表示領域を拡大する
哀れむ(べき小市民根性)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
哀れむ(べき小市民根性)劣ったものとして馬鹿にする(軽蔑けいべつ哀れむ(べき小市民根性)劣ったものとして馬鹿にする(軽蔑けいべつ  憐れむ ・ 憐憫(の情を抱く) ・ 哀れみの目で見る ・ 憫笑(する) ・ (貧困者の姿に)哀れみを覚える ・ (けちくさい姿に)哀れを感じる ・ 安く見る ・ あんな人だとは思わなかった ・ 侮る ・ (相手への)侮り ・ 油断する ・ 軽侮(する) ・ (相手を)傷つける ・ さげすむ ・ さげすみ(の気持ち) ・ (人種)差別(△する[意識;的態度]) ・ 軽く見る ・ ないがしろ(にする) ・ 冷水を浴びせる ・ (~対して)卑賤意識を持つ ・ 風刺(する) ・ (相手を)なめる ・ (力を)なめきる ・ 高慢(な態度) ・ 驕慢きょうまん(な態度) ・ あかんべえ ・ 侮辱(する) ・ 凌辱 ・ 悪口(を言う) ・ (相手を)低く見る ・ 卑しむ ・ 卑しめる ・ 卑しいものと見る ・ 笑止の沙汰 ・ バカにする ・ 小バカにする ・ (人の失敗を見て)薄笑い(する) ・ 安く踏む ・ 高みに立った(もの言い) ・ 軽蔑(△する[意識]) ・ (人を)踏みつけにする ・ 踏みつける ・ 上から目線(△の態度[の物言い;で見る]) ・ (ひどく)嫌う ・ 舌を出す ・ 尻目にかける ・ 高所からものを言う ・ (人を)なめる ・ なめてかかる ・ なめくさった(態度) ・ 幻滅 ・ 甘く見る ・ 下目に見る ・ (のび太の)くせに(生意気だ) ・ 物の数ではない ・ 高をくくる ・ 袖にする ・ 冷淡(な態度) ・ 自分を高く置いた(言動) ・ もてあそぶ ・ (相手を)見下す ・ 見下げる ・ (上から)見下ろす ・ 見下げ果てる ・ 邪険に扱う ・ 勝ち誇った(顔で) ・ 尻に敷く ・ 情けない(やつ) ・ 思い上がり ・ 嘲弄 ・ 蔑視(する) ・ 卑賎視(する) ・ 見くびる ・ しゅうとめ根性 ・ しゅうと根性 ・ (周囲を)睥睨(する) ・ 蔑する ・ 笑止千万 ・ 笑いものにする ・ こけにする ・ 眼下に見る ・ 軽く扱う ・ 軽々しく扱う ・ (人の好意を)踏みにじる ・ 傲慢(な態度) ・ (力量を)軽視(する) ・ (自らの)優位意識 ・ 冷評 ・ △能力[技量]が劣ると見る ・ 土足にかける ・ 軽んじる ・ 無視する ・ 煮え湯を飲ます ・ 侮蔑(する) ・ くみしやすい(と見る) ・ 見損なう ・ (相手を)呑んでかかる ・ 呑む ・ 過小評価(する) ・ あざける ・ おとしめる ・ 誇りを傷つける ・ 阿魔 ・ 売女 ・ あざ笑う ・ へそが茶を沸かす(とはこのことだ) ・ 悪意のこもった笑い ・ 噴飯物 ・ 嗤笑 ・ 苦笑 ・ 目くそ鼻くそを笑う ・ 勝ち誇った(△笑い[笑みを浮かべる]) ・ 一笑(に付す) ・ ちゃんちゃらおかしい ・ 失笑(する) ・ 物笑い ・ せせら笑う ・ 苦笑い ・ (ふんとひとつ)鼻を鳴らす ・ 嘲笑(する) ・ 鼻で笑う ・ 噴飯 ・ (来年の事を言えば)鬼が笑う ・ (バカにして)笑う ・ 顔の半分を引きつらせて笑う ・ (△失敗を[怯える姿に])笑う ・ 微苦笑 ・ 冷笑(する) ・ (弱者の前で)高笑い(する) ・ あざけり ・ 冷眼 ・ 白目 ・ 白い目(で見る) ・ 白眼視 ・ あかんべ ・  ・ 男尊女卑 ・ 官尊民卑 ・ おちょくる ・ おちょくり ・ (相手の劣等感を)刺激する ・ じらす ・ 挑発(する) ・ 野次 ・ (女を)もてあそぶ ・ なぶりもの ・ (友人のスピーチに)半畳を入れる ・ 半畳を打つ ・ 玩弄 ・ 揶揄(する) ・ 冷やかす ・ 囃す ・ (しつこく)からかう ・ (△いたずらっ子が[失敗を])はやし立てる ・ 野次る ・ 嘲弄(する) ・ 茶にする ・ (先輩が新入社員を)いじる ・ (客)いじり ・ おちゃらかす ・ 冷やかし ・ 愚弄(する) ・ (敵を)翻弄(する) ・ (新入りを)なぶる ・ 茶化す ・ 厳しく接する ・ 薄遇 ・ (上役に)横目(を使う) ・ (いい加減に)取り合う ・ 軽く流す ・ 足蹴にする ・ 白い目で見る ・ つらく当たる ・ 鼻であしらう ・ 突き放す ・ 木で鼻をくくる ・ 見殺し ・ 冷たくする ・ 見限る ・ (△冷たく[適当に])あしらう ・ 冷や飯を食う ・ 冷や飯を食わせる ・ (弱音を)一喝(する) ・ 偏見に満ちた(振る舞い) ・ 冷遇 ・ 相手にしない ・ 心を鬼にする ・ 邪険(△に扱う[な態度]) ・ 見放す ・ バカにつける薬はない ・ 関係を切る ・ (これ以上)付き合いきれない ・ (これ以上)付き合っていられない ・ 熱が冷める ・ (すっかり)諦める ・ (復縁を)拒否する ・ 度しがたい(連中) ・ (説得を)諦める ・ (あれでは)どうしようもない ・ 見切る ・ (考え方に)ついていけない ・ (やむなく)見捨てる ・ 冷ややかな目で見る ・ (言い訳ばかりで)しらけ切る ・ 勝手にしろ ・ 幻滅(する) ・ (もう)知らん ・ 愛想(を尽かす) ・ 愛想が尽きる ・ 愛想尽かしする ・ (弱者を)切り捨てる ・ (気持ちが)離れる ・ 三下り半を突きつける ・ 背を向ける ・ そっぽを向く ・ 愛想も小想も尽き果てる ・ さじを投げる ・ (相手を)見下した笑い ・ 冷たい笑み ・ 薄笑い ・ さげすみ(の笑み) ・ 悪魔の笑み ・ 氷の微笑 ・ 酷薄な笑み ・ 毒を含んだ(一言) ・ 毒のある(言葉) ・ とげのある(言い方) ・ (言葉に)とげがある ・ (悪罵を)浴びせる ・  ・ 攻撃的な(質問) ・ よく言わない ・ 悪意のある(一言) ・ 憎まれ口(をたたく) ・ (毒を)吐く ・ 暴言(を吐く) ・ 小言 ・ 無神経な(発言) ・ 悪態(をつく) ・ ののしる ・ 悪口雑言 ・ 誹謗中傷(の嵐) ・ 悪く言う ・ 心ない(言葉) ・ けなす ・ (偉そうな)批評 ・ (厳しく)批評(する) ・ 酷評(する) ・ 恨み言 ・ ぼろかすに言う ・ 悪たれ(口) ・ 攻撃的(な言葉) ・ 嫌み(を言う) ・ 嫌みったらしい(物言い) ・ 悪態をつく ・ 口汚い ・ ほざく ・ 讒訴 ・ 罵声(を浴びせる) ・ 悪口 ・ 悪罵 ・ 減らず口(をたたく) ・ けちょんけちょんに言う ・ 言いたい放題 ・ 険のある(物言い) ・ どの口が言うか ・ 余計な一言 ・ やかまし屋 ・ くそ食らえ ・ 怨言 ・ 辛辣(な意見) ・ (弱者への)毒舌 ・ 口が悪い ・ 皮肉(な物言い) ・ 呪いの言葉(を浴びせる) ・ 憎まれ口 ・ 罵倒 ・ 文句言い(の姑) ・ 悪しざまに言う ・ 毒づく ・ 中傷 ・ ディスる ・ 雑言 ・ 苦言 ・ 出て行けがし(の物言い) ・ 物ともせず ・ ものともしない ・ 見捨てる ・ 捨てる ・ 眼中にない ・ 屁とも思わない ・ (事態を)軽んじる ・ 黙殺 ・ (悪口なんか)何ともない ・ 横を向く ・ (先約を)差し置く ・ ポジティブ ・ はばからない ・ 人目もはばからず ・ 気に留めない ・ 気にしない ・ 気にかけない ・ のんきに構える ・ (先行きを)楽観する ・ 問題にしない ・ 軽視(する) ・ 歯牙にもかけない ・ 度外視(する) ・ あだやおろそか(に思う) ・ 安易な予想をする ・ (事態を)甘く見る ・ (俗論に)とらわれない ・ 重大だと考えない ・ しっかり考えない ・ △価値[影響力]を認めない ・ 目もくれない ・ ハードルは低いと見る ・ 無視 ・ 問題外 ・ 物の数ではない(と思う) ・ (高慢ちきの)鼻を折る ・ 面の皮をひんむく ・ 面目を失わせる ・ 顔に泥を塗る ・ 辱める ・ うとまれる ・ うとんじられる ・ 人望が薄い ・ 忌諱ききに触れる ・ 白い眼で見られる ・ 白眼視される ・ 虐げられる ・ 見放される ・ (上司から)睨まれる ・ 憎まれ口(をたたかれる) ・ 相手にされない ・ 好かれない ・ (仲間として)受け入れられない ・ (人を)そらす ・ 毛嫌いされる ・ いじめ(を受ける) ・ (相手の)機嫌を損ねる ・ 見捨てられる ・ ひんしゅくを買う ・ 敬遠される ・ 遠ざけられる ・ 突き放される ・ 嫌われる ・ (周囲から)嫌がられる ・ ペスト扱いされる ・ つまはじき(にされる) ・ 総スカン(を食う) ・ 不興を買う ・ 邪険(にされる) ・ 鼻つまみ(者) ・ 差別される ・ 愛されない ・ 避けられる ・ 分け隔てされる ・ 煙たがられる ・ ないがしろ(にされる) ・ 冷たくされる ・ かわいがられない ・ (まともに)取り合ってもらえない ・ 機嫌を損なう ・ (相手より)優位に立つ ・ ずる賢い ・ (弱点を)突く ・ (相手の)弱点を読む ・ (相手を)軽く見る ・ ウイークポイントを攻める ・ (一瞬の隙を)利用して(ゴールを決める) ・ 足元を見る ・ (品薄を)いいことに(高く売る) ・ (高額)転売 ・ (態度から本心を)見て取る ・ 強く出る ・ 痛い所をつく ・ 弱みを握る ・ (弱みに)付け込む ・ (弱みに)付け込んで(金をゆすり取る) ・ 小股すくい(をかける) ・ 弱点を攻める ・ (自分の)有利性を活用する ・ (相手の)触れられたくない点を持ち出す ・ 欲をかく ・ (相手にとって)耳の痛い話をする ・ 寸鉄人を殺す ・ (△弱点[弱み]を)見透かす ・ 無防備の部分を急襲する ・ 困っているのを知っている ・ 商売上手 ・ (高値を)吹っかける ・ 泣き所に触れる ・ (相手を)甘く見る ・ あざとい ・ 抜け目(が)ない ・ (うまく)立ち回る ・ からめ手から攻める ・ しゃら臭い(ことを言う) ・ 傲岸 ・ 尊大 ・ こしゃく(な真似をする) ・ 賢立て ・ 腰が高い ・ さかしら(をする) ・ 味な真似(をしやがって) ・ 味な真似をする ・ 傲慢 ・ 絶大な権力を持つ ・ 猪口才 ・ 官僚的 ・ 暴慢 ・ 関白 ・ 驕慢 ・ 嵩高 ・ 上から目線 ・ 才弾ける ・ 倨傲 ・ 傲然 ・ こざかしい(口をきく) ・ つけあがる ・ 権高 ・ 偉そう(に振る舞う) ・ 高慢 ・ 謙虚でない ・ 謙虚さを失う ・ 思い上がる ・ 思い上がった(振る舞い) ・ 驕傲 ・ 威張る ・ 権威主義的(な態度) ・ 何様だと思ってやがる ・ 頭ごなし ・ 頭が高い ・ 高慢ちき ・ 大風 ・ (専門家)気取り ・ 小生意気 ・ 一番でないと気が済まない ・ 横暴 ・ 居丈高(に命令する) ・ 生意気(なことをする) ・ 権柄ずく(な態度) ・ やりたがらない ・ 行きたがらない ・ 嫌忌 ・ 受け付けない ・ 受け入れない ・ 関わりたくない(気分) ・ 許容しない ・ 嫌悪(△する[を催す]) ・ 嫌らしい ・ 煙たい(存在) ・ 邪魔 ・ おっくうがる ・ 鼻白む ・ 食傷 ・ (見ると)悪寒がする ・ 感じが悪い ・ (仕事を)投げる ・ 目障り ・ わずらわしさ ・ 飽きる ・ 飽き飽きする ・ 毛嫌い(する) ・ 嫌気いやけ(△がさす[する]) ・ 嫌気いやき ・ 渋る ・ 苦手 ・ (するのを)面倒くさがる ・ げげげっ(!) ・ 憎む ・ なげやり(になる) ・ 気に食わない ・ 嫌い ・ 嫌う ・ 嫌がる ・ 嫌になる ・ うっとうしい ・ うっとうしさ ・ 歓迎しない ・ 唾棄 ・ 蛇蝎の如く嫌う ・ 不快(△に思う[な感じ]) ・ 不快感(を抱く) ・ (親の話を)うるさがる ・ 好きで(は)ない ・ 好かない ・ いけ好かない ・ うんざり(する) ・ いや(な男) ・ うとむ ・ うとましい ・ 不潔 ・ 鼻つまみ ・ 顔をしかめる ・ 眉をひそめる ・ いやな顔をする ・ いやそうな表情 ・ いい顔をしない ・ 好意的でない ・ 倦厭 ・ 迷惑(な人) ・ 迷惑がる ・ 真っ平 ・ 忌避(する) ・ (英語は)鬼門(だ) ・ (積極的に)遠ざける ・ 遠ざけたい(気持ち) ・ 虫酸が走る ・ 見るに堪えない ・ 聞くに堪えない ・ くだらない ・ 辟易(する) ・ 逃げ腰 ・ 乗り気でない ・ 気が進まない ・ 拒絶(する) ・ 