表示領域を拡大する
器用(な男)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
器用能力が高い器用能力が高い  能力が高い ・ 剛腕 ・ 道理が分かっている ・ 昔取った杵柄 ・ 天才的(な) ・ らつ腕 ・ 途方もない ・ ただ者ではない ・ 能力がある ・ けた外れの(人間) ・ 恐るべき(腕前) ・ すご腕 ・ 力のある(指導者) ・ 有能 ・ 名人芸 ・ 超人的(な) ・ 凄みのある ・ 常識で計れない ・ (弁舌に)長ける ・ 頭が切れる ・ 優れた腕前 ・ 的確に処理する ・ 手だれ(の使い手) ・ 敏腕(プロデューサー) ・ 油断できない ・ 侮れない ・ 並外れた ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人) ・ 怪腕 ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ すさまじい ・ 腕が立つ ・ とんでもない(才能) ・ 腕利き ・ 手だれ(の剣客) ・ 頑固一徹(の職人) ・ 技術のある(会社) ・ 腕達者 ・ 技能(工) ・ 腕っこき ・ 有段者 ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ 手腕家 ・ 切れ者 ・ 高度な技能を備える ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ 敏腕家 ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ 手利き ・ プロフェッショナル ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ 仕事師 ・ (車に)こだわる ・ 免許皆伝 ・ ベテラン(の域に達する) ・ 玄人 ・ 優れた技量を持つ ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ セミプロ ・ エキスパート ・ 練達(の△士[医師]) ・ 商売人 ・ (バイオリンの)名手 ・ (その道の)プロ ・ 利け者 ・ 本物(の職人) ・ 優秀(な左官工) ・ 技巧派 ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ 研究者 ・ 遣り手 ・ オタク ・ 芸達者 ・ 業師 ・ 仕事熱心 ・ 名取り ・ 熟達(している) ・ 専業(作家) ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ 熟練(工) ・ 経験豊か(な)(講師) ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ 腕のいい(コック) ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ (野菜)ソムリエ ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ 目の肥えた(消費者) ・ 職人 ・ 職人技 ・ 安定している ・ (ピアノの)貴公子 ・ 老巧 ・ 力量のある(作家) ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ 総大将(となる) ・ 成功者 ・ (ジャングルの)王者 ・ 一流(の人物) ・ (全国)屈指(の強豪校) ・ (医学界の)権威 ・ 看板(役者) ・ (政界の)ドン ・ 並ぶ者はない ・ (現代画壇の)最高峰 ・ (我が社で)一二を争う(営業マン) ・ 雲の上の存在 ・ (広告界の)ガリバー(である電通) ・ 盟主 ・ (グランド)チャンピオン ・ トップランナー ・ 先頭走者 ・ (彼の)右に出る者は(い)ない ・ 押しも押されもしない ・ ぴか一 ・ (サッカー界の)英雄(マラドーナ) ・ (日米野球界の)ヒーロー(イチロー) ・ (野球界)きっての(理論家) ・ 筆頭(格) ・ 超一流 ・ 一流中の一流 ・ トップクラス(の実力) ・ 第一人者 ・ (将棋界の)横綱 ・ 孤高(の作曲家) ・ トップ(アスリート) ・ (ロック界の)レジェンド ・ (出世の階段を)上り詰める ・ 双璧をなす ・ (暗黒街の)帝王 ・ エース ・ (銀盤の)女王 ・ (△百獣の[三冠])王 ・ (スポーツ界の)雄 ・ 名人位 ・ 王将位 ・ (現代文学の)極北(である~) ・ (恋愛小説界の)旗手 ・ (恐竜研究の)第一人者 ・ スーパーパワー ・ (この分野は彼の)独壇場どくだんじょう(だ) ・ 独擅場ぞくせんじょう ・ 独り舞台 ・ (当代)随一(の建築家) ・ 頂点(に立つ) ・ (経済界の)代表 ・ ナンバーワン ・ 全能 ・ 口も八丁手も八丁 ・ 間口の広い(学者) ・ 多用途(ボンド) ・ 勝手がいい ・ オールマイティー ・ オールラウンド(プレーヤー) ・ オールラウンダー ・ 多芸 ・ 万能 ・ (晴雨)兼用(の傘) ・ 何でもござれ(の万能包丁) ・ 血の巡りがいい ・ 何かと(便利) ・ 三面六臂 ・ 器用 ・ 多能 ・ プレイングマネジャー ・ 多才 ・ 八面六臂 ・ モンスター的な ・ ダーク(ヒーロー) ・ 悪賢い ・ 破壊的な ・ 鬼神の(走り) ・ サイコパス ・ 闇を秘めた ・ 狂気を感じさせる ・ 狂気(にとり憑かれた)(殺人者) ・ マッド(サイエンティスト) ・ 鬼気迫る ・ 魔王のごとき(知略) ・ カルト(集団) ・ 怪物的な ・ 悪の(権化) ・ 悪魔的(発想) ・ オカルト(映画) ・ フランケンシュタイン的(怪物) ・ 悪魔のような ・ 毒を撒き散らす ・ 奇怪な ・ 秀才 ・ 出る杭(は打たれる) ・ 異彩を放つ ・ 器量がいい ・ 異能(の人物) ・ 英才 ・ 異才 ・ 