表示領域を拡大する
おぼろげ(な記憶)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
おぼろげ(な光)かすかな光おぼろげ(な光)かすかな光  ほのかに明るい ・ チラチラと ・ 微光(を放つ) ・ ぼんやり見える ・ ほの明るい ・ うっすらと明るい ・ 青白い光 ・ ちらちら光る ・ 薄明かり ・ 蛍光(を発する) ・ (かすかな)光 ・ (星の)またたき ・ 弱々しい ・ 夜光(虫) ・ 余光の ・ 燐光 ・ 蛍光 ・ 星の光 ・ 星のまたたき ・ 星影 ・ 中火 ・ 蛍火 ・ とろ火 ・ 余炎 ・ 残り火 ・ 火種 ・ 口火 ・ 弱火 ・ 常夜灯 ・ 日だまり ・ 淡い光 ・ 微光(を放つ)ぼんやりした明かり ・ ほの明かり ・ 星明かり ・ 障子ごしの明かり ・ にぶい光 ・ 雪明かり ・ 蛍雪(の功) ・ 花明かり ・ 弱い光 ・ 月明かり ・ 月明 ・ おぼろげな光 ・ かすかな光 ・ 薄明るい ・ 薄ら明かり ・ 薄明 ・ トワイライト(ゾーン) ・ 火影 ・ 柔らかな光 ・ 柔らかい光 ・ 夜光(雲) ・ 門灯 ・ (日没後の)余光 ・ 軟調(な写真) ・ 灯火 ・ ともし火 ・ (翼よ、あれがパリの)灯(だ) ・ 遠くに見える ・ (進むべき道を示す)しるべ ・ 秋灯(しゅうとう) ・ いさり火 ・ もろい ・ 弱い ・  ・ 長持ちしない ・ さくい ・ ひ弱い ・ 脆弱 ・ 壊れやすい ・ 柔い ・ 華奢 ・ 軟弱 ・ 危うい(存在) ・ ひとたまりもない ・ 守ってあげたくなる(ようなか弱さ) ・ 幽暗(の世界) ・ (いかにも)頼りない ・ 漂うような ・ 病的な美しさ ・ か細い(線) ・ ほのかな ・ おぼろ(な)(月影) ・ 繊細(で美しい) ・ 余光(の中に浮かぶ)(街並み) ・ 震えるような(光) ・ あえか(△な光[に咲く花]) ・ あるといえばあるともいえるし、無いといえば無いようにも思われる(程度) ・ 幽玄(な雰囲気) ・ 消え入るよう(な) ・ 消え入りそう(な) ・ 淡い(光) ・ はかない ・ はかなげ ・ 消えゆく運命(にある) ・ かすか(△な光[に見える]) ・ 夢幻的 ・ 弱々しく(光る) ・ 弱く(光る) ・ か弱い ・ 一過性の美しさ ・ 微妙(な光) ・ やっと感じ取れる程度 ・ 吹けば飛ぶような ・ 頼りなげな ・ おぼろげ(な)
おぼろげ(な記憶)たよりないおぼろげ(な記憶)たよりない  大丈夫かと思う ・ 頼みがたい ・ 心細い ・ か弱い ・ はかない(命) ・ 少し(の) ・ 心もとない ・ おぼつかない ・ 頼み少ない ・ ままならない ・ 薄い ・ 頼りない ・ 不安定(な政権) ・ 先細り(の傾向) ・ 弱々しい ・ 心配 ・ 不確か(な)(情報) ・ 幼主 ・ 新帝 ・ 摂政 ・ 暴君 ・ 若君 ・ 幼君 ・ 暗君 ・ 繊細(で美しい) ・ ほのかな ・ 弱々しく(光る) ・ 弱く(光る) ・ 微妙(な光) ・ 幽暗(の世界) ・ 漂うような ・ おぼろ(な)(月影) ・ おぼろげ(な) ・ 消え入るよう(な) ・ 消え入りそう(な) ・ 病的な美しさ ・ 吹けば飛ぶような ・ はかない ・ はかなげ ・ 消えゆく運命(にある) ・ か細い(線) ・ (いかにも)頼りない ・ 余光(の中に浮かぶ)(街並み) ・ 淡い(光) ・ やっと感じ取れる程度 ・ 頼りなげな ・ 幽玄(な雰囲気) ・ 震えるような(光) ・ あえか(△な光[に咲く花]) ・ 夢幻的 ・ 一過性の美しさ ・ かすか(△な光[に見える]) ・ あるといえばあるともいえるし、無いといえば無いようにも思われる(程度) ・ (精神的に)もろい ・ 任せることができない ・ 文弱 ・ 粘りが(足り)ない ・ 内気(な) ・ (何となく)頼りない(人) ・ 線が細い ・ (中断の)可能性も捨て切れない ・ (負けるという)心配(がある) ・ (次の紛争の)火種が残る ・ (事故に発展する)危険性 ・ (失敗の)恐れ(がある) ・ 明日はわが身(だ) ・ (不都合が)懸念(される) ・ (絶滅)危惧(種) ・ (失敗の可能性が)ないわけではない ・ 不安(がある) ・ 不安心理 ・ (大きな)リスク(を負う) ・ (事故の)可能性 ・ (公的年金に対する不信が)(広がり)かねない ・ (課題が)なきにしもあらず ・ (軍事的)脅威 ・ スリリング(な試合展開) ・ 危うい(状況) ・ (動作が)板につかない ・ 板についていない ・ (なんとも)頼りない ・ 不安定(な状態) ・ 無邪気(な対応) ・ 安心できない ・ 優柔不断(の態度) ・ 見ていられない ・ (包丁を持つ手が)心もとない ・ もたもた(している) ・ じれったい ・ (見るからに)危ない ・ しっかりしない ・ 不安がいっぱい ・ 手慣れない ・ 危なげ ・ よろよろ(する) ・ 不慣れ(な手つき) ・ 慣れない(手つき) ・ 問題がある ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危なっかしい(手つき) ・ 危なかしい ・ (見ていて)はらはら(する) ・ ひやひや(する) ・ ひょろひょろ(歩く) ・ 無防備(な振る舞い) ・ (足元が)おぼつかない ・ (足が)ふらつく ・ (どこか)たどたどしい ・ 遠慮気味 ・ 手で持ち運べる ・ (お)手軽(サイズ) ・ 群小 ・ ちんまり ・  ・ ちっぽけ ・ 小振り ・ 小さくまとまる ・ 小さな ・ 矮小 ・ 小さい ・ 存在感に欠ける ・ 短小 ・ 小規模 ・ かわいい(サイズ) ・ 小ぢんまり ・ ハンディー ・ 不眠(に悩まされる) ・ 憂慮(△する[すべき事態]) ・ 期待できない ・ (成り行きを)恐れる ・ 失敗を恐れる ・ 浮かない顔 ・ 気が重そう ・ 警鐘を鳴らす ・ 押し潰されそう(な不安) ・ 気兼ね ・ 気になる ・ 遺憾 ・ 頼りない(返事) ・ 考え事(があって眠れない) ・ 思案(の種) ・ 不安感 ・ (子供の病気に)心痛(する) ・ 気持ちが晴れない ・ 痛心 ・ 気を揉む ・ 愁苦 ・ 暗い顔 ・ 憂う ・ (現在の事態を)批判(する) ・ 食事ものどを通らない ・ 晴れやかでない ・ 心を砕く ・ 深憂 ・ (気持ちが)浮き立たない ・ 配慮 ・ 心が塞ぐ ・ 心労 ・ ブルーな気分 ・ (△安否不明による[やり場のない])いらだち ・ 苦悩(の△色を浮かべる[表情]) ・ 胸の奥が痛む ・ 悩む ・ 思い悩む ・ 思案に暮れる ・ (事態を)憂える ・ 心置き(なく行ける) ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 頭痛のたね ・ 心が痛む ・ (事で)心を痛める ・ (将来を)悲観(する) ・ 鬼胎(を抱く) ・ 重苦しい空気(に包まれる) ・ 不安な気持ちは頑張っている証拠 ・ 憂わしい ・ はらはら ・ どうしたらいいか分からない ・ 不安 ・ パニック寸前 ・ 頓着 ・ 心配(△する[でたまらない]) ・ 憂色(が濃い) ・ 大患 ・ 心が休まらない ・ 目まい(を感じる) ・ 憂い ・ 憂患 ・ 高配 ・ 気が気でない ・ 気分が弾まない ・ (先が)思いやられる ・ 顧みる ・ 気に病む ・ 気にかかる ・ 気にかける ・ (先行きが)気がかり ・ 心がかり ・ 心にかける ・ 心安まらない ・ 晴れ晴れしない ・ 苦労 ・ すっきりしない ・ 物思い(にふける) ・ 沈痛(な面持ち) ・ (△心配[考え]が)堂々巡り(する) ・ (将来のことを)とつおいつ(考える) ・ 屈託 ・ 気にする ・ 憂苦 ・ 懸念(する) ・ 重い時間(が流れる) ・ 焦慮(△する[に駆られる]) ・ (将来を思うと)安心できない ・ 気苦労 ・ 顧慮 ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ (△行く末[病状]を)案じる ・ 先案じ(する) ・ 胸を痛める ・ (秘密が漏れる)気遣い(はない) ・ (安否を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ 気遣わしい ・ 気を使う ・ 心遣い ・ 思い煩う ・ 心が乱れる ・ 慨嘆(する) ・ 寒心(に堪えない)
おぼろげ(ながら)はっきりしないおぼろげ(ながら)はっきりしない  要領を得ない ・ (詳細は)分からない ・ 淡い ・ 淡く ・ 不詳 ・ 自明ではない ・ 明らかでない ・ 朦朧 ・ ほのぼの ・ (向こう側に)透けて見える ・ 夢のように(おぼろげ) ・ 茫々 ・ (焦点が)拡散する ・ ファジー(な) ・ (間に)紛れる ・ (本質が)ぼける ・ 杳として ・ 不鮮明 ・ 茫乎(として) ・ 未知 ・ 不明 ・ 照明が暗い ・ そこはかとなく ・ 区別がつかない ・ 不測 ・ 定かでない ・ 不可知の(分野) ・ なんとなく ・ 冥々 ・ エックス(デー) ・ 縹渺 ・ 判然としない ・ (特徴が)影をひそめる ・ 大局的(な見方) ・ どことなく(似ている) ・ 確かでない ・ 隠微 ・ ぼかされる ・ 不正確 ・ かすれる ・ 薄々(気付いている) ・ つまびらかでない ・ 未詳 ・ 紛れ込む ・ おぼろ(月夜) ・ かすむ ・ かすんで見える ・ ぼうっと(見える) ・ 曇り ・ お先真っ暗 ・ ほんのり ・ 漠々 ・ 埒もない ・ 彷彿 ・ 不確か(な) ・ 難解 ・ (形が)崩れる ・ 判別がつかない ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ (よく)分からなくなる ・ 弱々しく(微笑む) ・ 何らか(の)(対応) ・ 不明瞭 ・ 明確でない ・ 不透明 ・ 霧の向こうに見える ・ もやもや ・ ほのか(に見える) ・ ある(日) ・ いい加減(な記憶) ・ 曖昧模糊 ・ 晦渋 ・ ぼやける ・ ぼんやり ・ 不可測 ・ 見境がつかない ・ 曖昧(になる) ・ 模糊 ・ 漠然(と) ・ 隠然 ・ にぶい ・ 半透明 ・ 不明確 ・ 迷宮 ・ 八方塞がり ・ 大ざっぱ(な質問) ・ 漠(とした)(返事) ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 鮮明でない ・ 不分明 ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ 雲をつかむよう ・ 濃度が薄まる ・ ほうけたように ・ ぼそっと ・ うつけ(者) ・ ぼうっと ・ 気が抜ける ・ (手元が)おろそかになる ・ ぼやぼや ・ もさっと ・ 昼あんどん ・ ぽかんと ・ 注意が散漫 ・ (目の前の課題への)意識が途切れる ・ つくねんと ・ きょとんと ・ (心は)空っぽ ・ ぽっと ・ 自失 ・ ぼさっと ・ うつろ ・ (周囲の声も)耳に届かない ・ 夢遊病者(のように)(ぼんやりと前を見つめる) ・ ぼやっと ・ (神経が)行き届かない ・ ぼう然 ・ 