表示領域を拡大する
乙にの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
普通のものと異なっている  乙に ・ 風変わり ・ 嫌に ・  ・ 変わっている ・ 特異(な) ・ 別様 ・ 奇異(な印象) ・ 例外(的なケース) ・ 次元を異にする ・ へんちくりん ・ 特徴がある ・ (現代には)そぐわない ・ △普通[従来のもの]とは異なる ・ 奇抜 ・ 落ち着かない ・ 特殊(なケース) ・ 奇警 ・ 型破り ・ 思いも寄らない ・ 一般的でない ・ グロテスク ・  ・ ひょんな ・  ・ 異体 ・ 妙ちきりん ・ 新奇 ・ 突飛 ・ 異種(格闘技) ・ 異様 ・ 奇矯 ・ 奇想天外 ・ ちぐはぐ(な) ・ 珍奇 ・ 偏っている ・ 珍妙 ・ (これまでのものとは)似ても似つかない ・ けったい ・ 人の意表をつく ・ 奇妙 ・ 不自然 ・ 目新しい ・ へんてこりん ・ 普通とは違う ・ (周囲とは)肌合いが違う ・ へんてこ ・ 異な ・ おかしい ・ 固有 ・ 区別できる ・ 別して ・ 独自(の方法) ・ 企業秘密 ・ 独特 ・ なかんずく ・ 特別 ・ 特定 ・ 格別 ・ ただならぬ ・ 格段 ・ 破格 ・ 中でも ・ 別けても ・ エキストラ ・  ・ ユニーク ・ ことさら ・ 別段 ・ 殊に ・ 特有 ・ オリジナル ・ 特に ・ スペシャル ・ 番外 ・ 別物 ・ 別格 ・ 特殊 ・ 取り分け ・ 他とは違う ・ くしくも ・ 不可解 ・ 奇跡的 ・ 超自然 ・ くしき ・ 摩訶不思議 ・  ・ 奇怪 ・ 不可思議 ・ ミステリー ・ 神秘 ・ 不思議 ・ 奇天烈 ・ 奇々怪々 ・ 神妙 ・ 面妖 ・ 怪異 ・  ・ 普通の状態と違う ・ 変態 ・ 惨状 ・ 異状 ・ (調子が)おかしい ・ 別条(はない) ・ 特殊(な環境) ・ (普通ではなくて)(どこか)変わったところがある ・ ただならない(状況) ・ 変わり ・ 変則的 ・ 論外 ・ 異常(な)現象 ・ 醜状 ・ 奇態 ・ 醜態 ・ 別状 ・ 異変(が生じる)乱高下 ・ 過度 ・ やばい(状況) ・ 異常事態 ・ 非常事態(発生) ・ 激しい ・ 弊害 ・ 症状(が出る) ・ 乱調子 ・ アブノーマル ・ 窮状 ・ (いつもと)違う ・ 異常 ・ 死にざま ・ 不規則 ・ モンスター化 ・ 例外 ・ 異例 ・ 一般原則の適用を受けない ・ 異数 ・ 特例 ・ 原則にあてはまらない ・ 今までに一度もなかった ・ 先進的(な) ・ 空前 ・ 新たな(局面) ・ 新機軸(を打ち出す) ・ 未知(の世界) ・ 未到(の領域) ・ 新しい(技術) ・ 破天荒 ・ 初めて見る ・ 挑戦的 ・ 新鮮(な感覚の絵) ・ 時代に先がけている ・ 新時代的(なコンサート) ・ (他に)例がない ・ 前例がない ・ 初めて(の海外旅行) ・ 希世 ・ 新手(の犯罪) ・ 不滅(の名作) ・ 新奇(な) ・ 従来にない ・ 初回 ・ 最初の回 ・ 第一回 ・ ブレイクスルー ・ 壁を突き抜ける ・ 歴史的(な快挙) ・ 常識を覆す ・ アバンギャルド ・ 最先端(すぎる) ・ (予算削減に)大なたを振るう ・ 前代未聞 ・ 今までのものとは違う ・ 金字塔(を打ち立てる) ・ 記録破り ・ 空前絶後(の事件) ・ 次世代(的) ・ 