表示領域を拡大する

フランケンシュタインの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
フランケンシュタインみにくい顔の人フランケンシュタインみにくい顔の人  劣っている ・ くしゃくしゃ(した顔) ・  ・ ブス ・ 異形いぎょう(の者) ・ 不統一 ・ 下ぶくれ(の顔) ・ すべた ・ 不器量 ・ 仲間外れ(にする) ・ 不細工(な顔) ・ みぎわさん ・ 器量の悪い(女) ・ ちんくしゃ ・ 冷遇(される) ・ お亀 ・ 深海魚 ・ モンスター(と形容できる) ・ 化け物 ・ オペラ座の怪人 ・ 彼の長所は顔ではない ・ いびつ ・ 老醜(をさらす) ・ メスゴリラ ・ (社会的立場が)劣る ・ (見た目が)恐ろしい ・ みにくい ・ 負け組 ・ 醜悪(な容貌) ・ 実力派(俳優) ・ (周囲の)引き立て役 ・ 異相 ・ (お世辞にも)美人とは言えない ・ 他人を不幸にする顔 ・ 怪物(扱い) ・ 怪物的(な姿) ・ ファニー(フェイス) ・ 好みでない ・ 顔面偏差値35 ・ 醜婦 ・ グロテスク(な姿) ・ 醜怪(な容貌) ・ 爬虫類(のような)(顔) ・ パグ(みたいな顔) ・ アンバランス ・ 顔を隠して生きる ・ お多福 ・ 顔面凶器 ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ 妖怪 ・ お岩さん ・ 美人でない ・ (見た目が)変 ・ 顔がゆがんでいる ・ 売女 ・ 阿魔 ・ 悪相 ・ 目を逸らす ・ 貧相 ・ 見ていられない ・ 目を離す ・ 死相 ・ 見兼ねる ・ 変わった(形) ・ (母に似た)面差おもざ ・ 尊容 ・ 尾籠 ・ 汚らしい(食べ方) ・ (田舎女)丸出し ・ みっともない ・ 怪異(な現象) ・ 不整形 ・ 面付き ・  ・ ゆがみ ・ ゆがむ ・ ゆがんでいる ・  ・ 目鼻立ち ・ 目鼻(がそろう) ・ 普通でない(形) ・ △場所[立場]をわきまえない ・  ・ あやかし ・ 以上 ・ 骨相 ・ 毒々しい(色彩) ・ 怪奇 ・ ひしゃげた(形) ・ 鬼ばば ・ ドラキュラ ・ 醜い(姿)・ぎょっとする(ような) ・ 顔容がんよう ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ 怖い ・ この世のものとは思えない ・ 俗っぽい(雑誌) ・ 悪達者 ・ 暗い ・ 番外 ・ 醜怪 ・ 下卑た(笑い) ・ じっとりと暗い(劇場) ・ 妖しい(雰囲気) ・ 醜い ・ 圏外 ・ 野卑 ・ しな下る ・ (花の)かんばせ ・ 妖しい ・ (軸の)偏心 ・ 怪しい(屋敷) ・ 正体が知れない ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ 配慮がたりない ・ ホラー(映画) ・ スリラー(小説) ・ 目に見えない害意 ・ 怪(女優) ・ いびつ(な)(形) ・ 品のない ・ 魔(の)(海域) ・ 行儀が悪い ・ 気味が悪い ・ 風貌 ・ 見た目 ・ 礼儀作法がなっていない ・  ・ 西洋のおばけ ・ 日本のおばけ ・ 人間 ・ ヌエ ・ ぞっとする ・ 見目(うるわしい) ・ グロテスク ・ 品性に欠ける ・ 品格に欠ける ・ アウトサイド ・ 品が良くない ・ 怨念のようなものを感じる ・ 神の被造物 ・ 偏る ・ 面貌めんぼう ・ うさんくさい(もうけ話) ・ 妖術使い ・ 異様(な雰囲気) ・  ・ まがまがしい(雰囲気) ・ 線の外 ・ 線の外側 ・ 型破り ・ 異形いけい ・ 異形いぎょう ・ いんに籠もった(音) ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ 今人 ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ 変形 ・ 容貌ようぼう ・ 嫌らしい(笑い方) ・ 邪鬼 ・ (見るのも)いや ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ 青人草 ・ 容色(に恵まれる) ・ 妖怪変化 ・ (妖怪)変化へんげ ・ 顔つき ・ がらっぱち ・ 無理のある(形状) ・ 気味の悪い(形姿) ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ 淫靡 ・ はすっぱ(女) ・ 上品でない ・ 下品(な) ・ 人類 ・ (甘い)マスク ・ 人相 ・ 限界を超える ・ 卑わい ・ つら ・ (一定の)(枠から)はみ出す ・ 魔物 ・ 別格 ・ エチケットに反する ・ 淫靡(な雰囲気) ・ 奇形 ・ 安っぽい ・ 下劣 ・ げす張った(男) ・ 険相 ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ 温容 ・ おぞましい(笑い方) ・ 破調(の美しさ) ・ シュール(な造形) ・ 枠外 ・ 枠の外側 ・ (一部が)突出している ・ 品がない ・ 俗悪(な音楽) ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ (父親の)面影(がある) ・ 顔の感じ ・ おぞましい ・ 人間のレベルが低い ・ エイリアン ・ 魑魅 ・ 物欲しそう ・ アンバランス(な見た目) ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ 幻怪(な光) ・ わい雑(な雑誌記事) ・ 毒々しい ・ キッチュ(な建築) ・ 変(な)奇想(な建物)・(一部が)肥大している ・ (立派な)面立ち ・ 幻妖 ・ らち外 ・ (じとっと)暗い ・ もののけ ・ 所構わず(発情する) ・ 奇岩 ・ ファウル ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ 醜悪 ・ わいせつ ・ (醜く)変形している ・  ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ (ボール)アウト ・  ・ 想像上の生き物 ・ 面構え ・ 魔女 ・ 見目かたち ・ 社会的な存在 ・ 線を超える ・ 怪しげな姿 ・ 低俗(な番組) ・ (妙な仕草に)引く ・ じめっとした(和製ホラー) ・ (滑走路を)オーバーラン(する) ・ エロ(い) ・ 深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ 不審(な物音) ・ 奇怪(な現象) ・ 奇っ怪 ・ けがらわしい ・ (範囲を)オーバー ・ 粗野(な言動) ・  ・ 不自然な形 ・ 霊の気配 ・ 面容 ・ はしたない ・ ただならない(気配) ・ 不気味 ・ あくどい ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ 険しい ・ 不均衡(な形) ・ 均衡が取れていない ・ (音程が)外れる ・ バランスが取れない ・ 毒きのこ ・ 露骨な ・ 範囲外 ・ 範囲の外 ・ 範囲を超える ・ 怪人(カメレオン男) ・ 頭でっかち(の形状) ・ 魑魅魍魎 ・ グール ・ 食屍鬼 ・ 足のすくむ(ような) ・ 険がある ・  ・ 正体が分からない ・ 百鬼(夜行) ・ 大口をあけて(笑う女) ・ 野放図(な笑い声) ・ 妖気が漂う ・ (形が)崩れている ・ (限界を超えて)他の領分を侵す ・ 不細工(な仕上がり) ・ 震え上がらせる ・ 格外 ・ 下作 ・ どぎつい(化粧) ・ 非対称 ・ 異様(な)不気味(な)・グロテスク(な) ・ おどろおどろしい(映画) ・ 人食い鬼 ・ 食人鬼 ・ 基準を超えている ・ 容顔 ・ 健全でない(姿) ・ (一方に)傾斜する ・ 造作ぞうさく ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ 怪異 ・ モンスター ・ 剥き出し ・ 奇怪(な姿) ・ 卑しい(行い) ・ ガラが悪い ・ 貪欲 ・ (怪しい)面体めんてい(の男) ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ 等外 ・ ルックス ・ 人物 ・ ゲス ・ 不気味な姿(の) ・ ひずみ ・ 不吉(な予感) ・ くだらない(番組) ・ 作法をわきまえない ・ 謎めいている ・ 淫猥 ・ 顔立ち ・ (異様な)相貌そうぼう ・ 人間じゃない ・ 見てくれ(が悪い) ・ 妖異 ・ ねじれ ・ お化け ・ (あれを見ると)気分が悪くなる ・ 際どい ・ ゾンビ ・ 代物 ・ 恐ろしい(雰囲気) ・ 顔かたち ・ 顔貌がんぼう ・ 見苦しい ・ (仕事)以外(の話) ・ えげつない(表現) ・ 妖婆 ・ 下等 ・ 育ちが悪い ・ 外貌 ・ 幼稚(な言葉遣い) ・ 怪物 ・ 汚い ・ 幽鬼 ・ 恐怖(の館) ・ 鬼気迫る(演技) ・ (ご)面相 ・ 変形する ・ (マナー)違反 ・ 得体の知れない ・ 眉目びもく(秀麗) ・ 顔のつくり ・ 笑止千万 ・ 高慢(な態度) ・ 驕慢きょうまん(な態度) ・ (のび太の)くせに(生意気だ) ・ くみしやすい(と見る) ・ 上から目線(△の態度[の物言い/で見る]) ・ 軽く扱う ・ 軽々しく扱う ・ 軽妙(なトーク) ・ コミカル(な文章) ・ 情けない(やつ) ・ この小娘が ・ 諧謔かいぎゃく ・ (敗者を)見下す ・ 見下げる ・ (上から)見下ろす ・ 見下げ果てる ・ ウケる ・ へそが茶を沸かす ・ へそが宿替えする ・ 