表示領域を拡大する

かぶくの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
かぶく普通のものと異なっているかぶく普通のものと異なっている  乙に ・ (現代には)そぐわない ・ 新奇 ・ 特殊(なケース) ・ (言いぐさが)振るっている ・ 次元を異にする ・ 人の意表をつく ・  ・ 変わっている ・ 奇妙 ・ 風変わり ・ ちぐはぐ(な) ・ 型破り ・ 奇警 ・ いやに ・ 思いも寄らない ・ 落ち着かない ・ 普通とは違う ・  ・ 偏奇 ・ けったい(な姿) ・ へんちくりん ・ 奇想天外 ・ 奇矯 ・ 驚く ・ へんてこ ・ 奇想天外(な建築物) ・ 不自然 ・ 奇異(な印象) ・ 特異(な存在) ・ 妙ちきりん ・ エキセントリック ・ 異な ・ ひょんな ・ アクロバティック(な建物) ・ 珍妙 ・ とっぴ(な言動) ・ へんてこりん ・ 珍奇 ・ 特徴がある ・ 異様 ・ (周囲とは)肌合いが違う ・ 一般的でない ・ グロテスク ・ 例外(的なケース) ・  ・ おかしい ・ 別様 ・ 目新しい ・ 偏っている ・ 異体 ・ 奇抜 ・ △普通[従来のもの]とは異なる ・ 異種(格闘技) ・ (これまでのものとは)似ても似つかない ・ 一風変わっている ・ ことさら ・ 独自(の方法) ・ 企業秘密 ・ 番外 ・ 破格 ・ 特有 ・ 特別(サービス) ・ エキストラ ・ 格別 ・ オンリーワン(企業) ・ 独特 ・ スペシャル ・ 特定 ・ ただならぬ ・ 特殊 ・ 異質 ・ オリジナル ・ 別段 ・ 他とは違う ・ 区別できる ・ 別けても ・ 別して ・ 固有 ・ 別物 ・  ・ ユニーク ・ 特異 ・ 歴史的(な快挙) ・ バランスが取れない ・ 奇態 ・ 不整形 ・ (ある種の)輝きを持つ ・ 絶世 ・ 無理のある(形状) ・ 不可思議(な現象) ・ 変形する ・ ぎくしゃくした(動作) ・ 異才 ・ 一風(変わっている) ・ 変わった(形) ・ 例のない ・ 奇怪(な物語) ・ 処女(航海) ・ 従来にない ・ はつ(舞台) ・ うい(陣) ・ 珍問 ・ あやかし ・ 初めて見る ・ 異常事態 ・ 名物(社長) ・ 金字塔(を打ち立てる) ・ ゆがみ ・ ゆがむ ・ ゆがんでいる ・ (予算削減に)大なたを振るう ・ (世にも)不思議(な物語) ・ 異状 ・ 異形いけい ・ 異形いぎょう ・ 毛色の変わった(人間) ・ 毛色の異なった ・ 画狂人 ・ くしき ・ 異数 ・ 異能(の人物) ・ アンバランス(な見た目) ・ いびつ(な)(形) ・ 未曽有(の出来事) ・ 変(なダンス)こっけい(な仕草) ・ 気味の悪い(形姿) ・ 普通の状態と違う ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ 普通でない ・ 激しい ・ (日本人)離れした(考え方) ・ これまでにない ・ 不均衡(な形) ・ 均衡が取れていない ・ (前例のない)快挙 ・ 異国(情緒) ・ 正統から外れる ・ (ラーメン界のイチローという)異名をとる ・ (生命の)神秘 ・ 非常事態(発生) ・ 鬼才 ・ (△常識的[理論的]に見て)おかしい ・ 普通でない(形) ・ コミカル(な動き) ・ 得体が知れない ・ 先駆(的)(な取り組み) ・ 初回 ・ 最初の回 ・ 第一回 ・ 一般原則の適用を受けない ・ 奇怪(な姿) ・ 理解不能 ・ 不細工(な仕上がり) ・ 新たな(局面) ・ アンバランス ・ くしくも ・ 空前(のキャンプブーム) ・  ・ 神妙 ・ 今までにない ・ ちょっと(変わっている) ・ (いつもと)違う ・ 弊害 ・ 摩訶不思議(な事件) ・ 面妖(なこともあるものだ) ・ 奇想画家 ・ 狂人(と紙一重)(の存在) ・ 醜い(姿)・ぎょっとする(ような) ・ 独特(の世界観を持つデザイナー) ・ 不世出 ・ ユニーク(な人間) ・ (奇妙)きてれつ(な踊り) ・ 正常でない ・ 天才的な ・ 変態 ・ 未到(の領域) ・ 超自然(現象) ・ 奇妙な動き ・ 異色(作) ・ 不自然な形 ・ 新規(開店) ・ 変わり種 ・ (形が)崩れている ・ (多くの中で)異彩を放つ ・ 特異(な人) ・  ・ 別状 ・ キッチュ(なデザイン) ・ (調子が)おかしい ・ 変わった(雰囲気) ・ 変わり ・ へんてこ(な踊り) ・ 醜態 ・ 正常な状態が失われている ・ (一風)変わっている ・ 異端児 ・ 異端(の作家) ・ 変則的 ・ 奇想天外(な作品) ・ ただごとではない ・ 奇々怪々(な事件) ・ ひずみ ・ ねじれ ・ 怪奇(現象) ・ 例外 ・ おかしみ ・ 希代 ・ 超常(現象) ・ 曠古 ・ 異例 ・ 前代未聞 ・ 奇形 ・ 異色(の存在) ・ 別条(はない) ・ ただならない(状況) ・ おどけた(表情) ・ 謎めいた(言葉) ・ 実験的(な試み) ・ 類型を破る ・ 奇異な(姿) ・ 話題のクリエーター ・ 受け入れがたい ・ 特色がある ・ 天才(的) ・ ひしゃげた(形) ・ 歴史的(な低金利) ・ 変(な)奇想(な建物)・(一部が)肥大している ・ (醜く)変形している ・ 前衛作家 ・ 異常(な)現象 ・ 画期的(な提案) ・ (生まれて)初めて(の海外旅行) ・ へその緒を切って以来 ・ 論外 ・ かつてない ・ (今だ)かつて(聞いたことがない) ・ シュール(な造形) ・ 個性的(な人物) ・ 独特のカラーを持つ ・ 性格俳優 ・ 不規則 ・ (軸の)偏心 ・ 型にはまらない ・ 過度 ・ この世のものとは思えない ・ アブノーマル ・ (ルネサンス美術の)頂点をなす(作品) ・ 窮状 ・ 異説 ・ ミステリー(サークル) ・ 開闢以来(の出来事) ・ 新種(の生き物) ・ (一部が)突出している ・ 奇問 ・ 健全でない(姿) ・ 新手(の犯罪) ・ 破天荒(の試み) ・ 得がたい(人材) ・ 個性的 ・ (一方に)傾斜する ・ 醜状 ・ ただ者でない ・ 例外的(な存在) ・ (書き) ・ 症状(が出る) ・ 世界初(の挑戦) ・ (今まで)見たことがない ・ 非対称 ・ (物事を)斜めに見る ・ 未曾有(の災害) ・ 今までに一度も(なかった) ・ (自然界の) ・ フレッシュ(な△センス[文学]) ・ 希世 ・ 異常 ・ 不可解(な事件) ・ 宇宙人 ・ 異様(な)不気味(な)・グロテスク(な) ・ けったい(な出来事) ・ (普通ではなくて)(どこか)変わったところがある ・ 怪異(な現象) ・ 頭でっかち(の形状) ・ 伝奇的 ・ 異変(が生じる) ・ 不滅(の名作) ・ 異端 ・ 異能 ・ モンスター化 ・ キッチュ(な建築) ・ (ちょっと)外れている ・ 特殊(な環境) ・ 特色を持つ ・ 特例 ・ 異風(者) ・ 開闢かいびゃく以来(の出来事) ・ 違和感がある ・ 飄々とした(ところ) ・ おきて破り(のやり方) ・ 少し(変) ・ 新機軸(を打ち出す) ・ 珍しい ・ 超自然的 ・ 死にざま ・ 新鮮(な感覚の絵) ・ 奇跡(的)(な治癒) ・ 