表示領域を拡大する

顔色なしの類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
顔色なし顔色が青くなる顔色なし顔色が青くなる  血の気が失せる ・ 真っ青になる ・ (顔色が)青くなる ・ (顔色が)白くなる ・ 表情が消える ・ 青ざめる ・ (顔から)血の気が引く ・ 顔色を失う ・ 色を失う ・ (唇が)紫色になる ・ 白面 ・ 真っ青(な顔) ・ 顔色が冴えない ・ 不健康な ・ 青白い(顔) ・ (顔面)蒼白 ・ そそけた顔 ・ 土色つちいろ(の顔) ・ 土気つちけ(に変わる) ・ 死人のような顔 ・ 不健康そう(な) ・ 顔色が悪い ・ 血色が△悪い[よくない] ・ 顔の色が白い ・ 生色せいしょくがない ・ 青ざめた(顔) ・ 青びょうたん ・ 顔色がよくない ・ 血の気のない(顔色) ・ 生気のない(顔) ・ 血の気を失った顔色 ・ うらなり ・ 血の気の引いた(顔) ・ 青い顔(で立っている) ・ 顔色が青い ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ びくつく ・ びくつき ・ 息をのむ ・ 息が止まる ・ ひっくり返る(ほど驚く) ・ 震えが止まらない ・ (怖がって)震え上がる ・ ひざががくがくする ・ 逃げ惑う ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 顔色(をうかがう) ・ (ひどく)驚く ・ 驚き(の白さ) ・ 驚かされる ・ 驚いたも驚いた ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 目(の玉)がでんぐり返る ・ 物おじ(する) ・ あろうことか(元カノと同席) ・ 呆けたようになる ・ 身震い(する) ・ (驚きのあまり)卒倒(する) ・ 肌にあわを生じる ・ (驚きのあまり)棒立ち(となる) ・ 恐るべき(破壊力) ・ 縮み上がる ・ びくり(とする) ・ (突然の音に)慌てる ・ 泡を食う ・ 恐れおののく ・ おやおや ・ あれあれ ・ なんてことだ ・ 身の縮む(思い) ・ 相好そうごう(を崩す) ・ 肝を潰す ・ 胸が潰れる ・ 肝がでんぐり返る ・ 臆する ・ (驚いて)飛び起きる ・ (驚いて)(椅子から)飛び上がる ・ 一顰一笑いっぴんいっしょう(をうかがう) ・ (恐怖に)震える ・ 立ちすくむ ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 憮然 ・ 小心翼々 ・ ひるむ ・ おろおろ(する) ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ はっとする ・ 喫驚(する) ・ 危機感を抱く ・ (驚いて)(目を)ぱちくり(させる) ・ 目を白黒させる ・ 怪奇(現象) ・ こわごわ ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 口から心臓が飛び出すかと思うほど(驚く) ・ おののく ・ おののき ・ 及び腰(になる) ・ 衝撃を覚える ・ 後ずさり(する) ・ 怖じる ・ 意外(に思う) ・ 脅威を感じる ・ 一驚(を喫する) ・ 腰を抜かす ・ 腰が抜けそう ・ 怖い ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 蒼白(する) ・ おっかない ・ 驚喜(する) ・ 薄氷を踏む思い ・ ぶるぶる(震える) ・ 寒心(に堪えない) ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 態度を変える ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ (体が)凍りつく ・ 恐るべき ・ 心が凍る ・ ひやひや ・ (晴れ晴れした)気色きしょく ・ 驚天動地(の偉業) ・ 震天動地(の大事件) ・ (さっと)顔色が変わる ・ 総毛立つ ・ たまげる ・ ぶったまげる ・ 酒焼け ・ 物恐ろしい ・ 息が止まるかと思った ・ 首をすくめる ・ がたがた(震える) ・ 勇気がいる ・ (怖いから)知らないふり ・ (喜びの)(を浮かべる) ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ (驚いて)失神(する) ・  ・ (意外なニュースに)ぶっ飛ぶ ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 憤怒ふんぬの) ・ うろたえる ・ 震駭 ・ 驚倒(する) ・ 慄然(とする) ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ 寒気(がする) ・ (驚きで)顔色を変える ・ 表情を変える ・ 血相(を変える) ・ (したり) ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ (とっさのことに)(頭が)混乱(する) ・ (混乱して)言葉が見つからない ・ 狼狽(する) ・ 恐がらせる ・ 面食らう ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 愕然(とする) ・ (すごい)見幕 ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ (成り行きを)見つめる ・ 表情 ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ (命が)おびかされる ・ (顔色がくるくる変わる)七面鳥 ・ サプライズ ・ びっくらこいた ・ とんきょう(な声を上げる) ・ 恐れる ・ (世界を)震撼(させた事件) ・ (「再テスト!?」と)すっとんきょう(な声)(を上げる) ・ うわわっ(!) ・ どきどき ・ 顔面蒼白(になる) ・ ブラック(ユーモア) ・ おぞましい(事件) ・ 気圧される ・ 肝を冷やす ・ びっくり仰天 ・ 仰天 ・ 天地を揺るがす(出来事) ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ びくびく(する) ・ (不敵な)面構え ・ 身の毛がよだつ ・ 目の玉が飛び出る ・ (さっと)顔色を変える ・ (驚嘆の)ため息(を発する) ・ 怖がる ・ 青天の霹靂 ・ 鬼気迫る(演技) ・ 驚異(の切れ味) ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ おどおど(する) ・ 体が固まる ・ まさか(の展開) ・ 顔が曇る ・ (必死の)形相ぎょうそう ・ 心胆を寒からしめる ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ パニる ・ 驚き入る ・ 悚然 ・ オーマイゴッド ・ 珍事 ・ 腰が引ける ・ 耳を疑う ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 怖じける ・ 声色せいしょく(を和らげる) ・ 怖じ怖じ ・ 寝耳に水 ・ 神色 ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ 驚愕(する) ・ 冷や汗が出る ・ ぎくり ・ ぎくっ(と)(する) ・ (色っぽい)視線 ・ (鋭い)目つき ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ びっくり(する) ・ 畏怖(する) ・ 耳目を驚かす ・ 驚き桃の木山椒の木 ・ (わが)目を疑う ・ (驚いて)絶句(する) ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 聳動 ・ 恐々 ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 顔つき ・ ひよる ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ (不敵な)つら魂 ・ 尻込み(する) ・ (神妙な)面持ち ・ 寒気立つ ・ 戦々恐々 ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 思いがけないことが起きる ・ うっそー(!) ・ トラウマ(になる) ・ どきっ(とする) ・ 赤面 ・ (気が)動転(する) ・ あり得ない ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ ショッキング(な事件) ・ (小便を)ちびる ・ すわ(っ)(、一大事) ・ (相手の無礼に)恐れ入る ・ ぞっとする ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ どきん ・ びびる ・ どぎまぎ ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる)
