表示領域を拡大する
落陽の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
落陽夕方の日の光落陽夕方の日の光  余光 ・ 斜陽 ・ 夕影 ・ 夕日 ・ 西日 ・ 落日 ・ 入り日 ・ 残照 ・ 秋霜しゅうそう烈日 ・ 太陽 ・ 日輪 ・ (の光) ・ 天道てんと ・ (お)天道(さま) ・ 白日 ・ のの様 ・ 天日 ・ お日様 ・  ・ 日の光 ・ 日光 ・ 紫外線 ・ 陽光 ・ 日影 ・ 日脚 ・ 日ざし ・ 日の目 ・ 太陽光 ・ 
落陽(を迎える)栄えていたものが衰える/衰えて勢いが弱くなる落陽(を迎える)栄えていたものが衰える/衰えて勢いが弱くなる  落日(を迎える) ・  ・ 見捨てられる ・ (業績が)悪化(する) ・ 落ち目(になる) ・ 落ちぶれる ・ 雲行きが怪しい ・ (産業が)衰微(する) ・ 下りになる ・ (かつての)にぎわいを失う ・ 弱体化(する) ・ 力を失う ・ 栄枯盛衰(は世の習い) ・ (勢いが)影をひそめる ・ (人気が)下降(する) ・ 盛者必衰じょうしゃひっすい ・ 衰残 ・ 顧みられない ・ 売れなくなる ・ (王朝の)秋 ・ 下火(になる) ・ 衰亡(△する[に向かう]) ・ 下り坂 ・ たそがれる ・ (売上げが)ダウン(する) ・ 経営難(に陥る) ・ (人生の)夕暮れ(時) ・ 精彩を失う ・ 見向きもされなくなる ・ 衰弱(する) ・ (力が)弱まる ・ 弱める ・ 弱くなる ・ たそがれ(の銀行業界) ・ 神通力の低下 ・ 求心力を失う ・ (求心力が)低下(する) ・ おごれる者は久しからず ・ 劣化(する) ・ 地に落ちる ・ 精彩を欠く ・ 萎靡いび ・ 廃れる ・ (新聞業界の)地盤沈下 ・ (勢力が)退潮(する) ・ 不況 ・ 退廃 ・ 盛りを過ぎる ・ (道楽息子が)食い潰す ・ 弱り目(の業界) ・ (周囲が)よそよそしい ・ 弱化(する) ・ (日本経済が)沈む ・ 沈みかける ・ 不安定(になる) ・ 不安定化(する) ・ (基盤が)揺らぐ ・ (影響力が)風化(する) ・ (商店街が)さびれる ・ 家運が傾く ・ (屋台骨が)傾く ・ (人気が)色あせる ・ 色あせて見える ・ (かつての)面影はない ・ (様相が)様変わり(する) ・ 頽唐たいとう(する) ・ 終わりに近づいている ・ 下り坂(にある) ・ 時流に乗れない ・ (意欲)消沈(する) ・ (人気に)陰り(が見える) ・ (△力[勢い]が)陰る ・ (優勝)劣敗 ・ (人気が)低落(する) ・ 危急存亡のとき ・ (旧体制の)弔鐘を聞く ・ 敗色濃厚 ・ さびれ行く ・ (日本の)没落 ・ (△勢力[影響力]に)秋風が吹く ・ 衰えが見える ・ 旬を過ぎる ・ (すべてのものは)移ろう ・ 衰勢(に向かう) ・ (△力[影響力/勢い]が)衰える ・ (かつての)輝きを失う ・ 光を失う ・ 凋落ちょうらく(する) ・ 廃る ・ 不運(をなげく) ・ (農業が)疲弊(する) ・ 衰運の一途をたどる ・ 衰運に見舞われる ・ 落伍(する) ・ 昨日(の)(主役) ・ (△体制[産業])衰え ・ 支持が下がる ・ 制度疲労(を起こす) ・ 末期(的)(状況) ・ (産業が)斜陽化(する) ・ 斜陽(産業) ・ (貴族制が)遠景に退く ・ 遠景に去る ・ (前景から)フェードアウト(する) ・ (△存在感[力]が)後退(する) ・ 栄華が去る ・ 朽ちる ・ 影が薄くなる ・ (産業が)衰退(する) ・ 老大国 ・ (売上が)減る ・ 勢いを失う ・ 勢いが弱まる ・ 勢いがなくなる ・ 病に冒される ・ 勢いが陰る ・ 力が陰る ・ 下り坂(に差し掛かる) ・ (人気が)下降(する) ・ (勢いが)低下(する) ・ 右肩下がり ・ (日本経済に)地盤沈下(が起こる) ・ (経済が)落ち込む ・ 中だるみ ・ 低迷(する) ・ 伸び悩む ・ 伸び悩み(が見られる) ・ (経済の)スローダウン ・ 熱が冷める ・ 熱気が冷める ・ (火が)消えかかる ・ 消えていく ・ 活力を失う ・ 活力が損なわれる ・ (騒ぎが)沈静化(する) ・ 踊り場 ・ (△流行[人気]が)下火(になる) ・ (支持率が)頭打ち(になる) ・ (人気が)下がり目 ・ エネルギーを喪失(する) ・ 求心力が下がる ・ (人気が)衰える ・ 勢いが衰える ・ 力が衰える ・ (往年の輝きが)色あせる ・ ペースダウン ・ (経済が)冷え込む ・ (経済の)冷え込み ・ 中休み ・ (上り調子が)一段落(する) ・ パワーが失われる ・ 鳴りをひそめる ・ 凋落(する) ・ (経済活動が)収縮(する) ・ (景気が)中だるみ(する) ・ 峠を越える ・ (全盛期の)面影はない ・ 脆弱化(する) ・ (経済の)下振れ ・  ・ 水位が下がる ・ 失速(する) ・ 転がり落ちる ・ 勢いが見られない ・ 切れが見られない ・ 気力が失せる ・ 衰亡(に向かう) ・ (△薬[景気対策]の)効果が薄れる ・ つわもの共が夢の跡 ・ (節約)疲れ ・ 下降(する) ・ 尻すぼみ(に終わる) ・ 竜頭蛇尾りゅうとうだび(に終わる) ・ (家業が)左前(になる) ・ (景気に)ブレーキがかかる ・ 勢いが止まる ・ 伸びが止まる ・ 限界が見える ・ 守勢 ・ (勢いが)弱まる ・ 力が弱まる ・ (△勢い[伸び]が)にぶる ・ (勢いが)下り坂(になる) ・ 秋風が吹く ・ 秋風が立つ ・ スランプに陥る ・ (すっかり)影が薄くなる ・ 影を薄くする ・ 存在感が薄くなる ・ 減衰(する) ・ (二大勢力の間で)埋没(する) ・ 劣勢(になる) ・ 飽きられる ・ もろくなる ・ 気弱になる ・ (好景気の)谷間 ・ 一服(する) ・ 機能不全に陥る ・ 退勢 ・ (エンジンの)油切れ ・ 衰微(する) ・ (芸が)曇ってくる ・ (売り上げが)先細り(になる) ・ (市場が)細る ・ はかない(ものだ) ・ (経済の)浮揚力がなくなる ・ 萎える ・ 息切れ(する) ・ 落花流水 ・ 孤城落日こじょうらくじつ(の観がある) ・ (経済が)きりもみ状態(に入る) ・ (効果が)ガクンと下がる ・ 衰運(に見舞われる) ・ (あの人気も)今は昔 ・ (当時の最新技術も今は)色あせて見える ・ 晩節を汚す ・ 減退(する) ・ (勢いを)落とす ・ (速力が)落ちる ・ 活気を失う ・ 力を落とす ・ 倦怠感が漂う ・ (△往年[かつて]の)輝きを失う ・ 元気がなくなる ・ (新事業に手を出したのが)つまずきの始まり(だった) ・ (△勢い[人気/景気]が)しぼむ ・ ダメージを受ける ・ (芸が)枯れる ・ (すっかり)牙を抜かれる ・ 下げ過程(に入る) ・ 元気がない ・ 不活発(になる) ・ とうが立つ ・ 落ち目 ・ おとなしくなる ・ (社会への)インパクトを失う ・ (伸びが)鈍化(する) ・ 