表示領域を拡大する
霊の気配の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
霊の気配何となく気味が悪い(不気味ぶきみ霊の気配何となく気味が悪い(不気味ぶきみ  足のすくむ(ような) ・ 恐怖(の館) ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ 不気味 ・ 毒きのこ ・ 不吉(な予感) ・ 怪異(な現象) ・ まがまがしい(雰囲気) ・ 深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ 怨念のようなものを感じる ・ 妖異 ・ 怪奇 ・ 得体の知れない ・ 気味が悪い ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ 妖しい ・ 正体が知れない ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ 毒々しい ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ じっとりと暗い(劇場) ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ 魔(の)(海域) ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ 隠微(な印象の絵) ・ (妙な仕草に)引く ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ 不審(な物音) ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ 目に見えない害意 ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ うさんくさい(もうけ話) ・ じめっとした(和製ホラー) ・ ただならない(気配) ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ 怪しい(屋敷) ・ 怖い ・ 妖しい(雰囲気) ・ ぞっとする ・ 奇怪(な現象) ・ 淫靡(な雰囲気) ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ 鬼気迫る(演技) ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ 謎めいている ・ 妖気が漂う ・ 恐ろしい(現象) ・ ホラー ・ (じとっと)暗い ・ おぞましい ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ この世のものとは思えない ・ 異様(な雰囲気) ・ みにくい ・ 負け組 ・ モンスター(と形容できる) ・ グロテスク(な姿) ・ 深海魚 ・ フランケンシュタイン ・ 下脹れ ・ 顔がゆがんでいる ・ すべた ・ いびつ ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ パグ(みたいな顔) ・ 仲間外れ(にする) ・ 狆くしゃ ・ お多福 ・ 顔面凶器 ・ 不細工 ・  ・ 妖怪 ・ お岩さん ・ 醜婦 ・ 醜悪(な容貌) ・ (周囲の)引き立て役 ・ 冷遇(される) ・ 老醜(をさらす) ・ 不器量 ・ (見た目が)恐ろしい ・ 他人を不幸にする顔 ・ 顔面偏差値35 ・ お亀 ・ ブス ・ 身震い(△が出る[するような光景]) ・ まがまがしい(図柄) ・ 変わっている ・ 異様(な形状) ・ 異形 ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ 醜悪(な姿) ・ まともでない ・ 奇形的 ・ 奇怪(な姿の虫) ・ 奇っ怪(な生物) ・ 得体の知れない(見た目) ・ 普通でない ・ (姿かたちが)不気味 ・ (感覚的に)なじめない ・  ・ グロ ・ グロテスク(な)(様相) ・ (見るからに)グロい ・ 理屈を超えた(怖さ) ・ 同じ空気を吸うのも嫌 ・ 毒々しい(花) ・ 我慢ならない ・ みにくい(姿) ・ 生理的に無理 ・ 目が腐る ・ 虫酸が走る ・ えぐい(やつ) ・ 正視できない ・ 怪しげ(な日本料理) ・ おどろおどろしい(挿絵) ・ 目を背ける ・ 怪奇(現象) ・ 人の気配がする(人形) ・ 怪しい(気配) ・ 超自然的(な現象) ・ 変(な)(物音) ・ (何か)おかしい ・ 気持ちの悪い(物音) ・ 神秘的(な体験) ・ 不気味(な光) ・ 妖異な ・ わけの分からない(怖さ) ・ 幻怪(な現象) ・ 不可解(な物音) ・ わい雑(な裏町) ・ (わい雑な)裏通り的(文化) ・ ごった煮(的)(文化) ・ 奇怪(な△風体[デザイン]) ・ 奇妙な(なり) ・ ガラが悪い ・ (見るからに)気持ちが悪い ・ (見るからに)怪しい ・ 土俗的(な集団行事) ・ ごった煮(的) ・ 不気味(な人) ・ 挙動不審(な人物) ・ 醜い ・ 怪異(な絵) ・ 奇異(な外観) ・ 異様な ・ 知らない(顔) ・ 腹の底の知れない(人物) ・ 悪徳(医) ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 要注意人物 ・ 曰くありげ(な人物) ・ ひと筋縄ではいかない ・ 得体の知れない(男) ・ 素性の知れない(人間) ・ 素性の分からない ・ 素性不明 ・ 見覚えのない(人物) ・ 自己顕示的(な人物) ・ 不気味(な人物) ・ (昭和の)妖怪(と呼ばれる) ・ 不信感がある ・ 三文弁護士 ・ 不審(な動き) ・ うかがい知れない(思惑) ・ ただ者ではない ・ (よく)分からない(人物) ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(が跋扈する政治の世界) ・ 謎めいた(女) ・ 謎の人物 ・ うろん(な者) ・ 何を考えているか分からない ・ 信用できない ・ 訳あり(の美女) ・ いかがわしい(手合い) ・ 不明の部分が多い ・ 食わせ者 ・ 謎に包まれた(過去) ・ 油断のならない(相手) ・ うさんくさい(人) ・ 下心を持つ ・ いわれも知らぬ者 ・ 企みを隠した(手合い) ・ (どこか)薄気味(が)悪い ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 怪人物 ・ 胸に一物ありそう ・ 正体不明(の人物) ・ ひと癖ありそう ・ 勿体顔 ・ つかみどころのない(人物) ・ 怪しげ(な男) ・ 見知らぬ(人物) ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ 茫洋(とした)(人物) ・ 身元不明(の人物) ・ とかくの噂のある(人物) ・ 見慣れない(男) ・ 変(なおじさん) ・ ミステリアス(な人) ・ 異様な(格好) ・ へんてこ(な帽子) ・ 怪しい(身なり) ・ 妙(な格好) ・ 気持ち悪い ・ 不信感(がある) ・ 普通でない(風体) ・ 神秘的(な笑い) ・ 不審(な身なり) ・ キモイ ・ インチキくさい(人) ・ 奇妙(な身なり) ・ うさんくさい ・ 怪石 ・ 奇岩 ・ スリラー ・ ホラー映画 ・ 異形いけい ・ 異形いぎょう ・ 奇形 ・ 異相 ・ 変形 ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ 臭い ・ 偽善的(な態度) ・ 偽善的 ・ 訳ありな様子(の男) ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ 怪しい(存在) ・ 影のある(人物) ・ 不信 ・ 不明朗(な交際) ・ 訳あり(の人物) ・ 鼎の軽重を問う ・ 疑う ・ 良からぬ(連中) ・ (何か)やばそう ・ (あれには)任せられない ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 正体が定かでない ・ 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中]) ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ 変な態度 ・ 信用しない ・ (真意を)測りかねる ・ 生臭い(政治家) ・ 油断できない(相手) ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ 怪しげ(な人物) ・ 疑惑を抱えた人物 ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 面妖(な人) ・ 疑惑の人物 ・ 気になる(ところがある) ・ 素性の知れない ・ 不審(な男) ・ いかがわしい(人物) ・ 虚飾(の青年実業家) ・ 胡散 ・ 裏世界とつながりのある ・ 本心はどこにある(?) ・ うろん(な人物) ・ 疑わしい(態度) ・ 頼りにならない ・ 信頼が置けない ・ 信頼関係にない ・ 不信任 ・ 要注意(人物) ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ 不正直 ・ 疑惑がある ・ 素姓の知れない(人物) ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 灰色(高官) ・ 背信 ・ 良からぬ(人物) ・ 裏切る ・ 評判がよろしくない ・ いい加減(な人物) ・ まともでない(人間) ・ 危険(なグループ) ・ 薄気味悪さ ・ わい雑さ ・ うさんくささ ・ 不気味さ ・ つかみどころのなさ ・ とらえどころのなさ ・ 得体の知れなさ ・ 危うさ ・ 怪しさ ・ 妖しさ ・ 異様さ ・ いかがわしさ ・ 面妖さ ・ 神秘的 ・ 滅びの美学 ・ 美しく死んでいく ・ 病的(な美しさ) ・ 廃退的(な美しさ) ・ 退廃美 ・ 首をすくめる ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ (怖いから)知らないふり ・ 恐るべき ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ うろたえる ・ 総毛立つ ・ 寒気立つ ・ びくつく ・ びくつき ・ おろおろ(する) ・ 顔面蒼白(になる) ・ 背筋が寒くなる ・ がたがた(震える) ・ どきどき ・ 縮み上がる ・ 恐々 ・ 後ずさり(する) ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 身の毛がよだつ ・ (小便を)ちびる ・ 薄氷を踏む思い ・ 体が固まる ・ 脅威を感じる ・ 冷や汗が出る ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 気圧される ・ おっかない ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 畏怖(する) ・ ひるむ ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ おののく ・ おののき ・ 肝を冷やす ・ (顔から)血の気が引く ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 逃げ惑う ・ (成り行きを)見つめる ・ 寒心(に堪えない) ・ 恐るべき(破壊力) ・ 震えが止まらない ・ 心が凍る ・ 怖じる ・ (恐怖に)震える ・ 小心翼々 ・ 息をのむ ・ 恐れおののく ・ 恐がらせる ・ 憮然 ・ (命が)おびかされる ・ (体が)凍りつく ・ 物おじ ・ 物恐ろしい ・ 日和る ・ 怖がる ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ こわごわ ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 戦々恐々 ・ おどおど(する) ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ ひやひや ・ どきん ・ (痛いほど)緊張(する) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ びびる ・ 肌にあわを生じる ・ おぞましい(事件) ・ 臆する ・ 心胆を寒からしめる ・ 寒気(がする) ・ ひざががくがくする ・ 身の縮む(思い) ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 腰を抜かす ・ 怖じける ・ 危機感を抱く ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ (怖がって)震え上がる ・ 慄然(とする) ・ 勇気がいる ・ びくり(とする) ・ ショッキング(な事件) ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ 恐れる ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ (△足[身]が)すくむ ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしさ ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ 悚然 ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 腰が引ける ・ 立ちすくむ ・ 及び腰(になる) ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 怖じ怖じ ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 身震い(する) ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ どぎまぎ ・ 昼なお暗く ・ (森が)怖いほどに深い ・ 木深い ・ 森々 ・ 鬱然(△と生い茂る[たる原始林]) ・ 深山幽谷 ・ 深い森 ・ 黒い森
霊の気配(未分類)霊の気配(未分類)  コートの中には魔物が住む ・ 超自然の力 ・ 霊性 ・ 妖気 ・ 神秘性 ・ 霊力 ・ 霊の気配 ・ あやかし ・ 精気 ・ オーラ ・ 邪気 ・ 精霊の気配 ・ 妖しい気配 ・ カリスマ性 ・ 神秘的雰囲気 ・ 霊気 ・ 霊的エネルギー ・ 異常感覚
キーワードをランダムでピックアップ
耳漏報道機関脱俗適任者を選び出す略する身繕い漁業積分漬け菜親権強迫セット販売秘めてうまくその場をとりなす結論が出るはけで掃く言葉巧みに言い訳をするでたらめな裁判大人も顔負けの知識
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 霊の気配何となく気味が悪い(不気味ぶきみ
  2. 霊の気配(未分類)