嫌悪感 ・ (強い)不満 ・ (汚らしい姿に)引く ・ ドン引く ・ ドン引き ・ 拒否反応(△が起こる[を示す]) ・ 拒否(の気持ち) ・ 嫌み ・ 気に入らない ・ (政権に)批判的 ・ 大嫌い ・ 喜ばない ・ うざい ・ (死ぬだなんて)縁起でもない ・ 厭戦 ・ 邪険(にする) ・ 趣味に合わない ・ 犬も食わない ・ 鼻につく ・ ためらう ・ 食わず嫌い ・ 逃げ回る ・ 厭う ・ 厭わしい ・ 厭わしく思う ・ (政治の話をするのは)タブー ・ すまじき(ものは宮仕え) ・ 水を差される ・ やけを起こす ・ 敬遠(する) ・ 厭世 ・ 忌む ・ 忌み嫌う ・ 忌まわしい(とする) ・ 不吉(とする) ・ (イスラム教で犬を)不浄(とする) ・ (インドでは月経を)けがれと見る ・ 抵抗感 ・ 抵抗する ・ 敵意 ・ 尻込みする ・ 近寄らない ・ 避ける ・ ストレス(を感じる) ・ (努力を)怠る ・ 愛さない ・ 愛していない ・ (冗談は)やめて ・  ・ 醜婦 ・ パグ(みたいな顔) ・ 顔面凶器 ・ ブス ・ 冷遇(される) ・ 顔面偏差値35 ・ みにくい ・ すべた ・ グロテスク(な姿) ・ 深海魚 ・ 負け組 ・ 狆くしゃ ・ 醜男 ・ 醜悪 ・ お亀 ・ フランケンシュタイン ・ お多福 ・ 醜女 ・  ・ モンスター(と形容できる) ・ 不細工 ・ 下脹れ ・ 他人を不幸にする顔 ・ 仲間外れ(にする) ・ 不器量 ・ 顔がゆがんでいる
(人の死を)哀れむ人の死を悲しむ(とむらう)(人の死を)哀れむ人の死を悲しむ(とむらう)  安らかにお眠りください ・ 悲しみ惜しむ ・ 冥福を祈る ・ (目をとじて)祈る ・ (死者への)祈り ・ 回向(する) ・ 哀悼(の意を表する) ・ 悔やみ ・ 死児の齢を数える ・ 悔やむ ・ 追悼(△する[の辞]) ・ めそっとする ・ (失って)残念に思う ・ (訃を聞いて)落ち込む ・ 慶弔 ・ 忘れられない ・ 半旗を掲げる ・ (犠牲者の)霊安かれ(と祈る) ・ 弔意 ・ 御霊安かれ(と祈る) ・ (位牌の前で)瞑目(する) ・ (友人を失って)寂しく思う ・ (早すぎる死が)悔やまれる ・ (死を)悼む ・ 慰霊(祭を催す) ・ (死を)悼(いた)む ・ 弔意を表する ・ (お)悔やみを言う ・ ご愁傷さまです ・ (本当に)残念です ・ 痛惜(に堪えない) ・ 哀惜 ・ (人の死を)惜しむ ・ 慟哭(の思い) ・ 合掌(する) ・ 深悼 ・ (遺族への)弔慰(金) ・ 弔う ・ 弔い ・ 弔する ・ (人の死を)悲しむ ・ (別れを)悲しく思う ・ 寂寥感 ・ 黙祷(する) ・ 悲しみがつのる ・ (大切な人を失った)寂しさ ・ 服喪 ・  ・ 大喪 ・ 喪に服する ・ 忌み ・ 嬉しいことをしている場合ではない ・ 忌服 ・ 忌み明け ・ 普通の生活に戻る ・ 除服 ・ 喪が終わる ・ 弔いの言葉 ・ 追悼の辞 ・ (お)悔やみ(を述べる) ・ 弔文 ・ 悼辞 ・ 弔辞 ・ 弔詞 ・ レクイエム ・ 弔歌 ・ 鎮魂歌 ・ 哀傷歌 ・ 挽歌 ・ 弔旗 ・ 半旗 ・ 凶事 ・ 不祝儀 ・ 告別式 ・ 会葬 ・ 本葬 ・ 後の世の業 ・ 冠婚葬祭 ・ 葬礼 ・ 葬式 ・ 葬儀 ・ 葬送 ・ 野辺の送り ・ 懺悔 ・ 悔恨 ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ 悔悟 ・ (前非を)悔いる ・ 痛恨 ・ ほぞを噛む ・ 残念がる ・ 慙愧 ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ 何としたことをしてしまったのか ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ じくじたる思い ・ 惜しむ ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ 悔い(を残す) ・ 悔い改める ・ 後悔(△する[に震える]) ・ うっかり(してしまう) ・ 