表示領域を拡大する
仮の姿の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(この世での)仮の姿神仏が人間の姿を借りてこの世に現れる、また、人の姿をした生きている神様(この世での)仮の姿神仏が人間の姿を借りてこの世に現れる、また、人の姿をした生きている神様  後身 ・ 権現ごんげん ・ (神仏の)分身 ・ 生き神 ・ 教祖 ・ 化現けげん ・ 分身 ・ (鬼の)申し子 ・ (神仏の)生まれ変わり ・ 現人神 ・ 化生けしょう ・ 権化 ・ (神の)化身 ・ 神人 ・ 仙人 ・ 神仙 ・ 神通力を持つ ・ 仙女 ・ 不老不死 ・ 山中に住む ・ 明神 ・ アラー ・ 主神 ・ 幸運をもたらす ・  ・ エホバ ・ 征服者 ・ デウス ・ 祭神 ・ しゅ ・ 信仰(の)対象 ・ あがめられる存在 ・ 神明 ・ のの様 ・ 神仏 ・ 神様 ・ 超常的存在 ・ 超自然的存在
仮の姿実際には存在しないのに、存在するかのように見える(まぼろし仮の姿実際には存在しないのに、存在するかのように見える(まぼろし  虚像 ・  ・ 幻視  ・ 夢幻 ・ 幻覚 ・ 幻影 ・ 残像 ・ 幽霊 ・ 幻像 ・ 見える ・ イリュージョン ・ 像を結ぶ ・ 気体のように消える ・ 蜃気楼 ・ 夢うつつ ・ 実際にあったことのように思える ・ 夢路 ・ 夢心地 ・ 夢路(をたどる) ・ 夢見心地 ・ 夢(を見る) ・ 夢見 ・ 半睡眠(状態) ・ 夢見る ・ 夢寐 ・ 霊感(が強い) ・ 幽霊が見える ・ 幽霊の正体見たり枯れ尾花 ・ (自分の)影におびえる ・ 恐怖症 ・ (コロナ)フォビア ・ 大山鳴動してネズミ一匹 ・ 無用の先案じ ・ 杞憂(に過ぎない) ・ 疑心暗鬼(を生じる) ・ (将来の事態を)恐れる ・ 空騒ぎに終わる ・ 案ずるには及ばない ・ 案ずるより産むがやすし ・ 取り越し苦労 ・ 水鳥の羽音に驚く ・ 実在しない ・ 存在しない ・ 空中楼閣 ・ 架空(の儲け話) ・ 人影 ・ 物影 ・  ・  ・ 見損なう ・ (アンパイアの)見損ない ・ 目違い ・ 見誤り ・ 見間違い ・ 見違える ・ 見誤る ・ 見間違える ・ 見間違う ・ 見まがう ・ 僻目 ・ 人違い ・ まがう ・ 誤った見方をする ・ 気のせい ・ 錯覚図形 ・ 勘違い ・ (そうであろうと)思い込む ・ 吊り橋効果 ・ 考えすぎ ・ 錯覚 ・ 事実と違う ・ 思いなし ・ 思い過ごし ・ 空目
仮の姿本性を隠す仮の姿本性を隠す  他人の目を意識する ・ 二枚舌(を使う) ・ 本音を隠す ・ 猫をかぶる ・ 猫かぶり ・ 演技(をする) ・ 表向きの振る舞い ・ 偽善家 ・ (善人のように)振る舞う ・ 腹黒い(人間) ・ 見せかける ・ (バカを)装う ・ 陰湿ないじめ体質(の上司) ・ ほほ笑み外交 ・ 演じる ・ 陰日なた(がある) ・ (気持ちと)裏腹(な態度) ・ ぶりっ子 ・ か弱いふり ・ 善玉ぶる ・ (女性らしい)しぐさ ・ 面従腹背 ・ 偽善(△者[の皮をかぶる/的な言動]) ・ 本性を隠す ・ (いい人を)演出(する) ・ 真面目腐る ・ 成り済ます ・ 処世術 ・ いい人ぶる ・ (バイ)プレーヤー ・ (役を)演じる者 ・ 旅役者 ・ 演技がうまい ・ (買い気をあおる)さくら ・ 役者 ・ 老優 ・ 演者 ・ 男優 ・ 声優 ・ 女優 ・ ボードビリアン ・ 俳優 ・ 名優 ・ しゃれる ・ 見かけを重視 ・ (学問を)てらう ・ 着飾る ・ 意識的(に)(ある態度をとる) ・ 装う ・ 自意識過剰 ・ うそ(で固めた人生) ・ (紳士を)気取る ・ (学者)気取り ・ 気どり屋 ・ (善人の)仮面をかぶる ・ 偽り(の人生) ・ 澄ます ・ 行い澄ます ・ ラベルは違うが中身は同じ ・ 思わせぶり(な態度) ・ 偽善的(な人) ・ よく見せる ・ 伊達 ・ 体裁のいいことを言う ・ 取り澄ます ・ 衣の下のよろい ・ スノッブ ・ (自分自身を)ブランディング(する) ・  他人の目を意識する ・ 見識張る ・ 見栄を張る ・ 見えを切る ・ 便宜上(の生活) ・ 虚栄(の生活) ・ 虚栄心(が強い) ・ 虚飾(の生活) ・ えせ(紳士) ・ (体裁を)飾る ・ 周囲の目を気にする ・ 取り繕う ・ (めかし込んで)すかす ・ 優良誤認 ・ 知ったかぶり ・ 粉飾 ・ 見せかけ(の優しさ) ・ もったいぶる ・ 得意になる ・ 衒学 ・ (体裁を)繕う ・ 通がる ・ うぬぼれる ・ (視線を)うっとうしく感じる ・ 実際よりもよく見せる ・ (△大人[上品/いい人])ぶる ・ (大物)ぶった(小者) ・ 謙虚さを失う ・ こけおどし(の文句) ・ お高くとまる ・ お高い(女) ・ しなを作る ・ 体裁振る ・ ふざける ・ バカになる ・ じゃれる ・ ひょうげる ・ 軽口を叩く ・ たわむれる ・ たわむれ ・ 冗談を言う ・ おどけ者 ・ こっけいな振る舞い ・ おどける ・ 悪ふざけ ・ (雰囲気を)和らげる ・ 冗談 ・ 冗談事 ・ たわけ ・ 戯事 ・ 軽妙(なトーク) ・ コミカル(な動き) ・ おどけ(を言う) ・ (周囲を)笑わせる ・ わざとばかげた言動をする ・ 三枚目(を演じる) ・ じゃらす ・ ユーモラス(な表情) ・ ざれる ・ 茶化す ・ 道化る ・ ジョーク(を飛ばす) ・ たわける ・ 笑いを誘う ・ 笑わせようとする ・ ぼける ・ 予定調和を破る ・ 素知らぬ ・ どういうことですか(?) ・ しらを切る ・ 空耳 ・ ほおかぶり(する) ・ (涼しい顔で)知らないふり(をする) ・ 空うそぶく ・ 邪気のない顔 ・ 空を使う ・ そんなことがあったかね ・ とぼける ・ 空とぼける ・ おとぼけ(がうまい) ・ 開き直る ・ 空目 ・ 居留守 ・ ぬけぬけ(と)(しらを切る) ・ しらばくれる ・ うそぶく ・ 知らぬ顔の半兵衛 ・ 山師 ・ (善人として)振る舞う ・ 後ろ暗い ・ 偽善(△者[の皮をかぶる]) ・ いかさま師 ・ かたり者 ・ 不徳漢 ・ (稀代の)詐欺師 ・ (越後屋、お主も)役者(よのう) ・ 絶対儲かる ・ (一般客に混じる)さくら ・ 自己陶酔(的) ・ 意気盛ん ・ かっこつける ・ (軍人が)ひげをひねる ・ 筋肉フェチ ・ 粋がる ・ ちょい悪(親父) ・ 自分に酔う ・ 自己顕示欲が強い ・ (言うことが)観念的 ・ 硬直的(な考え方) ・ ナルシスト ・ ナルシ(シ)ズム ・ (傍から見ると)キモイ ・ 虚勢を張る ・ 勇ましい(発言) ・ 壁ドン(する) ・ ビジュアル系(バンド) ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 内弁慶 ・ 二面性(がある) ・ 一人芝居 ・ 別人格 ・ 七つの顔(を持つ男) ・ 相反する性格が共存する ・ 本音と建て前 ・ 二重人格 ・ 豹変(する) ・ 裏表が激しい ・ 光と影 ・ ジキルとハイド ・ (人柄に)裏がある ・ 多重人格 ・ 二つの人生を生きる ・ 裏の顔がある ・ ふたごころ(を抱く) ・ 表裏(がある) ・ 裏表(がある) ・ 表と裏を使い分ける ・ 気が狂う ・ 陰日なたがある ・ 外面(似菩薩)内心(如夜叉) ・ ツンデレ ・ 裏稼業に通じる ・ 扮する ・ 変装 ・ やつす ・ 女装 ・ 扮装 ・ 別人にみせかける ・ 仮の姿 ・ 男装 ・ 仮装 ・ 八方美人 ・ (いい子の)振りをする ・ 二つ返事(で受け入れる) ・ (先生の前では)神妙 ・ いいところを見せよう(とする) ・ 本音と建て前(を使い分ける) ・ 見かけは悪人に見えない ・ 好意的な姿勢(を△取る[示す]) ・ しおらしい ・ 甘やかす ・ いい子ぶる ・ うわべだけ(のいい子) ・ (男に)こびを売りまくる(女) ・ 機嫌を取る ・ 安請け合いする ・ (気持ちと)裏腹(な言葉) ・ 殊勝(な態度) ・ 裏では(態度が悪い) ・ いい顔をする ・ 目尻を下げる ・ 甘い顔をする ・ (相手の)無理を通す ・ わがままを聞く ・ 形だけ(行儀がいい) ・ (手伝いをして)点(数)を稼ぐ ・ 気取る ・ 要領がいい ・ いい格好をする ・ ええかっこしい ・ (異性の前で)格好をつける ・ ((露骨に)ひいきする ・ にこにこ(と応じる) ・ (自分は天才だと)自任(する) ・ 痩せ我慢(する) ・ 背伸び(する) ・ 格好だけ ・ いっぱし(の口を利く) ・ 強がる ・ (秀才を)気取る ・ 一人前のつもり ・ 無理をする ・ (乞食に)化身(する)(神) ・ (正体を)隠す ・ いい人を(装う) ・ (タヌキが)化ける ・ (キツネが)(人を)たぶらかす ・ ロールキャベツ(系男子) ・ 振りをする ・ (△身分を[大学生だと])詐称(する) ・ (正体を)偽る ・ お調子者 ・ (単なる)甘言 ・ 社交辞令 ・ あてにできない ・ 愛想よく(ふるまう)) ・ 他者からの評価が気になる ・ 愛嬌を振りまく ・ 太鼓持ち ・ 嫌われたくない ・ (どちらにも)いい顔をする ・ 空元気 ・ ダブルスタンダード(な態度) ・ オポチュニスト ・ 実がない ・ 内股膏薬 ・ 体裁のいいことばかり(を言う) ・ 世渡り上手 ・ 二股者 ・ 駆け引きに長ける ・ 調子がいい(だけ) ・ ご機嫌取り ・ 善人(風)
仮の姿 容姿や服装を別人のように変える仮の姿 容姿や服装を別人のように変える  変装 ・ やつす ・ 男装 ・ 別人にみせかける ・ 扮装 ・ 仮装 ・ 扮する ・ 女装 ・ 男役 ・ おなべ ・ 男性の姿になる ・ おかま ・ 男芸者 ・ シスターボーイ ・ ゲイ(ボーイ) ・ 女形おんながた ・ 女形おやま ・ 女役 ・ 女性の姿になる ・ ほほ笑み外交 ・ 陰日なた(がある) ・ (気持ちと)裏腹(な態度) ・ 演技(をする) ・ 本性を隠す ・ ぶりっ子 ・ か弱いふり ・ 表向きの振る舞い ・ 処世術 ・ 見せかける ・ 真面目腐る ・ 成り済ます ・ 陰湿ないじめ体質(の上司) ・ 偽善家 ・ 腹黒い(人間) ・ 偽善(△者[の皮をかぶる/的な言動]) ・ 猫をかぶる ・ 猫かぶり ・ 面従腹背 ・ いい人ぶる ・ 善玉ぶる ・ 二枚舌(を使う) ・ 演じる ・ 本音を隠す ・ 他人の目を意識する ・ 仮の姿 ・ 更衣 ・ 着替え ・ (お)色直し ・ 着替える ・ 替え着 ・ 衣替え ・ お召し替え ・ 風体 ・ (男の)なり(をする) ・ 身なり ・ 服装 ・ 風采 ・  ・  ・ 人体 ・ スタイル ・ ファッション ・ 姿 ・ なりふり(構わず) ・ 風姿 ・ いでたち ・ つくろい ・ 風俗 ・ おしゃれ(に気を使う) ・ なりかたち ・ 身だしなみ(に気を配る) ・ 姿態 ・ 装い ・ 造形 ・ 形が変わる ・ 変身 ・ 破損 ・ メタモルフォーゼ ・ 成型 ・ (ポケモンが)進化(する) ・ 面影がある ・ 変容 ・ 変態 ・ 化ける ・ 変形 ・ (フル)モデルチェンジ ・ 変貌 ・ デフォルメ ・ デフォルマシオン ・ 成形 ・ 模様替え ・ (店内を)衣替え(する) ・ 整形 ・ 変わり ・ (戦況が)転化(する) ・ 化する ・ 変化 ・ (液体が気体に)成る ・ (法人)成り ・ 変わる ・ (災い転じて福と)成す ・ 変える ・ 風化 ・ 様変わり ・ 変じる ・ (個体を液体に)する ・ 変成 ・ (新しい)扉が開く ・ (よろいを)まとう ・ 着込む ・ 仕着せ ・ △身なり[外観]を整える ・ 衣紋 ・ (身なりを)こしらえる ・ (△ブランド品で[防護服に])身を固める ・ 着こなす ・ 支度 ・ 身支度 ・ 身繕い ・ こしらえ ・ 着せる ・ 身仕舞い ・ 着付け ・ 身ごしらえ ・ 装う ・ 着ける ・ 装束 ・ 繕う ・ 着る ・ 着する ・ 出で立ち ・ 美しく飾る ・ お作り ・ 着用 ・ 羽織る ・  ・ (体に)巻きつける
仮の姿仮の形仮の姿仮の形  偽りの姿 ・ 仮象 ・ 仮の形 ・ 格好 ・  ・  ・ 具象 ・ 形態 ・ 姿 ・ 形状 ・ 有形 ・ ゲシュタルト ・ フォーム ・ 形象 ・  ・ 恰好 ・ 輪郭 ・  ・ 物影 ・ 抜本的でない ・ 臨機 ・ (中途半端に)取り繕う ・ とりあえず(これで間に合わせる) ・ 場当たり的(な対応) ・ 弥縫びぼう(策) ・ 仮初 ・ 上面だけ ・ おざなり(の計画) ・ その場限り ・ (適当な返事で)お茶を濁す ・ 応急(的)(な処置) ・ 応急手当 ・ 切り張り(した)(障子) ・ 緊急避難的(に)(借入れを行う) ・ 因循姑息いんじゅんこそく(なやり方) ・ 突貫工事 ・ その時だけ ・ 試験的(な試み) ・ 当面(休眠状態を続ける) ・ 間に合わせる ・ 間に合わせ(の対策) ・ 便宜(上)(の境界を設ける) ・ 付け焼き刃 ・ 行きずり ・ その場逃れ ・ モラトリアム ・ 取って付けたような(セリフ) ・ 暫定的(な対応) ・ 膏薬こうやくを張る ・ なにはさておき ・ たこが自分の足を食べるようなもの ・ たこ(足)配当 ・ 即席(のチーム) ・ 仮(の価格) ・ 経過(措置) ・ 気休め(に過ぎない) ・ 急場しのぎ ・ 仮(のもの) ・ その時限り ・ 短期的(な運用) ・ 臨時(の措置) ・ 一夜漬け ・ 一応 ・ 微温的(な対策) ・ つなぎ ・ 仮設(住宅) ・ 当座しのぎ(の修理) ・ 急造(の対策) ・ 安易な(方法) ・ 仮に ・ 時限的(な措置) ・ その場しのぎ ・ 便宜的(な処置) ・ もぐら叩き(ゲームのように場当たり的) ・ 臭い物にふた(をする) ・ インスタント(的)(なやり方) ・ 一時 ・ 一時的(な)(対応) ・ 一時しのぎ ・ 行き当たりばったり(の計画) ・ 小手先(の対応) ・ 差し当たり(困らない) ・ 姑息 ・ 十分な対処は後回しにして ・ 一夜城 ・ 小細工(を弄する) ・ 急場の処置 ・ (失敗を)糊塗(する)
(世を忍ぶ)仮の姿別の顔(世を忍ぶ)仮の姿別の顔  裏番長 ・ (実業家としての一面も持つ)多才(な男) ・ 秘めたる部分 ・ (歌手とコメンテーターを)兼ねる ・ 別の顔 ・ (スーパーマンの)正体(はクラーク・ケント) ・ 隠された側面 ・ もう一つの顔 ・ 隠れ目明し ・ 隠密同心 ・ 本当の姿 ・ (俳優と作家の)顔を併せ持つ ・ 本性 ・ (ジキルと)ハイド ・ 普段は隠れていて見えない ・ 偽善者 ・ 隠し持つ ・ 裏の顔 ・ (文明人も)ひと皮むけば(野蛮人) ・ 秘匿(事項) ・ (起こった出来事を)胸の内に封印し続ける ・ (秘密を)握り込む ・ 部外秘 ・ 隠す ・ 秘めやか ・ 秘め事 ・ 不透明 ・ (情報を)囲う ・ 囲い込む ・ 隠し立て ・ 楽屋落ち ・ 不明朗 ・ 忍ばせる ・  ・ (トップ)シークレット ・ 言わず語らず ・ 秘密にする ・ 暗に ・ 黙秘(する) ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ 隠れる ・ 猫かぶり ・ アンダーカバー ・ 忍びやか ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ 掩蔽 ・ 開示しない ・ 閉鎖性 ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ (胸に)秘める ・ 表に出てこない ・ (家族には)黙っている ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ 知らないふり(をする) ・ (知っていて)知らんふり ・ (固く)口を閉ざす ・ 隠し込む ・ 仮面をかぶる ・ 厳秘 ・ 内聞 ・ (事実を)伏せる ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・ 秘密(にする) ・ 人に知られては困る ・ 隠し事 ・ 未発表(の情報) ・ 隠蔽 ・ 枢密 ・ (~のことを)隠す ・ 覆い隠す ・ 隠蔽(体質) ・ 隠密(行動) ・ 極秘 ・ 忍ぶ ・ 内密(に事を運ぶ) ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ ひた隠し(にする) ・ 私事 ・ 秘する ・ 煙幕を張る ・ 秘し隠す ・ 陰ながら ・ 一人で抱え込む ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ 機密 ・ 口外しない ・ 口を割らない ・ 密室性 ・ 葬る ・ それとなく ・ 内分 ・ まる秘 ・ 陰に ・ 伏せる ・ 無断 ・ 包む ・ 秘中の秘 ・ 沈黙を守る ・ 対外秘 ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ 他聞をはばかる(話) ・ (自分の罪を)覆う ・ (大きな)謎に包まれる ・ 包み隠す ・ 不都合(な意図)
(世を忍ぶ)仮の姿(未分類)(世を忍ぶ)仮の姿(未分類)  厚化粧による ・ 七つの顔をもつ男 ・ フィクションとしての自我 ・ 見かけ ・ イメージ ・ 仮面 ・ カリスマ性 ・ やつし ・ 身をやつす ・ 忍者 ・ 整形による変身 ・ 姿を変えてこの世にあらわれた神 ・ 着ぐるみを着て ・ ペルソナ ・ 化けの皮 ・ 表向きの自己 ・ 隠れ蓑 ・ 殻をかぶる ・ メッキ ・ ひと皮めくると ・ 羊の皮を被った狼 ・ 表の顔 ・ 影武者 ・ 容姿を変える ・ 替え玉 ・ すり変わる ・ 世を忍ぶ姿 ・ 怪人二十面相 ・ カモフラージュする ・ 早変わりする ・ 二十面相
キーワードをランダムでピックアップ
緑土精悍見地戦略国際問題研究所アポストロフィ三時孤族やぼひっしにつくしがたさアラメ篭り有料ソフト真牡蠣パンデミック・フル農業大学精神腫瘍学無料地図サイト生花店
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (この世での)仮の姿神仏が人間の姿を借りてこの世に現れる、また、人の姿をした生きている神様
  2. 仮の姿実際には存在しないのに、存在するかのように見える(まぼろし
  3. 仮の姿本性を隠す
  4. 仮の姿 容姿や服装を別人のように変える
  5. 仮の姿仮の形
  6. (世を忍ぶ)仮の姿別の顔
  7. (世を忍ぶ)仮の姿(未分類)