表示領域を拡大する
この世のものとは思えないの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
この世のものとは思えない(美しさ)醜くもきたなくもなくて快く感じられる(うつくしい)この世のものとは思えない(美しさ)醜くもきたなくもなくて快く感じられる(うつくしい)  華やか ・  ・ 息をのむ(美しさ) ・ 息が止まりそう ・ 絢爛(と咲き誇る藤棚) ・ 美妙 ・ 目がくらむ(ような)(映像美) ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 水もしたたる(ような) ・ 見目好い ・ 醇美 ・ きらびやか(な衣装) ・ 優しい ・ 輝いている ・ ハイカラ ・ 端整 ・ 目を奪われる ・ 輝くばかり(の美しさ) ・ かっこいい ・  ・ 優美 ・ りゅうと ・ (目を)見張る ・ ドレッシー ・ 胸がとどろく ・ (あまりの美しさに)魂を奪われる ・ いつまでも見ていたい ・ 晴れやか ・ 見好い ・ 色っぽい ・ 清雅 ・ 光彩陸離 ・ 鮮麗 ・ 流麗 ・ 端麗 ・ 着映え ・ (こぼれ出る)輝き ・ (笑顔が)まぶしい ・ (富士の)秀麗(な姿) ・ 鮮やか ・ 壮麗 ・ 匂い立つ(ような美しさ) ・ 端然 ・ 爛漫 ・ インスタ映え ・ 華麗(な衣装をまとう) ・ 整形 ・ 心の琴線に触れる ・ 秀美 ・ 小粋 ・ 玲瓏 ・ 贅美(を尽くした逸品) ・ 小ぎれい ・ 〔ユニーク〕価値がある〔/ユニーク〕 ・ 美麗 ・ 左右対称 ・ 息をのむ(ほどの)(絶景) ・ きれい ・ 端正 ・ キラキラした(言葉) ・ 調和が取れている ・ 目も文に ・ 典麗 ・ 美的 ・ 絶美 ・ スマート ・ ほれぼれする ・ 艶麗 ・ 華美 ・ 心を奪われる ・ 絵に描いたような ・ 華奢 ・ 光り輝く ・ 壮美 ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 美々しい ・  ・ 声もない ・ 言葉を失う ・ 退廃美 ・ 無駄がない ・ 豊麗 ・ 妖美 ・ 善美 ・ 神秘的(な天の川) ・ 美しい ・ 美しすぎる ・ 麗しい(姿) ・ 麗しい(情景) ・ 壮観 ・ 美観 ・ 花鳥風月 ・ 俗界を離れた(深山幽谷の地) ・ 偉観 ・ 写真映え ・ シャッターチャンス ・ 見あきない(光景) ・ 筆舌に尽くしがたい ・ 一幅いっぷくの絵のような(風景) ・ 霊峰 ・ 万緑(の上高地) ・  ・ 夢幻的(な夜景) ・ 別世界のような ・ 深山幽谷 ・ 幻想的(な景色) ・ 風致(地区) ・ ファンタジック(な絶景) ・ 錦織りなす(紅葉) ・ (紅葉が)見頃を迎える ・ 若葉(の色)が鮮やか ・ 白砂青松(の景勝地) ・ 光彩陸離(とした眼下の夜景) ・ (夜の倉敷も)乙なもの(だ) ・ 柳は緑、花は紅 ・ 景勝(の地) ・ 景勝地 ・ 風趣に富んだ(町) ・ (神の手になる)造形美 ・ 大自然 ・ 山紫水明(の地) ・ 結構な眺め ・ (眺望)絶佳 ・ 鳴き砂(の浜) ・ 見晴らしがいい ・ 絵に描いたような(景色) ・ 絵はがきのような(景色) ・ (そのまま)絵になる(風景) ・ いい眺め ・ みずみずしい(青葉) ・ 風情(のある庭) ・ 幽美(な竹林) ・ 雪月花 ・ 風雅(な眺め) ・ 極楽浄土(の世界) ・ 趣のある(景観) ・ 幽玄(な景色) ・ 絶勝 ・ 崇高美(の世界) ・ 大観 ・ 美景 ・ 佳景 ・ 綾錦(をまとった秋の山々) ・ 秀峰 ・ 風光明媚(な温泉街) ・ 雄大 ・ 美しい(△景色[自然]) ・ 絶景 ・ 風流 ・ 盛観 ・ 奇勝 ・ 美しい景色 ・ 優れた風景 ・ すばらしい眺望(が広がる) ・ 視界が抜ける(開放的なリビング) ・ 麗容 ・ 麗姿 ・ 嬌姿 ・ あで姿 ・ 清楚 ・ 青少年 ・ 八面玲瓏 ・ 清潔感がある ・ さっぱり ・ 透き通っている ・ 曇りがない ・ 小ざっぱり ・ 清らか ・ 楚々そそ(とした姿) ・ 身ぎれい ・ あく抜け ・ あくの抜けた ・ (どんどん)仕上がっていく ・ センスがいい ・ (見た目に)隙がない ・ 薄皮の剥けた ・ 都会の水で磨かれる ・ すかっと(した身なり) ・ イカす ・ 渋皮がむける ・ 洗練(されている) ・ 研ぎ澄まされた(デザイン) ・ イカした(女) ・ 洗い上がったようになる ・ 今っぽい ・ 都会(の娘) ・ シティボーイ ・ スポーティー(な車) ・ 臈長ろうたけた(女性) ・ 都会化 ・ 余裕がある ・ 都会風になる ・ 垢抜ける ・ 垢抜けている ・ 垢抜け ・ (フル)モデルチェンジ ・ 洗練される ・ 瀟洒 ・ 田舎くささが抜ける ・ 今どき(の女子) ・ 都会的 ・ 都会派 ・ (人間的に)磨かれる ・ (存在が)目立つ ・ 派手やか ・ 豪華(な衣装) ・ 華やか(な雰囲気の人) ・ ちゃらちゃら(した)(ワンピース) ・ 華々しい ・ 大模様(の衣類) ・ 満艦飾まんかんしょく(に飾り立てる) ・ 映える ・ (華やかで)人目を引く ・ 人目を引く美しさ ・ (派手さが)目を引く ・ 華やぎ ・ 派手 ・ 絢爛 ・ (周囲に)埋没しない ・ けばけばしい ・ 麗々しい ・ 目抜き ・ 大掛かり ・ 豪華絢爛 ・ 視認性が高い ・ 華(がある) ・ きらびやか(な衣装) ・ 美々しい(装い) ・ 婀娜あだ(な年増) ・ あだ ・ あだっぽい ・ あだっぽさ ・ あやしい魅力(に心惹かれる) ・ 煽情的(な△下着[ポーズ]) ・ 大人っぽい(雰囲気) ・ たおやかさ ・ たおやか(な女性) ・ つや肌 ・ (女らしい)潤い ・ コケティッシュ(なしぐさ) ・ (社交界の)花 ・ 優艶(な女性) ・ 妖艶(△な花[なオーラを発する]) ・ 妖艶(△さ[美]) ・ 妖にして艶 ・ 妖しさ ・ 嬌笑 ・ (漂う)香気 ・ モンローウオーク ・ 振るいつきたくなるような(いい女) ・ グラマー ・ 容色 ・ 臈長ろうたける ・ 臈長ろうたけた(婦人) ・ 匂い立つ(ような)(美しさ) ・ ピチピチギャル ・ つややか(な振り袖姿) ・ 豊艶 ・ どきっとする(しぐさ) ・ 魅力(的) ・ (△性的[抗し難い])魅力 ・ 刺激的(な衣装) ・ 女っぽい ・ 情感のこもった(視線) ・ わいせつ(図画) ・ ひょう(のポーズ) ・ セクシュアル(な魅力) ・ 濃艶 ・ 女色(に迷う) ・ セックスアピール ・ 桃色(吐息) ・ けん(を競う) ・ 美しさ ・ 凄艶 ・ 雰囲気がある ・ 風情がある ・ 女盛り ・ 清艶(な女性) ・ 美しい肉体 ・ かぐわしい(乙女の姿) ・ 性的(魅力) ・ 女っぽくなる ・ チャーミング ・ 妖美(な女性) ・ 色情を感じさせる ・ 色恋(営業) ・ なよやか(な体の線) ・ (ほんのり)色っぽい ・ 色っぽさ ・ 魅力的(な女性) ・ 豊満 ・ 悩ましい(姿) ・ じゃらじゃら ・ 扇情的(な女体) ・ そそられる(女性) ・ 官能(小説) ・ 官能的(なファッション) ・ 官能性 ・ 艶麗えんれい ・ 艶麗さ ・ 艶然えんぜん(とほほ笑む) ・ 艶美 ・ (実に)結構な女(だ) ・ 艶冶えんや(な姿) ・ 眼福(の美尻) ・ 魅惑的 ・ 嬌艶 ・ (あまりの美しさに)幻惑される ・ あで ・ えん(な姿) ・ (性的に)興奮させる ・ なまめかしい(体の曲線) ・ なまめかしさ ・ みだら(な夢) ・ 小股が切れ上がる ・ 肉感的(な体) ・ つやっぽい ・ 艶っぽさ ・ つやがある ・ 艶も華もある(役者) ・ 華がある ・ 熟女 ・ 夜の蝶 ・ 艶めく ・ 艶めいた(笑み) ・ 艶笑 ・ セクシー(△な美しさ[さ]) ・ 甘やか(な声) ・ あでやか(な姿) ・ 魔性(の魅力) ・ エロ ・ エロい ・ エロティック ・ (上品な)エロチシズム ・ 誘惑的(なしぐさ) ・ コケットリー ・ 情熱的(なランジェリー) ・ 柳腰(の娘) ・ 性的魅力(△がある[を発散させる]) ・ (性的な)情欲をそそる ・ 媚態を見せる ・ (△したたる[こぼれるような])色気(がある) ・ 匂うような色気 ・ 匂い立つエロス ・ 隠微な色気(を感じる) ・ (若い女性の)フェロモン(を漂わす) ・ (強烈な)フェロモン(を発する) ・ フェロモンたっぷりのお姉さん ・ 色香(△に迷う[を振りまく]) ・ あでやかさ ・ グラドル ・ グラビアアイドル ・ 美しくなる ・ 見違える(ようになる) ・ 美白(効果) ・ 化ける ・ ひと皮むける ・ イメージアップ(を図る) ・ 艶く ・ 変身する ・ 清まる ・ すすぐ ・ しゃれる ・ 美化(する) ・ 婀娜めく ・ さなぎが蝶になる(ように) ・ △青虫[毛虫]が蝶になる ・ きれいになる ・ 清める ・ ぬぐう ・ 変貌(する) ・ イメチェン ・ 浄化 ・ 澄む ・ 美しく変化する ・ (以前のイメージから)脱皮(する) ・ 純化 ・ 美顔(術) ・ 色めく ・ からを脱ぐ ・ 謹書 ・ 麗筆 ・ 鑑賞 ・ (孫の成長に)目を細める ・ 観賞 ・ (書画を)賞翫(する) ・ (月を)哀れむ ・ (あら)素敵 ・ 斬新(なファッション) ・ 和モダン ・ センスが光る(ポスター) ・ ロマンスグレー ・ 洗練されている ・ 心憎い(デザイン) ・ すっきりした ・ 小粋こいき(なカフェ) ・ 雰囲気のいい(喫茶店) ・ ハイカラ(なおばあちゃん) ・ 渋い(おじさん) ・ ファッショナブル ・ 若々しい ・ 若く見える ・ イカした(男) ・ 