表示領域を拡大する
十把ひとからげ(の扱い)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
細かい配慮に欠ける/気がきかない  十把ひとからげ(の扱い) ・ 粋でない ・ ぶま ・ つや消し(なことを言う) ・ しゃれが分からない.生真面目 ・ 失敗 ・ 無神経 ・ 感情に任せた(言動) ・ 行き届かない ・ 感覚が鈍い ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ 柔軟性がない ・ さえない(話) ・ 独り善がり(の考え) ・ 独善的(行動) ・ 大事にしない ・ 鈍感 ・ (勘が)にぶい ・ 石部金吉 ・ 不調法(者) ・ がさつ ・ 抑制のない(振る舞い) ・ 粗野(なふるまい) ・ スマートでない ・ 気が回らない ・ 不行き届き ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ 気がつかない ・ 頭が回らない ・ 融通が利かない ・ 品がない ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 野暮(な質問) ・ 繊細でない ・ 無粋(な質問) ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ (人の)機微に通じない ・ 気が利かない ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ 面白くない ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ 不謹慎(な発言) ・ 眼中人なし ・ 人を人とも思わない ・ 無作法 ・ 人を食う ・ 人を食った(言い方) ・ 礼儀も作法も知らない ・ 非常識 ・ (お客様に)粗相(のないように) ・ バーバリズム ・ 傍若無人 ・ お世辞一つ言えない ・ 不器用 ・ 慮外 ・ 不躾 ・ 狎れる ・ 無礼 ・ 非礼 ・ 礼を欠く ・ トンデモ(教師) ・ モンスター(ペアレンツ) ・ 不行儀 ・ 行儀が悪い ・ 仁義なき(戦い) ・ 武骨(な振る舞い) ・ 慇懃無礼 ・ 欠礼 ・ 失礼 ・ 無視 ・ 失敬 ・ 礼儀知らず ・ 礼儀を知らない ・ 不敬 ・ 音痴 ・ 歌を正確に歌えない ・ 音の感覚が鈍い ・ 正しい音程で歌えない ・ いい加減 ・ 乱暴(に置く) ・ がらっぱち ・ ゆるがせ(にはできない) ・ 等閑 ・ 無理矢理(開ける) ・ 粗笨 ・ 冷たくする ・ 手抜かり ・ 粗末にする ・ いけぞんざい ・ 粗末 ・ 疎漏 ・ 不始末 ・ 粗放 ・ 粗っぽい ・ 粗略(な対応) ・ なおざり ・ 不調法 ・ いけぞんざい(な仕事ぶり) ・ がさがさ ・ 無造作 ・ 嫌う ・ 洗練されていない ・ ざっと ・ 非常識(な扱い) ・ なげやり ・ 邪険(に扱う) ・ ばたん(とドアを閉める) ・ やっつけ仕事 ・ ぞんざい(に扱う) ・ 大ざっぱ ・ 丁寧さが足りない ・ 雑(に扱う) ・ 手荒(に扱う) ・ 荒く(扱う) ・ 粗雑 ・ がらがら ・ おろそか(な扱い) ・ あだやおろそか(には扱えない) ・ 丁重さを欠く ・  ・ 至らない ・ 十把ひとからげ(の扱い ・ 干渉がましい ・ 厚顔 ・ つつしみがない ・ 臆するところがない ・ 強弁(する) ・ ちゃっかりしている ・ (盗っ人)猛々しい ・ (ついには)居直る ・ 僣上 ・ 非常識(な女) ・ 大胆(にも) ・ 利己的 ・ あえて(苦言を呈する) ・ 調子に乗る ・ 肉食系 ・ 控え目でない ・ ギラギラした(性格) ・ (夫婦の問題に)首を突っ込む ・ ありがた迷惑 ・ 度胸がある ・ 破廉恥 ・ アクが強い ・ (自分でやっておいて)よく言うもんだ ・ 横着 ・ 虫がいい(話) ・ (タダでくれとは)虫がよすぎる ・ 鉄面皮 ・ ギンギン(なロック) ・ 差し出がましい ・ たいした(女)(だぜ) ・ おこがましい ・ 出しゃばる ・ 謙虚さを失う ・ しらじらしい(答弁) ・ 無恥 ・ ばくれん ・ (うそがばれても)平気(の平左) ・ 押しが強い ・ 押しの強い ・ 千枚張りの面の皮 ・ 傲慢 ・ 越権 ・ 僣越 ・ 強引(なやり方) ・ 辺り構わず(しゃべる) ・ 言い過ぎ ・ 自分勝手 ・ 自分中心 ・ 心臓が強い ・ 強心臓 ・ 押しつけがましい ・ 土足で踏みにじる ・ 図に乗って ・ なかなか帰らない ・ 心臓 ・ 遠慮がない ・ 口を慎め ・ (てんとして)恥じない ・ 野太い ・ アクが強い(人物) ・ 厚かましい ・ (△世間[世の中]を)押し渡る(タイプ) ・ (家主の留守中に上がり込むという)剛の者 ・ ひいきの引き倒し ・ 人を押しのける ・ 人を押しのけて(も) ・ 面の皮が厚い ・ ずうずうしい ・ いけずうずうしい ・ 世話好き ・ お節介 ・ あいさつも無しに ・ バイタリティがある ・ 僭越(ながら) ・ しゃあしゃあ(と) ・ ぬけぬけ(と) ・ 恥知らず ・ のさばる ・ 社会性のない ・ 社会性がない ・ あばずれ ・ 無遠慮(な) ・ (神経が)図太い ・ 出過ぎる ・ 出過ぎた(態度) ・ 羞恥心の欠如 ・ 臆面もなく ・ 空気が読めない ・ 暑苦しい ・ 恥ずかしげもなく ・ ふてぶてしい ・ よけいなことをする ・ モーレツ営業 ・ (分を)わきまえない ・ 抜け目がない ・ 野放図 ・ 見劣りする ・ 不得手 ・ 下手 ・ 巧拙 ・ 古拙 ・ 拙劣 ・ ぎこちない ・ ぎごちない ・ 無器用 ・ 不得意 ・ (動作が)板につかない ・ ぶきっちょ ・ 下手くそ ・ へぼ ・ たどたどしい ・ 不細工(な手作りの机) ・ 苦手 ・ 空下手 ・ ざる碁 ・ 拙速 ・ まずい ・ 感心できない ・ 不堪 ・ 空っ下手 ・ つたない ・ 思考が追いつかない ・ 理路整然と考えられない ・ (仕事のことで)頭がいっぱい ・ 意識が及ばない ・ (意識が及ばず)放置してしまっている ・ 思いつかない ・ 思いが及ばない ・ 思い浮かばない ・ うっかり ・ うかうか ・ うかと ・ 注意が足りない ・ 注意の行き届かない ・ 至らない(ところがある) ・ (名簿に)抜け(がある) ・ 散漫 ・ 片手落ち ・ 気が抜けている ・  ・ 不覚 ・ 不用意 ・ 不注意 ・ うかつ ・ 物覚えが悪い ・ たわけ(者) ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ 不束 ・ 愚かしい ・ 要領が悪い ・ 薄バカ ・ 不敏 ・ 心ない ・ ろくでなし ・ 大愚 ・ 精神薄弱 ・ 短慮 ・ 役立たず ・ 賢愚 ・ 察しが悪い ・ 識見がない ・ 精薄 ・ 考えつかない ・ 飲み込みが悪い ・ 低能 ・ とんま ・ 凡愚 ・ 頭の働きが鈍い ・ 暗愚 ・ あほ ・ あほう ・ どあほ ・ あほたれ ・ 知恵がない ・ 不肖 ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ 迂愚 ・ 無能(な上司) ・ 年甲斐もない ・ 能天気 ・ こけ(にする) ・ (頭が)空っぽ ・ 仕事ができない ・ れ者 ・ 愚鈍(な男) ・ (お)バカ ・ 無考え ・ 愚かな ・ 物分かりが悪い ・ 脳が弱い ・ 猿(のような頭) ・ 親ばか ・ でくのぼう ・ 左巻き ・ (くるくる)パー ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 愚者 ・ 短絡的(な思考) ・ 痴呆 ・ 愚か ・  ・ 半気違い ・ くだらない(人物) ・ 知恵が回らない ・ 話が長い ・ 痴愚 ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ (人間が)甘い ・ 愚昧 ・ 抜け作 ・ 無教養 ・ 愚劣 ・ 魯鈍 ・ 血の巡りが悪い ・ あんぽんたん ・ 白痴 ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ 頭が悪い ・ 頑愚 ・ 考えが及ばない ・ へま ・ 間抜け ・ ボーンヘッド ・ とんちんかん ・ のろのろ ・ もたもた ・ 愚鈍 ・ そろり(と) ・  ・ にぶい ・ 巧遅 ・ ちんたら(走る) ・ ぐずぐず(する) ・ 鈍つく ・ まだるっこい ・ ぎくしゃく ・ おもむろに ・ のろい ・ 遅々 ・ 遅鈍 ・ 薄のろ ・ とどまる ・ スロー ・ もっさり ・ 手緩い ・ 鈍根 ・ スローモーション ・ 遅速 ・ ゆっくり ・ 鈍重 ・ まどろっこしい ・ ぐず ・ 遅い ・ のろ臭い ・ そろそろ ・ もったいぶる ・ 動作が重い ・ 間緩い ・ 不活発 ・ のっそり ・ のろま ・ 静か(に)(忍び寄る) ・ のそのそ
ばらばらの物を一つにする  十把じっぱひとからげ ・ 札束 ・ 一かたまり ・ 連合 ・ ブロック ・ 団々 ・ 一丸 ・ 一まとめ ・ ひと山 ・ 寄せ集め ・ 団結 ・ ばらばらの物を一つにする ・  ・ 花束 ・ 一団 ・ コレクション ・ 仲間 ・  ・ グループ ・ 集団 ・ 組み合わせ ・ 一まとまり ・ 一塊 ・  ・ 融合(する) ・ 縫合 ・ 合わさる ・ 合う ・ 結び付く ・ 合体(する) ・ ドッキング(△する[させる]) ・ 結合(する) ・ 達する ・ 癒合 ・ 抱合 ・ (一点に)集まる ・ 合わせ技 ・ 掻き合わせる ・ (みんな)一緒に△なる[する] ・ 合併 ・ (合わさって)一つになる ・ 一体化(する) ・ 合する ・ (体を)密着(させる) ・ (体を)重ねる ・ 寄せ合わせる ・ 整合 ・ 接合 ・ (個体を)合わせる ・ (着物の襟元を)掻き合わせる
(未分類)  十把ひとからげ ・ ひとまとめ ・ 十把一絡げ ・ 十把一からげ ・ 一くくり ・ 一括 ・ ひとくくり ・ 引っくるめる ・ ごちゃ混ぜ ・ ごちゃまぜ ・ 一緒 ・ 一纒め ・ 混ぜこぜ ・ 一山 ・ ごったまぜ ・ まぜこぜ
キーワードをランダムでピックアップ
掘割プロデューサー疑わしい高速度立ちはだかる重農主義活用画集取り付け服膺杓文字許せない一端を担う食いしばる鼻を拭く実施を思い止まる一台をみんなでシェアする一人胸にしまい込む依存症から抜けられない見る者の小ささを意識させる