表示領域を拡大する
見栄えがいいだけの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
見栄えがいいだけ実態以上によく見せる見栄えがいいだけ実態以上によく見せる  体裁だけ(の報告書) ・ 見せかけ(の優しさ) ・ メッキ(を施す) ・ 過大(に報告する) ・ 宣伝が過ぎる ・ (秀でているように)錯覚させる ・ (マスコミによって作られた)虚像 ・ 羊頭狗肉 ・ 蟷螂の斧(を振りかざす) ・ (内容)虚偽 ・ うそ(の決算報告) ・ (数字を)操作する ・ サバを読む ・ (事実を)粉飾(する) ・ 化粧を施す ・ 水増し(する) ・ (その場を)取り繕う ・ かさ上げ(する) ・ (欠点を)目くらまし(する) ・ (農産物の)ブランド化 ・ (実際は)張り子の虎 ・ (実態を)ごまかす ・ 上調子 ・ 上っ調子(な態度) ・ (表面的には)分からない ・ 誇大(広告) ・ 情報操作 ・ (バイアスを)差し引いて考える必要がある ・ (成績に)げたを履かせる ・ 体裁を整える ・ (学歴)詐称 ・ 繕う ・ 巧妙な味付け(を施す) ・ 上げ底(をする) ・ 見栄を張る ・ 銀流し(の紳士) ・ 厚化粧 ・ (提案書を)セクシー(に見せる) ・ 美辞麗句 ・ 体裁体裁のいいこと言う ・ (全体の)見栄えを良くする ・ 派手にする ・ (醜悪を)美化(する) ・ 看板倒れ ・ 看板に偽りあり ・ 名ばかり(の夫婦) ・ (ぼろを)覆い隠す ・ (仰々しく)飾り立てる ・ 上乗せする ・ ブランド品で身を固める ・ プラスアルファーを加える ・ もっともらしく(思わせる) ・ (あざとく)目立たせる ・ (不都合な部分を)隠す ・ (データに)作為(して数値を変える) ・ (事実を)ゆがめる ・ (事実を)曲げる ・ (内容を)膨らます ・ 華美にする ・ 水ぶくれ(させる) ・ 虚飾 ・ (話を)脚色(する) ・ (話が)増幅(されて伝わる) ・ (上辺を)飾る ・ 有名無実 ・ 盛り(ブラ) ・ メイキング(した)(資料) ・ バブル(景気) ・ うわべだけ ・ 格好をつける ・ (中身が)薄い ・ (数字を)割り増し(する) ・ 見かけをよくする ・ 粉飾 ・ えせ(紳士) ・ (視線を)うっとうしく感じる ・ 取り澄ます ・ しゃれる ・ スノッブ ・ 処世術 ・ 偽り(の人生) ・ 外面ばかりを飾る ・ 伊達 ・ 体裁振る ・ 衣の下のよろい ・ もったいぶる ・ 見栄(を張る) ・ 見えを切る ・ 澄ます ・ 着飾る ・ 得意になる ・  他人の目を意識する ・ しなを作る ・ お高くとまる ・ お高い(女) ・ よく見せる ・ (いい人の)ふり(をする) ・ 見識張る ・ 通がる ・ 虚栄(の生活) ・ 虚栄心(が強い) ・ こけおどし(の文句) ・ 知ったかぶり ・ 意識的(に)(ある態度をとる) ・ 行い澄ます ・ (先輩)風を吹かす ・ (善人の)仮面をかぶる ・ (学問を)てらう ・ てらい ・ 見かけを重視 ・ 偽善的(な人) ・ (世を忍ぶ)仮の姿 ・ ラベルは違うが中身は同じ ・ 周囲の目を気にする ・ (自分自身を)ブランディング(する) ・ (△大人[上品/いい人])ぶる ・ (大物)ぶった(小者) ・ (父親)づら(してんじゃねーよ) ・ 実際よりもよく見せる ・ 体裁のいいことを言う ・ うそ(で固めた人生) ・ うぬぼれる ・ 衒学 ・ 飾り気 ・ 自意識過剰 ・ 謙虚さを失う ・ 虚飾(の生活) ・ 装う ・ (体裁を)飾る ・ (めかし込んで)すかす ・ 思わせぶり(な態度) ・ (体裁を)繕う ・ (人前で)取り繕う ・ (紳士を)気取る ・ (学者)気取り ・ 気どり屋 ・ 便宜上(の生活) ・ 優良誤認 ・ 派手さ ・ 見せかけ ・ けれん味 ・ 化けの皮 ・ 大げさ(な) ・ 過大(評価) ・ はったり(をかける) ・ 劇画調(の表現) ・ 潤色(を加える) ・ 麗々しく(飾られる) ・ ご大層(な木箱入りのいちご) ・ 相手に強く印象付ける ・ ことさら(に)(つらく当たる) ・ 尾ひれ(を付ける) ・ 仰々しい(警戒態勢) ・ 演出 ・ 極端 ・ 大仰 ・ 芝居がかった(振る舞い) ・ もったいぶった(話し方) ・ ドラマチック ・ (事実への)色づけ ・ 色をつけて(話す) ・ 色をつける ・ 誇張(する) ・ 誇張が過ぎる ・ 仰山 ・ オーバー(な言い方) ・ オーバーアクション ・ 十年に一人(の美少女) ・ (ちょっとしたことを)大層(に言う) ・ 事々しい ・ 時代がかった(言い回し) ・ 大時代(的)(なセリフ) ・ (千年使えるという)触れ込み(のフライパン) ・ 掛け値(をする) ・ わざとらしい ・ (大きく)振りかぶった(ポーズ) ・ (相手に)(強く)印象づける ・ 権威めかした(建物) ・ 輪に輪をかける ・ 強調(する) ・ 戯画(化)(されたイラスト) ・ 戯画的(な風刺絵) ・ 大きな口をきく ・ 実際以上に大きく見せる ・ くさい(芝居) ・ 儀式張った(会合) ・ ものものしく(包帯をする) ・ ものものしい(警備) ・ 牛刀をもって鶏を割く ・ センセーショナル(に書き立てる) ・ 大風呂敷(を広げる) ・ けれん ・ 不自然な振る舞い ・ おどろおどろしい ・ 輪をかける ・ (実態と)かけ離れる ・ 書き割り ・ 張りぼて ・ 顔出しパネル ・ 張り子 ・ 外側だけ真似した ・ (クマの)はく製 ・ (口から)でまかせ ・ 偽り ・ 替え玉 ・ 不正 ・ いかさま ・ 二枚舌 ・ にせもの ・ 混じり気がある ・ でたらめ(な話) ・ 事実に反する ・ 見せかける ・ たわむれ(の恋) ・ トンデモ(科学) ・ 嘘も方便 ・ 虚報 ・ ポストトゥルース ・ (科学の装いをまとった)オカルト ・ にせ(の情報) ・ うそ泣き ・ いんちき ・  ・ 粉飾(決算) ・ 偽善 ・ 根も葉も無い ・ 紛い ・ 作為 ・ 迷妄 ・ 事実無根(の情報) ・ 荒唐無稽 ・ (言行が)一致しない ・ うそ ・ 大うそ ・ うそ八百 ・ うそ偽り ・  ・ 真実でない ・ 装われた(偶然) ・ (真実とは)裏腹 ・ 嘘っ八 ・ 由無い ・ 擬制 ・ 作り事 ・ ためにする噂 ・ 欺瞞 ・  ・ だまし(のテクニック) ・ デマ ・ 仮構 ・ ありもしない話 ・ うその皮 ・ でっちあげ ・ 絵空事 ・ 空事 ・ つじつまが合わない ・ 無根 ・  ・ 不実 ・ えせ ・  ・ 虚妄 ・ 虚構 ・ 虚偽 ・ こしらえ事 ・ 事実を曲げる ・ ペテン ・ 真っ赤なうそ ・ まやかし ・ 無実 ・ 事実でない ・ 仮性 ・ 眉唾物 ・ すねて見せる ・ (数字の)マジック ・ 偽計(取引) ・ 架空(△取引[の話]) ・ (~に)花を添える ・ (物の)値打ちを引き立たせる ・ (スマートフォンを)セクシー(にする) ・ デコレート(する) ・ 化粧(を施す) ・ 彩る ・ 飾り立てる ・ 飾りつける ・ 装いを凝らす ・ (一段と)見栄えよくする ・ (他の物を付けて)美しく見えるようにする ・ (見かけ上)カラフル(にする) ・ 満艦飾まんかんしょく(のいで立ち) ・ 彩りを加える ・ 美しく見せる ・ (宝石を)ちりばめる ・ 華やかにする ・ 飾る ・ (△写真[化粧]を)盛る ・ デコレーション ・ (美しく)装飾(する) ・ 引き立てる ・ ヨガ ・ 若作り ・ 老いに抗う ・ 老いを隠す ・ エイジレス ・ (肌年齢を)若く保つ ・ いい年して ・ 老化防止 ・ 老化を防ぐ ・ 老化を遅らせる ・ 美魔女 ・ 若さの維持 ・ 白髪染め ・ アンチエイジング ・ 年齢をごまかす ・ (単なる)かかし ・ わら人形も衣装から ・ 見かけ倒し ・ (全くの)見かけ倒し ・ 水増し(された)(内容) ・ 上げ底 ・ 価値の下落 ・ 水ぶくれ(△する[した経済]) ・ 実質以上の見かけ ・ (深夜アニメが)インフレ(状態)(にある) ・ インフレを起こす ・ (中身が)薄くなる ・ 肥大化 ・ 実体が伴わない ・ 内容の薄い(本) ・ 乱発(する) ・ 水っぽい(スープ)