思い残す ・ (別れを)悲しむ ・ 失いたくない(という強い気持ち) ・ 滅びの美(学) ・ 滅びに美を見る ・ (荒廃の)詩情 ・ (遠ざかるほど)思いが募る ・ (失われたものへの)追想 ・ (名残を)惜しむ ・ 大切に思う ・ やるせない(思い) ・ 愛惜 ・ (故人を)偲(しの)ぶ ・ 名残惜しい ・ (過ぎゆく青春を)いとおしむ ・ 紅涙を絞る ・ うら悲しい ・ 暗然 ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ 憂愁 ・ 暗うつ ・ (言うべき)言葉もない ・ めいる ・ 沈痛 ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 胸が塞がる ・ 嘆き悲しむ ・ どうしたらいいか分からない ・ 救いのない ・ 断腸の思い ・ 立っていることもままならない ・ 腸を断つ ・ 悲しみ(に暮れる) ・ 嘆く ・ 物悲しい ・ ペーソス(を感じる) ・ 悲哀 ・ 悶々(の情) ・ 言葉が出ない ・ 哀愁 ・ (一人暮らしを)侘びる ・ 悲しむ ・ 哀切 ・ 哀傷 ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ (顔を押さえて)その場に座り込む ・ 暗い(気分) ・ 悲しい ・ 哀れ ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ 悲痛 ・ 心を重くする ・ 悲愴 ・ 悲しがる ・ 悲傷 ・ 憂い ・ 寂しがる ・ 憂える ・ 愁傷 ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ 憂うべき(事態) ・ 身も世もない(姿) ・ 救われない(気分) ・ やりきれない(思い) ・ 哀れ(を催す) ・ 哀感 ・ 恨むらくは ・ 未練がましい ・ 恨み ・ あたら ・ 惜しむらくは ・ いまいましげ ・ いまいましそう ・ 返す返す(残念なことだ) ・ もったいない ・ (内心)舌打ち(をする) ・ 心外 ・ 恨む ・ 未練 ・ 遺憾 ・ 残り惜しい ・ あわや(ホームランかという当たり) ・ (自分が)ふがいない ・ 情けない思い ・ 地団駄を踏む ・ 惜しい ・ 苦虫を噛み潰したよう(な顔) ・ あと一歩(というところで)(だめになる) ・ 名残り惜しい ・ 腹立たしそう ・ 腹立たしげ ・ 残り多い ・ (不機嫌に)黙り込む ・ 歯ぎしり(する) ・ 歯噛み(する) ・ 無念 ・ 恨めしい ・ 悔し紛れ ・ 恨事 ・ 歯がゆい ・ 悔しい ・ 悔しがる ・ 悔しそう ・ 悔しげ ・ 口惜しい ・ くそ(、覚えてろ) ・ くそったれ(!) ・ 心残り ・ 根に持つ ・ 残念 ・ 不愉快げ ・ 不愉快そう
(月を)哀れむ美しいものを見て心を楽しませる(月を)哀れむ美しいものを見て心を楽しませる  (孫の成長に)目を細める ・ 観賞 ・ (書画を)賞翫(する) ・ 鑑賞 ・ 観梅 ・ 観桜(会) ・ 花見酒 ・ (お)花見 ・ 観桜 ・ 観菊 ・ 菊見(の宴) ・ 桜狩り ・ 梅見 ・ 探梅 ・ 紅葉狩り ・ 夜桜見物 ・ 芸術美を味わい楽しむ ・ 観照 ・ 享受 ・ 雪見酒 ・ 月の宴 ・ 観月の宴 ・ 月見の宴 ・ (お)月見 ・ 花見 ・ (風流な)遊び ・ 歌舞音曲 ・ 芝居見物 ・ (花鳥)諷詠 ・ 百人一首 ・ 観月(△会[の宴]) ・ 雪見(の宴) ・ 数寄(の心) ・ 蹴まり ・ (物見)遊山 ・ 管弦の遊び ・ ホタル狩り ・ 芸能(の夕べ) ・ 古典芸能 ・ (風流な)大人の遊び ・ 納涼 ・ 遊宴 ・ 宝石 ・ 庭石 ・ 目も文に ・ 端然 ・ (富士の)秀麗(な姿) ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 煌びやか ・ 優しい ・ 晴れやか ・ 見目好い ・ 壮美 ・ (目を)見張る ・ 目を奪われる ・ ハイカラ ・ 退廃美 ・ スポーティー ・ 小ぎれい ・ 光彩陸離 ・ 醇美 ・ 