表示領域を拡大する
メッキ(を施す)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
メッキ(がはげる)隠れていた事柄が表面に現れる(ばれる)メッキ(がはげる)隠れていた事柄が表面に現れる(ばれる)  被膜 ・ (問題が)可視化される ・ 見える化される ・ (秘密が)白日の下にさらされる ・ (人間の)(本質が)裸にされる ・ 明るみに出る ・ 漏洩 ・ (△事実[秘密]は)隠せない ・ ばれる ・ 暴かれる ・ (法を侵しているのは)隠れもない(事実) ・ (隠し事が)公然(のこと)となる ・ 公然化する ・ 姿を現す ・ 漏らす ・ (対立が)鮮明になる ・ 洗い立てる ・ あらわ(になる) ・ 無言のうちに(語る) ・ 露見(する) ・ 顕在化(する) ・ ニュースになる ・ (事情が)明らかになる ・ (真の狙いが)あぶり出される ・ 公(おおやけ)になる ・ (不満が)噴き出す ・ 表沙汰になる ・ 明かされる ・ (疑惑が)発覚(する) ・ 漏れる ・ 尻が割れる ・ (△赤裸々に[来年度予算案が])示される ・ (くっきり)(と)示す ・ 表ざたになる ・ 出現 ・ 知れる ・ 馬脚を現す ・ 発露 ・ 露悪 ・ (秘密を)探り出す ・ 際立つ ・ (事件が)表面化(する) ・ (秘密が)暴露(される) ・ (真実が)さらけ出される ・ (男の)(正体が)割れる ・ 尻尾を出す ・ 発見される ・ 目立つ ・ 伝わる ・ 露呈する ・ 露呈(される) ・ はっきりする ・ (存在が)浮上(する) ・ (力の差が)明白(になる)隠し切れない ・ (事実が)(広く)知れ渡る ・ 現す ・ (身元が)突き止められる ・ 足を出す ・ 化けの皮を現す ・ 判明する ・ (症状が)顕著(になる) ・ (老化が)著しい ・ 現れる ・ オープンになる ・ 表立つ ・ (△世間に[広く])知られる ・ 恥部をさらす ・ 浮き彫り(に△なる[される]) ・ (問題点が)浮かび上がる ・ 浮き上がる ・ (問題の本質を)浮き上がらす ・ 新聞 ・ 他者を出し抜いて報道する ・ 誰も報じていない ・ 他紙に先がけて報道した重大なニュース ・ 特ダネ ・ スクープ ・ 初公開 ・ (新事実を)伝える ・ (過去の醜聞を)掘り起こす ・ (過去を)ほじくり出す ・ えぐり出す ・ 暴露(する) ・ (情報を)開示(する) ・ (犯人を)割る ・ (身元が)割れる ・ (白日の下に)さらす ・ (真相を)あぶり出す ・ オープンにする ・ (密約を)公にする ・ 特ダネ(を飛ばす) ・ (仮面を)剥ぐ ・ (化けの皮を)ひんむく ・ 剔抉 ・ (ライバル製品を)丸裸(にする) ・ 明るみに出す ・ (隠れた事実を)明らかにする ・ 公表(する) ・ すっぱ抜く ・ スクープ(する) ・ あぶり出し ・ (△スキャンダル[影の部分]を)暴く ・ 暴き出す ・ 暴き立てる ・ (他人の秘密を)ばらす ・ (重要書類を)手渡す ・ (提出)要請に応じる ・ 世間に広める ・ (白日の下に)さらされる ・ 暴き出される ・ 明らかになる ・ 明らかにされる ・ (真相が)あぶり出される ・ (闇の中に葬られた事件の)封印が解かれる ・ (実態を)浮き彫り(にする) ・ (秘密が)掘り起こされる ・ 明るみに出される ・ 解き明かす ・ (事件が)クローズアップされる ・ (旧悪が)闇から引きずり出される ・ (△秘密[実態]が)暴露(される) ・ 発覚(する) ・ (隠れた部分を)あぶり出す  ・ ばらされる ・ (未解決事件が)眠りから覚める ・ 浮き彫りにされる ・ (犯人が)割れる ・ (旧悪が)ばれる ・ (真相を)究明する ・ 新事実を発見する ・ (真相を)明らかにする ・ (異常性を)際立たす ・ (事件の)謎を解く ・ (成り行きが)(問題点を)浮き彫り(にする) ・ (真実を)解き明かす ・ つきとめる ・ 真実を物語る ・ 白黒をつける ・ (犯人を)特定する ・ (本質を)立ち上がらせる ・ (問題点を)洗い出す ・ 調査する ・ 解明する ・ (黒幕を)手繰り出す ・ 満天下に知らしめる ・ 明白にする ・ (情報を)開示す ・ (内実を)暴き出す ・ 透明化する ・ 見える化する ・ CTスキャンをかける ・ (事の本質を)研ぎ澄ます ・ ベールをはぐ ・ (事実を)浮かび上がらす ・ 浮き立たせる ・ (徹底的に)調べる ・ 化けの皮をはがす ・ (政界の)うみを出す ・ 新事実を明らかにする ・ 暴きだされる ・ (△犯行[密約]が)ばれる ・ (疑問が)解き明かされる ・ (矛盾が)露呈(する) ・ (問題が)可視化(される) ・ 見える化(される) ・ (指紋から)足がつく ・ (犯罪事実が)明るみに出る ・ (たぬきの)仕業と分かる ・ (言い逃れできない)証拠を残す ・ (不始末が)表沙汰(になる) ・ (問題が)表面化(する) ・ (問題を)引き起こす ・ 天知る地知る我知る子知る ・ (悪事が)あらわ(になる) ・ 足が出る ・ (つじつま合わせが)ほころびる ・ (身元[犯人]が)割れる ・ (犯行動機が)明らかになる ・ (容疑者が)尻尾を出す ・ 尻尾をつかむ ・ (怨霊の仕業と)知れる ・ (凶器が)判明する ・ (目撃情報の)裏が取れる ・ (犯人像が)あぶり出される ・ (犯人に結び付く)手がかりが得られる ・ (指紋が)決め手になる ・ (問題点が)露出(する) ・ (容疑者△として[が捜査線上に])浮かび上がる ・ (犯人像が)浮かぶ ・ (写真から共犯者が)浮上する ・ (問題点が)浮き彫り(になる) ・ (嘘を重ねて)ほころびが出る ・ (事実は)隠せない ・ 内面が現れる ・ 正体見たり ・ 化けの皮が剥がれる ・ (思想が)裸にされる ・ (本心を)披歴(する) ・ (△本音[本性]が)明らかになる ・ (性格が)出る ・ (人柄が)にじみ出る ・ 地が出る ・ 正体を現す ・ (底の浅さが)暴露(される) ・ (無知が)暴露(される) ・ (満月が)輪郭を現す ・ うかがい知れる ・ (現状が)示される ・ あらわになる ・ (~であることが)判明する ・ 浮き彫りになる ・ 浮かび上がる ・ 浮き上がってくる ・ 透かし見える ・ 照らし出される ・ あぶり出される ・ ほの見える ・ 浮き出る ・ 目立ってくる ・ 透けて見える ・ (全貌が)浮かび出る ・ 読み取れる ・ (社会の現実が)映し出される ・ 鮮明になる ・ ぼんやり見える ・ にじみ出る ・ 垣間見える ・ 外に出す ・ (現象が)見られる ・ 覗く ・ 隠れもない(存在) ・ 現前 ・ 見える ・ 具現 ・ 実現 ・ 出現(する) ・ 現れ出る ・ 現出 ・ 示現 ・ (あちこちに)出没(する) ・ 新しい ・ 登場 ・ 顕現 ・ 体現 ・ 発現 ・ 頭隠して尻隠さず ・ 外に出る ・ 嗅ぎ当てる ・ (問題を)掘り起こす ・ 見だす ・ 突き止める ・ 探り当てる ・ (人材を)発掘(する) ・ 見当たる ・ (企業の秘密を)嗅ぎ出す ・ 見つかる ・ 見あらわす ・ 捜し当てる ・ 見いだす ・ 嗅ぎつける ・ (新物質を)発見(する) ・ 探し出す ・ 捜し出す ・ 掘り出す ・ 見つける ・ 発掘
メッキメッキメッキメッキ  鍍金 ・ コーティング ・ 薄い層をかぶせる ・ 塗布 ・ 擦る ・ なすりつける ・ すり込む ・ 塗り立てる ・ (表面に)すりつける ・ 塗りつける ・ 塗り絵 ・ 塗擦 ・ 塗り潰す ・ (はけで)掃く ・ 上塗り ・ 塗装 ・ 塗る ・ 塗りたくる ・ 塗抹
