表示領域を拡大する

なんと(まあ)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
なんと(まあ)突然の出来事に驚きや恐怖を感じるなんと(まあ)突然の出来事に驚きや恐怖を感じる  冷や汗(をかく) ・ 心臓が跳ね上がる ・ 心臓にこたえる ・ (敵に見つかりそうになって)ひやり(と)(する) ・ どきり(と)(する) ・ 意表を突かれる ・ ぎょっ(とする) ・ ぎくり(と)(する) ・ ぎくっ(と)(する) ・ 驚く ・ どきん(と)(する) ・ 肝を冷やす ・ 思考が止まる ・ えっ(!?) ・ (質問されて)へどもど(する) ・ はっと(する) ・ ぎょっ(と)(する) ・ そんな(!) ・ 焦る ・ げっ(!) ・ (恐怖で)心が凍る(思い) ・ そんなバカな ・ 虚をつかれる ・ うわっ(!) ・ ぞっと(する) ・ べっぴん ・ うりざね顔 ・  ・ くっきりした目鼻立ち ・ 目鼻立ちがはっきりしている ・ 美貌 ・ 勝ち組 ・ 目鼻がそろう ・ きりっとした(顔) ・ 見目麗しい ・ 花のかんばせ ・ 整った顔立ち(をしている) ・ 器量よし ・ クールビューティ ・ 魅力的 ・ 明眸皓歯めいぼうこうし ・ お人形さんみたい(な顔) ・ (まさに)生き人形 ・ 白痴美(の女) ・ 理知的(な顔立ち) ・ 端正(な顔立ち) ・ 美しい目鼻立ち ・ 玉のような(美人) ・ 小顔(の女性) ・ 美しい顔 ・ まぶしいほど美しい ・ 容姿端麗 ・ 端麗 ・ 肯定的な印象を受ける ・ (顔が)整っている ・ 涼しげな目 ・ 美形 ・ ゴージャスな顔 ・ 派手な作りの顔 ・ (衰えぬ)容色 ・  ・ 水もしたたる(いい男) ・ 気が気でない ・ 思い乱れる ・ 心が乱れる ・ (心が)千々に乱れる ・ (周辺が)ざわつく ・ (経済界が)色めき立つ ・ 悩乱 ・ 悩み乱れる ・ 極限的な状態に達する ・ (心が)騒ぎ乱れる ・ 目が泳ぐ ・ (心が)波立つ ・ (的確な)判断力を失う ・ (心が)動揺(する) ・ 平静(さ)を失う ・ (大臣の発言が)物議を醸す ・ (悪事がばれて)狼狽(する) ・ 落ち着きを失う ・ (求刑に)身じろぎ(する) ・ (平静を装いながら)心の中は嵐 ・ 動じる ・ 冷静さを失う ・ 冷静さも吹っ飛ぶ ・ (新サービスが旧態依然の業界に)波紋を投げかける ・ さざ波が立つ ・ 総毛立つ ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 危機感を抱く ・ 感激(する) ・ 感激を受ける ・ 面食らう ・ 逃げ惑う ・ サプライズ ・ 寒気(がする) ・ ふと ・ ひやひや ・ 一躍(時の人) ・ 体が固まる ・ 雷に打たれたような(衝撃) ・ 寒気立つ ・ 深々 ・ 寒心(に堪えない) ・ (突然の音に)慌てる ・ どきどき ・ 厳寒 ・ ショッキング(な事件) ・ がたっと ・ 急激(に)(冷え込む) ・ 短兵急 ・ (心を)揺さぶる ・ (△心が[胸を/魂を])揺さぶられる ・ 奇襲(する) ・ 温度差 ・ 胸が震える ・ 劇的(に変わる) ・ 悪感 ・ 息をのむ ・ 震駭 ・ △心[ハート]をわしづかみにされる ・ (驚いて)失神(する) ・ (怖いから)知らないふり ・ 言葉をのむ ・ 不意(に)(現れる) ・ 不意をつく ・ 不意打ち ・ 驚倒(する) ・ 皮膚を刺されるような痛み ・ (成り行きを)見つめる ・ 寒気 ・ 余寒 ・ こわごわ ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ 喫驚(する) ・ あり得ない ・ 愕然(とする) ・ びくびく(する) ・ 油断につけこんで ・ 畏怖(する) ・ (顔から)血の気が引く ・ 恐れおののく ・ 腰が引ける ・ ぐっと来る ・ 立ちすくむ ・ しばれる(ねぇ) ・ (△美しさ[雄大さ]に)圧倒される ・ 慄然(とする) ・ 心を打つ ・ 心を打たれる ・ びっくらこいた ・ 身震い(する)(ほど感動) ・ 怖がる ・ 感心(する) ・ 寒冷 ・ 凛と ・ 時ならぬ(声を上げる) ・ 悚然 ・ 出し抜け(に) ・ 生きた空もない ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ ドンと来る ・ ドーンと(来る) ・ ほれ込む ・ 突然 ・ 降って湧いたよう(に) ・ 嘆美(する) ・ 驚異(の切れ味) ・ オーマイゴッド ・ 縮み上がる ・ 油断していた ・ 息が止まるかと思った ・ (今夜はひどく)てる ・ 憮然 ・ 向寒 ・ 胸を打つ ・ 胸を打たれる ・ 忽焉 ・ 突撃(取材) ・ アポなし(訪問) ・ 飛び込み(の△セールス[仕事]) ・ (気持ちが)込み上げる ・ (突然すぎて)面食らう ・ 背中を丸める ・ 臆する ・ 勇気がいる ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ どきっ(とする) ・ (感動で)(△胸[気持ち]が)熱くなる ・ (胸を)熱くさせる ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 後ずさり(する) ・ (素敵な歌声に)心を射抜かれる ・ ゲリラ的(手法) ・ おどおど(する) ・ うそ寒い ・ とんきょう(な声を上げる) ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ うっそー(!) ・ 小心翼々 ・ 顔面蒼白(になる) ・ (驚いて)絶句(する) ・ 一驚(を喫する) ・ たちまち ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ ぎくり ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ びっくり(する) ・ (空気が)一変する ・ 胸がいっぱい(になる) ・ ばったり ・ ぶるぶる(震える) ・ 寝耳に水 ・ 腰を抜かす ・ 腰が抜けそう ・ 彗星のように(登場する) ・ 彗星のごとく(現れる) ・ (状況が)急変する ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ (忘れられないほど心に深く)感じる ・ (心が)震える ・ 唐突(に) ・ (驚きで)顔色を変える ・ 表情を変える ・ 感極まる ・ (一天)にわか(に)(掻き曇る) ・ はっとする ・ 青天の霹靂 ・ 意外(に思う) ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ 有無を言わさず ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ おろおろ(する) ・ 春寒 ・ 感じ入る ・ 肌寒い ・ 冷や汗が出る ・ 享受 ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ 呆けたようになる ・ 不時(の来客) ・ すわ(っ)(、一大事) ・ 率然 ・ 卒然 ・ (事前の)準備なく ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 怖じ怖じ ・ 寒い ・ 寒さ(が△厳しい[堪える]) ・ 寒々 ・ 気圧される ・ 嘆息 ・ あいさつも無しに ・ 心が躍る ・ 藪から棒(に) ・ 恐々 ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ いきなり ・ 薄ら寒い ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ (命が)おびかされる ・ (気が)動転(する) ・ 感銘(△する[を受ける]) ・ 夜寒 ・ ふいと ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 目がくらむ(ような)(大作) ・ ぽっくり ・ 恐るべき(破壊力) ・ 首をすくめる ・ 身震い(する) ・ あいさつ代わり(のホームラン) ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ 生きた心地がしない ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ どぎまぎ ・ おやおや ・ あれあれ ・ 降って湧いたような(縁談) ・ (怖がって)震え上がる ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ 薄氷を踏む思い ・ トラウマ(になる) ・ 身の縮む(思い) ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ (笑い声が)はじける ・ むずと(つかまれる) ・ むんずと(組まれる) ・ 怪奇(現象) ・ 驚愕(する) ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 耳を疑う ・ (胸が)じんと(する) ・ (胸に)じんと来る ・ 胸にくる ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ 陶酔 ・ (心に)ぐっと来る ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ 脅威を感じる ・ 珍事 ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 及び腰(になる) ・ あろうことか(元カノと同席) ・ (胸を)衝かれる ・ ぞっとする ・ 怖じける ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ 物おじ(する) ・ 鬼気迫る(演技) ・ 感奮(する) ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ (心が)燃える ・ 心が凍る ・ (小便を)ちびる ・ ぱったり ・ 聳動 ・ 翻然 ・ 感嘆 ・ 驚き入る ・ 身を切るよう ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 予告なし(に) ・ 抜き打ち(的に) ・ (相手の)虚をつく ・ ひよる ・ 息が止まる ・ 突如(として) ・ 物恐ろしい ・ つと(立ち止まる) ・ 感動(する) ・ 感動が起こる ・ 感動すら覚える ・ 感動的(な映画) ・ (わが)目を疑う ・ どきん ・ 思いがけない ・ 思いがけず ・ 思いもかけず ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 俄然 ・ (何の)前兆もなく ・ 前兆を見逃した結果 ・ (何の)前触れもなく ・ (横から)ひょいと(手を出す) ・ ひょっこり(と)(帰ってくる) ・ ひょっと ・ 泣ける(映画) ・ (全米が)泣いた ・ 涙を誘う ・ 忘れられない ・ 心を奪われる ・ 歯の根が合わない ・ はたと(気づく) ・ 肌にあわを生じる ・ 酷寒 ・ 感慨(にふける) ・ 感慨もひとしお ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ まさか(の展開) ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ パニる ・ 打ち付け ・ 身の毛がよだつ ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ (熱演に)心を動かされる ・ 心が動く ・ 気持ちが動く ・ 気持ちを動かされる ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 恐るべき ・ 怖い ・ (世界を)震撼(させた事件) ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ なんてことだ ・ 凛々 ・ ひるむ ・ 風のように(現れる) ・ (思わず)涙がこぼれそうになる ・ 泣かせる(話) ・ びくつく ・ びくつき ・ 気づかれないように ・ 目の玉が飛び出る ・ 強い印象を受ける ・ (この絵には)アピール(するものがある) ・ (驚きのあまり)棒立ち(となる) ・ うろたえる ・  ・ やにわに(走り出す) ・ 感にえない ・ 感に堪える ・ 胸に迫る ・ びくり(とする) ・ ぞくぞく ・ 勃然 ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 思いがけないことが起きる ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 胸に響く ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 電撃(的)(な結婚) ・ おぞましい(事件) ・ (△心[気持ち]を)揺り動かされる ・ 心を染みる ・ 震えが止まらない ・ (思わず)涙する ・ 泡を食う ・ 忽然 ・ ひざががくがくする ・ パッと散る ・ 飛び入り(で参加する) ・ 心胆を寒からしめる ・ 耳目を驚かす ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 豁然 ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ がたがた(震える) ・ (ストーリーが)飛躍(する) ・ 一足飛び(の結論) ・ うわーっというような(感動) ・ 詠嘆 ・ ぶっつけ(本番) ・ ころりと ・ 急に ・ びびる ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ 驚喜(する) ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 極寒 ・ 恐がらせる ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ 憑き物が落ちたように(元気になる) ・ 恐れる ・ ブラック(ユーモア) ・ 尻込み(する) ・ 情感豊か(なラブソング) ・ 心の琴線きんせんに触れる ・ とみに ・ (△歌声に[脳が/熱い訴えに])しびれる ・ しびれるほど(感動する) ・ おののく ・ おののき ・ 用意していない ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 突発的(に) ・ 快適に過ごすことができない ・ (体が)凍りつく ・ 凛冽 ・ 蒼白(する) ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ (ひどく)驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ (痛いほど)緊張(する) ・ たまげる ・ ぶったまげる ・ 寒気がする ・ おっかない ・ (恐怖に)震える ・ うわわっ(!) ・ 戦々恐々 ・ 怖じる ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ (激しい雨が)うそのよう(に)(やむ) ・ 率爾 ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 狼狽(する) ・ もらい泣き(する) ・ 夢見心地 ・ 陶然 ・ (生きる上での)慰め ・ 君の笑顔が力になる ・ 夢心地 ・ 恍惚 ・ 癒やし ・ 生きて行く力(になる)
なんと(まあ)(未分類)なんと(まあ)(未分類)  なんか ・ さても ・ なんと ・ なんて ・ さてさて ・ 虚をつかれて ・ 法外な ・ とてつもない ・ 目の敵にする目をむく ・ 目がでんぐり返る ・ 目玉が飛び出る ・ 目の玉が裏返る ・ べらぼうな ・ ゲッ ・ 目が点になる ・ 度肝を抜かれる面食らう ・ 目の色
キーワードをランダムでピックアップ
赤松罹る重畳ぴちゃぴちゃ旧記鼻を明かす警護目くらましおもしぶどう酒ラシャ理論的すっかり弱る小回りがきかない狙いが当たる情報伝達システム暮らしにくい軟派な生き方腕をさすって革命の旗のもとに集まる
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 2