見栄えがいいだけものの見方や考えに深みがない/(表面的な理解にとどまり)本質をとらえていない見栄えがいいだけものの見方や考えに深みがない/(表面的な理解にとどまり)本質をとらえていない  安直な ・ ごまかし(の政策) ・ ありきたり(の意見) ・ お手軽(な方法で) ・ △思想[見方]が浅い ・ 底が浅い ・ 現実が分かっていない ・ ステロタイプ ・ ステレオタイプ ・ つじつま合わせ(の政策) ・ (安直な)思いつき ・ 言葉が軽い ・ 洞察力のない ・ 書生論 ・ 上っ面をなぞる(だけ)(の論評) ・ 俗な(考え) ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ 知性がない ・ 浅く薄い ・ 表面的な理解で終わる ・ 短見 ・ 浅見 ・ 抜本的でない ・ お粗末(な政策) ・ くだらない(質問) ・ 根拠のない(楽観論) ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ 大人でない ・ 薄っぺらい(プライド) ・ 薄っぺら(な人間) ・ 小ぎれい(な表現) ・ おざなり(の政策) ・ 表面をなぞっただけ ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 形だけ ・ 凡庸(な悪) ・ 卑俗(な見方) ・ イージーな考え ・ ご都合主義(のストーリー) ・ 貧しい(発想) ・ さかしら(を言う) ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 通りいっぺん(の見方) ・ (論理が)散漫 ・ 中身がない ・ 素朴(な考え) ・ 根が浅い ・ 皮相(な見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ 奥行きがない ・ 空疎(な論争) ・ 実質がない ・ 粗雑(な論理) ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープ(な発想) ・ 表層的(な論理思考) ・ 表層をなめた(程度) ・ 借り物(の思想) ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ にせもの(の知識) ・ 厚みがない ・ 短絡的(な考え) ・ 受け狙い(の政治) ・ 通俗的な(解釈) ・ 浅薄(な演説) ・ 上っ調子(な態度) ・ 小手先による(策) ・ 重みがない ・ 半可通(な意見) ・ 安易な行動 ・ えせ文化人 ・ 単眼的(な思考) ・ 複眼的でない ・ 貧弱(な思想) ・ 非合理的(な考え) ・ (△主張[発想]が)浅はか ・ 生煮え(の政策) ・ 安っぽい ・ つまらない(意見) ・ 見え透いた(お世辞) ・ (お世辞)たらたら(の人) ・ 小利口(な娘) ・ 一面的(な見方) ・ (威勢のいい)上ずった(意見) ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ 退屈(な議論) ・ 棒読み(の演説) ・ ベタ(な企画) ・ たわ言(をぬかすな) ・ 珍案(奇案) ・ 児戯に等しい ・ 愚劣な(言い分) ・ 単細胞 ・ 単純(な見方) ・ (上つらを)かいなで(しただけに過ぎない) ・ 浅薄な ・ 本格的でない ・ 漫談的(な講話) ・ (見方が)上滑り(する) ・ お寒い(計画) ・ 大味な(文章) ・ 深みがない ・ 俗見 ・ 幼稚(な思想) ・ 戦略的でない ・ 底が知れてる ・ ミーハー ・ 恣意的(な人事) ・ 料簡が狭い ・ 深く掘り下げない ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ うわべだけ(見る) ・ 表面的な(見方) ・ 薄手(の感傷) ・ 浮ついた ・ (単なる)気まぐれ ・ 浮つく ・ 危なっかしい ・ 放っておけない ・ 見ていてはらはらする ・ 現実的でない(プラン) ・ 非現実的 ・ リアリティが感じられない ・ (△考え方[行動]が)浮ついている ・ お手軽な ・ インスタント(的)(なやり方) ・ (周囲に)流されて(生きる) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 実がない ・ 上ずった(行動) ・ 衝動的(判断) ・ ふわふわ(と漂う) ・ (何となく)落ち着かない ・ 落ち着きがない ・ (現実世界から)遊離(している) ・ 地に足がつかない ・ 上滑り(な行動) ・ 気持ちがふわふわ(と)している ・ 調子がいい(△事ばかり言う[だけ]) ・ 遊びほうける ・ 腰が据わらない ・ ポリシーを持たない ・ 軟派な(生き方) ・ (努めて力まない)やわらかな(生き方) ・ 軽躁(な性格) ・ しっかりしていない ・ 夢遊病(的)(に行動する) ・ 地道でない ・ シニカル(な表現) ・ 芸も工夫もない(写真) ・ 含蓄がない ・ 性急な(歌) ・ 大味 ・ 人間味がない ・ (味に)深みがない ・ 干からびた(△言葉[思想]) ・ あっさり(した印象) ・ 貧相な(絵) ・ 味わいがない ・ 砂を噛むような(生活) ・ ゴムを噛むのような(歯ごたえ) ・ 味がない ・ 取るに足りない ・ 大ざっぱ(な文章) ・ ゆとりがない ・ 魅力がない ・ 情感のない ・ 風情がない ・ 気の抜けた ・ 表面的(な議論) ・ きめが荒い ・ かたい(△話[印象]) ・ 味を感じない ・ 退屈(な△日常[建築物]) ・ 情の移らない(シンプルなデザイン) ・ 情の薄い ・ 間の抜けた(デザイン) ・ 寂しい(人生) ・ 悲しい(人生) ・ 単調な ・ 面白くない ・ 面白みがない ・ しがない(演技) ・ 張り合いがない ・ 芸がない ・ ちゃらちゃらした(若者) ・ 頼りない(日々) ・ 乾いた ・ (この絵には)詩がない ・ 詩情が感じられない ・ メッキ(の信条) ・ コクがない ・ 味気ない ・ 無個性(な△デザイン[建築物]) ・ (どこか)しらじらしい(印象) ・ しらじらした(気持ちになる) ・ しらしらした ・ つまらない ・ 生命感がない ・ 早口(でまくし立てる) ・ 愛想がない ・ (人生に)彩りがない ・ シンプル(な構造) ・ わびしい(山里の風景) ・ (△独り者の[飾り物が何もない])寒々しい(部屋) ・ 寒々とした ・ 冷え冷えした(印象) ・ 沈香も焚かず屁もひらず ・ そっけない(態度) ・ 潤いがない ・ 潤いのない(文章) ・ 独創性に乏しい ・ 無聊な(日々) ・ 散文的 ・ 抒情的でない ・ 薄っぺら ・ エリート的な(△文章[生き方]) ・ きょくがない ・ 緊密でない ・ 豊かでない ・ 豊かさがない ・ 無機的(な空間) ・ 無機質(な)(オフィス) ・ メカニカル(なデザイン)機械的(なマシン) ・ 考えが足りない ・ キレが悪い ・ パサパサした食感 ・ 実用一点張り(の作り) ・ 機能本位(のデザイン) ・ 現実的 ・ 間延びした(△話し方[顔]) ・ 殺風景(な△冬の浜辺[話題]) ・ 不満 ・ 満たされない ・ 規格品 ・ 簡素(な作り) ・ あっけらかん(とした神社) ・ 道具としての(車) ・ 殺伐とした(世の中) ・ すすけた(空) ・ 飾りがない ・ 人情味のない ・ 妙味がない(商い) ・ 遊び心がない ・ 説得力がない ・ 人間臭さがない ・ 余韻が残らない ・ 余韻に乏しい(作品) ・ ドライ(な△現実[世の中/関係]) ・ 毒にも薬にもならない(映画) ・ 毒のない(作品) ・ 人畜無害 ・ 無粋(な建築物) ・ 粋でない ・ 無風流(な) ・ メリハリのない(語り口) ・ 影がない ・ 陰影に乏しい(文章) ・ 抑揚に乏しい ・ (東京)砂漠 ・ (都会の)人間砂漠 ・ 無縁社会 ・ 索漠(とした風景) ・ 趣がない ・ 趣のない ・ 蒸留水(△のような話[ように深みがない]) ・ (だらだらと長いだけの)水っぽい(スープのような)(文章) ・ 濃度がない ・ 遊びがない ・ (仕上がりが)粗い ・ ドライ(な文面) ・ 事務的 ・ 情の通わない(△世界[関係]) ・ さばさばした ・ 情趣のない ・ 無味無臭 ・ 潤いをなくした ・ 味もそっけもない ・ 情緒がない ・ 無機質 ・ つるんとした(仕上がり) ・ 無味乾燥 ・ のっぺり(した)(人間関係) ・ (乾いていて)冷たい(印象) ・ 青臭い(議論) ・ 理想論 ・ こだわりを感じられない ・ 薄っぺらな(知識) ・ 武骨(なデザイン) ・ (言うことが)青い ・ 畳の上の水練 ・ 行動が伴わない ・ 現実に即していない ・ 理想論の域を出ない ・ 頑迷(な老人) ・ 理屈だけ(の文章) ・ (政党の)理屈(に振り回される市民) ・ 秀才(タイプ) ・ 頭でっかち(の若者) ・ 実際的でない ・ 理論倒れ ・ (考え方が)柔軟でない ・ 原理主義的 ・ 観念的(な考え) ・ しゃら臭い(ことを言うな) ・ 哲学がない ・ 背伸びが過ぎる ・ (言葉が)上滑り(している) ・ つるん(とした)(言葉) ・ 自分の意見でない ・ 自分の言葉でしゃべっていない ・ 無内容(な思想) ・ 卑俗(な△言葉[思想]) ・ メッキ(の思想) ・ 知ったかぶり(をする) ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ ぺらぺら(した印象) ・ 芯がない ・ 骨がない ・ (他人の)口まね(をする) ・ 本物でない ・ 言葉に重みがない ・ 安易な決めつけ ・ 言葉が浮く ・ 空疎(な美辞麗句) ・ 尻馬に乗る ・ 表面的(な言葉) ・ 腹がない ・ うわべだけ ・ (使い回されたような)のっぺりした言葉 ・ リアリティがない ・ 受け売り(の説教) ・ (周囲は)しらける ・ こじんまりとした(演奏) ・ 薄っぺらい ・ (内容が)乏しい ・ 劣っている ・ 不十分 ・ 安手(の三文小説) ・ 貧弱 ・ 誰でも思いつく ・ 安っぽい(映画) ・ もの足りない ・ 薄手(な評論) ・ 俗物(学者) ・ だらだらした(展開) ・ 小ぎれい(な社会派ドラマ) ・ 毒がない ・ 刺激がない ・ ぴりっとしない ・ (自己検閲により)漂白された(作品) ・ (無難に)脱色された(作品) ・ (歌詞が)走り過ぎている ・ (構成的に)弱い ・ 安易(なストーリー展開) ・ (多くの中で)引き立たない ・ 水っぽい ・ すかすか(の文章) ・ だだっ広い ・ 妙味のない(作品) ・ 確かでない ・ 薄っぺら(なストーリー) ・ 水増し(された) ・ (内容が)薄い ・ 上げ底(景気) ・ 水ぶくれ(した経済) ・ 卑屈な(態度) ・ 浮ついた(物言い) ・ ひと山いくら(の女たち) ・ 俗物 ・ 俗物根性(丸出し) ・ 安い(誘い文句) ・ くだらない(男) ・ 調子のいい(若者) ・ スケールが小さい ・ ふわふわした(態度) ・ ミーハー(的) ・ 薄っぺらい(人) ・ かんなくず(のような奴だ) ・ (人間的に)崩れている ・ (人間的に)貧弱 ・ 退屈(な人間) ・ はすっぱ(な言い方) ・ 頭の軽い(女) ・ 調子がいい(だけ) ・ 未熟 ・ ぶりっ子 ・ バカにされる ・ (周囲から)みくびられる ・ 考えない(若者) ・ あなどられる ・ ちゃち(な考え) ・ (お)バカ ・ 幼稚(な心理) ・ 小者 ・ (本当の)大人でない ・ お手軽なやり方を好む ・ (人間的に)軽い ・ ペラい ・ あほ ・ 軽薄 ・ ちゃらちゃら(している) ・ お気軽(人間) ・ チャラい ・ チャラ男 ・ ちゃらけた(男) ・ つまらない(人間) ・ 取るに足りない(連中) ・ 浅薄(な人間) ・ 薄汚い(根性) ・ うそっぽい ・ 調子がいい(だけ)(の男) ・ 一面的(な主張) ・ (考え方が)薄っぺらい ・ 薄っぺら(な媚び) ・ ぺらぺら(と)(よくしゃべる) ・ 上ずった(冗舌) ・ 上っ調子(なしゃべり方) ・ きざ(なしぐさ) ・ 歯の浮くような(セリフ) ・ 寝ぼけたことを言う ・ 軽い ・ 事態を軽く考える ・ 掘り下げない ・ 掘り下げが足りない ・ 突き詰めない ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄的 ・ (思慮が)浅い ・ (深く)考えない ・ 甘っちょろい ・ 荒っぽい(議論) ・ 驕りがある ・ 下手の考え休むに似たり ・ 薄っぺらな考え ・ (自分の)不明(を恥じる) ・ (実際の)役に立たない ・ 思慮が足りない ・ 後先を考えない(で始める) ・ 見切り発車 ・ 小才こさい(が利くだけ) ・ 尻抜け(の法案) ・ 無難(なやり方) ・ 青臭い(考え) ・ 未成熟 ・ 世間知らず ・ 明日は明日の風が吹く ・ ケセラセラ ・ ブッキッシュ ・ 机上の空論 ・ 経験がない ・ 見方が浅い ・ 小知 ・ 小知恵 ・ 締まらない(話) ・ そんな料簡(では駄目だ) ・ 全体が見えていない ・ 偏った(見方) ・ 一面的(な△見方[考え方]) ・ 知的負荷の軽い ・ 根は単純 ・ 詰めが甘い ・ 無思慮 ・ 不見識(きわまる話) ・ 薄い ・ 乳臭い(ことを言う) ・ 精神年齢が低い ・ 浅はか(な) ・ △考え[配慮]が浅い ・ 隙がある ・ 慎重さが足りない ・ 未熟(な考え方) ・ 