存在感を失う ・ (勢いに)陰りが出る ・ (景気が)減速(△する[傾向を示す]) ・ (経済政策の)効果が続かない ・ (△だいぶ[思想が])風化(する) ・ 峠を過ぎる ・ 立ち枯れる ・ 老年期に入る ・ (景気が)後退(する) ・ (消費が)退化(する) ・ ぱっとしない ・ 絶えて久しい ・ 目立たなくなる ・ (景気が)沈滞(する) ・ (景気が)停滞(する) ・ 影響力が低下する ・ 急落 ・ フェードアウト(する) ・ ジリ貧 ・ 統率力を失う ・ (賞味)期限切れ(の芸能人) ・ 不振 ・ 行き悩む ・ エネルギーを失う ・ (国が)荒廃(する) ・ レベルダウン(する) ・ (成長の)エネルギーを失う ・ (ファンの)支持を失う ・ 硬直化(する) ・ 後景に退く ・ (政策への支持が)息切れする ・ (若者の車)離れ ・ (簡単に)捨てられる ・ 捨て去られる ・ 人気がなくなる ・ 関心が薄れる ・ (容色が)衰える ・ 魅力を失う ・ 新鮮さを失う ・ 求心力が低下する ・ (往時の)輝きを失う ・ 幻滅に変わる ・ 手あかにまみれる ・ 手あかにまみれた(表現) ・ 陳腐(な表現) ・ 陳腐化(する) ・ 時代遅れ(になる) ・ (流行が)色あせる ・ そっぽを向かれる ・ 目新しくなくなる ・ 関心が持たれなくなる ・ (もう)面白くない ・ 総すかんを食う ・ 相手にされなくなる ・ 受けない ・ 流行遅れになる ・ (もう)うんざり(だ) ・ 嫌われる ・ (もう)見向きもされない ・ 不評を買う ・ (ファンから)見捨てられる ・ 見限られる ・ 人気が下降する ・ 下落する ・ 幻滅される ・ 古びる ・ 盛りを過ぎ ・ (徐々に)廃れる ・ 古くなる ・ 賞味期限が切れる ・ 見放される ・ マンネリ(△に陥る[感]) ・ ブームが去る ・ 衰退する ・ (SNSへの)疲労感が出る ・ タガがゆるむ ・ 弱る ・ (年をとって)焼きが回る ・ 老害 ・ (歳をとって)ポンコツ(になる) ・ (△人間[発想]が)枯れる ・ (徐々に)弱る ・ 根気が続かない ・ 老いぼれる ・ 立ち腐れ(を起こす) ・ 退歩(する) ・ 体が言うことを聞かない ・ 足腰が言うこと聞かない ・ (頭が)ぼける ・ 麒麟きりんも老いては駑馬どばに劣る ・ 年は取るものではないな ・ 機能不全(に陥る) ・ (腕が)さび付く ・ 体力が落ちる ・ 腕が落ちる ・ (年で)もうろく(する) ・ 気弱(になる) ・ (心身の機能が)にぶる ・ (精力)減退 ・ 空洞化(する) ・ (体が)弱る ・ (△能力[体力]が)衰える ・ △肉体[気力]の衰え ・ 人間は足から死ぬ ・ 老化 ・ 窮迫する ・ 貧乏人 ・ 虐げられた(人々) ・ 金に困る ・ 食い潰す ・ しがない(暮らし) ・ 一文無し ・  ・ やりくりに苦しむ ・ 生活苦 ・ (生活に)困窮(する) ・ 宵越しの金は持たない ・ (博打打ちが)身ぐるみはがされる ・ 食い倒す ・ 食い倒れ ・ (△財政[国力]が)疲弊(する) ・ 乏しい ・ (利益が)薄い ・ 赤貧(の日々) ・ (経済的に)追い詰められる ・ ふうふう言ってる ・ (もう)鼻血もでない ・ 貧しい ・ 負け組 ・ 生活が苦しい ・ 生活が苦しくなる ・ 生活に追われる ・ お金がない ・ (給料に)不満 ・ (生活に)行き詰まる ・ 無一物 ・ (ワーキング)プア(に属する) ・ プア(ー)な(日雇い派遣) ・ (△収入[財産]が)少ない ・ 逼迫 ・ かつかつの暮らし ・ 食っていけない ・ (物価高で)青息吐息(だ) ・ 貧乏(する) ・ (やっと)息をつなぐ ・ 飢える(しかない) ・ 路頭に迷う ・ お金に困る ・ やっとの生活 ・ 干上がる ・ (今月)ピンチ ・ (持つ者と)持たざる者 ・ (経済的に)余裕がない ・ 極貧(の暮らし) ・ 露命をつなぐ ・ 格差社会(に痛めつけられる) ・ 無銭 ・ (女の)細腕(で一家を養う) ・  ・ 窮乏(する) ・ 金はあっという間に無くなる ・ 無産 ・ 切り詰めた(生活) ・ (食物が)乏しい(時代) ・ 生活保護 ・ ジリ貧(に陥る) ・ (手元)不如意(である) ・ 何も持っていない ・ きゅうきゅう ・ 貧者 ・ 色男金と力は無かりけり ・ 裸一貫 ・ ぴいぴい ・ 手に入らない ・ 文無し ・ 丸裸 ・ すかんぴん ・ (借金で)首が回らない ・ (おまんまの)食い上げ ・ 賃下げ ・ 身代限り ・ お金を借りる ・ 借金漬け ・ (連日、)取り立てに追われる ・ どか貧 ・ ぎりぎりの生活 ・ 貧困(層) ・ 食いはぐれ ・ 食いはぐれる ・ 食いっぱぐれ ・ 食いっぱぐれる ・ (生活必需品にも)不自由(する) ・ ギャンブル依存症 ・ 自転車操業 ・ すってんてん ・ パンの耳をもらう ・ ゲルピン ・ 食い兼ねる ・ 寒村(で育つ) ・ 限界状態 ・ 食い詰める ・ 窮迫(する) ・ 金欠(病) ・ 新聞少年 ・ 無い袖は振れない ・ 手薄 ・ エンゲル係数が高い ・ 内輪 ・ 財政難 ・ (台所は)火の車 ・ (家計が)火だるま(状態) ・ (もう)限界 ・ ふところが寂しい ・ (やりくりに)四苦八苦(する) ・ (衣食住にも)困る ・ あごが干上がる ・ (憲法が定める)健康で文化的な最低限度の生活 ・ (生活苦に)あえぐ ・ あえぐような(学生時代) ・ 生活にゆとりがない ・ (京の)着倒れ ・ 無一文 ・ はかない ・ ほっとけないあやうさ(がある) ・ さくい ・ 華奢 ・ 壊れやすい ・ 弱い ・ 脆弱 ・ タフでない ・  ・ ひ弱い ・ 長持ちしない ・ 危うい(存在) ・ 柔い ・ 守ってあげたくなる(ようなか弱さ) ・ 軟弱 ・ もろい ・ 簡単な作り(の小屋) ・ ひとたまりもない ・ 弱々しい ・ エピローグ ・ 分かれ際 ・ 最終局面 ・ 追い込み(に入る) ・ 九回裏 ・ 晩期 ・ 手じまい(の段階) ・ 大詰め(を迎える) ・ カウントダウン(に入る) ・ 秒読み(に入る) ・ ゴール目前 ・ (ゴールが)目前に迫る ・ 結末近く ・ 幕切れ近く ・ 終了直前 ・ 大詰め ・ (人生の)終着駅 ・ 終焉(の地) ・ 終着点(に至る) ・ (いよいよ)山場(を迎える) ・ 引き際 ・ 大団円(を迎える) ・ 掉尾とうび(を飾る) ・ 蛍の光 ・ ファイナル ・ 終章 ・ 第四コーナー(を回る) ・ 末つ方 ・ (終わりまで)(もう)ひと息 ・ (あと)ひと息 ・ 去り際 ・ 土壇場(に至る) ・ 佳境(に入る) ・ (完成が)間近 ・ 最終段階 ・ カタストロフィー ・ 大切り ・ (完了)直前 ・ フィナーレ ・ 引け時 ・ 最終章 ・ 天王山(を迎える) ・ 最終場面 ・ 最後の一幕 ・ (人生の)秋 ・ (芝居の)終幕 ・ 引け際 ・ 終末 ・ (いよいよ)切羽詰まる ・ 泣いても笑っても(これで最後) ・ 