メッキ(を施す)外見を実態以上によく見せるメッキ(を施す)外見を実態以上によく見せる  格好をつける ・ バブル(景気) ・ (話を)脚色(する) ・ (話が)増幅(されて伝わる) ・ (マスコミによって作られた)虚像 ・ 飾る ・ げたを履かせる ・ うわべだけ ・ (全体の)見ばえを良くする ・ (実際は)張り子の虎 ・ 蟷螂の斧(を振りかざす) ・ (不都合な部分を)隠す ・ もっともらしく(思わせる) ・ 名ばかり(の夫婦) ・ 繕う ・ 水ぶくれ(させる) ・ (欠点を)目くらまし(する) ・ ブランド化 ・ ブランド品で身を固める ・ 体裁だけ(の報告書) ・ 厚化粧 ・ (実態を)ごまかす ・ 盛り(ブラ) ・ 過大(に報告する) ・ 誇大(広告) ・ メイキング(した)(資料) ・ 上乗せする ・ (事実を)ゆがめる ・ (事実を)曲げる ・ (中身が)薄い ・ かさ上げ(する) ・ 見かけ倒し ・ (提案書を)セクシー(に見せる) ・ (内容を)膨らます ・ (ぼろを)覆い隠す ・ 上げ底(景気) ・ (定価に)掛け値(をする) ・ (内容)虚偽 ・ うそ(の決算報告) ・ (数字を)操作する ・ サバを読む ・ (事実を)粉飾(する) ・ 化粧を施す ・ 水増し(する) ・ 水増しされた(内容) ・ 見栄えがいいだけ ・ (秀でているように)錯覚させる ・ (バイアスを)差し引いて考える必要がある ・ プラスアルファーを加える ・ 有名無実 ・ 看板倒れ ・ 看板に偽りあり ・ (深夜アニメが)インフレ(状態)(にある) ・ 羊頭狗肉 ・ 飾り立てる ・ 情報操作 ・ (数字を)割り増し(する) ・ 見せかけ(の優しさ) ・ (学歴)詐称 ・ 巧妙な味付け(を施す) ・ 知ったかぶり ・ 思わせぶり(な態度) ・ 実際よりもよく見せる ・ 処世術 ・ 衒う ・ しなを作る ・ 虚栄(の生活) ・ 虚栄心(が強い) ・ 謙虚さを失う ・ 取り繕う ・ 粉飾 ・ 意識的(に)(ある態度をとる) ・ 取り澄ます ・ 自意識過剰 ・ 体裁のいいことを言う ・ 伊達 ・ 通がる ・ 衣の下のよろい ・  他人の目を意識する ・ すかす ・ 見栄を張る ・ 見えを切る ・ (視線を)うっとうしく感じる ・ 体裁振る ・ 偽善的(な人) ・ 見かけを重視 ・ えせ(紳士) ・ 衒学 ・ しゃれる ・ うそ(で固めた人生) ・ 気取る ・ 気取り ・ 行い澄ます ・ 周囲の目を気にする ・ スノッブ ・ 澄ます ・ 虚飾(の生活) ・ (善人の)仮面をかぶる ・ 偽り(の人生) ・ うぬぼれる ・ 得意になる ・ 見識張る ・ もったいぶる ・ 装う ・ (△大人[上品])ぶる ・ 便宜上(の生活) ・ (体裁を)繕う ・ (体裁を)飾る ・ 張りぼて ・ 張り子 ・ 書き割り ・ 外側だけ真似した ・ 顔出しパネル ・ 真っ赤なうそ ・ 事実無根(の情報) ・ 不実 ・ いかさま ・ 装われた(偶然) ・ 替え玉 ・ 二枚舌 ・ にせもの ・ すねて見せる ・ 欺瞞 ・ 荒唐無稽 ・ うそ ・ 大うそ ・ うそ八百 ・ うそ偽り ・ うその皮 ・ 眉唾物 ・ 虚報 ・ 尾ひれ(を付ける) ・ つじつまが合わない ・ 作為 ・ 由無い ・ 無根 ・ ありもしない話 ・  ・ デマ ・ こしらえ事 ・  ・ (科学の装いをまとった)オカルト ・ 絵空事 ・ 空事 ・ 不正 ・ (真実とは)裏腹 ・ ポストトゥルース ・ 偽計(取引) ・ 架空(△取引[の話]) ・ 虚妄 ・ (口から)でまかせ ・ かたり ・ 嘘も方便 ・ 紛い ・ だまし(のテクニック) ・ 嘘っ八 ・ 迷妄 ・ 作り事 ・ (数字の)マジック ・ にせ(の情報) ・  ・ ペテン ・ 偽り ・  ・ うそ泣き ・ 見せかける ・ 事実を曲げる ・ 偽善 ・ (言行が)一致しない ・ 虚構 ・  ・ 仮性 ・ えせ ・ 戯れ(の恋) ・ 仮構 ・ 混じり気がある ・ ためにする噂 ・ 粉飾(決算) ・ でたらめ(の話) ・ 虚偽 ・ いんちき ・ 擬制 ・ でっちあげ ・ 無実 ・ 事実でない ・ 根も葉も無い ・ まやかし ・ 真実でない ・ デコレーション ・ 化粧 ・ 装い ・ 飾り ・ 美しく見せる ・ 改装 ・ エクステリア ・ 満艦飾 ・ 彩る ・ 外装 ・ (一段と)見栄えよくする ・ (見かけ上)カラフルにする ・ 彩り ・ (物の)値打ちを引き立たせる ・ (△写真[化粧]を)盛る ・ (スマートフォンを)セクシー(にする) ・ 装飾 ・ 飾りつける ・ 新装 ・ 引き立てる ・ 飾りつけ ・ 彩りを加える ・ エイジレス ・ アンチエイジング ・ 美魔女 ・ 若作り ・ (老いを隠すために)日焼けサロンに通う ・ ヨガ ・ 老化を防ぐ ・ 老いを隠す ・ 年齢をごまかす
メッキ(がはげる)見かけだけで実質を伴わないメッキ(がはげる)見かけだけで実質を伴わない  派手なだけ ・ 中身が伴わない ・ 形式的(なあいさつ) ・ 上辺だけ ・ 空ゼリフ ・ 中身がない ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ 実質がない ・ 見せかけ(だけ) ・ 上げ底(の菓子箱) ・ お茶を濁しただけ ・ 空虚(な言葉) ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間) ・ 外見だけの存在 ・ わら人形 ・ 実質が不足している ・ 空疎 ・ (規則が)形骸化(する) ・ (不毛な)議論 ・ 無内容 ・ うどの大木 ・ フィクション ・ あだ花 ・ 名ばかり店長 ・ 名だけ(の) ・ 張り子(の虎) ・ 仏作って魂入れず ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 見栄えがいいだけ ・ 内容が伴わない ・ 心がこもっていない ・ 実がない ・ 実を結ばない ・ 一発屋(芸人) ・ バブル(景気) ・ むなしい(騒ぎ) ・ (すぐ)飽きられる ・ 無意味に終わる ・ (人気が)線香花火(△に終わる[的な恋]) ・ (打ち上げ)花火(のように) ・ 長続きしない ・ メッキがはげる ・ (急速に)しぼむ ・ 熱病のような(マイブーム) ・ 流行病のような(恋) ・ あだ花(に終わる) ・ (△浮かんでは[すぐに])消えていく ・ (円高も一時的であって為替市場における)ノイズのようなもの ・ ぬか喜び(に終わる) ・ 目新しいだけ ・ 一時的人気 ・ (一時の人気者 ・ はしか(のようなもの) ・ うたかた(の夢) ・ 泡(のような)(存在) ・ 泡沫(候補) ・ (何も)生み出さない ・ 人騒がせ(なだけ) ・ 見捨てられる ・ (短い)流行 ・ 予測される結果を伴わない(で終わる) ・ (一時の)ブーム ・ (△当今の[単なる])流行りもの ・ 地に足がつかない ・ (すぐ消えてなくなる)にせもの ・ まがい物 ・ あえなく消える ・ 薄っぺら(なストーリー) ・ 水っぽい ・ (歌詞が)走り過ぎている ・ 水ぶくれ(した経済) ・ もの足りない ・ 小ぎれい(な社会派ドラマ) ・ (多くの中で)引き立たない ・ 安っぽい(映画) ・ 内容などの実質が薄い ・ こじんまりとした(演奏) ・ 上げ底(景気) ・ 安手(の三文小説) ・ 安易(なストーリー展開) ・ 不十分 ・ 薄っぺらい ・ すかすか(の文章) ・ 劣っている ・ 貧弱 ・ 薄手(な評論) ・ 誰でも思いつく ・ 俗物(学者) ・ 水増し ・ (構成的に)弱い ・ 確かでない ・ 妙味のない(作品) ・ 大味 ・ (内容が)乏しい ・  ・ から ・ くう ・ うろ ・ うろ穴 ・ (内部が)空 ・ がら空き ・ うろ ・ 胎内(くぐり) ・ すっからかん ・ がらんと ・ もぬけの殻 ・ ほら ・ 無い ・ 中に何もない ・ がらがら ・ 中空(の茎) ・ 空っぽ ・ (セミの)抜け殻 ・ 空洞 ・ 空白 ・ 穴ぐら ・ (中が)うつろ(な巨木) ・ がらんどう ・ 空間(がある) ・ 空虚 ・ 真空 ・ からっけつ ・ へったくれ ・ (怒っても)始まらない ・ 取るに足りない ・ 建設的でない ・ 非建設的 ・ (単なる)気休め ・ 物の数ではない ・ 形だけ(の友達) ・ 弊履 ・ (こんな物に大金を払うなんて)(とんだ)お笑いぐさ(だ) ・ 非生産的(な時間) ・ ろくでもない(番組) ・ むなしい(△努力[かけ声]) ・ 二階から目薬 ・ 屁のような(人生) ・ 値打ちがない ・ (お前に指導者の)資格はない ・ 論ずるに値しない ・ 《誤用》語るに落ちる ・ ばか臭い ・ 下手の考え休むに似たり ・ 無駄(な△行為[出費]) ・ 時間の無駄 ・ いまさら(の告白) ・ 空疎(な議論) ・ たかが知れている ・ 由無い ・ (関心の)らち外(にある) ・ 烏滸の沙汰 ・ 無意味(な討論) ・ (研究するほどの)意味はない ・ 意味がない ・ 意味をなさない ・ 意味不明(なことを言う) ・ △(報復[課金]しても)何も残らない ・ 論ずるに足りない ・ 無意義 ・ (浅瀬の)あだ波 ・ (夫婦喧嘩は)犬も食わない ・ バカらしい ・ 数に入らない ・ 言うに足りない ・ 阿呆の鳥好き貧乏の木好き ・ 存在理由がない ・ 死んで花実が咲くものか ・ 的外れ ・ 価値がない ・ (参加する)価値はない ・ 価値のない(土地) ・ 話にならない ・ 無内容(の本) ・ 何が言いたいのかわからない ・ ナンセンス ・ 無価値 ・ 青い鳥を探す ・ 役に立たない ・ 役立たず ・ 子供だまし ・ バカ ・ くだらない(雑誌) ・ かす ・ 三文の値打ちもない ・ ぼろくそ ・ (見るに)値しない ・ ちりあくた ・ (批判するだけでは)(何の)プラスにもならない ・ 無用 ・ (使い道がない)死蔵(特許) ・ つまらない(考え) ・ (努力しても)甲斐がない ・ 滑稽 ・ 使い道がない ・ たわいない ・ たあいない下らない ・ 論外 ・ 取りとめのない ・ 不毛(な議論) ・ 瓦石 ・ ばかばかしい ・ 愚にも付かない ・ 愚劣(な文章)
メッキ(の信条)おもしろみや味わいがまるで感じられない(趣がない)メッキ(の信条)おもしろみや味わいがまるで感じられない(趣がない)  無風流(な) ・ 情の通わない(△世界[関係]) ・ さばさばした ・ (この絵には)詩がない ・ 詩情が感じられない ・ 抑揚に乏しい(文章) ・ 寒々とした ・ 砂を噛むような(生活) ・ ゴムを噛むのような(歯ごたえ) ・ 説得力がない ・ 表面的(な議論) ・ 情の薄い ・ 魅力のない ・ 乾いた ・ 無個性(な△デザイン[建築物]) ・ 底が浅い ・ 味がない ・ 無味乾燥 ・ 独創性に乏しい ・ 豊かでない ・ 大味 ・ 味を感じない ・ あっけらかん(とした神社) ・ 索漠(とした風景) ・ 張り合いがない ・ 道具としての(車) ・ 芸も工夫もない(写真) ・ エリート的な(△文章[生き方]) ・ (独り者の)寒々しい(部屋) ・ 間の抜けた(デザイン) ・ 身もふたもない(言い方) ・ 含蓄がない ・ しがない(演技) ・ こだわりを感じられない ・ 風情がない ・ 味気ない ・ (味に)深みがない ・ 情の移らない(シンプルなデザイン) ・ 考えが足りない ・ 寂しい(人生) ・ 悲しい(人生) ・ 無味無臭 ・ かたい(△話[印象]) ・ 退屈な(△日常[建築物]) ・ ちゃらちゃらした(若者) ・ 無機的な(空間) ・ 