表示領域を拡大する

命を惜しむ(男)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
命を惜しむ(男)臆病な人/ささいな事もすぐに怖がる命を惜しむ(男)臆病な人/ささいな事もすぐに怖がる  ネガティブ(な発想) ・ 弱者 ・ へたれ ・ 意志薄弱 ・ あがり症 ・ 慎重 ・ 腑抜け ・ 内向的 ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ 枯れ尾花に怯える ・ (相手の)意向ばかり気にする ・ あつものに懲りてなますを吹く ・ 貴様それでも軍人か ・ 弱気(な人) ・ けつの穴が小さい ・ 気が小さい ・ 前向きでない ・ 根性がない ・ 及び腰(の生き方) ・ 恐れをなす ・ 卑怯者 ・ 隅の方で小さくなっている ・ 逃げ腰 ・ 敗者 ・ 恥ずかしがり ・ シャイ ・ 草食系(男子) ・ 女々しい ・ 男らしくない ・ 腹がない ・ うじうじ(している) ・ おどおど(している) ・ 失敗が怖い ・ 肝が小さい ・ 小胆 ・ びびり ・ (人前で)どぎまぎ(する) ・ 弱々しい(姿) ・ 怖がり ・ 怯者 ・ 臆病(な人) ・ 臆病者 ・ 石橋を叩いても渡らない ・ 引っ込み思案 ・ 柔弱(な精神) ・ 小動物(のよう) ・ 石橋を叩いて渡る ・ (不必要に)恐れる ・ (何かを)恐れている ・ 意気地なし ・ 意気地がない ・ 肩を寄せ合って(生きる) ・ 人の陰に隠れるように(生きる) ・ 警戒心が強い ・ 弱気(になる) ・ 懦弱(な学生) ・ 小心(者) ・ 頼りない ・ 自信喪失 ・ (自分に)自信がない ・ 軟弱 ・ 弱味噌 ・ 不覚を取らない ・ 危機管理能力が高い ・ 内気 ・ 劣性 ・ 不安がる ・ 懦夫 ・ 薄志弱行 ・ 積極性がない ・ 臆病 ・ 神経質(に見回す) ・ 物おじ(する) ・ ひやひや(する) ・ 取り越し苦労ばかり ・ (自分の)影におびえる ・ 用心深い ・ (見ていて)ふがいない ・ 歯がゆい ・ 怯懦きょうだ(な性格) ・ 情けない ・ (挑戦する)気概がない ・ 肝が据わっていない ・ (不正行為への)消極的(態度) ・ 弱虫 ・ 泣き虫 ・ 臆する ・ びくびく ・ なまくら(武士) ・ 腰抜け(侍) ・ 気が弱い ・ 気が引ける ・ 引け目を感じる ・ 内省的 ・ 優柔不断 ・ ガッツがない ・ (いつも)おとなしい ・ 勇気がない ・ ノミの心臓 ・ (すぐに)気を呑まれる ・ おびえた様子 ・ 自信なげ(な様子) ・ 気弱(そう)(な少年) ・ ためらいを見せる ・ ひ弱(な男性) ・ ひるむ ・ だめ(親父) ・ 冒険しない ・ チキン(野郎) ・ オカマ(野郎) ・ 人見知り(する) ・ ためらいがち ・ 内弁慶 ・ おびえる ・ おびえた(顔) ・ (精神面が)弱い ・ 度胸がない ・ (職場)放棄 ・ 逃げ場 ・ 無責任 ・ 敗走 ・ 一目散(に逃げる) ・ 逐電 ・ 心配性 ・ マイナス思考 ・ マイナス指向(の言葉) ・ (二人の男性の間で)揺れる ・ (つねに)悪い方に考える ・ 逃げていく ・ 逃亡 ・ 勇敢でない ・ 女の腐ったよう(な)(やつ) ・ 引っ込みがち ・ 転がるよう(に)(逃げる) ・ 悲観的(見方) ・ 踏ん切りが悪い ・ 踏ん切りがつかない ・  ・ 雲隠れ ・ 言い逃れ ・ (まんまと)逃げ失せる ・ (泥棒も)はだしで逃げ出す(セキュリティ) ・ 退散(する) ・ 意志が弱い ・ 不安を感じる ・ 決断できない ・ (△非情[断固とした対応]に)徹しきれない ・ 強迫観念 ・ (雰囲気に)呑まれる ・ ためらう ・ (安全地帯に)駆け込む ・ 気合い負け(する) ・ うろたえる ・ 高飛び ・ どろん ・ 慎重(な性格) ・ (怖くて)縮み上がる ・ 躊躇 ・ (速球に)きりきり舞い(する) ・ しゃんとしない ・ 浮き足立つ ・ 逃げ惑う ・ 自信がない ・ 首をすくめる ・ びくつく ・ びくびく(する) ・ 落ち武者(となる) ・ 脱兎だっと(のごとく)(逃げる) ・ 因循 ・ 優柔不断(の態度) ・ ためらい癖(がある) ・ (△身[足]が)すくむ ・ 因循姑息 ・ (心の)振り子が揺れる ・ (犯人が)(海外へ)飛ぶ ・ うじうじ(と)(煮え切らない) ・ 気持ちが折れる ・ 思い切りが悪い ・ (一歩が)踏み出せない ・ 遁走 ・ 思い切れない ・ はっきりしない ・ 曖昧(な態度) ・ (気持ち的に)引く ・ (先生の前で)神妙に(控える) ・ ずらかる ・ 臆病(者) ・ 逃走 ・ 水鳥の羽音にも驚く ・ こころ臆する ・ 逃がす ・ みすぼらしい(気持ち) ・ (腰が)定まらない ・ びびる ・ いじいじ(と思い悩む) ・ 逡巡(する) ・ 跡をくらます ・ (△態度[方針]が)ふらふら(する) ・ 潔くない ・ (安易に)流れる ・ 卑屈 ・ ニヒリスト ・ 必死になる ・ 躊躇(する) ・ (いざとなると)決心がにぶる ・ (気持ちが)萎縮(する) ・ 決意が固まらない ・ 悲観論者 ・ 恐怖を感じる ・ (犯人が山奥に)逃げ込む ・ 逃げ腰(になる) ・ 逃げ出したい(気分) ・ 逃れる ・ おびえ(を感じる) ・ 悪びれる(様子もなく) ・ (△雰囲気に[威圧に/戦闘を前に])臆する ・ 韋駄天走り(に逃げる) ・ ペシミズム ・ 悲観主義 ・ 逃げ足 ・ 都落ち(する) ・ 決断力がない ・ 陰弁慶 ・ 敵前逃亡 ・ (危険を)恐れる ・ 気圧けおされる ・ 一貫性がない ・ 心が定まらない ・ 落ち行く ・ 亡命 ・ おぞけをふるう ・ 揺れる(胸中) ・ もたもた(している) ・ エスケープ ・ 耐性がない ・ 出奔 ・ どっちつかず(の態度) ・ 惰弱 ・ 雲をかすみ(と)(逃げ去る) ・ どうしたらいいか分からない ・ 消極的 ・ 悲観的 ・ 小心 ・ (最果ての地へ)落ち行く ・ 逃げ回る ・ 跼蹐 ・ おぼつかない(返事) ・ 腰が引ける ・ 逃す ・ 心細くなる ・ 及び腰 ・ 痛みに弱い ・ ぐずぐず(と)(返事をのばす) ・ (何とも)心もとない ・ 気後れ(△する[を感じる]) ・ おずおず ・ 臆病風に吹かれる ・ 否定的 ・ 怖がる ・ 逃げ帰る ・ もじもじ ・ 石橋を叩いて渡る(性格) ・ 気を呑まれる ・ 尻込み(する) ・ 苦労性(の男) ・ 威圧される ・ (すごい)威圧感を感じる ・ (安全な場所に)走る ・ 失跡 ・ ペシミスト ・ ブルっとする ・ ブルっちまう ・ 逃げ去る ・ (心が)ひるむ ・ 行方をくらます ・ (追われて)走る ・ 命をつなぐ ・ 煮え切らない(態度) ・ 逃げ出す ・ 逃げ延びる ・ (外では)借りてきた猫のよう(に)(おとなしい) ・ (逆境に)耐えられない ・ 打たれ弱い ・ 抵抗できない ・ 這う這うの体 ・ ひよる ・ 線の細い(人) ・ (黙って)引き下がる ・ そそくさ(と逃げる) ・ 泡を食って(逃げる) ・ 未練がましい ・ 未練がましく ・ (すべきかどうかで)考えがぐらつく ・ 怖じけづく ・ 心が揺れる ・ 気持ちが揺れる ・ 落ち延びる ・ (いつまでも)ぐじぐじ(と)(不平を言う) ・ 後ろ向き(な考え方) ・ 探さないでください ・ おじける ・ 優柔 ・ 女々しい(態度) ・ あやふや(な態度) ・ 風のように(走り去る) ・ (気持ちが)割り切れない ・ 常に悪い結果を考える ・ 壊走(する) ・ 厭世家 ・ 逃げ(を打つ) ・ (注射は)(大の)苦手 ・ (デメリットばかり強調する)非生産的(な発想) ・ (命からがら)逃げる ・ 逃げ隠れ ・ (山間の地へ)落ちる ・ 失踪 ・ (決心できずに)迷う ・ 迷いがある ・ 態度がはっきりしない ・ (大勢の前では)場打て(がする) ・ とつおいつ ・ 身構えすぎ ・ 不安(になる) ・ たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ たじたじ(となる) ・ 生き延びる ・ コンプレックス(がある) ・ (成り行きを)見つめる ・ 警鐘を鳴らす ・ はらはら ・ 腰を抜かす ・ ぞっとする ・ ブルーな気分 ・ 恐々 ・ (将来を)悲観(する) ・ 生きた空もない ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ 心が休まらない ・ 憂慮(△する[すべき事態]) ・ 怖い ・ 心もとない ・ 暗い顔 ・ 浮かない顔 ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ (痛いほど)緊張(する) ・ (△安否不明による[やり場のない])いらだち ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 気が気でない ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ 身の毛がよだつ ・ 寒気立つ ・ (顔から)血の気が引く ・ (将来を思うと)安心できない ・ 沈痛(な面持ち) ・ 思案に暮れる ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 勇気がいる ・ (成り行きを)恐れる ・ 失敗を恐れる ・ 頓着 ・ 立ちすくむ ・ 恐がらせる ・ 恐るべき ・ 物思い(にふける) ・ 憂患 ・ (恐怖に)震える ・ 脅威を感じる ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ (△行く末[病状]を)案じる ・ 先案じ(する) ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 気持ちが晴れない ・ 苦悩(の△色を浮かべる[表情]) ・ おののく ・ おののき ・ 後ずさり(する) ・ おどおど(する) ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ ぶるぶる(震える) ・ 小心翼々 ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ (現在の事態を)批判(する) ・ 戦々恐々 ・ (小便を)ちびる ・ 思案(の種) ・ ひざががくがくする ・ 焦慮(△する[に駆られる]) ・ 心が痛む ・ (事で)心を痛める ・ (お金のことが)気になる ・ 心置き(なく行ける) ・ 鬼気迫る(演技) ・ 憂苦 ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 憂う ・ 鬼胎(を抱く) ・ 心配(△する[でたまらない]) ・ がたがた(震える) ・ どぎまぎ ・ すっきりしない ・ 縮み上がる ・ 怖じ怖じ ・ 慄然(とする) ・ 気苦労 ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 体が固まる ・ 蒼白(する) ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 心労 ・ 冷や汗が出る ・ 及び腰(になる) ・ 遺憾 ・ 気兼ね ・ 重い時間(が流れる) ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 深憂 ・ 顔面蒼白(になる) ・ 総毛立つ ・ 痛心 ・ 心を痛める ・ (△心配[考え]が)堂々巡り(する) ・ (将来のことを)とつおいつ(考える) ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 懸念(する) ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ おぞましい(事件) ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 寒気(がする) ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ (心に抱えた)もやもや ・ 憂わしい ・ 怖じける ・ おっかない ・ 身震い(する) ・ 恐るべき(破壊力) ・ 愁苦 ・ 身の縮む(思い) ・ 悩む ・ 思い悩む ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ 頼りない(返事) ・ どきん ・ 生きた心地がしない ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 不安な気持ちは頑張っている証拠 ・ 慨嘆(する) ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 心が凍る ・ (事態を)憂える ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 憂い ・ 晴れ晴れしない ・ 寒心(に堪えない) ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 