表示領域を拡大する
余韻の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
余韻あとに残る響き余韻あとに残る響き  残響 ・ (鐘の音が)(しばらく)響く ・ (鐘の)響き ・ (余韻)嫋々じょうじょう(として尽きず) ・ 余威 ・ 回転力 ・ 弾み ・ モメンタム ・ 惰性 ・ 慣性(の法則) ・ 慣性 ・ 惰力 ・ 余勢 ・  ・ 響き ・ 音響 ・ 耳に届く ・ 音波 ・ (影響を)後に残す ・ 余韻(を残す) ・ (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ 尾を引く ・ 後々まで(響く) ・ (不況が)長引く ・ 去らない ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (余震が)続く ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 遺制 ・ (親の)余光をこうむる ・ (状態が)停滞(する) ・ (ある出来事の)残響 ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ 消えない ・ (栄耀栄華の)残映 ・ 名残 ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ 余情(を味わう) ・ (過去を)引きずる ・ (正月気分が)抜けない ・ (光の)残像 ・ 問題が残る ・ (悪習が)存続(する) ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ 根に持つ ・ 揺り戻し ・ 余熱が残る ・ (ずっと)後まで続く ・ 後(になって) ・ (それ)以降 ・ しばらくして ・ アフター(△サービス[ファイブ]) ・ 爾後 ・ (それ)以後 ・ 朝来 ・ 後年 ・  ・ 以往 ・ 次期 ・ 後代 ・ (十年の歳月を)経て ・ 結果 ・  ・ (ある時より)遅い ・ 後日談 ・ 晩発性(の症状) ・ 後日 ・ 以来 ・ その ・ そののち ・ 将来 ・ (それから)先 ・ 爾来 ・ (三時間)後 ・ (生まれて)このかた ・ 次代 ・ 後世の(人々) ・ 後嗣(の代) ・ あとになって ・ のちになって ・ 追って ・ 続いて ・ 事後(に) ・ 夜来(の雨) ・ これまで ・ 時代が下る ・ (△終戦[事件])直後 ・ あげく ・ 先日来 ・ その時より後 ・ 病後 ・ 後期 ・ 今まで ・ (自分だけ)先に行く ・ 忘れ去られる ・ 差し置いて ・ 置き去り(にする) ・ (後に)残す ・ (一人)残す ・ (脱落者を)顧みない ・ ほったらかし(にする) ・ 置いていく ・ 見殺し(にする) ・ (貨車を)切り離して(進む) ・ (死体を)遺棄(する) ・ うば捨て(山) ・ 去る ・ 見捨てる ・ (生徒を)見放す ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ 残して去る ・ 置いてけぼり(にする) ・ 取り残す ・ (道ばたに)放置(する) ・ 目を背ける ・ 水をあける ・ (山中に子供を)置き去る ・ (無責任に)逃げる ・ 先に行く ・ 無視(する)
余韻(を残す)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る余韻(を残す)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る  (従来の)惰性(で漫然と続く) ・ (不況が)長引く ・ (景気対策の)後遺症(としての財政赤字) ・ (ずっと)後まで続く ・ 問題が残る ・ 後々まで(響く) ・ (自然災害の影響が)影を落とす(経済) ・ (震災の)(落とした)影(はまだ色濃い) ・ (悪習が)存続(する) ・ (状態が)停滞(する) ・ 名残 ・ (影響を)後に残す ・ 余熱が残る ・ 根に持つ ・ (余震が)続く ・ 揺り戻し ・ 去らない ・ (ある出来事の)残響 ・ ほとぼり(が冷めるまで~) ・ (光の)残像 ・ 消えない ・ 影響(△が残る[を残す]) ・ (三年前の事故が)後を引く ・ 余情(を味わう) ・ (前時代の)尻尾(△が残る[を引きずる]) ・ (過去を)引きずる ・ 遺制 ・ (面影が)揺曳ようえい(する) ・ 尾を引く ・ (正月気分が)抜けない ・ (栄耀栄華の)残映 ・ (親の)余光をこうむる ・ (いまだ)ほとぼりの冷めやらぬ(面持ち) ・ 波紋 ・ 余波 ・ ほてり ・ 潜熱 ・ 余熱 ・ ほとぼり ・ (鐘の音が)(しばらく)響く ・ (鐘の)響き ・ (余韻)嫋々じょうじょう(として尽きず) ・ 残響 ・ 余韻 ・ とどろく ・ とどろかせる ・ とどろき ・ とどろき渡る ・ うなる ・ 響動す ・ 轟々 ・ 高鳴る ・ 音響 ・ 響く ・ 轟然ごうぜん(たる大音響) ・ 響動く ・ 響かせる ・ 鳴り渡る ・ 響動き ・ 響動む ・ 響き ・ 鳴り響く ・ 殷々 ・  ・ 響き渡る ・ 後味 ・ 後口 ・ 余勢 ・ 弾み ・ 回転力 ・ 惰力 ・ 余威 ・ 慣性(の法則) ・ 惰性 ・ 慣性 ・ モメンタム ・ 後々の厄介 ・ あとの面倒 ・ 癒えない(心の傷) ・ (感情的)しこり(△が残る[を残す]) ・ 心の奥に消えずに残る ・ 釈然としない ・ 疑わしい ・ (不安が)(頭から)離れない ・ (台風の)爪あと(が残る) ・ (戦争の)傷あと(を残す) ・ 悪影響(が残る) ・ (思いが)後を引く ・ (心の傷が)癒えない ・ (不満が)くすぶる ・ (怒りの)余燼よじんがくすぶる ・ (満たされない思いが)くすぶり続ける ・ 後味が悪い ・ (不信感が)消えない ・ 禍根(を残す) ・ (まだ)腑に落ちない ・ 心理的な影響(が残る) ・ ほとぼりが冷めない ・ (疑いが)晴れない ・ わだかまる ・ (過去の恋愛を)引きずる ・ 思い切れない ・ (懸念が)去らない ・ 悶々(とする) ・ すっきりしない(胸中) ・ 割り切れなさが残る ・ (△問題[疑問]が)くすぶる ・ なお続く ・ もやもや(する) ・ 火種(が残る) ・ (心の)整理がつかない ・ 未解決のまま ・ 後腐れ(がない) ・ じくじたる思い ・ 未消化(のまま) ・ 納得できない ・ すっきりしない ・ 後味の悪い ・ (心の奥が)いがらっぽい ・ (気持ちが)吹っ切れない ・ (あとには)何か嫌なものが残る ・ 長引く ・ 思いを残す ・ 後ろ髪を引かれる思い ・ 返す返す残念 ・ (△気分[思い]が)くすぶる ・ 屈折した(感情) ・ 憂うつ ・ 敗北を抱きしめる ・ 悲しみを抱える ・ 心残り(がある) ・ 発散しきれない ・ (気持ちが)晴れない ・ 後ろ髪を引かれる(思い) ・ 諦めきれない ・ うじうじ(と煮え切らない) ・ 未練(が残る) ・ 未練を残す ・ うつうつ(とする) ・ うっ屈(する) ・ (いつまでも)ぐずぐず(言う) ・ 燃焼しきれない ・ 口当たりがいい ・ (後口が)すっきり(する) ・ 淡泊(な味) ・ (味に)嫌味がない ・ (胃が)もたれない ・ 胃もたれしない ・ 後味(がいい) ・ さっぱり(した)(味) ・ 癖がない ・ 割り切れない(思い) ・ 苦渋(の決断)(だった) ・ じくじたる(思い) ・ (後遺症が)後を引く ・ (過去の行為に対する)罪の意識(が消えない) ・ 苦い(結果) ・ 気まずい(思い) ・ (後悔が)澱のように(沈む) ・ ほろ苦い(思い) ・ (気分が)晴れない ・ 自己嫌悪(する) ・ (事件は解決したが)後味が悪い ・ (むごい仕打ちをした後は)寝覚めが悪い ・ さっぱりしない ・ (うそをつくのは)気がとがめる ・ (思い出すと)気分が悪い ・ (時代を超えて)(暮らしの中に)息づいている ・ (いにしえの技を)後世に伝えるべく(努める) ・ (古くから)脈々と(伝わる風習) ・ 脈々(と)(生きている) ・ 存続する ・ 命脈を保つ ・ 命をつなぐ ・ 生き残る ・ (伝統を)守っていく ・ (技能を)伝承する ・ 生き続ける ・ 生き延びる ・ 続ける ・ 維持する ・ (美風が)維持される ・ (伝統として)生きる ・ 伝統を継ぐ ・ (先人の)夢をつなぐ ・ (現代に)息づく(古典) ・ (家族の)歴史をつなぐ(家) ・ (師の)精神を継承する(弟子) ・ (先例を)踏襲(する) ・ (師の)衣鉢を継ぐ ・ (△伝統[精神]が)生きている ・ (象徴派の)流れをくむ ・ (△文化[思想]を)受け継ぐ ・ (代々)受け継がれてる ・ (ものづくりの)(精神が)脈打つ ・ (天皇の)系譜(に連なる) ・ (~に)連なる ・ (先人の教えはなお)有効である ・ (武道の奥義を)師承(する) ・ (先人に)追随(する) ・ (師匠)譲り(の芸) ・ (△伝統[精神]が未来に)引き継がれる ・ 興奮冷めやらぬ ・ 余剰を味わう ・ 余韻に浸る ・ 余韻が残る ・ 勝利の美酒に酔う ・ だぶつく ・ 湯水のように(使う) ・ 乱立(する) ・ 遊休(施設) ・ はみ出す ・ はみ出る ・ 余す ・ (にせものの)横行 ・ 余り ・ 余地 ・ 余計 ・ (供給)過多 ・ 余る ・ あふれる(ほど)(の情熱) ・ 氾濫はんらん(している) ・ 以上 ・ 余裕(がある) ・ 残る ・ 過剰(な供給) ・ 多すぎる ・ 余りある ・ 飽和(状態) ・ 余白 ・  ・ 余分 ・ 不必要なほど(の広さ) ・ 残り ・ 十分すぎる ・ 十分以上(の性能) ・ 十二分(の報酬) ・  ・ 余力がある ・ ありすぎる ・ 必要以上(にある) ・ 余剰 ・ 行き場を失う(未利用食材) ・ 立錐の余地 ・ 掃いて捨てるほど ・ 有り余る ・ (粗製)濫造らんぞう ・ 残余 ・ 多い ・ 使いきれない ・ 使いこなせない ・ 浜の真砂まさごは尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ ・ (暇を)持て余す ・ 剰余 ・ 有余 ・ ゆとりがある ・ 過ぎる ・ 後日 ・ (十年の歳月を)経て ・ (ある時より)遅い ・ 病後 ・ (それから)先 ・ その ・ そののち ・ 後代 ・ 以往 ・ 爾来 ・ 夜来(の雨) ・ 次期 ・ しばらくして ・ 朝来 ・ 後年 ・ 以来 ・ あげく ・ 今まで ・ アフター(△サービス[ファイブ]) ・ (△終戦[事件])直後 ・ 後期 ・ 先日来 ・ 将来 ・ (それ)以後 ・ 次代 ・ 後世の(人々) ・ 後嗣(の代) ・  ・ 爾後 ・ 後日談 ・ (生まれて)このかた ・ その時より後 ・ (それ)以降 ・ これまで ・  ・ 後(になって) ・ 時代が下る ・ (三時間)後 ・ 追って ・ 続いて ・ 事後(に) ・ 結果 ・ あとになって ・ のちになって ・ 晩発性(の症状) ・ 途中でやめる ・ 余蘊 ・ 浮く ・ 売れ残る ・ 残っている ・  ・ 消え残る ・ し残す ・ なくならない ・ 残留 ・ 残す ・ 剰員 ・ 燃え残る ・ 焼け残る ・ 取り残す ・ 残部 ・ 残存 ・ 書き残す ・ (お)こぼれ ・ 水をあける ・ (脱落者を)顧みない ・ (無責任に)逃げる ・ 見捨てる ・ (一人)残す ・ 残して去る ・ 置いてけぼり(にする) ・ 置き去り(にする) ・ うば捨て(山) ・ 置いていく ・ 差し置いて ・ (貨車を)切り離して(進む) ・ 去る ・ 無視(する) ・ (山中に子供を)置き去る ・ 忘れ去られる ・ ほったらかし(にする) ・ (死体を)遺棄(する) ・ (後に)残す ・ 先に行く ・ (生徒を)見放す ・ 見殺し(にする) ・ (自分だけ)先に行く ・ (道ばたに)放置(する) ・ 目を背ける ・ 残党 ・ 余類 ・ 余党 ・ 焚き落とし ・ 余燼 ・ 燃え残り ・ 藁灰 ・ 灰燼 ・ 吸い殻 ・  ・ がら ・  ・ 木灰 ・  ・ 灰神楽 ・ 燃えた後の残りかす ・ 燃え殻 ・ 燃え差し ・ 死の灰 ・ 焚き殻
余韻地味であり周囲との違和感がない/しずかで落ち着いた味わいがある(趣がある/落ち着いている)余韻地味であり周囲との違和感がない/しずかで落ち着いた味わいがある(趣がある/落ち着いている)  清雅(な色調の絵) ・ ほっとする(雰囲気) ・ 重厚(な造り) ・ びた(味わい) ・ 抑制のきいた(雰囲気) ・ (生きるうえでの)慰め ・ 日本情緒 ・ しっとり(した感じの女性) ・ しっとり(と)した(たたずまい) ・ 風韻(が漂う) ・ 哀れ ・ 風致 ・ 下町情緒 ・ 風趣 ・ 心和む(風景) ・ 江戸情緒 ・ 快適 ・ 地味 ・ 物の哀れ ・ ゆったりした(雰囲気) ・ 都会のオアシス ・ 優しい ・ 幽寂 ・ 上品(な茶会) ・ 情感 ・ 居心地がいい ・ 情味 ・ 風格 ・ (どこか)懐かしい ・ 豊潤さ ・ つくづく思う ・ 神韻 ・ 柔らか(な曲調) ・ 色つや ・ 趣向 ・ 上品 ・ (ほのかな)色気 ・ リラックスできる ・ 潤い(のある)(文章) ・ 渋い(声) ・ 陰影(をもたせる) ・ 古き良き(時代) ・ ひなびた(山里) ・  ・ しっぽり ・  ・ 穏やか(な時間) ・ 余情 ・ 閑雅(な庭園) ・ アメニティのある(環境) ・ 持ち味(がよく出ている) ・ 曲(がない) ・ 