表示領域を拡大する

型にはまっているの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
型(にはまる)いつも決まってとる普通の手段型(にはまる)いつも決まってとる普通の手段  定石 ・ ワンパターン(の攻め方) ・ 使いつけた(包丁) ・ よくある(質問) ・ 使い慣れた(道具) ・ 例の(あれ) ・ 例のごとく ・ 常套句 ・ お決まり(のセリフ) ・ 決まった(ふるまい) ・ (また)お得意(の講釈が始まった) ・ 慣用手段 ・ 慣手段 ・ ひと筋縄(ではいかない) ・ (行事を)型のごとく(済ませる) ・ 定番 ・ 規則的(な生活) ・ 珍しくない ・ 手続き(を踏む) ・ お約束 ・ 通例 ・ 判で押したよう(な生活) ・ 常套(手段) ・ (毎度)おなじみ(のギャグ) ・ 新味のない ・ ルーチン(ワーク) ・ いつもの ・ 正攻法 ・ 決まり切っている ・ 毎度のこと ・ 掛かりつけ(の医者) ・ お定まり(の自慢話) ・ 常態化(している) ・  ・ 手口 ・ 為ん術 ・ 詮術 ・ 生き方 ・ 方法 ・ 為様 ・ 手立て ・ (自然科学的)アプローチ ・ 手段 ・ 致し方 ・ 仕様 ・ (人を)だし(に使う) ・ 手際(よく解決) ・ (新)機軸(を打ち出す) ・ (こんな)風(にやれ) ・ 解決方法 ・ 取り組み方 ・  ・ 振り方 ・ 途方 ・ 方途 ・ 行き方 ・ (こんな)具合(にやろう) ・ 詮方 ・ 方便 ・ (政争の)具(にする) ・ (兵) ・ (乗り) ・ (それを知る)よし(もない) ・  ・ やり口(が汚い) ・ 仕方 ・ 筆法 ・ やり方 ・ (為す)すべ(がない) ・ (施すに)(無し) ・ 手続き ・ 方向 ・ (結婚を出世の)道具(に使う) ・ やり様 ・ (他人を出世の)踏み台(にする) ・ (また)(その)伝(でいく) ・ (最善の)(を見出す) ・ その手(は食わない) ・ (うまい)(がある) ・ (押しの)一手(で勝つ)
型にはまっている ・ 型にはまる定型的といえる形式や方法にそっている(型にはまっている)型にはまっている ・ 型にはまる定型的といえる形式や方法にそっている(型にはまっている)  ステレオタイプ ・ 判で押したような(毎日) ・ こうでなくてはならない ・ お決まり(のパターン) ・ お定まり(の出世コース) ・ 決まり切った(表現) ・ (日本人に)通有(の反応) ・ 正式(のやり方) ・ 前例踏襲 ・ 類型的 ・ 前例主義 ・ 先例主義 ・ 教科書通り(の対応) ・ (一定の)枠を出ない ・ マニュアルに沿った ・ 決まり文句(の口上) ・ (しかるべき)手続き(を踏む) ・ 定型化された(形) ・ 定石(通り) ・ 形式的 ・ 古臭い(ストーリー) ・ 筋を通す ・ 堅物 ・ 規定通り(のやり方) ・ セオリー通り ・ 決まった(やり方) ・ 陳腐(なストーリー) ・ 通りいっぺん(のあいさつ) ・ 画一的 ・ 型にはまっている ・ 型通り ・ 型のごとく ・ 礼儀正しい ・ (やり方が)旧態依然きゅうたいいぜん(としている) ・ 作法通り ・ 紋切り型(のあいさつ) ・ 失礼でない(やり方) ・ (同様の失敗例は)枚挙にいとまがない ・ 手あかにまみれた(表現) ・ 珍しくない ・ 珍しくもなんともない ・ 一面的(な見方) ・ 並(の人間) ・ 驚くにはあたらない ・ (~など)何のことはない ・ 中間的(な所得の世帯) ・ ありがち ・ オーソドックス(な展開) ・ お約束(通り)(の展開) ・ 進歩がない ・ 形式が整う ・ (底が)浅い ・ うんざり(する) ・ 普通(の現象) ・ 普通に見かける ・ 形式化した(やり方) ・ 干からびた(内容) ・ (これといった)特徴がない ・ 一般(社員) ・ 一般的(な考え方) ・ ご多分に漏れず ・ いつもの(こと) ・ 常套(△の手法[句]) ・ 手続き通り(の審査) ・ ありふれている ・ ありふれる ・ ありふれた(事件) ・ ありきたり(の意見) ・ 型通り(の対応) ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 