表示領域を拡大する

油断ならないの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
油断ならない恐怖・おびえる油断ならない恐怖・おびえる  憮然 ・ 怖じける ・ 勇気がいる ・ 及び腰(になる) ・ 気圧される ・ 薄氷を踏む思い ・ びくり(とする) ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ (体が)凍りつく ・ ぶるぶる(震える) ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ ひざががくがくする ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 震えが止まらない ・ 発狂寸前 ・ どきん ・ 縮み上がる ・ 体が固まる ・ 生きた空もない ・ (小便を)ちびる ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ びくびく(する) ・ 肝を冷やす ・ 指の隙間から見てた ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 恐るべき ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ (命が)おびかされる ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 蒼白(する) ・ 畏怖(する) ・ (世界を)震撼(させた事件) ・ どきどき ・ 尻込み(する) ・ 物恐ろしい ・ ひよる ・ 怖い ・ 身の縮む(思い) ・ 身震い(する) ・ びくつく ・ びくつき ・ 小心翼々 ・ 恐妻家 ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ (恐怖で)何もできない ・ ショッキング(な事件) ・ 寒気(がする) ・ こわごわ ・ 恐るべき(破壊力) ・ (顔から)血の気が引く ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ おぞましい(事件) ・ 腰を抜かす ・ どぎまぎ ・ 怪奇(現象) ・ (恐怖して)驚く ・ 命を惜しむ ・ 恐れる ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 生きた心地がしない ・ (対応する)気力を失う ・ 戦意喪失(する) ・ 物おじ(する) ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ (怖いから)知らないふり ・ がたがた(震える) ・ 身の毛がよだつ ・ 首をすくめる ・ おののく ・ おののき ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ トラウマ(になる) ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 胸騒ぎ(を覚える) ・ 腰が引ける ・ 総毛立つ ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 臆する ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 意気地なし ・ ぞっとする ・ 心が凍る ・ 怖じ怖じ ・ 危機感を抱く ・ 胸が張り裂ける(ような恐怖) ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 寒心(に堪えない) ・ 逃げ惑う ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ (恐怖に)震える ・ 慄然(とする) ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 自信がない ・ 怖がる ・ 声がひきつる ・ 息をのむ ・ 怖じる ・ 肌にあわを生じる ・ 恐々 ・ 不気味 ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 気が気でない ・ 悚然 ・ おっかない ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ (怖がって)震え上がる ・ 心胆を寒からしめる ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ 地獄(の)(ような)(光景) ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ おどおど(する) ・ 恐れおののく ・ ブラック(ユーモア) ・ 後ずさり(する) ・ (成り行きを)見つめる ・ おろおろ(する) ・ 鬼気迫る(演技) ・ うろたえる ・ 戦々恐々 ・ ひるむ ・ 口がきけない(ほど驚く) ・ びびる ・ 顔面蒼白(になる) ・ 立ちすくむ ・ 寒気立つ ・ 冷や汗が出る ・ ひやひや ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 脅威を感じる ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 恐がらせる ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 及び腰(で)(塔に上る) ・ 震え上がらせる ・ グロテスク ・ (追及され)逃げ腰(で)(答弁する) ・ おびえた(顔) ・ 異様(な雰囲気) ・ うじうじ(している) ・ おどおど(している) ・ (夢に)さいなまれる ・ 頼りない ・ 気が弱い ・ 恐縮 ・ 恐ろしい夢 ・ 世にも奇妙な物語 ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ ガッツがない ・ 恐れをなす ・ 弱虫 ・ 