表示領域を拡大する
(失敗続きで彼も)形なし(だ)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
人気にんきがなくなる  (失敗続きで彼も)形なし(だ) ・ (商店街が)寂れていく ・ 目立たなくなる ・ メッキが剝げる ・ 幻滅される ・ 輝きを失う ・ 後退(する) ・ 人気がなくなる ・ (神通力が)衰える ・ 古くなる ・ (効力が)薄れる ・ 風化する ・ 精彩を失う ・ 人気を失う ・ 影が薄くなる ・ 期限切れ ・ レームダックの(大統領) ・ かすむ ・ (勢いが)にぶる ・ 見向きもされなくなる ・ 落ち目(になる) ・ 関心が持たれなくなる ・ (政策への支持が)息切れする ・ 古びる ・ 飽きられる ・ 受けない ・ 相手にされなくなる ・ 魅力を失う ・ (ファンから)見捨てられる ・ 関心が薄れる ・ そっぽを向かれる ・ 見限られる ・ 賞味期限が切れる ・ パッとしない ・ 人気が下降する ・ ブームが去る ・ 嫌われる ・ 不評を買う ・ 求心力が低下する ・ (簡単に)捨てられる ・ (流行が)色あせる ・ 衰退する ・ 盛りを過ぎ ・ 新鮮さを失う ・ (もう)見向きもされない ・ 下落する ・ (若者の車)離れ ・ (もう)うんざり(だ) ・ 手あかにまみれる ・ 手あかにまみれた(表現) ・ 陳腐(な表現) ・ 陳腐化(する) ・ 目新しくなくなる ・ (もう)面白くない ・ 流行遅れになる ・ 総すかんを食う ・ (SNSへの)疲労感が出る ・ マンネリ(△に陥る[感]) ・ (徐々に)廃れる ・ 不人気 ・ 人気がない ・ 不首尾 ・ たそがれる ・ 活力を失う ・ 活力が損なわれる ・ 勢いが止まる ・ 下り坂 ・ 下降(する) ・ 低下(する) ・ 勢いがなくなる ・ (節約)疲れ ・ 影響力が低下する ・ (景気が)減速する ・ 機能不全に陥る ・ 盛りが過ぎる ・ 限界が見える ・ (ファンの)支持を失う ・ (かつての)輝きを失う ・ 衰運(に見舞われる) ・ 旬を過ぎる ・ (経済政策の)効果が続かない ・ 下降する ・ ダメージを受ける ・ (伸びが)にぶる ・ (人気が)衰える ・ 下がり目 ・ (景気に)ブレーキがかかる ・ 落ち目 ・ 元気がなくなる ・ 退勢 ・ (国が)荒廃(する) ・ 行き悩む ・ 不如意 ・ 伸びが止まる ・ とうが立つ ・ 孤城落日 ・ (芸が)曇ってくる ・ 衰亡(に向かう) ・ 先細り(になる) ・ 衰勢 ・ おとなしくなる ・ 勢いが衰える ・ 統率力を失う ・ 求心力を失う ・ 熱が冷める ・ 熱気が冷める ・ 勢いを失う ・ 衰える ・ 守勢 ・ 萎える ・ (芸が)枯れる ・ (すっかり)影を潜める ・ 影を薄くする ・ 勢いが陰る ・ 息切れ ・ もろくなる ・ パワーが失われる ・ 劣勢 ・ 晩節を汚す ・ 凋落(する) ・ 落日(を迎える) ・ (効果が)ガクンと下がる ・ 倦怠感が漂う ・ エネルギーを失う ・ 脆弱化(する) ・ (支持率が)頭打ち(になる) ・ 旧態依然 ・ 落ちぶれる ・ 勢いが弱まる ・ 失速(する) ・ 気弱になる ・ (ブームが)影をひそめる ・ 左前 ・ 力を落とす ・ 病に冒される ・ (△流行[人気]が)下火(になる) ・ 伸び悩む ・ 伸び悩み ・ (人気が)しぼむ ・ 秋風が吹く ・ 秋風が立つ ・ 色あせる ・ 竜頭蛇尾 ・ (すっかり)牙を抜かれる ・ (△薬[景気対策]の)効果が薄れる ・ 存在感を失う ・ 下火(になる) ・ スランプに陥る ・ (エンジンの)油切れ ・ (往年の)輝きを失う ・ 息切れする ・ 陰りが出る