平常の ・ がち ・ 何でもない ・ 出来合い(の思想) ・ 既成(的)(な言葉) ・ 個性がない ・ 没個性(的) ・ 大したことではない ・ (別に)珍しいことではない ・ 平均的(な顔) ・ どうということのない(出来事) ・ 何度も聞いた ・ 聞き古し(のジョーク) ・ 聞き古した ・ 礼儀にかなう ・ 日常的(な光景) ・ 尋常(の手段) ・ (ごく)当たり前(の人間) ・ 何でもないこと(だ) ・ 通常(の反応) ・ いつもの ・ いつもながら ・ 凡庸(な△人物[回答]) ・ 月並み(な表現) ・ よくある(△やつ[話]) ・ 使い古した ・ 使い古し(の言葉) ・ つまらない ・ おなじみ(の)(味) ・ 相変わらず(のやり方) ・ 標準的(な家庭) ・ (その程度の作品なら)ざら(にある) ・ 平凡(な家庭) ・ 意外性がない ・ 恒常化(している) ・ 常態化(している) ・ 習慣化(している) ・ ワンパターン(のストーリー) ・ パターン通り ・ 見慣れた(パターン) ・ 定常(の) ・ いつもの通り ・ マンネリ(化している) ・ 面白くない(映画) ・ 公式通り(の解答) ・ いくらでもどこにでもある ・ 常套句 ・ ベタ(な展開) ・ 目になじんだ(光景) ・ (辺りを見回せば)いずこも同じ秋の夕暮れ ・ 日常茶飯(である) ・ 日常茶飯事 ・ しがち ・ 新味のない(計画案) ・ 通俗的(な読物) ・ 可もなく不可もない(男性) ・ (いつもと)変わらない ・ あるある(ねた) ・ 絵はがきのような(富士山) ・ 慣れがある ・ どこにでもある ・ (駅前の風景は)どこも同じ(だ) ・ 退屈(な毎日) ・ (なんの)変哲もない ・ 差し障り(の)ない(話題) ・ 見え透いた(お世辞) ・ 分かりきった(結末) ・ 古めかしい(作品) ・ 古典的(手法) ・ 古手(の手法) ・ 代わり映え(の)しない(毎日) ・ 標準(家庭) ・ 画一的(な教育) ・ 些事さじ ・ お仕着せ(の祝辞) ・ 王道 ・ おざなり(の計画) ・ マニュアル的 ・ (どこにでも)転がっている(話) ・ 俗っぽい(デザイン) ・ 特別でない ・ 安っぽい(△世辞[映画]) ・ 儀礼にかなう(ふるまい) ・ 格好がつく ・ 前と変わらない ・ 空気のような(存在) ・ 呼吸をするような(もの) ・ 紋切り型(の発想) ・ ステロタイプ ・ (複数の中の)その他大勢 ・ 麻痺△する[が生じる] ・ 予測を越えない ・ 新鮮味がない ・ 克服できない ・ 負け癖が抜けない ・ 知恵が足りない ・ (沼から)抜けられない ・ (こんな事例は)浜の真砂ほど(ある)
型にはまっている ・ 型にはまっている定型的といえる形式や方法にそっている(型にはまる)型にはまっている ・ 型にはまっている定型的といえる形式や方法にそっている(型にはまる)  (やり方が)旧態依然きゅうたいいぜん(としている) ・ 定石(通り) ・ (日本人に)通有(の反応) ・ 古臭い(ストーリー) ・ (一定の)枠を出ない ・ 教科書通り(の対応) ・ 通りいっぺん(のあいさつ) ・ セオリー通り ・ 類型的 ・ 判で押したような(毎日) ・ 形式的 ・ 決まった(やり方) ・ 作法通り ・ 定型化された(形) ・ 規定通り(のやり方) ・ ステレオタイプ ・ 前例踏襲 ・ 画一的 ・ マニュアルに沿った ・ 紋切り型(のあいさつ) ・ こうでなくてはならない ・ 礼儀正しい ・ 前例主義 ・ 先例主義 ・ 筋を通す ・ 堅物 ・ 正式(のやり方) ・ お決まり(のパターン) ・ お定まり(の出世コース) ・ 決まり切った(表現) ・ 陳腐(なストーリー) ・ (しかるべき)手続き(を踏む) ・ 決まり文句(の口上) ・ 型にはまっている ・ 型通り ・ 型のごとく ・ 予測を越えない ・ 公式通り(の解答) ・ 些事さじ ・ 礼儀にかなう ・ 進歩がない ・ 珍しくない ・ 珍しくもなんともない ・ いつもの(こと) ・ 何でもないこと(だ) ・ いつもながら ・ 意外性がない ・ 形式が整う ・ (いつもと)変わらない ・ (どこにでも)転がっている(話) ・ おなじみ(の)(味) ・ 