比類(の)ない(災害) ・ 未知(の世界) ・ 破調(の美しさ) ・ 異形(の建物) ・ (前代)未聞 ・ 空前絶後(の事件) ・ 乱調子 ・ きてれつ(な出来事) ・ 神怪 ・ 惨状 ・ 偏る ・ やばい(状況) ・ 怪異 ・ (△他[過去]に)例がない ・ (過去に)前例がない ・ 原則にあてはまらない ・ これまでない ・ 意図しない(展開) ・ 意図せず ・ 予定外 ・ てっきり(辞めると思ってた) ・ あまりない ・ あにはからんや ・ 目新しい(物が好き) ・ 稀覯きこう(本) ・ 不本意(な結果) ・ 定石にとらわれない ・ 存外(に)(よかった) ・ 信じられない ・ 想定外(の展開) ・ 計算外 ・ 思いがけず ・ 思いもかけず ・ 隙をつく ・ とんでもない(出来事) ・ 期待していなかった ・ 思った以上(に) ・ あらぬ(△噂[方角]) ・ 起こり得ないことが起こる ・ くしくも(巡り会う) ・ びっくりする(ような) ・ びっくりさせる ・ 思わぬ(展開) ・ 奇襲(をかける) ・ 思いのほか ・ 期待以上(の成果) ・ たじろぐ ・ 思いもしない ・ 思いもしなかった(変化) ・ 逆転(の発想) ・ セオリーから外れる ・ 望外(の喜び) ・ なかなか(立派だ) ・ 珍無類(な出来事) ・ 考えも及ばない ・ 虚をつかれる ・ 奇抜(な髪形) ・ もってのほか ・ 思いがけない(△ことが起こる[展開]) ・ 思いがけなく ・ 思いもかけない ・ けがの功名(でうまくいく) ・ 案外 ・ 嘘から出たまこと ・ 偶然(にも) ・ 偶然(のたまもの) ・ どんでん返し(△を食う[に次ぐどんでん返し]) ・ (行き違いが)悪意なし(に生じる) ・ (計画に)齟齬(が生じる) ・ サプライズ(△ニュース[人事]) ・ あきれる ・ (見る者を)あきれ返らせる ・ 意想外(の事故) ・ (全く)予想もしない ・ 予想と違う ・ 予想と違って ・ 予想に反して ・ 予想に反する ・ 珍事(が起きる) ・ 不意(に)(起こる) ・ 不意(の出費) ・ 不意を打つ ・ そうきたか ・ 数えるほど(しかない) ・ 驚いたことに ・ 驚き(の洗浄力) ・ 驚くべき(事実) ・ 驚くような(組み合わせ) ・ ことのほか(手間取る) ・ 割合(に)(よくできている) ・ 割と(うまい) ・ わりかた(面白かった) ・ わりかし(うまい) ・ よもや(の)(敗退を喫する) ・ 夢にも思わない ・ 希少(種) ・ やられた(!) ・ (と)思いきや ・ (非情に)珍しい ・ 目からうろこ(の解決策) ・ 裏をかかれる ・ 気づけなかった(手抜かり) ・ ユニーク(なアイデア) ・ 人を食った(態度) ・ ざらにはない ・ ざらにあるものではない ・ (人生)何が起こるか分からない ・ 型破り(な言動) ・ 予想が外れる ・ 意外(△にも[な展開/な方向へ向かう]) ・ 意外の念に打たれる ・ 意外や意外 ・ 物珍しい ・ (大)番狂わせ(が△起きる[生じる]) ・ どうしたわけか ・ 柄にもなく(照れる) ・ (何の)前触れもなく ・ 貴重(な体験) ・ (極めて)まれ ・ 波乱(が起きる) ・ あっと言う ・ あっと言わせる ・ 驚かせる ・ 予想外(の事態) ・ (人の)目を引く(デザイン) ・ 反則(を犯す) ・ ふと ・ 何と(まあ) ・ 自由自在(に振る舞う) ・ どういう風の吹き回しか ・ 手に入りにくい ・ 新発見 ・ 価値がある ・ 慮外 ・ 例が少ない ・ 思いも寄らず ・ 及びもつかない ・ 不慮(の事故) ・ (あっと)驚く(伏線回収) ・ 奇策 ・ 取り越し苦労(だった) ・ 予想以上(に) ・ 想像以上(の速さ) ・ 予想を上回る ・ 予想を下回る ・ 破天荒(な試み) ・ なかなか(むずかしい) ・ はしなくも(好評を博す) ・ 意表(を突く) ・ 意表を突かれる ・ なかなかお目にかかれない ・ 突拍子もない(考え) ・ (相手の)裏をかく ・ 数少ない ・ ゆくりなくも ・ 図らずも ・ 珍(事) ・ 万一(事故が起こったら) ・ 絶世(の美女) ・ わが目を疑う ・ 案ずるより産むがやすし ・ 思わざる(結果) ・ 思わぬところから(姿を現す) ・ 多くない ・ (甲子園には)魔物が棲む ・ 想像を超える ・ からめ手から攻める ・ とんだ(目に遭う) ・ (周囲を)けむに巻く ・ (図体に)似合わず ・ 奇想天外(な物語) ・ めっそうもない ・ 肩透かしを食わせる ・ 不覚 ・ 盲点(を突かれる) ・ 思いも及ばない ・ 心外(な指摘) ・ 電撃(的)(な人事) ・ 唐突(な発言) ・ 予想しがたい(人生) ・ ゲリラ(△豪雨[的な方法]) ・ 突拍子もない(言動) ・ 違算 ・ ショッキング(な出来事) ・ 大胆(な手口) ・ (周囲の)予想を裏切る ・ 予想しなかった(事態) ・ めったにない ・ 不測(の事態) ・ 不世出(の天才) ・ 不意をつかれる ・ (これは)夢かうつつか ・ 妙手 ・ 例外(的)(なケース) ・ 例外的に存在する ・ 誤算 ・ 時期外れ ・ 時ならぬ(時に)(花が咲く) ・ (自分の)耳を疑う(ほど驚く) ・ 足をすくう ・ 出し抜く ・ まさか(の敗退) ・ 予期せぬ(結果) ・ 予期せず(して)(出会う) ・ 予期しない(出来事)上 ・ 予期した以上(の) ・ 心境の変化 ・ 予想を超える ・ あまり例がない ・ 思ってもみない ・ 案に相違する ・ 案に相違して ・ ひょうたんから駒(が出る) ・ 盲亀浮木もうきふぼく(に会う) ・ (見かけと)違って ・ 奇手を放つ ・ 思いも寄らない(非難) ・ 出はなをくじかれる ・ トリッキー(なボクシングスタイル) ・ 風の吹き回し ・ 仰天する ・ 時ならぬ(雪) ・ 物怪 ・ 期せずして ・ 拍子抜けするほど(簡単) ・ 稀有けう(な出来事) ・ 目をむく(ような価格) ・ (凡人には)及びもつかない(発想) ・ (過去に)例を見ない ・ (これまで)見たこともない ・ とっぴ(な発想) ・ 徴表 ・ メルクマール ・ 性格 ・ 他と変わっている ・ 目立つ ・ (アンティークな)趣(のある)(ペンダントライト) ・ (保守的)色彩(が強い) ・ 特徴 ・ 特色 ・ 異彩 ・ 顕著(な特色) ・ 異色
かぶく非常識かぶく非常識  えげつない(やり方) ・ ぶっ飛んだ(行動) ・ ストーカーまがい(の行為) ・ 常識からはみ出す ・ 身のほど知らず ・ 常識を越える ・ 非常識 ・ 常識がない ・ 常識外れ ・ 常識を外れる ・ (世間の)常識をはみ出す ・ たるの底が抜けたよう(な)(下落) ・ 思慮を欠く ・ 普通の人ならしない ・ (枠に)収まらない ・ 常軌を逸した(発言) ・ とてつもない(ことを考える) ・ 暴君 ・ 大それた(考え) ・ 社会通念に反する ・ 無作法 ・ アブノーマル(な考え方) ・ エゴをむき出しにする ・ (△良識[規範]から)逸脱 ・ 片腹痛い ・ 曲がった(考え) ・ 人を人とも思わない ・ 礼儀も何もない ・ 欠礼 ・ (お客様に)粗相(のないように) ・ トンデモ(教師) ・ モンスター(ペアレンツ) ・ (対応が)おろそか ・ (人を)軽んじる ・ (権威に)おもねらない ・ ぞんざい(な口のききよう) ・ 無視 ・ 無礼 ・ 非礼 ・ 礼を欠く ・ 人を食う ・ 人を食った(言い方) ・ 礼儀作法に通じていない ・ なげやり(な態度) ・ 礼儀知らず ・ 礼儀を知らない ・ (客を)適当(に)(あしらう) ・ お世辞一つ言えない ・ 不器用 ・ いい加減(な対応) ・  ・ ちゃらちゃら(した)(店員) ・ 無礼講 ・ 眼中人なし ・ ぶしつけ(な質問) ・ 礼儀に適っていない ・ 失敬 ・ 武骨(な振る舞い) ・ 型破り(な人物) ・ 不行儀 ・ 行儀が悪い ・ エチケットに反する ・ 礼儀も作法も知らない ・ 遠慮しない ・ (客に対する)粗略(な対応) ・ 不敬 ・ 無遠慮 ・ (自分)勝手 ・ 狎れる ・ 慮外 ・ 慇懃無礼いんぎんぶれい(な態度) ・ 傍若無人(な態度) ・ 不謹慎(な発言) ・ (殿の前で)頭が高い ・ 仁義なき(戦い) ・ ぞんざい(な話しぶり) ・ おきて破り ・ バーバリズム ・ わきまえがない ・ 失礼(な態度) ・ 無反省(の態度) ・ 誠意が足りない ・ 気遣いしない ・ 凶行 ・ ばち当たり(をしでかす) ・ 愚挙 ・ いたずら ・ 悪戯あくぎ ・ (事情をよく)知らない ・ 知識がない ・ あるまじき(振る舞い) ・ 十悪(を犯す) ・ 刷新を目指す ・ (包囲網を)ものともしない ・ (仕組みを)ぶち壊す ・ 競争を促す ・ 反道徳的(な行動) ・ 道徳に背く ・ 不道徳 ・ よからぬ事 ・ (許しがたい)所業 ・ 不正(行為) ・ (叩けば)ほこり(が出る) ・ 知らない ・ 罪過 ・ 悪行 ・ 極悪(な犯罪) ・ (あまりに)非常識 ・ 暴行 ・ 愚行 ・ 既成の秩序を壊す ・ (NHKを)ぶっ壊す ・ 不心得(な言動) ・ (道理に反する)過ち(を正す) ・ 遺憾 ・ 悪逆非道 ・ (ネット)リテラシーがない ・ 不正操作(による金銭の引き出し) ・ 悪逆 ・ 不当な(手段) ・ 醜行 ・ (事情に)通じていない ・ 反逆(する) ・ 常識を疑う ・ 心が健全でない ・ (業界)震撼 ・ 不始末(をしでかす) ・ 反社会的、非人情 ・ 天知る地知る我知る子知る ・ 悪質(な行為) ・ 罪業 ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ 型にはまらない ・ 若気の至り ・ 蛮行(を働く) ・ (悪魔に)(魂を)売り渡す ・ 狼藉 ・ 謀略 ・ (あいつの)仕業(に違いない) ・ ひと騒ぎ起こす ・ 暴れる ・ ひと暴れ(する) ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 罪科 ・ (仕組みを)粉砕する ・ (政治)音痴 ・ 的確な判断が下せない ・ 無教育 ・ 奸計 ・ 背徳(行為) ・ あらぬ振る舞い ・ 犯罪性(が疑われる) ・ 暴力(を振るう) ・ 罪(を犯す) ・ 大罪(を犯す) ・ (△人の道[足]を)踏み外す ・ (△馴れ合い会議[沈滞した空気]を)かき回す ・ きりきり舞いさせる ・ 問題のある事 ・ 風雲児 ・ 毒牙(にかける) ・ 牙をむく ・ 未経験 ・ 愚民 ・ 詳しくない ・ つまらない(人間) ・ 教養がない ・ 旋風を巻き起こす ・ 新風を吹き込む ・ (新しい)風を入れる ・ (既存の制度を)粉砕する ・ 胸のすく(活動) ・ 不適切な行為 ・ 浅薄 ・ 罪深い行い ・ 黙っていない ・ おとなしくしていない ・ 素直にしていない ・ (疾風)怒濤(の攻撃) ・ 無関心 ・ 暴挙 ・ 常識破り ・ (鬼神のごとく)暴れる ・ めくら蛇に怖じず ・ (経済学の)素人 ・ 好ましくない行い ・ (△ルール[マナー])違反 ・ うとい ・ (業界の事情に)暗い ・ 非行(に走る) ・ 考え違い(をしていたようだ) ・ 出来の悪い(息子) ・ 悪事 ・ 生き方を間違える ・ (掟なんぞ)くそ食らえ ・ 誤った(行い) ・ 不都合な事 ・ けしからん ・ けしからん行い ・ あってはならない事 ・ 愚か ・ 認識不足 ・ 隠微な形(で)(いじめる) ・ 嫌がらせ(をする) ・ 無教養 ・ (規範から)逸脱した ・ 暴虐 ・ 悪(の限りを尽くす) ・ 犯行 ・ なじみがない ・ すねに傷(を持つ) ・ (敢然と)立ち向かう ・ 勉強不足 ・ もう ・ 秩序破壊的(な行為) ・ いじめ ・ 軽挙 ・ 嫌がらせ ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ 文盲もんもう ・ 乱暴 ・ 罪(を重ねる) ・ 無筆 ・ 因習を破る ・ 無知 ・ 許されない(行為) ・ 常識をひっくり返す ・ しでかした事 ・ 乱行(に及ぶ) ・ 悪徳(行為) ・ (旧弊を)打破(する) ・ (財務の)知識に弱い ・ 目に一丁字なし ・ 不祥事(を起こす) ・ スキャンダル(を起こす) ・ 醜い(事件) ・ 不案内 ・ (伏魔殿)斬り ・ アングラ(ビジネス) ・ 社会の常識に欠けている ・ 堕ちる ・ 目に余る(ふるまい) ・ (むごい)仕打ち ・ (仕組みを)打ち壊す ・ 不明朗(な会計) ・ 悪の道に転落する ・ 妄動 ・ 押しまくる ・ (心理学については)門外漢 ・ 悪さ(をする) ・ 型破り(の活動) ・ (前)非(を悔いる) ・ 非(を認める) ・ 人の道から外れた(悪い行為) ・ よくない行い ・ 不適切(な行為) ・ 悪業 ・ 不行跡(を働く) ・  ・ 悪の道(に△転落する[迷い込む]) ・ 小悪 ・ 俗物 ・ 破廉恥(行為) ・ 恥ずかしい(行為) ・ その道に暗い ・ やましいところ(がある) ・ 期待が外れる ・ 期待外れ(に終わる) ・ (大方の)期待を裏切る(結果) ・ 予想外 ・ (△期待[予想]が)裏切られる ・ 見当違い ・ (結婚生活に)幻滅(する) ・ 幻滅に変わる ・ 運悪く(雨) ・ 見込みが外れる ・ 見込み違い ・ 見込み通りにならない ・ 見誤り ・ 思ったほど(効果が)ない ・ (おせっかいが成長の)妨げになる ・ 予想が外れる ・ 期待以上(の成果) ・ 予想以上(の結果) ・ 皮肉(な△運命[成り行き]) ・ 過信 ・ ふいになる ・ 見損なう ・ (△台風で予定[競馬に負けて一万円/計画]が)パーになる ・ たまたま(運がよかっただけさ) ・ 開けて悔しき玉手箱 ・ 皮肉な結果(となる) ・ 結果を嘆く ・ 拍子抜け ・ 思い違い ・ 思うように進まない ・ 狙いが外れる ・ 思わぬ(方向に進む) ・ 思わぬ落とし穴(が待ち受ける) ・ (狙いが)当たらない ・ 期待に反する(結果) ・ よもや(の)(敗退) ・ 逆転劇が起こる ・ 不運に泣く ・ 見通しを誤る ・ 裏目に出る ・ 期待が砕かれる ・ (期待が)打ち砕かれる ・ ボタンの掛け違い(に気づく) ・ 実力より人気が先行する ・ 計算違い ・ 当てが外れる ・ (当て)外れ ・ 空手形に終わる ・ 思惑が外れる ・ 