仕上げ(の工程) ・ 総仕上げ(の段階) ・ (捜査が)詰め(の段階)(に入る) ・ クライマックス ・ この期に及んで ・ (江戸)末期 ・ 終盤 ・ 末葉 ・ (郷里に)逼塞ひっそく(する) ・ (△どん底の生活[社会の底辺]に)沈む ・ (失言が)命取り(になった) ・ (平社員に)降格(する) ・ 敗残(の人生) ・ (社会の)敗残者 ・ あまりにもさびしいカリスマの最期 ・ (すっかり)衰える ・ 置いていかれる ・ 雌伏 ・ 風采が上がらない ・ 破産(する) ・ 降職 ・ 蹴落とされる ・ 零落れいらく(する) ・ (酒が)身の破滅(を招く) ・ 身を滅ぼす ・ 尾羽おは打ち枯らす ・ (ばくちで)身を持ち崩す ・ 栄枯盛衰 ・ 誇りも何もなくす ・ 脱落(する) ・ (娼婦に)身を落とす ・ 枯れすすき ・ (過去の栄光も)今は昔 ・ 落魄らくはく(の身) ・ 落魄無残(な姿) ・ (役者)崩れ ・ 落ちぶれ果てる ・ 落ちこぼれる ・ 逆境にある ・ (酒に)溺れる ・ 都落ち(する) ・ 落ち行く(先は奥州平泉) ・ 転落(の道をたどる) ・ わびしい(姿) ・ (背中に)わびしさが漂う ・ (背中に)哀愁が漂う ・ (担当から)外れる ・ 淪落りんらく(△した女[の淵に沈む]) ・ 破滅型(人間) ・ (支店勤務に)飛ばされる ・ うらさびしい(姿) ・ 落後 ・ (人気が)失墜しっつい(する) ・ (△地位が[物乞いにま​で])落ちる ・ 落ちた(偶像) ・ 降任 ・ うらぶれる ・ 失格(になる) ・ (親にも)合わせる顔がない(ような酷い生活) ・ しな下る ・ 諸行無常(の響きあり) ・ 落ち目(の芸能人) ・ (無一文に)成り果てる ・ 成り下がる ・ (栄光と)挫折 ・ 転覆 ・ たそがれて(生気のない人) ・ どん底(の生活) ・ みすぼらしい(格好)(をさらす) ・ 評判を落とす ・ 貧する ・ 貧すれば鈍する ・ リストラ候補 ・ 哀れ(な△姿[末路をたどる]) ・ (道楽者の)成れの果て ・ やつれる ・ 失脚(する) ・ 没落(する) ・ 没落武士 ・ 落ち武者 ・ 惨め(な境遇)(に陥る) ・ 見る影もない ・ (昔の)面影はない ・ 沈淪 ・ 攻め滅ぼす ・ (一家の)破滅 ・ 殲滅 ・ 死ぬ ・ 衰亡 ・ (王国の)終わり ・ (民族が)衰亡(する) ・ 滅びの美(学) ・ 自滅(する) ・ 世紀末 ・ (帝国の)弔鐘ちょうしょう(が鳴る) ・ 最後 ・ 覆滅 ・ 滅する ・ 壊滅 ・ 滅ぶ ・ 滅びる ・ 滅び ・ 宴の終焉 ・ 必滅 ・ 亡国 ・ (伝統が)廃滅はいめつ(する) ・ 撃滅 ・ 衰滅 ・ (内閣が)瓦解(する) ・ 全滅 ・ 衰える ・ (王朝の)滅亡 ・ 存亡(の危機)  ・ 衰退 ・ 敗滅はいめつ(する) ・ 滅ぼす ・ (有権者の)気持ちが離れる ・ 支持離れ ・ (権力者から)人心が離れる ・ (人気が)かすむ ・ 客が減る ・ (成績が)落ち込む ・ (昔は名投手として)鳴らした(ものだ) ・ (△人気[評価]が)落ちる ・ 人気をさらわれる ・ (勢いが)にぶる ・ 期限切れ ・ (流行が)廃る ・ 一発屋 ・ (世間の)関心を失う ・ 忘れられる ・ 忘れ去られる ・ (売上げ)ダウン ・ (ひとつの)時代が終わる ・ 退潮期に入る ・ (△人気[神通力/魅力]が)衰える ・ 失墜(する) ・ 老兵は死なず、(ただ消え去るのみ) ・ 振るわなくなる ・ 人気を失う ・ 見向きもされない ・ (むかしの光)今いずこ ・ (人気)下降 ・ うら枯れる ・ (商店街が)寂れていく ・ (ファンに)見放される ・ 三日天下(で終わる) ・ 顧みられなくなる ・ (世間から)見捨てられる ・ (失敗続きで彼も)形なし(だ) ・ (かつての)求心力が失われる ・ (もう)過去の人 ・ つわものどもが夢の跡 ・ 不振に陥る ・ (順位が)下がる ・ 輝きを失う ・ (往年の)輝きが失せる ・ レームダック(の大統領) ・ 天国から地獄へ(落ちる) ・ 風化する ・ (人気が)失速(する) ・ (あの歌手はもう)終わった(な) ・ (輝きが)色あせる ・ メッキがはげる ・ (効力が)薄れる ・ 頭を押さえられる ・ (景気はやや増加から)横ばい(に転じる) ・ (勢いが)鈍化 ・ (インフレの)沈静化 ・ ブレーキがかかる ・ (伸びが)止まる ・ 天井を打つ ・ 枯れた(技術) ・ 停滞 ・ ストップ(する) ・ (景気の)減速 ・ にぶる ・ 頭打ち ・ 足踏み(状態) ・ 沈滞 ・ 底を打つ ・ (産業の)成熟(化) ・ (△背中[佇まい]に)わびしさが漂う ・ 哀感 ・ 心さびしい ・ (何かに)すがりたい(ような)(気持ち) ・ ブルース調(の曲) ・ 見捨てられた(気分) ・ (母のいない家は)火の消えたよう(だ) ・ すがれた(音色) ・ どことなく寂しい ・ 暗い ・ 冬ざれ(の野) ・ むせぶような(汽笛) ・ うらぶれた(姿) ・ うらさびしい ・ 哀調を帯びた(音楽) ・ 寒々とした(風景) ・ 悲しげ ・ 孤独感を募らせる(風景) ・ 場末(の映画館) ・ 寂しげ ・ もの寂しい ・ (想像力の)貧しい(人) ・ 人後じんご(に落ちる) ・ 卑劣(な男) ・ (二大勢力の間で)埋没する ・ (強者の)陰に回る ・ 大したことはない ・ 分が悪い ・ (相手に)一日の長がある ・ 段違い ・ 最低(△の出来[な映画]) ・ 未整備 ・ ばかげた(質問) ・ (△一歩[遠く])及ばない ・ かんばしくない(成績) ・ (子役に)食われる ・ (他に比べて)落ちる ・ 軽輩(の身) ・ 拙劣 ・ 下手(な図書館より本がある) ・ (技術面で)(一歩)譲る ・ ついて行けない ・ うさんくさい(音楽) ・ (他社の)後塵を拝する ・ 先を越される ・ 先んじられる ・ 立ち遅れが目立つ ・ (あいつには)敵わない ・ (~の)足元にも及ばない ・ ケチ ・ ケチくさい ・ 低劣 ・ (上司が)目の上のたんこぶ ・ (普通)以下 ・ 標準以下 ・ (~より)下 ・ (ライバルに)水をあけられる ・ 合格点に達しない ・ 引けを取る ・ 一籌いっちゅうする ・ 魅力が半減する ・ くず ・ (先輩の)背中は遠い ・ (標準を)下回る ・ (相手に)一目置く ・ (主役が)かすむ ・ 力及ばず(負ける) ・ 影が薄い ・ (何とも)貧弱 ・ 粗雑(な作り) ・ 愚劣(な見せ物) ・ 至らない ・ 不備が目立つ ・ マイナー(な映画) ・ ランクが下 ・ (高級店としては)落第(点) ・ 惨めな(音) ・ 二番 ・ 二番手(に甘んじる) ・ 劣悪 ・ (素人に負けてプロも)形なし ・ (他より)劣位(にある) ・ 格下 ・ 中途半端(な出来) ・ 安っぽい(品) ・ 二線級(の選手) ・ 脱帽する ・ ちゃち(な作り) ・ 劣等(生) ・ 形勢不利 ・ (ライバルに)抜かれる ・ 貧相(な家並み) ・ ブービー賞 ・ (実物を見ると)心劣り(する) ・ 出来損ない ・ 無価値(な△仕事[土地]) ・ (本物の前では)色あせて見える ・ (彼の能力には)及ぶべくもない ・ 旧式 ・ (出来が)よくない方 ・ しょぼい(映画) ・ 取り残される ・ (平均点に)届かない ・ 圧倒される ・ 格落ち(の米) ・ お寒い(△現状[設備]) ・ (知恵が)後れた(子) ・ (勉強が人より)遅れる ・ 物の数ではない ・ 後方に下がる ・ 不成績(に終わる) ・ 不十分 ・ 足りない ・ 未成熟 ・ 低い(次元の話) ・ 低水準(の利回り) ・ 悪い ・ 期限切れ(のビジネスモデル) ・ 低位 ・ (後輩の)風下に立つ ・ 下風かふうに立つ ・ 着外(に終わる) ・ 稚拙(な文章) ・ (新市場の開拓に)後れを取る ・ 安価(な美容液) ・ 粗末(な食事) ・ 劣勢(にある) ・ (大資本に)押される ・ ひどい(出来ぐあい) ・ (相対的に)見劣り(する) ・ 劣る ・ (他より)劣っている ・ 二流(どころ) ・ いい加減(なやり方) ・ 凡庸 ・ (生半可では)通用しない ・ 格が違う ・ 惜しい(ところで勝利を逃がす) ・ (首位に)次ぐ ・ (~の)次 ・ 芸がない ・ 差をつけられる ・ (今回のは)外れ(だな) ・ (程度を)低める ・ 安手(の生地) ・ 低俗(な番組) ・ (君では)力不足(だ) ・ 不出来 ・ (勝負に)負ける ・ 味わいがない ・ 欠点が目立つ ・ 程度が知れる ・ 一段下 ・ 非力 ・ 疲れる ・ 故障 ・ (△体[包丁]が)なまる ・ 弱化 ・ 弱まる ・ 鈍化 ・ 壊れる ・ 弱り切る ・ 弱り果てる ・ くたびれる ・ 麻痺 ・ 痩せる ・ 隆替 ・ 栄枯 ・ 浮沈 ・ 栄光と挫折 ・ (国家の)繁栄と没落 ・ 盛衰 ・ 盈虚
落陽(を迎える)(未分類)落陽(を迎える)(未分類)  落照 ・ 落陽 ・ 落日の余映 ・ 落暉 ・ 夕焼け ・ 夕映え ・ 夕闇に包まれるころ ・ 薄暮 ・ 暮れ ・ トワイライトたそがれ ・ たそがれ時 ・ 暮れ方 ・ ぽかぽか ・ 暖かい ・ 柔らかな光 ・ 秋陽 ・ 小春日和 ・ 薄日 ・ 春陽 ・ 春の光 ・ 日の入り ・ 日没 ・ 駆け足 ・ 没する ・ 日が没する ・ サンセット ・ 日落 ・ 太陽が西に沈む ・ 晩照 ・  ・ 夕まぐれ ・ 夕方 ・ 日没後 ・ 朝日 ・ お日さま ・  ・ 日暮れ ・ つるべ落とし ・ 空燃ゆ ・ 夕焼け小焼け ・ あかね空 ・ 茜色に染まる ・ 日が傾く ・ 日が沈む ・ 夕陽 ・ 晩陽 ・ 入日 ・ 日差し ・ サンシャイン ・ 西陽 ・ 粋が身を食う ・ なり下がる ・ おちぶれる ・ 屋台骨が揺らぐ ・ 落魄れる ・ 零落れるる ・ 落潮 ・ 変わり果てる ・ 腸が腐る ・ 夕暮れ ・ 日暮れ近く
キーワードをランダムでピックアップ
小天地不穏互選聖慮極印まだら模様義理チョコ無防備な気持ちが濃い空気口のんきに構える愛想あいそよく手慰みに鉛筆を転がす学力偏重大胆な改革岩の割れ目に入れる行動を封じ込める目を閉じると様々な出来事が思い返される澱のようなものが沈殿する二十四時間マークする
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 落陽夕方の日の光
  2. 落陽(を迎える)栄えていたものが衰える/衰えて勢いが弱くなる
  3. 落陽(を迎える)(未分類)