先鋭的(な) ・ 曠古 ・ エポックメーキング ・ 個性的 ・ 特異 ・ (今までとは)別の(考え方) ・ 前衛(的) ・ 画期的(な提案) ・ 未曾有 ・ 先駆(的)(な取り組み) ・ フレッシュ(な△センス[文学]) ・ 絶世 ・ 新規(開店) ・ (ルネサンス美術の)頂点をなす(作品) ・ 比類のない ・ 独創的(なアイデア) ・ 新種(の生き物) ・ かつてない ・ ワールドレコード ・ 不世出 ・ 希代 ・ 未曽有(の出来事) ・ 異説 ・ 異端 ・ 奇問 ・ 珍問 ・ 奇怪(な姿) ・ 健全でない(姿)キッチュ(な建築) ・ 異形いけい ・ 異形いぎょう ・ 異様(な)不気味(な)・グロテスク(な) ・ 普通でない(形) ・ 変(な)奇想(な建物)・(一部が)肥大している ・ いびつ(な) ・ ゆがんでいる ・ 気味の悪い(形姿) ・ 変わった(形) ・ 醜い(姿)・ぎょっとする(ような) ・ (日本人)離れした(考え方) ・ ユニークな ・ 異才 ・ 毛色の変わった(人間) ・ 毛色の異なった ・ ただ者でない ・ 珍しい ・ とがった才能 ・ 名物(社長) ・ これまでにない ・ 型にはまらない ・ 異質 ・ 独特(の世界観を持つデザイナー) ・ 得がたい(人材) ・ 掟破り(のやり方) ・ 今までにない ・ 異風(者) ・ 異国(情緒) ・ 性格俳優 ・ (多くの中で)異彩を放つ ・ 変わり種 ・ 異端(の作家) ・ (物事を)斜めに見える ・ 話題のクリエーター ・ 個性的(な人物) ・ (一風)変わっている ・ 異能の ・ 特異(な人) ・ 正統から外れる ・ 狂人(と紙一重の存在) ・ 天才(的) ・ 鬼才 ・ 特色がある ・ 異能(の人物) ・ (ちょっと)外れている ・ 例のない ・ 例外的(な存在) ・ 異色(の存在) ・ 天才的な ・ 変わった(雰囲気) ・ 奇異な(姿) ・ 類型を破る ・ (ある種の)輝きを持つ ・ 異形(の建物) ・ 異色(作) ・ キッチュ(なデザイン) ・ 特色を持つ ・ 期待以上(の成果) ・ 案外 ・ (大)番狂わせ(が△起きる[生じる]) ・ はしなくも ・ 期待していなかった ・ 時ならぬ ・ てっきり ・ 予想しがたい(人生) ・ 割合(に)(よくできている) ・ 割と(元気だ) ・ わりかた(面白かった) ・ わりかし(うまい) ・ 案ずるより産むがやすし ・ 時ならぬ(時に)(花が咲く) ・ 時期外れ ・ 心境の変化 ・ 夢にも思わない ・ 偶然 ・ 予想が外れる ・ 思った以上に ・ 不覚 ・ 奇抜(な髪形) ・ (図体に)似合わず ・ ことのほか(手間取る) ・ 望外(の喜び) ・ 驚いたことに ・ 驚き(の洗浄力) ・ 驚くべき(事実) ・ (甲子園には)魔物が棲む ・ あらぬ ・ (自分の)耳を疑う(ほど驚く) ・ 奇想天外(な物語) ・ ゆくりなくも ・ 案に相違する ・ 案に相違して ・ 不意 ・ 突拍子もない(言動)何と(まあ) ・ ふと ・ 誤算 ・ 期せずして ・ まさか(の敗退) ・ なかなか(立派だ) ・ 存外 ・ (見かけと)違って ・ 風の吹き回し ・ 取り越し苦労(だった) ・ よもや(の)(敗退を喫する) ・ 思ってもみない ・ とんだ ・ 物怪 ・ 思いがけない(△ことが起こる[展開]) ・ 思いがけず ・ 思わざる(結果) ・ やられた(!) ・ あにはからんや ・ 予期せぬ ・ 予期せず(して)(出会う) ・ 予期しない(出来事) ・ 意外(にも) ・ 意外の念に打たれる ・ 意外や意外 ・ 起こり得ないことが起こる ・ 思いもかけない ・ もってのほか ・ 意表(を突く) ・ 想定外 ・ わが目を疑う ・ 意想外 ・ 予想もしない ・ 予想と違う ・ 予想と違って ・ 予想に反して ・ 予想以上に ・ 予想を上回る ・ 予想を下回る ・ 不意に起こる ・ どうしたわけか ・ ヒョウタンからコマ(が出る) ・ 波乱(が起きる)起こり得ないことが起こる ・ めっそうもない ・ 拍子抜けするほど(簡単) ・ どういう風の吹き回しか ・ 予想外 ・ 柄にもなく(照れる) ・ 逆転(の発想) ・ 慮外 ・ とんでもない ・ なかなか(むずかしい) ・ 図らずも ・ サプライズ(ニュース) ・ (と)思いきや ・ 違算 ・ 予想を裏切る ・ 想像以上(の速さ) ・ 思いのほか ・ 手に入りにくい ・ 物珍しい ・ 絶世(の美女) ・ 貴重 ・ 新発見 ・ めったにない ・ (極めて)まれ ・  ・ なかなかお目にかかれない ・ 希有 ・ 稀覯 ・ 不世出(の天才) ・ 珍無類 ・ あまり例がない ・ 他と変わっている ・ 顕著(な特色) ・ 異彩 ・ 色彩 ・ 異色 ・ 特徴 ・ 性格 ・ 目立つ ・ 特色
乙の類語、関連語、連想される言葉
乙の類語、関連語、連想される言葉
言葉で簡単に言い表せないがすぐれた趣   ・  ・ 妙味 ・ 妙所 ・ 醍醐味 ・ 霊妙 ・ 玄妙 ・ 妙趣 ・ 印象深い ・ ひねりのきいた(セリフ) ・ しみじみとした ・ (古式)ゆかしい(催し) ・ コクがある ・ コクのある(文) ・ 胸に染みる(音楽) ・ 含蓄(のある話) ・ (哀愁)漂う(旋律) ・ (街の)繊細な表情(を描く画家) ・ (破調の)美 ・ 示唆に富む ・ 苦労人 ・ 小味(△をきかす[な仕上がり;きいた話]) ・ (独自の)テイスト ・ (作者の)嗜好 ・ 色つやのある(話) ・ 幽玄(の美) ・ (独特の)個性 ・ 風情がある ・ (いつの間にか)引き込まれる ・ (作者の)こだわり ・ 心に染みる(物語) ・ 作風 ・ 奥行きがある(作風) ・ 奥行きを感じさせる ・ よさ ・ 風雅な ・ (作者の)味付け ・ (△独特の[深い])味わい(のある) ・ 味が深い ・ 味わい深い ・ 味わい豊かな ・ そこはかとない(△懐かしさ[おかしさ]) ・ 質感 ・ 重厚(な作品) ・ 成熟した(日本文化) ・ 微妙な(節回し) ・ 風格のある(文章) ・ 時代がついた(家具) ・ 時代がつく ・ 古雅な(文体) ・ ラテンっ(ぽい) ・ 情趣がある ・ (内容に)深みがある ・ 風趣 ・ 渋い(△映画[二枚目]) ・ (物語が)ゆっくり(立ち上がる) ・ 情感(あふれる詩) ・ 小粋な(日本画) ・ 味(のある絵) ・ 味がある ・ スルメのような ・ いい味(を出す) ・ (言いようのない)魅力 ・ 魅力的(な) ・ (本来の)持ち味 ・ にじみ出るもの(がある) ・ じんわりくる ・ 円熟(した人間味) ・ 機微に通じた(言葉) ・ 奥深い ・ 詩情(△が感じられる[豊かな]) ・ いぶし銀(の演技) ・ 噛めば噛むほど味が出る ・ 通好み(の△音楽[時計]) ・ (優しく)包み込まれるような(ハープの音色) ・ 独特(のやり方) ・ (色彩の)ニュアンス ・ 豊かな(人間性) ・ (気持ちを)豊かにさせる ・ 特色 ・ 情緒がある ・ 深みのある ・ いい味が出ている ・ 余韻(△が残る[;のある作品]) ・ 余韻を残す’終わり方) ・ 捨てがたい味(の映画).