格好がいい ・ 粋(な格好) ・ きまっている ・ ハイカラ(な洋館) ・ シック(な装い) ・ めかし屋 ・ エレガント ・ 磨き抜かれた(デザイン) ・ (念入りの)化粧 ・ おしゃれ ・ (△外見[着こなし]が)垢抜けている ・ 飾る ・ ドレッシー(な装い) ・ しゃれ者 ・ 粋(な着物姿) ・ 丘サーファー ・ ダンディ(な着こなし) ・ 趣味のいい(時計) ・ しゃれた ・ イケてる ・ 気取った(格好) ・ 今風(でかっこいい) ・ 当世風 ・ 当世流 ・ 自分らしさを出す ・ 艶麗(な脚) ・ すらりとした足 ・ (素晴らしい)脚線(美) ・ 美しい脚 ・ 美脚 ・ 目の正月(をする) ・ 目を楽しませる ・ (見て)いい思いをする ・ 目の保養(になる) ・ 見るは法楽 ・ (思わぬ)眼福(△を得る[にあずかる]) ・ 余福にあずかる ・ ロマンチック(な音楽) ・ 天上の(音楽) ・ いぶし銀(の演奏) ・ 夢のような音色(のハープ) ・ 美声(にしびれる) ・ (チェンバロの)典雅(な響き) ・ 快美(な旋律) ・ うっとり(する)(ような演奏) ・ 甘い(調べ) ・ 霊妙(な音楽) ・ 妙なる(楽の色) ・ 金色(の歌声) ・ 夢見る(旋律美) ・ 華麗(な音楽) ・ ファンタジック(な曲) ・ 心地いい(音) ・ 天人(の音楽) ・ 瀟洒しょうしゃ(な建物) ・ 銘木を使った(家) ・ 立派な建物 ・ 美しい(△建築物[デザイン]) ・ 注文住宅 ・ モダン(なデザイン) ・ バロック風(の意匠) ・ (桃山文化の)粋を集めた(建築物) ・ 流れるような(曲線) ・ 病的な美しさ ・ 富貴な美しさ ・ 異様な美しさ ・ 金色(の菜の花畑) ・ 彩られる ・ 鮮やかな ・ いぶし銀(の輝き) ・ きらびやか(なドレス) ・ 金襴緞子 ・ ほれる ・ ほれ込む ・ 慈しむ ・ いいと思う ・ 愛好(する) ・ 重宝(する服) ・ 憧れ(の気持ち) ・ 魅力を感じる ・ 魅力的 ・ 触りたい ・ 触れたい ・ (ゲームへの)愛 ・ 好感を持つ ・ 好尚 ・ 掌中の珠 ・ 愛蔵品 ・ 魅かれる ・ 心に留まった(風景) ・ 愛でいつくしむ ・ (読書に)親しむ ・ 美しい(と思う) ・ (デザインに)美を見る ・ 欣慕こんぼ(する) ・ すき好む ・ 心寄せ ・ 欲しい ・ 愛惜 ・ (花を)めでる ・ 恋々 ・ 心(が)引かれる ・ 最愛 ・ 遺愛の(机) ・ 愛用する ・ (お)気に入り ・ 大のお気に入り ・ 気に入る ・ 思わしい(品が見つからない) ・ 生唾を飲み込む ・ 目(の中)に入れても痛くない ・ 愛玩(する) ・ 愛する ・ (愛する人への)女心(をつづる) ・ 目がない ・ 好む ・ 大切(な人) ・ かわいがる ・ (片時も)離したくない ・ 思わしい ・ 好ましい ・ 好もしい ・ 趣味に合う ・ 頼もしい ・ 好き好き ・ 慕わしい ・ 心に適う ・ いとしい ・ いとしく思う ・ (一途に)いとしいと思う ・ いとしさ ・ いとしみ ・ いとおしい ・ いとおしみ ・ いとおしさ ・ (失われたものを)懐かしむ ・ 懐かしさ ・ 受け入れる ・ ほれぼれ(する) ・ うい(やつ) ・ たしなみ ・ (僕の)宝物 ・ 恋しい ・ 恋しく思う ・ 好意(を△持つ[抱く]) ・ 執着 ・ 望郷 ・ 大好物 ・ 思いを寄せる ・ 心が傾く ・ 気持ちが傾く ・ (ロボット作りへの)情熱 ・ 食べてしまいたい ・ (飼い猫を)愛撫(する) ・ 情熱を注ぐ ・ (お)眼鏡にかなう ・ (酒を)たしなむ ・ 好み(に合う) ・ 嗜好 ・ 好く ・ 好き(になる) ・ 大好き ・ 瞳孔が開く ・ (一瞬、)黒目が大きくなる ・ かわいい(人) ・ かわいさ(余って憎さ百倍) ・ 好都合 ・ 首ったけ ・ 愛読(する) ・ 楽しむ ・ 美醜 ・ かわいい ・ しおらしい ・ あどけない ・ ベビースキーマ ・  ・ かわいげ ・ 愛嬌 ・ ラブリー(な小物) ・ キュート ・ 弱さを見せる ・ 愛らしい ・ あざとい ・ いたいけ(な子ども) ・ いたいけない(寝顔) ・ 可憐(な少女) ・ 愛い ・ かわいらしい ・ 愛くるしい ・ 癒やし系 ・ (乙女心が)いじらしい ・ (寝顔が)いとおしい ・ (膨らみかけの)つぼみのような(少女)
この世のものとは思えない見ていられないほど痛ましいこの世のものとは思えない見ていられないほど痛ましい  無惨 ・ 戦慄(すべき光景) ・ むごい ・ むごたらしい ・ 〔ユニーク〕(死体が)折り重なる(光景)〔/ユニーク〕 ・ 〔ユニーク〕思いやりがない〔/ユニーク〕 ・ ふた目とみられない(惨状) ・ 見るに忍びない ・ 嫌悪(感)(を催す) ・ 切ない ・ 酸鼻(△な光景[を極める]) ・ 悪夢のような(光景) ・ 悪夢的(な現実) ・ 〔ユニーク〕眉をひそめる〔/ユニーク〕 ・ ショッキングな(事件) ・ グロテスク(な暴力シーン) ・ 身震い(する)(ような光景) ・ ハード(な内容) ・ (題材が)重い ・ 呪わしい(運命) ・ 身のすくむ(ような)(光景) ・ えぐい(描写) ・ (見るも)あさましい ・ 恐ろしい(光景) ・ 阿鼻叫喚 ・ 苦痛 ・ 唾棄すべき(行為) ・ (話を聞くのが)つらい ・ 常軌を逸した(やり方) ・ (続く事件に)暗澹(たる思い) ・ 悪逆非道(のやり方) ・ 悲惨(な事故) ・ 〔ユニーク〕顔色を変える〔/ユニーク〕 ・ 凄惨せいさん(な事故現場) ・ やりきれない(△ニュース[気持ちになる]) ・ 耳を覆いたくなる(ような)(ニュース) ・ 悲劇(の物語) ・ 悲劇的(な最後) ・ 惨事 ・ 寒々とした(姿) ・ 目を覆う(惨状) ・ いや(なニュース) ・ 見ていられない ・ うろたえる ・ 修羅場(となる) ・ 鬼哭啾啾きこくしゅうしゅう(たる激戦地の跡) ・ ケダモノのやること(だ) ・ 惨烈 ・ (ひどく)当惑する ・ 騒ぎ ・ まがまがしい(事件) ・ 同情を禁じ得ない ・ (気持ちの上で)耐えられない ・ 悲痛(な訴え) ・ ひりひりするような(現実) ・ 気の毒(な境遇) ・ 冷血 ・ 惨め ・ 心配でたまらない ・ 悲しい ・ ひどい ・ 不快 ・ 虐げられた(姿) ・ 魂を凍らせる(サイコホラー) ・ 惨状(を呈する) ・ 正視できない ・ 目を覆う(ような現場) ・ 目を覆わずにはいられない ・ 目を背ける ・ 変わり果てた(肉親) ・  ・ おぞましい(光景) ・ 深刻(な被害) ・ 壮絶(ないじめ) ・ 大混乱 ・ 居たたまれない(△事件[気持ちになる]) ・ (気持ちが)乱れる ・ 引く ・ 救いのなさを感じる ・ 哀れ(な姿) ・ ドン引き ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 生き地獄 ・ 地獄(絵図) ・ 血生臭い(惨事) ・ 胸が悪くなる(ような)(行為) ・ 痛ましい(光景) ・ 持って行き場のない(気持ち) ・ 流血(現場) ・ 救いのない(映画) ・ 哀れをとどめぬ(姿) ・ 惨憺 ・ 悽愴 ・ 阿鼻地獄 ・ 血の海 ・ 猟奇的(な殺し方) ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ 凄絶 ・ 混乱と叫喚 ・ 血も涙もない(やり方) ・ どうしようもない ・ 陰惨(な事件) ・ 顔を背ける(ような)(光景) ・ 見ていられない(様相) ・ 惨め(な姿) ・ 救いのない ・ 胸が締め付けられる ・ 憫笑(を買う) ・ 気の毒(△に思う[そうな顔をする]) ・ お気の毒に ・ 哀憐の情を感じる ・ けなげ(な子ども) ・ 哀れっぽい ・ 痛ましい(△姿[と思う]) ・ 見ていてつらい ・ 悲しみが惻々と伝わる ・ 泣かせる(セリフ) ・ (宴会を)しんみり(させる) ・ (哀れな境遇が)いとしい ・ やりきれない(気持ちになる) ・ 悲痛(な叫び) ・ 涙ぐましい(努力) ・ (その過酷な運命には)言葉もない ・ 痛々しい ・ 哀れ(△を誘う[な物語/を感じる]) ・ 哀れをとどめる ・ 哀れを誘う ・ 哀れに思う ・ 哀れさ(を感じる) ・ 哀れみ(を△感じる[覚える]) ・ 励ましたくなる ・ 胸が苦しくなる ・ 哀れを催す ・ 悲恋(物語) ・ (どうにも)情けない(結末) ・ (歌詞が)共感を呼ぶ ・ 胸がいっぱいになる(物語) ・ 不憫(に思う) ・ 憐憫(を感じる) ・ いじらしい ・ いじらしく思う ・ (道楽者の)成れの果て ・ 聞くに忍びない(話) ・ 哀切(△な物語[極まりない]) ・ (被害に遭った子どもが)いとおしい ・ いたいけ(な遺児) ・ 身につまされる(苦労話) ・ 酸鼻(な事件) ・ 同情を誘う ・ 同情したくなる ・ 同情に堪えない ・ 同情すべき(事) ・ (恵まれない境遇の人に)同情(△する[を感じる]) ・ 同情に値する ・ (苦しむ姿に)胸が痛む ・ いや(な気分) ・ かける言葉が見つからない ・ (聞いていて)切ない ・ (やつれた姿が)悲しい ・ (悲運を)(共に)悲しむ ・ 悲しみを誘う ・ (けなげな姿が)涙を誘う(話) ・ (苦労話に)涙を誘われる ・ かわいそう(に思える) ・ 心が痛む ・ 心を痛める ・ 心を動かされる ・ (お)いたわしい ・ いたわしく思う ・ (サラリーマンの)悲哀(が漂う) ・ (この世の)地獄 ・ (収拾のつかない)混乱 ・ いたましい事件 ・ 暴虐(の嵐) ・ 不運な(出来事) ・ 惨劇 ・ 最悪(の状況) ・ 