表示領域を拡大する
(自然への)畏れ(を感じる)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(自然への)おそれ(を感じる)(大自然や神仏など)偉大な存在に対しておそれ敬う(畏敬の念を抱く)(自然への)おそれ(を感じる)(大自然や神仏など)偉大な存在に対しておそれ敬う(畏敬の念を抱く)  敬天(愛人) ・ 尊敬(の念) ・ 粛然とする ・ 有無を言わさぬ(壮麗さ) ・ 敬う ・ (大自然に対して)敬虔な気持ち(になる) ・ (神前に)平伏(する) ・ (地に)ひれ伏す(思い) ・ ぴりぴり(△する[と神経をとがらせる]) ・ 畏れあがめる ・ (人として)謙虚な気持ち(になる) ・ 魂の戦慄 ・ 戦慄する ・ (神の前に)ひざまずく ・ 頭が上がらない ・ (自然に)こうべを垂れる ・ 敬虔な気持ちになる ・ 威圧を感じる ・ (大自然への)慎み(の心) ・ 謙虚になる ・ たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ (圧倒されて)言葉を失う ・ 神秘性 ・ 敬い(の念) ・ 敬けん(な気持ち) ・ (山岳)信仰 ・ (貴人の前で)かしこまる ・ おののく ・ (未知の存在への)おののき ・ 崇高(な雰囲気) ・ (大仏を)見上げる ・ 身の引き締まる思い ・ 畏敬(の念)(を抱く) ・ 敬服(する) ・ (荘厳さに)心が震える ・ 崇敬 ・ (神と)(まで)あがめる ・ 脱帽 ・ (眼前の光景に)声が出ない ・ 厳粛な気持ち ・ 厳か(な雰囲気) ・ びびる ・ 心服する ・ 体が動かない ・ 立ちすくむ ・ (神を)畏怖(する) ・ (自分が)卑小に見える ・ すくみ上がる ・ (神を)畏れかしこむ ・ (偉大な存在を前に)恐れ入る ・ 敬意を表する ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ ぞっとする ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ 怖じける ・ 物恐ろしい ・ (命が)おびかされる ・ 体が固まる ・ 勇気がいる ・ 息をのむ ・ 小心翼々 ・ 腰を抜かす ・ 寒心(に堪えない) ・  ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 腰が引ける ・ 冷や汗が出る ・ びくつく ・ びくつき ・ 危機感を抱く ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ (顔から)血の気が引く ・ 怪奇(現象) ・ 鬼気迫る(演技) ・ 縮み上がる ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ びくり(とする) ・ 臆する ・ ひやひや ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ おぞましい(事件) ・ (怖いから)知らないふり ・ (小便を)ちびる ・ 憮然 ・ (恐怖に)震える ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 気圧される ・ 恐れる ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ 身の縮む(思い) ・ 畏怖(する) ・ 逃げ惑う ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ どきん ・ 心胆を寒からしめる ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ (体が)凍りつく ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ ひるむ ・ おっかない ・ 恐れおののく ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ (成り行きを)見つめる ・ どぎまぎ ・ 身震い(する) ・ 怖じる ・ 心が凍る ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ 怖い ・ 恐々 ・ 及び腰(になる) ・ 衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 肝を冷やす ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ 身の毛がよだつ ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 寒気(がする) ・ 総毛立つ ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ おろおろ(する) ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ 怖がる ・ 肌にあわを生じる ・ 怖じ怖じ ・ どきどき ・ 震えが止まらない ・ おののき ・ 恐るべき ・ ひざががくがくする ・ 恐がらせる ・ 恐るべき(破壊力) ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ 後ずさり(する) ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 戦々恐々 ・ (怖がって)震え上がる ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 寒気立つ ・ 慄然(とする) ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 顔面蒼白(になる) ・ ショッキング(な事件) ・ がたがた(震える) ・ うろたえる ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ (痛いほど)緊張(する) ・ (△足[身]が)すくむ ・ 身をすくませる ・ 悚然 ・ 首をすくめる ・ 物おじ ・ おどおど(する) ・ 脅威を感じる ・ こわごわ ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしさ ・ 日和る ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 薄氷を踏む思い ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ (高い)敬意(を△払う[表する]) ・ (ひそかに)敬愛(する) ・ (力量を)認める ・ (相手を)重んじる ・ (後輩に)花を持たせる ・ 尊崇 ・ 敬仰(する) ・ ただ者ではない ・ 神格化(する) ・ (個人)崇拝 ・ 油断できない(相手) ・ 尊ぶ ・ たっとぶ ・ 敬けん(な気持ちになる) ・ (能力を)(高く)評価する ・ 英雄視 ・ 英雄に祭り上げる ・ 感嘆(する) ・ 相手を立てる ・ あがめる ・ うやうやしい(態度) ・ うやうやしく(接する) ・ 憧憬(の△人[思いが表れる]) ・ 敬慕(する) ・ (相手に対して)気を使う ・ 思慕 ・ (関係者の苦労を)多とする ・ (能力を)買う ・ 敬する ・ 敬服(△する[に値する]) ・ 仰ぎ見る ・ (主婦への)讃歌 ・ 恐れ入る ・ (誰もが)一目置く(人物) ・ 一目も二目も置く ・ よくやっているな(という感じ) ・ ひざまずく ・ (立派な人ゆえ)敬う ・ 景仰(する) ・ 盲目的(に従う) ・ リスペクト(する) ・ 見上げる ・ 見上げた(△行い[精神]) ・ 感服(する) ・ 畏敬(する) ・ 畏敬の念 ・ 兄事(する) ・ (スポーツ選手を)アイドル化(する) ・ (勇気ある行動に)感じ入る ・ 尊敬(△する[に価する/の念]) ・ 鑽仰さんぎょう(する) ・ (リンカーンの人格に)傾倒(する) ・ 礼を尽くす ・ あがめ仰ぐ ・ (頼み申し上げ)奉る ・ 崇敬(する) ・ 普通じゃできない ・ 誰にでもできることではない ・ (本当に)立派(だね) ・ (トランプ氏に)熱狂(する)(支持者) ・ 仰望 ・ (密かに)ライバル視する ・ (強烈に)意識する ・ 気になる(存在) ・ (人を)歓呼して迎える ・ 頭が下がる ・ 脱帽(する) ・ 敬(は礼の本なり) ・ (師として)仰ぐ ・ すごい(人だ) ・ (先生の)(徳を)慕う ・ 私淑 ・ 心酔 ・ (意見を)尊重(する) ・ (教祖を)絶対視(する) ・ (相手に)敬譲(心を持つ) ・ (彼の功績を)たたえる ・ (織田信長に)憧れる ・ 立派(な行い) ・ 感心(する) ・ 畏れを感じる ・ (王の威光の前に)ひれ伏す ・ (強者の)陰に回る ・ 及び腰 ・ 怪物的(な男) ・ 気圧けおされる ・ 気後れ(する) ・ (権力の前に)ひれ伏す ・ (相手に)呑まれる ・ 貫録負け(する) ・ 恐れをなす ・ 位負け(する) ・ (身を)慎む ・ 煽られる ・ くじける ・ 苦手意識 ・ (雰囲気に)飲まれる ・ 地にひれ伏す(思い) ・ (高位高官の前で)恐れ入る ・ 謙虚な気持ちになる ・ (完全)屈服 ・ 気を呑まれる ・ 射すくめられる ・ 気合い負けする ・ (相手の勢いに)ひるむ ・ 凄みを感じる ・ 取って食われるわけではない(が) ・ 萎縮(する) ・ おののきを感じる ・ (精神力に)圧倒される ・ 畏怖を感じる ・ 畏怖の念 ・ 威圧感を感じる ・ 威圧される ・ 恐れ多い ・ (敵を前に)たじろぐ ・ たじたじ(となる) ・ 恐るべき(新人) ・ 気弱になる ・ 弱気(になる) ・ (心理的に)白旗を上げる ・ (△気迫に[気持ちの上で])押される ・ (相手の)勢いに押される ・ 恐怖を感じる ・ 恐怖を覚える ・ 抵抗不能(な相手) ・ おずおず(と)(進み出る) ・ 小さくなる ・ 恐るべき(相手) ・ (ひと睨みで)黙らせる ・ 神々しい ・ 金色に光る ・ たじたじ(とさせる) ・ (精神力が)圧倒する ・ ひれ伏させる ・ 震え上がらせる ・ 周囲を圧する ・ (相手を)呑んでかかる ・ 小が大を呑む(展開) ・ 顔色なからしめる ・ 有無を言わさぬ(説得力) ・ すごみ(△がある[を感じる]) ・ 畏怖(させる) ・ 犯しがたい(美しさ) ・ 射すくめる ・ 金縛り(にする) ・ 荘厳(な式典) ・ 崇高(な霊山) ・ 圧倒的雰囲気(を放つ) ・ 畏怖の念を抱かせる ・ 自分の存在の小ささを思い知らせる ・ ひれ伏す思いにさせる
キーワードをランダムでピックアップ
砂埃小使尿毒症心ならずも怒気薬礼達するファースト貫流駆けずり回る依存する針金キリスト安全かみそりいきれ半球形面白くない進んだライオンが人に馴れる再会を前に胸が轟く
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (自然への)おそれ(を感じる)(大自然や神仏など)偉大な存在に対しておそれ敬う(畏敬の念を抱く)