放心(状態) ・ うつけたように ・ 心ここにあらず ・ 視線の定まらない(目) ・ (気持ちが)空白になる ・ 気抜け ・ うつろ(な表情) ・ (呼びかけにも)気付かない ・ 気がつかない ・ 夢うつつ(で話を聞く) ・ (話を)聞いてない ・ 気持ちが宙を浮く ・ 気持ちが足りない ・ ぼさぼさ ・ うわの空 ・ ぼんやり(する) ・ (よく)知らない ・ 浅学 ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ (理解が)怪しい ・ 詰めが甘い ・ (よく)分からない ・ 認識が足りない ・ 中途半端に理解する ・ 曖昧(な理解) ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ まだら(模様)(の知識) ・ (自分でも)自信が持てない ・ 生兵法 ・ 当てにならない ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ 認識が甘い ・ 暗い ・ 知識が浅い ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ 付け焼き刃 ・ (認識)不足 ・ 蒙昧 ・ かいなで ・ いい加減(な理解) ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ (理解が)あやふや ・ 生かじり(の知識) ・ ぼんやりした ・ かすか(に)(青い) ・ かすかす ・ (みずみずしい)水彩画 ・ あっさり ・ ソフト(な色彩) ・ (黄色っ)ぽい ・ 弱々しく(光る) ・ 薄口(醤油) ・ うっすら(と) ・ かすれ ・ 褪せる ・ 穏やか(な印象) ・ ほのか(に漂う)わずかに ・ 甘やか(な香り) ・ (赤みを)帯びる ・ (濃度が)薄い ・ (ごく)薄く ・ シャーベットカラー ・ 淡泊 ・ おとなしい(色) ・  ・ あえか(な) ・ そこはかとなく(感じられる) ・ はけで刷いたよう(な夜霧) ・ 寝ぼけた色(の服) ・ スモーキーカラー ・ 淡色 ・ 消える ・ 淡々 ・ ライト ・ 薄目 ・ 浅い ・ 消え消え ・ パステル(調)(の色合い) ・ ぼんやりと ・ 淡彩 ・ ぼやけている ・ ほんのり(△色づく[桜色]) ・ 希薄 ・ (無地の)ぼかし(の着物) ・ うっすり ・ かろうじて様子が知覚できる ・ 蒼然 ・ 目を凝らす(と見える) ・ 薄闇 ・ 幽暗(の中) ・ かわたれ時 ・ 薄墨色(の闇) ・ 暗がり ・ ほのかな闇 ・ ほの暗い ・ ほのかに暗い ・ (周りが)ぼんやりと見える ・ 小暗こぐら ・ 小暗おぐら ・ 薄暗い ・ おぼろ月 ・ おぼろにかすむ月 ・ 薄暗がり ・ (岩場の)陰の部分 ・ (光が)足りない ・ (光が)十分でない ・ 宵闇 ・ たそがれ時 ・ (辺りが)たそがれる ・ 淡い光 ・ 月明かり ・ 月明 ・ ほの明るい ・ ほの明かり ・ 軟調(な写真) ・ 火影 ・ かすかな光 ・ おぼろげな光 ・ 蛍雪(の功) ・ 常夜灯 ・ 夜光(雲) ・ 門灯 ・ にぶい光 ・ トワイライト(ゾーン) ・ 柔らかな光 ・ 柔らかい光 ・ 日だまり ・ 障子ごしの明かり ・ 弱い光 ・ (日没後の)余光 ・ 薄明るい ・ 薄明かり ・ 薄ら明かり ・ 薄明 ・ 雪明かり ・ 花明かり ・ 微光(を放つ)ぼんやりした明かり ・ 星明かり ・ 軟調 ・ 収差 ・ ピンぼけ ・ 約束できない ・ はかない ・ 薄弱 ・ 根拠がない ・ 不確か ・ あやふや ・ それかあらぬか ・ 不確実 ・ おぼつかない ・ 曖昧 ・ 根無し ・ 不得要領 ・ (動きが)一定でない ・ うやむや ・ 不確定 ・ 危ない ・ (選挙は)水物 ・ (言外の意味を)喚起(させる) ・ (良好な関係を)物語る(逸話) ・ (結末を読者の)想像に託す(終わり方) ・ (無言の)メッセージ ・ (深海を)想起させる(店内) ・ (△金が必要だと[引退を])匂わせる ・ (意見の)よりどころ(となる資料) ・ 意味ありげ(に)(目をそらす) ・ 寓する ・ (不思議な)符号が見られる ・ 言わず語らず(のうちに)(分かる) ・ 控えめに提案する ・ ほのめかす ・ ほのめかし ・ 腹芸(のできる政治家) ・ 以心伝心(で) ・ 想像させる ・ はっきり言わない ・ それとなく△示す[分からせる] ・ 暗に(示す) ・ (言外に)示す ・ (目くばせで)サイン(を送る) ・ シグナル(を送る) ・ (人の心理に)投影する ・ (製作側の意図が)見え隠れ(する) ・ (苦しい内実が)言わず語らず(に)(伝わる) ・ (肝心な点を)ぼかす ・ (言動には心の内面が)表現される ・ (先に立って)案内(する) ・ ヒント(を与える) ・ サジェスト(する) ・ シンボリック(な)(描写) ・ こっそり(伝える) ・ (悔しさを)にじませる ・ (そっと)表わす ・ (なんとなく)感じさせる ・ (どうにかしたいという意図が)にじむ ・  あうんの呼吸(で) ・ (将来を)暗示(する)(事件) ・ 意味の深い(言葉) ・ どっちつかず ・ 陰伏的(な) ・ (願い事の成就を)意味する(星モチーフのアクセサリ) ・ (将来を)予言(する) ・ (可能性を)示唆(する) ・ (今後の動向が)読める ・ (所有物に自身の価値を)仮託(する) ・ 黙示(録) ・ (問題を解く)手がかり ・ 暗黙のうちに(伝える) ・ (現代を)象徴(する)(出来事) ・ (民意を表す)象徴的(な意見) ・ (多くを)語らずに(出来上がった物に内容を)語らせるり ・ (~という)含意で ・ ぼやかす ・ 次回までに答えます ・ のらりくらり(と)(質問をかわす) ・ ぬらりくらり ・ 明言しない ・ 明言を避ける ・ 回りくどい ・ どっちつかず(の返答) ・ 不明瞭(に物を言う) ・ 言を左右にする ・ 生煮え(の返事) ・ (言を左右にして)言い逃れる ・ 言い逃れ ・ すっきりしない(物言い) ・ しゃんとしない ・ これ以上は言わない ・ 煮え切らない(返事) ・  ・ 何かを隠している ・ 要領を得ない(説明) ・ (よく考えると)意味不明 ・ 言いにくそう(に言う) ・ 持って回った(言い方) ・ 言葉を濁す ・ 口を濁す ・ (△見方[立場]よって)いろいろに解釈できる ・ いい加減(な態度) ・ 玉虫色(の答弁) ・ もどかしい ・ ほのめかす(だけ) ・ あやふや(な)(表現) ・ (はっきり)言わない ・ 言いよどむ ・ しどろもどろ(の釈明) ・ 微妙(な言い回し) ・ (真意が)よく分からない ・ 禅問答(のようなやり取り) ・ 言いはぐらかす ・ 言いはぐらかし ・ 確答を避ける ・ 生返事(に終始) ・ あれこれ解釈できる ・ 歯切れが悪い ・ 曖昧(に言う) ・ 遠回し(に言う) ・ もごもご(と)(したしゃべり方) ・ むにゃむにゃ(と言葉を濁す) ・ 口ごもる ・ 正面からの回答を避ける ・ 含みのある(表現) ・ 含みを残した(言い回し) ・ 婉曲な言い回し ・ (焦点を)ぼかす ・ 奥歯に物が挟まったよう(な)(言い方) ・ 頭がぼうっとなる ・ のぼせ(状態) ・ のぼせる ・ ぼーっと(なる) ・ 意識が薄くなる ・ 気が遠くなる ・ 意識がしっかりしない ・ (意識が)混濁(こんだく)(している) ・ 意識が曖昧 ・ 夢かうつつか(幻か) ・ (頭が)朦朧(とする) ・ 寝ぼけた(声) ・ (△頭[意識]が)ぼんやり(する) ・ なんとなく(感じる) ・ 微妙な(思い) ・ あやふや(な気持ち) ・ 形にならない(不安) ・ (どうにも)心もとない ・ 漠とした(思い) ・ いい人っぽすぎて逆に怖い ・ 優柔不断(な態度) ・ 奇怪な行動 ・ 謎の(行動) ・ 謎めいた(笑み) ・ 不可解(な行動) ・ 曖昧な△態度[行動] ・ 中途半端(な態度) ・ 怪しい ・ (メッセージが)明確でない ・ うさんくさい ・ 腹の底が知れない ・ 真意が分かりにくい ・ とらえどころがない ・ (周りを)けむに巻く ・ 神秘的(な笑い) ・ 謎(だらけ) ・ 得体が知れない ・ いかがわしい ・ 飄々ひょうひょう(とした態度) ・ 芯がない ・ 腰が定まらない ・ イエスでもノーでもない ・ ミステリアス ・ 玉虫色(の決着) ・ (真実かどうか)疑わしい ・ グレーゾーン ・ (豊かさの定義が)問われている ・ 非論理的 ・ 不透明な(部分) ・ (捜査が)腰砕け(に終わる) ・ (根拠が)あやふや ・ (生命の)神秘 ・ (虚実)皮膜の間 ・ 非科学的 ・ (結論がないまま)中途半端に終わる ・ (責任論が)宙に浮く ・ うやむや(になる) ・ (真偽の)区別がつかない ・ いい加減(な説明) ・ 明白でない ・ (言っていることが)抽象的(過ぎる) ・ 毒にも薬にもならない(内容) ・ 中途半端(な説明) ・ 焦点が定まらない ・ 紛らわしい(表現) ・ 意味不明(の文章) ・ ずさん(な議論) ・ 曖昧(な表現) ・ 隔靴掻痒かっかそうよう(の文章) ・ (特徴が)ぼやける ・ 本質がつかめない ・ 議論に具体性がない ・ どうとも取れる(表現) ・ (あぶり出しのように)浮かび上がる ・ あぶり出す ・ 概念化(する) ・ うろ覚え ・ (震災の)記憶が希薄化(する) ・ ぼんやり(した記憶) ・ ところどころ△覚えている[思い出せる] ・ 記憶が風化する ・ (歴史的事実が)風化(していく) ・ (記憶が)定かでない ・ 頼りない ・ 確かでない記憶 ・ (頭の中が)混乱 ・ 空覚え ・ ぼんやりと覚えている ・ (記憶が)はっきりしない ・ (記憶が)後景に退く ・ (徐々に)忘れ去られる ・ おぼつかない(記憶) ・ 曖昧(な記憶) ・ (記憶が)曖昧になる ・ 茫々(たる記憶) ・ 往事茫々 ・ あやふや(な記憶) ・ まだら模様(の記憶) ・ 淡い記憶 ・ 歴史の中に埋もれる ・ 中途半端(な記憶) ・ おぼろげ(な記憶) ・ おぼろ(な記憶) ・ (記憶が)怪しい ・ (よく)覚えていない ・ 大味(になる) ・ 薄めの味 ・ さっぱり(した後味) ・ 味が薄い ・ 嫌みがない ・ (後味が)さらっとしている ・ 濃度が落ちる ・ 薄味 ・ (素材の)持ち味を生かす ・ 薄塩(味) ・ 出がらし(のコーヒー) ・ 離乳食 ・ あっさりした味 ・ 薄口(の味付け) ・ 淡泊な味 ・ 味がぼやける ・ 水っぽい(酒) ・ 水くさい(酒) ・ 混じりものがある ・ 濁流 ・ 向こうが見えない ・ 混濁 ・ 濁る ・ 透明でない ・ 濁す ・ どんより ・ よどむ ・ 透き通らない ・ 黄濁 ・ 沈殿 ・ 汚れている ・ 汚濁 ・ どす黒い(川) ・ 底だまり(する) ・ 白濁 ・ 濁り ・ よどみ ・ ハレーション(を起こす) ・ 画像が白く濁る ・ コントラストが低い ・ ぼかし ・ あぶり出し ・ ぼかす ・ (小じわが)浮き出る ・ 曇る ・ (画像が)ぼやける ・ ぼける ・ 