趣(がある) ・ (雰囲気が)落ち着いている ・ 味わい(深い) ・ 安らぎ(を感じる) ・ 和風 ・ (周囲との)違和感がない ・ 興趣 ・ 閑寂(なたたずまい) ・ 一風 ・ 癒しの空間 ・ 情感に訴える ・ 静か(な雰囲気) ・ 幸せを運ぶ(声) ・ 気韻 ・ しみじみ思う ・ 神気 ・ ゆっくり時間が流れる ・ 調 ・ 遊び心 ・ 大人っぽい(装い) ・ 風情ふぜい(がある) ・ いい雰囲気(の日本庭園) ・ 落ち着いた(△雰囲気[街並み]) ・ 落ち着きのある ・ 落ち着いている ・ 趣味 ・ 陰影のある(表情) ・ 情趣 ・ 野趣 ・ 詩趣 ・ 渋み ・ 筆致 ・ 切れ味 ・ 禅味 ・ 茶味 ・ 俳味 ・  ・ 妙趣 ・ 霊妙 ・ 妙所 ・  ・ 妙味 ・ 玄妙 ・ 醍醐味 ・ 汲めども尽きない(魅力) ・ 深謀遠慮(の策) ・ 重層的(な構造) ・ 二重底三重底(の構成) ・ 玄人受け(がする) ・ 計り知れない ・ わび(さび) ・ 深い(学問) ・ 含蓄のある(言葉) ・ (意味)深長 ・ 深遠(な思想) ・ たまねぎの皮をむくような ・ (その道を)極めきれない ・ 奥の深い(問題) ・ 手が込む ・ 厚みがある ・ (行けども行けども)きりがない ・ 枯淡(な画風) ・ 含みが多い ・ 難解 ・ (いくらやっても)分からない(魅力) ・ 奥が深い ・ 哲学的 ・ ふところが深い ・ 底が知れない ・ ひと筋縄ではいかない ・ 知り尽くせない(世界) ・ 幽玄(の美) ・ 奥行き(がある) ・ 奥深い(△内容[考え]) ・ 興味深い(世界) ・ 幽遠(な趣き) ・ 深奥(な哲理) ・ 底が深い ・ 思索的(なデザイン) ・ 興味は尽きない ・ 味わい深い ・ 深みがある ・ みやび ・ 風雅 ・ 古雅 ・ 雅趣 ・ 高踏 ・ 閑雅 ・ 俗離れ ・ 孤高 ・ 雅致 ・ 気高い ・ 風流 ・ 高遠 ・ 高雅 ・ 雅やか ・ 高尚 ・ 品格 ・ 楚々そそ(とした姿) ・ (人柄が)落ち着いている ・ 奥床しい ・ 物腰が柔らかい ・ 物柔らか(な人柄) ・ 温雅(な人柄) ・ 品位 ・ 優艶 ・ 典雅 ・ ゆかしい ・ エレガント(な身のこなし) ・ たしなみ(を忘れない女性) ・ 優雅 ・ 麗しい(女性) ・ 流れるような(所作) ・ 風韻を漂わせた(老人) ・ 趣がある ・ (お)行儀がいい ・  ・ 分をわきまえる ・ 品がいい ・ 品(がある) ・ 気品 ・ 気品がある ・ 奥ゆかしい ・ 鷹揚(に構える) ・ がさつでない ・ たおやか(な女性) ・ 育ちがいい ・ 臈長けた ・ 気位 ・ 控えめ ・ 美しい ・ (作品の)方向性 ・ しみじみとした ・ そこはかとない(△懐かしさ[おかしさ]) ・ (芝居が)うまい ・ (破調の)美 ・ ひねりのきいた(セリフ) ・ 調子 ・ 一面的でない ・ 質感 ・ (作者の)こだわり ・ 小味(△をきかす[な仕上がり/きいた話]) ・ 静かで深い(和の香り) ・ 風情がある ・ 想像をかきたてる ・ 滋味あふれた ・ 情感(△あふれる詩[に訴える]) ・ (都会の)哀愁 ・ (色彩の)ニュアンス ・ 陰影(のある文章) ・ (言葉の)あや ・ 滋味(△掬すべし[豊かな詩文]) ・ 妙味(がある) ・ 示唆に富む ・ (いつの間にか)引き込まれる ・ 魅力を内に秘める ・ 含蓄(のある話) ・ (作者の)嗜好 ・ 色合い ・ 印象深い ・ 感覚的な要素 ・ 重厚(な作品) ・ 味(のある絵) ・ 味がある ・ (哀愁)漂う(旋律) ・ (気持ちを)豊かにさせる ・ 温かみのある(イラスト) ・ 温かい(感じの)(色調) ・ 落ち着いた(△雰囲気[色調の壁紙]) ・ 人肌感がある ・ 手作り感がある ・ 傾向(がある) ・ (ボサノバ)風味 ・ ラテンっ(ぽい) ・ 胸に染みる(音楽) ・ 心に染みる(物語) ・ いぶし銀(の演技) ・ 快味 ・ 余韻(△が残る[のある作品]) ・ (言いようのない)魅力 ・ 魅力的(な) ・ じんわりくる ・ 成熟した(日本文化) ・ 秘すれば花 ・ おかしみ ・ 時代がついた(家具) ・ 時代がつく ・ 古雅な(文体) ・ (独特の)個性 ・ 情趣がある ・ いい雰囲気の(お店) ・ 円熟(した人間味) ・ 機微に通じた(言葉) ・ (内容に)深みがある ・ (古式)ゆかしい(催し) ・ 小粋な(日本画) ・ いぶし銀 ・ しっとり(と)した(感じの住まい) ・ よさ ・ 捨てがたい味(の映画) ・ 