心胆を寒からしめる ・ ひやひや ・ 怪奇(現象) ・ 屈託 ・ 気が重そう ・ 肝を冷やす ・ 畏怖(する) ・ 気にかかる ・ 気にかける ・ (先行きが)気がかり ・ 心がかり ・ 心にかける ・ 危機感を抱く ・ 心が塞ぐ ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 顔が曇る ・ 配慮 ・ (怖がって)震え上がる ・ 気分が弾まない ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ (命が)おびかされる ・ 気を揉む ・ 気が揉める ・ 頭痛のたね ・ 肌にあわを生じる ・ 気にする ・ 物恐ろしい ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ (怖いから)知らないふり ・ 心が乱れる ・ 重苦しい空気(に包まれる) ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ 不安感 ・ (先が)思いやられる ・ びくつき ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 押し潰されそう(な不安) ・ 期待できない ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 胸を痛める ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安心理 ・ 気圧される ・ どきどき ・ 薄氷を踏む思い ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ 不安(に襲われる) ・ パニック寸前 ・ 眉を曇らす ・ 苦労 ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 高配 ・ 晴れやかでない ・ 食事ものどを通らない ・ 震えが止まらない ・ 怖じる ・ おろおろ(する) ・ こわごわ ・ 憮然 ・ 大患 ・ 憂色(が濃い) ・ 息をのむ ・ ブラック(ユーモア) ・ 考え事(があって眠れない) ・ 恐れる ・ 心安まらない ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ ショッキング(な事件) ・ 胸の奥が痛む ・ トラウマ(になる) ・ 恐れおののく ・ (秘密が漏れる)気遣い(はない) ・ (安否を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ 気遣わしい ・ 気を使う ・ 心遣い ・ 心を砕く ・ 気に病む ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ 怖じけ ・ (気持ちが)浮き立たない ・ 悚然 ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ (体が)凍りつく ・ 思いわずらう ・ 目まい(を感じる) ・ びくり(とする) ・ 手堅い ・ 納得のいくまで検討する ・ 念には念を入れる ・ 過信しない ・ 休み休み(こなす) ・ 先回りして考える ・ 重々しい ・ 抜け目がない ・ 転ばぬ先の杖 ・ 身構える ・ 慎重の上にも慎重 ・ 優等生的(な姿勢) ・ 小心翼々(と生きる) ・ 腫れ物に触るよう ・ 軽はずみな行動をしない ・ 細心の注意を払う ・ (決して)羽目を外さない ・ 疑い深い ・ (安心できるまで)確かめる ・ 抜け目ない ・ 周りを気にする(タイプ) ・ 注意 ・ 注意深い ・ 注意する ・ 重厚 ・ 翼々 ・ 保険(を掛ける) ・ 備えあれば憂いなし ・ 保守的 ・ 大事を取る ・ 自重(する) ・ 慎み深い ・ ちゃっかり
