表示領域を拡大する
雑駁の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
雑駁(な論文) ・ 雑駁細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)雑駁(な論文) ・ 雑駁細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)  無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 乱雑(な書き方) ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ アバウト(な議論) ・ 不備(がある) ・ 隙がある ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ 神経が行き届かない ・ 粗い ・ 緻密でない ・ 粗削り(な原稿) ・ 平均的(な市民) ・ 雑(な仕事) ・ 大づかみ ・ 大きな部分だけ扱う ・ ごつい(印象) ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 粗雑(さ) ・ 荒さ ・ 大まか ・ 未熟(な文章) ・ およそ ・ 若書き(の作品) ・ (あえて)細部を省略する ・ 適当 ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 荒木を利用した(宮居) ・ ずさん(な仕事) ・ 大体 ・ 欠点の多い ・ 粗雑(な塗り方) ・ ラフ ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ 勢いだけ(の漫画) ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ 大ざっぱ ・ 手荒(に扱う) ・ 荒く(扱う) ・ おろそか(な扱い) ・ あだやおろそか(には扱えない) ・ 不始末 ・ 至らない ・ ゆるがせ(にはできない) ・ 粗末にする ・ いけぞんざい ・ がらがら ・ 無造作 ・ なげやり ・ 粗笨 ・ 粗放 ・ 十把ひとからげ(の扱い) ・ 粗略(な対応) ・ 雑(に扱う) ・ 丁寧さが足りない ・ 手抜かり ・ 邪険(に扱う) ・ なおざり ・ 洗練されていない ・ がらっぱち ・ 粗雑 ・ 等閑 ・  ・ 不行き届き ・ やっつけ仕事 ・ 疎漏 ・ 非常識(な扱い) ・ 丁重さを欠く ・ 冷たくする ・ 乱暴(に置く) ・ 不調法 ・ がさがさ ・ 嫌う ・ いい加減 ・ ぞんざい(に扱う) ・ ざっと ・ 粗末 ・ いけぞんざい(な仕事ぶり) ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 無理矢理(開ける) ・ がさつ ・ 簡潔 ・  ・ つづまやか ・ シンプル ・ 一本調子 ・ 繁簡 ・ 簡略 ・ 簡素 ・ 手短 ・ 余計なものがない ・ 単純 ・ 平板 ・ 単なる ・ 単一 ・ 簡約 ・ 飽きのこない ・ ただに ・ 単に ・ 簡単 ・ 手軽 ・ 単調 ・ 概貌 ・ 大要 ・ 大体のところ ・ 概要 ・ 内容を大ざっぱにまとめる ・ 大事な点 ・ かいつまむ ・ あらまし ・ 概括 ・ 概況 ・ 略図 ・ 縮図 ・ 一日一生 ・ 要図 ・ 見取図 ・ 素描き ・ ラフ(スケッチ) ・ デッサン ・ 粉本 ・ 粗描 ・ スケッチ ・ 素描 ・ 画稿 ・ 寸描 ・ ドローイング ・ 下絵 ・ 点描 ・ 走り読み ・ ざっと読む ・ 読み流す ・ 読み下す ・ 転読 ・ 素読 ・ 読み下し ・ 速読 ・ 一読 ・ 落書き ・ 散らし書き ・ 乱筆 ・ 書き散らす ・ 下書き ・ なぐり書き ・ くずした文字 ・ 書きなぐる ・ 走り書き ・ 戯書 ・ 筆に任せて書く ・ ぬたくる ・ 書き捨てる ・ 書き流す ・ 乱暴に書く ・ メモ ・ 断簡零墨 ・ 下縫い ・ 仮縫い ・ 総評 ・ 概評 ・ 若書き(の文章) ・ 荒っぽい(作り) ・ 粗雑(な作り) ・ 仕上げ前 ・ (まだ)硬い ・ 粗削り(の作品) ・ 骨組み(ができる) ・ ごてごてした ・ 硬質(の文体) ・ ラフ(なスケッチ) ・ 推敲不足 ・ ぜい肉が多い ・ あらが目立つ ・ きめの粗い(文章) ・ 未完成 ・ (磨きが)足りない ・ 欠点が目立つ ・ 未消化(の部分が見える) ・ 試作品 ・ 無駄が多い ・ (少々)破綻が見える ・ 大方(が) ・ 輪郭 ・ 十中八九 ・ 概して ・ 九分九厘 ・ 包括的(に)(捉える) ・ 総じて ・ 要略 ・ 概略 ・ 細かい点は問題にしない ・ 大概 ・ (内容を)大づかみ(に説明する) ・ 一概に ・ 基本的に ・ 全体的に ・ 大体において ・ 大綱 ・ なべて ・ あらかた ・ アウトライン ・ 提要 ・ (休日は)専ら(部屋で過ごす) ・ 大略 ・ 共通している(印象) ・ (現在の)傾向として ・ ほとんど ・ 大意 ・ 大筋 ・ ひと通り ・ ほぼ ・ およそ(考えられない) ・ 全体的な印象 ・ 一般(に)(女性のほうが寿命が長い) ・ 一般的に ・ 一般的(な日本人) ・ 摘要 ・ おおむね ・ ざっくり(と)(言えば) ・ 粗々 ・ ダイジェスト ・ 大まか(に計算する) ・ 大事な点をかいつまむ ・ アバウト(な見積もり) ・ 総体(に) ・ 大抵 ・ 主要な部分だけに目を向ける ・ おおよそ ・ あらすじ ・ (今夏は)一体(に)(暑かった) ・ 荒っぽく(まとめる) ・ 要約(する) ・ おしなべて ・ (全体の)骨格 ・ 九分通り ・ 大ざっぱ(な家計簿) ・ 生ぬるい ・ 形式的 ・ 中途半端 ・ めくら判(を押す) ・ (あいさつも)そこそこ(に)(出かける) ・ 事務的 ・ おざなり ・ なまじっか ・ 拙劣(な文章) ・ その場限り ・ 社交辞令 ・ 口先だけ ・ 微温的 ・ 気乗りしない ・ なまじ ・ 通りいっぺん(の説明で済ます) ・ 義理一遍 ・ イージーゴーイング(な考え方) ・ 手ぬるい ・ 生煮え ・ 至らない(ところがある) ・ なまなか(な決心では難しい) ・ (仕事を)ぞんざい(にする) ・ ずさん ・ 精粗 ・ 疎密
日本語WordNetによる、雑駁の類義語

意義素類語・同義語
混乱をまねく当惑の気持ち狼狽混乱紛糾混同ごたごた乱脈猥雑混沌無秩序取り込み狂い取込み混迷渾沌狼藉乱雑当惑困惑めちゃ
一貫していなくて、理解できないナンセンス雑駁
統一性や明確性、秩序が欠如していること雑駁
キーワードをランダムでピックアップ
出好き運座他流中退濁音符征する溶鉱炉河原ダイスお追従身に降りかかる指さしそろばん高い我慢ならない一定の距離を置く反感を隠さない揺るがぬ見通しを立てるこの先ひとつ間違えば仕事を差し置いて