特色 ・ (作者の)味付け ・ (△独特の[深い])味わい(のある) ・ 味が深い ・ 味わい豊かな ・ いい味(を出す) ・ 面白い ・ 面白み(のある) ・ 独特(のやり方) ・ 渋い(△映画[二枚目]) ・ 詩情(△が感じられる[豊かな]) ・ (異国的な)フィーリング(があるレストラン) ・ (街の)繊細な表情(を描く画家) ・ 大人の△文章[休日/チョコレート] ・ 作風 ・ 奥行きがある(作風) ・ 奥行きを感じさせる ・ 悪くない ・ 深い ・ スロー(ライフ) ・ (物語が)ゆっくり(立ち上がる) ・ (本来の)持ち味 ・ 意味の深い ・ 風格のある(文章) ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ スルメのような ・ にじみ出るもの(がある) ・ 苦労人 ・ (話に)色つや(を添える) ・ 色つやのある(話) ・ (下町の)香り(が漂う) ・ フレーバー ・ 奥深い ・ (優しく)包み込まれるような(ハープの音色) ・ 情緒がある ・ (独自の)テイスト ・ 微妙な(節回し) ・ 想像力に訴える ・ 感性を刺激する(アート) ・ とろりとした(歌声) ・ (先代の)芸風(を受け継ぐ) ・ 雰囲気がある ・  潤いのある(表現) ・ 通好み(の△音楽[時計]) ・ (何とも言えない)(生地の)風合い ・ 肌触り ・ (独特の)肌合い ・ 豊かな(人間性) ・ 風雅な ・ いい味が出ている ・ コクがある ・ コクのある(文) ・ 古びた ・ 渋みのある ・ 渋い(色目) ・ さびた(美しさ) ・ 飽きのこない ・ 時代のついた(茶道具) ・ 味のある ・ 抑制された美しさ ・  深みのある ・ くすんだ輝き ・ にぶく光る ・ 底光りする ・ 黒光りのする ・ 年輪を刻む ・ 落ち着いた美しさ ・ 古雅(な味わい) ・ 抑制された輝き ・ 古くなった ・ ロマンスグレー ・ つや消しの銀色 ・ 古色のついた(茶器) ・ 黙然(と)(座っている) ・ さりげない(気配り) ・ 出しゃばらない ・ 節度がある ・ しゃしゃり出ない ・ つつましやか ・ 遠慮がち ・ 遠慮深い ・ ぬくもりのある(住まい) ・ 出過ぎない ・ つつましい ・ ゆかしい(人柄) ・ しとやか(に振る舞う) ・ 落ち着いた(女性) ・ 慎み深い ・ たしなみがある ・ 落ち着きがある ・ 古風(な女性) ・ おとなしい(女性) ・ 情調 ・  ・ 気分 ・ 雰囲気 ・ (北欧が)テーマ(のレストラン) ・  ・ 様子 ・ 気味 ・ 情緒 ・ (時代の)空気 ・ (社会の)様相 ・ 気色 ・ (いやな)ムード ・ 気配 ・ (敗北の)色(が濃い) ・ 感じ ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・ ニュアンス ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・ 陰影 ・ 雅俗 ・ 機微 ・ 容易には察せられない ・ 簡単に言い尽くせない ・ 単純な論評を許さない ・ 微妙 ・ 言うに言われない ・ 言葉では△簡単に[うまく]言い表せない
余韻(△が残る[のある作品])その物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)余韻(△が残る[のある作品])その物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)  雰囲気がある ・ 意味の深い ・ (独特の)個性 ・ 情趣がある ・ (色彩の)ニュアンス ・ 陰影(のある文章) ・ (言葉の)あや ・ 渋い(△映画[二枚目]) ・ (作者の)嗜好 ・ 面白い ・ 面白み(のある) ・ 成熟した(日本文化) ・ 深い ・ いい味(を出す) ・ 快味 ・ 詩情(△が感じられる[豊かな]) ・ 静かで深い(和の香り) ・ 厚みがある ・ (芝居が)うまい ・ 感性を刺激する(アート) ・ (いつの間にか)引き込まれる ・ よさ ・ 小味(△をきかす[な仕上がり/きいた話]) ・ コクがある ・ コクのある(文) ・ (言いようのない)魅力 ・ 魅力的(な) ・ 妙味(がある) ・ (下町の)香り(が漂う) ・ フレーバー ・ 胸に染みる(音楽) ・ 心に染みる(物語) ・ 秘すれば花 ・ 作風 ・ 奥行きがある(作風) ・ 奥行きを感じさせる ・ しみじみとした ・ しっとり(と)した(感じの住まい) ・ 風趣 ・ 円熟(した人間味) ・ 機微に通じた(言葉) ・ 印象深い ・ 滋味(△掬すべし[豊かな詩文]) ・ 想像をかきたてる ・ 温かみのある(イラスト) ・ 温かい(感じの)(色調) ・ 落ち着いた(△雰囲気[色調の壁紙]) ・ 人肌感がある ・ 手作り感がある ・ 味(のある絵) ・ 味がある ・ 一面的でない ・ (古式)ゆかしい(催し) ・ 大人の△文章[休日/チョコレート] ・ 滋味あふれた ・ いい味が出ている ・ 幽玄(の美) ・ 独特(のやり方) ・ じんわりくる ・ (独自の)テイスト ・ (優しく)包み込まれるような(ハープの音色) ・ 示唆に富む ・ 趣がある ・ おかしみ ・ スロー(ライフ) ・ (物語が)ゆっくり(立ち上がる) ・ 通好み(の△音楽[時計]) ・ 重厚(な作品) ・ ひねりのきいた(セリフ) ・ 醍醐味 ・ いぶし銀 ・ (街の)繊細な表情(を描く画家) ・ 特色 ・ 情感(△あふれる詩[に訴える]) ・ (作者の)こだわり ・ 質感 ・ いい雰囲気の(お店) ・ (何とも言えない)(生地の)風合い ・ 肌触り ・ (独特の)肌合い ・ 風雅な ・ 情緒がある ・ (破調の)美 ・ 色合い ・ 魅力を内に秘める ・ とろりとした(歌声) ・ (気持ちを)豊かにさせる ・ 風情がある ・ (話に)色つや(を添える) ・ 色つやのある(話) ・ 調子 ・ (先代の)芸風(を受け継ぐ) ・ 微妙な(節回し) ・ 小粋な(日本画) ・ いぶし銀(の演技) ・ 時代がついた(家具) ・ 時代がつく ・ 古雅な(文体) ・ (作者の)味付け ・ (△独特の[深い])味わい(のある) ・ 味が深い ・ 味わい深い ・ 味わい豊かな ・ 想像力に訴える ・ 風格のある(文章) ・ 含蓄(のある話) ・ (都会の)哀愁 ・ (内容に)深みがある ・ 捨てがたい味(の映画) ・ 豊かな(人間性) ・ そこはかとない(△懐かしさ[おかしさ]) ・ 傾向(がある) ・ (ボサノバ)風味 ・ ラテンっ(ぽい) ・ 悪くない ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ スルメのような ・ にじみ出るもの(がある) ・ 苦労人 ・ (作品の)方向性 ・ 奥深い ・  潤いのある(表現) ・ (本来の)持ち味 ・ 感覚的な要素 ・ (哀愁)漂う(旋律) ・ (異国的な)フィーリング(があるレストラン) ・ 画風 ・ 歌風 ・ 芸風 ・ 手作り(感)(がある) ・ 心がこもった ・ 心がこもる ・ ぬくもりを感じる ・ ぬくもりを感じさせる(家) ・ (作品に)味がある ・ ゆっくり時間が流れる ・ 余韻 ・ 優しい ・ 地味 ・ 安らぎ(を感じる) ・ (ほのかな)色気 ・ しっぽり ・ (どこか)懐かしい ・  ・ アメニティのある(環境) ・ 上品(な茶会) ・ 居心地がいい ・ 下町情緒 ・ 趣味 ・ 情味 ・ 抑制のきいた(雰囲気) ・ しっとり(した感じの女性) ・ しっとり(と)した(たたずまい) ・ 心和む(風景) ・ 江戸情緒 ・ 日本情緒 ・ (周囲との)違和感がない ・ 持ち味(がよく出ている) ・ 都会のオアシス ・ ひなびた(山里) ・ (雰囲気が)落ち着いている ・ 落ち着いた(△雰囲気[街並み]) ・ 落ち着きのある ・ 落ち着いている ・ 風韻(が漂う) ・ ほっとする(雰囲気) ・ 興趣 ・ 柔らか(な曲調) ・ 幸せを運ぶ(声) ・ リラックスできる ・ 神気 ・ 清雅(な色調の絵) ・ 情感に訴える ・ 調 ・ いい雰囲気(の日本庭園) ・ 穏やか(な時間) ・ 神韻 ・ 渋い(声) ・ 快適 ・ びた(味わい) ・ 大人っぽい(装い) ・ つくづく思う ・ 陰影(をもたせる) ・ 気韻 ・ 潤い(のある)(文章) ・ 物の哀れ ・ 閑寂(なたたずまい) ・ 情趣 ・ 幽寂 ・ しみじみ思う ・ 閑雅(な庭園) ・ 曲(がない) ・ 趣向 ・ 趣(がある) ・ 色つや ・ 上品 ・ 余情 ・ 癒しの空間 ・ ゆったりした(雰囲気) ・ 哀れ ・ (生きるうえでの)慰め ・ 風情ふぜい(がある) ・ 情感 ・ 陰影のある(表情) ・ 古き良き(時代) ・  ・ 風致 ・ 風格 ・ 味わい(深い) ・ 和風 ・ 豊潤さ ・ 一風 ・ 妙趣 ・  ・ 霊妙 ・ 妙所 ・ 妙味 ・  ・ 玄妙 ・ 年輪を刻む ・ 時代のついた(茶道具) ・ 