脇が甘い ・ 緻密でない ・ (考えが)甘い ・ (考えが)青い ・ 青っぽい(主張) ・ 柔軟性のない ・ 鼻元思案 ・ 短慮 ・ ナイーブ(な考え) ・ 書生(論) ・ 認識不足(の意見) ・ 考えない ・ 甘えがある ・ 猿知恵 ・ 一貫性がない ・ 一貫しない ・ (考え方が)若い ・ 計算し切れていない ・ (戦争はいやだ、何としても避けねばならぬ、という)センチメンタル(な議論) ・ 一直線に考える ・ 単線思考 ・ 不完全 ・ 未完成 ・ 見誤る ・ 目先だけの(浅はかな考え) ・ 円熟していない ・ うぶ(な考え) ・ 浅薄(な)(見方) ・ 浅知恵 ・ 幼稚(なアイデア) ・ 幼い ・ 足りない(部分がある) ・ 愚考 ・ 拙劣(な対処策) ・ 虫のいい(相談) ・ 独善的 ・ 短絡的(な主張) ・ 短絡(思考) ・ 愚か(な考え) ・ 単純(△に考える[な人間]) ・ 一隅の管見 ・ (考えることが)子ども ・ 子どもっぽい ・ 無考え(の行動) ・ 浅慮 ・ 素人考え ・ 大人になり切れていない ・ 安易(な考え) ・ 生硬(な) ・ (思考に)深みがない ・ 急ごしらえ(の計画) ・ 熟していない
見栄えがいいだけ見かけだけで実質を伴わない見栄えがいいだけ見かけだけで実質を伴わない  トンネル(会社) ・ 無力 ・ 外見だけの存在 ・ 有名無実(な法律) ・ (歴史年表は)項目を並べただけ(の製品カタログのようなもの) ・ 形式だけ ・ 裸の王様 ・ うわべ(だけ) ・ しゃんしゃん(総会) ・ 見え透いた(お世辞) ・ 表面だけ(の友達) ・ 体裁だけ ・ 実権のない(店長) ・ 実質がない ・ 建前上(は恋愛禁止) ・ 空ゼリフ ・ 無内容(の講義) ・ うどの大木 ・ 心がこもっていない ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ (講演の内容が)むなしい ・ 擬似(餌) ・  ・ 不毛(な議論) ・ (実際の)役に立たない ・ 目くらまし ・ お茶を濁しただけ ・ ジェスチャー ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ 形式(を整える) ・ (規則が)形骸化(する) ・ 仮面(夫婦) ・ 大げさ(な見出し) ・ (単なる)茶番 ・ (単なる)セレモニー ・ 表面的(な付き合い) ・ (見かけは立派だが)内容が伴わない ・ おとり商品 ・ (△単なる[見え見えの])パフォーマンス ・ パフォーマンス(に過ぎない) ・ (単なる)ポーズ ・ 実体がない ・ 格好だけ ・ わら人形 ・ 見せ金 ・ 伊達(眼鏡) ・ 派手なだけ ・ メッキ(がはげる) ・ 実質が不足している ・ デモンストレーション(を見せる) ・ 中身が伴わない ・ 盲腸(的存在) ・ やった振り ・ (やりましたという)体裁 ・ 中身がない ・ 空文(化した条約) ・ (やってる感を演出するための)スタンドプレー ・ (実力より人気が)先行(する) ・ えせ(紳士) ・ 見かけ倒し ・ 絵に描いた餅 ・ 絵空事 ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間) ・ 傀儡かいらい(政権) ・ ポーズだけ ・ ささやか(な送別会) ・ アリバイ(作り) ・ あだ花 ・ 香り付け ・ ペーパー(カンパニー) ・ 幽霊(会社) ・ (制度の)空洞化 ・ 空虚(な言葉) ・ 思わせぶり ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 名ばかり店長 ・ 名ばかり(の社長) ・ 名だけ(の) ・ 名前だけ(の副社長) ・ イメージ ・ 張り子(の虎) ・ 仏作って魂入れず ・ (実質的)意味をなさない ・ 無意味(な会議) ・ (夫婦円満を)装う ・ (心のない)薄っぺら(な言葉) ・ 見せかけ(だけ) ・ 見かけだけ ・ (ただの)(お)飾り(でしかない) ・ 飾り物(の会長) ・ 名誉会長 ・ 名誉職 ・ 名目だけ(の重役) ・ 名目的(取締役) ・ 談合(入札) ・ めくら判(を押す) ・ フィクション ・ 形式的(なあいさつ) ・ (単なる)かかし ・ 詐欺的(な宣伝文句) ・ 表面上(は) ・ 