泣き虫 ・ いかつい(顔) ・ (専門家も)はだしで逃げ出す ・ 玄人はだし(の腕前) ・ (不敵な)面構え ・ 気兼ねをしながら(世話になる) ・ 石橋を叩いて渡る ・ おずおず(と)(尋ねる) ・ 不覚を取らない ・ こわごわ(覗き込む) ・  (どうりで)夢見が悪かった(はずだ) ・ 夢騒がし ・ しゃちほこ張る ・ たじろぐ ・ (悪夢に)おそわれる ・ 悪寒 ・ 夢魘むえん ・ 萎縮する ・ ナーバス(になる) ・ 神妙(に)(小言を聞く) ・ 神妙な面持ち(で)(話す) ・ 不吉な夢 ・ 人見知り(する) ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ どきん(と)(する) ・ 妖気が漂う ・ 鍾馗しょうき(のような)(顔) ・ えっ(!?) ・ 震え上がる ・ 居すくむ ・ 居すくまる ・ 居ずくまる ・ おぞましい ・ ナイトメア ・ ためらいを見せる ・ 陰険(な目つき) ・ あがり症 ・ ぎくり(と)(する) ・ ぎくっ(と)(する) ・ わななく ・ 引け目を感じる ・ 行く末が思いやられる ・ びくびく(しながら) ・ 内気 ・ 怖さを感じながら(崖を上る) ・ 凍りつく ・ (王の威光の前に)ひれ伏す ・ 身の毛立つ ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ この世のものとは思えない ・ 気が引ける ・ 恐れながら ・ (△あそこ[肝]が)縮み上がる ・ 末恐ろしい ・ おこり(にかかる) ・ 根性がない ・ 鞠躬如きっきゅうじょ ・ 石橋を叩いても渡らない ・ 肩を寄せ合って(生きる) ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ 奇怪な夢 ・ 内向的 ・ 弱腰 ・ 気持ちが折れる ・ なんと(まあ) ・ そんな(!) ・ (不必要に)恐れる ・ (何かを)恐れている ・ 小心(者) ・ 焦る ・ 肝が小さい ・ (いつも)おとなしい ・ 鬼相きそう ・ 毒々しい ・ 怪(女優) ・ (△精神的に[人前で])萎縮(する) ・ (体が)フリーズ(する) ・ (本番を前に)がちがち(になる) ・ (心身が)かちかち(になる) ・ (大勢の前にして)こちこち(になる) ・ (面接試験で)こちんこちん(になる) ・ 警戒心が強い ・ 体を縮めて(謝る) ・ 顔色なし ・ (敵の技量に)青くなる ・ (人前で)どぎまぎ(する) ・ 遠慮がちに(問いかける) ・ (夢に)うなされる ・ すさまじい(形相) ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ へたれ ・ 戦慄 ・ 小胆 ・ ひやひやしながら ・ 不安げ ・ 肩をつぼめる ・ (恐ろしさに)(肌が)あわ立つ ・ お化け話 ・ (上司の前で)小さくなる ・ 強面(のお兄さん) ・ 人の陰に隠れるように(生きる) ・ けつの穴が小さい ・ 胴震い ・ たじたじ ・ 身をすくめる(ように生きる) ・ 落ち着かない ・ 怯懦きょうだ(な性格) ・ すさまじい(破壊力) ・ 失敗が怖い ・ (足が)すくむ ・ (気持ちの上で)負ける ・ (△心[体]が)震える ・ 妖夢 ・ 人怖じ ・ 弱者 ・ (敵に見つかりそうになって)ひやり(と)(する) ・ (恐怖で)立ちすくむ ・ 虚をつかれる ・ 霊の気配 ・ 怪談 ・ 臆病(な人) ・ 臆病者 ・ 小動物(のよう) ・ いじける ・ (挑戦する)気概がない ・ 不吉(な予感) ・ 小さくなって(暮す) ・ あぶら汗(がにじむ) ・ (顔色が)青くなる ・ (顔色が)白くなる ・ 夢魔 ・ (何かを)恐れている顔 ・ 柔弱(な精神) ・ 不安(な様子) ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ 自信をなくす ・ 謎めいている ・ 妖しい ・ (全身に)鳥肌(が立つ) ・ 奇怪(な現象) ・ 奇っ怪 ・ 優柔不断 ・ ばかりながら ・ ぎょっ(とする) ・ 寒い ・ 醜怪 ・ 顔色を失う ・ なまくら(武士) ・ 腰抜け(侍) ・ 怖がり ・ 弱々しい(姿) ・ 軟弱 ・ 命を惜しむ(男) ・ (寒さが身に)みる ・ (やや)臆しながら ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ 自信なげ(な様子) ・ 自信喪失 ・ (自分に)自信がない ・ 威圧される ・ 内省的 ・ 風邪気味 ・ 汗をびっしょりかいて目を覚ます ・ 気を呑まれる ・ そんなバカな ・ 凶夢 ・ (怒鳴られて)ちりちり(する) ・ 幽霊話 ・ (気力が)しぼむ ・ 不安そうに(箱を開ける) ・ (じとっと)暗い ・ たじたじ(となる) ・ 怨念のようなものを感じる ・ ホラー(映画) ・ スリラー(小説) ・ 用心しながら ・ お手上げ ・ 力が出ない ・ 意志薄弱 ・ 怖い話 ・ 降魔ごうまの相 ・ ぞくぞく(する) ・ ノミの心臓 ・ じめっとした(和製ホラー) ・ 得体の知れない ・ 亡霊が現れる ・ (妙な仕草に)引く ・ 歯の根が合わない ・ 魔(の)(海域) ・ (心身が)こわばる ・ (相手の)意向ばかり気にする ・ 金縛り(になる) ・ (体が)硬直する ・ 石のように(動かない) ・ 凄絶(な争い) ・ 卑怯者 ・ (すぐに)気を呑まれる ・ ひ弱(な男性) ・ 目に見えない害意 ・ 弥立つ ・ 体を固くする ・ 幻怪(な光) ・ 恐ろしい(雰囲気) ・ 震駭 ・ 冷たい風に堪える ・ (見ていて)ふがいない ・ 棒立ち(になる) ・ 淫靡(な雰囲気) ・ 硬い表情 ・ 表情が硬い ・ (身を)縮める ・ あつものに懲りてなますを吹く ・ (本来の)自分でなくなる ・ 女々しい ・ 風邪ひいたときに見る夢 ・ びびり ・ (不正行為への)消極的(態度) ・ 凄みのある(顔) ・ 敵わない ・ 懦弱(な学生) ・ ためらいながら ・ ためらいがち(に) ・ ひやひや(する) ・ 怪しい(屋敷) ・ 足のすくむ(ような) ・ そろそろ(と)(歩を進める) ・ 手探り(で)(進める) ・ 気弱げ ・ 顔面凶器 ・ たけだけしい(顔つき) ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ (身を)すくめる ・ いんに籠もった(音) ・ 不審(な物音) ・ 魁偉かいい(な容貌) ・ (社長のまで)縮こまる ・ 恐怖顔 ・ (師の前で)畏縮(いしゅく)(する) ・ 劣性 ・ 震えがする ・ 腹がない ・ (質問されて)へどもど(する) ・ かしこまる ・ (緊張で)(体が)動かない ・ 妖しい(雰囲気) ・ 震う ・ 怖い顔 ・ 恐ろしい顔(つき) ・ 目が泳ぐ ・ (グロテスクで)暗示的(な夢) ・ ブラックジョーク ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ 心臓が跳ね上がる ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ 屏息 ・ 気が小さい ・ (危ない場面に)汗をかく ・ 冷や汗(をかく) ・ 弱気になる ・ 奇岩 ・ どきり(と)(する) ・ 参る ・ 畏服 ・ 毒気を抜かれる ・ ぎょっ(と)(する) ・ 自信なさそう(に) ・ 悪夢 ・ 恥ずかしがり ・ 鼻白む ・ 腑抜け ・ 気後れした顔つき ・ (プロも)真っ青 ・ 真っ青になる ・ 気弱(そう)(な少年) ・ 二の足を踏む ・ 男らしくない ・ (気持ちが)萎える ・ 嫌な夢 ・ (体が)こわばる ・ 正体が知れない ・ 肝が据わっていない ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ 怖い夢 ・ 薄志弱行 ・ 緊張しながら(刃物を扱う) ・ じっとりと暗い(劇場) ・ (驚きや恐怖で)体が動かない ・ 貴様それでも軍人か ・ 深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ 懦夫 ・ 心臓にこたえる ・ 顔負け ・ 恐怖(の館) ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ 引っ込み思案 ・ うさんくさい(もうけ話) ・ 怪異(な現象) ・ 取り越し苦労ばかり ・ 血の気が失せる ・ 射すくめる ・ 慎重 ・ 厳しい表情 ・ シャイ ・ 武者震い ・ 冒険しない ・ (あぶら汗が)たらりと流れる ・ 表情が消える ・ チキン(野郎) ・ オカマ(野郎) ・ おとなしくなる ・ おどろおどろしい(映画) ・ 妖異 ・ まがまがしい(雰囲気) ・ ためらいがち ・ はっと(する) ・ 草食系(男子) ・ (自分の)影におびえる ・ (怒鳴られて)縮む ・ えんま顔 ・ えんまのような(恐ろしい顔つき) ・ スリラー ・ (相手の勢いに)気を呑まれる ・ どう猛(な顔つき) ・ 鬼がわら(のような)(顔) ・ 勇気がない ・ (圧倒されて)凝然(とする)(ばかり) ・ 気が小さくなる ・ 弱気(な人) ・ おずおず(と)(進み出る) ・ 神妙(にする) ・ (けんかを)遠巻き(に)(見物する) ・ 三すくみ(の関係) ・ げっ(!) ・ 敗者 ・ 度胸がない ・ 身を固くする ・ 臆病 ・ (ひどく)緊張(する) ・ 隅の方で小さくなっている ・ 獰猛な目付き ・ 厳格そう(な人) ・ 威厳のある(風貌) ・ 体が震える ・ 体を震わせる ・ 用心深い ・ (気持ちが)縮こまる ・ おどおど(しながら)(話しかける) ・ ぞっと(する) ・ 逃げ腰 ・ 圧倒(される) ・ (全身に)鳥肌が立つ ・ 危機管理能力が高い ・ 意気地がない ・ おっかなびっくり(つり橋を渡る) ・ 色を失う ・ 気味が悪い ・ (人まで)硬くなる ・ 体が硬くなる ・ (体を)硬くする ・ (体が)固まる ・ 迫力がある ・ (恐ろしさに)立ちすくむ ・ 弱味噌 ・ 青ざめる ・ 意表を突かれる ・ 前向きでない ・ 毒きのこ ・ ただならない(気配) ・ おびえた様子 ・ 弱気(になる) ・ 内弁慶 ・ うわっ(!) ・ 怯えながら(覗き込む) ・ (現場が)口をつぐむ ・ 圧倒的(破壊力) ・ 面食らう ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ 怪奇 ・ 慎重(に行う) ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 枯れ尾花に怯える ・ (人前で)あがる ・ 怯者 ・ 積極性がない ・ びくびく ・ 魂の戦慄 ・ 戦慄する ・ 一驚(を喫する) ・ (驚いて)失神(する) ・ (神前に)平伏(する) ・ (地に)ひれ伏す(思い) ・ 有無を言わさぬ(壮麗さ) ・ 厳か(な雰囲気) ・ 恐怖 ・ 敬う ・ (わが)目を疑う ・ 敬意を表する ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ 敬い(の念) ・ どきっ(とする) ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ はっとする ・ 崇高(な雰囲気) ・ 敬天(愛人) ・ 泡を食う ・  ・ (神を)畏怖(する) ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ 神秘性 ・ 威圧を感じる ・ (神の前に)ひざまずく ・ 意外(に思う) ・ ぴりぴり(△する[と神経をとがらせる]) ・ 息が止まるかと思った ・ びっくらこいた ・ 寝耳に水 ・ (自分が)卑小に見える ・ おやおや ・ あれあれ ・ (貴人の前で)かしこまる ・ うわわっ(!) ・ 体が動かない ・ すわ(っ)(、一大事) ・ 心服する ・ 敬けん(な気持ち) ・ 崇敬 ・ (人として)謙虚な気持ち(になる) ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ パニる ・ 驚愕(する) ・ 畏れあがめる ・ (偉大な存在を前に)恐れ入る ・ 粛然(とする) ・ 驚倒(する) ・ (ひどく)驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ あろうことか(元カノと同席) ・ たまげる ・ ぶったまげる ・ (大自然に対して)敬けん(な気持ち)(になる) ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ (驚きで)顔色を変える ・ 表情を変える ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ (山岳)信仰 ・ (神と)(まで)あがめる ・ (突然の音に)慌てる ・ 恐れ多い(と思う) ・ 耳を疑う ・ (未知の存在への)おののき ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ (大仏を)見上げる ・ なんてことだ ・ (眼前の光景に)声が出ない ・ (極度に)緊張(する) ・ 狼狽(する) ・ 驚喜(する) ・ 驚き入る ・ 珍事 ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ ぎくり ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ 腰が抜けそう ・ 尊敬(の念) ・ 喫驚(する) ・ 頭が上がらない ・ (自然に)こうべを垂れる ・ 身の引き締まる思い ・ 驚異(の切れ味) ・ (神前で)うやうやしく(頭を下げる) ・ びっくり(する) ・ (驚いて)絶句(する) ・ (圧倒されて)言葉を失う ・ 耳目を驚かす ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ あり得ない ・ 目の玉が飛び出る ・ 青天の霹靂 ・ 聳動 ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ (驚きのあまり)棒立ち(となる) ・ 謙虚になる ・ (大自然への)慎み(の心) ・ (荘厳さに)心が震える ・ とんきょう(な声を上げる) ・ まさか(の展開) ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ 厳粛(な気持ち) ・ 思いがけないことが起きる ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ サプライズ ・ 敬服(する) ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ (気が)動転(する) ・ 息が止まる ・ 愕然(とする) ・ (神を)畏れかしこむ ・ 呆けたようになる ・ 畏敬(の念)(を抱く) ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ (自然への)おそれ(を感じる) ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ オーマイゴッド ・ うっそー(!) ・ おぞけをふるう ・ 浮き足 ・ 跼蹐 ・ 動作 ・ ジェスチャー ・ みすぼらしい(気持ち) ・ (敵の攻撃を受けて)浮き足立つ ・ 居住まい ・  ・ (危険を)恐れる ・ 躊躇(する) ・ (いざとなると)決心がにぶる ・ 怖じけづく ・ アクション ・ しぐさ ・ そぶり ・ 不安を感じる ・ 逃げ腰(になる) ・ 逃げ出したい(気分) ・ (雰囲気に)呑まれる ・ (速球に)きりきり舞い(する) ・ しこなし ・ (不平を)気振けぶ(にも見せない) ・ 気合い負け(する) ・ (気持ち的に)引く ・ 仕振り ・ (心が)ひるむ ・ (気持ちが)萎縮(する) ・ 気後れ(△する[を感じる]) ・ (怖くて)縮み上がる ・  ・ (大勢の前では)場打て(がする) ・ (注射は)(大の)苦手 ・ 身振り ・ (△雰囲気に[威圧に/戦闘を前に])臆する ・ 身ごなし ・ 振り ・ 逃げ足 ・ 臆病風に吹かれる ・ 不安(になる) ・ 気圧けおされる ・ 物腰 ・ コンプレックス(がある) ・ こころ臆する ・ 浮き足立つ ・ 恐怖を感じる ・ ブルっとする ・ ブルっちまう ・ (すごい)威圧感を感じる ・ 抵抗できない ・ 臆病(者) ・ (△身[足]が)すくむ ・ 及び腰 ・ おずおず ・ 水鳥の羽音にも驚く ・ 所作 ・ 態度 ・ こなし ・ 悪びれる(様子もなく) ・ 身振り手振り ・ 心細くなる ・ (一歩が)踏み出せない ・ 風のように(走り去る) ・ 威張らない ・ 言い逃れ ・ つつましやか ・ ずらかる ・ (黙って)引き下がる ・ 失踪 ・ そっくり返らない ・ (相手に)譲る ・ (後輩に)花を持たせる ・ 逃がす ・ 敬けん ・ 謙遜(する) ・ (安全地帯に)駆け込む ・ 身を縮めて(座る) ・ (職場)放棄 ・ (泥棒も)はだしで逃げ出す(セキュリティ) ・ 謙抑 ・ 控えめ(に)(ふるまう) ・ 自慢しない ・ (いつもより)おとなしい ・ 逃亡 ・ 目立たない(ようにする) ・ 出奔 ・ 低頭癖がある ・ 這う這うの体 ・ 生き延びる ・ 自然(な態度) ・ 平民的 ・ 生ぬるい(対応) ・ (まんまと)逃げ失せる ・ (最果ての地へ)落ち行く ・ 逃げ回る ・ 主役願望がない ・ 謙譲(の美徳) ・ (山間の地へ)落ちる ・ 高飛び ・ (安全な場所に)走る ・ さりげない(心づかい) ・ さりげなく(気づかう) ・ 脱兎だっと(のごとく)(逃げる) ・ 一歩引いた(態度) ・ 頭が低い ・ 腰が低い ・ 謙虚 ・ 亡命 ・ 逃げ去る ・ 跡をくらます ・ 偉ぶらない ・ 偉ぶったところがない ・ 退散(する) ・ 譲る(気持ち) ・ 逃げ(を打つ) ・ 逃げ帰る ・ (犯人が山奥に)逃げ込む ・ 逃げ場 ・ 落ち行く ・ ほどほど(の要求) ・ へりくだる ・ (相手の)気持ちを思いやる(姿勢) ・ 伏して ・ 落ち延びる ・ 奥ゆかしい ・ 逃す ・ 逃げ隠れ ・ 都落ち(する) ・ (能力を)ひけらかさない ・ 壊走(する) ・ 思慮深い ・ 逃れる ・ 誠実(な態度) ・ 逃げていく ・ 逃走 ・ エスケープ ・ 失跡 ・ つつましい ・ 敵前逃亡 ・ 探さないでください ・ 無責任 ・ 節度(が)ある ・ 逐電 ・ 必死になる ・ しおらしい(娘) ・ 雲をかすみ(と)(逃げ去る) ・ 傲慢でない ・ (犯人が)(海外へ)飛ぶ ・ 気取らない ・ ぶらない ・ ひっそり(と)(生きる) ・ てらいがない ・ 能あるタカは爪を隠す ・ (実るほど)こうべを垂れる(稲穂かな) ・ 遠慮深い(人) ・ 出しゃばらない ・ しゃしゃらない ・ 出過ぎない ・ 韋駄天走り(に逃げる) ・ 自己主張を控える ・ 命をつなぐ ・ 雲隠れ ・ 敗走 ・ 慎み ・ 自分を抑える ・ 殊勝(な△気持ち[態度]) ・ 礼節(をもって)(接する) ・ 転がるよう(に)(逃げる) ・ 逃げ出す ・ そそくさ(と逃げる) ・ 泡を食って(逃げる) ・ 行方をくらます ・ 遁走 ・ 大家ぶらない ・ (成功を)鼻にかけない ・ どろん ・ 一目散(に逃げる) ・ 穏当(な要求) ・ 落ち武者(となる) ・ 老いては子に従え ・ 逃げ延びる ・ (命からがら)逃げる ・ (追われて)走る ・ 恭順(の意)(を表する) ・ 低姿勢(の態度) ・ 遠慮(する) ・ 遠慮がち
油断ならない(人物)世間を渡ってずる賢くなっている油断ならない(人物)世間を渡ってずる賢くなっている  一癖も二癖もある(策士) ・ 波瀾万丈の人生(を送る) ・ ずうずうしい ・ くせ者 ・ 香具師めいた(雰囲気) ・ 老獪 ・ 性悪しょうわる(の人間) ・ 古だぬき ・ (亀の甲より)年の功 ・ 正義感を忘れた(大人) ・ すれっからし(の女) ・ すれからし ・ 食わせ者 ・ 昔の純粋さを(すっかり)失った ・ (さまざまな経験をして)人柄が悪くなった ・ (海千山千の)剛の者 ・ (煮ても焼いても)食えない(相手) ・ あばずれ(女) ・ 駆け引きに長ける ・ 海千山千(の商売人) ・ 歴戦(の勇士) ・ 百戦錬磨(のつわもの) ・ 海千山千(の商人) ・ ひと筋縄ではいかない(相手) ・ 知略に長ける ・ 人ずれ(する) ・ 世間ずれ(している) ・ 悪ずれ(している) ・ 業界ずれ(する) ・ 奥深さ ・ 酸いも甘いも噛み分ける(人間性) ・ 邪知 ・ (経験の)厚み ・ 奸知 ・ (人生経験の)豊かさ ・ 人生の孤独を知る(者) ・ 入れ知恵 ・ 人生の達人 ・ 世知 ・ (経験の)厚さ ・ 狡知 ・ (人柄の)重厚さ ・ 栄光と挫折を経験する ・ 悪知恵 ・ (人間的)奥行き ・ 酸いも甘いも噛み分けた(大人) ・ 酸いも甘いも知る ・ 猜疑心が強い ・ 不実な(男) ・ 極悪 ・ (自らの)利を図る ・ 悪達者 ・ 要領がいい ・ 利にさとい ・ (精神的に)大人 ・ (性格)ブス ・ 抜け目なく(金を儲ける) ・ 揺さぶりをかける ・ 人生経験(が)豊か ・ 人生経験(が)豊富 ・ 経験豊富 ・ 経験豊か ・ 権謀術数に長ける ・ 不正直 ・ (消費者を)利用する ・ いけ好かない(じじい) ・ 因業(おやじ) ・ 陰険(な性格) ・ 世故に長ける ・ (根性が)汚い ・ (相手を)出し抜く ・ (相手の)裏をかく ・ (裏の)裏を読む ・ (狡猾な)策略 ・ 卑劣 ・ 偏屈者 ・ 意地悪じいさん ・ あさましい ・ 奇計を案じる ・ 悪魔的(発想) ・ 悪魔的頭脳(の殺人犯) ・ (相場の)修羅場を生き残る ・ メギツネ ・ (利権を)あさる(政治家) ・ 悪知恵が働く ・ 悪知恵の働く(連中) ・ 世間ずれ(する) ・ 悪賢い ・ きつね ・ 奸雄 ・ 姦佞 ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 邪悪 ・ すれっからし ・ (商売のやり方が)こざかしい ・ 不所存 ・ おきて破り(を図る) ・ (やり方が)卑怯 ・ 誠実でない ・ 姦悪 ・ 奸悪 ・ 駆け引きが得意 ・ 暴悪 ・ したたか(な女) ・ 嫌らしい(性格) ・ 陋劣 ・ (得意の)自作自演 ・ 狂言強盗 ・ 腹黒い ・ 商才に長ける ・ 抜け目(が)ない ・ 立ち回りがうまい ・ ずるい ・ 海千山千(の搾取者) ・ 知能犯 ・ 狡猾こうかつ ・ 狡獪こうかい(な政治家) ・ 人面獣心 ・ いじめ体質 ・ 悪徳弁護士 ・ 目先の利益にとらわれない ・ 性悪(しょうわる)(の) ・ しゅうと根性 ・ しゅうとめ根性(丸出し) ・ 不心得 ・ おためごかし(の親切) ・ 生き馬の目を抜く ・ たぬき(親父) ・ 古ぎつね ・ 悪巧者 ・ 悪徳医 ・ (性格が)悪い ・ ずる賢い ・ 賢い ・ 小利口(な娘) ・ 邪気 ・ (狼のごとき)知略 ・ 心がねじけている ・ ねじ曲がった(心) ・ 陰湿 ・ ひねくれ者 ・ すねた(性格) ・ 抑圧されて育つ ・ よこしま(な性格) ・ 薄汚い根性 ・ 交換条件(を出してくる) ・ 根性が曲がっている ・ 根性曲がり ・ 根性が悪い ・ あざとい(女) ・ 性根が悪い ・ 性根の腐った(やつ) ・ 寝業(△師[にたけた政治家]) ・ 意地が悪い ・ 小意地が悪い ・ 底意地が悪い ・ 悪辣 ・ たいした(女)(だぜ) ・ 善良でない ・ 食えない(女)