修羅場(のような) ・ 最悪の(事態) ・ ひどい(状態) ・ 悲惨な ・ 凄惨な ・ うそのような(光景) ・ アクシデント(に見舞われる) ・ 悪夢(のような状態) ・ 救いがたい△世[状況] ・ 世も末 ・ 終末 ・ 悲劇 ・ 悲喜劇 ・ 煉獄 ・ 三悪道 ・ 奈落 ・ 地獄 ・ 餓鬼道 ・ 目を離す ・ 目を逸らす ・ 見兼ねる ・ めいる ・ 暗い(気分) ・ (一人暮らしを)侘びる ・ 胸が塞がる ・ 嘆く ・ (悲しそうに)顔を歪める ・ やりきれない(思い) ・ うれ ・ (突然の悲報に)胸が潰れる ・ 胸が裂ける ・ 胸を痛める ・ 胸が詰まる ・ 胸ふたがる(思い) ・ 悶々(の情) ・ 悲傷 ・ 身も世もない(姿) ・ 悲しみ(に暮れる) ・ (言うべき)言葉もない ・ 哀傷 ・ 救われない(気分) ・ 悲嘆 ・ 愁嘆 ・ 悲痛 ・ 断腸の思い ・ 言葉が出ない ・ 憂う ・ 哀感 ・ 寂しがる ・ 沈痛 ・ 憂える ・ どうしたらいいか分からない ・ 物悲しい ・ 感傷(△に浸る[的になる]) ・ (ご)愁傷(様) ・ うら悲しい ・ 憂うべき(事態) ・ 哀切 ・ 悲しむ ・ 悲しがる ・ 悲しく思う ・  ・ 憂愁(に△沈む[とらわれる]) ・ 悲哀 ・ 傷心(△する[を抱く]) ・ (友の死に)(胸が)張り裂ける(思い) ・ ペーソス(を感じる) ・ 哀れ ・ 哀れ(を催す) ・ 暗うつ ・ 腸を断つ ・ 紅涙を絞る ・ 哀苦 ・ (ああ、)なんということだ ・ 心を重くする ・ (切なさに)息が詰まる ・ 哀愁 ・ 悲愴 ・ 嘆き悲しむ ・ 暗然 ・ やりきれない ・ 天を仰ぐ ・ (苦しみに)さいなまれる ・ (苦難に)見舞われる ・ (精神的に)参る ・ 敵わない ・ 無力感に支配される ・ 血の出るような ・ (精神的に)痛い ・ 試練(の時) ・ ひりつく(ような思い) ・ どん底に落ちる ・ 塗炭(の苦しみ) ・ 火宅(の人) ・ 辛酸をなめる ・ 悲しみ ・ 苦労 ・ 忍びない ・ 術無い ・ 煙たい ・ ひりひりする痛み ・ 鋭い痛み ・ (精神的に)押し潰される ・ 敗北感 ・ 重い ・ (もう)押し潰されそう ・ 耐えられない ・ (精神的に)ぺしゃんこ(になる) ・ つらい ・ 心が悲鳴を上げる ・ 辛酸(をなめる) ・ 痛し痒し ・ 悔恨の思い ・ 憂さ ・ 苦しむ ・ 心理的影響(を受ける) ・ 苦い ・ (一敗)地にまみれる ・ 心が折れる ・ 慟哭(する) ・ 重荷 ・ 厳しい(労働) ・ 傷心 ・ 苦難(の日々) ・ 痛撃 ・ (精神的に)打ちのめされる ・ 痛恨の思い ・ 身を切られる思い ・ (人手不足に)悲鳴を上げる ・ 気苦労 ・ 苦しみ ・ (痛みに)うめく ・ うめき(声)をもらす ・ (心の)痛手 ・ 困難(に直面する) ・ 真綿で首を絞められる(ような思い) ・ 胸の痛み ・ しょげかえる ・ 心が休まらない ・ 重圧を受ける ・ 身にこたえる ・ へこむ ・ めげる ・ ありがた迷惑 ・ 胸が張り裂けんばかり ・ 打撃(を受ける) ・ 窮余 ・ 四苦八苦 ・ ショックを受ける ・ へこたれる ・ 骨身に堪える ・ 悶々もんもん(とする) ・ (心の)悲鳴 ・ 窮状(を訴える) ・ 血みどろ ・ 悲惨(な少年時代) ・ 悩む ・ ストレスを感じる ・ 屈託(を抱える) ・ 嘆き ・ 呻吟(する) ・ 苦役 ・ (精神的に)動揺する ・ (貧困に)苦しむ ・ 物狂おしい ・ (△心理的[精神的]に)追い込まれる ・ 息苦しい ・ 喉が詰まる(のを感じる) ・ 苦悩(する) ・ 過酷(な労働) ・ 耐えがたい ・ 憔悴(△した顔[し切る]) ・ 苦しめられる ・ 迷惑 ・ たまらない ・ 悩み ・ 苦しい(状況) ・ (親の介護に)身を削る ・ 困難(に遭遇) ・ (身も心も)すり減らす ・ 狂おしい ・ 憂い ・ 普通でない(心理状態) ・ 悲痛な(叫び) ・ (不運に)泣く ・ (心を)かきむしる ・ (精神的に)重苦しい ・ 胸苦しい ・ ガクン(と来る) ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ (格差社会に)痛めつけられる ・ 苦しい ・ (まっすぐ)立っていられない ・ (心理的に)追い詰められる ・ 心の痛み ・ 悩ましい ・ (強い)ショックを受ける ・ 疲れ切る ・ (生きるのが)しんどい ・ 低迷する ・ (偏頭痛に)たたられる ・ ひしがれる ・ (重税に)あえぐ ・ 印象のいろいろ ・ 命知らず(の男) ・ 怖いもの知らず ・ 迷いなく(殺す) ・ 苛酷(な刑罰) ・ 狂暴(な人) ・ 冷血漢 ・ 冷血極まる ・ 胸が悪くなる ・ 血生臭い(事件) ・ 容赦がない ・ 容赦しない ・ 手ひどい(扱いを受ける) ・ 陰湿(な殺し方) ・ 粗暴(な) ・ つらい(仕打ち) ・ やりきれない(事件) ・ 獣的(な行為) ・ 血の通った人間のすることでなはい ・ 人の心がない ・ むごい(仕打ち) ・ むごたらしい(殺し方) ・ 罪作り ・ 人の不幸は蜜の味 ・ (海の)ギャング ・ どう猛 ・ ルール無用(の悪党) ・ 情欲むき出し ・ 勘弁しない ・ 非道(な) ・ 冷酷(な人殺し) ・ 苛烈(な拷問) ・ ずいぶん(な人ね) ・ 非人間的(な扱い)(をする) ・ 残虐 ・ 血も涙もない ・ 毒婦 ・ 残酷(なやり方) ・ 残忍(な) ・ (口にするのも)おぞましい(事件) ・ ためらいなく(人を傷つける) ・ 短気 ・ 最低 ・ 冥府魔道に生きる(者) ・ カッとなりやすい ・ ブルータル(な) ・ こく(なようだが) ・ 獣性むき出し(の犯罪) ・ 平気で苦しみを与える ・ 猟奇的(事件) ・ ぞっとする ・ 心胆を寒からしめる(犯行) ・ 心肝を寒からしむる ・ 凶悪 ・ (コントロール不能の)モンスター ・ 悪鬼(の形相) ・ 無慈悲 ・ 強面(のお兄さん) ・ 鬼嫁 ・ 鬼ばば(あ) ・ 鬼女 ・ えぐい ・ 過酷 ・ 嫌悪の情をもよおす ・ 非情(な殺し方) ・ 酸鼻な事件 ・ (人使いが)荒い ・ 後先を考えない(振る舞い) ・ 遠慮しない ・ 暴戻 ・ 忌まわしい(事件) ・ 野蛮(な連中) ・ 人間のくず ・ 陰湿(ないじめ) ・ 身の毛がよだつ ・ 悪魔的 ・ デーモン的な ・ 鬼(のような奴だ) ・ デモニッシュな ・ 酷薄 ・ 非人道的 ・ 鬼畜(のような人物) ・ 何でもあり(のデスマッチ) ・ むかつくような ・ 因業(なやり方) ・ 死体にムチ打つ(ような)(行為) ・ 情け無用 ・ 血塗られた(神話) ・ 卑劣(な犯罪) ・ メスカマキリ ・ 陰惨(な記憶) ・ (そんな)殺生(な) ・ 反社会的(勢力) ・ 殺人鬼 ・ 過激 ・ 暴力的 ・ (お前は)人間じゃない ・ 目を背けたくなる(ような制裁) ・ 野獣のような行為 ・ 平然(と)(刺す) ・ ケダモノ(のやること)(だ) ・ 躊躇しない ・ ホラー(映画)  ・ (世界を震撼させた)異常(な事件) ・ ヘドが出る(ような事件) ・ 手荒(なまねはよせ)
この世のものとは思えない何となく気味が悪い(不気味)この世のものとは思えない何となく気味が悪い(不気味)  深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ おぞましい ・ 震え上がらせる ・ 醜怪 ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ いんに籠もった(音) ・ うさんくさい(もうけ話) ・ 〔ユニーク〕あやかし〔/ユニーク〕 ・ 恐怖(の館) ・ おどろおどろしい(映画) ・ 怪しい(屋敷) ・ 足のすくむ(ような) ・ 奇怪(な現象) ・ 奇っ怪 ・ グロテスク ・ (じとっと)暗い ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ 毒きのこ ・ 怨念のようなものを感じる ・ 奇岩 ・ 魔(の)(海域) ・ (妙な仕草に)引く ・ 隠微(な印象の絵) ・ じめっとした(和製ホラー) ・ 不審(な物音) ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ ただならない(気配) ・ ぞっとする ・ 怪奇 ・ ホラー(映画) ・ スリラー(小説) ・ 〔ユニーク〕超自然的(な存在)〔/ユニーク〕 ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ 〔ユニーク〕オカルト(映画)〔/ユニーク〕 ・ 〔ユニーク〕幻想(文学)〔/ユニーク〕 ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ 妖気が漂う ・ 怪異(な現象) ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ 妖しい ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ 妖しい(雰囲気) ・ まがまがしい(雰囲気) ・ 鬼気迫る(演技) ・ 妖異 ・ 淫靡(な雰囲気) ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ 正体が知れない ・ 気味が悪い ・ じっとりと暗い(劇場) ・ 怪(女優) ・ 怖い ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ 恐ろしい(雰囲気) ・ 