温かみのある(イラスト) ・ 温かい(感じの)(色調) ・ 落ち着いた(色調の壁紙) ・ 人肌感がある ・ 手作り感がある ・ (異国的な)フィーリング(があるレストラン) ・ しっとり(と)した(感じの住まい) ・ (芝居が)上手い ・ 快味 ・ スロー(ライフ) ・ 傾向(がある) ・ とろりとした(歌声) ・ 妙味(がある) ・ (作品の)方向性 ・ 悪くない ・ 意味の深い ・ 滋味(△掬すべし[豊かな詩文]) ・ 面白い ・ 面白み(のある) ・ (話に)色つや(を添える) ・ 想像をかきたてる ・ 大人の△文章[休日;チョコレート] ・ 秘すれば花 ・ いい雰囲気の(お店) ・ 雰囲気がある ・ 趣がある ・ (ボサノバ)風味 ・ (何とも言えない)(生地の)風合い ・ 肌触り ・ (独特の)肌合い ・ 感覚的な要素 ・ (先代の)芸風(を受け継ぐ) ・ 静かで深い(和の香り) ・ 風情 ・  ・ 持ち味 ・ 気韻 ・ 余情 ・ 趣味 ・ 物の哀れ ・ 色つや ・  ・ 余韻 ・ 興趣 ・ 潤い ・ 情味 ・ 神気 ・ 哀れ ・ 渋い(声) ・ 情趣 ・ しみじみ思う ・ 風韻 ・ 風致 ・ 一風 ・ 落ち着いている ・ 調 ・ 上品 ・ 風格 ・ 味わい ・ 趣(がある) ・ 趣向 ・ 神韻 ・ つくづく思う ・  ・ 容易には察せられない ・ 微妙 ・ 機微 ・ 簡単に言い尽くせない ・ 単純な論評を許さない ・ 言うに言われない ・ 言葉では△簡単に[うまく]言い表せない
十干じっかん   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 十干 ・  ・ 十干十二支 ・ 干支
(未分類)   ・ 意気 ・ 気が利いた ・ 乙りき ・ 乙な味 ・ 一種の趣き ・ 独特の趣き ・ 他と違った趣き ・ 渋皮がむける ・ 洒落た ・ 垢抜け ・ 高雅 ・ みやびやか ・ 小粋 ・ 小洒落た ・ 洗練 ・ ソフィスティケーション ・ みがきをかける ・ 小じゃれた ・ 品位 ・ 洗練される ・ チープ・シック ・ いき ・ あく抜ける ・ あくが抜ける ・ 垢抜ける ・ 品のいい ・ みやびた ・ あかぬけ ・ アカぬけ ・ おしゃれ ・ 洒脱 ・ チープシック ・ プリティシック ・ いなせ ・ 洗煉 ・ あか抜け ・ 小股の切れ上がった ・ しゃだつ ・ プリティ・シック ・ だて ・ ソフィスティケート ・ シック ・ ノーブル ・ 風流 ・ スマート ・ 気が利いている ・  ・ きのと ・ しゃれた ・ 外見 ・ スタイリッシュ ・ あく抜け ・ 伊達 ・ 旨趣 ・ おもむき ・ あじわい ・ 妙み ・ 雅致 ・ 十母 ・ 気取り ・ 乙に澄ます ・ あか抜ける ・ いかす ・ 体裁を飾る ・ ぶる ・ 気取る ・ すかす ・ 味わい ・ 趣き
キーワードをランダムでピックアップ
筋骨下肢万難固いがりがり見頃時の間嫁入り縮れる愛称印欧語脇付乱射人情通りかかる思いをはせる風通しがいい若書きの文章ストップをかけられるすごい…