日常的(な光景) ・ 何度も聞いた ・ 聞き古し(のジョーク) ・ 聞き古した ・ 相変わらず(のやり方) ・ 格好がつく ・ 大したことではない ・ (別に)珍しいことではない ・ 儀礼にかなう(ふるまい) ・ いつもの ・ 手続き通り(の審査) ・ 驚くにはあたらない ・ (~など)何のことはない ・ 凡庸(な△人物[回答]) ・ 絵はがきのような(富士山) ・ 使い古した ・ 使い古し(の言葉) ・ 平均的(な顔) ・ 麻痺△する[が生じる] ・ (その程度の作品なら)ざら(にある) ・ 画一的(な教育) ・ おざなり(の計画) ・ ありがち ・ 古めかしい(作品) ・ 古典的(手法) ・ 通常(の反応) ・ (底が)浅い ・ 前と変わらない ・ いくらでもどこにでもある ・ オーソドックス(な展開) ・ 慣れがある ・ 標準(家庭) ・ (ごく)当たり前(の人間) ・ 標準的(な家庭) ・ お仕着せ(の祝辞) ・ ありふれている ・ ありふれる ・ ありふれた(事件) ・ ありきたり(の意見) ・ 目になじんだ(光景) ・ 個性がない ・ 没個性(的) ・ 俗っぽい(デザイン) ・ ご多分に漏れず ・ マンネリ(化している) ・ 克服できない ・ 負け癖が抜けない ・ 知恵が足りない ・ (沼から)抜けられない ・ 平凡(な家庭) ・ 安っぽい(△世辞[映画]) ・ あるある(ねた) ・ 日常茶飯(である) ・ 日常茶飯事 ・ 分かりきった(結末) ・ マニュアル的 ・ 退屈(な毎日) ・ がち ・ (これといった)特徴がない ・ お約束(通り)(の展開) ・ ベタ(な展開) ・ よくある(△やつ[話]) ・ 出来合い(の思想) ・ 既成(的)(な言葉) ・ (同様の失敗例は)枚挙にいとまがない ・ 並(の人間) ・ 型通り(の対応) ・ 面白くない(映画) ・ 何でもない ・ 手あかにまみれた(表現) ・ 通俗的(な読物) ・ 新鮮味がない ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 特別でない ・ (なんの)変哲もない ・ 常套(△の手法[句]) ・ 新味のない(計画案) ・ 可もなく不可もない(男性) ・ 古手(の手法) ・ 代わり映え(の)しない(毎日) ・ 形式化した(やり方) ・ 王道 ・ ワンパターン(のストーリー) ・ パターン通り ・ 見慣れた(パターン) ・ (こんな事例は)浜の真砂ほど(ある) ・ 干からびた(内容) ・ 平常の ・ つまらない ・ 中間的(な所得の世帯) ・ 紋切り型(の発想) ・ ステロタイプ ・ (複数の中の)その他大勢 ・ しがち ・ 定常(の) ・ うんざり(する) ・ どこにでもある ・ (駅前の風景は)どこも同じ(だ) ・ 月並み(な表現) ・ 普通(の現象) ・ 普通に見かける ・ 空気のような(存在) ・ 呼吸をするような(もの) ・ 尋常(の手段) ・ どうということのない(出来事) ・ 一面的(な見方) ・ 常套句 ・ 恒常化(している) ・ 常態化(している) ・ 習慣化(している) ・ 一般(社員) ・ 一般的(な考え方) ・ いつもの通り ・ 失礼でない(やり方) ・ (辺りを見回せば)いずこも同じ秋の夕暮れ ・ 差し障り(の)ない(話題) ・ 見え透いた(お世辞)
型にはまった(アイデア)つまらない/面白くない/興味が湧かない型にはまった(アイデア)つまらない/面白くない/興味が湧かない  お粗末(な映画) ・ 画一的 ・ 生硬 ・ 退屈 ・ 刺激がない ・ 無風流 ・ 間延びしている ・ 類型的 ・ 無粋 ・ 粋でない ・ つまらない ・ 抑揚に欠ける ・ 熱が冷める ・ 興ざめ(のする) ・ 凡庸(な作品) ・ 陳腐(なストーリー) ・ 起伏に乏しい ・ だるい ・ ダル(ゲーム) ・ ローテンション ・ 散文的 ・ ピンとこない ・ きょくがない ・ 生煮え(の文章) ・ (作品として)劣る ・ 退屈(な時間) ・ 味わいがない ・ 味気ない ・ 月並み ・ 見る人を選ぶ(映画) ・ 干からびた(センス) ・ 気の抜けたビールのような(仕上がり) ・ 噴飯もの ・ 味もそっけもない ・ 紋切り型 ・ 憂うつ ・ 冒険をしない ・ 芸がない ・ 趣がない ・ 単調 ・ 深みがない ・ どうということのない ・ (無難に)脱色された(作品) ・ 悪文 ・ 興趣の薄い ・ 中途半端(な) ・ 感興をそがれる ・ 感興に乏しい ・ 無味乾燥 ・ 没個性(的) ・ 愚劣(な作品) ・ 盛り上がらない ・ 由無い(長話) ・ 見ばえのしない ・ 劣っている ・ 話が長い ・ 面白くない ・ 面白みに欠ける ・ 面白みがない ・ 工夫がない ・ ときめかない ・ ときめきがない ・ どきどきしない ・ 通俗的 ・ くどい ・ がらん(としている) ・ 興味を引かない ・ 出来が悪い ・ 評価が低い ・ くだらない ・ 不十分 ・ ありきたり ・ 堅い ・ 駄文 ・ 眠気を誘う ・ わくわくしない ・ (何の)感興も沸かない ・ 型にはまった(アイデア) ・ 愚作 ・ 密度が低い ・ しらける ・ 貧弱(な文章) ・ 砂を噛むような(思い) ・ 凡手 ・ そっけない ・ 毒にも薬にもならない ・ 締まりがない ・ ドライ(な印象) ・ 教科書通り ・ 殺風景 ・ (心が)弾まない ・ 興味が湧かない ・ 平凡 ・ 半端(な印象) ・ 潤いがない ・ 大味 ・ (心が)浮き立たない ・ (キスでは)ぬれない ・ いまいち ・ 平板 ・ 愛想がない ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ くそ(みたいな)(映画) ・ 味けない ・ 無難 ・ 地味 ・ (気分が)しらける ・ しらけ切る ・ つや消し(なことを言うな) ・ 無趣味(な人間) ・ 無芸大食 ・ 無粋(者) ・ イケていない ・ ダサい ・ 興ざめ(する) ・ (関係が)冷え込む ・ 冷える ・ 退屈(な男) ・ 関心がなくなる ・ 愛嬌のない(女) ・ (熱い思いが)風化する ・ (心が)干からびる ・ (二人の間に)秋風が吹く ・ 秋風が立つ ・ 無関心になる ・ 興味がなくなる ・ (人間性が)面白くない ・ 没趣味(の人間) ・ (両者の関係に)亀裂が入る ・ 気が利かない ・ 興ざまし ・ (愛情が)さめる ・ 仮面夫婦 ・ 仕事オンリー ・ 融通が利かない ・ 無粋(な男) ・ (夫婦間が)ぎくしゃくする ・ 興ざめる ・ 気分が害する ・ 不興 ・ 面白みがなくなる ・ 堅物 ・ 魅力に欠ける(人物) ・ 祭のあと ・ (興味)索然 ・ 優等生(的)(回答) ・ 鼻白む ・ 沈香も焚かず屁もひらず ・ 生真面目 ・ 超真面目 ・ しらじらしい(空気が流れる) ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ 野暮(な男) ・ 一枚岩でない ・ 面白みのない(男) ・ 無粋(な建築物) ・ パサパサした食感 ・  ・ (乾いていて)冷たい(印象) ・ (この絵には)詩がない ・ 詩情が感じられない ・ 薄っぺら ・ 時間つぶしに苦慮する ・ 安っぽい ・ 不満 ・ 満たされない ・ つるんとした(仕上がり) ・ 閑居 ・ 風情がない ・ 情の移らない(シンプルなデザイン) ・ (△独り者の[飾り物が何もない])寒々しい(部屋) ・ 寒々とした ・ 冷え冷えした(印象) ・ (客がなく)閑散(とする) ・ ドライ(な文面) ・ すすけた(空) ・ 手持ち無沙汰(になる) ・ 途方に暮れる ・ 無聊 ・ アンニュイ ・ 徒然 ・ 暇(を持て余す) ・ 暇で暇でしょうがない ・ 独創性に乏しい ・ 魅力がない ・ 飽き飽きする(ような)(毎日) ・ しがない(演技) ・ のっぺり(した)(人間関係) ・ つれづれ ・ 遊び心がない ・ 人情味のない ・ 倦怠(感) ・ 殺伐とした(世の中) ・ エリート的な(△文章[生き方]) ・ 無味無臭 ・ シンプル(な構造) ・ こだわりを感じられない ・ きめが荒い ・ 灰色(の青春) ・ 眠そう(な顔) ・ 武骨(なデザイン) ・ メッキ(の信条) ・ かたい(△話[印象]) ・ 情感のない ・ 情緒がない ・ 飾りがない ・ 無機的(な空間) ・ 無機質(な)(オフィス) ・ メカニカル(なデザイン)機械的(なマシン) ・ 味がない ・ 間が持たない ・ 手空き ・ やることがない ・ あっさり(した印象) ・ お茶を挽く ・ 豊かでない ・ 豊かさがない ・ 乾いた ・ 干からびた(△言葉[思想]) ・ 人間味がない ・ 無為に過ごす ・ 余暇 ・ 遊びがない ・ 索漠(とした風景) ・ 隙間 ・ 暇つぶしに苦痛を感じる ・ 無個性(な△デザイン[建築物]) ・ 時間が過ぎるのを待つ ・ 閑暇 ・ 緊密でない ・ 取るに足りない ・ 妙味がない(商い) ・ 解雇 ・ 開店休業(状態) ・ 張り合いがない ・ 底が浅い ・ ドライ(な△現実[世の中/関係]) ・ 含蓄がない ・ 大ざっぱ(な文章) ・ どうしたらいいか分からない ・ 退屈(な△日常[建築物]) ・ 表面的(な議論) ・ ちゃらちゃらした(若者) ・ 性急な(歌) ・ 頬づえ(をつく) ・ 蒸留水(△のような話[ように深みがない]) ・ (だらだらと長いだけの)水っぽい(スープのような)(文章) ・ 濃度がない ・ 生命感がない ・ (仕上がりが)粗い ・ 間延びした(△話し方[顔]) ・ 単調な ・ コクがない ・ 無機質 ・ 趣のない ・ 予定がない ・ 簡素(な作り) ・ 味を感じない ・ 不景気 ・ 説得力がない ・ 考えが足りない ・ 閑人 ・ 芸も工夫もない(写真) ・ ゆとりがない ・ キレが悪い ・ レジャー ・ 殺風景(な△冬の浜辺[話題]) ・ (人生に)彩りがない ・ することがない ・ 用事がない ・ 寂しい(人生) ・ 悲しい(人生) ・ 有閑(マダム) ・ 実用一点張り(の作り) ・ 機能本位(のデザイン) ・ 現実的 ・ いとま ・ (味に)深みがない ・ 早口(でまくし立てる) ・ (どこか)しらじらしい(印象) ・ しらじらした(気持ちになる) ・ しらしらした ・ 抒情的でない ・ 情の薄い ・ 人間臭さがない ・ 道具としての(車) ・ 所在ない ・ 所在なげ ・ そっけない(態度) ・ 頼りない(日々) ・ メリハリのない(語り口) ・ 影がない ・ 陰影に乏しい(文章) ・ 奥行きがない ・ 抑揚に乏しい ・ ぶらぶら(と過ごす) ・ 規格品 ・ (仕事の)隙 ・ 自由になる時間がふんだんにある ・ 潤いのない(文章) ・ 無聊(をかこつ) ・ (東京)砂漠 ・ (都会の)人間砂漠 ・ 無縁社会 ・ 空き ・ 情趣のない ・ 事務的 ・ 無聊な(日々) ・ 余韻が残らない ・ 余韻に乏しい(作品) ・ 無風流(な) ・ 毒にも薬にもならない(映画) ・ 毒のない(作品) ・ 人畜無害 ・ 青臭い(議論) ・ 理想論 ・ あっけらかん(とした神社) ・ 情の通わない(△世界[関係]) ・ さばさばした ・ 手透き ・ 間の抜けた(デザイン) ・ 農閑 ・ 気の抜けた ・ わびしい(山里の風景) ・ 退屈(する) ・ 砂を噛むような(生活) ・ ゴムを噛むのような(歯ごたえ) ・ 潤いをなくした ・ 間が持てない ・ 時間を持て余す ・ 貧相な(絵) ・ 時間が余る ・ (待ち人にとって)時間はゆっくり流れる(もの) ・ 薄っぺらな(知識) ・ シニカル(な表現) ・ 尻込みする ・ 犬も食わない ・ 気に食わない ・ (英語は)鬼門(だ) ・ 唾棄 ・ 虫酸が走る ・ わずらわしさ ・ (積極的に)遠ざける ・ 遠ざけたい(気持ち) ・ うっとうしい ・ うっとうしさ ・ 憎い ・ 好きで(は)ない ・ 好かない ・ いけ好かない ・ げげげっ(!) ・ 嫌い ・ 鼻につく ・ 感じが悪い ・ おっくうがる ・ 渋る ・ (強い)不満 ・ 食傷 ・ 鼻つまみ ・ 厭う ・ 厭わしい ・ 厭わしく思う ・ (政治の話をするのは)タブー ・ 蛇蝎の如く嫌う ・ 敬遠(する) ・ すまじき(ものは宮仕え) ・ 顔をしかめる ・ 眉をひそめる ・ いやな顔をする ・ いやそうな表情 ・ いい顔をしない ・ 煙たい(存在) ・ 敵意 ・ 見るに堪えない ・ 聞くに堪えない ・ (努力を)怠る ・ 背を向ける ・ うざい ・ ためらう ・ (政権に)批判的 ・ ストレス(を感じる) ・ 得意でない ・ 愛さない ・ 愛していない ・ 抵抗感 ・ 抵抗する ・ 厭世 ・ 好意的でない ・ うとむ ・ うとましい ・ 大嫌い ・ いや(な男) ・ 