あっても役に立たない(無用むよう  形なし ・ ペケ ・ 始まらない ・ 無駄 ・ 詮無い ・ 無用 ・ 適していない ・  ・ 徒爾 ・ 用無し ・ 不用 ・ 役立たない ・ 余計 ・ 徒事 ・ 暖簾に腕押し ・ 玉無し ・ だめ ・ いらない ・ 鳴かず飛ばず ・ そつ ・ 昼あんどん ・ (あっても)役に立たない ・ 死に金 ・ 捨て金 ・ 掛け捨て ・ 虚学 ・ 雑学 ・ トリビア ・ 死に学問 ・ 俗学 ・ 無駄事 ・ 老化 ・ 腐敗 ・ 古す ・ 古びる ・ 古くなる ・ 朽廃 ・ (品質が)落ちる ・ いかれる ・ 陳る ・ 古ぼける ・ 使い古す ・ 使い終える ・ 老廃 ・ 老朽 ・ 冗語 ・ 徒口 ・ 徒言 ・ 贅言 ・ 贅語 ・ 逆境にある ・ いばらの道 ・ 壁にぶつかる ・ (米中関係悪化の)悪影響を受ける ・ 条件が悪すぎる ・ 悪条件(を抱える) ・ 厳しい状況に見舞われる ・ 思わしくない(天気) ・ 障害(となる) ・ 不都合 ・ デメリット ・ 条件が悪い ・ 悪い条件 ・ 拘束性 ・ ハンディキャップ ・ ハンデ(を抱える) ・ 困難 ・ 障り ・ 物事の△成功[成立]を阻む ・ (締め切りという)制約 ・ (消費者にとっての)不利益(をもたらす) ・ 束縛(を受ける) ・ (天体観測には満月が)邪魔 ・ つらい ・ (円高は輸出企業の)マイナス要因 ・ 足を引っ張る ・ の菊 ・ 後の祭り ・ 六日の菖蒲 ・ (手遅れで)役に立たない ・ 水の泡 ・ おしゃか(になる) ・ ふい(にする) ・ おじゃん ・ 台無し ・ 不便 ・ 便利でない ・ 不自由 ・ 不得策 ・ 不経済 ・ ためにならない ・ 不利益 ・ 不為 ・ 不利(になる) ・ 迂遠 ・ 二階から目薬 ・ 回りくどい ・ 焼け石に水 ・ 甲斐がない ・ 効果がない ・ 猫に小判 ・ 闇夜の礫 ・ 無効 ・ むなしい ・ 効き目がない ・ 釈迦に説法 ・ 糠に釘 ・ 月夜に提灯 ・ 無益 ・ 豆腐に鎹 ・ 徒(に時が過ぎる) ・ 及ばない ・ 役に立たない ・ 不必要 ・ 相当しない ・ 不要 ・ (…するには)当たらない ・ どうでもいい ・ 御無用 ・ 必要ない ・ 使い切れない ・ 不必要(な派遣社員) ・ 過剰(生産物) ・ (土地が)遊んでいる ・ 遊休(人員) ・ 余力(がある) ・ 蓄え(に回す) ・ 有り余る(体力) ・ 不急(の人員)不要不急(の金) ・ 余り(物) ・ 水ぶくれ(した経済) ・ 余計(な)(アドバイス) ・ 余剰(物資) ・ 数に入らない ・ 物の数ではない ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ (研究するほどの)意味はない ・ 言うに足りない ・ 取りとめのない ・ 子供だまし ・ 愚にも付かない ・ 役立たず ・ 三文 ・ ばか臭い ・ (お前に指導者の)資格はない ・ 瓦石 ・ 論ずるに足りない ・ たかが知れている ・ かす ・ 無駄(な△行為[出費]) ・ 時間の無駄 ・ 価値がない ・ (参加する)価値はない ・ 価値のない(土地) ・ 無価値 ・ バカ ・ ぼろくそ ・ 取るに足りない ・ 話にならない ・ 烏滸の沙汰 ・ ばかばかしい ・ 滑稽 ・ (批判するだけでは)(何の)プラスにもならない ・ たわいない ・ たあいない下らない ・ (見るに)値しない ・ △(報復[課金]しても)何も残らない ・ (関心の)らち外(にある) ・ 値打ちがない ・ 論外 ・ 由無い ・ 無意味(な討論) ・ ナンセンス ・ 無内容(の本) ・ 何が言いたいのかわからない ・ へったくれ ・ バカらしい ・ 無意義 ・ 愚劣 ・ ちりあくた ・ 弊履 ・ つまらない ・ 不穏当 ・ うそ ・ 不合格 ・ 不適 ・ 不適格 ・ 欠格 ・ 不適当 ・ 悪い ・ (女には)不向き(の仕事) ・ (条件に)当てはまらない ・ 不適任 ・ 失当 ・ ついていけない ・ 適さない ・ 受け入れられない
(未分類)  面目丸潰れ ・ 急降下 ・ 評判を落とす ・ 周囲から見放される ・ 信頼をそこなう ・ 信用がた落ち ・ 脱帽 ・ ギャフンとなる ・ そこのけ ・ ひれ伏す ・ ハダシで逃げ出す ・ 形なし ・ 価値を汚す ・ 地に落ちる ・ 人望を失う ・ 失墜 ・ 男を下げる ・ 参る ・ 降参 ・ 顔負けする ・ かなわない ・ シッポを巻く ・ 顔色なし ・ 頭が上がらない ・ 台なしにする ・ だいなし ・ お釈迦 ・ おじゃんになる ・ おシャカ ・ 駄目になる ・ 台なし ・ だめになる ・ お釈迦になる ・ 台無しになる ・ 駄目 ・ かたなし ・ 台なしになる ・ ダメになる ・ ポシャる ・ お蔵になる ・ 徒労 ・ 台無しにする ・ ふいになる ・ 元のもくあみ ・ 本の木阿弥 ・ 元の木阿弥 ・ 御蔵になる ・ おくらいり ・ おくら入り ・ お蔵入り ・ 御蔵 ・ 御蔵入り ・ 形無し ・ 公開中止 ・ お蔵 ・ 上演禁止 ・ 一文にもならない ・ 絵にかいたもち ・ かいがない ・ 労苦 ・ むだ足 ・ ただ働き ・ 徒為 ・ 只働き ・ 無駄足 ・ いたずら ・ 無駄足を踏む ・ 骨折り損のくたびれもうけ ・ ロス ・ 無駄働き ・ 無駄骨 ・ シーシュポスの岩 ・ むだな努力 ・ 一切無効 ・ 契約無効 ・ 選挙無効 ・ 水の泡となる ・ あぶく ・ フォーム ・ バブル ・ 気泡 ・ 水泡に帰する ・ 蛇足 ・ 空転 ・ 骨折り損 ・ 馬耳東風 ・ 六日のしょうぶ ・ ムダな努力 ・ 馬の耳に念仏 ・ シジフォスの岩 ・ 屋上屋を架す ・ 空回り ・ 画餅 ・ おぼれる者はわらをもつかむ ・ 畳の上の水練 ・ 豆腐にかすがい ・ 溺れる者は藁をも掴む ・ 豚に真珠
キーワードをランダムでピックアップ
細雨保温軍部総額千年手を着ける止む後世に伝える査証なにがし便利な成果を得る熱烈にわずかな距離読み取れる再会を前に胸が轟く無名の俳優港の風景になじむ宿表層的な論理思考