度の合わない(眼鏡) ・ ディテールが残っていない ・ (△輪郭が[砂ぼこりの中に])かすむ ・ かすか(に見える) ・ 視界不良 ・ ぼけ ・ 姿が曖昧 ・ (霧の中に姿が)ほのめく ・ ほの見える ・ (世間の目を)ごまかす ・ 曇らす ・ 見え始める ・ 薄明かり(の世界) ・ (しみが)浮き出す ・ (映像が)ぼうっと(浮かび上がる) ・ 浮き上がってくる ・ 浮き出る ・ (文様が)浮き出す ・ 霞がかかる ・ (霧の)(とばりが)かかる ・ 視力が弱い ・ ベールをかぶせる ・ 掠れる ・ シルエット(として浮かび上がる) ・ 影のようなものが見える ・ (うっすら)(と)見える ・ (背景から)浮かび上がる ・ おぼろにかすむ(月) ・ 透けて見える ・ 透かし見える ・ 煙る ・ ぼんやり(見える) ・ 霧の中に(朦朧と人影が浮かぶ) ・ にじみ出る ・ 見えにくい ・ 個性がない ・ 無個性 ・ 特徴がない ・ のっぺり(した)(印象) ・ 少しある ・ ちと ・ 多少 ・ 一つまみ ・ みじん ・ (ごく)わずか(な) ・ 最少 ・ なけなし ・ 雀の涙 ・ 鮮少 ・ 少々 ・ 不自由する ・ 少し ・ 希少 ・ 心ばかり ・ 寥々 ・ ちょっと ・ 爪の垢 ・ ちょっぴり ・ 露(ほども疑わない) ・ (彼より二つ)下 ・ 毫末 ・ 零細 ・ 小出し ・ あってないような(△もの[金利]) ・ 有るか無し ・ いくつか(ある) ・ ないわけではない ・ 万分の一 ・ 一分一厘 ・ 一抹(の不安) ・ 些細 ・ いささか ・ 少しはある ・ 些少 ・ 一縷 ・ わずかしかない ・ ほんの少し ・ 数える程(しかない) ・ 蚊の涙 ・ 一点 ・ 寸分 ・ 微々 ・ 形ばかり ・ 僅か ・ 融通が効かない ・ 九牛の一毛 ・ 小さい ・ いくぶん ・ ささやか ・ 一紙半銭 ・ 寸毫 ・ なきにしもあらず ・ 一毫 ・ 微量 ・ 秋毫 ・ いくらか ・ 二三 ・ 控えめ ・ 厘毛 ・ 一片 ・ 一二 ・ 細い ・ 少ない ・ 軽少 ・ さざ波 ・ 一掬 ・  ・ 微少 ・ 小幅 ・ 少量 ・ たった ・ 一部分 ・ (全体の)一部 ・ 部分的(に手直しする) ・ 小刻み ・ ちっと ・ 僅々 ・ ちょいと ・ ぽっちり ・ 数個 ・ 複数個 ・ 紙一重 ・ 僅少 ・ 極少
おぼろげ(に分かる)だいたいのところ(大体だいたいおぼろげ(に分かる)だいたいのところ(大体だいたい  荒っぽく(まとめる) ・ (三十年間の出来事が)走馬灯(のように浮かぶ) ・ 大要 ・ 概要 ・ 大概 ・ ほぼ ・ アウトライン ・ 九分通り ・ 大意 ・ ざっくり(と)(言えば) ・ 主要な部分だけに目を向ける ・ (計画の)大綱たいこう(を示す) ・ おおよそ ・ 摘要 ・ 細かい点は問題にしない ・ (計画の)基本線(が固まる) ・ 大抵 ・ おしなべて ・ (全体の)骨格 ・ ほとんど ・ 大部分(の場合) ・ (ドラマの)ダイジェスト(版) ・ 一般(に)(女性のほうが寿命が長い) ・ 一般的に(見て) ・ 一般的(な日本人) ・ 概略 ・ 概して(秋には雨が多い) ・ およそ(考えられない) ・ 厳密でない ・ 原則(合意) ・ 一概に ・ おおむね(良好) ・ 全体的な印象 ・ ふわっとしている ・ 要略 ・ なべて ・ アバウト(な見積もり) ・ 粗々 ・ 大事な点をかいつまむ ・ 大まか(に計算する) ・ 総体(に) ・ あらかた ・ 大方(は理解できた) ・ 大略 ・ 要約(する) ・ 共通している(印象) ・ (内容を)大づかみ(に説明する) ・ (仕送りは七万円台が)平均的なところ ・ 平均して(二時間かかる) ・ 総じて(不満なし) ・ 大局(を見渡す) ・ 大局的(に見て) ・ ひと通り(説明する) ・ (計画の)骨組み ・ 基本的(に)(賛成) ・ 輪郭 ・ 大体(のところ) ・ 大体において ・ (手数料は無料なのが)普通 ・ 大筋 ・ 九分九厘 ・ (これくらいの値段が)通り相場(である) ・ 包括的(に)(捉える) ・ (休日は)専ら(部屋で過ごす) ・ (今夏は)一体(に)(暑かった) ・ (事件の)あらまし(を話す) ・ 十中八九 ・ 提要 ・ そろそろ(帰る時間だ) ・ 大枠(で合意する) ・ (計画の)枠組み ・ 大ざっぱ(な家計簿) ・ あらすじ ・ (現在の)傾向として ・ 全体的に ・ 全体として ・ 目分量 ・ 目積もり ・ ざっくり(と)(掬い取る) ・ ある(日) ・ 漠然 ・ 頃おい ・  ・ 辺り ・ 前後 ・ 時分 ・  ・  ・ 概貌 ・ 概括(的な報告) ・ 大体のところ ・ 大事な点 ・ かいつまむ ・ 内容を大ざっぱにまとめる ・ あらまし ・ (天気)概況 ・ およそ ・ 内外 ・ 約(一メートル) ・ ざっと(千人集まった) ・  ・ 大体 ・ ほど ・ 格好 ・ 大約 ・ 通り ・ かれこれ(五年になる) ・ およそ(の数字) ・ 見当 ・ (五十)がらみ(の女性) ・ 目分量(で計る) ・ 物の ・  ・ くらい ・ 概数 ・ (目標達成の)絵(を描く) ・ 将来の自画像 ・ 予定 ・ (戦争回避の)シナリオ ・ (事業の)企画内容 ・ (建設にかかわる)趣意(書) ・ 将来の見取り図 ・ 戦略 ・ 筋書き ・ 段取り ・ 計画(段階) ・ 構想(の段階) ・ プラン ・ (問題解決の)処方箋(を提示) ・ (計画の)骨格 ・ ビジョン ・ (人生の)青写真 ・ 構図 ・ 将来ビジョン ・ 縮図 ・ 一日一生 ・ 見取図 ・ 要図 ・ 略図 ・ 全局 ・ 大局 ・ 大まかに言う ・ 略説 ・ ひと通り説明する ・ おおよそ(の内容) ・ ざっと(説明する) ・ 概論 ・ 概括(する) ・ 概要説明 ・ 大略(を述べる) ・ おおむね ・ かいつまんで言う ・ 乱暴な言い方(をすれば) ・ だいたいの説明 ・ (改定の)要綱 ・ 概括的 ・ 平たく言う ・ 要約 ・ 概説 ・ 概略(次の通り) ・ 全体像 ・ 印象 ・ 概評 ・ 総評 ・ 見積数字 ・ 懐勘定 ・ 満(二歳) ・ 満年齢 ・ 目の子勘定(で千人ほど) ・ 目の子算(で計算) ・ 目の子(で数える) ・ 目分量(で△計算する[計る]) ・ 見積もり ・ 概算 ・ 胸算用 ・ (数量を)推し量る ・ 胸積もり ・ (投票前の)票読み ・ およその計算 ・ 見積もる ・ 皮算用 ・ 積もる ・ 推計(する) ・ 推算 ・ 目算 ・ 足かけ(三年) ・ 端数を一として概算する ・ (おおよその)筋書き ・ 大まかな筋 ・ (ストーリー)展開 ・ 大体のストーリー ・ (戯曲の)梗概 ・ 構図(を決める) ・ 一応の経過(を述べる) ・ シノプシス ・ 様相を呈する ・ (怒気を)帯びる ・ (思惑が)のぞく ・ 示される ・ ほのめく ・ ほの見える ・ 示唆(する) ・ (思いが)にじむ ・ (娘への愛情が)偲ばれる ・ 見受けられる ・ (不安を)垣間見せる ・ (感情を)ちらり(と見せる) ・ (憂いを)含んだ(目) ・ コアイメージ ・ (言葉の)大まかな意味 ・ (聞き手による)(勝手な)解釈 ・ (言葉の)概念 ・ ひと通り(終わる) ・ ひと渡り(説明する) ・ (市内の名所を)一巡(する) ・ 神経が行き届かない ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ ま、いっか ・ 若書き(の作品) ・ 不備(がある) ・ 粗い ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ (あえて)細部を省略する ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ アバウト(な議論) ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ 小事にこだわらない ・ 大体(でいいよ) ・ 大きな部分だけ扱う ・ あらまし(片付いた) ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 欠点の多い ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ 雑(な仕事ぶり) ・ 平均的(な市民) ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ ざっくり(とした話し合い) ・ ずさん(な仕事) ・ 丁寧でない ・ 未熟(な文章) ・ 大づかみ ・ 隙がある ・ こだわらない ・ 大ざっぱ ・ (金銭に)無頓着 ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ (やることが)粗雑 ・ 大局的(な見方) ・ 荒っぽい ・ 目の子(勘定) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ 無関心 ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 融通むげ ・ 勢いだけ(の漫画) ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 粗削り(な原稿) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 慎重でない ・ 大まか(に述べる) ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ (時間に)ルーズ ・ 緻密でない ・ 大筋では問題ない ・ ごつい(印象) ・ 繊細さに欠ける ・ 適当 ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ (細部に)とらわれない ・ (結果が)大味 ・ いい加減(な作り) ・ ラフ(なスケッチ) ・ 乱雑(な書き方) ・ つづめる ・ それなしで済ませる ・ 省く ・ 簡単にする ・ 手抜き ・ 省ける ・ つづまる ・ (手を)抜く ・ (一部を)割愛(する) ・ (堅苦しいあいさつは)抜き(にする) ・ 約する ・ はしょる ・ 省略 ・  ・ 近道 ・ 合理的 ・ 省力 ・  ・ 略する ・  ・ 合理化 ・ 簡略化 ・ (途中を)飛ばす
