 ・ あんばい ・ さじ加減 ・  ・ うまみ ・ 酸味 ・ 味わい ・ 苦み ・ おいしさ ・ 塩味 ・ 塩加減
(思いが)後を引く物事がすんだあとでも気分がすっきりしない(思いが)後を引く物事がすんだあとでも気分がすっきりしない  尾を引く ・  ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ 火種(が残る) ・ 未消化(のまま) ・ 思い切れない ・ (心の)整理がつかない ・ (疑いが)晴れない ・ 未解決のまま ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ 後味の悪い ・ もやもや(する) ・ 疑わしい ・ (心の傷が)癒えない ・ なお続く ・ 割り切れなさが残る ・ (不信感が)消えない ・ じくじたる思い ・ (過去の恋愛を)引きずる ・ (台風の)爪あと(が残る) ・ (戦争の)傷あと(を残す) ・ ほとぼりが冷めない ・ 後腐れ(がない) ・ すっきりしない(胸中) ・ 納得できない ・ 悶々(とする) ・ 釈然としない ・ すっきりしない ・ 心の奥に消えずに残る ・ 後味が悪い ・ (まだ)腑に落ちない ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ (懸念が)去らない ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ わだかまる ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼よじんがくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ 長引く ・ 悪影響(が残る) ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ (感情的)しこり(△が残る[を残す]) ・ (不安が)(頭から)離れない ・ 心理的な影響(が残る) ・ 癒えない(心の傷) ・ 禍根(を残す) ・ メランコリー(な気分) ・ (気持ちが)よどむ ・ 気うつ(が続く) ・ いらいら(する) ・ いらだつ ・ いらだち ・ 気分が晴れない ・ 気持ちが晴れない ・ (心が)晴れない ・ 晴れ晴れしない ・ スカッとしない ・ 荒涼とした(精神世界) ・ うっ屈(△する[した心情]) ・ 楽しめない ・ (気持ちの)わだかまり ・ 眉間にしわを寄せて(座り込む) ・ 鬱積(する) ・ 心が沈む ・ 俗念(を払う) ・ (気が)めいる ・ 息苦しい(気分) ・ 息がつまる ・ (不安に)息を詰まらせる ・ 癇が立っている ・ うっぷん ・ (心が)屈する ・ 塞ぎ込む ・ 気塞ぎ ・ (気持ちが)ふさ ・ 気が滅入る ・ 胸のあたりが重たい ・ 腹ふくるる(思い) ・ 何かを溜め込んだ(顔) ・ 浮かない顔(をする) ・ 面白くない(気分) ・ 大儀 ・ 灰色(の気分) ・ (△不満[憤り]を)かかえる ・ (心中)穏やかでない ・ (胸の内が)もやもや(する) ・ (思いが)屈折(する) ・ 屈折した(感情) ・ 重苦しい(気分) ・ 複雑な(胸の内) ・ (嫌なことばかりで)むしゃくしゃ(する) ・ 欲求不満 ・ (気分が)塞ぐ ・ フラストレーション(がたまる) ・ (精神的に)参る ・ やるせない(思い) ・ (不満が)たまる ・ 思い沈む ・ (気分が)くしゃくしゃ(する) ・ (△気持ち[不満]が)くすぶる ・ 憂うつ ・ せいせいしない ・ やりきれない(思い) ・ 飽き足りない(ものを感じる) ・ 沈鬱 ・ 億劫 ・ 陰々滅々 ・ (期待を)重荷に感じる ・ (気持ちが)どよん(とする) ・ センチメンタル(な気分) ・ 憂さ ・ 憂悶 ・ 抑うつ(状態) ・ 不定愁訴 ・ 気になる ・ 気にかかる ・ 不透明な気分 ・ うつ念 ・ 気が進まない ・ 気分がよくない ・ 物憂い ・ (絶望に)とらえられる ・ 沈む ・ 辛気 ・ ストレスを感じる ・ いい気分ではない ・ (気が)重い ・ 煩累 ・ どんより(とした気分) ・ うつ(状態) ・ (悩みを)かかえ込む ・ 暗い(気分) ・ 陰うつ ・ 心がおさまらない ・ うっとうしい(気分) ・ (不満を)ため込む ・ くさくさ(する) ・ 満たされない(気持ち) ・ 屈託(を抱える) ・  ・ うつうつ(と)(する) ・ ダーク(な気分) ・ (素直に)喜べない ・ 重たい ・ 暗澹あんたん(とする) ・ 気持ちが塞ぐ ・ なんだかなぁ ・ 煩(に堪えない) ・ くよくよ ・ 暗うつ ・ (気持ちが)わだかまる ・ 憂いに沈む ・ 気重きおも(な毎日) ・ (胸の内の)気重さ ・ (気持ちが)沈む ・ 鬱然 ・ △心[気持ち]が弾まない ・ ローテンション ・ いらだたしい(思い) ・ (憎しみが)(内に)籠もる ・ (不満)しきり ・ 憤懣やるかたない ・ (気持ちの)解決がつかない ・ (怒りが)膨らむ ・ (怒りが)膨れ上がる ・ (両者の間に)しこりが残る ・ (不満が)しこる ・ 言いたいことがいっぱいある ・ 内向する ・ 心が休まらない ・ (怒りが)くすぶる ・ やり場のない(気持ち) ・ やるせない ・ (重い気分が)とぐろを巻く ・ (怒りの感情が)渦巻く ・ (怒りが)冷めやらない ・ 勝利の美酒に酔う ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ 余剰を味わう ・ 興奮冷めやらぬ ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (過去を)引きずる ・ 余韻(を残す) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ 名残 ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ (悪習が)存続(する) ・ 後々まで(響く) ・ (光の)残像 ・ (不況が)長引く ・ 余情(を味わう) ・ (正月気分が)抜けない ・ (親の)余光をこうむる ・ 遺制 ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 消えない ・ 根に持つ ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (ある出来事の)残響 ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ 揺り戻し ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (余震が)続く ・ 問題が残る ・ 去らない ・ (ずっと)後まで続く ・ (影響を)後に残す ・ 余熱が残る ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ (状態が)停滞(する) ・ 汚い ・ 腹が立つ ・ (思い出しても)腹立たしい(思い) ・ (言い方が)神経を逆なでする ・ 不快感(を持つ) ・ 暗い(ニュース) ・ 不道徳的 ・ 臭い(演技) ・ いや(な気分) ・ 敵意(を抱く) ・ 歯が浮く(ようなセリフ) ・ 卑しい ・ 耳にたこができる ・ まがまがしい(絵柄) ・ 吐き気がする ・ 難色を示す ・ 感じが悪い ・ (人の目が)うっとうしい ・ 怖い(事件) ・ おぞましい ・ 不愉快(に感じる) ・ 気障り ・ (話し方が)鼻につく ・ (うるさくて)やりきれない ・ 震えがする ・ 虫酸が走る ・ 忌むべき ・ かんにさわる ・ かんが高ぶる ・ 嫌悪(△感[を催す]) ・ 厭わしい ・ ヘドが出る ・ 醜い ・ (素っ気ない態度が)(どうも)気になる ・ (咀嚼の音が)(ひどく)気になる ・ 悪感情 ・ おぞましい(光景) ・ 聞き苦しい(中傷) ・ (思い出すだけでも)胸が悪くなる ・ ストレス(を感じる) ・ 