顔色なし力を見せつけられて恐れる(圧倒される)顔色なし力を見せつけられて恐れる(圧倒される)  (相手の勢いに)気を呑まれる ・ 敵わない ・ お株を奪う ・ 参る ・ 顔負け ・ 圧倒(される) ・ (専門家も)はだしで逃げ出す ・ 玄人はだし(の腕前) ・ 畏服 ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ 面食らう ・ たじたじ ・ 顔色なし ・ (敵の技量に)青くなる ・ (気持ちの上で)負ける ・ お手上げ ・ (プロも)真っ青 ・ 脱帽(する) ・ 恐れをなす ・ 身をすくませる ・ (△あそこ[肝]が)縮み上がる ・ おとなしくなる ・ (身を)縮める ・ 身の縮む(思い) ・ (緊張で)(体が)動かない ・ (本来の)自分でなくなる ・ (ひどく)緊張(する) ・ (気持ちが)萎える ・ 引け目を感じる ・ 恐れる ・ 射すくめる ・ (現場が)口をつぐむ ・ 自信をなくす ・ しゃちほこ張る ・ (本番を前に)がちがち(になる) ・ (心身が)かちかち(になる) ・ (大勢の前にして)こちこち(になる) ・ (面接試験で)こちんこちん(になる) ・ 体を固くする ・ 身を固くする ・ 三すくみ(の関係) ・ 気を呑まれる ・ すくみ上がる ・ 肩をつぼめる ・ (気力が)しぼむ ・ (心身が)こわばる ・ びびる ・ (寒さが身に)みる ・ 金縛り(になる) ・ (体が)硬直する ・ 石のように(動かない) ・ 恐縮 ・ (人前で)あがる ・ 弱気になる ・ 力が出ない ・ 気圧される ・ 気が小さくなる ・ おじけづく ・ 物おじ(する) ・ 硬い表情 ・ 表情が硬い ・ 気持ちが折れる ・ いじける ・ (足が)すくむ ・ (上司の前で)小さくなる ・ (身を)すくめる ・ 居すくむ ・ 居すくまる ・ 居ずくまる ・ (怒鳴られて)ちりちり(する) ・ (社長のまで)縮こまる ・ (人まで)硬くなる ・ 体が硬くなる ・ (体を)硬くする ・ (怒鳴られて)縮む ・ たじたじ(となる) ・ 畏怖(する) ・ 神妙(にする) ・ (△精神的に[人前で])萎縮(する) ・ ひるむ ・ (王の威光の前に)ひれ伏す ・ 二の足を踏む ・ おびえる ・ (恐怖で)立ちすくむ ・ (師の前で)畏縮(いしゅく)(する) ・ 威圧される ・ かしこまる ・ 毒気を抜かれる ・ 恐惶 ・ コンプレックス(がある) ・ (時代の波に)翻弄される ・ 畏怖を感じる ・ 畏怖の念 ・ 怪物的(な男) ・ つっこまれる ・ 腰が引ける ・ (△雰囲気に[威圧に/戦闘を前に])臆する ・ (到底)敵わない ・ 足元を見られる ・ サッカーのサの字にもならない ・ (まるで)野球にならない ・ 逃げ腰(になる) ・ 逃げ出したい(気分) ・ 畏れを感じる ・ 最強 ・ ショックを受ける ・ 怖がる ・ 弱みを握られる ・ 浮き足立つ ・ (精神的に)たくましい ・ びくつく ・ びくびく(する) ・ 心細くなる ・ 脅威を感じる ・ 屈強 ・ 甘く見られる ・ 臆病(者) ・ おびえ(を感じる) ・ おじける ・ ブルっとする ・ ブルっちまう ・ 精悍(な顔つき) ・ 強いなんてものではない ・ (強者の)陰に回る ・ 圧迫感を感じる ・ 水鳥の羽音にも驚く ・ 地にひれ伏す(思い) ・ 抵抗できない ・ 臆病風に吹かれる ・ (敵を前に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ (完全)屈服 ・ 新鋭 ・ 尻込み(する) ・ 威圧を感じる ・ (権力の前に)ひれ伏す ・ 気後れ(△する[を感じる]) ・ (△気迫に[気持ちの上で])押される ・ (相手の勢いに)ひるむ ・ (疾風)怒濤(の攻撃) ・ 自信がない ・ 一騎当千 ・ 太刀打ちできない ・ 気圧けおされる ・ (△身[足]が)すくむ ・ 骨太(のサウンド) ・ 煽られる ・ (相手の勢いに)押される ・ 気弱になる ・ 弱気(になる) ・ (精神力に)圧倒される ・ 青くなる ・ (心中を)読まれる ・ 死角がない ・ (役者魂が)勃起(する) ・ (凄まじいほどに)揺さぶられる ・ 後退を余儀なくされる ・ (弱点を)見すかされる ・ すごい(…) ・ (すごい)威圧感を感じる ・ おののきを感じる ・ 悪びれる(様子もなく) ・ 向かうところ敵なし ・ 言葉を失う ・ (大国に)飲み込まれる ・ (力強さに)圧倒される ・ 強豪 ・ 強い ・ 凄みを感じる ・ 精鋭 ・ そんじょそこらの奴らとはわけが違う ・ 軽く見られる ・ (雰囲気に)呑まれる ・ こころ臆する ・ 及び腰 ・ 豪快な(ホームラン) ・ 手ごわい ・ (一歩が)踏み出せない ・ なめられる ・ (相手の)勢いに押される ・ 度肝を抜かれる ・ (高位高官の前で)恐れ入る ・ 驚かされる ・ 強大 ・ 迫力がある ・ 恐れ多い ・ 圧倒的(な力) ・ 鳥肌が立つ ・ 放心状態 ・ 小さくなる ・ おずおず ・ 言うべき言葉が見つからない ・ 威圧感を感じる ・ たじたじとなる ・ (怖くて)縮み上がる ・ みすぼらしい(気持ち) ・ 不安を感じる ・ 恐るべき(新人) ・ 躊躇(する) ・ (いざとなると)決心がにぶる ・ (速球に)きりきり舞い(する) ・ 首をすくめる ・ おずおず(と)(進み出る) ・ 謙虚な気持ちになる ・ 萎縮(する) ・ 縮み上がる ・ 絶句 ・ (あまりの悲劇に)言葉もない ・ 取って食われるわけではない(が) ・ 力強い ・ うろたえる ・ 弱点を突かれる ・ 恐怖を感じる ・ 恐怖を覚える ・ (注射は)(大の)苦手 ・ くじける ・ (相手が)強すぎる ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ 強み ・ 無敵(艦隊) ・ 怖じけづく ・ おぞけをふるう ・ (弱みに)つけ込まれる ・ (心が)ひるむ ・ 立場が弱い ・ 交渉力が弱い ・ 跼蹐 ・ 射すくめられる ・ (心理的に)白旗を上げる ・ 抵抗不能(な相手) ・ (相手に)呑まれる ・ ひよる ・ 位負け(する) ・ 気が引ける ・ (気持ち的に)引く ・ (弱点に)乗じられる ・ 急所を突かれる ・ 気後れ(する) ・ (雰囲気に)飲まれる ・ 強力 ・ (大勢の前では)場打て(がする) ・ 身の引き締まる思い ・ 気合い負けする ・ 格が違い過ぎる ・ 苦手意識 ・ (身を)慎む ・ ど迫力(のアクション映画) ・ 鮮烈(な印象を受ける) ・ (法外な値段を)吹っかけられる ・ 買い叩かれる ・ (危険を)恐れる ・ ゾウに挑むアリ(のよう) ・ 気合い負け(する) ・ たじろぐ ・ (ひどく)弱い ・ 不安(になる) ・ 迫ってくる ・ (気持ちが)萎縮(する) ・ 貫録負け(する) ・  ・ 怖じ怖じ ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ (小便を)ちびる ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ 恐るべき(破壊力) ・ 恐るべき ・ どぎまぎ ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 震えが止まらない ・ おろおろ(する) ・ ぞっとする ・ (心理的に)衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 勇気がいる ・ 悚然 ・ 肝を冷やす ・ (怖いから)知らないふり ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ 怪奇(現象) ・ (恐怖に)震える ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ どきん ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ どきどき ・ 体が固まる ・ (成り行きを)見つめる ・ おののく ・ おののき ・ びくつき ・ ひざががくがくする ・ 寒気立つ ・ 身震い(する) ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ ショッキング(な事件) ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ 怖じる ・ 怖い ・ 寒心(に堪えない) ・ 蒼白(する) ・ ひやひや ・ 身の毛がよだつ ・ 鬼気迫る(演技) ・ 臆する ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 