味のある ・ 黒光りのする ・ くすんだ輝き ・ 古くなった ・ 抑制された美しさ ・ 古びた ・ 古色のついた(茶器) ・ 飽きのこない ・  深みのある ・ つや消しの銀色 ・ 落ち着いた美しさ ・ ロマンスグレー ・ 抑制された輝き ・ 渋みのある ・ 美しい ・ 渋い(色目) ・ さびた(美しさ) ・ にぶく光る ・ 底光りする ・ 古雅(な味わい) ・ 技巧派 ・ 名人芸 ・ (説得力に満ちた歌唱力に)(人生の)年輪を感じる ・ 完成された芸 ・ 安定している ・ 練達 ・ 渋い味 ・ 重みがある ・ (亀の甲より)年の功 ・ 渋い(バッティング)(ができる) ・ 玄人好み(の渋さ) ・ 深みがある ・ 老巧 ・ 甲羅を経る ・ 甲羅を経た(存在感) ・ 滋味あふれる ・ 磨かれた(技) ・ (今年六十になる)老練(な弁護士) ・ 渋い魅力 ・ 年季が入っている ・ 言うに言われない ・ ダンディ ・ 円熟 ・ 大御所 ・ 経験豊か ・ 何とも言えない(味)(がある) ・ 年季の入った(技を見せる) ・ 魅力的 ・ 奥行きがある ・ (浪曲の)名調子 ・ 甘さがない ・ 名うて(の剣客) ・ 秘すれば花(なり) ・ 渋みがある ・ 本物の味わい ・ 枯れた味わい ・ 頑固一徹(の職人) ・ 熟練(の技) ・ (大)ベテラン ・ (芸の)つや ・ (演技が)渋く光る ・ 古武士を思わせる ・ 雰囲気 ・ 様子 ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・  ・ 気配 ・ 陰影 ・ (北欧が)テーマ(のレストラン) ・ (社会の)様相 ・ (いやな)ムード ・ ニュアンス ・ (敗北の)色(が濃い) ・ 情緒 ・ 気味 ・  ・ 感じ ・ (時代の)空気 ・ 気色 ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・ 気分 ・ 情調
余韻(△が残る[のある作品])(未分類)余韻(△が残る[のある作品])(未分類)  余音 ・ 余韻嫋嫋 ・ 醒め遣らぬ ・  ・ 波紋 ・ 遺響 ・ 余響 ・ 趣のある ・ 神韻縹渺 ・ センス ・ 毛色の変わった ・ 特徴 ・ 独特の色合い ・ 幽玄な ・ 雅やかな ・ ある種の表情 ・ 雅趣を感じる ・ もの憂い ・ レイジーな ・ アンニュイな ・ とろんとした ・ 生気のない ・ 目に焼き付く ・ 幻影 ・ 連続性 ・ 連続 ・ 勢い余って ・ 材質感 ・ 肌ざわり ・  ・ 調の ・ 色相 ・ 深い味 ・ 詠みぶり ・ 色調 ・ うまみ ・ 香味 ・ 感覚 ・ 芳香 ・ こまやかさ ・ サウンド ・ 性格 ・ 気風 ・ 味覚 ・ 特質 ・ 印象が残る ・ 残り火 ・ 焼けぼっくい ・ テクスチャー ・ 音楽性 ・ 濃淡 ・ 感触 ・ ノリ ・ 密かな ・ ささやくような ・ 穏やかな ・ 隠れた ・ かすかな ・ ひそやかな ・ こだま ・ 歌声 ・ 鳴りっぷり ・ 音色 ・ 音の質感 ・ 表声 ・ 中低音 ・ 共鳴 ・ 耳をつんざく ・ 裏声による ・ ハーモニー ・ 余熱ほてり ・ カゲを引きずるほてり ・ 消えゆく音色 ・ 残る音 ・ 感慨 ・ 収まらない ・ けだるく ・ さめない ・ 依然として ・ 尾をひく ・ しみじみした趣 ・ たゆたい ・ 残り香 ・ ひめやかな ・ 美しい印象 ・ 淡い気分 ・ しみじみした思い ・ 心地よいムード ・ 冷めやらない ・ 余震 ・ あとまで残る音の響き ・ 名残の味わい ・ 人情の機微を表現 ・ ~するのも一興 ・ 味わい深さ ・ 眠気をさそう ・ 倦怠感 ・ 退廃的な ・ 弛緩した ・ まったりした ・ むなしさけだるい ・ イメージ ・ 瞼の母 ・  ・ 姿 ・ はずみで ・ タッチ ・ 特性 ・ 独自の世界 ・ いい匂い ・ 体臭 ・ 手ざわり ・  ・ スタイル ・ 歯ごたえ ・ うまさ ・ コク ・ 舌触り ・ アロマ ・ 印象 ・ かぐわしさ ・  ・ 冷めやらない名残 ・ しみじみと ・ 面影が残る ・ うずみ火 ・ まだ冷めやらない ・ つつましやかな ・ 秘められた ・ もの静かな ・ 目立たない ・ ひかえめな ・ 低音 ・ 高音 ・ 反響 ・ 胴鳴り ・ 中音 ・ マッシブなサウンド響き ・ 狂暴な音の世界 ・ うなり ・ パワフルな ・ 高鳴り ・ 興奮 ・ 関心 ・ 上気した ・ 感動 ・ 名残さめやらぬ ・ 熱気が残る ・ カゲを引きずる ・ 