苦い(気分) ・ (見てると)悪寒(がする) ・ 薄ら寒い ・ うそ寒い ・ 寒々しい(光景) ・ 忌まわしい(記憶) ・ 散々(な思い)(ををする) ・ 喜べない ・ けがれている ・ けがらわしい ・ 気持ちが悪い ・ あさましい(根性) ・ 見苦しい ・ よく思わない ・ 背徳(的)(行為) ・ 受け入れられにくい ・ 悪感 ・ 刺激的(な光) ・ 苦々しい(思い) ・ 不満 ・ 鳥肌(が立つ) ・ 心外(な思い) ・ まとい付く ・ いらっとする ・ 気疎い ・ ぞっとする ・ いい気がしない ・ いい気はしない ・ 気分のいいものではない ・ 気分が悪い ・ 気分が悪くなる ・ 反感(を持つ) ・ 鼻持ちならない ・ ひどい ・ (のどに)違和感(がある) ・ 許しがたい ・ 卑劣(な手段) ・ ダーティー(な事件) ・ ひんしゅくを買う ・ 気分を悪くする ・ 心穏やかでない ・ 愉快でない ・ 不快(に思う) ・ (胸が)むかつく ・ 面白くない(△胸の内[気分])
(残念な思いが)後を引く諦めきれない(残念な思いが)後を引く諦めきれない  未練たっぷり ・ 消えない(思い) ・ 潔くない ・ 潔さがない ・ 気持ちの持って行き場がない ・ 強がり(を言う) ・ 負け惜しみ(を言う) ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ (いかにも)見苦しい ・ 無駄な抵抗 ・ 粘る ・ 恨めしそう(な顔) ・ 往生際が悪い ・ 未練を残す ・ (任期が切れてもトップの座に)居座る ・ 残念 ・ (勝負に負けて)ふてくされる ・ (過去に)執着する ・ 負けを認めない ・ (意味なく)あがく ・ やせ犬の遠吠え ・ (彼女を)思い切れない ・ 思い切りが悪い ・ 未練がましい ・ 未練がましく ・ 躊躇(する) ・ 恨めしい(気持ち) ・ 無念(の思い) ・ 泣きの涙で(手放す) ・ 男らしくない ・ 泣く泣く(諦める) ・ 悪あがき(する) ・ 気持ちが割り切れない ・ (いつまでも)うじうじ(する) ・ いじいじ(と思い悩む) ・ 思いを残す ・ 諦めない ・ 諦めきれない ・ 諦めが悪い ・ 諦めがつかない ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ いじましい ・ (態度が)見苦しい ・ 断腸の思い(で断念する) ・ 未練たらしい ・ 未練たらしく ・ 未練のこもった(顔) ・ しつこい ・ (万策尽きても)じたばた(する) ・ (体面に)こだわって(訂正しない) ・ (ぶすぶすと思いが)くすぶる ・ 醜い ・ 泣く泣く(別れる) ・ 我執むき出し(の態度) ・ (いつまで経っても)ぐずぐず(と)(駄々をこねる) ・ 女々しい(態度) ・ 女々しく ・ (△地位[金銭]に)恋着(する) ・ (地位に)恋々(とする) ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ 忘れられない ・ 忘れかねる ・ プライドがない ・ (自分を)抑制できない ・ 責任逃れ(の言動) ・ (態度が)素直でない ・ (死者の)怨念 ・ 泣くに泣けない(結果) ・ 身を切られる(ような)(思い) ・ 心の置き所がない ・ ごまめの歯ぎしり ・ (大臣の椅子に)しがみつく ・ 女々しい ・ 吝嗇 ・ (出し方が)ケチくさい ・ (△出費[金]を)惜しむ ・ 心が貧しい ・ 小出し(にする) ・ 財布のひもが固い ・ もったいぶる ・ けつの穴が小さい ・ 出し渋る ・ しみったれ ・ 身を縮めた(暮らし) ・ 惜しそう(に出す) ・ 倹約家 ・ 吝ん坊 ・ (精神の)貧しい ・ 貧乏くさい ・ 庶民派 ・ 金払いが悪い ・ 人間が小さい ・ こすい ・ しわい ・ (金払いが)渋い ・ 惜しみ惜しみ(使う) ・ 締まり屋 ・ 握り屋 ・ 物惜しみ(する) ・ がめつい ・ 未練がましい(支払いを)ケチる ・ 意気地なし ・ お金に細かい ・ ケチ ・ けちん坊 ・ 惜しがる ・ やぶさか ・ 他の人におごらせる ・ 出し惜しみ(する) ・ けちけち(している) ・ 気難しい(性格) ・ 初志貫徹 ・ 硬骨 ・ 頭が固い ・ (初志を)貫徹(する) ・ 意地(を張る) ・ 意地っぱり ・ (正直)一本(△の人間[に生きる]) ・ おのれの美学に忠実 ・ 自分を貫く(生き方) ・ 利かん気 ・ (△忠言[反対の声]を)振り切る ・ (正論を)振り払う ・ あくまで(も)(反対する) ・ (△自分の考え[わがまま]を)押し通す ・ (自説を)押し通そうとする ・ 頑迷 ・ (△言い出したら[忠告を])聞かない ・ 聞き入れない ・ 聞く耳を持たない ・ 多数派に惑わされない ・ 突き進む ・ (△世間[世の中]を)押し渡る(タイプ) ・ 気骨稜々 ・ 強引(に進める) ・ 豪気 ・ ひたすら ・ 頑張る ・ 頑張り通す ・ 自己都合優先 ・ 融通が利かない ・ 直情径行 ・ 強情(を張る) ・ 強情っぱり ・ (自説を)毫も曲げない ・ 一直線(に)(突き)(進む) ・ 一面的(な考え方) ・ 敵対心(を抱く) ・ 意志的(な態度) ・ 意志の強い(女性) ・ 意志が固い ・ (強気)一方 ・ 片意地 ・ 棒を飲んだような(頑迷さ) ・ 愚直(な人) ・ 我意(を通す) ・ くじけない ・ こちこち ・ 我が強い ・ 自我が強い ・ 石頭 ・ (△主張[態度]を)貫く ・ 意地を貫く ・ 初志を貫く ・ (愛国心に)徹する ・ ひねくれ(じじい) ・ 自己主張が強い ・ 因業(おやじ) ・ 一本気 ・ 意地尽く ・ (勝負の)鬼 ・ (信念を)貫き通す ・ (誰にも)文句を言わせない ・ 頑固一徹 ・ 一徹(者) ・ エゴ(丸出し) ・ 妥協を許さない ・ (古い価値観に)凝り固まる ・ しぶとい ・ (反対)一本槍(の姿勢) ・ ごりごり(の共産主義者) ・ ガチガチ(の△頭[守銭奴]) ・ 因循(な性格) ・ 頑愚 ・ 固定観念にとらわれる ・ (~)一辺倒 ・ つむじ曲がり ・ つむじを曲げる ・ 虫の一念 ・ (反対意見を)押し切る ・ (組合運動の)闘士 ・ 横紙破り ・ (やりたくないの)一点張り ・ タフ(な交渉相手) ・ (一方向に)限定される ・ 突っ張る ・ 突っ張り通す ・ 引っ込みがつかない ・ 骨張る ・ 旧弊 ・ いちず(に思い込む) ・ したたか ・ (旧慣を)守株しゅしゅ(する) ・ 粘り強い ・ 考えが狭い ・ (いつも)同じ ・ うぬぼれる ・ 職人かたぎ ・ 昔かたぎ ・ (考えを)維持(する) ・ 情強じょうごわ ・ 情がこわ ・ 確固(たる信念) ・ へそ曲がり ・ へそを曲げる ・ 気骨 ・ 骨っぽい(若者) ・ 横車(を押す) ・ メンツ(にこだわる) ・ 抵抗を排して(意志を貫徹) ・ (反対意見を)ねじ伏せる ・ ごねる ・ 執念(に取りつかれる) ・ △立場[態度]を崩さない ・ (自論に)固執(する) ・ 気位が高い ・ (異論を)受け入れない ・ 思いを実現する ・ 自信家 ・ 硬骨漢 ・ 俺流(を貫く) ・ 自分の世界を持っている ・ 鉄(の女) ・ 屈しない ・ 固定的 ・ 剛直(な男) ・ 断固(として)(拒む) ・ (こけの)一念 ・ こけの一心 ・ (問題解決に)豪腕を振るう ・ 狷介 ・ 公平でない(見方) ・ 負けず嫌い ・ 我執にとらわれる ・ 一刻(△者[な老人]) ・ わがまま ・ プライドが高い ・ 体面にこだわる ・ (自分を)押し通す ・ (他人の意見に)耳を貸さない ・ 剛愎 ・ (態度を)堅持(する) ・ 信念(を守る) ・ (自分を)守り通す ・ 偏屈(者) ・ すねる ・ てこでも動かない ・ (△一切[一歩も/主張を])譲らない ・ 脇目も振らず(に) ・ (ラーメン)ひと筋(の有名店) ・ 無理押し(する) ・ (△圧力[反対論]に)負けない ・ 偏狭(的)(な考え方) ・ (スタイルを)変えない ・ 態度に一貫性がある ・ (強気)一貫 ・ 