無機質(な)(オフィス) ・ メカニカルな(△存在[デザイン]) ・ 青臭い(議論) ・ 理想論 ・ 取るに足りない ・ 蒸留水のような(話) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 濃度がない ・ つまらない ・ わびしい(山里の風景) ・ 貧相な(絵) ・ 趣がない ・ 趣のない ・ メリハリのない(語り口) ・ 陰影に乏しい(文章) ・ 抑揚に乏しい ・ 情緒がない ・ 奥行きがない ・ コクがない ・ 不満 ・ 満たされない ・ 毒にも薬にもならない(映画) ・ 毒のない(作品) ・ 人畜無害 ・ 安っぽい ・ 間延びした(△話し方[顔]) ・ 味もそっけもない ・ 規格品 ・ 単調な ・ 無聊な(日々) ・ 性急な(歌) ・ 抒情的でない ・ 潤いのない ・ 味わいがない ・ 潤いがない ・ 潤いのない(文章) ・ 頼りない(日々) ・ 早口(でまくし立てる) ・ 余韻が残らない ・ 余韻に乏しい(作品) ・ 砂を噛むような ・ ドライな(△現実[関係]) ・ 殺風景(な△冬の浜辺[話題]) ・ 人情味のない ・ 薄っぺらな(知識) ・ 面白みがない ・ (仕上がりが)粗い ・ 殺伐とした(世の中) ・ 妙味がない(商い) ・ 遊び心がない ・ 無反省な(生き方[精神]) ・ 面白くない ・ 無粋な(客) ・ 粋でない ・ すすけた(空) ・ 干からびた(△言葉[思想]) ・ 情感のない ・ 情趣のない ・ パサパサした食感 ・ 洞察力のない ・ 中身がない ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 児戯に等しい ・ 退屈な(議論) ・ ミーハー ・ ごまかし(の政策) ・ お粗末(な政策) ・ つじつま合わせ(の政策) ・ さかしら(を言う) ・ 短絡的な(考え) ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ 受け狙い(の政治) ・ 安直な ・ 根が浅い ・ (主張[発想]が)浅はか ・ 凡庸(な悪) ・ 抜本的でない ・ 皮相な(見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ 薄っぺらい(プライド) ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 言葉が軽い ・ ありきたり(の意見) ・ 単細胞 ・ 重みがない ・ かいなで(したに過ぎない) ・ (論理が)散漫 ・ 空疎(な論争) ・ 実質がない ・ 現実が分かっていない ・ えせ文化人 ・ 小利口(な娘) ・ △思想[見方]が浅い ・ おざなりな ・ 大人でない ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ 幼稚(な思想) ・ 小手先による(策) ・ 表層的な(論理思考) ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ 俗な(考え) ・ 厚みがない ・ 書生論 ・ 通俗的な(解釈) ・ 浅く薄い ・ 俗見 ・ たわ言(をぬかすな) ・ 深みがない ・ おざなり(の政策) ・ 浅薄な ・ イージーな考え ・ 見栄えがいいだけ ・ 愚劣な(言い分) ・ 上滑り ・ お寒い(政策) ・ 短見 ・ 浅見 ・ 棒読み(の演説) ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープな(発想) ・ 安易な行動 ・ 見え透いた(お世辞) ・ 非合理的(な考え) ・ 底が知れてる ・ 表面的な(見方) ・ 貧弱(な思想) ・ 借り物(の思想) ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ にせもの(の知識) ・ (論理的に)粗雑 ・ ベタな(企画) ・ 小ぎれい(な表現) ・ 浅薄(な演説) ・ 大味な(文章) ・ 一面的(な見方) ・ 料簡が狭い ・ 卑俗(な見方) ・ つまらない(意見) ・ 知性がない ・ 薄手(の感傷) ・ 戦略的でない ・ 薄っぺら(い)(作品) ・ ていねいでない ・ 二流 ・ 小ぎれい(な作品) ・ 端正でない(文章)愚劣(な) ・ お粗末(な仕事) ・ 安い(芝居) ・ 見かけだけ(の仕事ぶり) ・ すかすか(の内容) ・ 大味(な文章)な ・ 今出来(のものは深みがない) ・ お手軽(な作品) ・ ちゃち(な作品) ・ 愚にもつかない ・ (低俗で)幼稚(な作品) ・ 貧乏くさい ・ お涙ちょうだい(のドラマ) ・ 大衆向け(映画) ・ マニュアルに沿った(△やり方[仕事]) ・ 中身が薄い ・ 通俗的 ・ しょぼい(作品) ・ 亜流
メッキ(の思想)他人の意見や知識を自分の意見や知識であるように述べる(受け売り)メッキ(の思想)他人の意見や知識を自分の意見や知識であるように述べる(受け売り)  (言葉が)上滑り(している) ・ つるん(とした)(言葉) ・ 表面的(な言葉) ・ 哲学がない ・ 小ぎれい(な表現) ・ かいなで(△の観念論[しただけに過ぎない]) ・ リアリティがない ・ 厚みがない ・ 無内容(な思想) ・ 知ったかぶり(をする) ・ 卑俗(な△言葉[思想]) ・ (他人の)口まね(をする) ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ 本物でない ・ 腹がない ・ 受け売り(の説教) ・ 安易な決めつけ ・ 自分の意見でない ・ 芯がない ・ 骨がない ・ (使い回されたような)のっぺりした言葉 ・ 上辺だけ ・ 尻馬に乗る ・ 深みがない ・ 説得力がない ・ しゃら臭い(ことを言うな) ・ 借り物(の思想) ・ ありきたり(の意見) ・ 底が知れてる ・ 棒読み(の演説) ・ 言葉が軽い ・ さかしら(を言う) ・ 俗見 ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープな(発想) ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ にせもの(の知識) ・ ベタな(企画) ・ 安直な ・ (論理が)散漫 ・ えせ文化人 ・ 小利口(な娘) ・ 短絡的な(考え) ・ 俗な(考え) ・ 表層的な(論理思考) ・ 底が浅い ・ (論理的に)粗雑 ・ 非合理的(な考え) ・ 重みがない ・ 書生論 ・ 根が浅い ・ 単細胞 ・ 薄っぺらい(プライド) ・ 抜本的でない ・ 上滑り ・ 浅薄(な演説) ・ つまらない(意見) ・ 見栄えがいいだけ ・ ミーハー ・ 児戯に等しい ・ イージーな考え ・ おざなりな ・ かいなで(したに過ぎない) ・ 凡庸(な悪) ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ お寒い(政策) ・ 浅薄な ・ 洞察力のない ・ △思想[見方]が浅い ・ 中身がない ・ 一面的(な見方) ・ 幼稚(な思想) ・ 薄手(の感傷) ・ 空疎(な論争) ・ 実質がない ・ 受け狙い(の政治) ・ 卑俗(な見方) ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 安易な行動 ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ 現実が分かっていない ・ 知性がない ・ おざなり(の政策) ・ ごまかし(の政策) ・ お粗末(な政策) ・ 通俗的な(解釈) ・ 