邪魔 ・ 嫌忌 ・ 気に入らない ・ うんざり(する) ・ 喜ばない ・ 逃げ腰 ・ 関わりたくない(気分) ・ やりたがらない ・ 行きたがらない ・ 見限る ・ 嫌らしい ・ 近寄らない ・ 倦厭 ・ 毛嫌い(する) ・ 受け入れない ・ (汚らしい姿に)引く ・ ドン引く ・ ドン引き ・ 辟易(する) ・ (親の話を)うるさがる ・ 受け付けない ・ なげやり(になる) ・ (透明な)バリア(を張る) ・ 憎む ・ 嫌悪(△する[を催す]) ・ 嫌悪感 ・ 目障り ・ 避ける ・ 不愉快 ・ (仕事を)投げる ・ 飽きる ・ 飽き飽きする ・ (見ると)悪寒がする ・ 乗り気でない ・ 気が進まない ・ (体制) ・ 嫌う ・ 嫌がる ・ いやになる ・ ひんしゅくを買う ・ 真っ平 ・ 嫌気いやけ(△がさす[する]) ・ 嫌気いやき ・ 幻滅(する) ・ 拒絶(する) ・ 苦手 ・ (マスコミを)忌避(する) ・ 不潔 ・ (するのを)面倒くさがる ・ 逃げ回る ・ (冗談は)やめて ・ (死ぬだなんて)縁起でもない ・ 食わず嫌い ・ 不快(△に思う[な感じ]) ・ 不快感(を抱く) ・ 厭戦 ・ 許容しない ・ 迷惑(な人) ・ 迷惑がる ・ 水を差される ・ 忌む ・ 忌み嫌う ・ 忌まわしい(とする) ・ 不吉(とする) ・ (イスラム教で犬を)不浄(とする) ・ (インドでは月経を)けがれと見る ・ 邪険(にする) ・ 拒否反応(△が起こる[を示す]) ・ 拒否(の気持ち) ・ やけを起こす ・ 趣味に合わない ・ 歓迎しない ・ ぷいと ・ 飾らない(対応) ・ シニカル(な笑い) ・ ドライ(な性格) ・ すげない ・ 知らんぷり ・ けんもほろろ(の対応) ・ べたべたしない ・ 冷ややか(な態度) ・ 取り付く島もない ・ つんつん(した店員) ・ (作りが)武骨(なデザイン) ・ 邪険 ・ 高慢 ・ しかつめらしい ・ かどが立つ(言い方) ・ 心を開かない ・ (初めから)けんか腰 ・ (人を)受け入れない ・ とりすました(顔) ・ 素知らぬ ・ にべもない(返事) ・ 話を聞いてもらえない ・ 不機嫌そう(な) ・ 仏頂面 ・ さりげない(あいさつ) ・ 親近感を感じない ・ 親しみが持てない ・ 冷淡(な態度) ・ 感じがよくない ・ つん(と)(取り澄ます) ・ 生意気 ・ 無粋(な客) ・ 愛嬌がない ・ 愛嬌のかけらもない ・ 無愛嬌 ・ (顧客に)こびない ・ 情緒に欠ける ・ つんけん(した)(態度) ・ 朴念仁 ・ 敵意を抱えたような ・ つれない ・ 木で鼻をくくったような(態度) ・ (人に接する)態度が悪い ・ 何の愛想もない ・ 愛想もそっけもない ・ 愛想が悪い ・ 無愛想 ・ 聞く耳を持ってもらえない ・ 空々しい ・ かわいげがない ・ 塩(対応) ・ 殺風景(な△顔[家]) ・ 嫌みを言う ・ つっけんどん(な応対) ・ 愛想笑い一つしない ・ 面白くなさそう(な態度) ・ 意地悪 ・ 木で鼻を括ったよう ・ 突き放すような(△態度[言い方]) ・ 手の裏を返す ・ 四角四面(なあいさつ) ・ 気難しい(老人) ・ ぶすっとした ・ 苦虫を噛み潰したよう(な顔) ・ 笑いにシビア ・ とげとげしい(口調) ・ (女が)取り澄ます ・ しらじらしい ・ にこりともしない ・ よそよそしい(態度) ・ (好意を)無下にする ・ ロボット(のような)(家政婦) ・ 冷たい(△印象[態度]) ・ 当てつけがましい ・ とげとげしい(性格) ・ 不機嫌(そう)(な態度) ・ ぶっきらぼう(な対応) ・ おもねらない ・ 批判的(な態度) ・ 相手にしない ・ ぎすぎす
