表示領域を拡大する
(世界を)震撼(させた事件)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(世界を)震撼(させた事件)思いがけないことにびっくりする(おどろく)(世界を)震撼(させた事件)思いがけないことにびっくりする(おどろく)  あろうことか(元カノと同席) ・ 泡を食う ・ オーマイゴッド ・ 耳を疑う ・ 喫驚(する) ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ 寝耳に水 ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ 驚愕 ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ ぎくり ・ ぎくっ(と)(する) ・ (わが)目を疑う ・ 驚異(の切れ味) ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ 驚き入る ・ 青天の霹靂 ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ トンデモ(科学) ・ びっくり(する) ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ 目の玉が飛び出る ・ まさか(の展開) ・ なんてことだ ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ 一驚(を喫する) ・ サプライズ ・ 腰を抜かす ・ 腰が抜けそう ・ 驚倒(する) ・ 動転(する) ・ たまげる ・ ぶったまげる ・ 息が止まるかと思った ・ 立ちすくむ ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ 面食らう ・ 珍事 ・ 愕然(とする) ・ 奇縁 ・ 震駭 ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ うわわっ(!) ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ 顔色を変える ・ 呆けたようになる ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ 息をのむ ・ 息が止まる ・ 狼狽 ・ 迫真(の演技) ・ 驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 耳目を驚かす ・ 目を見張る ・ 思考が止まる ・ (突然の音に)慌てる ・ 慌てふためく ・ 目まい(を覚える) ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ 思いがけないことが起きる ・ あり得ない ・ 聳動 ・ おやおや ・ あれあれ ・ すわ(っ)(、一大事) ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ (驚いて)失神(する) ・ びっくらこいた ・ うっそー(!) ・ どきっ(とする) ・ はっとする ・ パニる ・ 仰天(する) ・ (思い切り)間抜けた(顔) ・ ひっくり返る ・ 毒気を抜かれる ・ 驚くばかり ・ 鳩が豆鉄砲を食ったよう(に) ・ (素敵な雰囲気に)ぼーっと(なる) ・ ぽかん(とする) ・ ぼんやり(する) ・ 驚愕する ・ (礼儀知らずに)腹が立つ ・ いやになる ・ 目を点にする ・ 目が点になる ・ 声が出ない ・ (二人の仲に)当てられる ・ あまりのことに(返事ができない) ・ 呆然(とする) ・ おやおや(、おかしいぞ)、あらら ・ 五里霧中 ・ しらける ・ よく言うよ ・ 収拾がつかない ・ 度肝を抜かれる ・ きょとん(とする) ・ 声を失う ・ (大人も)顔負け ・ トンデモ(本) ・ 絶句(する) ・ 言い返せない ・ とんでもない(ことをしでかす) ・ 言葉を失う ・ 言うべき言葉もない ・ あっけにとられる ・ 言葉にならない ・ (予想外の出来事に)驚く ・ お粗末な(言い訳) ・ 唖然(とする) ・ 口を開けて ・ 思考が(一瞬)止まる ・ 腰が抜ける ・ 目をむく ・ 