残身 ・ 甘やかな ・ ウェットな ・ 勢いが止まらない ・ ほてっている ・ 鳴り ・ 鳴る ・ 鳴らす ・ 熱感 ・ 足ざわり ・ 舌ざわり ・ 成熟感 ・ 一体感 ・ ひっ迫感 ・ 爽快感 ・ ステップアップ感 ・ 緊張感 ・  ・ 空気感 ・ やる気 ・ 胸中 ・ アルデンテ ・ 孤立感 ・ 心理 ・ 怒気 ・ 手詰まり感 ・ 透明感 ・ 気持ち ・ 意外感 ・ 不幸感 ・ 脱力感 ・ 季節感 ・ フォークロア感 ・ 衒気 ・ 隔世の感 ・ 安定感 ・ 歯触り ・ 心気 ・ 心境 ・ 口あたり ・ 耳ざわり ・ 無力感 ・ 押せ押せムード ・ *感 ・ 心中 ・ 不遇感 ・ 足触り ・ 閉塞感 ・  ・ 楽観ムード ・ かんじ ・ 清潔感 ・ 陽気 ・ 思い ・ 束縛感 ・ 病感 ・ 耳あたり ・ 心持ち ・ 含み ・ 小気味 ・ 手触り ・ 心地 ・ 歯当たり ・ 耳障り ・ 焦燥感 ・ 食感 ・ 歯ざわり ・ 余命 ・ 過不及 ・ スペース ・ ブランク ・ 残品 ・ マージン ・ 余剰品 ・ 余生 ・ 使い残り ・ 名残り惜しい ・ 無念 ・ こころのこり ・ 残り惜しい ・ 憾み ・ 残念 ・ 遺憾 ・ うらみ ・ 残り多い ・ くやしい ・ 惜しさ ・ 名残り多い ・ 悲観ムード ・ アンビエンス ・ アトモスフィア ・ 宇宙気分 ・ アトモスフェア ・ おもむき ・ 環境 ・ 楽勝ムード ・ 毒気 ・ 微意 ・ 胸裡 ・ 内心 ・ 感情 ・ 情念 ・ 気合い ・ 心情 ・ 芳情 ・ 自嘲気味 ・ ハート ・ 戸惑い気味 ・ 直情 ・ 惰気 ・ 意気込み ・ 激情 ・ 万感 ・ 歓迎ムード ・ アウラ ・ クリスマスムード ・ リゾート気分 ・ 敵対ムード ・ ムードミュージック ・ 緊縮ムード ・ 友好ムード ・ 軍拡ムード ・ もののあわれ ・ お祝いムード ・ 厭戦ムード ・ ムード・ミュージック ・ クリスマス・ムード ・ 対決ムード ・ 節約ムード ・ かす ・ 残り物 ・ 余力 ・ 金余り ・ 残剰 ・ 残りかす ・ 残額 ・ 残分 ・ 成る ・ 決定的影響 ・ 波及 ・ 感化 ・ 変ずる ・ 地政学的影響 ・ 教化 ・ 長期影響 ・ 啓発 ・  ・ 居は気を移す ・ 応報 ・ 教育 ・ 累を及ぼす ・ 差し障り ・ 訓育 ・ 一石を投ずる ・ 啓もう ・ 心理的影響 ・ 短期影響 ・ 波紋を投ずる ・ 波紋を広げる ・ 変わる ・ 育英 ・ 徳化 ・ 跳ね返る ・ 啓蒙 ・ 好影響 ・ 水は方円の器に従う ・ 報い ・ 流布 ・ 波紋が広がる ・ 当たり障り ・ 果報 ・ 思想的影響 ・ 達する ・ 火が付く ・ 暗雲が広がる ・ 人気に火が付く ・ 波紋を呼ぶ ・ 上る ・ 伝播 ・ 国際的影響 ・ 紛争波及 ・ 社会的影響 ・ 及ぶ ・ 影響を及ぼす ・ 反映 ・ 伝わる ・ 惜別の情 ・ 冷めやらぬ ・ 喜怒哀楽 ・ 離愁 ・  ・ 情操 ・ エモーション ・ 情意 ・ 哀しみ ・ 悲哀 ・ 悲しさ ・ 哀しさ ・ 名残り ・ なごり ・ 思い残し ・ 未練がましい ・  ・ たたずまい ・  ・ インスパイアー ・ 電気刺激 ・ 景気刺激 ・ 働きかける ・ 刺激 ・ 脳刺激 ・  ・ 作用 ・ 効能 ・ 効験 ・ 拒否反応 ・ 動機付ける ・ せき髄刺激 ・ 山びこ ・ ストレス刺激 ・ 動機付け ・ 手ごたえ ・ 働く ・ 反動 ・ 読みごたえ ・ 余塵 ・ 落とし子 ・ 為替影響 ・ エコー ・ パルス音 ・ 連続音 ・ クラングファルベン ・ 電気音響 ・ 建築音響 ・ 心理音響 ・ 複合音 ・ 立体音響 ・ 純音 ・ のこり香 ・ 香ばしい ・ かおり ・  ・ 響き ・ 味わい ・ 趣き
キーワードをランダムでピックアップ
貝殻炭水化物マドロスペニス台所交渉相宿ブランケット激闘のむ渡船場尿路結石力不足決定的連絡が取れない面の皮をひんむくがらがらの電車酔ってくだを巻く菊見の宴出世への土台にする
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 余韻あとに残る響き
  2. 余韻(を残す)何かが終わっても、その気配や影響があとに残る
  3. 余韻地味であり周囲との違和感がない/しずかで落ち着いた味わいがある(趣がある/落ち着いている)
  4. 余韻(△が残る[のある作品])その物からそれとなく感じられるいい意味での特徴(深いあじわい)
  5. 余韻(△が残る[のある作品])(未分類)