型にはまった全部同じ様子である型にはまった全部同じ様子である  (どのメーカーも)軒並み(値上げ) ・ (みんな)一緒 ・ 平均的に(力を入れる) ・ 分け隔てなく(扱う) ・ (歓迎ムード)一色 ・ 猫も杓子も(花見に繰り出す) ・ まんべんなく(愛嬌を振りまく) ・ (昭和の人生すごろく的な)一本道(の人生観) ・ 変わり映えしない ・ (大人も子供も)等し並みに(扱う) ・ 斉一(にする) ・ 大量生産(された)(製品) ・ 工場生産(された)(アクセサリー) ・ むらがない ・ (万人)等しく(仰ぐ) ・ 混じりけがない ・ 単一(の民族による国家) ・ (スカートに長い髪といった)記号化された(女性像) ・ 型通り ・ いずこも同じ秋の夕暮れ ・ 一丸となって ・ 一律(に)(扱う) ・ すべて(削除される) ・ 同じ具合 ・ (全員に)均等(に)(割り当てる) ・ 例外なく ・ (毎月)固定的に(かかる費用) ・ (ここの生徒は)概して(礼儀正しい) ・ (誰もが)一様(に)(反対する) ・ 申し合わせたように ・ 型にはまった ・ (誰もが)皆 ・ 右へならえ ・ 個性がない ・ (肥満は世界中で増加しており日本も)(その)例に漏れない ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ 金太郎飴(的)(なショッピングモール) ・  一定の割合で(生じる) ・ 同じように(仕上がる) ・ 一律(に)(二割引) ・ 千篇一律(の内容) ・ 似たり寄ったり ・ (品質を)均一(にする) ・ (公平で)均一的(なサービス) ・ 一貫(して)(携わる) ・ 均質(な水溶液) ・ 一面(△の銀世界[に霧が立ち込める]) ・ (どれも)同じ ・ むらなく(塗る) ・ (どれをとってもほとんど)変わらない ・ 教科書通り(の対応) ・ 出来合い(の服) ・ 既製品(的) ・ 紋切り型 ・ 変化がない ・ 同調(主義) ・ (前の事件と)同様(の手口) ・ モノトーン ・ 画一(的)(な教育) ・ 規格(品) ・ (国際)規格に沿った(設計) ・ (足並みが)整う ・ (今年の稲作は)おしなべて(出来がいい) ・ (どれも)同じ(様子) ・  ・ 共通点が多い ・ どっちもどっち ・ 近似(した図柄) ・ (児戯に)類する ・ (芝居)がかる ・ (他人の)空似 ・ (個性を無視して)画一(的)(に扱う) ・ ~のように見える ・ 類縁(関係)(にある植物) ・ (過去作の)焼き直し ・ 分身 ・ 見せかける ・ 平等(に)(配分する) ・ 伯仲 ・ 一致する ・ 足して二で割ったような ・ (父親の)面影(がある) ・ (山が雪で)覆われる ・ (空は黒い雲で)覆い尽くされる ・ (昔の祭りを)そのまま(に再現) ・ 機械的(に)(進められる) ・ 無個性 ・ 目くそ鼻くそを笑う ・ (両者間に)違いがない ・ (ロレックス)譲り(の無骨なデザイン) ・ 無性格 ・ 全編(~を通す) ・ 全編を通して(緊張感が漂う映画) ・ のっぺり(した)(印象) ・ 工夫がない ・ (場内に失笑の)渦(を巻き起こす) ・ 類同 ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 似た者同士 ・ (地球に)最近(の状態にある天体) ・ 一脈通じる(ものがある) ・ 紛らわしい ・ (見た目が)(△まったく[ほぼ])同じ ・ (本物)らしく見える ・ (個別の違いを無視して)一般化(する) ・ 和製(プレスリー) ・ (言うなれば)日本版(ウエストサイドストーリーだ) ・ (この二つの分野は)重なり合う部分がある ・ 置き換え可能 ・ 置き換えることができる ・ (とてもよく)似る ・ ものまね ・ (京都そっくりの町並みの)小京都 ・ 相似 ・ (学者)のようなもの ・ 様子を帯びる ・ 類型的 ・ (年寄り)じみる ・ (従来通りの)画一的(なデザイン) ・ 特色がない ・ 無差別(△に攻撃する[爆撃]) ・ 差別なく(対応する) ・ 差別しない ・ (父親を)彷彿(とさせる) ・ (鏡の)ような(湖面) ・ (目立った)特徴がない ・ 似て非なる ・ 群れて走る(人々) ・ ひとくくり(にされる) ・ 似つく ・ 同系色 ・ (地中海)風(の料理) ・ (判別するのに)紛らわしい ・ (エー)ダッシュ ・ 血は争えない ・ (彼氏と)(お)そろい(の服) ・ おそろ ・ 絵に描いたような(家庭) ・ (行政の)杓子定規(な対応) ・ 機械的(に)(対応する) ・ 派生(商品) ・ 一枚岩(の社会) ・ 亜種 ・ 変種 ・ 派生種 ・ 見間違える ・ 本物に見える ・ だけ ・ (親米)一辺倒(の政策) ・ 