上げ底(の菓子箱) ・ 実がない ・ 形だけ(を整えた) ・ でっちあげ(の仕事) ・ (訴えに)心がない ・ 手続きさえ踏んでおけば(認証される) ・ 空疎(な議論) ・ 骨抜きにされた(法案) ・ 置物(の会長) ・ (適当に)褒める ・ 形式的な言葉 ・ (お)世辞 ・ 茶番 ・ (その場を)繕う ・ 舌先三寸 ・ 口先だけ ・ (お)上手(を言う) ・ (お)愛想(を言う) ・ (商品)ピーアール ・ 甘言かんげん(を言う) ・ (単なる)建前 ・ おべっか(を使う) ・ 社交辞令 ・ 口先(だけ)(ほめ言葉) ・ (実意のない)空世辞(を言う) ・ 通りいっぺん(のあいさつ) ・ 機嫌を取る ・ 外交辞令(に過ぎない) ・ 殺し文句(に引っかかる) ・ 甘口 ・ (お)べんちゃら(を言う) ・ お調子(を言う) ・ (自尊心を)くすぐる ・ 調子がいい ・ (お)体裁(を言う) ・ 心にもないこと(を言う) ・ 口車(に乗せる) ・ 巧言こうげん(で人を釣る) ・ おだて ・ きれい事 ・ 無意味に終わる ・ バブル(景気) ・  ・ 予測される結果を伴わない(で終わる) ・ 目新しいだけ ・ (急速に)しぼむ ・ 一時的人気 ・ (一時の人気者 ・ 実を結ばない ・ あだ花(に終わる) ・ 地に足がつかない ・ (一時の)ブーム ・ (△当今の[単なる])流行りもの ・ (何も)生み出さない ・ 見捨てられる ・ メッキがはげる ・ はしか(のようなもの) ・ (人気が)線香花火(△に終わる[的な恋]) ・ (打ち上げ)花火(のように) ・ (すぐ)飽きられる ・ ぬか喜び(に終わる) ・ 熱病のような(マイブーム) ・ 流行病のような(恋) ・ (△浮かんでは[すぐに])消えていく ・ 一発屋(芸人) ・ 長続きしない ・ あえなく消える ・ (短い)流行 ・ むなしい(騒ぎ) ・ 人騒がせ(なだけ) ・ (円高も一時的であって為替市場における)ノイズのようなもの ・ うたかた(の夢) ・ 泡(のような)(存在) ・ 泡沫(候補) ・ 慇懃無礼 ・ 真摯でない ・ 裏で舌を出す ・ 儀礼的(なあいさつ) ・ 愛想(笑い) ・ 判で押したような(対応) ・ 略式の(敬礼) ・ 笑って(斬る) ・ 事務的(な対応) ・ ありきたり(の応答) ・ 芝居がかった(謝罪) ・ ビジネスライク ・ 手続きを踏んだだけ ・ 上面だけ ・ とげを隠す ・ 取り澄ました(態度) ・ 形だけ(の謝罪) ・ (上辺だけの)安っぽい(言葉) ・ マニュアル通り ・ 型通り(の対応) ・ 血の通わない(対応) ・ 表面的(な謝罪) ・ 形だけ(の面接) ・ 本質をないがしろにする(行為) ・ (行政の)杓子定規(な対応) ・ 紋切り型(のあいさつ) ・ トンネル会社(を通じて中抜き) ・ ダミー会社 ・ (外国法人を)導管(として)(関連会社に利益を計上して節税) ・ 幽霊会社 ・ 架空企業 ・ (形だけの)ペーパーカンパニー ・ (脱税の)隠れ蓑(としてのペーパーカンパニー) ・ 幽霊 ・ バーチャル(世界) ・ 残像 ・ 像を結ぶ ・ 幻影 ・ 幻想 ・ 虚像 ・ 夢幻泡影むげんほうよう(の世) ・ まもなく消える ・ 夢まぼろし ・ 夢幻むげん(の世界) ・ 幻覚 ・ 幻像 ・ 気体のように消える ・ まぼろし ・ イリュージョン ・ 幻視 ・ 見える ・ (湖面に映る富士の)倒影 ・ 錯覚 ・ つかみどころがない ・ 蜃気楼 ・ 俗物(学者) ・ だらだらした(展開) ・ 奥行きがない ・ 誰でも思いつく ・ 小ぎれい(な社会派ドラマ) ・ 毒がない ・ 刺激がない ・ ぴりっとしない ・ (自己検閲により)漂白された(作品) ・ (無難に)脱色された(作品) ・ 劣っている ・ 大味 ・ 薄手(な評論) ・ 味気ない ・ だだっ広い ・ (内容が)乏しい ・ すかすか(の文章) ・ (多くの中で)引き立たない ・ もの足りない ・ 水ぶくれ(した経済) ・ 上げ底(景気) ・ 貧弱 ・ 水増し(された) ・ (構成的に)弱い ・ 安っぽい(映画) ・ 水っぽい ・ 薄っぺら(なストーリー) ・ 安易(なストーリー展開) ・ 確かでない ・ こじんまりとした(演奏) ・ (内容が)薄い ・ 面白くない ・ (歌詞が)走り過ぎている ・ 薄っぺらい ・ 不十分 ・ 