思惑違い ・ まさかの結果 ・ 思惑通りにいかない ・ 徒労に終わる ・ 成果が出ない ・ 肩透かし(を食う) ・ がっかり(させる)(結果) ・ 無駄に終わる ・ 実らない ・ (無理が)たたる ・ (不況に)たたられて(さんざん) ・ (予想が)ひっくり返る ・ (予想が)覆される ・ 期待が崩れていく ・ 期待に背く(結果) ・ 水泡に帰する ・ 空振りに終わる ・ (自らの)不明(を恥じる) ・ 期待がしぼむ ・ 誤算(があった) ・ (期待と)裏腹(の現実) ・ 不首尾に終わる ・ 心劣り(する)(出来ばえ) ・ 目算が外れる ・ 予定が狂う ・ 計画が狂う ・ 不成功に終わる ・ 舌打ち(させる) ・ そら頼み(に終わる) ・ (今回ばかりは)勝手が違った ・ 予想を下回る ・ 期待を裏切られる ・ すかを食う ・ (君には)失望(したよ)
かぶく異様な身なりをするかぶく異様な身なりをする  異様(な身なり)(をする) ・ (風体の)怪しい(者) ・ 人目をひく(衣装) ・ 奇抜(な身なり)(をする) ・ 型破り(な格好) ・ 異様な風体 ・ (ど)派手ないでたち ・ 難易度の高い(ファッション) ・ ばさら(な装い) ・ 異風をひけらかす ・ 鼻をつまむような ・ けばけばしい(衣装) ・ ガラが悪い ・ 目立つだけの ・ 変(な服装) ・ 派手派手しい ・ 風変わり ・ パンチの効いた(ポスター) ・ 奇抜な ・ (恰好が)おかしい ・ (ビジュアル的に)ダサい ・ 品のない ・ 下品(な) ・ 不快 ・ (視覚的に)うるさい ・ ごてごてした ・ あくどい(色) ・ 悪趣味(な服装) ・ 成金趣味 ・ 醜悪(な) ・ 異風(な男) ・ 変わった(衣装) ・ 場違い(なファッション) ・ 低俗(な番組) ・ ど派手(なスーツ) ・ けばけばしい(ネオン) ・ かぶいた(ファッション) ・ きざ(ったらしい) ・ 目にうるさい ・ 醜い ・ 目障り(な存在) ・ 驕奢な(遊び) ・ 個性的 ・ ごった煮的(な) ・ 魁偉(な容貌) ・ (凝りすぎて)嫌み(な装飾) ・ 俗悪(な) ・ 変な装い ・ 過剰装飾 ・ 危ない(印象) ・ チンドン屋のような(服装) ・ 癖のある(ビジュアル) ・ 珍妙(な風体) ・ わい雑(な) ・ とんちんかん(な服装) ・ 毒きのこ ・ 派手な柄(のきのこ) ・ カラフルで奇抜 ・ ギラギラした(ライト) ・ キッチュ(な) ・ 奇抜(な衣装) ・ かっこ悪い ・ センスが悪い ・ 外れた(ファッション) ・ 色とりどり ・ 派手(な) ・ 趣味が悪い ・ まともでない ・ 奇妙(なファッション) ・ 毒々しい(色のきのこ) ・ 無粋(な) ・ 絢爛 ・ 華やか(な雰囲気の人) ・ 華やぎ ・ (華やかで)人目を引く ・ 人目を引く美しさ ・ (派手さが)目を引く ・ 大模様(の衣類) ・ (周囲に)埋没しない ・ 麗々しい ・ 華(がある) ・ 華美 ・ (存在が)目立つ ・ 映える ・ ちゃらちゃら(した)(ワンピース) ・ 派手やか ・ 豪華絢爛 ・ きらびやか(な衣装) ・ 満艦飾まんかんしょく(に飾り立てる) ・ 視認性が高い ・ 目抜き ・ 華々しい ・ 大掛かり ・ けばけばしい ・ 豪華(な衣装) ・ 美々しい(装い) ・ 派手