偉才 ・ 傑僧 ・ (文壇の)至宝 ・ (誰もが)一目置く ・ 逸材 ・ 大才 ・ 非凡(の才) ・ 異端(の画家) ・ 俊才 ・ 鬼才 ・ 驥足 ・ (教授の)秘蔵っ子 ・ 奇才 ・ 目立つ ・ 天才 ・ 規格外(の選手) ・ 規格外れ ・ 俊秀 ・ 神童 ・ 能力 ・ 働き ・ 性能 ・  ・ 機能 ・  ・ (努力の)天才 ・ 精妙(な技術) ・ (動作に)迷いがない ・ 技巧(派) ・ (語学が)堪能 ・ (中国語が)ぺらぺら ・ 落ち度がない ・ 落ち度なく(役目を終える) ・ (試合)巧者 ・ (剣術の)達人 ・ 底力のある(強いチーム) ・ 絶妙 ・ (見る者を)引きつける ・ 稀代(のピアニスト) ・ 流れるような(所作) ・ (対応が)落ち着いている ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ (君にしては)上出来 ・ シャープな(頭脳) ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ ドンピシャ(のタイミング)(で打つ) ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 巧みに(△操る[やってのける]) ・ 小味(な演奏) ・ (ギターの)キレがいい ・ 切れ味の鋭い ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ 神がかり的(演奏) ・ きれいに(決める) ・ 適正な判断(をする) ・ 適正に処理(する) ・ つぼを押さえている ・ 飛鳥の早業 ・ (守備力に)定評がある(選手) ・ 八丁 ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ まんまと(逃走する) ・ 小気味よく(料理する) ・ 堂に入ったもの ・ (漱石)ばり(の)(文章) ・ 至妙 ・ (監督の手腕)恐るべし ・ お家芸 ・ ファイン(プレー) ・ 適正な判断 ・ 剛腕(投手) ・ 器用(にこなす) ・ 小器用 ・ 小手先がきく ・ 達者(な芸) ・ 渋い(バッティング) ・ 退屈させない ・ あきさせない ・ 的を射た(助言) ・ 手慣れている ・ 手慣れたもの ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ 巧妙 ・ 無駄がない ・ 高度な技術を持つ ・ (△詩[楽器]を)くする(人) ・ (扱いが)身についている ・ (技術的に)うまい ・ (道具を)うまく(扱う) ・ (腕の)冴えた(職人) ・ かっこよく(踊る) ・ 素人離れ(した腕前) ・ 巧打(を見せる) ・ 文句なし(の技能) ・ (事を)手回しよく(進める) ・ 心憎い(出来ばえ) ・ 抜きん出た(能力) ・ ナイス(ピッチング) ・ 確か(な)(腕前) ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ 得意(技) ・ 得手えて ・ 堂に入る ・ (剣術の)腕が立つ ・ 様になっている ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ 上手 ・ 腕に覚えがある ・ 立派に ・ うわて ・  ・ 上級者 ・ 頭脳的(な試合運び) ・ 頭脳プレー(を見せる) ・ 巧(拙) ・ 手練しゅれん(の早業) ・ (やる事に)そつがない ・ そつなく(こなす) ・ 早業 ・ 快刀乱麻(の活躍) ・ 技あり(の一打) ・ 発想がすごい ・ 悪達者 ・ 見事な手さばき ・ 見事(な)(技) ・ 丁寧(な対応) ・ (槍の)使い手 ・ 手綺麗 ・ たやすく(扱う) ・ (与えられた仕事を)手堅く(こなす) ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ 習熟(した動作) ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 超絶技巧 ・ 水際立った(手腕) ・ スムーズに ・ 流れるように ・ スキルがある ・ (能力に)優れる ・ (手芸は)プロの域 ・ (左官職人の)技術が光る(漆喰の家) ・ (英語なら)(誰にも)負けない ・ 優れた技量(を持つ) ・ (演技が)際立つ ・ すぐれた腕前 ・ 危なげがない ・ いい味を出している(役者) ・ 他の追随を許さない ・ 巧味 ・ 巧遅 ・ 年季が入った(技)(を見せる) ・ 玄人はだし ・ 本職はだし(の腕前) ・ 卓抜(△した手腕[なセンスの持ち主])
器用あらゆる能力があり多方面で活躍できる器用あらゆる能力があり多方面で活躍できる  何でもござれ(の万能包丁) ・ 勝手がいい ・ (晴雨)兼用(の傘) ・ 多芸 ・ プレイングマネジャー ・ 八面六臂 ・ 万能 ・ 何かと(便利) ・ オールラウンド(プレーヤー) ・ オールラウンダー ・ 多用途(ボンド) ・ 間口の広い(学者) ・ 三面六臂 ・ 多才 ・ 血の巡りがいい ・ 口も八丁手も八丁 ・ オールマイティー ・ 全能 ・ 多能 ・ 全知全能 ・ 該博(な知識を持つ) ・ 雑学がある ・ 博学ぶり(を披瀝) ・ 何でも知っている ・ 広く学問に通じている ・ 情報通 ・ 知識が豊富 ・ 雑学博士 ・ (彼は)よろず屋(である) ・ 博学 ・ 絢爛たる(知識) ・ 碩学 ・ 博雅 ・ 物知り ・ 生き字引 ・ ウォーキングディクショナリー ・ 博聞 ・ 博識(ぶりを見せつける) ・ 博覧強記 ・ 知識の宝庫 ・ 知識の泉 ・ 知の泉 ・ 万能の神 ・ 打ち出の小づち ・ 処方箋 ・ 頼りになる存在 ・ スーパーパワー ・ アラジンのランプ ・ (命令に忠実な)魔術師 ・ 機能 ・ 働き ・ 性能 ・  ・ 能力 ・  ・ すさまじい ・ 昔取った杵柄 ・ 凄みのある ・ 常識で計れない ・ 名人芸 ・ 有能 ・ 優れた腕前 ・ (弁舌に)長ける ・ 並外れた ・ 道理が分かっている ・ 能力が高い ・ 敏腕(プロデューサー) ・ 能力がある ・ ただ者ではない ・ 天才的(な) ・ けた外れの(人間) ・ 途方もない ・ すご腕 ・ 剛腕 ・ 怪腕 ・ 超人的(な) ・ 腕利き ・ 頭が切れる ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ 的確に処理する ・ らつ腕 ・ 腕が立つ ・ 油断できない ・ 侮れない ・ 手だれ(の使い手) ・ 器用 ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人)