皮相な(見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ 小手先による(策) ・ 戦略的でない ・ 短見 ・ 浅見 ・ 貧弱(な思想) ・ 料簡が狭い ・ 安っぽい ・ 見え透いた(お世辞) ・ 浅く薄い ・ (主張[発想]が)浅はか ・ 表面的な(見方) ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ 退屈な(議論) ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 大味な(文章) ・ たわ言(をぬかすな) ・ 愚劣な(言い分) ・ つじつま合わせ(の政策) ・ 大人でない
メッキ(の思想)(未分類)メッキ(の思想)(未分類)  メッキ ・ 被せ物 ・ テンプラ ・ 金メッキ ・ 滅金 ・ 銀流し ・ 鍍金をさす ・ 表向き ・ 字面 ・ 形式 ・ 見かけ ・ 表の顔 ・ 仮の姿 ・ 七つの顔をもつ男 ・ 羊の皮を被った狼 ・ 猫をかぶる ・ イメージ ・ カリスマ性 ・ 仮面 ・ ペルソナ ・ ひと皮めくると ・ うわべ ・ 表面 ・ 外側 ・ おもて ・ 皮相 ・ 外づら ・ 詭弁 ・ うそ八百を並べる ・ 手抜き ・ 詐欺的行為 ・ 金粉 ・  ・ アルミ箔 ・ 銀箔 ・  ・ フィルム ・ 偽計工作 ・ 空疎な ・ 仮装 ・ 偽装 ・ 事実の歪曲 ・ 赤字隠し ・ 正確でない ・ 中身のない ・ 作り物 ・ もどき ・ やらせ ・ 焼き付け ・ 蒸着する ・ キンキラさせる ・ 瀬戸引きメッキ ・ 実質的に意味のない ・ ごまかしによる ・ 点を甘くする ・ オーバーな表現 ・ 大言壮語による ・ 見た目を多くする ・ ボロを隠した ・ 大風呂敷を広げる ・ 厚化粧による ・ 実態を飾り立てた ・ 掛け値による ・ 偽装された ・ 醜さを隠す ・ 持ち上げる ・ 見せかけインチキ ・ ~もどき ・ ポーズ ・ 外見 ・ 上面 ・ 建前 ・ 見栄え ・ ひと皮むけば ・ 上辺 ・ 化けの皮 ・ フィクションとしての自我 ・ 隠れ蓑 ・ ジキルとハイド ・ 表向きの自己 ・ 殻をかぶる ・ 外面 ・ おもて向き ・ 外観 ・ 裏がある ・ こじつけ ・ 金砂子 ・ 金箔 ・ 薄膜 ・ 展延された金属 ・ 真珠層 ・ 操作された数字 ・ 無内容な ・ 形だけ立派な ・ 臭いものにフタ ・ 誇張された ・ 作られたシナリオ ・ なぞらえた見せかけ ・ 表面的には ・ 体裁 ・ 疑似的な ・ 実体がない ・ 見せ ・ 箔を押す ・ ほうろう ・ 光沢 ・ 蒸着 ・ かぶせる ・ 誇張された経歴 ・ 儀式ばった ・ 中身は違うがラベルは同じ ・ 基準をゆるめる ・ 嵩上げする ・ 馬脚を表わす ・ 鬼面人を脅す ・ 付け焼き刃による ・ インチキくさい ・ 見かけは人目を引くが中身は貧弱 ・ 狂言 ・ リップサービス ・ ジェスチャー ・ めっき ・ 減金 ・ メッキ加工 ・ 加工 ・ 加工処理
キーワードをランダムでピックアップ
令嬢焼死着道楽衆目追録下の句煮干しヒーター正札柱掛け蝶々結び木遣り歌郵袋積み上がる気がつかないすねをかじる神経がとがるわずかな謝礼催しを開く自分なりに解釈
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. メッキ(がはげる)隠れていた事柄が表面に現れる(ばれる)
  2. メッキメッキ
  3. メッキ(を施す)外見を実態以上によく見せる
  4. メッキ(がはげる)見かけだけで実質を伴わない
  5. メッキ(の信条)おもしろみや味わいがまるで感じられない(趣がない)
  6. メッキ(の思想)他人の意見や知識を自分の意見や知識であるように述べる(受け売り)
  7. メッキ(の思想)(未分類)