幻怪(な光) ・ 不気味 ・ 毒々しい ・ 不吉(な予感) ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ 霊の気配 ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ 〔ユニーク〕シュール(な光景)〔/ユニーク〕 ・ 謎めいている ・ 目に見えない害意 ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ 得体の知れない ・ 異様(な雰囲気) ・ 醜怪(な容貌) ・ 冷遇(される) ・ 負け組 ・ 老醜(をさらす) ・ 器量の悪い(女) ・ お多福 ・ ブス ・ 醜婦 ・ 怪物(扱い) ・ 怪物的(な姿) ・ 不細工 ・ ファニー(フェイス) ・ すべた ・ グロテスク(な姿) ・ 顔がゆがんでいる ・ 美人でない ・ 他人を不幸にする顔 ・ モンスター(と形容できる) ・ パグ(みたいな顔) ・ いびつ ・ 好みでない ・ 仲間外れ(にする) ・ (見た目が)恐ろしい ・ 顔面偏差値35 ・ ちんくしゃ ・ 不器量 ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ 爬虫類(のような)(顔) ・ 異形いぎょう(の者) ・ みにくい ・ お亀 ・ 醜悪(な容貌) ・ フランケンシュタイン ・ 化け物 ・ 深海魚 ・ 下ぶくれ(の顔) ・ 異相 ・ 顔面凶器 ・ (周囲の)引き立て役 ・ (お世辞にも)美人とは言えない ・  ・ 妖怪 ・ お岩さん ・ (感覚的に)なじめない ・ まともでない ・ 普通でない ・ 目を背ける ・ えぐい(やつ) ・ 奇怪(な姿の虫) ・ 奇っ怪(な生物) ・ 怪しげ(な日本料理) ・ 目が腐る ・ 我慢ならない ・ 醜悪(な姿) ・ グロ ・ グロテスク(な)(様相) ・ (見るからに)グロい ・ (姿かたちが)不気味 ・  ・ まがまがしい(図柄) ・ 同じ空気を吸うのも嫌 ・ 身震い(△が出る[するような光景]) ・ 変わっている ・ 奇形的 ・ 生理的に無理 ・ みにくい(姿) ・ 異形いぎょう ・ おどろおどろしい(挿絵) ・ 正視できない ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ 理屈を超えた(怖さ) ・ 虫酸が走る ・ 得体の知れない(見た目) ・ 嫌悪を催す ・ 異様(な形状) ・ 異形 ・ 毒々しい(花) ・ 気持ちの悪い(物音) ・ 怪しい(気配) ・ わけの分からない(怖さ) ・ (何か)おかしい ・ 妖異な ・ 人の気配がする(人形) ・ 怨念のこもった(ぬいぐるみ) ・ 不可解(な物音) ・ 超自然的(な現象) ・ 不気味(な光) ・ 変(な)(物音) ・ 神秘的(な体験) ・ 怪奇(現象) ・ 怪異(な絵) ・ 挙動不審(な人物) ・ (見るからに)気持ちが悪い ・ 醜い ・ わい雑(な裏町) ・ (わい雑な)裏通り的(文化) ・ ごった煮(的)(文化) ・ 土俗的(な集団行事) ・ 奇妙な(なり) ・ 奇異(な外観) ・ ガラが悪い ・ 奇怪(な△風体[デザイン]) ・ ごった煮(的) ・ 不気味(な人) ・ 異様な ・ (見るからに)怪しい ・ 見知らぬ(人物) ・ 茫洋(とした)(人物) ・ 不明の部分が多い ・ 身元不明(の人物) ・ 怪しげ(な男) ・ 自己顕示的(な人物) ・ 正体不明(の人物) ・ 信用できない ・ 企みを隠した(手合い) ・ 何を考えているか分からない ・ 異様な人物 ・ 曰くありげ(な人物) ・ 不信感がある ・ ただ者ではない ・ 悪徳(医) ・ 食わせ者 ・ つかみどころのない(人物) ・ いわれも知らぬ者 ・ とかくの噂のある(人物) ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ 見慣れない(男) ・ うろん(な者) ・ (よく)分からない(人物) ・ いかがわしい(手合い) ・ ひと癖ありそう ・ 謎に包まれた(過去) ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(が跋扈する政治の世界) ・ 見覚えのない(人物) ・ うさんくさい(人) ・ 勿体顔 ・ うかがい知れない(思惑) ・ 不気味(な人物) ・ (昭和の)妖怪(と呼ばれる) ・ ひと筋縄ではいかない ・ 不審(な動き) ・ 下心を持つ ・ 得体の知れない(男) ・ 素性の知れない(人間) ・ 素性の分からない ・ 素性不明 ・ ゲテモノ(タレント) ・ 要注意人物 ・ 腹の底の知れない(人物) ・ 怪女優 ・ 謎めいた(女) ・ 謎の人物 ・ 油断のならない(相手) ・ 訳あり(の美女) ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 知らない(顔) ・ 胸に一物ありそう ・ (政界の)怪物 ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 怪人 ・ 怪人物 ・ (どこか)薄気味(が)悪い ・ 三文弁護士 ・ 神秘的(な笑い) ・ うさんくさい ・ 奇妙(な身なり) ・ 怪しい(身なり) ・ 気持ち悪い ・ 異様な(格好) ・ 妙(な格好) ・ キモイ ・ へんてこ(な帽子) ・ 不審(な身なり) ・ インチキくさい(人) ・ 不信感(がある) ・ 普通でない(風体) ・ ミステリアス(な人) ・ 変(なおじさん) ・ 怪石 ・ 怖い話 ・ ブラックジョーク ・ スリラー ・ お化け話 ・ 怪談 ・ 世にも奇妙な物語 ・ 幽霊話 ・ 変形 ・ 異形いけい ・ 奇形 ・ 信用しない ・ 不信 ・ 不信任 ・ 疑わしい(態度) ・ いかがわしい(人物) ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ 疑惑がある ・ 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中]) ・ 偽善的 ・ 疑惑の人物 ・ 不明朗(な交際) ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ 信頼が置けない ・ 信頼関係にない ・ 素性の知れない ・ 訳ありな様子(の男) ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ いい加減(な人物) ・ 本心はどこにある(?) ・ (真意を)測りかねる ・ うろん(な人物) ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ 生臭い(政治家) ・ 良からぬ(人物) ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 偽善的(な態度) ・ 裏世界とつながりのある ・ 虚飾(の青年実業家) ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 油断できない(相手) ・ 気になる(ところがある) ・ (あれには)任せられない ・ 灰色(高官) ・ 変な態度 ・ 影のある(人物) ・ 背信 ・ 面妖(な人) ・ 訳あり(の人物) ・ 裏切る ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ 正体が定かでない ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ (何か)やばそう ・ 臭い ・ まともでない(人間) ・ 怪しい(存在) ・ 評判がよろしくない ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ 疑惑を抱えた人物 ・ 疑う ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 良からぬ(連中) ・ 不審(な男) ・ 怪しげ(な人物) ・ 頼りにならない ・ 危険(なグループ) ・ 胡散 ・ 鼎の軽重を問う ・ 不正直 ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ 要注意(人物) ・ 素姓の知れない(人物) ・ 怪しさ ・ 薄気味悪さ ・ 得体の知れなさ ・ 異様さ ・ うさんくささ ・ わい雑さ ・ いかがわしさ ・ 面妖さ ・ つかみどころのなさ ・ 妖しさ ・ とらえどころのなさ ・ 危うさ ・ 不気味さ ・ 滅びの美学 ・ 神秘的 ・ 美しく死んでいく ・ 病的(な美しさ) ・ 廃退的(な美しさ) ・ 退廃美 ・ 心胆を寒からしめる ・ びくり(とする) ・ 寒心(に堪えない) ・ 冷や汗が出る ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 息をのむ ・ (痛いほど)緊張(する) ・ びくびく(する) ・ こわごわ ・ 総毛立つ ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 身の縮む(思い) ・ 気圧される ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 慄然(とする) ・ 危機感を抱く ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ おどおど(する) ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ びびる ・ ぶるぶる(震える) ・ 戦々恐々 ・ (成り行きを)見つめる ・ どきどき ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 腰を抜かす ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 恐れおののく ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 逃げ惑う ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ びくつく ・ びくつき ・ おぞましい(事件) ・ 悚然 ・ どきん ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ 及び腰(になる) ・ ブラック(ユーモア) ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 腰が引ける ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ どぎまぎ ・ 寒気(がする) ・ 憮然 ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ 縮み上がる ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ 物おじ(する) ・ (小便を)ちびる ・ ひよる ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ (恐怖に)震える ・ ひやひや ・ 恐れる ・ (怖いから)知らないふり ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ ひざががくがくする ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ (命が)おびかされる ・ 恐るべき ・ 首をすくめる ・ おっかない ・ 勇気がいる ・ 怖じる ・ 小心翼々 ・ (顔から)血の気が引く ・ 怖じける ・ 恐るべき(破壊力) ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 肝を冷やす ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 恐がらせる ・ 脅威を感じる ・ 震えが止まらない ・ (怖がって)震え上がる ・ おろおろ(する) ・ 心が凍る ・ 肌にあわを生じる ・ 体が固まる ・ 尻込み(する) ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 顔面蒼白(になる) ・ おののく ・ おののき ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 物恐ろしい ・ 寒気立つ ・ 蒼白(する) ・ 身の毛がよだつ ・ 身震い(する) ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 立ちすくむ ・ 薄氷を踏む思い ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ ひるむ ・ (体が)凍りつく ・ ショッキング(な事件) ・ 怖じ怖じ ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ うろたえる ・ 後ずさり(する) ・ がたがた(震える) ・ 背筋が寒くなる ・ 畏怖(する) ・ 臆する ・ 恐々 ・ 怖がる ・ 昼なお暗く ・ 木深い ・ 深山幽谷 ・ 深い森 ・ 黒い森 ・ 森々 ・ (森が)怖いほどに深い ・ 鬱然(△と生い茂る[たる原始林])
この世のものとは思えない人の理解を超える(不思議)この世のものとは思えない人の理解を超える(不思議)  (生命の)神秘 ・ 理解不能 ・ きてれつ(な出来事) ・ 超自然的 ・ 奇怪(な物語) ・ 摩訶不思議(な事件) ・  ・ 面妖(なこともあるものだ) ・ 超自然(現象) ・ あやかし ・ けったい(な出来事) ・ 奇跡(的)(な治癒) ・ 超常(現象) ・ 奇妙 ・ 不可解(な事件) ・ (自然界の) ・ (世にも)不思議(な物語) ・ 謎めいた(言葉) ・  ・ 神怪 ・ 伝奇的 ・ (△常識的[理論的]に見て)おかしい ・ 怪異(な現象) ・ 得体が知れない ・ くしき ・ ミステリー(サークル) ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ 〔ユニーク〕不明朗(な金のやり取り)〔/ユニーク〕 ・ 奇々怪々(な事件) ・ 不可思議(な現象) ・ 神妙 ・ 受け入れがたい ・ 怪奇(現象) ・ くしくも ・ (御仏の)験(が現れる) ・ お告げ(を受ける) ・ 霊験 ・ (怨霊が)たたる ・ (山の神の)たたり ・ (神仏の)奇特 ・ 珍聞 ・ 伝奇 ・ 奇聞 ・ 奇談 ・ 珍談 ・ 妖術 ・  ・ マジック ・ 錯視 ・ 呪術 ・ 幻術 ・ 催眠術 ・ 奇術 ・ 忍術 ・ 手品 ・ イリュージョン ・ 魔術 ・ 不思議 ・ 人の目をごまかす ・ 魔法 ・ 前衛的(な作品) ・ (よく)分からない ・ 晦渋かいじゅう(な文章) ・ 分かり辛い ・ 理解しにくい ・ 難しい ・ 分かりにくい ・ 観念的(な作品) ・ 複雑怪奇(な国際情勢) ・ 不明朗(な金のやり取り) ・ 難解 ・ 読みにくい ・ (ひどく)難しい ・ たやすく理解できない ・ 妙な気分(になる) ・ 割り切れない(気持ち) ・ (真意を)測りかねる ・ よく分からない ・ 自己矛盾に陥る ・ 浮かない顔 ・ 異な事(をおっしゃる) ・ なんだかなぁ ・ つじつまが合わない ・ 怪訝けげん(に思う) ・ 怪訝な顔(をする) ・ (説明に強い)違和感を持つ ・ 認められない ・ 納得できない ・ (いまいち)納得がいかない ・ 納得しない ・ 釈然としない ・ (釈然としない)ざらざら(した気分)(になる) ・ ざらざらした(気分) ・ ざらっとした ・ ざらりとした(感触) ・ 狐に摘まれたよう ・ おかしな話(で合点がいかない) ・ 首をひねる ・ 怪しい(話) ・ 落ち着かない(感覚) ・ 心理的な影響(が残る) ・ 疑問に思う ・ 不合理(な制度) ・ 賛成しかねる ・ 合点がいかない ・ もやもや(した気分) ・ (気持ちの上で)引っかかるところがある ・ (どうにも)引っかかる ・ 間違っている ・  ・ 不可解に思う ・ 不可解な思い ・ 変だと思う ・ 狂ってる(としか言いようがない) ・ 不思議に思う ・ 理解に苦しむ ・ そういうもんかなあ ・ 腑に落ちない(△風情[顔]) ・ 抵抗感 ・ いぶかしがる ・ (~との間に)距離を感じる ・ 理解できない ・ 承知できない ・ 非論理的(な行動) ・ 真意を測りかねる ・ (判断が)微妙 ・ 適当でない ・ 戸惑いを感じる ・ 訳が分からない ・ 面妖(な話) ・ (今ひとつ)(という)思いをぬぐえない ・ 抵抗を覚える ・ (返事が)重い ・ 解せない ・ 不信感を抱く ・ いぶかる ・ いぶかしむ ・ おぼつかない ・ いぶかる気持ち ・ 矛盾(を感じる) ・ わだかまり(が残る) ・ (そいつは)考え物だ ・ 疑問を抱く ・ 中途半端(な気持ち) ・ (今ひとつ)ピンとこない ・ 疑問符がつく ・ (論理的に)すっきりしない ・ へんちくりん ・ ちぐはぐ(な) ・ エキセントリック ・ 人の意表をつく ・ ひょんな ・ いやに ・ △普通[従来のもの]とは異なる ・ 特異(な存在) ・ 奇抜 ・ 珍奇 ・ 例外(的なケース) ・ とっぴ(な言動) ・ 目新しい ・ 風変わり ・ かぶく ・ 異な ・ 一風変わっている ・ へんてこりん ・ けったい(な姿) ・ 一般的でない ・ 異様 ・ 別様 ・ 思いも寄らない ・ 珍妙 ・ 偏奇 ・ 落ち着かない ・ 型破り ・ 偏っている ・  ・ 奇想天外 ・ (現代には)そぐわない ・ 奇異(な印象) ・ 次元を異にする ・ 異種(格闘技) ・ おかしい ・ 奇矯 ・ グロテスク ・ へんてこ ・ (周囲とは)肌合いが違う ・ 特殊(なケース) ・ 異体 ・ 新奇 ・ 特徴がある ・ 乙に ・ 不自然 ・ 奇警 ・ (言いぐさが)振るっている ・ 普通とは違う ・  ・ 変わっている ・ (これまでのものとは)似ても似つかない ・ 妙ちきりん ・ 奇想天外(な建築物) ・ 不世出(の天才) ・ あまり例がない ・ 例が少ない ・ なかなかお目にかかれない ・ 盲亀浮木もうきふぼく(に会う) ・ ざらにはない ・ ざらにあるものではない ・ 価値がある ・ 数えるほど(しかない) ・ (極めて)まれ ・ あまりない ・ めったにない ・ 稀有けう(な出来事) ・ 珍(事) ・ 稀覯きこう(本) ・ 数少ない ・ 物珍しい ・ 貴重(な体験) ・ 手に入りにくい ・ 珍無類(な出来事) ・ 例外(的)(なケース) ・ 例外的に存在する ・ 新種(の生き物) ・ 新発見 ・ 多くない ・ 希少(種) ・ 目新しい(物が好き) ・ 絶世(の美女) ・ (非情に)珍しい