命を惜しむ命乞い命を惜しむ命乞い  延命を頼む ・ 助命嘆願 ・ 助けを乞う ・ 助けて ・ 許して ・ 許しを願う ・ 伏し拝む ・ 同情を誘う ・ 命乞い ・ 追い込まれる ・ 土下座(する) ・ (貴様の)悪運もそこまで(だ) ・ 南無三(!) ・ あわや(、と思う間もなく) ・ とどめを刺される ・ 平身低頭(する) ・ (状況が)詰んでいる ・ 罪滅ぼし(△をする[として]) ・ (死に)直面(する) ・ 重大な危機に直面している ・ 地獄で会おうぜ ・ 再起不能に追い込まれる ・ すみません ・ (お)仕置き(を受ける) ・ 苦境に陥る ・ 謝罪(する) ・ 不可避 ・ (最後の)最後 ・ (△死[危機]に)瀕する ・ 逃げ道を塞がれる ・ (△命[経営]が)危ない ・ 残念(な結果) ・ どうしようもない ・ 許しを乞う ・ ゲームオーバー ・ (自分たちなりの)落とし前(をつける) ・ (△死[危険]と)紙一重 ・ 降伏(する) ・ (心から)お詫びを申し上げます ・ (人生が)詰み(となる) ・ 悪かった ・ び入る ・ 苦境 ・ ご迷惑をおかけしました ・ あがな ・ あがな ・ 王手がかかる ・ 王手をかけられる ・ 土壇場(にくる) ・ 進むも地獄、退くも地獄 ・ (間違った行動が)身の破滅(を招く) ・ 平ぐも(のように)(なって謝る) ・ 限界状況 ・ ぎりぎり(の状態) ・ ぎりぎりのところ(に来る) ・ どうすることもできない ・ 死の淵(に立つ) ・ (どうか)(ご)勘弁(のほどを) ・ (相手側には)チャンス ・ 万事休す ・ 絶体絶命 ・  ・ 手負い(の状態) ・ (罪に)服する ・ (ジ)エンド ・ けじめをつける ・ (過失を)万謝(する) ・ 際どい(状況) ・ (武運)つたなく(討ち死) ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ 切羽詰まる ・ (それで)終わり ・ (過去の過ちを)つぐな ・ つぐない(△をする[として]) ・ やばい ・ 身動きが取れない ・ (もう)だめ(だ) ・ (もはや)おしまい(だ) ・ (我々はもう)一巻の終わり(だ) ・ 平謝り(△する[に謝る]) ・ 謝意 ・ (損失を)補う ・ (休んだ仕事の)補い(をつける) ・ (足を滑らせれば)死ぬ ・ 深謝 ・ 賠償(する) ・ 抜き差しならない(事態) ・ 泣きを入れる ・ 危機 ・ 危機的状況 ・ 地獄を見る ・ 弁償 ・ 謝る ・ 遺憾 ・ 決定的なダメージを受ける ・ (損害を)埋める ・ 手を合わせる ・ 困る ・ 膝を折る ・ リーチがかかる ・ 多謝 ・ 極限(状態) ・ 極限状況 ・ (大)ピンチ(に立たされる) ・ 運が尽きる ・ 命運が尽きる ・ 命脈が尽きる ・ (ここで見つかったのが)運の尽き ・ 報償 ・ 解決策が思い浮かばない ・ 失礼しました ・ 落とし前をつける ・ 生き残る道が残されていない ・ 無限の砂漠 ・ あえない最期を遂げる ・ 座して死を待つ(のみ) ・ (死と)隣り合わせ ・ 有償 ・ 贖罪(する) ・ (衝突)寸前 ・ 逃げられない ・ (平に)ご容赦(のほど)を ・ ご容赦△ください[願いたい] ・ 息の根を止められる ・ 金品を差し出す ・ (破滅の)寸前まで行く ・ 刀折れ矢尽きる ・ 万策尽きる ・ (打開は)不可能 ・ 手も足も出ない ・ 窮地(に追い込まれる) ・ 進退きわまる ・ び(を△言う[入れる]) ・ 出口がない ・ 出口なし(の状態) ・ 謝する ・ すいません ・ びる ・ ちゃらにする ・ 死ぬしかない ・ 待ったなし(の状態) ・ 不徳の致すところ ・ 危うい状態 ・ (逃げ場に)窮する ・ び言 ・ 打つ手なし(もう) ・ 打つ手がない ・ 窮する ・ (損害を)補償(する) ・ すまない ・ 申し訳ない ・ 悪いな ・ 陳謝(する) ・ (引退という形で)責任を取る ・ 引責辞任 ・ 切腹 ・ (これ以上)どうにもならない ・ (謝ったら)気持ちが軽くなる ・ (家族の前で)ざんげ(する) ・ 懲らしめ(を受ける) ・ 必死(になる) ・ 罰(を受ける) ・ 非常時 ・ 屠所としょの羊(のよう) ・ 生命が脅かされる ・ ごめん(なさい) ・ 御免 ・ 生存確率0% ・ 陳謝
命を惜しむ(男)(未分類)命を惜しむ(男)(未分類)  命が惜しい ・ 死んでも命があるように ・ 命を惜しむ ・ チキン
キーワードをランダムでピックアップ
年の瀬両氏分派ハンブル好古鉄筆比丘地震災害涜神いいも悪いもなく注目される若手お通夜のような裏で画策する入賞する見事に決める参籠する数多く集まるパチンコにどっぷりつかる植物を移植印象が後退する
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 3