おぼろげ(に)(分かる)なんとなく感じるおぼろげ(に)(分かる)なんとなく感じる  そこはかとなく(感じられる) ・ かすかに感じる ・ (風邪)気味 ・ 確かではない(が) ・ どこかしら(面影がある) ・ 心なしか(顔色が優れない) ・ 勘が働く ・ 何かしら(物悲しい気分になる) ・ (何となく)肌で感じる ・ 底気味 ・ 薄々 ・ 察知する ・ 微妙に感じる ・ どことなく ・ 大体の感じとして(こうだと思う) ・ なんとなく(感じる) ・ 何とはなしに ・ そこはかとない(懐かしさを感じる) ・ (本音が)透けて見える ・ 漠然とした(不安) ・ ちょっと ・ (不正の)臭いを感じる ・ ぼんやり(と)(感じる) ・ うさん臭く(見る) ・ (北欧が)テーマ(のレストラン) ・ 情緒 ・ 気配 ・ 気色 ・ 情調 ・ 気分 ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・ 気味 ・ (いやな)ムード ・  ・ 様子 ・ ニュアンス ・ 色合い ・ 調子 ・ 雰囲気 ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・ 陰影 ・  ・ (敗北の)色(が濃い) ・ (社会の)様相 ・ (時代の)空気 ・ 感じ ・ ぞっと(する) ・ 毛嫌い ・ アレルギー反応(を起こす) ・ 拒否反応 ・ 拒絶反応(を起こす) ・ 気持ちが悪い ・ 虫酸が走る ・ 生理的に無理 ・ 潜在意識的(に)(相手を拒否する) ・ (感覚的に)受け入れない ・ (生理的に)いや ・ 食わず嫌い ・ 鳥肌が立つ ・ (生理的に)受け付けない ・ 感覚的に受け付けない ・ (人間の)生理に反する ・ 無条件で嫌い ・ (沖縄の)風を呼ぶ(美しいウクレレの音) ・ (重苦しい空気が)立ち込める ・ (匂いが)むんむん(する) ・ (四季折々の)様相を見せる ・ 緊張をはらむ(交渉が続く) ・ 包含する ・ △雰囲気[響き]がある ・ (調子を)帯びる ・ (歓声が)沸き起こる ・ (緊張が)漂う ・ (好意的な世論を)醸成(する) ・ (△雰囲気[不穏な空気]が)醸成(△される[されつつある]) ・ (愁いを)含む(眼差し) ・ (熱戦が)繰り広げられる ・ (政治家の不祥事が政治不信を)培養(する) ・ △雰囲気[響き]を伴う ・ (張り詰めた)空気に支配される ・ 雰囲気が現れる ・ 感じられる ・ 環境を作る ・ 環境づくり ・ (反対)一色 ・ (熱狂が)渦巻く(スタジアム) ・ (雰囲気を)醸し出す ・ (雰囲気が)醸し出される ・ (異様な空気が)全体を圧する ・ (△クリスマス気分[勝利]に)沸き立つ ・ (センセーションを)巻き起こす ・ (論争を)引き起こす ・ (フェミニンな)雰囲気を呼び込む(ニット) ・ (民衆の間に不平が)充満(する) ・ (ある)雰囲気(になる) ・ (会社に変革の)波を起こす ・ (明治期にモダンの)風を起こす ・ なんとなく不安 ・ (自分でも)何が不安なのかうまく説明できない ・ 虫の知らせ ・ 虫が知らせる ・ これといった理由もなく ・ あてずっぽう ・ 予感 ・ 理屈を超えた(怖さ) ・ 勘(△が働く[で分かる]) ・ 適当(に)(△番号を選ぶ[言っておく]) ・ 生理感覚 ・ インスピレーション ・ 直観 ・ なんとなく(分かる) ・ 霊感(を得る) ・ 察する ・ ははーん(、さては何か隠してるな) ・ 山勘 ・ センス ・ 霊感 ・ 直覚 ・ ピンとくる ・ 直感(を頼る) ・ 本能的(に惹かれる) ・ 勘を頼りに(山を張る) ・ (身の危険を)感知(する) ・ (試験で)山をかける ・ 第六感 ・ 気のせい ・ 生理的反応 ・ 予覚 ・ 運任せ ・ (ぞっと)する ・ 感じる ・ 思う ・ 感受(する) ・ (感動を)呼び起こす ・ 心が動く ・ 感応
おぼろげ(な)光や美しさなどがか弱くて頼りないおぼろげ(な)光や美しさなどがか弱くて頼りない  薄墨(の世界) ・ 夢幻的 ・ か弱い ・ 病的な美しさ ・ 弱々しく(光る) ・ 弱く(光る) ・ 淡い(光) ・ か細い(線) ・ 幽玄(な雰囲気) ・ はかない ・ はかなげ ・ 消えゆく運命(にある) ・ 微妙(な光) ・ 吹けば飛ぶような ・ ほのかな ・ 繊細(で美しい) ・ 頼りなげな ・ 余光(の中に浮かぶ)(街並み) ・ あるといえばあるともいえるし、無いといえば無いようにも思われる(程度) ・ 漂うような ・ 幽暗(の世界) ・ (いかにも)頼りない ・ おぼろ(な)(月影) ・ 消え入るよう(な) ・ 消え入りそう(な) ・ 震えるような(光) ・ やっと感じ取れる程度 ・ あえか(△な光[に咲く花]) ・ かすか(△な光[に見える]) ・ 一過性の美しさ ・ ぼんやり見える ・ 蛍光 ・ 燐光 ・ うっすらと明るい ・ ほの明るい ・ 夜光(虫) ・ ちらちら光る ・ (かすかな)光 ・ 青白い光 ・ 弱々しい ・ 蛍光(を発する) ・ 微光(を放つ) ・ (星の)またたき ・ 余光の ・ チラチラと ・ 薄明かり ・ ほのかに明るい ・ おぼろげ(な光) ・ ダイナミック(プライシング) ・ うたかた(のごとし) ・ 無常 ・ (国家の)繁栄と没落 ・ 有為転変 ・ 動的 ・ 一定しない ・ 同じ状態に留まらない ・ 波乱 ・ 不定 ・ 落ち着かない ・ 滅びの美(学) ・ (人の命の)はかなさ ・ 邯鄲の夢 ・ 移ろい ・ 決まっていない ・ 山あり谷あり(の人生) ・ 浮き沈み(する) ・ 盛者必衰(のことわり) ・ 生者必滅しょうじゃひつめつ ・ 盛衰興亡 ・ (ローマの)興亡 ・  ・ 栄枯盛衰 ・ 不安定 ・ 常ならぬ ・ 移り変わり ・ 激動(の生涯) ・ おごれる者(は)久しからず ・ もろい美しさ ・ ガラス細工の(ような)美しさ ・ 大丈夫かと思う ・ 心もとない ・ 少し(の) ・ ままならない ・ 頼みがたい ・ 薄い ・ おぼろげ(な記憶) ・ 不確か(な)(情報) ・ はかない(命) ・ 心細い ・ 頼み少ない ・ 頼りない ・ 先細り(の傾向) ・ 心配 ・ おぼつかない ・ 不安定(な政権) ・ 華奢 ・ ひとたまりもない ・ さくい ・ 危うい(存在) ・ もろい ・ 長持ちしない ・ 守ってあげたくなる(ようなか弱さ) ・ 弱い ・ ひ弱い ・ 軟弱 ・  ・ 壊れやすい ・ 脆弱 ・ 柔い
