表示領域を拡大する
ざっとの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
ざっと雑に扱うざっと雑に扱う  手抜かり ・ 不始末 ・ なおざり ・ 無理矢理(開ける) ・ がらがら ・ 粗笨 ・ 十把ひとからげ(の扱い) ・ 粗略(な対応) ・ 邪険(に扱う) ・ 丁重さを欠く ・ ゆるがせ(にはできない) ・ いい加減 ・ いけぞんざい(な仕事ぶり) ・ 手荒(に扱う) ・ 荒く(扱う) ・ がらっぱち ・ 粗雑 ・ 粗末 ・ (小包のガムテープを)大胆(にはがす) ・ いけぞんざい ・ 乱暴(に置く) ・ ぞんざい(に扱う) ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 非常識(な扱い) ・ がさがさ ・ 粗っぽい ・ 疎漏 ・ 洗練されていない ・ 冷たくする ・ 大ざっぱ ・ 雑(に扱う) ・ やっつけ仕事 ・ なげやり ・ 無造作 ・ 粗放 ・ おろそか(な扱い) ・ あだやおろそか(には扱えない) ・ がさつ ・ 丁寧さが足りない ・ 不行き届き ・  ・ 不調法 ・ 粗末にする ・ 等閑 ・ 至らない ・ 嫌う ・ (お客様に)粗相(のないように) ・ 失礼 ・ 傍若無人 ・ 狎れる ・ 無礼 ・ 非礼 ・ 礼を欠く ・ 慇懃無礼 ・ 不躾 ・ 無作法 ・ 無視 ・ 非常識 ・ 欠礼 ・ お世辞一つ言えない ・ 不器用 ・ 不行儀 ・ 行儀が悪い ・ トンデモ(教師) ・ モンスター(ペアレンツ) ・ バーバリズム ・ 不謹慎(な発言) ・ 人を食う ・ 人を食った(言い方) ・ わきまえがない ・ 礼儀作法に通じていない ・ 武骨(な振る舞い) ・ 失敬 ・ 不敬 ・ 礼儀も作法も知らない ・ 仁義なき(戦い) ・ 眼中人なし ・ 礼儀知らず ・ 礼儀を知らない ・ 人を人とも思わない ・ 慮外 ・ 投げ入れる ・ 投げ込む ・ 放り込む ・ 投じる ・ 投入 ・ サーブ ・ ぶち込む ・ 激しく ・ 無謀(な運転) ・ ラフ ・ 力ずく ・ ラフ(プレー) ・ 強引(に開ける) ・ むずと ・ 狂ったように(踊る) ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 腕力に訴える ・ 力強い ・ 荒法師 ・ 荒っぽい ・ ぐっと ・ 繊細さがない ・ 荒い ・  ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ むんずと ・ ぐんと ・ 腕ずく ・ 剽悍 ・ 果敢(に攻める) ・ 波乱(の生涯) ・ 荒技師 ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある ・ 力任せ ・ 乱暴(に扱う) ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ 粗暴(な振る舞い) ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 強制的(に) ・ (相手のことなど)お構いなし ・ 無理が通れば道理が引っ込む ・ (武力を)行使する ・ (全く)聞く耳をもたない ・ ぶいぶい言わせる ・ ぴしゃりと ・ ウンもスンもなく(決めつける) ・ 過剰(な力の行使) ・ 理不尽(に) ・ 無理矢理 ・ 無理無体(を働く) ・ 一方的(に)(進める) ・ 手荒(なやり方)(で拘束する) ・ 暴挙(に出る) ・ しなければならない ・ (ノーという)選択肢はない ・ 選択の余地はない ・ ノーチョイス ・ 余儀なく(される) ・ 荒っぽい(やり方) ・ 自分都合(だけ)(で進める) ・ (△自分[主張]を)押しつける ・ 押しが強い ・ 押しの強い(営業) ・ 高圧的(な) ・ 集中豪雨的(輸出) ・ 急進的(な改革) ・ 過激(な△やり方[思想]) ・ 押しつけがましい(言動) ・ 横柄(に) ・ 頑な(な)(態度) ・ (ドアを)押し破る ・ お仕着せ(の規則) ・ 発動(する) ・ 命令的(口調) ・ 是が非でも(参加させる) ・ (忠告を)ないがしろ(にする) ・ 不誠実 ・ 勝手に ・ 強腕的(に)(了解させる) ・ 腕力を用いる ・ 居丈高(に△命令する[どなる]) ・ 無頼(の生き方) ・ 横車(を押す) ・ (伝家の宝刀を)抜く ・ 有無を言わさず ・ 許可なく ・ 頭ごなし(に) ・ (暴力行為という))(手を)用いる ・ 連れて行く ・ 無理に(でも)(連れていく) ・ 攻撃的(な性格) ・ 戦闘的(な労働組合) ・ (死刑を)執行(する) ・ 強制執行 ・ (従うことを)余儀なくさせる ・ 強圧的(な手段) ・ 実行する ・ 押しつけ(の優しさ) ・ (かなわぬ敵に)しゃにむに(ぶつかる) ・ 取って付けたよう ・ 力ずく(のやり方) ・ 腕ずく(で連れ去る) ・ 剛腕(政治家) ・ なりふり構わず(強行採決) ・ 無理強い(する) ・ 暴力的(な解決の仕方) ・ 従わざるを得ない ・ 自信家(の上司) ・ 独り善がり(の考え) ・ 偏頗(な考え) ・ 偏った(見方) ・ 高飛車(に) ・ 決められた(仕事) ・ (言うことが)自己反復的 ・ 威圧的(に) ・ 問答無用(で) ・ 強引(に)(進める) ・ 命令口調 ・ 首に縄をつけてでも(連れていく) ・ 病人の布団をはいで持ち去る(ような)(強引な取り立て) ・ 逆らえない ・ (そうと決まったら)どうもこうもない ・ (嫌がるのを)いて(誘う) ・ 強制(的) ・ つけつけ(と言う) ・ ずけずけ(と言う) ・ 否でも応でも ・ 否応なし(に)(連れ出す) ・ 否応なく ・ 強行(突破) ・ △力技[最終手段]を使う ・ (わいろを)強要(する) ・ 権威主義(的)(な子育て) ・ 無理押し ・ 勢いよく ・ 上から目線(のもの言い) ・ 独断(による) ・ 独断的(な態度) ・ 強硬 ・ 高圧的(に) ・ 独走(する) ・ どうしても(やりたい) ・ 実力行使(に出る) ・ 措置を講じる ・ 措置を取る ・ (病気を)押して(出かける) ・ 強い出方(をする) ・ 権柄ずく(のやり方) ・ その場限り ・ 義理一遍 ・ なまなか(な決心では難しい) ・ イージーゴーイング(な考え方) ・ なまじ ・ 生煮え ・ なまじっか ・ 口先だけ ・ おざなり ・ 気乗りしない ・ 拙劣(な文章) ・ 形式的 ・ 通りいっぺん(の説明で済ます) ・ ずさん ・ 社交辞令 ・ めくら判(を押す) ・ 中途半端 ・ 適当 ・ 生ぬるい ・ 手ぬるい ・ 事務的 ・ 至らない(ところがある) ・ (あいさつも)そこそこ(に)(出かける) ・ (仕事を)ぞんざい(にする) ・ 微温的 ・ 注意が足りない ・ (注意が)行き届かない ・ 注意不足 ・ ケアレス(ミス) ・ 散漫 ・ そこつ(を詫びる) ・ ミスをする ・ うかつ ・ ぼんやり(する) ・ 片手落ち ・ (他のことに)気を取られる ・ 注意散漫 ・ (手元が)おろそか(になる) ・ 手落ち ・ 気がつかない ・ 気付かない ・ うかと ・ 不注意 ・ うっかり(ミス) ・ (名簿に)抜け(がある) ・ 不用意(な発言) ・  ・ うかうか ・ 注意を欠く ・ 不覚(を取る) ・ 気が抜けている ・ 荒くれた ・ (すぐ)暴力(を振るう) ・ 凶暴 ・ けんかっ早い ・ 粗暴 ・ 嗜虐 ・ 暴虐 ・ 粗野 ・ 狂暴 ・ 凶猛 ・ どう猛 ・ 乱暴 ・ 野蛮 ・ 暴戻 ・ 荒くれ ・ ひんしゅくを買う(振る舞い) ・ 抑制のない(振る舞い) ・ 融通が利かない ・ (人の)機微に通じない ・ 鈍感 ・ (勘が)にぶい ・ 行き届かない ・ 品がない ・ 頭が回らない ・ さえない(話) ・ (細かいところまで)意識が向かない ・ 粗野(なふるまい) ・ 粗末(な扱い)(を受ける) ・ つまらない(人) ・ 退屈(な夫) ・ 残念(な旦那) ・ (細かい)配慮に欠ける ・ 配慮が足りない ・ 至らない(点はお許しください) ・ ふつつか(者)(ですが) ・ しゃれが分からない.生真面目 ・ 気が利かない ・ 感情に任せた(言動) ・ スマートでない ・ ぶま ・ 面白くない ・ 不調法(者) ・ つや消し(なことを言う) ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 大事にしない ・ 失敗 ・ 繊細でない ・ 殺風景(な△話題[人]) ・ 無神経 ・ 感覚が鈍い ・ 気が回らない ・ 石部金吉 ・ 柔軟性がない ・ 及ばない ・ 独善的(行動) ・ 気働きがない ・ 無粋(な質問) ・ 粋でない ・ 野暮(な質問) ・ 雑駁 ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 大まか ・ 粗雑(さ) ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ 乱雑(な書き方) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 神経が行き届かない ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 勢いだけ(の漫画) ・ 未熟(な文章) ・ 粗い ・ 雑(な仕事) ・ ずさん(な仕事) ・ 粗雑(な塗り方) ・ 大体 ・ 荒さ ・ 粗い(仕事ぶり) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ (あえて)細部を省略する ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ 隙がある ・ 欠点の多い ・ 大きな部分だけ扱う ・ 大づかみ ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 若書き(の作品) ・ 雑駁(な論文) ・ ごつい(印象) ・ アバウト(な議論) ・ 緻密でない ・ 平均的(な市民) ・ 粗削り(な原稿) ・ およそ ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 不備(がある) ・ 閑却 ・ 高をくくる ・ 抜かり(なく頼むぞ) ・ 抜かる(なよ) ・ 気が散る ・ 怠る ・ 目を離す ・ 気が緩む ・ 気の緩み ・ 隙(△がある[だらけ]) ・ 気を許す ・ 虚(をつかれる) ・ 油断(する) ・ その場逃れ ・ 仮に ・ 仮初 ・ もぐら叩き(ゲームのように場当たり的) ・ とりあえず(これで間に合わせる) ・ 因循姑息 ・ 十分な対処は後回しにして ・ 小細工(を弄する) ・ 試験的(な試み) ・ 突貫工事 ・ 当面(休眠状態を続ける) ・ 抜本的でない ・ 一時 ・ 一時的(な対応) ・ 一時しのぎ ・ 一夜城 ・ つなぎ ・ その場しのぎ ・ 即席(のチーム) ・ 仮設(住宅) ・ 付け焼き刃 ・ 行き当たりばったり(の計画) ・ 応急(的な)(処置) ・ 切り張り(した)(障子) ・ 一応 ・ インスタント(的)(なやり方) ・ なにはさておき ・ 一夜漬け ・ 当座しのぎ(の修理) ・ 暫定的(な対応) ・ (適当な返事で)お茶を濁す ・ 弥縫びぼう(策) ・ 行きずり ・ 間に合わせる ・ 間に合わせ(の対策) ・ 時限的(な措置) ・ たこが自分の足を食べるようなもの ・ たこ(足)配当 ・ 気休め(に過ぎない) ・ 臨時(の措置) ・ 仮(の価格) ・ 仮(のもの) ・ その時だけ ・ 場当たり的(な対応) ・ 経過(措置) ・ 便宜(上)(の境界を設ける) ・ 短期的(な運用) ・ (失敗を)糊塗(する) ・ 安易な(方法) ・ 姑息 ・ モラトリアム ・ 小手先(の対応) ・ 差し当たり(困らない) ・ おざなり(の計画) ・ 臨機 ・ 取って付けたような(セリフ) ・ その時限り
ざっとだいたいの数量(ほど)ざっとだいたいの数量(ほど)  見当 ・ 格好 ・ ほぼ ・ ほど ・ 内外 ・  ・  ・ 大約 ・ 大体 ・ およそ ・ (五十)がらみ(の女性) ・ 前後 ・ くらい ・ 物の ・ かれこれ ・  ・ 通り ・  ・ それなしで済ませる ・ 省ける ・ (手を)抜く ・ 簡略化 ・  ・ 手抜き ・  ・ はしょる ・ つづめる ・ 省く ・ 省力 ・ 約する ・ 省略 ・ 要約 ・ (途中を)飛ばす ・ 合理的 ・ (一部を)割愛(する) ・ 簡単にする ・ 合理化 ・ つづまる ・ 略する ・ 大抵 ・ おおむね ・ (内容を)大づかみ(に説明する) ・ 概略 ・ 主要な部分だけに目を向ける ・ 概要 ・ 摘要 ・ ダイジェスト ・ 要略 ・ おしなべて ・ アウトライン ・ 大概 ・ 全体的に ・ あらすじ ・ 包括的(に)(捉える) ・ 大体において ・ 九分九厘 ・ 共通している(印象) ・ (今夏は)一体(に)(暑かった) ・ あらかた ・ 大まか(に計算する) ・ 大筋 ・ 大綱 ・ アバウト(な見積もり) ・ ほとんど ・ 基本的に ・ 荒っぽく(まとめる) ・ おおよそ ・ 粗々 ・ 大略 ・ 総じて ・ 十中八九 ・ 大ざっぱ(な家計簿) ・ なべて ・ ひと通り ・ (現在の)傾向として ・ およそ(考えられない) ・ (休日は)専ら(部屋で過ごす) ・ 輪郭 ・ 要約(する) ・ (全体の)骨格 ・ 全体的な印象 ・ 細かい点は問題にしない ・ 一概に ・ ざっくり(と)(言えば) ・ 大事な点をかいつまむ ・ 大方(が) ・ あらまし ・ 大意 ・ 一般(に)(女性のほうが寿命が長い) ・ 一般的に ・ 一般的(な日本人) ・ 大要 ・ 総体(に) ・ 概して ・ 九分通り ・ 提要
ざっと(未分類)ざっと(未分類)  粗方 ・  ・ 粗粗 ・ ざっと ・ だいたい ・ 概要説明 ・ ひと通り説明する ・ 大づかみすると ・ 乱暴な言い方だが ・ かいつまんで言う ・ 概括的 ・ かれこれおおよそ ・ 概算では ・ そろそろ ・ 大まかに ・ 急いで見て回る ・ 足早に ・ 大急ぎですませる ・ 大体のところ ・ あらっぽく ・ 大ざっぱに ・ 目の子で ・ 拾い読みする ・ 一次加工 ・ 大まかな ・ 目算で ・ ~ほど ・ 大ざっぱな ・ 目の子 ・ ひと渡りひとまわり ・ 大雑把に ・ 一巡する ・ 基準 ・ 尺度 ・ 大まかなところ ・ よすがとするなら ・ とこ ・ 大づかみにして ・ 10人前後 ・ 30そこそこ ・ 概算で ・ 無慮 ・ ~程度 ・ 目分量で ・ あらましのところ ・ 大略を述べる ・ 概ね ・ 大まかに言う ・ 目の子勘定で ・ 概数 ・ 目の子算で ・ 急速に進む ・ みるみるうちに ・ あっという間に ・ 急ぎ足でやってくる駆け足 ・ あれよあれよという間に ・ 平たく ・ ラフな ・ さっと簡単に ・ 荒選り ・ 斜め読みする ・ およそおおよそ ・ 目安大体 ・ 型通り ・ 通りいっぺんひと通り ・ ひとくさり ・ 一連 ・ 物差し ・ 指標として ・ 大体目分量 ・ 目安 ・ 大体の見当 ・ 40がらみ ・ あら ・ 50歳見当 ・ 30前後 ・ 大体およそ ・ ~ばかり ・ 大半 ・ 枠組み ・ 全体として ・ ぐらい ・ 略意 ・ 綱目 ・ 過半 ・ 一通り ・ レジメ ・ サマリー ・ 要目 ・ 一当たり ・ 要項 ・ サマライズ ・ 内輪にみて ・ 押しなべて ・ 大旨 ・ 大部分 ・ かいつまむ ・ サマリ ・ 多く ・ 粗筋 ・ 一わたり ・ 一渡り ・ 一渉り ・ 要領 ・ 全般に ・ 全体に ・ ひととおり ・ ばかり ・ 高々 ・ 大かた ・ おおかた ・ たいてい ・ 大よそ ・ 殆んど ・ 殆ど ・ 程度 ・  ・ 数量 ・ とっつき ・ いちおう ・ 人付き ・ 人付き合い ・ 人あたり ・ ひとあたり ・ 人当り ・ ひと当り ・ 人ざわり ・ シノプシス ・ 梗概 ・ レジュメ ・ 眼目 ・ 大勢 ・ 大多数 ・ 要旨 ・ 主眼 ・ 概観 ・ 主旨 ・ 概況 ・ 要点 ・ ひとわたり ・  ・ 対比 ・ 具合 ・ あの程度 ・ 硬度 ・ 輝度 ・ その程度 ・ 照度 ・ 精度 ・ ありさま ・  ・ 練度 ・ 光度 ・ ぐあい ・ 適度 ・  ・ 低度 ・ 境地 ・ あんばい ・ イライラ度 ・ ころあい ・ 火加減 ・ 鮮度 ・ 度合い ・ 重要度 ・ 加減 ・ 熟度 ・ 平穏度 ・ できぐあい ・ 熱度 ・ ビット深度 ・  ・ 湿度 ・ 斜度 ・ 関心度 ・ 異常度 ・ 様子 ・ 高度 ・ 震度 ・ 印象度 ・ ディグリー ・ 注目度 ・ 軽度 ・ 濃度 ・ 予見 ・ 目星 ・ あて ・ 見込み ・ 当たり ・ 方向 ・ 見通し ・ 時間的目安 ・ アウトルック ・ 見抜く ・ 成算 ・ 目安量 ・ 近所 ・ 先後 ・ あたり ・ まわり ・ 順番 ・ プレ ・ 机周り ・ 四面 ・ 後先 ・ 当座 ・ 辺り ・ ポスト ・ 周囲 ・ 四方 ・ 周辺 ・ 外周 ・ 湖辺 ・ 近隣 ・ 井戸端 ・ 外回り ・ 辺り一面 ・ 四辺 ・ 早い ・ 左右 ・ 身の回り ・ 全周 ・ 四隣 ・ 前後ろ ・ あとさき ・ 甚だ ・ 極めて ・ 頗る ・ とてもとても ・ 至って ・ とっても ・ 大層 ・ 大いに ・ 大変 ・ はなはだ ・ 部分的 ・ パート ・ 通常 ・ 普通 ・ ピース ・ 通例 ・ 部分 ・  ・ 抄録 ・ 約言 ・  ・ 略史 ・ 筋立て ・ ストーリー ・ 物語 ・ 環境概況 ・ ラフスケッチ ・ 本筋 ・ 概略図 ・ ストーリ ・ 史略 ・ 仕組み ・ 筋書 ・ 筋書き ・ シナリオ ・ おおすじ
日本語WordNetによる、ざっとの類義語

意義素類語・同義語
他のものからの一つの区別なしでたいてい総別総じて通常一般なべて原則として一般に通例総体惣別押し並べて並て普通一体概して大抵いったい一体にふつうおおかた並べて大方
(量について)不正確であるがとても正確に近い近くにほぼ無慮かれこれ大凡およそ凡そほとんど粗粗おおよそ先ず粗々殆ど
特定の詳細または例外に関係なく大まか一とおりたいていおおかた押し並べて惣別ひと通り一般全般的に普く並て一通総体大方広く総じて概してふつう一体になべて大抵全体にひととおり通例遍く総別並べてひと通一体一通り大約普通
キーワードをランダムでピックアップ
亀甲裏面中原関所居城ふっくら四月馬鹿克服美声一覧貸すフェードアウト艶っぽいパグ差し挟む献呈する大きく崩れることがない電話と違い形に残るほかほかとする坂道で荷車の後押し
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. ざっと雑に扱う
  2. ざっとだいたいの数量(ほど)
  3. ざっと(未分類)