妙味のない(作品) ・ 安手(の三文小説) ・ (うそで)体裁を整える ・ (福祉活動の)美名(のもとに)(私腹を肥やす) ・ ダミー(会社) ・ ペーパーカンパニー ・ トンネル会社 ・ 隠れ蓑 ・ (核抑止論を)押し立てて(核兵器保有を正当化) ・ 虎の威(を借る狐) ・ (仕事に)かこつけて(好きな先輩を食事に誘う) ・ (真相を隠すための)アリバイ作り ・ (正当防衛に)名を借りた(暴力) ・ (結婚を出世の)道具(に使う) ・ (売るための)権威付け(をする) ・ (環境保護を)錦の御旗(に金儲け) ・ 大義名分 ・ 形ばかり(寄付) ・ カモフラージュ ・ (本質を覆い隠すための)煙幕 ・ (中が)うつろ(な巨木) ・ 空き缶 ・ 空っぽ ・ (内部が)空 ・ がら空き ・ から ・ くう ・ うろ ・ 空虚 ・ すっからかん ・ 空間(がある) ・ 空疎 ・ うろ ・ (セミの)抜け殻 ・ がらんどう ・ 真空 ・ もぬけの殻 ・ 無い ・ ほら ・ 胎内(くぐり) ・ からっけつ ・ 穴ぐら ・ 空白 ・ 空洞 ・  ・ ゼロ(を意味する) ・ 中空(の茎) ・ 中に何もない ・ うろ穴 ・ がらんと ・ がらがら ・ へったくれ ・ △(報復[課金]しても)何も残らない ・ 存在理由がない ・ (使い道がない)死蔵(特許) ・ (怒っても)始まらない ・ 重要でない ・ (努力しても)甲斐がない ・ 的外れ ・ 弊履へいり ・ (単なる)気休め ・ ケチ(な商品) ・ 取るに足りない ・ 論ずるに足りない(存在) ・ 言うに足りない(人物) ・ 無価値 ・ 話にならない ・ 値打ちがない ・ 三文の値打ちもない ・ たかが知れている ・ (見るに)値しない ・ たわいない ・ たあいない ・ 二階から目薬 ・ 無意味(な討論) ・ (研究するほどの)意味はない ・ (読む)意味がない ・ 意味をなさない ・ 鼻くそ ・ 意味不明(なことを言う) ・ (夫婦喧嘩は)犬も食わない ・ 猫もまたいで通る ・ 価値がない ・ (参加する)価値はない ・ 価値のない(土地) ・ 商品価値がない ・ ばかばかしい ・ 使い道がない ・ 箸にも棒にもかからない(企画書) ・ かす ・ 下手の考え休むに似たり ・ くず ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ 役に立たない ・ 役立たず ・ (読むに)堪えない ・ 無駄(な△行為[出費]) ・ 時間の無駄 ・ 形式だけ(の定例会議) ・ バカらしい ・ 無意義(な存在) ・ 使い出がない ・ (批判するだけでは)(何の)プラスにもならない ・ 愚劣(な文章) ・ つまらない(考え) ・ ろくでもない(番組) ・ 無料 ・ ちりあくた ・ 一顧の価値もない ・ ナンセンス ・ 数に入らない ・ 論ずるに値しない ・ 《誤用》語るに落ちる ・ むなしい(△努力[かけ声]) ・ いまさら(の告白) ・ 無内容(の本) ・ 何が言いたいのかわからない ・ 実のない(話) ・ 三文(小説) ・ とりとめのない ・ ぼろかす ・ 死んで花実が咲くものか ・ 物の数ではない ・ (関心の)らち外(にある) ・ バカ ・ 建設的でない ・ 非建設的 ・ 利用不能 ・ 駄品 ・ (こんな物に大金を払うなんて)(とんだ)お笑いぐさ(だ) ・ 紙くず(同然)(の株券) ・ ジャンク(ボンド) ・ 由無い(長話) ・ 青い鳥を探す ・ (浅瀬の)あだ波 ・ 二束三文(の品) ・ (それは)瓦石がせき(に等しい) ・ 形だけ(の友達) ・ 三流(作品) ・ ぼろくそ ・ 価値を感じない ・ レームダック(の首相) ・ 屁のような(人生) ・ 空疎(な議論) ・ (お前に指導者の)資格はない ・ 非生産的(な時間) ・ くそ(みたいな日々) ・ 儀式 ・ 型通り ・ しゃんしゃん総会 ・ (単なる)通過儀礼
キーワードをランダムでピックアップ
倶楽部引き退ける根絶特配糟粕絵の具隠花植物毛色の変わった仰すナイーブな表情臭跡をたどる醒めた冬景権力を行使する小泉改革の一丁目一番地である不良債権の処理狷介な人客の見送りをするけんかを遠巻きに見物する名が上がる
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 4