喜劇(的)(な状況) ・ 笑止の沙汰 ・ (相手を)傷つける ・ バカにする ・ 雑魚(は引っ込んでろ) ・ 不条理 ・ 舌を出す ・ (相手を)呑んでかかる ・ 呑む ・ 思い上がり ・ 同情を誘う ・ おどけている ・ 土足にかける ・ 勝ち誇った(顔で) ・ △能力[技量]が劣ると見る ・ 吹き出す ・ 吹き出さずにはいられない ・ プッとなる ・ 笑ってしまう ・ ギャグ漫画(のキャラ) ・ 凌辱 ・ 自分を高く置いた(言動) ・ 高みに立った(もの言い) ・ しゅうとめ根性 ・ しゅうと根性 ・ 軽く見る ・ (人の好意を)踏みにじる ・ 卑しむ ・ 卑しめる ・ 卑しいものと見る ・ 蔑する ・ ないがしろ(にする) ・ (~対して)卑賤意識を持つ ・ 袖にする ・ 冷笑 ・ (ひどく)嫌う ・ 物の数ではない ・ 油断する ・ おかしみ ・ 非難(する) ・ (自らの)優位意識 ・ 抱腹絶倒(のマンガ) ・ 悪口(を言う) ・ 娯楽(番組) ・ 幻滅 ・ 哀れむ(べき小市民根性) ・ 憐れむ ・ 憐憫(の情を抱く) ・ 哀れみの目で見る ・ 憫笑(する) ・ (貧困者の姿に)哀れみを覚える ・ (けちくさい姿に)哀れを感じる ・ 笑いを誘う ・ 眼下に見る ・ 煮え湯を飲ます ・ 冷水を浴びせる ・ 勝ち誇る ・ ユーモア ・ 見損なう ・ 軽蔑(△する[意識]) ・ おとしめる ・ 誇りを傷つける ・ 滑稽こっけい ・ 茶目っけのある(人) ・ あんな人だとは思わなかった ・ さげすむ ・ さげすみ(の気持ち) ・ 軽侮(する) ・ ナンセンス(な話) ・ お笑い(番組) ・ 傲慢(な態度) ・ (ルールを破ったものに向けられる)冷たい視線 ・ 人を和ませる ・ 下目に見る ・ 喜劇的(な出来事) ・ 侮蔑(する) ・ おどけた(顔) ・ 侮辱(する) ・ 風刺(する) ・ 小バカにする ・ (人の失敗を見て)薄笑い(する) ・ 笑わせる ・ 笑い出したくなる ・ 尻目にかける ・ 面白おかしい ・ 面白がる ・ (人を)踏みつけにする ・ 踏みつける ・ (周囲を)睥睨(する) ・ (人種)差別(△する[意識/的態度]) ・ あざけり顔 ・ 蔑視(する) ・ 卑賎視(する) ・ (人を)なめる ・ なめてかかる ・ なめくさった(態度) ・ ずっこけ(三人組) ・ 嘲弄 ・ つい笑いたくなる ・ 無視する ・ (相手を)なめる ・ (力を)なめきる ・ 安く踏む ・ (人を犬のように)あしらう ・ 面白い(人) ・ 面白過ぎ ・ 冷たい目で見る ・ 侮る ・ 笑いものにする ・ 尻に敷く ・ 愉快 ・ (お前など)眼中にない ・ 《誤用》(相手を見下し)鼻にもかけない ・ 調子外れ(の歌) ・ 冷評 ・ 邪険に扱う ・ おかしい ・ 珍妙(な格好) ・ あかんべえ ・ ユーモラス(なしぐさ) ・ 冷淡(な態度) ・ 尊大(な態度) ・ (相手を)低く見る ・ 高所からものを言う ・ にやにや ・ 滑稽 ・ (日頃の)憂さを忘れさせる(楽しいステージ) ・ こけにする ・ (人を)軽んじる ・ (力のなさを)あざける ・ 腹がよじれる ・ パロディー ・ 総スカン ・ おのれ(、よくもだましたな) ・ 極刑を望む ・ 復讐を誓う ・ 敵がい心(を燃やす) ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ やりきれない(気持ちになる) ・ 泣かせる(セリフ) ・ 根に持つ ・ 敵意 ・ 呪わしい ・ (道楽者の)成れの果て ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ 心火しんか(を燃やす) ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 対峙 ・ 恨みに思う ・ 小面憎い ・ 心憎い(までに落ち着き払う) ・ 立て引き(ずく) ・ 憐憫(を感じる) ・ 反目 ・ (気持ちが)わだかまる ・ 敵対(意識) ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 憎々しい ・ 憎げ ・ 哀れっぽい ・ 目の上のたんこぶ ・ (聞いていて)切ない ・ 不憫(に思う) ・ にらむ ・ にらみ合う ・ 見ていてつらい ・ (どうにも)情けない(結末) ・ 哀れを催す ・ 悲恋(物語) ・ 憎悪 ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ 悲痛(な叫び) ・ 痛々しい ・ 見ていられない(様相) ・ 身につまされる(苦労話) ・ 憎しみ ・ いたいけ(な遺児) ・ 憎む ・ 見るに忍びない ・ 聞くに忍びない(話) ・ (親への)反感 ・ 反感 ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ 敵視(する) ・ いまいましい ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ 小憎らしい ・ 憎いと思う ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ 憎がる ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ 逆恨みする ・ 胸が苦しくなる ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ 惨め(な姿) ・ 憎体 ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 目のかたき(にする) ・ けなげ(な子ども) ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ 救いのない ・ 励ましたくなる ・ かわいそう(に思える) ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ かける言葉が見つからない ・ 敵対感情(を抱く) ・ 憫笑(を買う) ・ 心を動かされる ・ 殺気(立つ) ・ 胸が締め付けられる ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 目障り(なやつ) ・ 羞悪 ・ 涙ぐましい(努力) ・ 執念深く(つけねらう) ・ 哀憐の情を感じる ・ いや(な気分) ・ しゃくにさわる ・ こしゃくにさわる ・ こしゃく(な奴め) ・ 呪わしい(事件) ・ 敵視 ・ (名前を聞くのも)うとましい ・ 憎しみを抱く ・ 酸鼻(な事件) ・ くそ(、覚えてろ) ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (殺したいほど)嫌い ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ (彼の裏切りが)恨めしい ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ 殺したい(ほど憎い) ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ (犯人が)憎い ・ (心に)憎しみ(を抱く) ・ 憎らしい ・ 憎たらしい ・ 面憎い(やつ) ・ ぎすぎす
フランケンシュタイン怪獣フランケンシュタイン怪獣  ヌエ ・ 怪獣 ・ 聖獣 ・ UMA ・ ドラゴン ・ 幻獣 ・ 伝説上の生き物 ・ 魔人 ・ 神獣 ・ モンスター ・ ゴルゴン ・ (想像上の)怪物 ・ 怪鳥 ・ メデューサ ・ (得たいの知れない)巨大生物 ・ ゴジラ ・ 異界に住む者 ・ 恐竜 ・ ガメラ ・ リバイアサン ・ デーモン ・ 魔神 ・ 想像上の動物
フランケンシュタイン(未分類)フランケンシュタイン(未分類)  妖鬼 ・ サタン ・  ・ 化け猫 ・ 鬼畜 ・ ヴァンパイア ・ 吸血動物 ・ 生き血をすする魔物 ・ 悪魔 ・ 般若 ・ 鬼子母神 ・ 戦闘マシーン ・ 夜叉 ・ ジャガーノート ・ 猛獣 ・ デビル ・ 野獣 ・ 魔獣 ・ キョンシー ・ 猛女 ・ 吸血鬼 ・ 怖いもの ・ 怪女 ・ 化生 ・ 魔性の女 ・ フランケンシュタイン ・ 神怪 ・ 伏魔殿 ・ 鬼女 ・ 亡者 ・ 化身 ・ 鬼神 ・ コントロール不能 ・ 妖魔 ・ 小鬼 ・ 邪霊 ・ 屍鬼 ・ 食い物にする ・ 生まれ変わりとしての化け物 ・ ヒモ ・ 魔王 ・ 悪霊 ・ デモン ・ 悪趣味な ・ キワモノ ・ 魔界の住人 ・ 魔法使い ・ 悪鬼 ・  ・ 亡霊 ・ 生き返った死人 ・ 生き返ったミイラ ・ 操られる死体 ・ 登場人物
日本語WordNetによる、フランケンシュタインの類義語

意義素類語・同義語
メアリ・ウルストンクラフト・シェリーの怪奇小説でフランケンシュタインによってつくられる怪物(作者の名前は、彼の創造を参照して一般的に用いられる)フランケンシュタイン
架空のスイス人科学者で、メアリ・ウルストンクラフト・シェリーの著した怪奇小説の主人公フランケンシュタイン
支配を逃れて、その作者を滅ぼす機関フランケンシュタイン
キーワードをランダムでピックアップ
雨上がり砂州下す変人読心術低落習う表意文字生き生きとロゼッタストーン胸騒ぎがする相手を立ち往生させるすっきりした着こなし恥も外聞もかなぐり捨てて事情をよく知らない熊のような女運よく救助される堅い商売直立不動の姿勢を取る
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3