抗弁(する) ・ 言い張る ・ 妥協しない ・ 非妥協的(態度) ・ (ある考えに)徹底する ・ 朴念仁 ・ (気持ちは)揺るがない ・  ・ (その事)だけを(押し通す) ・ 何によらず(反対だ) ・ を通す ・ を張る ・ 意固地 ・ 依怙地いこじ(を通す) ・ 依怙地えこじ ・ ごり押し(する) ・ 剛毅 ・ (△主張[言うこと]が)ぶれない ・ ぶれない(姿勢) ・ 筋が通る ・ 筋を通す ・ 筋を曲げない ・ 思い込んだら百年目 ・ 不屈(の魂) ・ (△無理[自分の意見]を)通す ・ 情っ張り ・ 独善的 ・ 分からず屋 ・ 筋金入り(の活動家) ・ (自説に)偏執(する) ・ 反抗的(態度) ・ (自分を)曲げない ・ 自説を曲げない ・ 態度を変えない ・ 考えを変えない ・ (周囲に)媚びない ・ おもねらない ・ 鼻っ柱が強い ・ 鼻っぱしが強い ・ 意地になる ・ 芯が強い ・ 固陋 ・ 意地を通す ・ (申し入れを)突っぱねる ・ 硬直的(な△態度[考え方]) ・ 節を曲げない ・ 考え方が偏る ・ 意気地いきじ(を立てる) ・ こだわり続ける ・  ・ 利己的 ・ かたくな(な△性格[態度]) ・ 頑として(△承知しない[聞かない]) ・ (意地を)立て通す ・ (節を)曲げない ・ (それは違うと)(主張する)ばかり ・ (自分の言動は正しいと信じる)確信犯 ・ 頑固(△者[に守る/親父]) ・ (一歩も)引かない ・ 自信 ・ 固い信念(を持つ) ・ 信念の強い(人) ・ 反骨精神 ・ (反骨のための)反骨 ・ 意地のための意地 ・ ムキになる ・ 遅疑 ・ 腰が据わらない ・ ぐずぐず(する) ・ 逡巡(する) ・ 護身 ・ 狐疑 ・ 見合わせる ・ 後ずさり(する) ・ 後ろ髪を引かれる ・ (いつまでも)とつおいつ(する) ・ (いざとなると)ためらう ・ ためらい(を見せる) ・ 勇気が出ない ・ 難しい判断を迫られる ・ 踏ん切りがつかない ・ 右顧左眄うこさべん(の態度) ・ 左顧右眄さこうべん ・ 尻足を踏む ・ 尻込み(する) ・ 辟易 ・ (次の一歩を踏み出すには)勇気がいる ・ (協力を)渋る ・ おじけづく ・ 決心がつかない ・ 覚悟が足りない ・ 決断を先延ばし(にする) ・ 猶予(期間を置く) ・ 決断できない ・ 判断に迷う ・ (実行しないで)しばらく様子を見る ・ 二の足を踏む ・ 踏み出せない ・ うろたえる ・ (態度を)保留(する) ・ 決断するのが怖い ・ 物おじ(する) ・ ぐずつく ・ たゆたう ・ 及び腰(になる) ・ ひるむ ・ (内部に)葛藤(が生じる) ・ 後込む ・ たじろぐ ・ たじろぎを感じる ・ 後ろに下がる ・ 残り惜しい ・ 身を切られるような(思い)(で離別する) ・ 切ない(思い) ・ 離れがたい ・ 別れがたい ・ 泣き別れ(になる) ・ 名残惜しい ・ 悲しい(別離) ・ 去りがたい ・ 泣きの涙(で手放す) ・ 立ち去りがたい ・ 後朝きぬぎぬ(の別れ) ・ 未練が残る ・ 離愁 ・ つらい(別れ) ・ 牛の歩みも千里 ・ 牛の(ような)歩み(を続ける) ・ 投げ出さない ・ 逃げ出さない ・ (言い出したら)聞かない ・ (△失敗[逆風]にも)めげない ・ しつこく(言い寄る) ・ 挑戦あるのみ ・ 前進あるのみ ・ 硬直的(姿勢) ・ 我を張る ・ 手を抜かない ・ 為せば成る ・ 座して死を待つよりは、戦って死すべし ・ 座して死を待つよりは、出て活路を見出さん ・ 引き下がらない ・ 倦むことなく(続ける) ・ 気を強く持つ ・ 七転び八起き(の起業家) ・ (面子に)こだわる ・ ひたすら歩む ・ (言動が)しつこい ・ (苦しい時を)堪えぬく ・ ローマは一日にして成らず ・ 飽くなき(挑戦) ・ たゆまぬ努力 ・ 力をふりしぼる ・ 頑固(な職人) ・ へこたれない ・ 恐れ入らない ・ 力をゆるめない ・ (自分に)負けない ・ 努力を続ける ・ (瀬戸際で)ふんばる ・ (苦難から)はい上がる ・ 気を確かに持って(頑張る) ・ 千里(の道)を遠しとしない ・ 不遠千里 ・ 説得に従わない ・ 不屈(の△精神[歩み]) ・ 不撓不屈 ・ (一歩も)譲らない ・ タフ(な交渉) ・ (どれだけ失敗しても)懲りない ・ (鬼の)執念 ・ (簡単に)引かない ・ むざむざと(殺されはしない) ・ 鋼(の)メンタル ・ つまずくのは歩いている証拠 ・ 歩みを止めない ・ 非妥協的 ・ (説得に)応じない ・ 走り続ける ・ 意地を張る ・ 折れない ・ 挑み続ける ・ 戦い続ける ・ 引かない ・ 後に引かない ・ 後へ引かない ・ (一つの考え方に)凝り固まる ・ ひるまない ・ (悪天候を)ものともせず(出かける) ・ 健闘する ・ 執着(する) ・ (最後まで)持ちこたえる ・ ネバーギブアップ ・ 骨のある(若者) ・ 粘り強く(△説得する[進める]) ・ 燃焼しきれない ・ 返す返す残念 ・ 心残り(がある) ・ 未練(が残る) ・ うつうつ(とする) ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 後味の悪い ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ (不満が)くすぶる ・ うっ屈(する) ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ (気持ちが)晴れない ・ もやもや(する) ・ 屈折した(感情) ・ 発散しきれない ・ 憂うつ ・ 思い切れない ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ (不機嫌に)黙り込む ・ 恨む ・ 下唇を噛む ・ (やり尽くせなかったのが)心残り ・ 不愉快げ ・ 不愉快そう ・ くそ(、覚えてろ) ・ くそったれ(!) ・ 惜しい ・ 名残り惜しい ・ 惜しむらくは ・ 恨み ・ 地団駄を踏む ・ 志半ば(で)(倒れる) ・ あわや(ホームランかという当たり) ・ 歯がゆい ・ (内心)舌打ち(をする) ・ 歯ぎしり(する) ・ 歯噛み(する) ・ あたら(好機を逃した) ・ もったいない ・ 恨事 ・ じくじたる思い ・ 無念 ・ 遺憾 ・ 残り多い ・ あと一歩(というところで)(だめになる) ・ 悔しい ・ 悔しがる ・ 悔しそう ・ 悔しげ ・ 口惜しい ・ 苦虫を噛み潰したよう(な顔) ・ 恨めしい ・ 未練 ・ (自分が)ふがいない ・ 情けない思い ・ 恨むらくは ・ いまいましげ ・ いまいましそう ・ 悔し紛れ ・ 痛恨 ・ 返す返す(残念なことだ) ・ 心外 ・ 腹立たしそう ・ 腹立たしげ ・ 残念がる ・ 根に持つ
(後遺症が)後を引く物事の済んだあとに嫌な感じが残る(後味が悪い)(後遺症が)後を引く物事の済んだあとに嫌な感じが残る(後味が悪い)  ほろ苦い(思い) ・ 後味が悪い ・ (気分が)晴れない ・ 気まずい(思い) ・ 割り切れない(思い) ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ すっきりしない ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ 苦い(結果) ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ (思い出すと)気分が悪い ・ じくじたる(思い) ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ 自己嫌悪(する) ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ さっぱりしない ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ 痛恨 ・ 苦い思い(が残る) ・ 残念がる ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ うっかり(してしまう) ・ 何としたことをしてしまったのか ・ 悔い改める ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ 悔やむ ・ (あれは)痛恨事(であった) ・ 悔恨 ・ (前非を)悔いる ・ 嫌な思い ・ ほぞを噛む ・ 思い残す ・ 思いを残す ・ じくじたる思い ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ 自責の念 ・ 惜しむ ・ 慙愧 ・ 懺悔 ・ 古傷が痛む ・ 悔悟 ・ うなされながら過ごす ・ 悔い(を残す) ・ 悔いが残る ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ 不完全燃焼 ・ 悔やまれる ・ 後悔(△する[に震える]) ・ (失敗して)落ち込む ・ (無知であることが)恥ずかしい ・ 不満足 ・ (自分が)腹立たしい ・ 絶望(する) ・ つらい ・ 自己嫌悪(に陥る) ・ (自分の非力が)情けない ・ (世を)はかなむ ・ 後悔する ・ 散々(な思いをする) ・ 自分が情けない ・ (自分の無能さが)恨めしい ・ (自分の才能のなさを)恨めしく思う ・ 根に持つ ・ (ずっと)後まで続く ・ 遺制 ・ (悪習が)存続(する) ・ (過去を)引きずる ・ 消えない ・ 後々まで(響く) ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ 揺り戻し ・ (親の)余光をこうむる ・ (影響を)後に残す ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 名残 ・ 余韻(を残す) ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (三年前の事故が)後を引く ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ 尾を引く ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ 余熱が残る ・ (余震が)続く ・ 問題が残る ・ (不況が)長引く ・ (正月気分が)抜けない ・ (状態が)停滞(する) ・ (光の)残像 ・ 去らない ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ 余情(を味わう) ・ (栄耀栄華の)残映 ・ (ある出来事の)残響
(後遺症が)後を引く(未分類)(後遺症が)後を引く(未分類)  糸を引く ・ 引き摺る ・  ・ 後引き ・ 尻引き ・ 尻を引く ・ 後に残る ・ アディクション ・ 中毒 ・ 病み付きになる ・ 病み付く ・ 病み付き ・ 癖になる ・ 癖を付ける ・ 痼りを残す ・ 凝を残す ・ 哀惜 ・ じくじとした思いがある ・ 断ち切れない ・ 断てない ・ 諦められない ・ 思いを断ち切れない ・ 未練がある ・ ゆううつな ・ 燃焼し切れない ・ 嬉しくない ・ 宙ぶらりん ・ 忸怩たらざるを得ない ・ カタルシスが感じられない ・ 突き抜けたところがない ・ 中途半端な ・ モヤモヤ感 ・ 違和感を感じる ・ 不満がある ・ 迷路に迷い込む ・ 悩みが深い ・ 詮ない ・ 持って行き場のない ・ 複雑な思い ・ やり場がない ・ 頬を膨らませる ・ 詮方ないやりきれない ・ 永らえる ・ 長持ちする ・ 耐用年数をもつ ・ 克服されない ・ 残される ・ 息をつないでいる ・ 残存する ・ ドミノ倒し的に ・ 悪循環 ・ 収まらない ・ 静まらない ・ 回転 ・ 歯止めがかからない ・ 手が切れない ・ 再生産される ・ 螺旋状に ・ 染みつく ・ 惰性として続く ・ 変わらない ・ 悪影響を及ぼす ・ ~から離れない ・ はっきりしない ・ 不自然な ・ 