かぶく人の目につく派手な振る舞いかぶく人の目につく派手な振る舞い  (社会的)規範に背を向ける ・ 偏奇な言動 ・ 歌舞伎(を演じる) ・ 勝手に振る舞う ・ 人目をひく ・ 横暴 ・ ファンキー ・ クレイジー(な男) ・ はちゃめちゃ(な男) ・ うつけ者 ・ (映画界の)過激派 ・ (集団の)和を乱す(者) ・  ・ 形式ばらない ・ 奇をてらった(やり方) ・ 伝統破壊者 ・ 非エリート ・ ヤンキー先生 ・ 分をわきまえない ・ (政界の)ヒール ・ (歌舞伎界の)異端児 ・ 異端者(扱いされる) ・ 異端(△の作家[的存在]) ・ 異端派 ・ 異次元(社長) ・ おきて破り ・ テロリスト ・ 反権力(の人) ・ 反逆者 ・ モンスター(ペアレント) ・ 傍若無人(の振る舞い) ・ (時代の)先覚者 ・ はみ出し者 ・ 猛女 ・ (組織の)和を乱す者 ・ (業界の)秩序を乱す者 ・ 無頼(△な若者[の生き方]) ・ 無頼派(の作家) ・ 素直にしていない ・ 常軌を逸する ・ 小さくまとまらない ・ 普通の物差しでは測れない ・ 怪女優 ・ くずれた(服装) ・ 長いものに巻かれない ・ 不適切(な行動) ・ 異色(の存在) ・ 怪童 ・ 一匹オオカミ ・ 型破り(の人物) ・ あぶない(刑事) ・ 異分子 ・ (枠に)収まらない ・ (ファッション界の)反逆児 ・ 跳ね(っ)返り(の女) ・ 狂人(と紙一重)(の存在) ・ 天馬空を行く(がごとく)(生きる) ・ 野放図 ・ 傍流(を行く) ・ 異類の者 ・ 変わり者 ・ (同期生中の)変わり種 ・ 大胆不敵 ・ (集団の中で)異彩を放つ ・ (中央に)たてつく ・ (自分)勝手 ・ 横紙破り ・ 筋金入り(の活動家) ・ (演劇界の)猛者もさ ・ コントロールできない(若者) ・ コントロール不能(の風雲児) ・ 御しがたい ・ (辺境の)ゲリラ ・ 奇想(の建築物) ・ (体制の)壊し屋 ・ (永遠の)不良少年 ・ アウトサイダー ・ 常識外れ ・ 常識破り ・ 非常識 ・ 革命児 ・ バイタリティがある ・ ひるまず(突き進む) ・ 悪童 ・ 破天荒(の若者) ・ かぶき者 ・ (映画界の)鬼才 ・ おとなしくしていない ・ 黙っていない ・ (規範からの)逸脱 ・ (時代の)パイオニア ・ ただ者でない ・ (△既得体制[既得権益層]にとっての)危険人物 ・ 豪傑 ・ まともでない ・ 自分に正直 ・ 無軌道(な生き方) ・ 野生児 ・ 規格外れ(の人) ・ 逸脱者 ・ (業界の)風雲児 ・ 画狂人(北斎) ・ 画鬼 ・ ぶっ飛んだ(人物) ・ 不良(性がある) ・ (サッカー界の)悪童 ・ 組織に収まりきれない人間 ・ 外様(の課長) ・ 跳ね上がり(者) ・ 飛び上がり者 ・ (根底から)常識をひっくり返す ・ (体制に)反抗(する) ・ 大胆な振る舞い(をする)(男)(見る者を)仰天させる ・ 粗削り(の若者) ・ 暴走機関車 ・ 暴れ馬 ・ (体制側に)反旗を翻す ・ 快男児 ・ 豪快 ・ 扱いにくい(人間) ・ (実業界の)怪物 ・ 反秩序(の生き方) ・ 反骨(の人) ・ 過激(なやり方) ・ 革命家 ・ アウトロー ・ じゃじゃ馬(娘) ・ 独善的 ・ 無冠の帝王 ・ 無法者 ・ (演劇界の)問題児 ・ トラブルメーカー ・ 荒法師 ・ 破戒僧 ・ (政界の)暴れ者 ・ 暴れん坊(将軍) ・ とんがった(連中)
キーワードをランダムでピックアップ
凡夫黒点粘り強い埋まる無蓋噛みこなす言い残す動けなくする禁断の恋紙札加減する手がかかる~のために使う置き換わる励ましを施す批判を受け入れる独占市場に食い込む甘き香りダサい中年男問題をうやむやにする
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 5