近い ・ 憑依 ・ うり二つ ・ (みんな)同じ ・ (他と)同一(に扱う) ・ 同一視(する) ・ 目新しさがない ・ (味も香りも)ほぼ(松茸) ・ なりきる ・ (百円)均一 ・ そっくり ・ (有名人の)そっくりさん ・ 二番煎じ(の企画) ・ 新味のない(計画案) ・ 印刷(された) ・ つるん(とした)(顔) ・ のっぺらぼう ・ 顔のない(学生たち) ・ ジェネリック(医薬品) ・ (不況)一色(に包まれる) ・ (日本列島を)型抜きしたような(雨雲) ・ (刃物)様(の凶器) ・ そろい(のユニフォーム) ・ ばかり ・ 十把ひとからげ(に論じる) ・ 疑似(コレラ) ・ 疑似餌ぎじえ ・ (娘に亡き妻の)姿を重ねる ・ 連想させる ・ (各産業)濃淡(の差)はあっても(どこも人手不足だ) ・ ドッペルゲンガー ・ (価格を)統一(する) ・ ステロタイプ(の見方) ・ (モデル)ばり(の)(美脚) ・ どこへ行っても(△歓迎される[観光客ばかり]) ・ ノットイコール(≠) ・ ニアリーイコール(≒) ・ 金太郎飴(のような)(新入社員たち) ・ (山が若葉の緑に)染まる ・ 酷似(する) ・ (怪物を)思い起こさせる(奇岩) ・ まがう ・ (味の)再現度が高い ・ 見分けられない ・ 見分けがつかない ・ かえるの子はかえる ・ 通じるところがある ・ 著作権侵害 ・ (寸分)たがわない ・ 鋳型いがたにはめた(ような)(子どもたち) ・ あやかる ・ あなたの幸運にあやかりたい ・ 様相を呈する ・ 没個性(的) ・ 双子(のように似た造り) ・ 一卵性(の姉妹) ・ 兄弟(のようによく似る) ・ 同列(に扱う) ・ 区別できない ・ めく ・ (哲学者)めいた(風貌) ・ リメイク ・ (血痕を)想像させる(赤色) ・ いずれアヤメかカキツバタ ・ 似せる ・ 類似(の建築物) ・ 総動員(体制) ・ もどき ・ 杓子定規(な対応) ・ (母親に)生き写し(の顔) ・ 色違い ・ (大人)びる ・ 同質(社会) ・ 似かよっている ・ 似かよう ・ シンプル(な型の服) ・ (感情のない)ロボット(のような)(子供たち) ・ (黄)ばむ ・ 似寄り(の品) ・ 似姿 ・ (ウォークマンの)発展型(のスマートフォン) ・ (醤油を)ベースにした(ソース) ・ 原寸模型 ・ 一律(二割引) ・ (皆)一様(に)(扱う) ・ 一見すると(~に似ている) ・ (同じではなく)似ている ・ 丸写し(の答案) ・ 集団主義(的) ・ (どこかで)見たことがある ・ (特殊事情を)無視して(扱う) ・ 重なる部分がある ・ めおと茶碗 ・ (死んだも)同然 ・ (その成功は努力の結果に)他ならない ・  ・ もともと ・  ・ 分かず ・ 一事が万事 ・ まさにそれである ・ 同等 ・ 同様 ・ 同じ ・ おんなじ ・ 同じく ・ 以外の何物でもない ・ 同工異曲 ・ 同断 ・ 同一(人物) ・ (日本の首都)つまり(東京) ・ (千グラム)すなわち(一キロ) ・ (英語)即(国際語とは限らない) ・ (日本の表玄関)である(成田国際空港) ・ (両者の間に)違いはない ・ 合同 ・ 同上 ・ (AとBは)一緒 ・ 同前 ・ (これでは子供のすることと)選ぶところがない ・ (今年も)ご多分に漏れず(忙しい) ・ (本質的に)変わらない ・ 粒が揃っている ・ 一如 ・ 同一視(できる) ・ 相違するところはない ・ (主語と補語は)イコール(の関係) ・ 等式(が成り立つ) ・ 軌を一にする ・ (二辺の長さが)等しい ・ (それ)にほかならない ・  ・  ・ 共通 ・ 一つ ・ (経験は百の知識に)値する
型にはまっている(未分類)型にはまっている(未分類)  
キーワードをランダムでピックアップ
左巻きごと無銘史書安打窮策耳目となって働く墓標不義密通後先を考えないで始める買春するやりきれない思いどんな困難があっても柿が赤くなれば医者は青くなるにこにこと顔をまっ赤にする薄っぺらな言葉厳かな包まれる会場終わりが見えない事態の成り行き
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 6