この世のものとは思えない(美しさ)適切な程度を超えている(過剰/やり過ぎ)この世のものとは思えない(美しさ)適切な程度を超えている(過剰/やり過ぎ)  驚くほど(の)(安さ) ・ 壊れるくらい(抱きしめて) ・ 〔ユニーク〕(経済を)オーバーキル(する)〔/ユニーク〕 ・ 金ぴか(のデコレーション) ・ 行き過ぎ ・ 行き過ぎた(装飾) ・ 怪物的(な強さ) ・ 多すぎる ・ おどろく△ような[べき/ほど] ・ 〔ユニーク〕どぎつく(迫る)〔/ユニーク〕 ・ これでもかというほど(のボリューム) ・ 大げさ(な催し) ・ (要求が)エスカレート(する) ・ 想像を絶する(悲しみ) ・ 大変(な被害を受ける) ・ ひどく(疲れる) ・ あまり(の驚きに言葉も出ない) ・ (そのやり方は)あんまり(だ) ・ あまりに(も)(△でかい[忙しい]) ・ あまりの(うまさに感嘆) ・ あまりといえば(あまりの)(厳しい仕打ち) ・ 圧倒される ・ 法外(な値段) ・ とんでもない ・ 最高(に)(難しい) ・ びっくり(する)(△ような[ほど]) ・ バブル(景気) ・ 鳴り物入り(で開催) ・ コテコテ(の関西人) ・ うっとうしい(ほどの) ・ むやみ ・ 飛び抜けて(素晴らしい) ・ ギラギラ(した)(ネオン) ・ 過度 ・ 驚くべき(才能) ・ 無下に ・ 滅多 ・ 〔ユニーク〕怪(気炎を上げる)〔/ユニーク〕 ・ しつこい ・ とんでもない(計画) ・ あまりにも(寂しい) ・ 破格(の安さ) ・ 限度を超えている ・ 限界を超えている ・ めちゃめちゃ ・ 予想外(の良作) ・ 突拍子もない(大声を出す) ・ 〔ユニーク〕誇張された(表現)〔/ユニーク〕 ・ スーパー ・ ハイパー(インフレ) ・ みだり ・ 通常ではあり得ない ・ 〔ユニーク〕濃い(顔立ち)〔/ユニーク〕 ・ 〔ユニーク〕きりがない〔/ユニーク〕 ・ (今は深夜アニメの)インフレ(状態)(にある) ・ 〔ユニーク〕厚(化粧)〔/ユニーク〕 ・ 大きすぎる ・ 泥臭い(営業活動) ・ とびきり ・ 〔ユニーク〕底なし(の政治腐敗)〔/ユニーク〕 ・ あきれる(ような)(自信家) ・ あきれる(ほどの) ・ 常識を外れる(勇気) ・ (満員) ・ 超が付くほど(真面目な男) ・ 超絶(技巧) ・ ド(スケベ) ・ くどい ・ 聞きしに勝る(豪華なホテル) ・ 過重(な期待) ・ (どうにも)手が付けられない(ほどに)(△怒る[酔う]) ・ 桁外れ(のお金持ち) ・ べらぼう(に)(寒い) ・ むちゃ(な飲酒) ・ 〔ユニーク〕眉をひそめる(ような)〔/ユニーク〕 ・  馬鹿(でかい) ・ ばかばかしいほど(の)(装飾) ・ あつものに懲りてなますを吹く ・ (プライドが)変(に)(高い) ・ むちゃくちゃ ・ 慇懃無礼いんぎんぶれい(な態度) ・ 必要以上(に)(責める) ・ 〔ユニーク〕わい雑(な街の雰囲気)〔/ユニーク〕 ・ 〔ユニーク〕ハードコア(ポルノ)〔/ユニーク〕 ・ 格段(に) ・ (やり)過ぎ ・ 〔ユニーク〕生がむき出し(の歓楽街)〔/ユニーク〕 ・ こってり(ソース焼きそば) ・ 行き過ぎる ・ 濃厚(なチーズケーキ) ・ 驚く(ような) ・ 桁違い(に)大きい ・ 肥大化(した)(組織) ・ 途方もない(大酒飲み) ・ 途方もなく(長い) ・ 度外れ(のいたずら) ・ 度外れた(楽天家) ・ 目立って(上達する) ・ 度肝を抜かれる(ような) ・ すごい(勢い) ・ やり過ぎる ・ やり過ぎ ・ 無性に ・ これでもかと言うような(ゴージャスな作り) ・ 圧倒的 ・ やたら ・ しぶとい ・ どう考えても(乱暴な意見) ・ どう見ても(合成写真だ) ・ 過剰(に)(驚く) ・ ど派手 ・ 過大(な期待) ・ 想像以上(の) ・ 分外ぶんがい(の光栄) ・ (善意の)暴走 ・ 〔ユニーク〕ひんしゅくを買う〔/ユニーク〕 ・ えらい(混雑だ) ・ どえらい(金持ち) ・ 著しく ・ インパクトのある ・ 〔ユニーク〕不快〔/ユニーク〕 ・ 程度を超している ・ 度が過ぎる ・ 度を越す ・ 過当 ・ どぎつい(化粧) ・ ゆがみ(が生じる) ・ ディテールで語る(演出) ・ 饒舌(なデザイン) ・ 極端(に)(けち) ・ オーバー(ワーク) ・ (景気が)過熱 ・ 〔ユニーク〕盲目的(な愛)〔/ユニーク〕 ・ 徹底(したけち) ・ めちゃくちゃ ・ いくら何でも(ひどすぎる) ・ 過ぎたるは(なお)及ばざるがごとし ・ 〔ユニーク〕不健全(な生活)〔/ユニーク〕 ・ 遊びのレベルではない ・ 〔ユニーク〕(もはや)病気〔/ユニーク〕 ・ 大幅(に) ・ 恐るべき ・ むやみやたら ・ 過剰(感) ・ 散々(に世話になった) ・ 過激(な行動に出る) ・ (心配)し過ぎる ・ (△限度を[いたずらが])過ぎる ・ オーバー(な表現) ・ 仰々しく(飾り立てる) ・ とてつもない ・ ごてごて(した)(飾りつけ) ・ 行き過ぎている ・ めったやたら ・ 目を見張る(ような) ・ いかにも(高くて手が出ない) ・ 〔ユニーク〕熱狂的(愛国者)〔/ユニーク〕 ・ 〔ユニーク〕狂信的(な崇拝者)〔/ユニーク〕 ・ 極度(の)(緊張) ・ 〔ユニーク〕(人口減少に)歯止めがない〔/ユニーク〕 ・ 異常(なこだわり) ・ 爆発的(な人口増加) ・ めっそう(なことを言うな) ・ 神(のような)(存在) ・ 奇跡(のような) ・ 程度を超えている ・ 過分(の好意を受ける) ・ めちゃ ・ ウルトラ ・ うざい ・ 非常(に)(いい) ・ 一線を越える ・ 常識を越える ・ (適切な範囲を)超える ・ 節度を超える ・ 圏外 ・ 別格 ・  ・ アウトサイド ・ ファウル ・ 線の外 ・ 線の外側 ・ (仕事)以外(の話) ・ 以上 ・ (一定の)(枠から)はみ出す ・ 番外 ・ らち外 ・ (ボール)アウト ・ (範囲を)オーバー ・ 限界を超える ・ (音程が)外れる ・ 等外 ・ 基準を超えている ・ 線を超える ・ (限界を超えて)他の領分を侵す ・ (滑走路を)オーバーラン(する) ・ 枠外 ・ 枠の外側 ・ 型破り ・ 格外 ・ 範囲外 ・ 範囲の外 ・ 範囲を超える ・ まっとうでない ・ けしからん ・ 整合性を欠く ・  ・ (人の道を)踏み外す ・ 妥当でない ・ 妥当性を欠く ・ よこしま(な考え) ・ 道理に反する ・ 正しくない ・ おきて破り ・ 非合法(な政治活動) ・ 非常識 ・ 道理が通らない ・ (そのやり方は)邪道(だ) ・ 不善 ・ 不条理 ・ 腐敗 ・ 理屈に合わない ・ (そのやり方は)言語道断(だ) ・ 変則 ・ 人を踏みつけにした(やり方) ・ (常識的に見て)おかしい ・ 信頼関係に傷をつける(やり方) ・ 非合理 ・ 筋違い(な要求) ・ 無理(がある) ・ 道理に外れている ・ もってのほか ・ 道徳にかなわない ・ 変格 ・ 異常 ・ じゃ(を戒める) ・ 道理に合わない ・ ひんしゅくを買う ・ 非論理的 ・ 無茶振り ・ でたらめ ・ (人の道に)もとる ・ 正義にもとる ・ 道義にもとる ・  ・ 狂的 ・ とんでもない(手)(を使う) ・  ・ むちゃくちゃ(を言う) ・ 通常の予測を外れた(△言動[思想]) ・ 道に背く ・ 不当(な解雇) ・ 道理に背く ・ (先生が遅刻しては)示しがつかない ・ (この請求は)失当(である) ・ 常識に反している ・ 沙汰の限り ・ そうは問屋が卸さない ・ 不合理(な校則) ・ 背理 ・ 正当でない ・ 途方もない(ことを言う) ・ あくどい ・ むちゃ ・ 不正(を働く) ・ 悪質(ないたずら) ・ 理不尽(な要求) ・ 悪辣 ・ (差が)大きくなる ・ (間が)拡大する ・ (間隔が)開く ・ (競争相手を)大きく引きはなす ・ 水をあけられる ・ 断トツ ・ ぶっちぎり(で優勝) ・ (距離が)開く ・ (距離が)広がる ・ 気持ちが悪い ・ 悪趣味(な)(映画) ・ 趣味が悪い ・ 目立ち過ぎ ・ 独特の存在感 ・ ごてごてした(装飾) ・ ばかばかしいほどの(装飾) ・ 暑苦しい(芸能人) ・ ブラック(ユーモア) ・ 人の嫌がることを平気でやる ・ 不気味な(収集品) ・ 下品な ・ どぎつい ・ うんざり ・ 辟易(する) ・ いかもの食い ・ 独特の癖がある ・ 腐肉をあさるような(生き方) ・ 過剰感の強い(作品) ・ 過剰 ・ 粋でない ・ 毒のある(作品) ・ もう少しどうにかならないのか ・ 黒い(体臭) ・ 存在感のある(作品) ・ 物好き ・ ギラギラした ・ えぐい(表現) ・ アクの強い(△作品[表現]) ・ アクが強い ・ 独特の強さを持つ ・ キッチュ(な巨大看板) ・ 強い個性がある ・ げてもの食い ・ 一般に受け入れられにくい ・ 過剰感を押し出した ・ 嫌みな ・ グロテスク(な)(作品) ・ 狂気の(世界観) ・ 品のない ・ 破壊的な ・ 怪物的な ・ 悪魔的(発想) ・ カルト(集団) ・ 鬼神の(走り) ・ 鬼気迫る ・ 悪魔のような ・ モンスター的な ・ オカルト(映画) ・ 毒を撒き散らす ・ 魔王のごとき(知略) ・ 危険人物 ・ フランケンシュタイン的(怪物) ・ (人間の)グロテスクな部分 ・ 奇怪な ・ 狂気を感じさせる ・ 狂気(にとり憑かれた)(殺人者) ・ マッド(サイエンティスト) ・ サイコパス ・ 闇を秘めた ・ 悪の(権化) ・ ダーク(ヒーロー) ・ 悪賢い ・ しつこい(甘さ) ・ 甘すぎる ・ (一見)口当たりがいい(が) ・ (甘さが)くどい ・ やたらに甘い ・ 過剰(に甘い) ・ 嫌み(な)(甘さ) ・ 