おぼろげ(な記憶)記憶がぼんやりしているおぼろげ(な記憶)記憶がぼんやりしている  おぼろ(な記憶) ・ (記憶が)かすむ ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ (記憶力が)低下する ・ 機能が下がる ・ (記憶力が)衰える ・ かすか(な記憶) ・ (歴史的事実が)風化(していく) ・ (意識が)朦朧 ・ ところどころ△覚えている[思い出せる] ・ 曖昧(な記憶) ・ (記憶が)曖昧になる ・ うろ覚え ・ 中途半端(な記憶) ・ (よく)覚えていない ・ 淡い記憶 ・ 漠とした(記憶) ・ 茫々(たる記憶) ・ 往事茫々 ・ あやふや(な記憶) ・ 記憶が風化する ・ (自分でも)自信が持てない ・ 自信がない ・ まだら模様(の記憶) ・ おぼつかない(記憶) ・ ぼんやりと覚えている ・ ぼんやり(した記憶) ・ (震災の)記憶が希薄化(する) ・ 空覚え ・ (記憶が)はっきりしない ・ (記憶が)定かでない ・ (記憶が)後景に退く ・ 確かでない記憶 ・ (徐々に)忘れ去られる ・ 当てにならない ・ 漠然(とした記憶) ・ (頭の中が)混乱 ・ 頼りない ・ (記憶が)怪しい ・ 歴史の中に埋もれる ・ 意識が曖昧 ・ (頭が)朦朧(とする) ・ 意識がしっかりしない ・ 寝ぼけた(声) ・ (意識が)混濁(こんだく)(している) ・ (△頭[意識]が)ぼんやり(する) ・ 夢かうつつか(幻か) ・ お先真っ暗 ・ 大ざっぱ(な質問) ・ 朦朧 ・ (向こう側に)透けて見える ・ 不明確 ・ 隠微 ・ (本質が)ぼける ・ 雲をつかむよう ・ (形が)崩れる ・ 漠々 ・ 不透明 ・ 紛れ込む ・ 未知 ・ (特徴が)影をひそめる ・ 不可知の(分野) ・ なんとなく ・ 難解 ・ 不鮮明 ・ そこはかとなく ・ 大局的(な見方) ・ 不確か(な) ・ 不分明 ・ 照明が暗い ・ 不測 ・ ファジー(な) ・ 埒もない ・ もやもや ・ 八方塞がり ・ 不明 ・ いい加減(な記憶) ・ 漠然(と) ・ かすむ ・ かすんで見える ・ 霧の向こうに見える ・ 不明瞭 ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ おぼろげ(ながら) ・ ほのぼの ・ 茫乎(として) ・ 未詳 ・ にぶい ・ おぼろ(月夜) ・ 自明ではない ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ 淡い ・ 淡く ・ ほのか(に見える) ・ ぼやける ・ 不正確 ・ 区別がつかない ・ 判然としない ・ 茫々 ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ エックス(デー) ・ 漠(とした)(返事) ・ 定かでない ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ かすれる ・ ぼうっと(見える) ・ 不可測 ・ 明らかでない ・ 杳として ・ 明確でない ・ 冥々 ・ 確かでない ・ 曖昧(になる) ・ 模糊 ・ つまびらかでない ・ ほんのり ・ (間に)紛れる ・ 彷彿 ・ 隠然 ・ 迷宮 ・ 何らか(の)(対応) ・ 晦渋 ・ 半透明 ・ 濃度が薄まる ・ ぼかされる ・ ぼんやり ・ 曇り ・ 判別がつかない ・ 鮮明でない ・ どことなく(似ている) ・ ある(日) ・ 夢のように(おぼろげ) ・ 曖昧模糊 ・ 縹渺 ・ 要領を得ない ・ (焦点が)拡散する ・ 弱々しく(微笑む) ・ 薄々(気付いている) ・ (よく)分からなくなる ・ (詳細は)分からない ・ 不詳 ・ 見境がつかない ・ 肝に銘じる ・ 胸に刻む ・ 心に刻む ・ 忘れない ・ 心にとどめる ・ 記憶にとどめる ・ (頭から)離れない ・ (単語を)覚える ・ 覚えている ・ 心覚え(△する[がある]) ・ 記銘(力) ・ (心に)刻印(された戦争体験) ・ (忠告を)(胸に)畳み込む ・ 見知り置く ・ 覚え ・ (心に)しる ・ 物覚え(がいい) ・ 刻みつける ・ 記憶(する) ・ (戒めを)服膺ふくよう(する) ・ 牢記 ・ (心に)銘じる ・ 頭に入れる ・ (情報を)頭に叩き込む ・ 銘記(する) ・ 思い出せる
おぼろげ(な記憶)(未分類)おぼろげ(な記憶)(未分類)  酔生夢死朦朧 ・ ヘロヘロになる ・ ろれつが回らない ・ メロメロ ・ ボーッと ・ 酩酊
キーワードをランダムでピックアップ
鍾乳石横っ面ぴょんぴょん紙数評判がいい展墓親等陪従帰途憂色後押し芳志飾り物吐き気を催す見通しをつける職務に従う男女の友情年収が右肩上がり賄賂を請求するというあくどさ硬直した組織に新風を吹き込む
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. おぼろげ(な光)かすかな光
  2. おぼろげ(な記憶)たよりない
  3. おぼろげ(ながら)はっきりしない
  4. おぼろげ(に分かる)だいたいのところ(大体だいたい
  5. おぼろげ(に)(分かる)なんとなく感じる
  6. おぼろげ(な)光や美しさなどがか弱くて頼りない
  7. おぼろげ(な記憶)記憶がぼんやりしている
  8. おぼろげ(な記憶)(未分類)