後ずさり(する) ・ 恐がらせる ・ 恐れおののく ・ 顔面蒼白(になる) ・ 心が凍る ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ (怖がって)震え上がる ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ 冷や汗が出る ・ 危機感を抱く ・ おぞましい(事件) ・ 息をのむ ・ 腰を抜かす ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 怖じける ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 寒気(がする) ・ (命が)おびかされる ・ 総毛立つ ・ (一瞬)青ざめる ・ (顔から)表情が消える ・ 肌にあわを生じる ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしく感じる ・ 恐ろしさ ・ 戦々恐々 ・ 立ちすくむ ・ 小心翼々 ・ ブラック(ユーモア) ・ 逃げ惑う ・ 薄氷を踏む思い ・ びくり(とする) ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ ぶるぶる(震える) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 心胆を寒からしめる ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖に襲われる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ 背筋が凍る ・ 背筋が寒くなる ・ 物恐ろしい ・ (顔から)血の気が引く ・ 慄然(とする) ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 及び腰(になる) ・ トラウマ(になる) ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ 怖じけ ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ おどおど(する) ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 恐々 ・ (体が)凍りつく ・ 憮然 ・ こわごわ ・ おっかない ・ がたがた(震える)
(あまりの腕前にプロも)顔色なし得意分野で負ける(あまりの腕前にプロも)顔色なし得意分野で負ける  見劣り(する) ・ 後塵を拝する ・ (後輩に)人気をさらわれる ・ 主役の座を奪われる ・ いいところを持って行かれる ・ (専門家も)脱帽 ・ お株を奪われる ・ お株を取られる ・ (プロも)形なし ・ 恥をかく ・ (まんまと)やられる ・ (存在が)かすむ ・ (主役が)かすむ ・ (子役に)食われる ・ 押される ・ (△得意分野で[素人に])負ける ・ (素人に)負ける ・ 散々(な思い)(をする) ・ (AIに)取って替わられる ・  ・ 取って替わる ・ (自分が)のし上がる ・ 自分が主役になる ・ 主客転倒 ・ お株を奪う ・ お株を取る ・ 人の目を奪う ・ (主役の)人気をさらう ・ 主役の座を奪う ・ 入れ代わる ・ (相手は)形なし ・ いいところを持って行く ・ (専門家も)顔負け ・ (相手の)存在感を薄くする ・ (主役を)食う ・ 交代(する) ・ 期限切れ(のビジネスモデル) ・ (二大勢力の間で)埋没する ・ 低劣 ・ (~の)足元にも及ばない ・ 欠点が目立つ ・ 力及ばず(負ける) ・ (素人に負けてプロも)形なし ・ (他より)劣位(にある) ・ 無価値(な△仕事[土地]) ・ 形勢不利 ・ (本物の前では)色あせて見える ・ 取り残される ・ 段違い ・ 程度が知れる ・ (あいつには)敵わない ・ (平均点に)届かない ・ 貧相(な家並み) ・ 目立たなくなる ・ 足りない ・ 魅力が半減する ・ お寒い(△現状[設備]) ・ 非力 ・ (高級店としては)落第(点) ・ ついて行けない ・ 人後じんご(に落ちる) ・ (相手に)一目置く ・ (君では)力不足(だ) ・ (勝負に)負ける ・ (新市場の開拓に)後れを取る ・ 低い(次元の話) ・ 低水準(の利回り) ・ (相手に)一日の長がある ・ 