油断ならない(相手)ただ者ではない油断ならない(相手)ただ者ではない  侮りがたい(相手) ・ 凄まじい(生き方) ・ 容易ならざる(相手) ・ 驚くべき(才能) ・ なかなか(の腕前) ・ (なかなか)やるな ・ 端倪たんげいすべからざる(人物) ・ 恐るべき(人物) ・ (△監督の手腕[家康の炯眼])恐るべし ・ 人間業ではない ・ 隅に置けない(存在) ・ (味方にすれば)頼もしい ・ (敵にすれば)恐ろしい ・ 油断できない(技量) ・ 気が抜けない ・ 脅威をあたえる ・ 鬼神のような(将軍) ・ そら恐ろしいほどの(捨て身の演技) ・ (自分にとって)強敵 ・ 凄みのある ・ 計り知れない ・ スケールの大きい(新人) ・ 怪物的(な男) ・ バカにできない ・ 用心がいる(相手) ・ (あいつは)ただのネズミではない ・ ただ者ではない ・ 半端な相手ではない ・ タフ(な交渉相手) ・ 手ごわい(相手) ・ 油断できない ・ 侮れない(相手) ・ 人間離れしている ・ (妙技に)舌を巻く ・ 端倪たんけいすべからざる(人物) ・ 尋常でない(腕前) ・ 型破り ・ 魔性(の女) ・ 卓越(している) ・ 底の知れない ・ 規格外れ(の新人) ・ (なかなかの)くせ者 ・ 本物の(器量人) ・ 凡手ではない ・ したたか(なやつだ) ・ 悪魔的(指導者) ・ ひと筋縄ではいかない ・ (周囲を)畏怖させる ・ しぶとい ・ なめてはいけない ・ 驚異(の記録) ・ 食えない(商売人) ・ 並外れた ・ 怪童 ・ (平成の)怪物(松坂大輔) ・ 化け物(のような)(選手) ・ 逸材 ・ 人後に落ちない ・ ず抜けた(人物) ・ 十年に一人(の)(逸材) ・ 大人物 ・ 人間国宝 ・ 無形文化財 ・ 栄達を重ねる ・ できる男 ・ (文壇の)大御所 ・ 人傑 ・ 大(芸術家) ・ 並外れた(才能) ・ カリスマ(美容師) ・ (画)聖 ・ 大(政治家) ・ 大衆を支配する ・ 逸足 ・ (日本の)(歴史上に)燦然と輝く(武将) ・ 聖人君子 ・ 屈強 ・ 天才 ・ (画壇の中で)異彩を放つ(新人) ・ (職人は)国の宝 ・ 国士 ・ (国家有用の)材 ・ 先駆者 ・ スーパースター ・ 哲人 ・ (相手が)強すぎる ・ (財界の)巨人 ・ (知の)巨岩 ・ 学匠 ・ 雲の上の存在 ・ 新鋭 ・ (到底)敵わない ・ (画)仙 ・ 実力者 ・ 大人君子 ・ (周りから)一目置かれる(存在) ・ 茶聖 ・ 楽聖 ・ 詩聖 ・ (日本画の)大家たいか ・ 際立って見える ・ 傑士 ・ (なかなかの)人物 ・ メジャー(リーガー) ・ 自省力を備える ・ (万物の)霊長 ・ 偉大(な人) ・ ひとかど(の人物) ・ 適格者 ・ 傑人 ・ 男の中の男 ・ (日本ジャズ界の)至宝 ・ (彼が加勢すれば)百人力(だ) ・ 無敵(艦隊) ・ 有能 ・ 文句のない ・ 向かうところ敵なし ・ (医学界の)権威 ・ そんじょそこらの奴らとはわけが違う ・ 神格的人物 ・ (柔道部の)猛者 ・ 最強 ・ 優等生 ・ 得がたい(人材) ・ 実力派(の俳優) ・ 俊英 ・ 俊秀 ・ (スーパー)エリート ・ 永久欠番(的)(な存在) ・ (実に)立派(な)(人物) ・ 大器(晩成) ・ 偉物えらぶつ ・ (腕前は)師範級 ・ ソフトパワーに秀でる ・ 大(作曲家) ・ オーラ(がある) ・ 雰囲気がある ・ (王者の)風格(がある) ・ 良材 ・ 強い ・ いち人物 ・ 押しも押されもしない ・ ヒーロー ・ スケールが大きい ・ 偉材 ・ (相撲界の)大樹 ・ 怪傑 ・ 超一流 ・ 一流中の一流 ・ その道を極めた(人) ・ (優勝候補の)最右翼 ・ (雑魚の)とと(交じり) ・ ただ者でない(人物) ・ 底の知れない(人物) ・ 貢献者 ・ 一騎当千 ・ 大物 ・ 存在感のある ・ 重量感のある(作家) ・ ヘビー級(の作家) ・ 重量級(の議員) ・ 超人 ・ スーパーマン ・ 女傑 ・ 成功者 ・ すばらしい(人材) ・ (後人の)師表(となる) ・ 俊傑しゅんけつ ・ 強大 ・ 途方もない(人物) ・ 異才 ・ 出来物 ・ 神わざと言うしかない ・ (ロック界の)レジェンド ・ (政界の)ゆう ・ 巨星 ・ (ひどく)弱い ・ エリート ・ 不世出(の天才) ・ 強力 ・ 強いなんてものではない ・ 強み ・ 手ごわい ・ 優れた人物 ・ (頭脳的に)優れる ・ (世界でも)第一級(の製作者) ・ 才能豊か(な)(人) ・ 呑舟の魚 ・ 偉人 ・ 開拓者 ・ 数々の伝説を身にまとう(男) ・ できた(女) ・ 秀才 ・ ゾウに挑むアリ(のよう) ・ 腕利き(のシェフ) ・ 立志伝中の人 ・ (彼は会長として)適材(だ) ・ 名だたる(学者) ・ 大いなる(存在) ・ 強豪 ・ (政界の)ドン ・ 目明き(千人めくら千人) ・ 天下(の)(大泥棒) ・ 優秀 ・ 力強い ・ 高僧 ・ 死角がない ・ (メタル界の)巨頭 ・ 傑物 ・ 名人 ・ 生き神(様) ・ 偉い人 ・ 最高(の指導者) ・ 精鋭 ・ 度量が大きい ・ (日本彫刻界の)最高峰 ・ 格が違い過ぎる ・ 手腕家 ・ 大した(人物) ・ サッカーのサの字にもならない ・ (まるで)野球にならない ・ 非凡(な才能)(の持ち主) ・ 人材(不足) ・ らつ腕家 ・ 偉い(人) ・ 指折り(の選手) ・ (明治の)元勲 ・ 誰もが認める ・ 出世階段を駆け上がる ・ 手ごわい(仕事) ・ 容易ならざる ・ 警戒を要する ・ 警戒がいる ・ 用心がいる ・ ゆるがせにできない ・ おろそかにできない ・ あだやおろそかにできない ・ やっかい(な問題) ・ 注意がいる ・ 侮りがたい ・ 侮れない ・ 粗略に扱えない ・ 軽んじられない ・ いい加減にできない ・ なおざりにできない ・ (先行きは)甘くない ・ 軽視できない ・ 軽んじてはならない ・ 軽く見てはいけない ・ 甘く見るとやられる ・ (この先)何が起こるか分からない