器用(な男)ずるい器用(な男)ずるい  ばくれん ・ いかさま ・ さがない ・ 正しくない ・ (やり方が)不公正 ・ 公正でない ・ 煮ても焼いても食えない ・ 保身しか頭にない ・ 卑怯(な行為) ・ 汚い(やり方) ・ 駆け引きが得意 ・ 不正 ・ 食えない ・ したたか(な女) ・ 性悪(の男) ・ いんちき(をする) ・ ずる(をする) ・ ずるい ・ 小ずるい ・ えげつない ・ あくどい ・ フェアでない ・ アンフェア(なやり方) ・ こすい ・ 善良でない ・ 凶賊 ・ 悪人 ・ 極悪人 ・ 悪賢い ・ 知能犯 ・  ・ マッド(サイエンティスト) ・ 悪達者 ・ 悪魔 ・ 悪徳(△弁護士[医師]) ・ 奸賊 ・ 闇の世界に生きる者 ・ くせ者 ・ 海賊 ・ (凶悪)犯人 ・  ・ 要注意人物 ・ 裏街道の人物 ・ あぶれ者 ・ 賊子 ・ ヤクザ ・ 経済ヤクザ ・ (経済成長を阻む)がん ・ 強面(のお兄さん) ・ よからぬ人相(の) ・ 性悪(な人間) ・ 憎々しい(顔つき) ・ (買い気をあおる)さくら ・ ぽん引き ・ 悪い評判しか聞かない ・ 山賊 ・ ひと筋縄ではいかない(相手) ・ 人でなし ・ 闇の勢力 ・ 裏の勢力 ・ (人間の)くず ・ 人面獣心 ・ おっかない(連中) ・ 奸物 ・ 無頼の徒 ・ 無法者 ・ 犯罪者 ・ (組織の)ドン ・ 悪代官 ・ ごろつき ・ (△会社[文筆])ごろ ・ (町の)ならず者 ・ 暴力団員 ・ 暴力団組員 ・ 手の汚れた(者) ・ 黒い手 ・ 魔の(手が伸びる) ・ 魔手 ・ 黒ネズミ ・ 頭の黒いネズミ ・ 大ネズミ ・ 悪玉 ・ 姦悪(な人物) ・ 奸悪 ・ 悪の権化(のような人物) ・ 人の心がない ・ 巨悪 ・ 黒い影(が襲いかかる) ・ 悪党 ・ 大悪党 ・ 大盗賊 ・ ピカロ ・  ・ (反社会的集団の)構成員 ・ ふらち(なやつ) ・ たぬき親父 ・ サイコパス ・ 食わせ者 ・ (盗賊)一味 ・ 黒い噂のある(芸能人) ・ ギャング ・ 嫌われ者 ・ 嫌われる ・ 漢奸 ・ 海千山千 ・ 目つきが悪い ・ 迷惑(をかける) ・ マフィア(みたいな連中) ・ 無頼漢 ・ ろくでなし ・ 極道者 ・ 世間師 ・ 怪人 ・ (殺人事件の)容疑者 ・ 手を汚す ・ 真っ黒な手 ・ 醜類(がうごめく) ・ 悪い奴 ・ 憎まれ者 ・ 強か者 ・ 悪者 ・ 梟雄 ・ (ジキルと)ハイド ・ よからぬ人物 ・ 不心得者 ・ (稀代の)ペテン師 ・ ボス ・ 前科者 ・ 古だぬき ・ 古ぎつね ・ 縄付き ・ 人非人 ・ 然る者 ・ 凶漢 ・ (お主も)悪(よのう) ・ 悪い奴ら ・ 悪名 ・ 鬼(退治) ・ 不所存 ・ しゅうと根性 ・ しゅうとめ根性(丸出し) ・ 心がねじけている ・ ねじ曲がった(心) ・ 陰湿 ・ ひねくれ者 ・ すねた(性格) ・ 抑圧されて育つ ・ よこしま(な性格) ・ あさましい ・ 根性が曲がっている ・ 嫌らしい(性格) ・ 邪気 ・ 姦悪 ・ (根性が)汚い ・ 偏屈者 ・ 意地悪じいさん ・ 陰険(な性格) ・ 暴悪 ・ (性格が)悪い ・ 誠実でない ・ 姦佞 ・ 性根が悪い ・ 性根の腐った(やつ) ・ 猜疑心が強い ・ 性悪(しょうわる)(の) ・ いけ好かない(じじい) ・ 因業(おやじ) ・ 不心得 ・ 根性曲がり ・ 悪辣 ・ 不実な(男) ・ 卑劣 ・ 陋劣 ・ 薄汚い根性 ・ 根性が悪い ・ いじめ体質 ・ 邪悪 ・ 意地が悪い ・ 小意地が悪い ・ 底意地が悪い ・ 極悪 ・ (やり方が)卑怯 ・ 不正直 ・ 腹黒い ・ おきて破り(を図る) ・ 狡猾 ・ (狡猾な)策略 ・ 目先の利益にとらわれない ・ 悪徳医 ・ 抜け目なく(金を儲ける) ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 世間ずれ(する) ・ 交換条件(を出してくる) ・ 悪知恵が働く ・ 悪知恵の働く(連中) ・ すれっからし ・ すれからし ・ (利権を)あさる(政治家) ・ ずる賢い ・ (消費者を)利用する ・ 利にさとい ・ (得意の)自作自演 ・ 狂言強盗 ・ (相手の)裏をかく ・ (裏の)裏を読む ・ 神出鬼没(の怪盗) ・ たいした(女)(だぜ) ・ 駆け引きに長ける ・ 悪巧者 ・ 狡獪 ・ (相手を)出し抜く ・ 海千山千(の搾取者) ・ 立ち回りがうまい ・ (自らの)利を図る ・ 生き馬の目を抜く ・ 寝業(△師[にたけた政治家]) ・ 抜け目(が)ない ・ 食えない(女) ・ 悪ずれ(している) ・ 奇計を案じる ・ 世故に長ける ・ 悪知恵の働く ・ 商才に長ける ・ 要領がいい ・ ぎつね ・ (相場の)修羅場を生き残る ・ (精神的に)大人 ・ 悪徳弁護士 ・ おためごかし(の親切) ・ 揺さぶりをかける ・ たぬき(親父) ・ 悪魔的(発想) ・ こざかしい ・ (狼のごとき)知略 ・ 密輸 ・ 水面下△での交渉[で話を決める] ・ 闇(でもうける) ・ 黒い取引 ・ 水面下 ・ 密貿易 ・ 疑惑がらみ(の土地) ・ 裏金を使う ・ 闇取引 ・ 不正取引 ・ 裏道 ・ 裏で結託する ・ 水面下でやり取りされる ・ 不透明(な取引) ・ (馴れ合い)売買 ・ 闇(取引) ・ 闇のルート(を通じて) ・ 抜け道(を使う) ・ (違法な)政治取引 ・ やばい(仕事) ・ 裏取引 ・ 密輸入 ・ 不明朗な取引 ・ 不公正取引 ・ 不正な取引 ・ こっそり(~する) ・ いかがわしい(取引) ・ ひそかに ・ 後ろ暗い(金品) ・ (手に入れた)獲物 ・ 戦果 ・ 贓物 ・ やばい(金) ・ 戦利品 ・ 略奪品 ・ 盗品 ・ 贓品 ・ (罪を人に)かずける ・ 丸投げ(する) ・ (他人の)せいにする ・ (責任を)背負わせる ・ しょわせる ・ (費用を)肩代わりさせる ・ (責任を)押しつける ・ (責任)転嫁(する) ・ (罪を他人に)帰する ・ (失敗の責任を部下に)擦る ・ (弱者に)しわ寄せ(する) ・ (他に)責任を負わせる ・ 負担させる ・ (値段を)吊り上げる ・ (責任を他人に)おっかぶせる ・ 強引に ・ (他人に)つけを回す ・ (次世代に)付けを回す ・ なすりつける ・ とかげの尻尾切り ・ (責任を人に)塗りつける ・ (親がどら息子の)尻ぬぐい(をする) ・ (債権者に)泣いてもらおう ・ (△責任[罪]を)かぶせる ・ 嫁する ・ たらい回し(にする) ・ (人の顔に泥を)塗る ・ (部下に罪を)着せる ・ (相手にとって)耳の痛い話をする ・ (弱みに)付け込む ・ (弱みに)付け込んで(金をゆすり取る) ・ (うまく)立ち回る ・ (相手を)なめる ・ 背に腹は代えられない ・ ハニートラップ ・ からめ手から攻める ・ (相手の)弱点を読む ・ (弱点を)突く ・ 寸鉄人を殺す ・ (家族にばらすと)脅す ・ 足元を見る ・ 小股すくい(をかける) ・ (相手の)触れられたくない点を持ち出す ・ (相手を)軽く見る ・ 弱みを握る ・ 泣き所に触れる ・ 困っているのを知っている ・ 商売上手 ・ (高値を)吹っかける ・ あざとい ・ 強く出る ・ (相手より)優位に立つ ・ (相手を)甘く見る ・ 欲をかく ・ (態度から本心を)見て取る ・ 弱点を攻める ・ 痛い所をつく ・ 王手飛車取り ・ 無防備の部分を急襲する ・ ウイークポイントを攻める ・ (品薄を)いいことに(高く売る) ・ (高額)転売 ・ (一瞬の隙を)利用して(ゴールを決める) ・ (△弱点[弱み]を)見透かす ・ (娘を)人質(に取る) ・ (自分の)有利性を活用する ・ 陰で(悪口を言う) ・ 姑息(な手段) ・ (勝つためには)手段を選ばない ・ 裏から手を回す ・ 裏(でいじめる) ・ 薄汚い(振る舞い) ・ 狡猾(なやり口) ・ 卑怯(なやり方) ・ 裏表がある ・ (やり方が)汚い ・ 陰湿(ないじめ) ・ やり方が堂々としていない ・ 陰険(なやり口) ・ 卑劣(な△行為[手段]) ・ こそこそ(と進める) ・ 無試験(で入る) ・ 不正(入学) ・ 裏口(入学) ・ 裏から入る ・ 鼻薬を嗅がせる ・ コネ入社 ・ 金が絡む ・ チート ・ 詐欺(的な手法) ・ (人を)陥れる ・ 違法行為 ・ (汚い)トリック ・ 奥の手(を使う) ・ だましのテクニック ・ ずるい(やり方) ・ 詐術 ・ 不正操作(によるメダルの取得) ・ 駆け引き(に長ける) ・ 落とし穴(を設ける) ・ 錬金術 ・ うろん(なやり方) ・ 裏技(を使う) ・ いんちき ・ 人質(に取る) ・ ペテン ・ (相手を陥れる)奇策 ・ 罠(を設ける) ・ おきて破り ・ 寝業(師) ・ 手口 ・ 手品(を使う) ・ 卑怯 ・ 恥を知れ ・ 卑怯者 ・ 糾弾の対象 ・ (人の道を)踏み外す ・ (人の道に)もとる ・ 正々堂々としていない ・ 姑息 ・ 嫌らしい ・ 片手落ち(な判定) ・ 偏見(に満ちる) ・ 欠席裁判 ・ 偏愛 ・ 偏頗 ・ 差別的 ・ 判官びいき ・ 不平等(の扱い) ・ 情実にとらわれる ・ 私曲 ・ 公平でない ・ 不公正 ・ ダブルスタンダード(な態度) ・ 不公平 ・ アンフェア ・ ひいき目に見る ・ えこひいき ・ 一面的(な評価) ・ (学力)偏重 ・ 偏る ・ 悪平等 ・ 横道 ・ 脇道 ・ 金さえもうかればいい ・ 人として間違っている ・ 不義理 ・ 没義道 ・ 悪逆非道 ・ 良心の呵責に襲われる ・ 強硬手段 ・ 不法 ・ 人の道に外れた ・ 不義 ・ 非道 ・ 反道徳的(な) ・ (悪魔に)魂を売る ・ 無体 ・ 裏切り ・ 無理 ・ よこしま(な考え) ・ モラルを犯す ・ モラルは二の次 ・ 不正義 ・ 反社会的(な) ・ 邪道 ・ 無法 ・ 魔道 ・ 不道徳(な) ・ 無道 ・ 卑しい ・ せこい(考え) ・ 潔くない ・ せせこましい(料簡) ・ 卑屈 ・ さもしい ・ (何とも)情けない ・ 哀れむべき ・ (小人閑居して)不善をなす ・ 意地汚い ・ しぶしぶ(~する) ・ ひんしゅくを買う ・ (心が)貧しい ・ 心貧しい ・ しみったれた(やつ) ・ いじましい ・ (金に)汚い ・ 浅はか(な考え) ・ こすっからい ・ 貧弱な(精神) ・ 小者(の考え) ・ 姑息(なやり方) ・ みみっちい(やり方) ・ 利己的 ・ ケチ(な根性) ・ ケチくさい ・ 間違った(料簡) ・ ちまちま(した考え) ・ 見苦しい ・ こせこせ(している) ・ 料簡が狭い ・ おおらかでない ・ 小心 ・ 後知恵 ・ 後出し(ジャンケン) ・ (理由の)後付け ・ 邪悪な心 ・ たくらみ ・ 獣心 ・ 邪心 ・ 盗心 ・ 僻心 ・ 悪心