気持ちが落ち着かない ・ 納得がいかない ・ 疑いがくすぶる ・ 疑念がくすぶる ・ おかしい ・ 疑念が晴れない ・ すんなりといかない ・ つじつまが合わない ・ 怪しげな ・ 引っかかる ・ 腹の虫が治まらない ・ 怪しい ・ わだかまるものがある ・ 悲しげな ・ さびしげな ・ 忸怩たる ・ しょっぱい ・ 揺れる ・ うら悲しい ・ むせび泣くような ・ 沈んだ ・ 悲哀を感じる ・ 悲しくて滑稽な ・ 小鼻を膨らませる ・ 旅愁 ・ 哀調を帯びた ・ 泣き笑い ・ 物悲しい ・ 心さびしい ・ 火が消えたよう ・ 孤愁 ・ むせぶような ・ 揺れ動く ・ もの寂しい ・ 恨みを残す ・ うじうじと ・ 恨みがましい ・ 残身 ・ たゆたい ・ 潤い ・ しみじみした趣 ・ 詮方ない ・ 納得しない ・ 心を残す ・ 胸の内で思いがくすぶる ・ どっちつかずの思い ・ 惑いの心 ・ 気持ちがふっきれない ・ あきらめ切れない ・ 心が残る ・ ためらいがある ・ あきらめがつかない ・ まとまらない ・ 妙な気分 ・ 落ち着かない ・ 居心地が悪い ・ 心苦しい ・ もどかしい ・ 反発を感じる ・ もって行き場がない ・ 重い問題 ・ 未練を感じる ・ 理屈と気持ちの板ばさみ ・ 有効 ・ つなぐ ・ 持続可能な ・ 生き残っていく ・ 坂道をころがるように ・ ゆきがかり ・ その足で ・ 連鎖的に ・ サイクル ・ 横ばい状態で ・ スパイラル ・ 腐れ縁 ・ 循環する ・ 後遺症が残る ・ 依然として ・ 根深い ・ 余燼が燻ぶる ・ 変な ・ 疑問が残る ・ 払拭できない ・ 信憑性に問題がある ・ 胸につかえる ・ 信憑性が揺らぐ ・ 信憑性が疑われる ・ 曖昧 ・ 疑問を覚える ・ 半信半疑 ・ 忸怩とした ・ 疑われる ・ すがれた ・ うら寂しい ・ 哀愁 ・ エレジー ・ うらぶれた ・ 孤独感を募らせる ・ どことなく寂しい ・ 懐かしいような悲しいような ・ 切ない哀しい ・ 哀感 ・ 甘酸っぱい ・ とらわれる ・ 残り香 ・ 後引き上戸 ・ あとひき ・ 短期影響 ・  ・ 好影響 ・ 啓蒙 ・ 心理的影響 ・ 教化 ・ 訓育 ・ 一石を投ずる ・ 差し障り ・ 報い ・ 育英 ・ 啓発 ・ 居は気を移す ・ 跳ね返る ・ 長期影響 ・ 水は方円の器に従う ・ 教育 ・ 波及 ・ 波紋を広げる ・ 感化 ・ 累を及ぼす ・ 応報 ・ 変わる ・ 決定的影響 ・ 波紋を投ずる ・ 徳化 ・ 成る ・ 地政学的影響 ・ 啓もう ・ 変ずる ・ 上る ・ 思想的影響 ・ 暗雲が広がる ・ 波紋を呼ぶ ・ 伝播 ・ 紛争波及 ・ 火が付く ・ 反映 ・ 果報 ・ 社会的影響 ・ 当たり障り ・ 流布 ・ 波紋が広がる ・ 伝わる ・ 達する ・ 及ぶ ・ 国際的影響 ・ 影響を及ぼす ・ 人気に火が付く ・ こだま ・ 脳刺激 ・ 動機付ける ・ 効験 ・ 作用 ・ 手ごたえ ・  ・ 拒否反応 ・ 共鳴 ・ 景気刺激 ・ ストレス刺激 ・ 為替影響 ・ 波紋 ・ 反動 ・ 読みごたえ ・ 動機付け ・ 効能 ・ インスパイアー ・ せき髄刺激 ・ 働きかける ・ 山びこ ・ 余塵 ・ 刺激 ・ 働く ・ 落とし子 ・ 電気刺激
キーワードをランダムでピックアップ
二十日烈震細流嫁御地球の表面を取り囲む気体円満でない戦功脱退教会堂先手発車接収意識を取り戻す杉折りあぶく銭バカにされる葬儀会場底に向かう余韻に乏しい作品
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (三年前の事故が)後を引く何かが終わっても、その気配や影響があとに残る
  2. (このクラッカーは食べ出すと)後を引く味がいい
  3. (思いが)後を引く物事がすんだあとでも気分がすっきりしない
  4. (残念な思いが)後を引く諦めきれない
  5. (後遺症が)後を引く物事の済んだあとに嫌な感じが残る(後味が悪い)
  6. (後遺症が)後を引く(未分類)