油断ならない扱いにくい人油断ならない扱いにくい人  (なかなか)本音を見せない ・ 近づきにくい ・ 暴れん坊 ・ 手を焼く ・ 扱いかねる ・ 一刻者 ・ 型破り(な男) ・ 強情 ・ 取り扱い注意 ・ 御しがたい ・ プッツン(女優) ・ やんちゃ(な性格) ・ 癖のある(男) ・ 根暗(な性格) ・ 反抗的(態度) ・ 一癖も二癖もある(人物) ・ 乗りこなすのにコツがいる ・ 規格外(の男) ・ 規格外れ ・ 強欲(じじい) ・ 協調性のない ・ お天気屋だから ・ タフ(な交渉相手) ・ モンスター(ペアレンツ) ・ 異端(△者[派/児]) ・ 持て余し者 ・ 一匹オオカミ ・ 付き合いにくい ・ (人と)馴染まない ・ 機嫌が取りにくい ・ 気難しい(性格) ・ 嫌われ者 ・ 頑固 ・ わがまま ・ 利かん気(な少年) ・ 手に負えない ・ (あの人には)困る ・ 偏った(性格) ・ じゃじゃ馬(娘) ・ 素直でない ・ オープンでない ・ 屈折した△性格[内面を持つ] ・ 押しが強い ・ はみ出し者 ・ コントロールできない(若者) ・ 御しがたい(男) ・ (新天地で大いに)暴れる ・ 扱いにくい(人) ・ ひと筋縄ではいかない(相手) ・ 偏屈(な老人) ・ (誰にも)飼いならされない ・ すね者 ・ (わざと)逆を言う ・ やぶにらみ(の批評) ・ 異端(的人物) ・ 逆張り(精神) ・ ああ言えばこう言う ・ (近所の)変わり者 ・ 変人 ・ 逆行(精神) ・ せせこましい(料簡) ・ 皮肉屋 ・ ひねくれ者 ・ ひねくれる ・ 逆転的発想 ・ つむじ曲がり ・ へそ曲がり ・ (組織の)和を乱す者 ・ シニカル(△な態度[に笑う]) ・ 逆の判断 ・ 性格が悪い ・ 角度を変えて(ものを)見る ・ 逆反応 ・ 右と言えば左と言う ・ 反骨(△精神[の人]) ・ 辛口(の批評家) ・ (みんなに)逆らう ・ (意味を)裏返して受け取る ・ (人とは)逆に行く ・ 天の邪鬼 ・ (何でも)反対(する) ・ 偏屈(者) ・ 世間の人とまじわらない ・ 異分子 ・ 人と違った(見方) ・  ・ 手が付けられない ・ ガキ大将 ・ おいた(をする) ・ 悪太郎 ・ 鬼子 ・ 鬼っ子 ・ 悪賢い(子) ・ 人騒がせ(な話だ) ・ 怪童 ・ やんちゃ(坊主) ・ ちびっ子ギャング ・ (保育園の)暴君 ・ 悪童 ・ 問題児 ・ 悪たれ小僧 ・ 悪事(を働く) ・ 駄々っ子 ・ 餓鬼 ・ ガキ ・ クソガキ ・ 悪ガキ ・ 乱暴者 ・ 憎まれっ子 ・ いたずらっ子 ・ いたずら(坊主) ・ 手に負えない(子供) ・ わんぱく(△小僧[盛り]) ・ 悪たれ(っ子) ・ 煮ても焼いても食えない(相手) ・ (とんだ)お荷物 ・ てこずる ・ 肩をすくめる ・ のしかかる(課題) ・ 使いこなせない ・ やっかい事 ・ 始末に負えない ・ 扱いづらい ・ オーバースペック ・ 処置なし ・ (私の能力では)手に余る ・ うんざり(する) ・ (子供のわがままを)持て余す
油断のならない(相手)得体の知れない怪しげな人間油断のならない(相手)得体の知れない怪しげな人間  怪人物 ・ つかみどころのない(人物) ・ 要注意人物 ・ 怪しげ(な男) ・ 不明の部分が多い ・ 神秘的(な笑い) ・ 見知らぬ(人物) ・ 下心を持つ ・ (どこか)薄気味(が)悪い ・ いわれも知らぬ者 ・ うろん(な者) ・ ただ者ではない ・ 三文弁護士 ・ 何を考えているか分からない ・ 自信たっぷり(の人) ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ ゲテモノ(タレント) ・ とかくの噂のある(人物) ・ 勿体顔 ・ (よく)分からない(人物) ・ (政界の)怪物 ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 油断のならない(相手) ・ 不審(な動き) ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 訳あり(の美女) ・ 不信感がある ・ 悪徳(医) ・ 謎に包まれた(過去) ・ うさんくさい(人) ・ 食わせ者 ・ 怪女優 ・ 見慣れない(男) ・ 謎めいた(女) ・ 謎の人物 ・ いかがわしい(手合い) ・ (あれが)噂の(勇者か) ・ 自称(アーティストの男) ・ ひと癖ありそう ・ 胸に一物ありそう ・ 正体不明(の人物) ・ 腹の底の知れない(人物) ・ 不気味(な人物) ・ (昭和の)妖怪(と呼ばれる) ・ 異様な人物 ・ 見覚えのない(人物) ・ 企みを隠した(手合い) ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(が跋扈する政治の世界) ・ うかがい知れない(思惑) ・ 知らない(顔) ・ 怪人 ・ 身元不明(の人物) ・ 信用できない ・ 曰くありげ(な人物) ・ 得体の知れない(男) ・ 素性の知れない(人間) ・ 素性の分からない ・ 素性不明 ・ 自己顕示的(な人物) ・ 茫洋(とした)(人物) ・ ひと筋縄ではいかない ・ 奇怪な姿 ・ 化け物 ・ 怖いもの(見たさ) ・ キワモノ(芸能人) ・ お化け ・ 悪趣味(なタレント) ・ 危険(なグループ) ・ 鼎の軽重を問う ・ 訳あり(の人物) ・ インチキくさい(人) ・ 得体の知れない(人物) ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ 飄々としている ・ 疑う ・ 油断できない(相手) ・ 怪しげ ・ 良からぬ(連中) ・ (あれには)任せられない ・ 化け物(のような) ・ 奇妙(な身なり) ・ 普通でない ・ 奇妙(な動き) ・ 変なもの ・ 灰色(高官) ・ 異様な(格好) ・ 表情が読めない ・  ・ うさんくさい ・ 裏切る ・ 気持ち悪い ・ 怪しげ(な人物) ・ 妙な(△動き[手つき]) ・ 虚飾(の青年実業家) ・ うさんくさい(音楽) ・ (あの素振りはどうも)くさい ・ 不明朗(な交際) ・ 変な態度 ・ 不信感(がある) ・ 理解不能(の生き物) ・ 本心はどこにある(?) ・ 普通でない(風体) ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 不信任 ・ 変態的な ・ 頼りにならない ・ 謎(の食べ物) ・ 謎に包まれた ・ 訳ありな様子(の男) ・ 評判がよろしくない ・ (真意を)測りかねる ・ 面妖(な人) ・ 素姓の知れない(人物) ・ まともでない(人間) ・ 謎めいた(動き) ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ 影のある(人物) ・ 怪しい(身なり) ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ 偽善的(な態度) ・ 