途方もない(計画) ・ 恐れ入る ・ 恐るべき(自信家) ・ 二の句が継げない ・ 気抜けする ・ 返す言葉もない ・ 開いた口が塞がらない ・ 口がきけない ・ (口を)あんぐり(させる) ・ あごが外れたかのように(口をあんぐり) ・ ぼう然(と見守る) ・ あっけらかんと ・ 言葉が出ない ・ 目を丸くする ・ ノックアウトされる ・ ぱっちり ・ かっと ・ 瞠目 ・ 見開く ・ ぱっくり ・ 瞠若 ・ まなじりを決する ・ まなじりを裂く ・ 目を皿のようにして ・ (目を)見張る ・ (敵に見つかりそうになって)ひやり(と)(する) ・ ぞっと(する) ・ どきん(と)(する) ・ 意表を突かれる ・ 冷や汗(をかく) ・ ぎくり(と)(する) ・ げっ(!) ・ 心臓にこたえる ・ ぎょっ(とする) ・ えっ(!?) ・ (質問されて)へどもど(する) ・ どきり(と)(する) ・ 肝を冷やす ・ 虚をつかれる ・ 心臓が跳ね上がる ・ 焦る ・ そんなバカな ・ はっと(する) ・ ぎょっ(と)(する) ・ なんと(まあ) ・ うわっ(!) ・ そんな(!) ・ 顔色なし ・ (顔色が)青くなる ・ (顔色が)白くなる ・ 青ざめる ・ 顔色を失う ・ 真っ青になる ・ 血の気が失せる ・ 表情が消える ・ 色を失う ・ (顔から)血の気が引く ・ 離れ技(をやってのける) ・ 衝撃的(デビュー) ・ 驚嘆させる ・ あっと言わせる ・ 電撃(結婚) ・ パニくらせる ・ 彗星のように(現れる) ・ 迫力ある(映画) ・ 感心させる ・ はっとさせる ・ (相手の)生き肝を抜く ・ 困惑させる ・ 冷水を浴びせる ・ (心理的に)混乱させる ・ 度肝を抜く ・ 怖がらせる ・ 思いがけない(どんでん返し) ・ 意表を突く ・ 不意打ち(をかける) ・ 予想外(の展開) ・ (大方の)予想を覆す ・ 虚をつく ・ (大きな)ショックを与える ・ まごつかせる ・ ひと泡吹かせる ・ 瞠目(すべき)(成果だ) ・ ドラマチック(な展開) ・ 不意を打つ ・ (相手の)尻毛を抜く ・ 奇抜(な髪型) ・ 驚かせる ・ (世間を)震撼させる ・ 舌を巻かせる ・ 慌てふためかせる ・ 想定外(の事態) ・ (打者を)凍りつかせる(魔球) ・ びっくりさせる ・ 目の覚めるような(美人) ・ どっきり(カメラ) ・ (わっと言って)脅かす ・ 脅す ・ 鬼面人を脅す ・ 鬼面人を驚かす ・ 慌てさせる ・ (何か)でかいこと(をしたい) ・ 仰天させる ・ 驚嘆(する) ・ 舌を巻く ・ 立派(な家) ・ マンモス(△校[のような]) ・ 雄大(な景色) ・ (まるで)夢でも見ているかのような(壮大な自然景観) ・ 桁外れ(のスケール) ・ スケールが大きい ・ スケールの大きい(映画) ・ 規模が大きい ・ (雄大な山々の)(姿に)圧倒される ・ (富士の)偉容(を仰ぐ) ・ (八方ヶ岳が)どんと構える ・ 壮大(なスケール) ・ 威圧感(のある建物) ・ (見る者の)小ささを(いやでも)意識させる ・ 威容(を誇る)(大聖堂) ・ 圧倒的(存在感) ・ (他を)圧する(存在感) ・ 堂々としている ・ 身のすくむような(垂直の崖) ・ (思わず)息をのむ(絶景) ・ (超高層ビル群の)偉観 ・ (自然の壮大さに)畏怖(の念を抱く) ・ 目もくらむような(大自然) ・ すごい(!) ・ 思わず声を上げる ・ おっと(危ない) ・ わっ(と声を上げる) ・ 驚嘆の声(を上げる) ・ 驚き(の声を上げる) ・ はっ(と思う) ・ あっ(危ない) ・ あっと(驚く) ・ (アイドルの登場に)興奮を抑えられない ・ (スタッフの間に)緊張が走る ・ (その場が)騒がしくなる ・ (場内が)騒然(となる) ・ (観客が)色めく ・ 色めき立つ ・ どよめく ・ どよめき(が起こる) ・ 聞いてあきれる ・ あろうことか(~するとは) ・ あきれ顔 ・ (つまらない冗談に)引く ・ あきれて物も言えない ・ あきれる ・ あきれ果てる ・ あきれ返る ・ 驚きあきれる ・ (非常識さに)驚く ・ 閉口(する) ・ (ひどく)困惑(する) ・ (言うべき)言葉もない ・ (皮肉で喜んでいるなんて)世話がない(ね) ・ ショッキング(な事件) ・ 恐れる ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 気圧される ・ 悚然 ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ 寒気(がする) ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 生きた空もない ・ 身震い(する) ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしさ ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ がたがた(震える) ・ 恐れおののく ・ 寒気立つ ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 生きた心地がしない ・ 危機感を抱く ・ 物恐ろしい ・ 怖じ怖じ ・ ひやひや ・ 肌にあわを生じる ・ 体が固まる ・ 心が凍る ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ ひざががくがくする ・ 小心翼々 ・ (成り行きを)見つめる ・ 勇気がいる ・ 脅威を感じる ・ 恐るべき ・ おぞましい(事件) ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ どきどき ・ 怖じる ・ 恐がらせる ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ (体が)凍りつく ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ おっかない ・ びびる ・ うろたえる ・ おどおど(する) ・ 憮然 ・ 衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 日和る ・ 寒心(に堪えない) ・ 及び腰(になる) ・ 震えが止まらない ・ 薄氷を踏む思い ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 後ずさり(する) ・ 身の毛がよだつ ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 顔面蒼白(になる) ・ 心胆を寒からしめる ・ 怖がる ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 畏怖(する) ・ 冷や汗が出る ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ (恐怖に)震える ・ 怖い ・ 臆する ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ (命が)おびかされる ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ 総毛立つ ・ 慄然(とする) ・ 鬼気迫る(演技) ・ 身の縮む(思い) ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ おろおろ(する) ・ ぞっとする ・ 物おじ ・  ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ どぎまぎ ・ どきん ・ (小便を)ちびる ・ 戦々恐々 ・ ひるむ ・ 怖じける ・ びくつく ・ びくつき ・ 恐々 ・ こわごわ ・ 怪奇(現象) ・ びくり(とする) ・ 恐るべき(破壊力) ・ おののく ・ おののき ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 首をすくめる ・ 腰が引ける ・ (怖いから)知らないふり ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ (怖がって)震え上がる ・ (△足[身]が)すくむ ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 縮み上がる ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 逃げ惑う ・ あり得ない(事が起きた) ・ 神の計らい(により再会できた) ・ よもやの(敗退) ・ 期せずして ・ くしくも(巡り会う) ・ 予期せず ・ (あたかも)夢を見ているよう ・ 本当でないような ・ 図らずも ・ まさか(の結果) ・ うそみたい ・ キツネにつままれたような(気分) ・ (大)番狂わせ ・ (にわかには)信じられない ・ ひょうたんから駒(が出る) ・ 想定外(の結果) ・ アンビリーバボー ・ うそのよう(に)(静まり返る) ・ 信じられない ・ (一天)にわか(に)(掻き曇る) ・ 忽焉 ・ (相手の)虚をつく ・ 俄然 ・ (何の)前兆もなく ・ 前兆を見逃した結果 ・ (何の)前触れもなく ・ 打ち付け ・ 不時(の来客) ・ (状況が)急変する ・ ゲリラ的(手法) ・ 率然 ・ 卒然 ・ 油断につけこんで ・ 急激(に)(冷え込む) ・ (横から)ひょいと(手を出す) ・ ひょっこり(と)(帰ってくる) ・ 勃然 ・ 不意(に)(現れる) ・ 不意をつく ・ 不意打ち ・ あいさつ代わり(のホームラン) ・ 有無を言わさず ・ (突然すぎて)面食らう ・ 一躍(時の人) ・ 気づかれないように ・ 短兵急 ・ 突発的(に) ・ 突撃(取材) ・ アポなし(訪問) ・ 飛び込み(の△セールス[仕事]) ・ ぱったり ・ (ストーリーが)飛躍(する) ・ 一足飛び(の結論) ・ ふと ・ ぶっつけ(本番) ・ 藪から棒(に) ・ ぽっくり ・ 電撃(的)(な結婚) ・ 抜き打ち(的に) ・ 突如(として) ・ 思いがけない ・ 思いがけず ・ 思いもかけず ・ ふいと ・ 降って湧いたような(縁談) ・ がたっと ・ 豁然 ・ ころりと ・ (激しい雨が)うそのよう(に)(やむ) ・ とみに ・ ばったり ・ 率爾 ・ 降って湧いたよう(に) ・ つと(立ち止まる) ・ 用意していない ・ いきなり ・ 奇襲(する) ・ ひょっと ・ むずと(つかまれる) ・ むんずと(組まれる) ・ あいさつも無しに ・ 翻然 ・ 急に ・ たちまち ・ 出し抜け(に) ・ ドンと来る ・ ドーンと(来る) ・ パッと散る ・ 突然 ・ はたと(気づく) ・ 劇的(に変わる) ・ 時ならぬ(声を上げる) ・ (事前の)準備なく ・ 予告なし(に) ・ やにわに(走り出す) ・ (空気が)一変する ・ 忽然 ・ (笑い声が)はじける ・ 彗星のように(登場する) ・ 彗星のごとく(現れる) ・ 唐突(に) ・ 憑き物が落ちたように(元気になる)
もしかしてログインすると表示されますもしかしてログインすると表示されます
震撼ふるえる震撼ふるえる  震う ・ 振動 ・ 震わせる ・ 震動 ・ がくんがくん ・ 顫動 ・ 揺らぎ ・ ひくひく ・ (心臓の)脈動 ・ ぶるぶる ・ 身震い ・ わなわな ・ (宇宙の)鼓動 ・ ぴくぴく ・ 震える ・ ぴくりと ・ がたがた ・ バイブレーション ・ 小刻み(に震える) ・ 痙攣したよう(に)(震える) ・ がくがく ・ (船の)動揺 ・ 震え ・ 冷たい風に堪える ・ わななく ・ 震駭 ・ 寒気(がする) ・ 寒気立つ ・ 慄然(とする) ・ 恐れおののく ・ (△心[体]が)震える ・ 戦慄 ・ 身震い(する) ・ おののく ・ おののき ・ 武者震い ・ 歯の根が合わない ・ 胴震い ・ 震え上がる ・ 震えがする ・ 体が震える ・ 体を震わせる ・ 震音 ・ トレモロ ・ 体鳴楽器 ・ 貧乏揺すり ・ ぐらりと ・ ゆらりと ・ 揺れ ・ 翩翻 ・ ゆさゆさ ・ 揺すぶる ・ 動揺 ・ 足もとが定まらない ・ 揺れる ・ ぐらつく ・ 揺り動かす ・ 揺り返し ・ 揺るがす ・ ぶらぶら ・ 揺さぶる ・ 揺り起こす ・ 片々 ・ ひょろつく ・ 横揺れ ・ 揺らぐ ・ ゆする ・ だぶつく ・ 飄々 ・ ダッチロール(現象) ・ 貧乏揺るぎ ・ ふらつく ・ (メーターの針が)振れる ・ よろめく ・ (こっくりこっくり)船をこぐ ・ ひらひら ・ ゆらゆら ・ だらりと ・ ぐらぐら ・ 揺るぐ ・ 揺らめく ・ 揺る ・ 斜めに△なる[する] ・ ゆすぐ ・ ピッチング ・ ふらふら ・ ひょろひょろ ・ ぶらりと ・ 倒れそうになる ・ ぶかぶか ・ ローリング ・ そよぐ ・ そよがす ・ ぶらつく ・ たじろぐ ・ 不安定(な状態) ・ よろける ・ 宙ぶらりん ・ 揺れ動く ・ (うちわで)あおる ・ (突風の)あおり(を受ける) ・ 振り立てる ・ 振る ・ ぶんぶん ・ (しっぽを)(プロペラみたいに)振り回す ・ 振れる ・ 振り動かす ・ 打ち振る ・ 振るう ・ 振盪 ・ 態度 ・ 身振り ・ 身振り手振り ・ アクション ・ しこなし ・  ・ 居住まい ・ 所作 ・ 身ごなし ・ そぶり ・ ジェスチャー ・ こなし ・ 振り ・ 仕振り ・ 物腰 ・  ・ 動作 ・ しぐさ ・ 気振り ・ 円運動 ・ 流動 ・ 作動 ・ (装置の)駆動(部) ・ 慣性(の法則) ・ 波動 ・ 弾む ・ 動く ・ 力学 ・ 動かす ・ (原子の)運動 ・ (星の)移動 ・ 移り変わり ・  ・ 動き ・ 不活発に動く ・ 胎動 ・ うずく ・ 蠢動 ・ 微動(だにしない) ・ もぞもぞ ・ うごめく ・ うごめかす ・ わずかな揺れ ・ 蠕動 ・ 脈打つ ・ もぐもぐ ・ 脈動 ・ (星の)運行 ・ 律動 ・ (ピストンの)行程 ・ 規則的な動き ・ (時の)移ろい ・ 一定のリズム ・ (自然の)リズム
(業界)震撼既成の秩序を壊す(業界)震撼既成の秩序を壊す  (馴れ合い会議を)かき回す ・ きりきり舞いさせる ・ (仕組みを)ぶち壊す ・ (敢然と)立ち向かう ・ 風雲児 ・ 反逆する ・ 胸のすく(活動) ・ 黙っていない ・ おとなしくしていない ・ 素直にしていない ・ 因習を破る ・ (あまりに)非常識 ・ (掟なんぞ)くそ食らえ ・ (既存の制度を)粉砕する ・ (仕組みを)打ち壊す ・ ひと騒ぎ起こす ・ 旋風を巻き起こす ・ 新風を吹き込む ・ (仕組みを)粉砕する ・ 押しまくる ・ (旧弊を)打破(する) ・ 常識を疑う ・ (疾風)怒濤(の攻撃) ・ (包囲網を)ものともしない ・ 型破り(の活動) ・ 既成の秩序を壊す ・ (NHKを)ぶっ壊す ・ (伏魔殿)斬り ・ ひと暴れ(する) ・ (鬼神のごとく)暴れる ・ 野放図 ・ アウトロー ・ (映画界の)鬼才 ・ (△既得体制[既得権益層]にとっての)危険人物 ・ くずれた(服装) ・ 筋金入り(の活動家) ・ (演劇界の)猛者もさ ・ まともでない ・ 扱いにくい(人間) ・ 奇想の(建築物) ・ 普通の物差しでは測れない ・ 暴れ馬 ・ じゃじゃ馬(娘) ・ 無軌道(な生き方) ・ 粗削り(の若者) ・ 常識外れ ・ 常識破り ・ 非常識 ・ 暴れん坊(将軍) ・ 常軌を逸する ・ 異次元(社長) ・ 外様(の課長) ・ 悪童 ・ 型にはまらない ・ 規格外れ(の人) ・ 長いものに巻かれない ・ とんがった(連中) ・ (中央に)たてつく ・ 横暴 ・ (集団の中で)異彩を放つ ・ (自分)勝手 ・ ひるまない ・ アウトサイダー ・ (組織の)和を乱す者 ・ (業界の)秩序を乱す者 ・ 奇をてらった(やり方) ・ 破戒僧 ・ おきて破り ・ 横紙破り ・ 荒法師 ・ 異色(の存在) ・ 不適切(な行動) ・ 分をわきまえない ・ 大胆な振る舞い(をする)(男)(見る者を)仰天させる ・ (政界の)暴れ者 ・ (体制側に)反旗を翻す ・ 独善的 ・ 跳ね上がり(者) ・ 飛び上がり者 ・ (ファッション界の)反逆児 ・ 非エリート ・ コントロールできない(若者) ・ 御しがたい ・ (演劇界の)問題児 ・ トラブルメーカー ・ はちゃめちゃ(な男) ・ 暴走機関車 ・ 傍若無人 ・ (政界の)ヒール ・ 跳ね(っ)返り(の女) ・ (映画界の)過激派 ・ 狂人(と紙一重)(の存在) ・ 怪童 ・ 革命児 ・ (枠に)収まらない ・ 常識の枠にはまらない ・ 破天荒(の若者) ・ かぶき者 ・ クレイジー(な男) ・ (永遠の)不良少年 ・ 型破り ・ あぶない(刑事) ・ 異分子 ・ 一匹オオカミ ・ (体制の)壊し屋 ・ 無冠の帝王 ・ 伝統破壊者 ・ 傍流(を行く) ・ 不良(性がある) ・ 無頼(△な若者[の生き方]) ・ (体制に)反抗(する) ・ パイオニア ・ 野生児 ・ 変わり者 ・ (同期生中の)変わり種 ・ (規範からの)逸脱 ・ 無法者 ・ (辺境の)ゲリラ ・ 小さくまとまらない ・ (サッカー界の)悪童 ・ (歌舞伎界の)異端児 ・ 異端者(扱いされる) ・ 異端(的存在) ・ 