鼻につく ・ においがきつい ・ むっとくる(甘い香り) ・ 濃厚(な香り) ・ 甘ったるい(香り) ・ (臭いが)強すぎる ・ (暑さに)参る ・ もう結構 ・ 閉口(する) ・ 調子に乗る(な) ・ バカも休み休み言え ・ (わがままが)過ぎる ・ (冗談にも)ほどがある ・ 散々っぱら(言われる) ・ たっぷり(油をしぼられる) ・ (客引きが)うっとうしい ・ ほどほどにしろ ・ 大概にしろ ・ いい加減にしろ ・ もうたくさん(だ) ・ ヘドが出るほど(まずい) ・ (これ以上は)勘弁(して) ・ (彼女の気持ちが)重い ・ 嫌気がさす ・ いくら何でも ・ あまりに(ひどい) ・ ひど過ぎる ・ 事情はどうあれ(問題だ) ・ 許せない ・ 角をめて牛を殺す ・ (免疫の)過剰反応 ・ (頑張って倒れてしまっては)元も子もなくなる ・ たらいの水と一緒に赤子を流す ・ (それでは)本末転倒 ・ 過ぎたるは及ばざるがごとし ・ ハレーション(を生じる) ・ (愛が)重い ・ ガミガミ(言う) ・ 過干渉 ・ 過保護 ・ 口うるさい ・ (制限量を)超過(する) ・ 過ごす ・ 過ぎる ・ (経済の)オーバーキル ・ 過ぎたるはなお及ばざるがごとし ・ (限界)突破 ・ 無理がかかる ・ やり過ごす ・ (規定数量を)上回る ・ (制限から)はみ出す ・ 貸し越し ・ はみ出す ・ 足が出る ・ (メーターの)(針が)振り切れる ・ 出超 ・ (範囲を)オーバー(する) ・ (身に)余る(光栄) ・ (定員を)越す(応募) ・ (規定重量を)過ぎる ・ (夜の十二時を)またぐ ・ 越権(行為) ・ (限界を)超える ・ (限度を)越える ・ (コップの水が)こぼれる ・ 通り越す ・ 長じる ・ 入超 ・ 押しつけがましい ・ ど派手(な服装) ・ キッチュ(な服) ・ 自己主張ばかり ・ コテコテ(の関西人) ・ 押し出しの強い(看板) ・ (今ここで辞めるのは)うそ(だ) ・ 不合格 ・ (条件に)当てはまらない ・ 欠格 ・ 受け入れられない ・ 不穏当 ・ 帯に短しタスキに長し ・ (女には)不向き(の仕事) ・ 適していない ・ 不適 ・ 不都合 ・ 適さない ・ 不適当 ・ 不適任 ・ 失当 ・ 不適格 ・ ついていけない ・ 適切でない ・ 悪い
この世のものとは思えない(叫び声)普通の程度とは違っている(大いに/とても)この世のものとは思えない(叫び声)普通の程度とは違っている(大いに/とても)  (困り)果てる ・ (あの騒ぎは)ただごとではない ・ 驚くほど(軽い) ・ 驚くほどに ・ (今日は)一段(と)(美しい) ・ 〔ユニーク〕破天荒(の大安売り)〔/ユニーク〕 ・ これ以上ない ・ 大いなる(自信) ・ (危険)極まりない ・ したたか(打ちつける) ・ から(役に立たない) ・ からきし(意気地がない) ・ 何よりも(愛する) ・ まれに見る(被害) ・ 大いに ・ うんと ・ とても ・ とっても ・ 死ぬほど(食べる) ・ 根深い ・ 派手に(△ぶつける[暴れる]) ・ 大掛かり(な設計変更) ・ 誠に ・ 大した(美人だ) ・ 重度(の障害) ・ とてつもなく(好き) ・ あきれるほど(前向き) ・ 言い知れない(喜び) ・ 数段(劣る) ・ 決定的に(異なる) ・ 手放しで(喜ぶ) ・ 痛く ・ 痛いほど(分かる) ・ 痛切(に) ・ 全く ・ くそ(△面白くない[寒い]) ・ いかばかり ・ 会心(の)(一撃) ・ 大きに ・ 一番(の)(お気に入り) ・ (残した功績は)大きい ・ 大きく(変わる) ・ 腰を抜かすほど(おいしい) ・ 激しい(怒り) ・ (思っていたより)ずっと(いい) ・ ただならぬ ・ 底抜け(に明るい性格) ・ 著しく(悪い) ・ 世にも ・ (腰を)したたか(に打った) ・ バカがつくほど(お人よし) ・ 大層 ・ えらい(混雑) ・ えらく(ご機嫌) ・ いと ・ 最上(の)(喜び) ・ 〔ユニーク〕無上(の喜び)〔/ユニーク〕 ・ 極(悪人) ・ (酒が)めっぽう(強い) ・ (この酒は)めっぽうかい(にうまい) ・ 相当(に)(変わったデザイン) ・ 底抜けに(明るい) ・ 猛烈(な雨) ・ 極めて(遺憾) ・ (戦後)最大(の事故) ・ 非常(に)(うれしい) ・ 非常(な)(△才能[充足感]) ・ (悪の)権化 ・ 無慮 ・ (こっちの方が)はるか(に)(いい) ・ 大げさ(な装飾) ・ すごい ・ ものすごい ・ すごく ・ すっごく ・ ものすごく ・ (意気)盛ん ・ 予想した程度を越える ・ 計り知れない(感動) ・ 絶対的(な悪) ・ 〔ユニーク〕お世辞抜き(に)(うまい)〔/ユニーク〕 ・ 異常(に)(眠い) ・ 異常なほど(おならが出る) ・ 固く(お断りします) ・ (時間)(守) ・ 計り知れない・(とてつもなく)深い(愛) ・ すこぶる(元気) ・ 普通でない ・ 並でない ・ 並外れて(優れている) ・ 尋常ではない ・ 大幅(な遅れ) ・ 強く ・ 言い知れない(不安) ・ 筆舌に尽くしがたい(無念さ) ・ ひどい(雨) ・ 遠大 ・ 並々ならぬ(努力) ・ 過大 ・ (強調)(し)過ぎる ・ 底知れない(不気味さ) ・ 圧倒される ・ 格段(に向上) ・ めっちゃ(嬉しい) ・ 得がたい(喜び) ・ 恐ろしい(影響力) ・ 恐ろしく(こだわる) ・ この上ない ・ この上なく ・ (元気)いっぱい ・ 親のかたきのように(酒を飲む) ・ 博大 ・ 爆発的(な人気) ・ 高率(の引き上げ) ・ 大分だいぶ(時間に遅れた) ・ 一方ならず ・ 少なからず(驚かされた) ・ 特に(かわいい) ・ ずいぶん(な値段) ・ ひどく(△気分がいい[ぶつける]) ・ ヘビー(スモーカー) ・ 心の底から(怒っている) ・ 千万 ・ それは ・ 大(好物) ・ 大のお気に入り ・ 心から(喜ぶ) ・ 深く(感動) ・ 厚い ・ 病的(に)(細い) ・ 異様(に)(寒い) ・ コア(なファン) ・ 〔ユニーク〕(悔しくて)ならない〔/ユニーク〕 ・ 特別(に)(かわいい) ・ 特別の(寒さ) ・ 浴びるほど(飲む) ・ 〔ユニーク〕(この本は)掛け値なし(に面白い)〔/ユニーク〕 ・ すさまじく(強い台風) ・ 大きな ・ 至って(△健康[陽気な性格]) ・ 実に(美しい) ・ 実もって(けしからん) ・ 本当に(面白い) ・ 悶絶もの(のかわいさ) ・ いとも ・ 思った以上に ・ こよなく(愛する) ・ こよなき(幸せ) ・ 強烈(に)(惹かれる) ・ はなはだ ・ はなはだしい(被害) ・ はなはだしく(無礼) ・ いやというほど(聞かされる) ・ 飽き飽きするほど(説明する) ・ かなり ・ 最も ・ 至大 ・ よほど(気に入ったらしい) ・ ただただ(忙しい) ・ 類のない(美しさ) ・ マンモス(うれピー) ・ 深甚 ・ 天下国家(の議論) ・ 深厚 ・ 絶大(なる)(信頼) ・ 激しく(損傷する) ・ 激(辛) ・ 理屈を超えた(怖さ) ・ 大変(面白い) ・ 大変に(気分がいい) ・ 真に ・ 必死になって(探す) ・ 深い ・ 限りない(喜び) ・ いやに ・ 千万無量 ・ 〔ユニーク〕惜しみない(愛情)〔/ユニーク〕 ・ 至極(上等な品) ・ 全然(面白い) ・ 文句なしに(かっこいい) ・ 恐るべき(パワー) ・ びっくりするほど ・ 極めて(紳士的な態度) ・ 著しい ・ 寝入る ・ ぐっすり(と) ・ 熟睡 ・ 寝過ぎる ・ 寝過ごす ・ 安眠 ・ 眠り込む ・ 眠りに眠る ・ 寝込み ・ すやすや ・ いぎたない ・ 昏々 ・ 昏睡 ・ よく眠る ・ 夢路をたどる ・ 白河夜船 ・ 寝込む ・ よく眠っている ・ 熟眠 ・ 眠りこける ・ 泥のように眠る ・ 快眠 ・ 母の愛は海より深し ・ 手厚い(世話) ・ 愛情たっぷり ・ 好意的に(見る) ・ 蝶よ花よ(と大事にする) ・ 過保護(に育てる) ・ 子供の顔色を見る ・ 鍾愛しょうあい ・  ・ (孫を)猫かわいがり(する) ・ 降るような愛情を受ける ・ (子どもの)歓心を買おうとする ・ 子煩悩 ・ イクメン ・  ・ (娘の)言いなり(になる) ・ 親ばか ・ 親ばかちゃんりん ・ ばか親 ・ 君寵 ・ 放任主義 ・ 大事にし過ぎる ・ (日本人が)(酒を)こよなく愛する(陶芸家) ・ モンスターペアレンツ ・ (娘に)こびる ・ (孫を目前に)とろける(ような顔) ・ (かわいさに)とろとろ ・ (初孫に)ふにゃふにゃ ・ なめるように(かわいがる) ・ でれでれ(の態度) ・ (娘に)メロメロ ・ 総領の甚六 ・ (末娘への)愛情は別格(である) ・ (子どもを)ダメにする ・ 鼻の下を伸ばす ・ おだてる ・ 溺愛(する) ・ ちやほや(する) ・ (安易に)妥協(する) ・ わがままを許す ・ お嬢さまとして育てられる ・ 目の中に入れても痛くない(孫) ・ 寵する ・ 叱らない(親) ・ (誤った)温情 ・ 盲愛 ・ いい顔をする ・ 甘い顔(を△する[を見せる]) ・ 熱愛 ・ (娘を)掌中の珠(といつくしみ育てる) ・ 無償の愛情を注ぐ ・ (孫を)かばう(祖父母) ・ 父母の恩は山よりも高く海よりも深し ・ (子供に)大甘(な親) ・ (子どもに)なめられる ・ (子どもに)(無条件で)甘い ・ (子どもを)甘やかす ・ (度を越して)甘えさせる ・ (わが子のように)いとおしむ ・ おんば日傘(で育つ) ・ (相手の)熱意に負ける ・ (子供に)従う ・ ゆがんだ愛 ・ 