器用(にこなす)上手じょうず器用(にこなす)上手じょうず  小器用 ・ 小手先がきく ・ (ギターの)キレがいい ・ 精妙(な技術) ・ 落ち度がない ・ 落ち度なく(役目を終える) ・ かっこよく(踊る) ・ 至妙 ・ (英語なら)(誰にも)負けない ・ 熟達(している) ・ 丁寧(な対応) ・ 適正な判断 ・ (手芸は)プロの域 ・ (君にしては)上出来 ・ 名人芸 ・ (監督の手腕)恐るべし ・ 超絶技巧 ・ 心憎い(出来ばえ) ・ スキルがある ・ シャープな(頭脳) ・ (天才少年が)彗星の如く現れる ・ 達者(な芸) ・ 巧打(を見せる) ・ 快刀乱麻(の活躍) ・ まんまと(逃走する) ・ 王者(の貫禄を見せつける) ・ 技あり(の一打) ・ 安心して(見て)いられる ・ (見ていて)安心できる ・ 堂に入る ・ 巧妙 ・ 抜きん出た(能力) ・ スムーズに ・ 流れるように ・ (試合)巧者 ・ (努力の)天才 ・ (左官職人の)技術が光る(漆喰の家) ・ 素人離れ(した腕前) ・ 技巧(派) ・ 高度な技術を持つ ・ 退屈させない ・ あきさせない ・ 巧遅 ・ 底力のある(強いチーム) ・ 小気味よく(料理する) ・ (剣術の)腕が立つ ・ (技術的に)うまい ・ (道具を)うまく(扱う) ・ 小味(な演奏) ・ 手際よく(進める) ・ 素早く(やってのける) ・ (見る者を)引きつける ・ 悪達者 ・ 文句なし(の技能) ・ 渋い(バッティング) ・ いい味を出している(役者) ・ (事を)手回しよく(進める) ・ 稀代(のピアニスト) ・ 見事な手さばき ・ 見事(な)(技) ・ 手綺麗 ・ 好きこそ物の上手なれ ・ 危なげがない ・ 確か(な)(腕前) ・ 巧味 ・ きれいに(決める) ・ 玄人はだし ・ 本職はだし(の腕前) ・ 堂に入ったもの ・ 他の追随を許さない ・ ナイス(ピッチング) ・ ファイン(プレー) ・ (与えられた仕事を)手堅く(こなす) ・ (本職)そこのけ(の腕前) ・ 八丁 ・ (やる事に)そつがない ・ そつなく(こなす) ・ (動作に)迷いがない ・ 習熟(した動作) ・ 腕に覚えがある ・ 神がかり的(演奏) ・ (腕の)冴えた(職人) ・ (槍の)使い手 ・ (演技が)際立つ ・ 発想がすごい ・ 飛鳥の早業 ・ (扱いが)身についている ・ テクニシャン ・ テクニックに優れる ・ 年季が入った(技)(を見せる) ・ すぐれた腕前 ・ (守備力に)定評がある(選手) ・ 得手えて ・ 優れた技量(を持つ) ・ 卓抜(△した手腕[なセンスの持ち主]) ・ 流れるような(所作) ・ (語学が)堪能 ・ (中国語が)ぺらぺら ・ 無駄がない ・ 早業 ・ (体に)なじんだ(仕事) ・ (△手際[扱い]が)鮮やか ・ 鮮やかに(決める) ・ 鮮やかな手並み(を見せる) ・ (能力に)優れる ・ たやすく(扱う) ・ 得意(技) ・ 適正な判断(をする) ・ 適正に処理(する) ・ 十八番 ・ つぼを押さえている ・ (プレイのうまさに)驚かされる ・ お家芸 ・ (その構え、)ただ者ではない(な) ・ (お主)やるな ・ 切れ味の鋭い ・ 水際立った(手腕) ・ (ピアニストの)巧み(な)(指さばき) ・ 巧みに(△操る[やってのける]) ・ 巧(拙) ・ 絶妙 ・ (仕事が)手の内にある ・ 手の内に入る ・ (漱石)ばり(の)(文章) ・ 上手に ・ 見事に(決める) ・ ものの見事に ・ 的を射た(助言) ・ 神業 ・ 神に入る ・ 入神 ・ 神がかり的な(演奏) ・ 能力が高い ・ 上手 ・ 様になっている ・ うわて ・ 上級者 ・ (剣術の)達人 ・ 頭脳的(な試合運び) ・ 頭脳プレー(を見せる) ・ 立派に ・ 腕達者 ・ 手練しゅれん(の早業) ・ (対応が)落ち着いている ・ ドンピシャ(のタイミング)(で打つ) ・ (△詩[楽器]を)くする(人) ・ 剛腕(投手) ・ 手慣れている ・ 手慣れたもの ・ 手慣れた(様子) ・ 慣れた(手つき)(で) ・ (ピアノの)貴公子 ・ (車に)こだわる ・ 遣り手 ・ 手利き ・ (その道の)プロ ・ 安定している ・ 腕のいい(コック) ・ 経験豊か(な)(講師) ・ 免許皆伝 ・ 仕事熱心 ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ 芸達者 ・ 練達(の△士[医師]) ・ 玄人 ・ 手だれ(の剣客) ・ 技術のある(会社) ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ (野菜)ソムリエ ・ 頑固一徹(の職人) ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ (バイオリンの)名手 ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ 高度な技能を備える ・ 力量のある(作家) ・ 切れ者 ・ 利け者 ・ 専業(作家) ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ 有段者 ・ 研究者 ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ 技巧派 ・ 仕事師 ・ 目の肥えた(消費者) ・ プロフェッショナル ・ 敏腕家 ・ 名取り ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ 職人 ・ 職人技 ・ 商売人 ・ 優秀(な左官工) ・ 老巧 ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ ベテラン(の域に達する) ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ セミプロ ・ 手腕家 ・ 業師 ・ オタク ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ エキスパート ・ 本物(の職人) ・ 優れた技量を持つ ・ 熟練(工) ・ 技能(工) ・ 油断できない ・ 侮れない ・ 能力がある ・ けた外れの(人間) ・ 凄みのある ・ 敏腕(プロデューサー) ・ 腕が立つ ・ ただ者ではない ・ ゴッドハンド(と呼ばれる) ・ 剛腕 ・ (弁舌に)長ける ・ らつ腕 ・ 手だれ(の使い手) ・ 的確に処理する ・ 有能 ・ 道理が分かっている ・ 怪腕 ・ 並外れた ・ (誰にも)引けを取らない(家具職人) ・ 天才的(な) ・ すご腕 ・ 昔取った杵柄 ・ 優れた腕前 ・ 常識で計れない ・ 途方もない ・ すさまじい ・ 超人的(な) ・ 器用 ・ 頭が切れる ・ 人間離れ(した)(動き) ・ ため息の出る(ような)(バッティングセンス) ・ 鮮烈な(一撃) ・ 忍者的(スーパーキャッチ) ・ 軽業(的な身のこなし) ・ 目立つ活躍 ・ 機敏な(動き) ・ しなやか(な身のこなし) ・ スーパープレイ ・ スーパー(ロングシュート) ・ ミラクル(キャッチ) ・ 奇跡(の大逆転) ・ 強烈な(パンチ) ・ 高度な技術 ・ 離れ技(を演じる) ・ (高難度のゴールを)鮮やか(△に決める[な着地]) ・ 華麗(な一本背負い) ・ 称賛される行為 ・ 躍動美 ・ 胸のすく(ようなプレー) ・ (棋士が深い読みの入った)巧手(を放つ) ・ 名手(を打つ) ・ 鮮やかさ ・ 怪物的(なプレー) ・ 目の覚める(ような)(ホームラン) ・ 流れるような(華麗な動き) ・ 神業(△的な包丁さばき[と言うしかない]) ・ 見栄えのする働き ・ 見事 ・ 目の覚めるような ・ (全盛期を)彷彿とさせる(プレー) ・ 妙技(を見せる) ・ 対戦相手も絶賛する ・ ラスト二秒の ・ ファインプレー ・ ドンピシャの(タイミングで) ・ 絶妙の ・ クリーン(ヒット) ・ ほれぼれする(ような筆さばき) ・ すばらしい ・ 美技(を披露する) ・  ・ 絶妙さ ・ 年功 ・ 老練 ・ 達筆 ・ すらすらと書く ・ 美文字 ・ 雄渾ゆうこんな(筆の線) ・ 美しい△文字[筆跡] ・ 健筆 ・ 名筆 ・ 能書(家) ・ 繊細な筆跡 ・ 能筆 ・ 字がうまい ・ 墨痕鮮やか(に書きあげる) ・ 大人のたしなみ ・ 端正な字 ・ 力強い(筆致) ・ のびのびとした字 ・ 麗筆 ・ 筆が立つ ・ (文章が)うまい ・ (文章が)上手 ・ 能文 ・ 書をくする ・ 達意(の文) ・ 書き立てる ・ 手筋がいい ・ 達者な筆使い ・ 早業(的な送球) ・ 人間業とは思われない ・ 抜群の身体能力 ・ 神技 ・ 好演(する) ・ (役が)乗り移ったかのような(演技) ・ 力演(する) ・ (役柄を)名演(する) ・ 名演技 ・ 熱演(する) ・ すぐれた演技 ・ (堺雅人の)当たり役 ・ (主人公が舞台の上に)生身の人間として存在(する) ・ (本当の)芸が萎縮している ・ 安定した(芸) ・ 熟成(する) ・ (機械の取り扱いに)習熟(する) ・ し慣れる ・ 味わい深い(小説) ・ 深みが出る ・ 完成度の高い(演奏) ・ 完成されている ・ まろやか(な味わい) ・ 練熟 ・ 老成(した文章) ・ (演技に)脂が乗ってきた ・ 脂の乗り切った(ピアニスト) ・ 玄人受け(する) ・ 熟す(る) ・ (文章が)こなれている ・ (芸が)枯れる ・ 背伸びしたところがない ・ (難しい技を)確実に成功させる ・ 大人の演技 ・ 老熟 ・ 円熟(した演技) ・ コクのある(演技) ・ 失敗(すること)がなくなる ・ 鍛えた(腕前) ・ 渋味を持つ ・ 慣熟 ・ 無理がない ・ 味が出る ・ 熟練(した技能) ・ 不自然さがなくなる ・ 自然(な演技) ・ 味のある(芝居) ・ 百発百中 ・ 物慣れた(様子) ・ 進歩向上(を図る) ・ (演技に)幅が出る ・ (練習によって)(大きく)化ける ・ (数か月の特訓で)大化けする ・ うまくなる ・ (精進の)成果が出る ・ 円熟 ・ (書道に)達する ・ (成績が)ぐんとアップ ・ 技量が上がる ・ (ゴルフの)腕が上がる ・ 腕を上げる ・ 手慣れる ・ 熟達(する) ・ 能力が上がる ・ (調子が)上向きになる ・ (料理の)手が上がる ・ (能力的に)進歩(する) ・ (力が)伸びる ・ (作家として)成熟(する) ・ (運転技術に)習熟(する) ・ 上手になる ・ (大きく)成長(する) ・ (いい)記録が出る ・ (才能が)花開く ・ (努力の上に)花が咲く ・ (包丁さばきが)冴える ・ 手慣らす ・ (技術が)向上(する) ・ (プレーに)磨きがかかる ・ 長足の進歩(を遂げる) ・ 練達 ・ 次のレベルに進む ・ レベルアップ(する) ・ 進級する ・ 力がつく ・ (尻上がりに)よくなる ・ 進境著しい ・ (さらに)上達(する) ・ 板につく ・ (全く)自然(な見た目) ・ (見た目に)無理がない ・ (道具が)(手に)なじむ ・ 使い慣れた(万年筆) ・ 据わりがいい ・ しっくり(△する[くる]) ・ ちょうどいい ・ 安定感がある ・ (何度も着て)着慣れ(する) ・ ぴったり(する) ・ 様になる ・ 名演説 ・ 独特の節(回し) ・ 声涙ともに下る(名演説) ・ 見事(な語り口) ・ (何ともいえない)味がある ・ (軽妙)洒脱(な話術) ・ 得意の喉を披露(する) ・ 名調子(を聞かせる) ・ 確立された ・ 苦もなく(やってのける) ・ スムーズ(に)(進める) ・ すんなり(と)(終わらせる) ・ 事もなげに(やってのける) ・ 余裕(がある) ・ すらすら ・ 児戯に等しい ・ ちょろい ・ (~するのは)訳(が)ない ・ 訳なく ・ 何でもない ・ 何のことはない ・ 序の口 ・ まんまと(金を巻き上げる) ・ 易々 ・ やすやす(と)(やってのける) ・ 掌を返す ・ ハードルが低い ・ 平易 ・ お茶の子(さいさい) ・ 易い ・ 朝飯前 ・ 器用に(こなす) ・ お安い(御用) ・ あっさり(やってのける) ・ (お)手軽(に読める短編小説) ・ 手軽い ・ 手軽く(やってのける) ・ 心配はない ・ 問題なく(できる) ・ 問題ではない ・ 嚢中の物を探る ・  ・ 手っ取り早い ・ どうという事はない ・ (人の物を)気安く(使うな) ・ みすみす ・ すぐできる ・ 楽々(と)(やってのける) ・ (いとも)たやすい ・ 無造作(に)(相手を負かす) ・ 造作(も)ない ・ 造作なく(解決する) ・ 生易しい ・ 易しい ・ 上手に(やる) ・ 世話がない ・ イージー ・ 安易(なやり方) ・ 軽易 ・ 抵抗なく ・ ゆとりを持って(できる) ・ 物ともせずに ・ たわいない ・ 難なく ・ 楽勝 ・ 安直 ・ うまく(やってのける) ・ (△するのが[極めて/拍子抜けするほど])簡単 ・ (いとも)簡単に(やってしまう) ・ あっけなく ・ 鮮やか(なプレー) ・ 見事な(勝ちっぷり) ・ 見事に ・ 赤子の手をひねるよう ・ 平たい ・ 得意 ・ お手のもの ・ 屁のかっぱ ・ すぐわかる ・ むざむざ ・ 楽(に勝てる) ・ 手もなく(ひねられる) ・ 片手間(仕事) ・ 容易 ・ 一寸 ・ 簡易 ・ 人々を楽しませる ・ 人前で演じる ・ 技(を見せる) ・ 見せ物 ・ 芸(を披露する) ・ (歌舞伎の)荒事あらごと ・ 美技 ・ けれん ・ あっと言わせる ・ (模範)演技 ・ 妙技 ・ (歌舞伎役者が)見えを切る ・ パフォーマンス ・ (本領を)発揮する ・ 底力を見せつける ・ (周囲を)脱帽させる ・ いいところを見せる ・ 自慢の技を披露する ・ かっこいい姿を見せる ・ 特技 ・ 伝統芸 ・ おはこ ・ 得意中の得意 ・ (強肩が)売り物(の外野手) ・ (毒舌が)売り(のタレント) ・ 持ち歌 ・ 得意技術 ・ (彼の)売り物(である声帯模写) ・ 得意技 ・ (お)得意(の芸) ・ (他人に)まねの出来ない芸 ・ 芸(は身を助ける) ・ お株(を奪う) ・ 代表芸 ・ (大食いが)取り柄(のタレント) ・ (キャベツの千切りなど)お手のもの ・ (その芸は彼の)専売特許(だ) ・ 得意分野 ・ (高い技術力を)誇りとする(企業) ・ (武田鉄矢はものまねの)レパートリー(に入っている) ・ 独走的分野 ・ (日本の)お家芸(である製造業) ・ 畢生(の大作) ・ 卓抜 ・ きらびやかで精緻(なステンドグラス) ・ 光彩陸離 ・ すこぶる(つき) ・ 精彩 ・ 目立つ ・ 称賛する ・ いみじくも ・ (前作を)しのぐ(傑作) ・ 鮮やか ・ 劣らない ・ (目を)見張る ・ 最高 ・ 並を超えている ・ 上には上がある(ものだ) ・ 輝かす ・ えも言われぬ ・ キラキラした(言葉) ・ まぶしい(言葉) ・ 称賛に値する ・ 超越 ・ 不滅(の作品) ・ 勝る ・ 一流(のサービス) ・ 高める ・ 声もない ・ 言葉をのむ ・ (仕事のあとのビールは)たまらない ・ 抜きん出る ・ (師より)優れる ・ 振るった ・ 冠絶 ・ 美しい(音楽) ・ 上乗 ・ 華麗(なダンス) ・ 秀逸 ・ 匂い立つ(美しさ) ・ 傑出(する) ・ (△能力[結果]が)上回る ・ 赫々 ・ あっぱれ ・ 至高 ・ 秀でる ・ 出来栄え ・ すごい ・ 天晴 ・ 独特の雰囲気を持つ ・ 高い ・ 敬意を表する ・ 優位に立つ ・ (彼とは)格が違う ・ 軽妙 ・ 大いなる(業績) ・ 豪儀 ・ 優秀 ・ 輝かしい ・ 超絶 ・ 水際立つ ・ 飛び抜ける ・ 異彩(を放つ) ・ 光彩 ・ 引き立つ ・ 胸を打たれる ・ 長ける ・ しのぐ ・ 際立つ ・ 迫真(の演技) ・ 目を奪われる ・ 映える ・ 感心(する) ・ (演歌は)日本の心 ・ (高く)評価する ・ 度肝を抜かれる ・ 特筆すべき ・ 大書すべき ・ 驚嘆(に値する) ・ 代わり映え ・ 不朽(の名作) ・ 抜群(の成績) ・ 優れている ・ 偉大 ・ 心憎い(演技) ・ 立派 ・ 一番 ・ 上出来 ・ 圧倒的 ・ 頭角を現す ・ 重立つ ・ (才能が)光る ・ 圧巻 ・ 優等 ・ 尤なる ・ 高まる ・ (先生を)追い越す(ほどの腕前) ・ (成績でライバルを)追い抜く ・ スケールが大きい ・ 目を丸くする ・ 越す ・ 一頭地を抜く ・ 見栄え ・ 比倫を絶する ・ 最高傑作 ・ 褒める ・ 傑(物) ・ 驚くべき ・ 卓絶 ・ 輝く ・ ずば抜ける ・ 親勝り ・ 抜群 ・ ずば抜けている ・ 華々しい ・ 勝つ ・ 目もくらむ(ような)(景色) ・ ぼう然(とする) ・ 凄絶(な)(魅力) ・ 規格外(の選手) ・ 右に出る(者はいない) ・ 卓出 ・ (他より)目覚ましい ・ (売上高で他社を)凌駕(する) ・ 突出(している) ・ (一枚)うわて ・ 良い ・ 見上げる ・ 見上げた(度胸) ・ 長じる ・ 抜け出る ・ 群を抜く ・ 豪華版 ・ 傑作 ・ (同業他社より)卓越(した技術) ・ 優れた ・ (ライバルの)上を行く ・ 天来(の妙技) ・ (こっちの方が)断然(いい) ・ えも言われぬ(美しさ) ・ 結構 ・ 特出 ・ 優越 ・ 息をのむ(奇観) ・ 息が止まりそう ・ 素敵 ・ 穎脱