異端派 ・ 反逆者 ・ (過激派が)猛威をふるう ・ (テロリストの)活動が活発化(する) ・ 攻撃(する) ・ 武力による(政府転覆) ・ テロ(リズム) ・ 狂暴化(する) ・ (ゲリラによる)破壊活動 ・ 暴動(を起こす) ・ 反社会的(行為) ・ 普通の人ならしない ・ 社会通念に反する ・ (世間の)常識をはみ出す ・ 思慮を欠く ・ たるの底が抜けたよう(な)(下落) ・ 常識がない ・ (△良識[規範]から)逸脱 ・ 曲がった(考え) ・ ストーカーまがい(の行為) ・ 疎外感を味わう ・ (社内の)新人類 ・ やっかい者 ・ 余計者 ・ 秩序破壊者 ・ 秩序破壊を恐れない ・ 協調性とは無縁 ・ 背徳者 ・ 浮き世離れしている ・ 世間離れしている ・ 反社会的 ・ (プロ野球界の)変わり者 ・ 風変わり ・ 奇人 ・ 飼いならされない ・ 非主流を生きる ・ (大勢に)背を向ける ・ 反時代人 ・ (既成の)枠にはまらない ・ 異端(者) ・ 個性的 ・ 外道 ・ やさぐれ(刑事) ・ 反体制 ・ ユニーク ・ 独特の世界を持つ ・ 異邦人 ・ (組織内の)異物 ・ (権益層にとって)危険人物 ・ (組織内の)邪魔物 ・ 不純分子 ・ 破天荒 ・ 分派(活動) ・ 反俗(の精神) ・ 狂気(の科学者) ・ (社会に)なじめない ・ 破戒(僧) ・ 生臭坊主 ・ 極端(な考え) ・ 変わっている ・ はみ出し者 ・ はみ出した人 ・ (一定の)枠に収まらない ・ (既成の)枠に収まりきらない ・ (多くの中で)異彩を放つ ・ 時代に受け入れられない ・ 邪魔者 ・ 邪道 ・ 孤立を恐れない ・ カルト集団 ・ (組織の)外れ者 ・ 孤塁を守る ・ (権威に)おもねらない ・ 超俗的 ・ 反骨(の精神) ・ 持て余し者 ・ 特異な行動 ・ 平均的でない ・ 鬼才 ・ 異質(な存在) ・ (社会の)レールから外れた(男) ・ (既存の価値への)反逆 ・ 一匹オオカミ(として生きる) ・ (神をも恐れぬ)瀆神の輩 ・ 規格から外れた ・ 不適応者 ・ (政界の)暴れん坊 ・ 暴れ者 ・ 奔放(な人物) ・ 先鋭的 ・ 孤高(の作家) ・ エキセントリック(な人) ・ 孤立者 ・ はぐれ者 ・ はぐれ(猿) ・ 偏見と独断(の見識) ・ 過激な言動 ・ (組織の和を)乱す者 ・ (権力サイドを)きりきり舞いさせる ・ 一人で何役もこなす ・ 雄飛 ・ 縦横無尽に活躍(する) ・ 大暴れ(する) ・ 嵐を巻き起こす ・ (大)活躍(△する[を演じる]) ・ 暴れん坊 ・ 暴れ回る ・ 八面六臂(の活躍) ・ 手が付けられない ・ 手に負えない(暴れ方) ・ 大車輪(の活躍) ・ (新天地で大いに)暴れる
(業界)震撼(未分類)(業界)震撼(未分類)  激盪 ・ 震撼 ・ 震盪 ・ 震蕩 ・ 震恐 ・ 震懾 ・ 震懼 ・ スリラー ・ 震悚 ・ 戦慄き ・ 戦怖 ・ 戦き ・ 震慴 ・ 震慄 ・ 心を凍りつかせる ・ 衝撃を与える ・ 震え上がらせる ・ 電撃が走る ・ 騒がせる ・ 世間を驚かす ・ 動揺させる ・ 激震 ・ ろうばい ・ 恐れ慌てる ・ 愕く ・ 吃驚 ・ 駭く ・ 動ずる ・ 周章 ・ 蝋梅 ・ おそれあわてる ・ がく然 ・ ロウバイ ・ 震かん ・ 武者ぶるい ・ 胴ぶるい ・ どうぶるい ・ 身ぶるい ・ 恐れ戦く ・ せん慄 ・ 鳥肌が立つ ・ おじ気づく ・ こわがる ・ 戦りつ ・ 恐ろしがる ・ 憶病風に吹かれる ・ 生きた心地も ・ しんかん ・ ゆれる ・ 地震動 ・ 畏れる ・ 危惧 ・ 怯え ・ ホラー ・ ふるえる ・ 狼狽える ・ 驚がく ・ 吃驚仰天 ・ あっけに取られる ・ はとが豆鉄砲を食ったよう ・ 肝をつぶす
キーワードをランダムでピックアップ
円盤一髪詰めが甘い心中を話す才筆ストライキ近詠灯用ワンステップ攻める高楼金曜日悔しさ鋸くず足が地につくどっぷり浸かる予備費に食い込む共通点を持つ世の中を押し渡る
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (世界を)震撼(させた事件)思いがけないことにびっくりする(おどろく)
  2. もしかして(ログインして表示)
  3. 震撼ふるえる
  4. (業界)震撼既成の秩序を壊す
  5. (業界)震撼(未分類)