至れり尽くせり(の世話) ・ 寵愛 ・ (身内を)ひいき目(に見る) ・ 高級 ・ 高度 ・ 高次 ・  ・ 高等 ・ 高い ・ 聞いて極楽見て地獄 ・ 雲泥の差 ・ 天地の隔たり ・ 天と地の違い ・ 比べ物にならない ・ 大きく違う ・ 明らかに違う ・ 月とすっぽん ・ (理想から)非常に遠い ・ (初日とは)対照的(な内容) ・ 対比的(に説明する) ・ かけ離れる ・ ゾウに挑むアリ(のよう) ・ 飛び離れる ・ 力の差が大きい ・ (父親とは)似ても似つかない(息子) ・ 格が違う ・ 話にならない ・ 天と地(のような違い) ・ 重みが違う ・ 大差(がある) ・ 足元にも及ばない ・ 超える ・ 雲の上の存在 ・ 規格外 ・ (それとこれとでは)訳が違う ・ 格外 ・ 霄壌の差 ・ 絶する ・ 段違い(の差) ・ 段ち(の差)(がある) ・ 格段(の差)(がある) ・ まるで違う ・ (アイデアとそれを表現することの)(間には)何光年もの隔たり(がある) ・ (理想と現実との)落差 ・ 大違い ・ 大きな違い ・ 差が大きい ・ 天国と地獄 ・ 勝負にならない ・ 意味が大きい ・ 重要である ・ 責任が重い ・ 重責 ・ 重大である ・ ひどい ・ 甚大(な被害) ・ 計り知れない(損失) ・ 思い知らされる ・ 骨身に染みる ・ 目に余る ・ 我慢できないほど ・ これでもかというほど(やられる) ・ こってり ・ 散々 ・ さんざっぱら ・ はなはだしい ・ はなはだしく ・ こてんこてん ・ いやというほど(味わう) ・ 目も当てられない ・ 重い(病気) ・ 思い切り(ダサい) ・ 見るも(無残な姿) ・ 手ひどく ・ 深刻(な被害) ・ (問題)大あり ・ さんざ ・ 手ひどい(損をこうむる) ・ 強度(の近視) ・ 言い知れない ・ 例えようもない(旋律) ・ 妙なる(調べ) ・ 得も言われない ・ えも言えぬ ・ 言いようもない(ほど)(すばらしい) ・ 比類のない ・ 形容しがたい ・ 言語に絶する ・ うまく言えない ・ 言葉では言えない(思い) ・ いわく言いがたい ・ 一口で言えない ・ (口では到底)説明しきれない ・ 不思議(な味) ・ 言葉では(言い)表せない ・ 言葉にならない ・ なんとも言いようがない ・ 言いようのない ・ 筆舌に尽くしがたい ・ (そう)単純ではない ・ 簡単に言いがたい ・ 微妙なニュアンス(の色) ・ 言うに言われぬ(味わい) ・ 言うに言われない ・ (何とも)言いようがない ・ 何とも言えない(気持ち) ・ 息をのむ(美しさ) ・ ため息の出る(ような)(美しさ) ・ 言葉では表現できない ・ 説明がむずかしい ・ 非常に大きい ・ 大振り(なパフォーマンス) ・ 圧倒的(大きさ) ・ 巨大(な)) ・ 光彩を放つ ・ 格段(の進歩) ・ びっくりするほどの(上達) ・ 目に見えて(成長) ・ 際立っている ・ 急成長 ・ 長足(の進歩) ・ △進歩[台頭]が著しい ・ 飛躍的(な成長) ・ (また)一段と(成長した) ・ 光る ・ めきめき(力をつける) ・ 驚くほど(の)(成長) ・ 段違いに(向上する) ・ 目覚ましい(発展) ・ 目覚ましく(進歩する) ・ 目立って(成長する) ・ 進境著しい(選手) ・ 考えも及ばない ・ どういう風の吹き回しか ・ ひょうたんから駒(が出る) ・ 予想以上(に) ・ 想像以上(の速さ) ・ 予想を上回る ・ 予想を下回る ・ (相手の)裏をかく ・ 意想外(の事故) ・ (全く)予想もしない ・ 予想と違う ・ 予想と違って ・ 予想に反して ・ 予想に反する ・ 思いもしない ・ 思いもしなかった(変化) ・ 図らずも ・ 心外(な指摘) ・ そうきたか ・ 予想を超える ・ 心境の変化 ・ 奇策 ・ 案外 ・ とんでもない(出来事) ・ ショッキング(な出来事) ・ 時期外れ ・ あにはからんや ・ 想定外(の展開) ・ 隙をつく ・ 人を食った(態度) ・ 信じられない ・ (周囲の)予想を裏切る ・ 予想しなかった(事態) ・ 風の吹き回し ・ 思いのほか ・ (行き違いが)悪意なし(に生じる) ・ (計画に)齟齬(が生じる) ・ 計算外 ・ 何と(まあ) ・ 案ずるより産むがやすし ・ サプライズ(△ニュース[人事]) ・ 大胆(な手口) ・ 期待以上(の成果) ・ 奇抜(な髪形) ・ 仰天する ・ (図体に)似合わず ・ からめ手から攻める ・ 思わざる(結果) ・ 思わぬところから(姿を現す) ・ 電撃(的)(な人事) ・ 予定外 ・ 肩透かしを食わせる ・ 驚いたことに ・ 驚き(の洗浄力) ・ 驚くべき(事実) ・ 驚くような(組み合わせ) ・ 予期せぬ(結果) ・ 予期せず(して)(出会う) ・ 予期しない(出来事)上 ・ 予期した以上(の) ・ あらぬ(△噂[方角]) ・ 不慮(の事故) ・ 波乱(が起きる) ・ 出はなをくじかれる ・ (何の)前触れもなく ・ どんでん返し(△を食う[に次ぐどんでん返し]) ・ 拍子抜けするほど(簡単) ・ くしくも(巡り会う) ・ 時ならぬ(雪) ・ 思った以上(に) ・ 違算 ・ (あっと)驚く(伏線回収) ・ 思いも寄らない(非難) ・ 不本意(な結果) ・ セオリーから外れる ・ 慮外 ・ 予想しがたい(人生) ・ 定石にとらわれない ・ 盲点(を突かれる) ・ たじろぐ ・ 奇手を放つ ・ もってのほか ・ はしなくも(好評を博す) ・ 思いがけず ・ 思いもかけず ・ (甲子園には)魔物が棲む ・ 気づけなかった(手抜かり) ・ 奇想天外(な物語) ・ とんだ(目に遭う) ・ 逆転(の発想) ・ ゲリラ(△豪雨[的な方法]) ・ なかなか(立派だ) ・ 不意をつかれる ・ 足をすくう ・ どうしたわけか ・ めっそうもない ・ 目からうろこ(の解決策) ・ あきれる ・ (見る者を)あきれ返らせる ・ ことのほか(手間取る) ・ 誤算 ・ けがの功名(でうまくいく) ・ (自分の)耳を疑う(ほど驚く) ・ 期せずして ・ 反則(を犯す) ・ (これは)夢かうつつか ・ 意表(を突く) ・ 意表を突かれる ・ 突拍子もない(考え) ・ 唐突(な発言) ・ 予想外(の事態) ・ 嘘から出たまこと ・ 望外(の喜び) ・ 不覚 ・ 不測(の事態) ・ とっぴ(な発想) ・ (人の)目を引く(デザイン) ・ 取り越し苦労(だった) ・ 期待していなかった ・ 目をむく(ような価格) ・ 及びもつかない ・ 思いがけない(△ことが起こる[展開]) ・ 思いがけなく ・ 思いもかけない ・ 思ってもみない ・ わが目を疑う ・ (見かけと)違って ・ やられた(!) ・ (過去に)例を見ない ・ (これまで)見たこともない ・ ふと ・ なかなか(むずかしい) ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 虚をつかれる ・ 万一(事故が起こったら) ・ (大)番狂わせ(が△起きる[生じる]) ・ 奇襲(をかける) ・ 時ならぬ(時に)(花が咲く) ・ (周囲を)けむに巻く ・ 偶然(にも) ・ 偶然(のたまもの) ・ (と)思いきや ・ 思いも及ばない ・ 起こり得ないことが起こる ・ 意図しない(展開) ・ 意図せず ・ 夢にも思わない ・ 存外(に)(よかった) ・ ゆくりなくも ・ てっきり(辞めると思ってた) ・ 物怪 ・ まさか(の敗退) ・ 不意(に)(起こる) ・ 不意(の出費) ・ 不意を打つ ・ 裏をかかれる ・ 案に相違する ・ 案に相違して ・ 想像を超える ・ (人生)何が起こるか分からない ・ ユニーク(なアイデア) ・ 割合(に)(よくできている) ・ 割と(うまい) ・ わりかた(面白かった) ・ わりかし(うまい) ・ 突拍子もない(言動) ・ 珍事(が起きる) ・ トリッキー(なボクシングスタイル) ・ 妙手 ・ 予想が外れる ・ あっと言う ・ あっと言わせる ・ 驚かせる ・ びっくりする(ような) ・ びっくりさせる ・ 思わぬ(展開) ・ 意外(△にも[な展開/な方向へ向かう]) ・ 意外の念に打たれる ・ 意外や意外 ・ 型破り(な言動) ・ 思いも寄らない ・ 思いも寄らず ・ (凡人には)及びもつかない(発想) ・ 出し抜く ・ 破天荒(な試み) ・ よもや(の)(敗退を喫する) ・ 柄にもなく(照れる) ・ (楽譜の)強弱(記号) ・ 度合い ・ 良い悪い ・ 割り当て ・ (力の)入れ具合 ・ ウエイト ・ (深刻の)(を増す) ・ たか(が知れている) ・ (この)(でやめよう) ・ (いい)あんばい(に晴れてきた) ・ (味の)具合(を見る) ・ 程度 ・ (実力の)ほど(を見せてもらおうか) ・ (この)ぶん(なら安心だ) ・  ・ 様子 ・ (この)てい(の品) ・ バランス(を考える) ・ (湯)加減(を見る)
日本語WordNetによる、この世のものとは思えないの類義語

意義素類語・同義語
超自然的な影響の作用を提案するさま小気味悪い怪異うす気味悪い奇奇怪怪気味わるいけったい底気味わるい気味悪い奇怪無気味奇々怪々不気味きみ悪い怪奇こきみ悪い底気味悪い薄気味悪い
キーワードをランダムでピックアップ
陸海空基金成り下がる製陶チューバ万緑大忙し市民感情えっ油断する身動きできなくする記憶がはっきりしない事もなげに言うただの憶説正道を外れた方法堅実な方法思い描く彷彿ただであげる姿を没する
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 6