器用(貧乏)さまざまな手段や方法/あれこれ試みる器用(貧乏)さまざまな手段や方法/あれこれ試みる  あれこれ試みる ・ 硬軟(を)△織り交ぜる[取り混ぜる] ・ あの手この手(で) ・ いろいろ(やる) ・ あれこれ(試す) ・ しつこく ・ アメとムチ(を使い分ける) ・ 手段を選ばない ・ 何重もの(罠) ・ いつも ・ 可能な限り(の手段) ・ 思いつく限り(の方法) ・ 陰に陽に(力になる) ・ 陰になり日なたになり(して) ・ 二刀流、三刀流(で社会を生き抜く) ・ 手を替え品を替え(て) ・ 取っかえ引っかえ(試みる) ・ あらゆる手段(を講じる) ・ 常に ・ あらゆる方向から攻める ・ 四方八方から(試みる) ・ 背後からも攻める ・ からめ手からも攻める ・ 二重三重(の防護策) ・ 手を尽くす ・ なんのかの(と)(理屈を言う) ・ 励まし続ける ・ いつも(味方) ・ 頼れる(おばさん) ・ こまごまと(と世話を焼く) ・ 陰に陽に ・ 物心両面(で)(支援する) ・ あれこれ(助ける) ・ 何かにつけ ・ 親身になって ・ 何かと(気を使う) ・ 何くれとなく(面倒をみる) ・ 常に支える ・ 思いつく限りの(手段) ・ 次々と(策を繰り出す) ・ 何でもござれ ・ あらゆる(手段) ・ できる限り(のことをする) ・ あの手この手で ・ しらみ潰し(に捜索する) ・ なりふり構わず(強行採決) ・ あれやこれや ・ あれやらこれやら(しなければならない) ・ あれこれ(忙しい) ・ 山海(の珍味) ・ いく通り ・ (雑事が)山ほど(ある) ・ バリエーション(が豊富) ・ たくさん(の予定) ・ よろず(屋) ・ 千々(に) ・ もろもろ(の事情) ・ 何かと(忙しい) ・ (硬軟)取り混ぜる ・ 競合(脱線) ・ (各種)取り混ぜて ・ 次々(と)(完成させる) ・ 続々(と)(押し寄せる) ・ 多彩 ・ いろんな ・ バラエティ(ー)に富む ・ いろいろ(ある) ・ (干菓子の)吹き寄せ ・ 各般 ・ 多角的(な視点) ・ 各様 ・ なんだかんだ(することがある) ・ ワイド(ショー) ・ さまざま ・ 数多く ・ 幾多(の困難) ・ 凡百 ・ 一様でない ・ 事々物々 ・ 色とりどり ・ とりどり(の服装) ・ アラカルト(チョコ) ・ 多元性 ・ 品々 ・ 諸種 ・ 多重(放送) ・ (近事)片々へんぺん ・ あれもこれも(欲しい) ・ 数々 ・ 十人十色 ・ 各種 ・ とりどり ・ (議論)百出 ・ 何でもある ・ (生活雑貨の)見本市 ・ (花屋の)ショーウインドー ・ (病気の)問屋 ・ (疑惑の)デパート ・ (旬の物で食卓を)にぎわす ・ (やることが)いくつも(ある) ・ 目移りする(ほど) ・ 何やかや(ある) ・ 何でもあり(の現代) ・ 盛りだくさん(の内容) ・ アソートメント(商品) ・ 複合的(な要因による) ・ (二つとして)同じものはない ・ 同じではない ・ より取り見取り(の食材) ・ 数ある(商品の中から) ・ よもやま ・ 多岐にわたる(議題) ・ 多種 ・ 多様 ・ 多種多様 ・ (おいしい料理が)てんこ盛り ・ 千万 ・ 玉石混交 ・ 雑多 ・ 諸般(の事情) ・ 一貫性がない ・ 種々しゅじゅ(の方策) ・ くさぐさ(の品) ・ 種々雑多 ・ (日本の滝)百選 ・ 百味 ・ (宗教的)多様性 ・ ピンからキリまで(さまざまの種類がある) ・ ピンキリ ・ 千差万別(の意見)
器用(貧乏)(未分類)器用(貧乏)(未分類)  手器用 ・ 芸が細かい ・ 手先が器用 ・ マルチ ・ 手さばき ・ 鮮やかな手つき ・ 職人芸 ・ 目利き ・ 達者な ・ 老練な ・ 使い勝手がいいだけ ・ 何でもこなす ・ 多才な ・ 全天候型 ・ バーサタイルな ・ 間口が広い ・ 雑貨屋 ・ 器用だけが取りえ ・ 小器用な ・ ゼネラリスト ・ 何でもこなせる ・ バカ ・ 器用貧乏 ・ あれこれ手を出す ・ 物慣れた ・ 年季が入る ・ 熟練した ・ 面で達者 ・ 芸当 ・ 秘訣 ・ 資源 ・ 発想 ・  ・ 極意 ・ 秘策 ・ 情報 ・ 手法 ・ 手のこなし ・ ルール ・ ノウハウ ・ 作り方 ・ 工夫 ・ 意を含むゼネラリスト ・ 広く浅く ・ なんでも屋 ・ ユーティリティ ・ 便利屋 ・ どれも中途半端 ・ 応用範囲の広い ・ 限定されない ・ バーサタイル ・ 広角 ・ マルチな ・ 網羅した ・ 万能型 ・ 多方面に ・ 数多くの仕事をこなせる ・ 全てにわたる ・ フルコース ・ 器用な ・ 工夫の才 ・ 多能な ・ 持ち替えができる ・ 手の内に入っている ・ 腕の確かな ・  ・ うわて器用 ・ 見巧者 ・ 何でも屋 ・ うだつが上がらない ・ 小才がきく ・ 重宝がられる ・ 一つを極めない ・ 弘法筆を選ばず ・ 手ぎわよく ・ 熟達した ・ 水平思考による ・ 手わざ ・ 細工 ・ 秘密兵器 ・ 秘芸 ・ コツ ・ テクニック ・ やり方 ・ 技術 ・ 知恵 ・ マナー ・ 暗黙知 ・ 知識 ・ ソフト ・ 問題解決のカギ ・ 方法 ・ 技法 ・  ・ 様式 ・ 多目的に利用できる ・ 全方位 ・ オールラウンドな ・ 全般 ・ 遊軍 ・ フルセット ・ 重宝がられるバカ ・ どんな仕事もやってのける ・ 汎用 ・ 広範囲 ・ 二刀流 ・ 両利き ・ 遊び上手 ・ 技量 ・ 手抜き上手 ・ 甘え上手 ・ スキルフル ・ 着こなし上手 ・ 如才ない ・ アーティスティック ・ 巧緻 ・ 料理上手 ・ 聞き上手 ・ 暮らし上手 ・ 別れ上手 ・ 上手み ・ 上手味 ・ 床上手 ・ やりくり上手 ・ 筋がいい ・ うまみ ・ 接客上手 ・ 話し上手 ・ ほめ上手 ・ 口上手 ・ ぼやき上手 ・ 世渡り上手 ・ 精巧 ・ うれしい ・ 優越感 ・ プラウド ・ 鼻に掛ける ・ 楽しい ・  ・ ご機嫌 ・ 舞い上がる ・ お客様 ・ 気炎を上げる ・ てんぐになる ・ 有頂天になる ・ 叱り上手 ・ 華客 ・ 小鼻をうごめかす
キーワードをランダムでピックアップ
万有指呼の間柾目広狭既報一分一厘下期前歴精密鼻元思案専攻ティー不測の事態憎まれ口をたたかれる自分が産んだ子馳せつける核心に触れない一臂を添えるナイトに叙せられる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 器用能力が高い
  2. 器用あらゆる能力があり多方面で活躍できる
  3. 器用(な男)ずるい
  4. 器用(にこなす)上手じょうず
  5. 器用(貧乏)さまざまな手段や方法/あれこれ試みる
  6. 器用(貧乏)(未分類)