鮮麗 ・ 典麗 ・ (こぼれ出る)輝き ・ 美妙 ・ 爛漫 ・ 贅美(を尽くした逸品) ・ 美々しい ・ 壮麗 ・ 美的 ・ 流麗 ・ 優美 ・ 端麗 ・ この世のものとは思えない(美しさ) ・ ほれぼれする ・ 艶麗 ・ 匂い立つ(ような美しさ) ・ 華美 ・  ・ 見好い ・ 華奢 ・ 清雅 ・ 輝くばかり(の美しさ) ・ 豊麗 ・ 秀美 ・ 息をのむ(美しさ) ・ 息が止まりそう ・ 水も滴る(ような) ・ 善美 ・ 絶美 ・ 絢爛(と咲き誇る藤棚) ・ りゅうと ・ 調和がとれている ・ キラキラした(言葉) ・ 声もない ・ 言葉を失う ・ 華麗 ・ 玲瓏 ・ 端整 ・ スマート ・ 色っぽい ・ えも言われぬ(美しさ) ・ シック ・ 華やか ・ 息をのむ(ほどの)(絶景) ・ 着映え ・ きれい ・ 麗しい ・ 小粋 ・ いつまでも見ていたい ・  ・ 美しい ・ 端正 ・ 無駄がない ・ 心の琴線に触れる ・ 鮮やか ・ かっこいい ・ 光り輝く ・ 胸がとどろく ・ 妖美 ・ 絵に描いたような ・ (笑顔が)まぶしい ・ ドレッシー ・  ・ 美麗 ・ 心を染みる ・ (忘れられないほど心に深く)感じる ・ 感じ入る ・ じんとする ・ △心[ハート]をわしづかみにされる ・ (胸を)衝かれる ・ 胸を打つ ・ 胸を打たれる ・ 感激 ・ 心が躍る ・ 感心(する) ・ はっと(する) ・ (気持ちが)込み上げる ・ (感動で)(△胸[気持ち]が)熱くなる ・ (胸を)熱くさせる ・ 胸に迫る ・ (△美しさ[雄大さ]に)圧倒される ・ 心の琴線きんせんに触れる ・ ぐっと来る ・ ほれ込む ・ (△歌声に[脳が;熱い訴えに])しびれる ・ しびれるほど(感動する) ・ 心を奪われる ・ 感銘(する[を受ける]) ・ 感動(する) ・ 感極まる ・ 感に堪えない ・ (思わず)涙する ・ (この絵には)アピール(するものがある) ・ (思わず)涙がこぼれそうになる ・ (△心[気持ち]を)揺り動かされる ・ 陶酔 ・ 詠嘆 ・ 感嘆 ・ 胸がいっぱい(になる) ・ 忘れられない ・ (心が)燃える ・ 言葉をのむ ・ うわーっというような(感動) ・ 嘆息 ・ 胸に響く ・ 強い印象を受ける ・ (心に)ぐっと来る ・ 胸が震える ・ (素敵な歌声に)心を射抜かれる ・ もらい泣き(する) ・ (心を)揺さぶる ・ (△心が[胸を;魂を])揺さぶられる ・ (熱演に)心を動かされる ・ 心が動く ・ 気持ちが動く ・ 気持ちを動かされる ・ 感慨(にふける) ・ 心を打つ ・ 心を打たれる ・ (心が)震える ・ (北海道を)満喫する ・ (しみじみと)感じる ・ 鑑賞(する) ・ (書画のよさを)楽しむ ・ 噛みしめる ・ (古典を)読む ・ (月を)めでる ・ (骨董品を)賞翫(する) ・ (作品を)味わう ・ (香を)聞く ・ (四季を)慈しむ ・ 含味 ・ (静かな感動に)ひた ・ 深く感じ取る ・ (熟読)玩味 ・ 十分に感じ取る ・ (滅びに)美を見る ・ 反芻(する) ・ 咀嚼
哀れむ哀れんで思いやる(同情どうじょう哀れむ哀れんで思いやる(同情どうじょう  哀れに思う(気持ち) ・ 哀れみ ・ 憐れみ ・ (戦災孤児を)慈しむ ・ 慈しみ ・ 思いやる ・ 一体感 ・ 人情 ・ 見るに忍びない ・ おつらいでしょうね ・ かわいそうに思う ・ おかわいそうに ・ (よく)分かるよ ・ 涙ぐましい(努力) ・ 惻隠(の情) ・ 感情移入 ・ 傷む心 ・ 仁慈 ・ (弱者を)いたわる ・ いたわり(の気持ち) ・ 仁愛 ・ いじらしい ・ いとおしむ ・ 心を汲む ・  ・ 同情(△する[を禁じ得ない]) ・ (相手に)配慮(する) ・ 励ましたくなる ・ 慈悲(を△かける[施す;の心]) ・ (情理に)うなずく ・ (情に)ほだされる ・ つい仏心を出してしまう ・ 大慈大悲 ・ 優しさ ・ 相哀れむ ・ その人の身になる ・ (智に働けば角が立つ)情に棹させば流される ・ 情け(をかける) ・ (武士の)情け ・ お大事に ・ お気をつけて ・ 仁恕 ・ 憐憫(の情)(を抱く) ・ 敬老(精神) ・ 思いやり ・ 気の毒だと思う ・ △心[気持ち]を動かされる ・ 心配(する) ・ 哀憐(の情) ・ 判官びいき ・ 養老(年金) ・ 温かい(目で見る) ・ 温かさ ・ (相手の胸中を)察する ・ (苦労話を聞いて)身につまされる ・ 温情 ・ 不憫がる ・ 同情を誘う ・ 健気(な子ども) ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ 身につまされる(苦労話) ・ 哀憐の情を感じる ・ 哀れを催す ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ 胸が締め付けられる ・ みじめ(な姿) ・ 聞くに忍びない(話) ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ やりきれない(気持ちになる) ・ いじらしく思う ・ 見ていてつらい ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ 不憫(に思う) ・ 胸が苦しくなる ・ 悲痛(な叫び) ・ 救いのない ・ かける言葉が見つからない ・ 泣かせる(セリフ) ・ 憫笑(を買う) ・ 哀れっぽい ・ 心を動かされる ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 悲恋(物語) ・ 酸鼻(な事件) ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ いたいけ ・ 見ていられない(様相) ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ (どうにも)情けない(結末) ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ 気の毒(に思う) ・ お気の毒に ・ 憐憫(を感じる) ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 哀れ(△を誘う[な物語;を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ (道楽者の)成れの果て ・ (聞いていて)切ない ・ 痛々しい ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ いや(な気分) ・ 同情したくなる ・ 同情を禁じ得ない ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ かわいそう ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 感動的(な光景) ・ 同情を買う ・ 同情を引く ・ (相手の)△同情心[良心]に訴える ・ お涙ちょうだい(のドラマ) ・ 寒々とした(姿) ・ 同情(を誘う) ・ お互いを勇気づける ・ 傷をなめ合う ・ 傷のなめ合い ・ 同病相憐れむ ・ 恵み ・ 慈愛の心をかける ・ 特典 ・ 恵む ・ 仁恵 ・ 恩沢 ・ 栄典 ・ 恩顧 ・ 恩(△に着せる[を売る]) ・ 恩恵(を△与える[施す]) ・ 情けをかける ・ 恩典 ・ 恩寵 ・ 冥利 ・ 血の通った(政治) ・ 賢い(裁断) ・ 寛大(な処分) ・ (人情の)機微に通じた ・ 損して得取れ ・ 思いやりのある ・ 硬いことを言わない ・ (弱者への)心遣いがある ・ 大岡裁き ・ 粋(な計らい) ・ 情状を酌量した(判決) ・ 温情ある(措置) ・ 花も実もある ・ 酸いも甘いも噛み分けた(大人) ・ 情けある ・ 人情味のある ・ 人肌感(がある) ・ (父母の)恩 ・ 芳志 ・ 芳情 ・ (人の)情 ・ 情合い ・  ・ 寛大な気持ち ・ 包容力 ・ 広い心 ・ 人間愛 ・  ・ (人の)ぬくもり ・ 至情 ・ 慈悲(の心) ・ 交情 ・ 愛する心 ・ 母心 ・ 悲愛 ・ 優しい(言葉) ・ 共感 ・ (弱者に対する)同情 ・ (夫婦の)情愛 ・ 優しい言葉をかける ・ 良知良能 ・ (思いやりのある)温かい心 ・ 慰み(を与える) ・ 和顔愛語 ・ 情味 ・ (他人に対する)感謝(の念) ・ 恩情 ・ 気持ち ・ 親切(心) ・ (ありがたい)お志 ・ 博愛 ・ 人情味 ・ 人間味 ・ 懇志 ・ 優しい思い ・ 母の心 ・ 温情(ある裁き) ・ 温かみ ・ 思いやり(の心) ・ 心(のこもった贈り物) ・ 情け心 ・ 篤志 ・ 人心 ・ 厚情 ・ こまやかな気持ち ・ (本来の)心 ・ 愛情(をもって接する) ・ (師の)導き ・ 厚志 ・ ヒューマニズム ・ 労わり ・ 親心 ・ (私とて)木の股から生まれたわけではない ・ 行間を読む ・ 余白を読む ・ 読み取れる ・ (相手の)意をくむ ・ (いい意味に)取る ・ (老後を)思いやる ・ 推し量る ・ (得意先の意向を)忖度(する) ・ こうではないかと考える ・ (相手の方を)気にして見る ・ (相手の人間性を)言葉の端々から感じる ・ 思いをはせる ・ 推測 ・ 心を読む ・ 推量 ・ (希望的)観測 ・ 察する ・ くみ取る ・ 推察 ・ (本質を)見抜く ・ 推理 ・ 推論 ・ (表情から)(感情を)うかがい知る ・ (相手の)事情を汲む ・ 多分こうだろう ・ 人の思念が通じる ・ 了察 ・ (苦しい心中を)汲む ・ 察知 ・ 同情 ・ 端倪 ・ 推して(知るべし) ・ 瀬踏み(する) ・ (皮肉として)受け取る ・ 察し(をつける) ・ 推考 ・ (自分なりに)解釈(する) ・ (別の意味に)取れる ・ 思いなし ・ (△手の内[胸の内]を)読む ・ (相手の考えが)読める ・ (真意を)読み取る ・ (心の中で)深読みする ・ (人の人に対する)愛 ・ 献身主義 ・ (弱者への)思いやり ・ 篤志(家) ・ ヒューマニティ ・ 愛念 ・ 心尽くし ・ 人類愛 ・ 愛をもって接する ・ 暖かい(気持ち) ・ 四海同胞(主義) ・ 四海兄弟 ・ 他者愛 ・ 利他的(な行動) ・ 仲間意識
哀れむ(未分類)哀れむ(未分類)  哀しむ ・ 哀れがる ・ 哀れむ ・ 哀しぶ ・ 悲しぶ ・ 愛しぶ ・ 哀れし ・ 親身になる ・ 身になる ・ 見るに見かねる ・ 立場に立つ ・ 惻隠の情を示す ・ 気遣いを見せる ・ 推しはかる ・ 斟酌する ・ 共感する ・ ~するには忍びない ・ あうんの呼吸 ・  ・ 尾羽うち枯らす ・ 不憫な ・ 可哀そう ・ 惨めな ・ 心苦しい ・ 忍びない ・ 偏見の目で見る ・ 氷のような視線 ・ 差別視する ・ そしる ・ 下に見る ・ 親身 ・ 蔑視する ・ 憐れむ ・ ははーん ・ ~の気持ちを汲む ・ 心を寄せる ・ 察するに余りある ・ 拝察いたします ・ 推察する ・ 見当をつける ・ おもんばかる ・ 親身の世話 ・ 心のこもった ・ 想像する ・ ~の死を悼む ・ のみ込む ・ 悲痛な ・ 情において忍びない ・ 唾棄すべき蔑む ・ 侮辱する ・ ごう慢な ・ 哀惜の気持ち ・ 世事 ・ 善意 ・ 優越感をもつ ・ 蔑むいやしむ ・ 情けを掛ける ・ シンパシ ・ sympathy ・ 感情 ・ ふびんがる ・ 同情的 ・ お気の毒さん ・ お気の毒さま ・ れんびん ・ シンパシー ・ ふびんに思う ・ 愍れみ ・ 労り ・ 思い遣る ・ 人情み ・ 愛憐 ・ 情理 ・ 労る
キーワードをランダムでピックアップ
彼の人基点癇癖官位史跡支局四通八達退場韻文諾意欣幸もぐさそろばんを弾く版画手塩皿波長が合わない心が救われる液体が気体に成る目の前がパーッと晴れる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 哀れむ(べき小市民根性)劣ったものとして馬鹿にする(軽蔑けいべつ
  2. (人の死を)哀れむ人の死を悲しむ(とむらう)
  3. (月を)哀れむ美しいものを見て心を楽しませる
  4. 哀れむ哀れんで思いやる(同情どうじょう
  5. 哀れむ(未分類)