表示領域を拡大する
(水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)ものの見方や考えに深みがない(水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)ものの見方や考えに深みがない  借り物(の思想) ・  ・ にせもの(の知識) ・ おざなりな ・ (威勢のいい)上ずった(意見) ・ 安易な行動 ・ 戦略的でない ・ さかしら(を言う) ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープ(な発想) ・ 退屈(な議論) ・ 通俗的な(解釈) ・ ありきたり(の意見) ・ 愚劣な(言い分) ・ イージーな考え ・ (上つらを)かいなでしただけ ・ 薄っぺらい(プライド) ・ 薄っぺら(な人間) ・ 小手先による(策) ・ えせ文化人 ・ 単細胞 ・ 貧弱(な思想) ・ ごまかし(の政策) ・ 現実が分かっていない ・ お手軽(な考え方) ・ 根が浅い ・ ベタな(企画) ・ 児戯に等しい ・ 大味な(文章) ・ かいなで(したに過ぎない) ・ 小利口(な娘) ・ 空疎(な論争) ・ 実質がない ・ 中身がない ・ 深みがない ・ 知性がない ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ ミーハー ・ 抜本的でない ・ 皮相な(見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ 幼稚(な思想) ・ 浅く薄い ・ 浅薄な ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ 上っ面をなぞる(だけ)(の論評) ・ 深く掘り下げない ・ 表面的な(見方) ・ 薄手(の感傷) ・ 俗見 ・ たわ言(をぬかすな) ・ 重みがない ・ 洞察力のない ・ 小ぎれい(な表現) ・ 非合理的(な考え) ・ お粗末(な政策) ・ 卑俗(な見方) ・ 厚みがない ・ 大人でない ・ 安っぽい ・ 受け狙い(の政治) ・ 見栄えがいいだけ ・ つまらない(意見) ・ 棒読み(の演説) ・ 一面的(な見方) ・ 粗雑(な論理) ・ 凡庸(な悪) ・ (△主張[発想]が)浅はか ・ 料簡が狭い ・ 見え透いた(お世辞) ・ (お世辞)たらたら(の人) ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 浅薄(な演説) ・ 書生論 ・ 表層的な(論理思考) ・ 底が浅い ・ 安直な ・ くだらない(質問) ・ △思想[見方]が浅い ・ 言葉が軽い ・ 底が知れてる ・ (論理が)散漫 ・ 俗な(考え) ・ 短見 ・ 浅見 ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 上っ調子(な態度) ・ 短絡的(な考え) ・ 貧しい(発想) ・ 上滑り ・ つじつま合わせ(の政策) ・ お寒い(計画) ・ おざなり(の政策) ・ 浮つく ・ ちぐはぐ(な言動) ・ ポリシーを持たない ・ 軟派な(生き方) ・ (努めて力まない)やわらかな(生き方) ・ 地に足がつかない ・ (現実世界から)遊離(している) ・ 浮ついた ・ ふわふわ(と漂う) ・ 実がない ・ 現実的でない(プラン) ・ 非現実的 ・ リアリティが感じられない ・ 夢遊病(的)(に行動する) ・ (△考え方[行動]が)浮ついている ・ 遊びほうける ・ お手軽な ・ インスタント(的)(なやり方) ・ 上滑り(な行動) ・ 地道でない ・ 危なっかしい ・ 放っておけない ・ 見ていてはらはらする ・ 腰が据わらない ・ (何となく)落ち着かない ・ 落ち着きがない ・ 調子がいい(△事ばかり言う[だけ]) ・ 気持ちがふわふわ(と)している ・ しっかりしていない ・ 上ずった(行動) ・ 軽躁(な性格) ・ (周囲に)流されて(生きる) ・ パサパサした食感 ・ 風情がない ・ 情緒がない ・ 退屈(な△日常[建築物]) ・ 説得力がない ・ 味を感じない ・ キレが悪い ・ 気の抜けた ・ 潤いのない ・ 大味 ・ (この絵には)詩がない ・ 詩情が感じられない ・ 余韻が残らない ・ 余韻に乏しい(作品) ・ 魅力がない ・ 殺伐とした(世の中) ・ 殺風景(な△冬の浜辺[話題]) ・ きめが荒い ・ 性急な(歌) ・ 味もそっけもない ・ 不満 ・ 満たされない ・ つるんとした(仕上がり) ・ 情の移らない(シンプルなデザイン) ・ 乾いた ・ 遊び心がない ・ 独創性に乏しい ・ 面白くない ・ 面白みがない ・ 寒々とした ・ ドライ(な△現実[世の中/関係]) ・ 無聊な(日々) ・ コクがない ・ 奥行きがない ・ 味がない ・ 頼りない(日々) ・ (東京)砂漠 ・ (都会の)人間砂漠 ・ 無縁社会 ・ 抑揚に乏しい(文章) ・ のっぺり(した)(人間関係) ・ 道具としての(車) ・ メッキ(の信条) ・ 無個性(な△デザイン[建築物]) ・ 情の通わない(△世界[関係]) ・ さばさばした ・ 味わいがない ・ 妙味がない(商い) ・ つまらない ・ 豊かでない ・ 抒情的でない ・ 味気ない ・ 単調な ・ あっけらかん(とした神社) ・ 大ざっぱ(な文章) ・ 無機的(な空間) ・ 無機質(な)(オフィス) ・ メカニカルな(△存在[デザイン]) ・ 干からびた(△言葉[思想]) ・ しがない(演技) ・ 身もふたもない(言い方) ・ 含蓄がない ・ メリハリのない(語り口) ・ 陰影に乏しい(文章) ・ 抑揚に乏しい ・ 青臭い(議論) ・ 理想論 ・ (△独り者の[飾り物が何もない])寒々しい(部屋) ・ 間の抜けた(デザイン) ・ (味に)深みがない ・ 早口(でまくし立てる) ・ かたい(△話[印象]) ・ エリート的な(△文章[生き方]) ・ 情感のない ・ 潤いがない ・ 潤いのない(文章) ・ 寂しい(人生) ・ 悲しい(人生) ・ 薄っぺらな(知識) ・ 情の薄い ・ わびしい(山里の風景) ・ 情趣のない ・ 無風流(な) ・ 散文的 ・ 索漠(とした風景) ・ 緊密でない ・ 潤いをなくした ・ 趣がない ・ 趣のない ・ 無粋な(客) ・ 粋でない ・ (仕上がりが)粗い ・ 考えが足りない ・ 無味乾燥 ・ 人情味のない ・ 間延びした(△話し方[顔]) ・ 芸も工夫もない(写真) ・ 砂を噛むような(生活) ・ ゴムを噛むのような(歯ごたえ) ・ 蒸留水(△のような話[ように深みがない]) ・ (だらだらと長いだけの)水っぽい(スープのような)(文章) ・ 濃度がない ・ 張り合いがない ・ 規格品 ・ 毒にも薬にもならない(映画) ・ 毒のない(作品) ・ 人畜無害 ・ 貧相な(絵) ・ こだわりを感じられない ・ 表面的(な議論) ・ 取るに足りない ・ 無味無臭 ・ ちゃらちゃらした(若者) ・ そっけない(態度)” ・ すすけた(空) ・ (考え方が)柔軟でない ・ 理屈だけ(の文章) ・ (政党の)理屈(に振り回される市民) ・ 理論倒れ ・ 理想論の域を出ない ・ 実際的でない ・ 観念的(な考え) ・ 原理主義的 ・ 頑迷(な老人) ・ 行動が伴わない ・ 頭でっかち(の若者) ・ 畳の上の水練 ・ 現実に即していない ・ (言うことが)青い ・ 秀才(タイプ) ・ しゃら臭い(ことを言うな) ・ 表面的(な言葉) ・ 芯がない ・ 骨がない ・ 卑俗(な△言葉[思想]) ・ 空疎(な美辞麗句) ・ リアリティがない ・ 尻馬に乗る ・ 自分の意見でない ・ 自分の言葉でしゃべっていない ・ かいなで(△の観念論[しただけに過ぎない]) ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ ぺらぺら(した印象) ・ (他人の)口まね(をする) ・ (使い回されたような)のっぺりした言葉 ・ 本物でない ・ 腹がない ・ 言葉に重みがない ・ 受け売り(の説教) ・ 無内容(な思想) ・ 安易な決めつけ ・ メッキ(の思想) ・ 哲学がない ・ 背伸びが過ぎる ・ (周囲は)しらける ・ 知ったかぶり(をする) ・ うわべだけ ・ 言葉が浮く ・ (言葉が)上滑り(している) ・ つるん(とした)(言葉) ・ 安っぽい(映画) ・ 不十分 ・ 薄っぺら(なストーリー) ・ すかすか(の文章) ・ 薄手(な評論) ・ 水っぽい ・ 妙味のない(作品) ・ 貧弱 ・ だだっ広い ・ 水増し(された) ・ (構成的に)弱い ・ (多くの中で)引き立たない ・ もの足りない ・ 劣っている ・ だらだらした(展開) ・ 小ぎれい(な社会派ドラマ) ・ 毒がない ・ 刺激がない ・ ぴりっとしない ・ (自己検閲により)漂白された(作品) ・ (無難に)脱色された(作品) ・ 水ぶくれ(した経済) ・ 誰でも思いつく ・ (内容が)薄い ・ 俗物(学者) ・ 上げ底(景気) ・ (歌詞が)走り過ぎている ・ 薄っぺらい ・ 安手(の三文小説) ・ 確かでない ・ (内容が)乏しい ・ 安易(なストーリー展開) ・ こじんまりとした(演奏) ・ あなどられる ・ ちゃち(な考え) ・ ちゃらちゃら(している) ・ ペラい ・ チャラい ・ チャラ男 ・ ちゃらけた(男) ・ (人間的に)軽い ・ お気軽(人間) ・ 未熟 ・ (お)バカ ・ 幼稚(な心理) ・ つまらない(人間) ・ ミーハー(的) ・ 安い(誘い文句) ・ 卑屈な(態度) ・ 調子がいい(だけ) ・ 浮ついた(物言い) ・ くだらない(男) ・ ふわふわした(態度) ・ ぶりっ子 ・ 薄汚い(根性) ・ (人間的に)崩れている ・ あほ ・ バカにされる ・ (周囲から)みくびられる ・ 浅薄(な人間) ・ はすっぱ(な言い方) ・ お手軽なやり方を好む ・ (人間的に)貧弱 ・ ひと山いくら(の女たち) ・ 俗物 ・ 俗物根性(丸出し) ・ スケールが小さい ・ 頭の軽い(女) ・ 底の浅い ・ 薄っぺらい(人) ・ かんなくず(のような奴だ) ・ 調子のいい(若者) ・ (本当の)大人でない ・ 小者 ・ 退屈(な人間) ・ 考えない(若者) ・ 軽薄 ・ 取るに足りない(連中) ・ 調子がいい(だけ)(の男) ・ きざ(なしぐさ) ・ ぺらぺら(と)(よくしゃべる) ・ 上ずった(冗舌) ・ 上っ調子(なしゃべり方) ・ うそっぽい ・ (考え方が)薄っぺらい ・ 薄っぺら(な媚び) ・ 一面的(な主張) ・ 歯の浮くような(セリフ) ・ うぶ(な考え) ・ 詰めが甘い ・ 書生っぽい ・ 一貫性がない ・ 一貫しない ・ 尻抜け(の法案) ・ 虫のいい(相談) ・ (考えが)甘い ・ 単純(△に考える[な人間]) ・ △考え[配慮]が浅い ・ 考えない ・ 知的負荷の軽い ・ 慎重さが足りない ・ (戦争はいやだ、何としても避けねばならぬ、という)センチメンタル(な議論) ・ ブッキッシュ ・ 机上の空論 ・ 経験がない ・ (思考に)深みがない ・ 思慮が足りない ・ 柔軟性のない ・ 一隅の管見 ・ 明日は明日の風が吹く ・ ケセラセラ ・ (深く)考えない ・ 計算し切れていない ・ 拙劣(な対処策) ・ 生硬(な) ・ 無考え(の行動) ・ 薄い ・ 小才こさい(が利くだけ) ・ 無思慮 ・ 目先だけの(浅はかな考え) ・ そんな料簡(では駄目だ) ・ 隙がある ・ 不見識(きわまる話) ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄的 ・ (自分の)不明(を恥じる) ・ 愚考 ・ 乳臭い(ことを言う) ・ 大人になり切れていない ・ (考え方が)若い ・ 浅薄(な)(見方) ・ ナイーブ(な考え) ・ 寝ぼけたことを言う ・ 緻密でない ・ 一直線に考える ・ 単線思考 ・ 偏った(見方) ・ 一面的(な△見方[考え方]) ・ 荒っぽい(議論) ・ 不完全 ・ 未完成 ・ 熟していない ・ 愚か(な考え) ・ 軽い ・ 事態を軽く考える ・ 世間知らず ・ 浅慮 ・ 薄っぺらな考え ・ 鼻元思案 ・ 認識不足(の意見) ・ 甘えがある ・ 掘り下げない ・ 掘り下げが足りない ・ 突き詰めない ・ 締まらない(話) ・ 安易(な考え) ・ 独善的 ・ 急ごしらえ(の計画) ・ 後先を考えない(で始める) ・ 見切り発車 ・ (実際の)役に立たない ・ 青臭い(考え) ・ 猿知恵 ・ 見誤る ・ 足りない(部分がある) ・ 脇が甘い ・ (思慮が)浅い ・ 素人考え ・ (考えることが)子ども ・ 子どもっぽい ・ 浅知恵 ・ 円熟していない ・ 下手の考え休むに似たり ・ 未成熟 ・ 全体が見えていない ・ 未熟(な考え方) ・ 短絡的(な主張) ・ 短絡(思考) ・ 驕りがある ・ 甘っちょろい ・ 根は単純 ・ 見方が浅い ・ 短慮 ・ 精神年齢が低い ・ 幼稚(なアイデア) ・ 幼い ・ 無難(なやり方) ・ 浅はか(な) ・ 小知 ・ 小知恵 ・ (考えが)青い ・ 青っぽい(主張) ・ おとり商品 ・ (単なる)パフォーマンス ・ (単なる)ポーズ ・ 空虚(な言葉) ・ 空疎 ・ 表面だけ(の友達) ・ わら人形 ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ 大げさ(な見出し) ・ 建前(上)(は恋愛禁止のアイドル) ・ うわべ(だけ) ・ 上げ底(の菓子箱) ・ (規則が)形骸化(する) ・ (制度の)空洞化 ・ 目くらまし ・ (心のない)薄っぺら(な言葉) ・ 名ばかり店長 ・ 名だけ(の) ・ 中身が伴わない ・ フィクション ・ 外見だけの存在 ・ 心がこもっていない ・ 無内容 ・ 空ゼリフ ・ (歴史年表は)項目を並べただけ(の製品カタログのようなもの) ・ 実質が不足している ・ 形式的(なあいさつ) ・ あだ花 ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ 絵に描いた餅 ・ 絵空事 ・ 空文(化した条約) ・ 置物(の会長) ・ 張り子(の虎) ・ 仏作って魂入れず ・ 見せかけ(だけ) ・ 有名無実(な法律) ・ 格好だけ ・ (不毛な)議論 ・ 内容が伴わない ・ うどの大木 ・ (会長とはいっても)(単なる)飾り(でしかない) ・ 名目だけ(の重役) ・ 仮面(夫婦) ・ お茶を濁しただけ ・ 派手なだけ ・ メッキ(がはげる) ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間)
(水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)うそっぽい(水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)うそっぽい  しらじらしい ・ 歯の浮くような(世辞) ・ 疑わしい ・ 信じられない ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ 虚飾(の町) ・ 不自然 ・ 自然でない ・ お寒い(言い訳) ・ インチキくさい ・ 疑いが持たれる ・ 偽善的(な態度) ・ 宗教っぽい(オンラインサロン) ・ 疑問がある ・ 空々しい ・ あり得ない ・ 面妖(な話) ・ しらじらしい(弁解) ・ 釈然としない ・ (出所の)あいまい(な話) ・ 作為的(な感じがする) ・ 大げさ(なリアクション) ・ うそのよう(な) ・ 不可解 ・ リアルっぽくない ・ (あの素振りはどうも)臭い ・ 不明朗(な会計) ・ 信頼が置けない ・ (疑わしくて)白い目で見る ・ うそっぽい ・ うそくさい ・ うさんくさい ・ わざとらしい ・ 空虚(な謝罪の言葉) ・ うつろ(な謝罪の言葉) ・ 寒気がする(口説き文句) ・ むなしい(謝罪文) ・ 首をかしげたくなる(ような) ・ 芝居っぽい ・ (どこか)薄気味悪い ・ (言葉に)まやかし(がある) ・ 誠実でない ・ 腑に落ちない ・ 不信感がある ・ 不信を感じる ・ (どこか)引っかかる ・ (二枚目ぶった)嫌み(な口説き文句) ・ 長い(言い訳) ・ 曰くありげ ・ (どう聞いても)嘘としか思えない ・ (言葉が)空虚(な響き)(を持つ) ・ 信用できない ・ 偽善的 ・ 良からぬ(連中) ・ 正体不明(の人物) ・ 正体が定かでない ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 虚飾(の青年実業家) ・ 良からぬ(人物) ・ 不信感(がある) ・ 不審(な男) ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ 評判がよろしくない ・ 裏切る ・ 疑う ・ 頼りにならない ・ 胡散 ・ 怪しげ(な人物) ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ まともでない(人間) ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ 信用しない ・ 生臭い(政治家) ・ 疑わしい(態度) ・ 本心はどこにある(?) ・ 臭い ・ (あれには)任せられない ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 鼎の軽重を問う ・ 気になる(ところがある) ・ 不信任 ・ 疑惑の人物 ・ 背信 ・ 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中]) ・ 不正直 ・ (真意を)測りかねる ・ うろん(な人物) ・ いかがわしい(人物) ・ 疑惑がある ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 危険(なグループ) ・ 素姓の知れない(人物) ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ 不信 ・ いい加減(な人物) ・ 油断できない(相手) ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ 裏世界とつながりのある ・ 素性の知れない ・ (何か)やばそう ・ 訳あり(の人物) ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ 影のある(人物) ・ 信頼関係にない ・ 不明朗(な交際) ・ 面妖(な人) ・ 訳ありな様子(の男) ・ 怪しい(存在) ・ 疑惑を抱えた人物 ・ 食わせ者 ・ 灰色(高官) ・ 要注意(人物) ・ (見るからに)怪しい ・ 変な態度 ・ 不審(な△行動[動き]) ・ 怪しい(行動) ・ 妙な(△動き[手つき]) ・ (あの素振りはどうも)くさい ・ (統合失調症に似た)奇異(な行動) ・ 奇妙(な動き) ・ 変態的な ・ 謎めいた(動き) ・ 妙に(張り切っている) ・ 嫌らしい(腰つき) ・ 下品な ・ 余分な(手の動き) ・ (正確ではないが)俗にいう(ところの~) ・ (説明が)釈然としない ・ (言うことが)二転三転 ・ つじつま合わせ(の話) ・ まことしやか(な話) ・ 当てにできない ・ 怪しい(△話[勧誘電話]) ・ 根拠がない ・ うそっぽい(話) ・ 憶測の域を出ない(情報) ・ (証言の)信憑性が(大きく)揺らぐ ・ (いまいち)ピンとこない ・ まがい物(理論) ・ 香具師やし(めいた口上) ・ 半信半疑 ・ あやふや(な供述) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 歯が浮くようなセリフ ・ (歯が浮くような)寒々しい(セリフ) ・ 心は遺伝する*/nolink* ・ 真偽の定かでない(情報) ・  ・ 大言壮語 ・ いかがわしい(儲け話) ・ 危ない(儲け話) ・ 甘い(誘い) ・ 薄っぺら(な言説) ・ キワモノ(理論) ・ 曖昧(な話) ・ オーラが見える ・ 聞こえのいい(言葉) ・ (言うことが)怪しい ・ ばか話 ・ うさんくさい(話) ・ まともでない(話) ・ 怪しい(勧誘電話) ・ 眉唾(の話) ・ 鵜呑みにできない(話) ・ オカルト(理論) ・ 妙(なうわさ) ・ 香具師めいた(口上) ・ 罠への入り口 ・ 錬金(術)(な話) ・ 虚実ない交ぜ(の持ちかけ話) ・ 得体の知れない(商品への投資話) ・ ろくでもない話(に飛びつく) ・ 都合のいい(儲け話) ・ 俗な(誘い) ・ (怪しい)儲け話 ・ うまい(話) ・ 眉唾(の儲け話) ・ 怪しげな誘い ・ (身に)覚えのない(メール) ・ いかさまの話(を持ちかける) ・ 大げさ(に)(驚く) ・ 大衆演劇(のよう) ・ どたばた(喜劇) ・ 芝居気たっぷり(に話す) ・ (歌舞伎役者が)見えを切る ・ アピール(する) ・ これ見よがし ・ うさんくさい(芝居) ・ 芝居がかる ・ 芝居じみた(しぐさ) ・ 演劇性が△ある[高い] ・ (いかにも)うそっぽい ・ 時代がかった(言い回し) ・ 大時代(的)(なセリフ) ・ オーバーアクション ・ オーバーリアクション ・ 大仰(な身振り) ・ 空々しい(褒め言葉) ・ 見えすいた嘘 ・ 調子のいい(話) ・ 芝居のような態度 ・ 過剰演技 ・ 適当でない ・ 戸惑いを感じる ・ 理解できない ・ つじつまが合わない ・ 変だと思う ・ そういうもんかなあ ・ 異な事(をおっしゃる) ・ 非論理的(な行動) ・ 理解に苦しむ ・ 怪訝(に思う) ・ 認められない ・ 不合理(な制度) ・ (今ひとつ)ピンとこない ・ いぶかる気持ち ・ 承知できない ・ (返事が)重い ・ 浮かない顔 ・ よく分からない ・ 解せない ・ 抵抗を覚える ・ (説明に強い)違和感を持つ ・ 矛盾(を感じる) ・ 妙な気分(になる) ・ おぼつかない ・ 真意を測りかねる ・ 割り切れない(気持ち) ・ もやもや(する) ・ 不思議に思う ・ 狂ってる(としか言いようがない) ・ (釈然としない)ざらざら(した気分)(になる) ・ ざらざらした(気分) ・ ざらっとした ・ ざらりとした(感触) ・ 心理的な影響(が残る) ・ 納得できない ・ (いまいち)納得がいかない ・ 納得しない ・ 怪訝(△な顔[そう/に思う]) ・ わだかまり(が残る) ・ (論理的に)すっきりしない ・ 合点がいかない ・ 落ち着かない(感覚) ・ 自己矛盾に陥る ・ なんだかなぁ ・ 間違っている ・ 怪しい(話) ・ 疑問に思う ・ いぶかる ・ 不可解に思う ・ 中途半端(な気持ち) ・  ・ (判断が)微妙 ・ (気持ちの上で)引っかかるところがある ・ (どうにも)引っかかる ・ (今ひとつ)(という)思いをぬぐえない ・ 抵抗感 ・ 疑問符がつく ・ いぶかしがる ・ 首をひねる ・ (~との間に)距離を感じる ・ 不可解な思い ・ 賛成しかねる ・ 狐に摘まれたよう ・ 訳が分からない ・ (そいつは)考え物だ ・ (△常識的[理論的]に見て)おかしい ・ 腑に落ちない(△風情[顔]) ・ おかしな話(で合点がいかない) ・ 不信感を抱く ・ 疑問を抱く ・ 嫌疑(をかける) ・ 疑問(△に思う[が生じる]) ・ 疑問を覚える ・ 疑問が湧く ・ (どこか)おかしい(と思う) ・ 額面どおりには受け取れない ・ 疑問視(する) ・ 怪しむ ・ (あのアリバイは)怪しい(と思う) ・ 疑心(を抱く) ・ 妙(な動き) ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 疑念(を△持つ[抱く]) ・ 疑ってかかる ・ すっきりしない(話) ・ 不正の臭いがする ・ (疑念が)晴れない ・ (容疑者として)マークする ・ 目をつける ・ 信憑性に問題がある ・ 信じない ・ 信じかねる ・ くさい(情報) ・ 疑団 ・ 不思議(に思う) ・ 不思議がる ・ 不思議そう(な目をする) ・ 頭をひねる ・ (説明に)首をひねる ・ (小)首をかしげる ・ 疑義(がある) ・ なぜだろう ・ (どうも)変(だ) ・ 謎(△が深まる[の行動]) ・ 疑点(を残す) ・ 信を置かない ・ 危ながる ・ 不信をあらわにする ・ いぶかしげ(な表情) ・ いぶかり(つつ) ・ 邪推(する) ・ 半信半疑(だ) ・ (限りなく)黒に近い ・ (疑問が)芽生える ・ (誰もが)疑心暗鬼(になる) ・ 鵜呑みにはできない ・ はっきりしない ・ 見とがめる ・ 勘ぐる ・ (ゲスの)勘ぐり ・ 目を疑う ・ 探るような目で見る ・ 目をこすって見る ・ 疑いの目で見る ・ 疑いの目を向ける ・ うろんな目で見る ・ 不信感(を持つ) ・ 疑惑(を感じる) ・ 曖昧(な証言) ・ 懐疑(的) ・ 疑問なしとしない ・ (そんなの)うそに決まっている ・ 納得いかない(という風に眉をひそめる) ・ 危ぶむ(ような目) ・ (△どうも[何か])引っかかる ・ (気持ちに)引っかかるところがある ・ 引っかかり(を感じる) ・ うたぐる ・ (△事実と違うのではないかと[真意を])疑う ・ 疑い(を△挟む[差し挟む]) ・ 疑いを持つ ・ 疑いをかける ・ 不審(△がる[に思う]) ・ 不審げ ・ (説明に)納得しない ・ (疑惑が)頭をもたげる ・ 真に受けられない ・ わだかまるものがある ・ 猜疑(△心[を持つ]) ・ 眉に唾をつける ・ 警戒(の念) ・ (なれなれしさを)警戒する ・ (収賄の)容疑 ・ 不審者と思われる ・ 怪しいと思われる ・ (やましいことがあるのではと)邪推される ・ 警戒される ・ 疑いをかけられる ・ いぶかられる ・ (自殺の)危険性がある ・ ぬれぎぬを着せられる ・ 不審の目で見られる ・ 不信感を持たれる ・ 不審に思われる ・ 不審がられる ・ 目をつけられる ・ うさんくさい目で見られる ・ 警戒心を持たれる ・ 疑いを抱かれる ・ 勘ぐられる ・ 疑いの目で見られる ・ 怪しまれる ・ 疑念を抱かれる ・ 痛くもない腹を探られる ・ 疑われる ・ (犯罪に加担しているという)疑いが持たれる ・ (裏切る)恐れがある ・ (ガンの)疑いがある ・ いわれのない嫌疑(をかけられる) ・ から約束 ・ 優柔不断な(性格) ・ 甲斐性がない ・ 実体がない ・ 口先だけ ・ 頼みがたい ・ 頼りがいがない ・ 信用しがたい ・ 当てにならない ・ 当てにしがたい ・ いい加減(なやつ) ・ 八方美人(頼むに足らず) ・ 浮動(票) ・ 口ばっかり(の男) ・ 眉唾(物)(の話) ・ 頼みにならない ・ 根拠のない(噂) ・ 信頼できない ・ 風来坊 ・ 糸の切れたたこ(のような奴) ・ (期待するだけ)無駄 ・ 期待できない ・ 心もとない
キーワードをランダムでピックアップ
入り相季節近海美女パパ波紋からりと微力出来事むかむか市銀悪質川開き申す吐露賜暇見物和洋折衷毒のある作品坂道を転がる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)ものの見方や考えに深みがない
  2. (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う)うそっぽい