安価(な美容液) ・ 卑劣(な男) ・ 劣る ・ (他より)劣っている ・ 差をつけられる ・ 芸がない ・ ブービー賞 ・ 未成熟 ・ 劣勢(にある) ・ 大したことはない ・ 二番 ・ 二番手(に甘んじる) ・ 劣悪 ・ (強者の)陰に回る ・ 格下 ・ しょぼい(映画) ・ (大資本に)押される ・ 出来損ない ・ (知恵が)後れた(子) ・ (勉強が人より)遅れる ・ 二線級(の選手) ・ 不成績(に終わる) ・ (標準を)下回る ・ 分が悪い ・ 不出来 ・ 合格点に達しない ・ 圧倒される ・ 不十分 ・ (△一歩[遠く])及ばない ・ (出来が)よくない方 ・ 愚劣(な見せ物) ・ 影が薄い ・ 旧式 ・ 存在感が薄くなる ・ 脱帽する ・ (後輩の)風下に立つ ・ 下風かふうに立つ ・ (想像力の)貧しい(人) ・ 惜しい(ところで勝利を逃がす) ・ (何とも)貧弱 ・ (生半可では)通用しない ・ 粗末(な食事) ・ 下手(な図書館より本がある) ・ ばかげた(質問) ・ いい加減(なやり方) ・ (今回のは)外れ(だな) ・ 低位 ・ ちゃち(な作り) ・ 低俗(な番組) ・ (技術面で)(一歩)譲る ・ (相対的に)見劣り(する) ・ 安っぽい(品) ・ 安手(の生地) ・ (彼の能力には)及ぶべくもない ・ 稚拙(な文章) ・ ひどい(出来ぐあい) ・ 引けを取る ・ マイナー(な映画) ・ かんばしくない(成績) ・ 粗雑(な作り) ・ 立ち遅れが目立つ ・ (普通)以下 ・ 標準以下 ・ (~より)下 ・ (他社の)後塵を拝する ・ ケチ ・ ケチくさい ・ 一籌いっちゅうする ・ 未整備 ・ (首位に)次ぐ ・ (~の)次 ・ 先を越される ・ 先んじられる ・ ランクが下 ・ 物の数ではない ・ 最低(△の出来[な映画]) ・ 至らない ・ 不備が目立つ ・ 味わいがない ・ (他に比べて)落ちる ・ (実物を見ると)心劣り(する) ・ 一段下 ・ 凡庸 ・ 格落ち(の米) ・ (上司が)目の上のたんこぶ ・ 惨めな(音) ・ (ライバルに)抜かれる ・ くず ・ 拙劣 ・ 中途半端(な出来) ・ 劣等(生) ・ 二流(どころ) ・ 悪い ・ ぱっとしない ・ 着外(に終わる) ・ 後方に下がる ・ (ライバルに)水をあけられる ・ (先輩の)背中は遠い ・ 格が違う ・ うさんくさい(音楽) ・ (程度を)低める ・ 軽輩(の身)
顔色なし(未分類)顔色なし(未分類)  後景に退く ・ 関心を集める ・ 人気を博す ・ 印象が薄い ・ かたなし ・ 光る ・ 弱い ・ してやられる ・ さらわれる ・ 負けを認める ・ 敬服する ・ 目を見張る ・ うなる ・ 感心する ・ 認める ・ 平伏する ・ そこのけ ・ シッポを巻く ・ ぎゃふんとなる ・ 降参 ・ ふがいない ・ 目まいを感じる ・ 力負けする ・ 勢いにひるむ ・ ヘビに見込まれた蛙のように ・ 顔色なし ・ ノックアウトされる ・ 屈服する ・ 精神面が弱い ・ パニックに陥る ・ 降服する ・ 完敗 ・ 陥落する ・ 舌をまく ・ どうしようもない ・ 降参する ・ 戦意喪失 ・ 及ぶところではない ・ ~には及びもつかない ・ ~にはほど遠い ・ 貧弱な ・ 当たり負けする ・ 通じない ・ 惜しいところで ・ 頼りない ・ 脅かされる ・ やられる ・ かすむ色あせて ・ 驚くべき ・ 並外れた ・ 舌を巻く ・ ノックアウト ・ 言葉が出ない ・ 驚嘆する ・ 最敬礼する ・ さすが ・ かなわない ・ 顔負けする ・ はだしで逃げる ・ 頭が上がらない ・ 気持ちで負ける ・ 恐れを感じる ・ 怪物的な ・ 困る ・ 気迫で負ける ・ 力不足を感じる ・ ノックアウトされる蛇に見込まれた蛙 ・ 一本取られる ・ 畏れかしこまる ・ 両手を上げる ・ お見それする ・ ほれぼれする ・ 降伏 ・ 御見逸れする ・ 後れをとる ・ ~には一歩譲る ・ 雲の上の人 ・ 勝負にならない ・ かすむ食われる ・ 力負け ・ 歯が立たない
キーワードをランダムでピックアップ
延髄両者法談ぐっと来る豆打ち針路を変えるごもっとも無理を依頼する小意地が悪い手際が悪い考え違いをする一続きの服ナイスタイミングで戦国秘聞値千金の一撃さらに出力が向上した案ずるより産むがやすしそこつを詫びる純粋の持ち主万博パビリオン
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 4