嫌らしい(腰つき) ・ ヌエのような(人物) ・ キモイ ・ 下品な ・ (見るからに)怪しい ・ ヌエ(のような)(印象) ・ 疑わしい(態度) ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ 信頼が置けない ・ 信頼関係にない ・ 怪しい(存在) ・ 信用しない ・ のらりくらり(と)(対応する) ・ 背信 ・ ゲテモノ ・ 良からぬ(人物) ・ 見慣れない ・ 臭い ・ 気になる(ところがある) ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ 妙に(張り切っている) ・ 世に知れない ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ 余分な(手の動き) ・ 得体が知れない ・ とらえどころがない ・ 素性の知れない ・ ミステリアス(な人) ・ 疑惑の人物 ・ 要注意(人物) ・ 不気味 ・ (どこか)影のある(男性) ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ へんてこ(な帽子) ・ 不正直 ・ 妙(な格好) ・ 不審(な△行動[動き]) ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中]) ・ (統合失調症に似た)奇異(な行動) ・ 不審(な身なり) ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ いい加減(な人物) ・ うろん(な人物) ・ 裏世界とつながりのある ・ 怪しい(行動) ・ 疑惑を抱えた人物 ・ 生臭い(政治家) ・ 疑惑がある ・ 不信 ・ 何を考えているのか分からない ・ 偽善的 ・ (何か)やばそう ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 気味が悪い ・ 変(なおじさん) ・ 正体が定かでない ・ 胡散 ・ いかがわしい(人物) ・ 不審(な男) ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ 妖気が漂う ・ 鬼気迫る(演技) ・ 震え上がらせる ・ 恐ろしい(雰囲気) ・ 異様(な雰囲気) ・ 霊の気配 ・ 目に見えない害意 ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ 怪異(な現象) ・ 怖い ・ ただならない(気配) ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ おぞましい ・ 妖しい(雰囲気) ・ 正体が知れない ・ (妙な仕草に)引く ・ 怪(女優) ・ 淫靡(な雰囲気) ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ ぞっとする ・ 怪しい(屋敷) ・ この世のものとは思えない ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ いんに籠もった(音) ・ 魔(の)(海域) ・ 妖しい ・ まがまがしい(雰囲気) ・ グロテスク ・ 恐怖(の館) ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ 毒きのこ ・ (じとっと)暗い ・ 足のすくむ(ような) ・ 不吉(な予感) ・ 謎めいている ・ じめっとした(和製ホラー) ・ 怨念のようなものを感じる ・ 不審(な物音) ・ 奇怪(な現象) ・ 奇っ怪 ・ うさんくさい(もうけ話) ・ じっとりと暗い(劇場) ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ 幻怪(な光) ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ 毒々しい ・ ホラー(映画) ・ スリラー(小説) ・ 怪奇 ・ 深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ 得体の知れない ・ 妖異 ・ 奇岩 ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ 醜怪 ・ おどろおどろしい(映画)
油断のならない(人物)普通の人とはどこか違って扱いにくい印象を受ける油断のならない(人物)普通の人とはどこか違って扱いにくい印象を受ける  (芸能界の)怪人 ・ 怪女 ・ キモイ ・ 一癖ありげ(な)(人物) ・ (様子が)おかしい ・ ゲテモノ(タレント) ・ 油断のならない(人物) ・ 腹に一物ありそう(な)(人物) ・ 悪趣味(なタレント) ・ キワモノ(芸能人) ・ 奇怪な姿 ・ お化け ・ 化け物 ・ 怖いもの(見たさ)
油断ならない(未分類)油断ならない(未分類)  馬鹿にならない ・ 油断ならない ・ 侮り難い ・ トリッキー ・ 油断も隙も無い ・ 抜かりない ・ 抜け目無い ・ 慧眼 ・ 豪傑 ・ 一角の人物 ・ 洞察力のある ・ 腹のすわった ・ 尋常ではない ・ 得難い人物 ・ とらえどころのない ・ ヤワでない ・ 警戒が必要な ・ 腹に一物ある ・ 気の許せない ・ 変な ・ 見上げたものただ者ではない ・ 剛の者 ・ 個性的な ・ 器の大きい ・ これはという人間 ・ 大した奴 ・ 非凡な ・ 抜きん出た ・ 一筋縄でいかない ・ タフな ・ 心を許せない ・  一癖も二癖もある ・ 安心できない ・ 信用できない
キーワードをランダムでピックアップ
相棒封度仏体恩賞お手玉どさっ開戦前夜もたもたする変化の波をかぶる犯人像が浮かぶひと味違う寵児となる再編成する優しく包み込まれるようなハープの音色失われた大陸相手に一日の長があるチームをコントロール人によって隔て直接的な表現を避ける焚き火を囲んで話す
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 7